chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
介護 http://enjoykaigo.sblo.jp/

母の介護が始まりそうです。始まる前に介護するためにしておかなければいけないことの勉強始めました。

親が急に倒れて介護が必要になったら?どこに行けばいい?どんな手続きが必要?

こじまゆか
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/10/26

1件〜100件

  • 汗がとまらない

    さすがにこの暑さ、 母どころか私も旦那もバテバテ。 汗がすごくて、髪を洗っても、家出て3分で汗びっしょりで 髪を洗う意味はどこいった。ってとにかく誰かに小一時間は問いただしたくなります。 さて、 母のように高齢者ともなると 髪が細く薄くなってしまうので、 頭が汗をかいたときの防波堤が少なく、 顔面垂れ流し。毎日汗が入って目が痛いと嘆いております。

  • どうかこのまま回復で

    母はますます回復してきたらしく、 髪を染めたり、 基礎化粧品をちゃんと使いだしたり、 自宅でお風呂には入れるようにもなりました。 退院してから2、3ヶ月たってようやくです。 自分を衛生的にしておこう、きれいに身支度しよう、 は、 体調がいいことのひとつの目安。 いい兆候だと先生にも言われました。

  • 介護認定

    コロナが気になりますが、 母はとても元気です。 が、 ちょっとしんどいということで 介護サービスの一貫として受けていた お風呂のサービスを週3回から2回に減らしてもらいました。 母からすると、 誰かに体を洗ってもらうということが 「楽だわー」 よりも、まだ、今は 「はずかしい」 が先立つらしく、サービスを受けたあとは ぐったり疲れてしまうのだそうです。

  • 私の未来

    夏の暑さを跳ね返しつつ、 母 元気に回復中。 ケアマネさんにもお風呂の巡回サービスを復活させてもらって快適に過ごしております。 術後、一人だとお風呂はいるもの面倒らしいのですが、 このサービスだと髪はもとより、 背中とか洗いにくいところも全部お願いできるので安心です。 母の通うケア施設には 岩盤浴も新設されたらしく、 血流もよくなったらしく肩凝りが改善したそうです。

  • 回復のしるし

    現在日本では都心も田舎も含め 大地震にそなえ 古い建築物は地震に耐えられるかチェックし、 ダメな場合は 建て直し勧告し、 急ピッチで対地震のビルに変わっていっています。 これは、必ずやってくる地震のことを考えると素晴らしい政策だとおもっています。 ただ 古きよき建築物がガンガン壊されるのはちょっと残念な気がします。

  • お腹壊さないか心配ですが

    昨日は、ふるさと納税で購入した 贅沢ハンバーグを調理。 赤ワインをつかって、自分でデミグラスソースもつくって母にだしてみました。 ここのところ食欲が落ちていて お肉のタンパク質をあまりとらないので、 くそ高いお肉を使ったハンバーグならどーだー と 出したところ。 「もりもり食べた」

  • 娘が先に

    ガンがリンパに転移していないか の 検査結果が出たので病院に行って聞いてきました。 ばんざーい リンパへの転移は認められませんでした。 よかった。 あとは 抗癌剤をどうするか、 どの程度、いつくらいまでをお医者様と相談中。

  • しんどい日々

    しばらくの間母の入院関係でどこにもいけなかったので、 今週末、友人と近場の日帰り温泉に行く予約をしました。 母に伝えたところ、 母「え、週末は病院にいくけど」 え、 私「うん、歩いて5分の病院だよね」

  • 4回目接種

    母あてに 4回目のコロナ予防接種の案内が来ました。 誰がなんと言おうと、 接種することにきめて もう予約済みです。 なぜかといえば、 術後間もない母が、 感染したらそれこそこんどこそ天からお迎えが来ちゃうからです。

  • ガス大事、ガス

    母が退院して、 ほぼ1ヶ月がたちました。 お陰さまで、 退院直後のぼーーーーーっとした感じはなくなり、 動きも早くなってきました。 ただ、 ガスがあまりでないのと お通じがちょっとうまくいかないのが、 心配です。

  • 母、退院す

    大腸ガン、ステージ2くらい の母、 約1ヶ月入院し、無事退院。 なんとか開腹手術を避け、内視鏡?手術ですんだだめ、比較的短期で早い方だそうです。 今回、病院側が更に面会に厳しくなり(なんかあったんでしょうね) 面会は全く認められず、 着替えを渡すなども、極力しなくてよし!ということで 心理的には大変、肉体的には楽な日々でした。

  • 入院費について

    私は、財産問題も、入院の経費の話も、葬式のことだって 本人が元気なうちにしっかり決めた方がいいと思うタイプです。 人事的な仕事をしているとき、 それがなかったために泣いている人、苦労しているひとを たくさんたくさん見てきました。 「まだ本人が存命中にそんなこと」 なんていわず、 「冗談で話せるほどの健康状態の時こそ、」 葬式の経費の話までしておく方がいいですよ。 さ…

  • 入院期間延長

    母、実はまだ入院中です。 手術事態は成功して、 先生からもそう報告を受けて、 術後すぐに歩き回ったりしているのですが、 消化器系の回復がとてもゆっくりらしく、 まだ普通食も食べられないので 退院が延びてしまいました。

  • 術後 経過

    母の手術が成功して 現在入院中。 だいたい一週間経過しましたが、 今は昔と違って「内視鏡で手術した場合」は 術後、歩け歩けといわれます。 これは内蔵の癒着を防ぐのにとても効果的で、 癒着が少なければ、また手術となった時に手術がやりやすいとのことです。

  • ふるえる日々

    母、ガン除去手術のため入院することになりました。 年も年なので、 あちこちに色々なものが見つかるお年頃なのですが、 健康診断を受けると 粗が見つかりすぎて 精密検査が大変です。 今回はちゃんと見つかって対策がとれるようでよかった (最近の医学ではガンは怖いものではなくなっているなと実感)

  • どうも、スパイです

    昨日、サイズが見つからなくてこまった。とりあえず買った。 という インターホンの話を書きましたが、 諦めきれずずるずるネットを漁っていたところ、 なんと、 サイズがちょうどいいと思われる インターホンを発見。

  • ケアマネさんからの助言

    玄関に当然のように存在するピンポン(呼び鈴) ですが、 ついに母にはこのピンポーン♪という音が完全に聞こえなくなったようです。 さすがに困ってしまったので、 今までは旧式の音だけで呼び出すインターホンだったのですが、 ケアマネさんの 「日中は老人だけになる時間が少しでもあるなら最新式を取り付けてください」 とのススメもあり、 画像つきの最新のものをつけることにしました。 ところ…

  • 介護認定の理由

    うちの母は 自分でお風呂にも入れるし、トイレも、食事も、歯を磨くことも 全く問題ありません。 それでも認定を受けたのは 膝関節置換手術を両足ともうけていること、 病院入院中に申請したこと 受けたらどうしたいかが具体的であった ことだと思っています。

  • 健康な脳

    さて、 大腸がん(悪性)が判明した母ですが、 今度は転移していないかを院内あちこちの課で検査してもらっています。 とりあえず、以前から予約していたこともあって一番最初に結果が出たのが 「脳」 です。

  • 悪性ですけど

    さて、悪性の大腸がんがわかった母ですが。 ガンの恐ろしいところですよね。 いつもより積極的にあそびにいっております。(涙) ガンの治療を控え コロナに感染したらどうすんのよ。(涙) とはいえ 手術を終えて退院しても、 転移を防ぐための治療が始まります。

  • おばさんに会わせたい

    先日の日記で、母の大腸に出来物が見つかったことを書きました。 http://enjoykaigo.sblo.jp/s/article/189431474.html?1649630106 その結果がでました。 なんと。 大腸がん。 ああ、 しかも 悪性です。

  • 回収始めました

    コロナの影響らしいのですが、 母の来年度の介護認定がすむ=======ずにおりました。 コロナの影響だそうです。 来年ははずされてしまうかもしれませんが、 一番したのランクとはいえ ディサービスが使えるのは いいですねぇ。

  • 大腸に

    母が今年受診した健康診断の結果(ありがたや健康診断) 大腸に腫瘍が見つかり、 先日精密検査を受け、 いまは病理診断の結果まちです。 なんだかんだで母は80代も末期の方が近い年齢になりました。 正直いままで自分の足であるき、 自分の歯(まさかの入れ歯なし)で自分で食事し、 自分でトイレに行き 自分でお風呂に入り 家族の食事担当(最近はほとんど私)をし、

  • あちこちでPCR検査

    独り者だったおじが天に還ってもう1年。 少数ではありますが親戚同士あつまって お墓参りして食事して帰ってきました。 90代のおばも参加するので、 ちょっと心配だったので旦那と一緒に事前に無料PCR検査も受けて(二人とも陰性♪) お天気も良く、楽しく食事会して帰ってきました。 この楽しいというのが、おじの供養になればいいなと思います。

  • 家庭内闘争

    私の勤める会社でも 旦那の勤める会社でも ボコボコ感染者が出ております。 そしてご近所にも感染者が出ております。 というわけで、 母が心配しまくってくれるわけですが、

  • 生き物はすべて媒体です

    うちの母が、 お友だちや知人と電話で話をしていて 「あたしはどうしたわけか、まだ感染しないし、お医者様からも誉められるほど健康よ」 等といっていることがあるのですが、 はい、 高齢者とご一緒にお住まいの方、 同じことをお考えだと思います、 一緒に叫びましょう。 それは 「家族の努力の賜物だ!」

  • ちょっとした不安

    母は 毎日たくさんの薬を飲んでおり、 それぞれの薬に 「眠くなります」 成分がはいっているため 結果トータルするとなかなかの「眠くなります」 を飲んでしまいます。

  • 家庭内電話代行しています

    別にバカにしているわけでは決してないのですが、 母のように、 「機械がダメ」 といって ビデオデッキも全く使えるようにならぬまま時代はHDとなり、 携帯も満足に使えぬまま時代はスマホになり 電話はオペレーターではなくまず機械音声になり 支払いも現金からキャッシュレスがすすみ 母にとって生きづらい世の中になったと思います。

  • 在宅終わったのに

    年がら年中 母は病院にいくわけで、 そうすると 年がら年中PCR検査を受けることになります。 そしてついに 私も今月受けまして 二人とも陰性が確認されました。 (あくまでも今現在です) オミクロンのすごいところはその感染力の高さですから 明日感染するかもしれませんが、

  • 感染爆発

    今年のお正月を逃すと、 またしばらく誰にも会えない日々が続くと 近々第6派が来るのは間違いない、 ということでお正月は数年ぶりに親戚が集まりました。 なんだかんだで準備が大変でしたが、

  • リフォーム動くぞ動くぞ

    2022年がスタートしましたね。 昨年は母も無事に介護認定(一番したのランク)されました。 なんとか自宅の介護用リフォーム申請ができそうなので、 これからケアマネさんに連絡して業者さんを紹介してもらう予定です。 市区町村の公式サイトを見ると、 リフォームする際は必ず複数の業者さんの見積もりをとるようにかかれていますので、 そこをプリントアウトして、 しっかり見積もり依頼する予定です…

  • 優先順位

    在宅ワーク期間が突然終わったので、 在宅のうちにやろうと思っていたことが延びてしまいました。 その一つが 介護用リフォームなんですが、 ふすまだけでも年内に変えたくて いろいろとスケジュール等を母に伝えて了解をとりながら進めておりました。 なんとか年内にできそうでほっとしていたところ。

  • ふすまを張り替えるよ

    おトイレとお風呂の改装になかなか着手できないので とりあえずできるものから。 ということで 和室のふすまを張り替えることに。 自分でやろうかとも思いましたが 労力と結果がわりにあわないのでやめました。

  • 作る量が直せない

    昨晩、 母が土鍋一杯にしたお鍋を作ってくれました。 白菜に水菜、春菊、鶏肉、豆腐、鶏肉軟骨入り肉団子 そりゃあもうてんこ盛りでビックリしました。 その上、たこ焼きを食べろだの、おせんべいもあるのよと 言ってきたので

  • トイレとお風呂の改修

    リフォームを本格化しようとしていた矢先、 リフォームより先に家の傾きとか補強とか先にした方がいいかな、と思ったのですが、 これがまた時間も手間も費用もかかる・・・。 そりゃプロに聞けば絶対に 「傾きと補強が先」 とおっしゃるでしょうよ。

  • リフォームするぞ

    ながいながいリモートワーク期間でした。 それが まず旦那が通勤&通常勤務となり、 数ヵ月後、私も通勤&オフィスでの勤務が解禁となりました。 すると 母を家に残していかなくてはなりません。 一応介護保険の一番したのランクとなりましたが、 使えるサービスはちょこっとだけ。 レンタルも結局通常料金だし、 せいぜいスポーツクラブもどきに参加できるかと言うところ。

  • 2014年の改定障害者手帳

    母が膝の置換手術を終えて 早1か月以上がたち まだ若干膝に腫れがみられるものの、 (うっかり動きすぎたりすると) コンビニに一人で行ったり(すごい) お友達と散歩に行ったり、(すごい) 人に会うことにとまどいがなくなってきました(すごい)

  • 片付かない部屋

    母が退院してきて 何が一番変わったかというと、 部屋が片付かないということ。 とにかく母は「緑茶」が好きで、 お茶ばっかり飲むので、「お茶の葉代」がかかる。 結構いいお茶を好むので、100g 1000円以上とか、その100gをあっという間に飲んじゃうとか お茶の葉を片付けるのは嫌で、 何気に流しが汚れるとか、ちょっと疲れました。 私も旦那も、「ペットボトルのお茶でよくね?」な人なので、 …

  • 介護保険の補助を受けたい

    母の膝の関節置換手術も無事終了し、 退院し、 家に入るものの、家事どころか歩けないので、 とりあえず無理だろうなと思いつつ 介護保険の申請をしました。 目的は「自宅改装」のための補助です。

  • 急げ、急げ

    母が入院しているうちにモノを整理して、 10年以上前の古着は全部捨てようと ダンナのお尻を叩きながら整理しています。 おかげさまで 洋服ダンス中がすっきりしてきました。

  • 捨てるチャンス

    80代、90代は戦後、 というか 戦中&食糧難な戦後をまだ若干記憶に残しておられる方が多い。 この世代は、 とにかくものを捨てたがらず、 紙袋、包装紙、新聞紙、30年前の服、鉄腕アトムの柄のボロボロハンカチ などが未だ自宅にあります。

  • 若者こそ田舎へ

    前にも書いたかもしれませんが、 私は、 高齢者ほど都会で済むべきで、 年を取ってから田舎に住むなんてナンセンスなのでは、と思ってしまう一人です。 (あくまでも個人の考え) 自分の親を見ていてつくづく思うのは、 1.移動が大変 田舎具合にもよりますが、電車がない、バスがない、タクシーが来ない。 駅などの公共施設にエスカレーターやエレベーターがないと大変 2.買い物が大変 いまはネットで…

  • お届け物がわからない

    母の耳の調子が悪いです。 以前から耳鳴りがしんどいとは言っていましたが、 いまでは お届け物で人が訪ねてきたとき、 ピンポンを鳴らしてくれても、 母は気が付きません。 私やら旦那が在宅で働いていますので 代わりに出ることができるので今は問題ないですが、 問題は在宅期間が終わったら・・・ですよね。

  • 長い夏 接種後の2週間

    おかげさまで、 同居家族全員 ワクチン接種2回終了そして2週間経過しました・・・。 相当頑張りました。 予約開始日病院の前で2時間並んだり(母) 指がつるほどスマホを激打したり、(チケット購入で鍛えた指と先行予約で鍛えた運byダンナ) 何度も何度も病院へ直接行って 「歩いて5分もしないところに住んでます、キャン待ちヨロ」 キャンペーンをしたりしました。 (私。はるか未来だった予約をキャン…

  • 高齢者のプライバシー

    時代が違うといえばそうなのですが、 母はいまだに電話が苦手なようです。 特に 保険会社とかの営業の電話。 ついつい年齢とか加須厚生とかを無意識に教えちゃうんです。

  • 膝関節置換手術再び

    2017年に片足の膝関節の手術をした母ですが、 あれから早4年たち もう片方の足の痛みも顕著になり、 いよいよそちらも手術することになりました。 いやー、検査となるとあれこれするんですね、(当然)

  • マイナンバーカード申請代行業はじめます

    今までめんどくさくてやっていなかったのですが、 いよいよポイント還元サービスが終わってしまうということで、 3月末に母&ダンナ&私でマイナンバーカードの申請をしました。 3人そろって証明写真アプリを使って写真を撮り、 スマホから申請。

  • 人によりけり

    ワクチン接種しても副反応もなく、 2回目の接種してから2週間たったので、 マスクはつけているものの、 だらだら遊びに行く母。

  • 接種後2週間以上

    母が2回目のワクチン接種を終えてから 効果を発揮するといわれる2週間以上がたちました。 副反応は 2回目接種後、2,3日、腕が痛かった・・・かな?(かな?) 熱なし、 下痢、吐き気などなし。

  • ワクチン接種2回目

    母が2回目の接種を終え、 当日、 腕の腫れなし 腕にやや痛みあり 熱なし 食欲問題なし。もりもり食べる

  • 気になること

    ここ数日気になること。 前回の日記にも少し書きましたが、 忘れ物が増えてきました。 一番怖いのが、料理中火をつけっぱなしにしてリビングへ行ってしまうこと。 1.フライパン使用後に火つけっぱなし 2.お湯を沸かして火つけっぱなし 3.火じゃないけど水出しっぱなし

  • 母は元気?

    接種後の母ですが、 本当に、 腕の腫れもなく、 熱もなく、 だるくなるわけでもなく、 血圧も若干高め(いつも通り) 何もなさ過ぎて怖い。

  • ワクチン接種1回目 その後

    まぁ、うちの母ときたら、 腕が腫れることもなく、 熱が出ることもなく、 アレルギー性咳が出るくらいで、 ワクチン接種後なんともない日々。

  • テレビスピーカーを買ったよ

    母がまるで3歳児のように何でもかんでも聞いてきてつらい。 と以前書きましたが、 どうやら「耳が遠い」のが一番の原因らしいと気が付きました。 会話している分には問題なかったのでいまいち母が「耳が遠い」を理解していなかったんですね。 ですので思い切ってこれ買いました。

  • ワクチン接種1回目

    母が先週、1回目のワクチン接種を受けてきました。 事前にしっかり下調べして、 1.腕がめくり上げやすくなるようジャケットの下に半袖でいく 2.お薬手帳、身分証明書、保険証を携帯 3.問診表はしっかり準備 4.朝も検温 うむ!ばっちりだなっ! 以下体調管理メモです。

  • お薬に含まれる睡眠薬

    母の反応がちょっとおかしい。 今までにも何度かありましたが、 原因はおそらく薬。 思うのですが、 なぜ高齢者のお薬ってあんなにも痛み止めやら睡眠薬が混ざっているのでしょうか。 一つ一つのお薬は少量でも、 大量にいろいろと接種するわが母は まとめたら結構な痛み止めを飲んでいます。

  • リモートが終わってほしい理由

    このGW、ずっと母と一緒で、 ヨガに行こうとしても「あたしにうつったらどうするのぉ」とか言ってきて 何時間も何時間も言ってきて、 しんどいので、 ダンナと二人でファミレスに脱出。 (こういう言い合いが始まったら必ず連れ出してもらうようにしております) おそらくダンナも嫌なんだろうなぁ。

  • 親子でゴホゴホ

    母もですが私もなかなか咳が止まらないので、 病院へ行って咳止めを処方してもらってきました。 病院で会計を待っているとき、 高齢者の方たちのお会計って150円です、とか200円です、とかでうらやましい・・・。 いや、日本の医療体制のおかげですし、 私も母も多大なる恩恵にあずかっているので文句言う筋合いではないのですが。

  • 唾液ぶちまけ

    親子そろって ゴホゴホやっております。 毎年春から夏にかけて咳が出ると前にも書きましたが、 特徴的なのは 100日咳のように3か月はこの状態が続くこと。 私はこもるような咳が出るのに対し、 母はくしゃみのように ごっほ、ごっほと 唾液をぶちまけまくるので 必ずハンカチで抑えるか、

  • 原因不明のアレルギー性気管支炎

    母が昨日から ひどく咳こんでおります。 体温は35.5から高くても36.6くらいなので熱はなし。 食欲もあり、においも味もするそうです。 母も私も毎年春から夏にかけてなぜかアレルギー性の咳がでるので、 それかとは思うものの、 今の時期正直母の咳はできるだけ抑えたい。

  • 素敵なご葬儀のあと

    桜の花のほころび暖かく うっすら雲がかかっていたものの まずまずなお天気の日に おじの葬儀をおこないました。 コロナ禍でもあり 参列者は限られましたが とても、とてもいいご葬儀でした。

  • ああついに

    危篤だったおじがついに天に還りました。 親戚一同が遅めの食事に出た頃。 ささっと逝ってしまいました。 独り者のおじでしたが好きなことを目一杯やって 看護師さんのおしりを追いかけつつ 楽しそうに逝ったので心残りはなさそう。

  • おじが危篤

    母方のおじが、今移設に入っていると前に書きましたが、 そのおじがついに危篤になりました。 つい先日まで若い介護士さん(女性)の後ろを追いかけ、 移設の職員さんから怒られて、 あまりにも治らないので睡眠薬を処方されてしまったあの スケベ親父(おじ)が 危篤???

  • 転倒対策と人感センサー

    母はまだ自分でおトイレに行けます。 ただ心配なのは、 深夜起き上がってトイレにいくこと。 小さな明かりはつけていても、足元が見えにくくて転んだら? 母が寝ているところから、 あかりのスイッチのところまでが暗いのが心配でした。

  • 元気元気

    日記を読み返してみたら、 前回の日記のタイトルが 「離婚するかもだ・・・」 そこからぷつっと書かなかったものだから 今読み返して自分自身で「ひぇっ」ってなってます。

  • 離婚されるかもだ・・・

    新型コロナウイルス および 変異種のおかげで、 またしても外に出にくくなり、 母も、われらも、イライラしっぱなし。 お互いに言わなくていいことを言って、 大げんかしてしまいます。 もう、 喧嘩もどこまで行くのやら。

  • 筋肉、筋肉が欲しい

    40代、50代でさえ、 ずっと財託が続き、家にいなくてはいけない つまり全然運動もできない、歩きもしない 毎日では運動不足になります。 ましてや 80代の母が 全然動かない日々を過ごすということは、 筋肉がどんどん衰えていく一方ということになります。

  • 今年最初の懸念

    今年、 親戚縁者と地方にいある兄弟でリモート新年会を行いました。 そこで、 まさにリモート中、 母がやかんでお湯を沸かし、それを忘れてしまって やかんを真っ黒にしてしまったということが起きました。 幸い、やかんのチリチリする音で私が気が付き大事にはなりませんでした。 が、 親戚一同本気で心配し、 母に説教してくれました。 すると母はがっかりしたのか、 全てに元気がなくなり…

  • 介護生活になりませんでした

    気が付けばもう2020年も終わりですね。 さて、今年の母は、 1.自分でおトイレに行ける 2.自分でお風呂にはいれる 3.今日の曜日がちゃんと言える 4.買い物にひとりで行ける 5.病院にひとりで行ける 6.自分の食事が作れる 7.自分で食事ができる 8.誤嚥がまだない(咳が増えてきたのでそれは要注意) 介護になりませんでした。 介護になりませんでした。 介護に以下同文。

  • 警戒心が足らない

    食事が終わった後、 食べ物が残ったりすると、ラップで蓋をして冷蔵庫に入れたりするじゃないですか? 私はラップの中でもお皿とのぴったり感がずば抜けているサランラップ一押しなのですが、 まあそれは置いておいて。 コロナ禍の今、 食べ残しなんて誰のものか迄しっかりチェックして、 気を付けまくっているわけです。わたし。

  • 医療崩壊の恐怖

    毎日、毎日 コロナウイルス感染人数は増えていくばかり。 80代の母が感染したら、 下手したら呼吸器をつけてもらえない可能性があります。 私&ダンナはとにかくうがいと手洗いは徹底しており、 うがいした後はそのあとをアルコール除菌するくらい。 ですが、

  • 枕が気に入らない

    寝ているときに、 口を開けていたり、 いびきをかいたりがすごいので、 母に健康まくら(通販)を購入。 3か月ほど喜んで使っていましたが、 どうしたわけか 首に合わないという理由で使わなくなりました。なんやねん。

  • 80代とは

    最近の母の困りごと。 とにかく、3歳児みたいになんでも聞いてくるのです。 ドラマを見ていれば、 主演している俳優さんの生い立ちから、 髪型の気に食わなさから、 気が付いたらドラマのストーリーわからないや、から、 この俳優さんは二世かねぇ、だれの息子かしら、しらないねぇ と、まぁ、かましい。

  • 健康な生活

    夏の間は、毎朝ラジオ体操に通い 秋になったら午後に30分のウォーキング をしています。母が。 健康的です。 スマホのアプリを使って歩数まで記録するすごさ。

  • 100均天国

    いい時代になりましたよね・・・ 最近はちょっとした介護グッズ(コップとか、口元のトレイとか) 100均で販売してくれているんですよね。 介護経験者としては 「あの頃これを1800円で買った・・・。今なら15個買えて2週間洗わなくてもすむ(きたな)」 なんて思いながら100均ショップを心の中で拝みながら利用しています。

  • 今日の母です

    母は今日もボケもせず、 自分で洗濯機も動かせるし、洗い物をした後干せるし、 食器も洗えるし(洗いのこしはおおい) 食事も自分で作れ、 お風呂も一人では入れて、 トイレも一人でOK 飲み込むときも咳こまず、 お箸が使えます。 すばらしい。神に感謝する毎日です。

  • 今生の悲劇

    22歳の若い女性が、 複雑な家庭環境で育ってきた女性が、 90代の祖母を介護して 介護して 介護して、 とうとう最悪の結果を招いてしまったニュースがありました。 口だけが達者で、かつ、動けないけど中途半端に体力が残っている老人を 20代の女性が介護するのは、 本当に無理です。地獄です。 加齢で自制心を破壊された老人は22歳の女性にどんな言葉をぶつけたのだろうか。 私はこの女性のこ…

  • 魚の目とほくろ

    母が手を切ってけがをしたわけですが、 縫ってもらった病院が、皮膚科&外科&ほくろ専門病院だったので、 母は長年の足の魚の目と 最近急激に大きくなってきた足首のシミのような黒子もみてもらったそうです。 魚の目は薬で治療開始 ほくろは悪性ではないとのことでレーザーで取ってもらうことに。 喜んでいました。 あのほくろ、ちょっと気持ち悪かったので私もほっとしました。

  • 自分で自分を切った2

    母が自分の手を自分で、しかもハサミでわざわざ切ってしまったと書きましたが (野菜の入った袋を変な風に持って開けようとしたらしい) 私が気が付いてからすぐに 病院へ行って縫ってもらい、 なかなか表面がぴったり来ないまま抜糸した感じがして心配していましたが、 表層部が切れていても、中身?がしっかりくっついていたとかで。 お医者様のおっしゃる通り、切れた皮膚がはがれてきて、 きれいに治って…

  • 自分で自分を切った

    私も一度やったことがあるので、 状況はすぐに理解できたのですが、 母が手を切りまして。ハサミで。(前に書いたかな) あまり重要視していないのようなので 実際に傷を見てみると、あらーぱっくり。 夜だったので翌日すぐ病院へ行って 縫ってもらって、4張りも縫ってそれでようやく 「あたし、ガチで切ったっぽい」 と気が付いたようです。

  • 介護ロボットの開発を

    介護になるなぁ と思い始めてから早数年が過ぎ、 80代になる母が トイレ、お風呂、洗顔、歯磨きが自分でできるという奇跡の毎日です。 母も気を付けていて ちょっとでも体に不調があれば病院へ行くし(今は避けてほしいですが) できるだけ自分のことは自分でしてくれます。 なんでも 介護の時男性看護師にしもの世話をされるのが ものすごく嫌なので頑張っているそう。

  • 耳の検査をしました

    最近あまりにも耳が遠いので、 耳鼻科に行ってもらい、 耳の検査をしてもらいました。(母の) 最近の症状を伝えて かなり丁寧にいろいろと検査していただき、 どんな結果が出ても受け入れます。 どんとこい。 そう思っておりましたら、

  • 増えてしまいますね

    コロナウイルスの感染者がまたふえましたね。 やっと減ってきた、これで母(危険な80代)も少しは行動範囲増やせるかしら と思うと またしても200人越えして今日は140人代。 重症者は平行線をキープしているものの、 先日の連休の結果が10月頭に出るわけですよね。 怖い。

  • 高齢者は狙われています。

    一人暮らしの高齢者をねらって 「ガスの点検」 などと言って部屋に侵入、ガムテープで縛って現金を盗むという犯罪が増えているようです。 また、 ガスの点検ではなく、 「国勢調査の回収ですー」 とか、 「ゆうちょ銀行の口座お持ちですか?お宅の口座が被害出ているみたいです」 とか

  • 誤嚥性肺炎

    毎年5月ごろから 私も母もいったい何のアレルギーかわからないまま 咳こむことがあります。 私はたまたま処方された薬がすごく効果を発揮して、 咳が止まりました。

  • 母のお友だち

    母がお友だちとがんばって会いまくっております。 近くにお気に入りのカフェを見つけたということもありますが、 「連絡ないなと思っていると、天に召されている」 ということが重なり、 会えるうちにあっておこうと思っているようです。

  • 命の母Aは私を救えるか

    今日は自分のことをメモ。 母にちょっと厳しく当たりすぎるな、と自分でも思うようにしているのですが 小さい頃、自分がめちゃくちゃ厳しくされていたので、 当たり前だと思ってしまうのです。 が、母にはしんどいようです。 むしろ私は、自分の対応が優しいと思ってしまうのです。 だって 母が私が言ったことを守れなくても殴らないし、 流血させたこともないし、 アザを作ったこともないし お風呂場で…

  • 耳がもっと遠くなる

    高齢になると 本当に集中力とか、話を聞くことができなくなっていくのですね。 母と話をしていて とにかく話を聞いていないのです。 で、 よくよく様子を見てみると それは耳が聞こえていないためっぽいです。

  • ご近所カフェと高齢者

    新型コロナウィルスの影響で 私も旦那も毎日通勤、がなくなり、 月に2、3回出社すればよく、 つまりほとんど毎日リモートワークな訳ですが、 これね、 驚いたのですが思った以上に自宅での仕事環境にお金がかかりました。

  • 母の年齢

    加山雄三さんがご病気で倒れたとか。 母とほとんど年齢の変わらない彼が、 ゲームをやっていて反射神経の衰えに気づき 自ら運転免許書を返したという、彼が、 あれほど健康に気を使っていらした加山雄三さん(超金持ち) が・・・。 ここ数年、母より若い年齢の方や、母と友人だった人達、 母とほぼ同じ年齢の方たちが ご病気になってしまうのが恐い。

  • ボケずに長生きしてほしい

    すこし目が悪くなっているせいか、 前よりも掃除ができなくなってきました。 でも、 一生懸命、 洗濯したり、 ご飯作ったりしてくれています。 正直、 80代なので「私がやろうか」と声を描けたくなりますが、

  • イビキがへりました

    先日母に枕を購入したのですが、 お陰さまで、 最近気になっていたイビキが 少なくなってきました。 また、そのお陰で喉が乾くことも減ったようで、 夜ぐっすり眠れるようになった模様。

  • 口を開けて眠る

    母はコロナ渦巻くいまも 比較的元気で、 朝早起きしてご近所のラジオ体操に参加し、 食事、おトイレ、歯磨き、お風呂、すべて自分ででき、 買い物もOK うん、 介護認定なんて無理ダナー

  • 方が楽になる枕

    母が首がいたいいたいというので、 通販番組で見かけた、 某、肩が楽になる枕 を購入。 昨日届きましたーーーーーーーー! 母喜ぶ。

  • 高血圧の原因

    毎日、 家族全員で 体温&血圧を測っています。 ここ最近、 家族全員が血圧高めです。 気を付けているのですが、 ちょっと食事をとりすぎたりすると とたんに数値が跳ね上がるようになりました。

  • 看取るのはどっち

    コロナで家に閉じ籠る日々が続くせいか、 家族で まるっと 体調不良。 だるさが続きます。 そうでなくても 母はだるだるで眠ってばかり。 運動不足でさらに 悪化の毎日です。

  • 雨です、おまけにコロナです

    7月は半端なく暑くなる と思っていたのに、長引く雨でカーディガンを引っ張り出すしまつ。 過ごしやすくはありますが、 それはそれで 80代の母には厳しいようです。 気温の変化による耳なりや 頭痛、 足腰の間接の痛み。

  • 高齢者に厳しい年

    今日のコロナウィルス感染者はなんと200人越え。 夜の街関連という法則も成り立たなくなり、 検査数が違うだの 重傷者はいないだの 陽性率は違うだの、 どうでもいいので、 まだ外国からの人は入国させないほうがいいです。

  • 高齢者と避難

    週末に始まった大雨による水害。 その水害のニュースは平日になってようやくニュースに流れるようになってきました。 それにしても、コロナでの自粛の日々がやっと終わったと思ったら、 今度は水害。 九州の飲食店の皆さんは「泣きっ面に蜂」なんてレベルじゃないでしょう。

  • あまりにも聞いていない

    母があまりにも人の話を聞いていないので、 痴呆が始まってしまったのではないかと 本気で心配して知人に相談したら、 「あなたは昔から同じこと悩んでるから、たぶんそれは痴呆でもなんでもなくて お母様のもともとの性格だと思う」 といわれ、 自分がそんなに昔から悩んでいたのかということと、 それを忘れて痴呆を心配していた自分に驚きました。

ブログリーダー」を活用して、こじまゆかさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こじまゆかさん
ブログタイトル
介護
フォロー
介護

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用