searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
アメリカで暮らす、働く、育てる https://www.notefromus.com/

アメリカで暮らすワーキングマザー。アメリカでの仕事と育児、日本との違い、英語、その他日々思うこと。

短期留学&海外旅行くらいの経験しかなかったまったくの日本人ですが、2年半前に渡米しその後アメリカで出産。 1年半の専業主婦生活を経て、現在は日本人のほぼいないアメリカ企業で働くワーキングマザーです。 海外生活における日本との違い、アメリカでの出産、子育て、共働き、仕事と育児の両立、英語、、その他日々感じることを書いています。

notefromus
フォロー
住所
アメリカ
出身
緑区
ブログ村参加

2016/08/05

1件〜100件

  • ユナイテッド航空に乗ってスーツケースを壊された話

    こんにちは、アメリカで共働きワーママをしているクレアです。 ユナイテッドでのフライト時にスーツケースを壊された 先日この写真をツイートしたところ、多くの方にリツイート、コメントをいただきました。 妊婦友達がユナイテッドで帰国するという話を聞いて、妊娠8ヶ月でインフルにかかり(渡米する飛行機に乗った後発症)ヒィヒィ言っていた私に、ユナイテッドのCAさんはひと声もかけてくれなかったことを思い出した。そしてスーツケースをこんな風に破壊したのもユナイテッドです…😱きらい… pic.twitter.com/oCd4iDv4xr — USワーママ (@notefromus) May 21, 2018 これ…

  • アメリカでの共働き子育てが楽勝な7つの理由

    3年前からアメリカで共働きをしているわたし。 なぜ日本と比べてアメリカでの子育てには余裕があるのかを考えてみました。 1. 車社会、通勤が短く電車に乗る必要がない 日本に住む姉のケース 日本に住む友人のケース 2. 裁量労働制、残業しない文化 3. リモートワークが根付いている 4. 自分や家族の病気による欠勤が有休カウントされない 5. 食洗機、乾燥機が一般に普及している 6. 子どもを受け入れる社会の空気 7. 夫婦だけの時間を持つことが推奨されている まとめ アメリカでも場所によっては文化が違うし、わたしの会社に特有な部分もあるかもしれませんが、大体の傾向は一緒かなと思います。 そして我…

  • アメリカで確定申告、還付金42万円の使いみち。

    2017年分のタックスリターン(確定申告)を終えました。 去年は今年の倍以上の還付金があり、嬉しくもあったのですが、それはつまりその分毎月税金を多く天引きされていたということであり、もしもっと源泉徴収額が少なく手取りが多ければ、それを毎月投資に回せたと考えるともったいなくもあるわけです。 notefromus.hatenablog.com 去年のタックスリターンからの調整 というわけで、前回の確定申告後に源泉徴収税額(税金の天引き額)を減らす調整を行い、その分401Kなど投資に回す金額を増やしました。 日本にお住まいの方は、源泉徴収額を調整‥??という感じだと思いますが、アメリカでは自分で源泉…

  • アメリカで4歳児のお誕生日会。公園でバースデーパーティー。

    ブログを始めて1年半以上、いまさらですがツイッターアカウントを作ってみました。 USワーママ(@notefromus ) ブログ記事にするほどでもない日々のことなど、こちらでつぶやこうかなと思っているので、もしよろしければフォローしてください。^^ アメリカでバースデーパーティー さて、今回は先日開催した娘のバースデーパーティーについてです。4歳になりました! 日本では、小学生くらいまでは家族だけでパーティーをしたり、親の友だち+その子どもが集まってお祝いすることの方が多いのかな~という印象ですが、 アメリカではプリスクールのお友だちを招待して一丁前にパーティーをするケースも多いです。 我が家…

  • アメリカの裁量労働制と、卒業・就職シーズンの雑感。

    卒業シーズンで、社会人になろうとする学生さんたちを見て、当時の自分は何を考えてたんだっけ?と思い返していました。 紆余曲折を経てアメリカで働くことになったわたしですが、そうしてたどり着いたアメリカの裁量労働制をけっこう気に入ってるよという話も書いています。 大学卒業後、受験生時代 大学4年生の私は、普通に就活をせずに、3年生から始めた税理士受験に向けて引き続き専門学校に通うことを決め、卒業後少しの間は派遣のようなかたちで働いていました。 それまではいわゆる良い学校に進み、世の中の一般的から外れることなく生きていた私だったので、大多数の友人がしている「新卒カード」による就職をしないという道を、不…

  • アメリカでプールを作る、プール付きの家に住む~完成しました。

    11月に途中経過をアップして以来、すっかり滞っておりました‥。 notefromus.hatenablog.com その後、11月末のサンクスギビング前にはプールが完成し、周囲の植物、人工芝などのランドスケープも出来上がりました! さすがにまだ寒く、プール開きはしていませんが、ホリデーシーズンや年末年始など、イベントの度に友だちや家族でジャグジーに入ってお酒を飲んだりして、なかなか快適なプールライフを送っています。 こちらが完成したバックヤード。ランドスケープのテーマは、とにかくメンテナンスが楽なこと、なので、水が必要ないサボテンたちをぽつぽつ植えてあります。これから自分たちで、サボちゃんをも…

  • アメリカでレイオフ(リストラ)危機に直面する

    私はアメリカでアメリカ企業に勤めていますが、働き始めて2年と少し、すでに2度のレイオフ危機に直面しました。 わたしの仕事 関連記事: notefromus.hatenablog.com notefromus.hatenablog.com 結果的にはレイオフの対象とはならず無事だったのですが、そのくらい普通にアメリカではレイオフが起きるということです。 なぜレイオフがおこなわれるのか もちろん日本でも、シャープ、パナソニック、東芝等のエレクトロニクス企業で見られたようにリストラされる可能性はあります。 日本と違うのは、アメリカ企業は業績が好調であってもトップがやると決めれば人を切るということです…

  • アメリカでプールを作る、プール付きの家に住む。

    2016年末にアメリカで家を建てた我が家でしたが、長らくバックヤードはそのままになっていました。 notefromus.hatenablog.com アメリカ・新築一戸建ての庭事情 こちらで新築の家を建てると、モデルハウスであったようなケースを除き、バックヤードはdirt(手つかずの土)の状態で引渡しされます。 その時点でバックヤードの予算がなかった私たちは、1年弱土を眺めて過ごしていたわけです。 最近やっと予算がたまったので、9月に入ってバックヤードの工事に着手しました。 夏がとにかく暑くて長いエリアに住んでいるので、プールのある家は珍しくありません。アパートなどの共同住宅であればプールがつ…

  • 給食の完食指導‥日本とアメリカの食育について。

    日本で給食の完食を強要したというニュースを見て、日本とアメリカ正反対の教育だけど、一長一短だなぁと感じました。 日本の給食指導 私は好き嫌いの少ないタイプだったので、給食が苦だった記憶はそんなにないですが、給食でまずいものが出たために、本来メニューとしてはおいしいものなのに嫌いになったという経験はあるし、昼休みになってもまだ給食を食べさせられていたという子がいた記憶もあります。 幼稚園のときも、怒られはしないけど完食するとシールをもらえたので、完食しないといけない、と強く思っていたことを覚えています。 アメリカのランチタイム 一方で、今の娘の幼稚園(アメリカ)では「全部きちんと食べましょう」な…

  • 30代共働き夫婦の家計簿~月予算55万円の内訳。

    最近書いていなかったものの、一応毎月家計レビューは続けています。 以前書いた通り、我が家では月末後にクレジットカード明細と銀行口座の動きだけで家計簿のようなものをつけています。明細上では、スーパーの買い物は食費もお酒も日用品もごっちゃになっていて分けられないので、そこは無視してすべてを一つのカテゴリーにぶちこむという、かなり雑な方法です。笑 notefromus.hatenablog.com 9月になったので8月分を締めたのですが、そろそろ私ももう少し予算を意識してやらないと意味ないなと(やっと)気づき、予算立てをしてみました。共働きで忙しいということもあり(言い訳)、かなりゆるめの予算設定で…

  • アメリカでの休暇の取り方、おみやげ文化。

    私の働くアメリカの会社では、4年勤続後4週間、もしくは7年勤続後8週間、いずれかの長期休暇を誰もが取ることができます。 これはサバティカル休暇と呼ばれるもので、取得後はカウントがリセットされ、さらに4年 or 7年経てば何度でも取れます。 ↓こちらの記事に詳しく書いています。 notefromus.hatenablog.com アメリカのサバティカル休暇 私はまだアメリカで働き始めて3年ほどなので未経験ですが、権利を得た人はほぼ例外なくこの休暇を取得しています。 子どもが生まれるタイミングで、育児休暇と併せてこの休暇を取る人、 引き継ぎが必要になる部署移動のタイミングで取る人、 子どもの夏休み…

  • 瞬発力が試される、英語の返答。Yes/No 以外の答え方。

    英語で話しているとき、すばやく返答できていますか?どんな風に答えていますか? Are you a student? – Yes, I am. みたいなやりとりって中学生で習ったし、 Do you like it? と聞かれたら Yes, I do. か No, I don’t. で答えるというのも、おそらく中学校までの義務教育を受けた日本人のほとんどが理解していることだと思います。 なんですが、この I do とか I am とか I don’t とかって、実はその場で即座に答えるのすごく難しい。 アメリカ企業で働いているくせに英語ペラペラでもない私にとっては、タイミング良くパシッとこれが決ま…

  • アメリカ在住3歳児の英語力、日本語力 ~日本語の読み書きはどこまで必要?

    3歳になり、プリスクールクラスに進級したアメリカうまれアメリカ育ちの娘。 スクールではアルファベット、数字、色、形、曜日や月などたくさんのことを教えてくれているようです。 *これは the letter Bを学んできたようです。カラフルシリアルを貼りつけていてアメリカらしい‥ さらに、これは2歳児クラスでもやっていたことですが、週に1度は ‘Show and Tell’と呼ばれる時間があり、テーマに沿ったアイテムを持参し、それについてクラスメイトや先生に発表?をしています。 たとえば、先日は「夏にする好きなこと」がテーマだったので、水着を持たせました。何をどのくらい話せているのか分かりませんが…

  • アメリカで教育費、老後資金を貯める。~貯蓄?投資?

    今回はアメリカで共働きをしている我が家の貯蓄運用状況・方針についてです。 渡米当初は運用に回すような余裕資金もなく、自転車操業でまわしていた我が家ですが、渡米から3年以上経ち、少しずつ将来の資産形成についても考えるようになりました。 エマージェンシーファンド(手をつけないで手元に置いておくお金) ネットバンク リタイアメント資金(老後資金)について 401K Target Date Fund 毎月の投資額 教育資金について 529プラン まとめ アメリカでの投資運用、その他仕組みについてまったくの無知だった私ですが、少しずつ勉強して今なんとなくの方針が固まったので現況を書き留めておきたいと思い…

  • 嫌いなユナイテッド航空と、優しいアメリカ人。~オーバーブッキング事件について

    こんにちは、アメリカで共働きワーママをしているクレアです。 ユナイテッド航空のオーバーブッキング事件 先日ユナイテッド航空で起きた事件、ひどいですね‥。 www.huffingtonpost.jp アメリカに住んでいる私は、日本帰国の際などぼほぼユナイテッド若しくはデルタを使っています。 駐在でこちらに来ていて、一時帰国も会社からお金が出る‥なんていう方はANAやJALなどを使っている方も多いですが、アメリカ企業で働く一サラリーマンの身としては、航空券は1ドルでも安いもの、その一択です。 すると必然的にアメリカの航空会社ということになります。 乗り継ぎ待ちなんかをしていると、オーバーブッキング…

  • 確定申告で84万円返ってきた話~アメリカで共働き、タックスリターン。

    日本でいう年末調整的なシステムがないアメリカ。特別な収入や住宅ローンがないサラリーマンであっても、全員自分でタックスリターン(確定申告)をする必要があります。 面倒くさくはありますが、自分がどのくらいの収入を得て、どういった項目が控除されて、どのくらいの税金を払うか‥身を持って実感できるので、個人的には悪くないと思っています。 というわけで在米のみなさん、タックスリターンはもう終えましたか? 私は今回ダラダラとなかなか手をつけなかったので、3月12日に重い腰を上げて申告を終えました。すると3月20日にはタックスリファンド(還付金)として約7,700ドル(約84万円)が振り込まれていました。スピ…

  • アメリカで必要な社交性と寛容さ、と英語。

    新しい部署に移ったものの前の仕事の引き継ぎもしていたり、さらにアメリカ国内で出張もあったりとなんだか最近忙しく、すっかりブログから遠ざかっていました。 最近思ったあれこれを書き連ねようと思います。 若い子に仕事引き継ぐ問題 日本では、20代くらいの子が何かしでかすと「ゆとりが~」ともはやネタ的に言われるようですが、先日アメリカの若い男の子に「ゆとりか!」とツッコミを入れる事件がありました。 というのも、私の後任の男の子が入社2年目くらいの若い男の子でして、最近そのジェイコブ(仮名)に引き継ぎをしています。 とある仕事の手順が書いてあるマニュアルを、初回のミーティングの際印刷して持っていった私。…

  • 学校で習わない数字の読み方~英語で数字を読む

    英語に慣れていない人が英語で数字を読もうとすると、「あれ?どうやって読むんだっけ??」となりますよね。なりません? 私も同じくで、初めて外資系企業で働くことになったものの仕事で英語を使ったことがなかったため、英語でミーティングする前に「英語 数字の読み方」でぐぐった記憶があります。 学校で習った数字の読み方 もちろん、学校では数字の読み方も習いました。 例えば、 123ならone hundred (and) twenty-three 1,234ならone thousand two hundred (and) thirty-four 12,345ならtwelve thousand three h…

  • 30代共働き夫婦の家計簿~ボーナス月の貯金額は120万円。

    今月も家計レビューをしたので記録しておこうと思います。 2月はボーナス月だったので、貯金額が通常月に比べて多めでした。 実際のところ、その貯金の中から新居用の家具なんかをいまだに買っているので、まるまるこの金額が純増しているわけではないのですが‥ ちなみに過去のレビューはこちらです。↓ notefromus.hatenablog.com notefromus.hatenablog.com そして今月のレビュー結果がこちら。(左から、1月実績、2月実績、前月比増減を記載しています。) 前月の支出約68万円に対して、2月は約46万円。なななんと、前月比約22万円少ない支出で終えることができました!…

  • アメリカでトイレトレーニング~頑張らなかった我が家のトイトレ。

    娘・現在2歳10ヶ月、ほぼほぼトイレトレーニング完了しました。 共働きでなかなか自宅で時間が取れない‥というのを言い訳にサボり続けてきましたが、気づけばそんなに頑張らずにオムツを卒業してくれました。 記録がてら、我が家のトイトレについて書いてみようと思います。 2歳4ヶ月(2016年8月):デイケアでトイトレ開始、パンツタイプのオムツ購入。 2歳5ヶ月(2016年9月):補助便座購入、家でのトイトレらしきもの開始? 2歳7ヶ月(2016年11月):おねえさんパンツ購入。引っ越し前の自宅でトイトレを一瞬がんばる。 2歳8ヶ月(2016年12月):家でのトイトレ中断。 2歳9ヶ月(2017年1月)…

  • アメリカ・外資系企業でミーティング~会議の常識非常識  

    5年ほど前外資系企業に転職して驚いたことと言えば、ミーティングの作法の違いでした。世界中から多くの人が集まる会議に出たり、その後渡米してアメリカ企業で働くようになったわけですが、新卒で入社した日系企業にはなかった常識・非常識がそこにはありました。 ↓ 使われる言語も初めは意味不明でした‥ notefromus.hatenablog.com ミーティング中にバナナを食べる 日系企業でも、自分のデスクではお菓子を食べたりしていましたが、会議中に食べ物を持ち込んでもぐもぐしている人は見かけませんでした。 ところが、アメリカではミーティング中に何かを食べるのってよく見かける光景です。日本にある外資系企…

  • アメリカでバレンタイン~子どもたちのギフト交換事情。

    バレンタイン当日会社に行くと、後輩の男の子がいつもよりちょっと良さそうなジャケットを着ていたので「すてきなジャケットだね~」と言うと、今夜は彼女とディナーの予定があるとのこと。いいですね~ 「今夜の予定は?」と聞かれたので「特にないよ~、I wish I had..」と言ったら「旦那さんがサプライズ用意してるんだよきっと!」と言ってくれました。ありがとう、でも我が家のバレンタインはまだ日本式らしく夫は何もしてくれません。。 女性マネージャーのデスクにはこんなお花が届いていました。すてきですね~旦那さんが会社にデリバリーしてくれたそうです。 このように、アメリカのバレンタインといえば男性から女性…

  • アメリカの喫煙事情~非喫煙者天国アメリカ。

    オリンピックに向けて、飲食店は一部例外を除き原則禁煙とする~そんな法案が検討されているようですね。 アメリカの厳しい喫煙事情 アメリカに移住して3年になりますが、こちらで暮らしていて良いことのひとつといえば、タバコの煙や匂いで嫌な思いをすることがないということです。 アメリカといっても、州によって法律が異なるので私が住んでいる州の話になりますが、全てのpublic placesで喫煙が禁止されています。他の州でも同じようなところが多いと思います。public placesの定義を見てみると以下のように書いてありました。 “Public places” include airports, ban…

  • 30代共働き夫婦の家計簿~70万円支出の内訳。  

    前回のレビューでは合計支出40万円くらいにおさえてまわしたいなんて言っていたくせに、1月のレビューをした結果支出が70万円近かったという我が家‥。一体どうなってるんでしょうか、誰か教えてください。 ↓前回レビュー 。家計レビューの方針はこちらに書いています。 notefromus.hatenablog.com 大きめのイレギュラー支出が混ざりすぎて比較が分かりづらかったので、金額の大きい特別費を別カテゴリーに仕分けました。 今回一番大きかった特別費は車の修理代740ドルです。こればかりは直さないわけにいかないのでいたしかたなしです。なんせ夫の車が古いので、よく壊れます。そしてめっちゃ大きくてい…

  • 社内の「ありがとう」をお金で伝える~アメリカの社内システム。

    私の働くアメリカ企業では、社内の人への「ありがとう」を会社のお金を使って伝えることができます。 今回はそのシステムについて、紹介させてください。 お金を送るのはこんなとき 例えば、自分の関わるプロジェクトで疑問点があり、その分野のエキスパートである人に質問した。プロジェクトチーム外の人だったけれどすぐに調べて答えをくれてとっても助かったので、丁寧にお礼を伝えた‥。 というケース。 相手に感謝の気持ちは伝わっても、その人はそのプロジェクトになんの関わりもないので、成果が出ても評価はされないし、その人の上司にその事実が伝わることもありません。 忙しい中時間を割いて調べてくれたのに、ある意味働き損と…

  • 彼氏には文系、夫には理系を選んだ私の結婚生活。

    選んだというか、たまたまそうなったという結果論ですが、夫を除いてこれまで付き合った彼氏はほぼ文系でした。 なぜって自分がどっぷり文系の環境にいたので(文学部→ファイナンス関連)周りにもそういう人が多かったのです。 ところが20代半ばで転職した会社でエンジニアをしていた夫に出会い、結婚に至りました。 理系夫のよいところ そんなわたしですが、先日理系な人と結婚してよかった~と思うことがありました。 2年ほど愛用している超高性能ドライヤー、急に温風が出なくなりました。 冷風は出るもののなんせ冬なので寒いし冷風ではなかなか乾きません。 そしてこのドライヤーを使うと本当にしっとりつやつやになるので、毎日…

  • 「働き方改革」を考えてみた~アメリカで働く私の場合

    突然ですが先日昇進しました! 昇進といっても何か役職に就いたわけでも、部下ができたわけでもないのですが、わたしの会社では全世界の全社員にGradeが付されており、いわゆる平社員でも色んなグレードの人がいます。 そのグレードが上がるとpromotion (昇進)ということになります。 国によってちょっとベースが違ったりもするのですが、アメリカでは基本的に 大学卒:Grade 3 修士卒 (MBAなどmaster):Grade 5 博士卒 (PhD):Grade 7 からスタートするようです。 Grade 3が一番下のグレードで、取締役などえらい人になってくるとGrade 11とか12とかそのくら…

  • 学歴年収と幸せとの相関性についての考察。

    なにが幸せかなんて分からないよな~という出来事がありました。 私と夫は、現在はアメリカに住んでいるものの2人とも日本の大学もしくは大学院を出ていて、日本では高学歴と呼ばれる属性だと思います。 アメリカで共働きをしている我が家の世帯年収は、とんでもなくいいとは言えませんが年齢の割にはまぁまぁだと思います。 一方で私には東京近県に住むいとこ(27歳)がいます。 3人きょうだいの真ん中で、彼女以外の2人(兄と妹)は割としっかり勉強をして2人とも都内の大学に行きましたが、彼女は昔から勉強嫌いだったので大学に行く気は毛頭なく、高校卒業後は実家住みのまま地元の会社に就職しました。 そんなわけで彼女は比較的…

  • 家族のいない年末年始の過ごし方~アメリカでお正月を楽しむ。

    夫と娘以外、アメリカに家族がいない私たち。海外に住んでいるとそういう状況の方は多いと思います。 私の周囲も同様で、アメリカ人と国際結婚しているケースを除き、一族で集まるようなイベントの時でも夫婦と子どもだけ、という家族が多いです。 親族集まってみんなでワイワイできないのはさみしくもありますが、逆に年末年始であっても「実家・義実家、その他親戚まわりをしなくては‥!」というプレッシャーは一切ないわけです。(お年玉もあげなくて済みます。ケチか。笑) そして、そんな友だちが周りにたくさんいるので、ハナから友だちとのイベントをプランしてしまうことで楽しく過ごしています。 今年は大晦日にはしゃぶしゃぶパー…

  • アメリカでペストコントロール~無理して自分で戦わない、専門業者に頼んで全滅作戦。

    嫌な写真や不快な表現は出てこないので、安心してお読みください。笑 先日新築の家に引っ越した我が家。 notefromus.hatenablog.com 街中、というより比較的新しい住宅地エリアに家を建てたので、引っ越してしばらくして何種類かのムシたちに遭遇しました。 わたし、ここにムシと漢字で打ち込みたくないくらい本当に嫌いなんです‥。 *やっと部屋も片付いて落ち着いてきました。 そこまで悪質なものは出ていないのですが、とにかく1匹たりとも家の中で見たくない!!! 賃貸アパートのペストコントロール(害虫駆除) こちらアメリカでは、ペストコントロールと呼ばれる害虫駆除の業者がたくさんあり、そうい…

  • アメリカでは常識?プレミアムフライデー。

    日本で、プレミアムフライデーと称して月末の金曜日は午後3時に仕事を終えるよう働きかける取り組みを始める、という記事を見かけました。 www.nikkei.com アメリカのブラックフライデー アメリカのブラックフライデーを参考に‥と書いてありますが、これって年に1度の特大セール&時期的にクリスマス前だからこそ盛り上がるのであって、日本でなんでもないときに毎月末これをやったからってそんなに盛り上がるんですかね。 クリスマスに向けて、自分の子ども以外にもたくさんプレゼントを買ったり、 狙っているちょっと高額なものをこの時期まで我慢して一気に買ったり(我が家は新居の家電をこのタイミングでそろえました…

  • アメリカできちんとクレームをつける方法~家電届かない事件。

    今回は、アメリカのひどいサービスにクレームをつけてお金を返してもらった話です。 11月上旬、家電購入 新居への引っ越しに先立って、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機の3つすべてをBest Buy (アメリカの大手家電量販店)で購入していた私たち。Black Fridayよりも前の11月上旬でしたが、すでにBlack Friday dealとして大幅に値引きが始まっていたためそれぞれ元値より40%オフほどで購入でき、いいタイミングでラッキーだったな~なんて思っていました。 新居の引渡しは11/29、正式に引っ越しを完了させるのは12/9を予定していたので12/3にすべての家電が配送されるように手配していまし…

  • アメリカで家を建てる~新築マイホームを公開。

    アメリカで家を建てた我が家。先週末、新居に引っ越しをしました。 ↓これまでのいろいろ。 notefromus.hatenablog.com notefromus.hatenablog.com 自分たちで引っ越ししました 当初は12/9に引っ越し業者を頼んで引っ越し完了とする予定だったのですが、運べるものは自分たちで運ぼうということで段ボールや小さめの家具はちょこちょこ運んでいました。 夫の車がかなり大きいので、2回ほどで段ボールをほぼ運び終えました。 日曜日にはU-Haulというアメリカでは良く見かける業者(ここで段ボールや梱包材なども購入)からトラックを借り、友人ひとりと夫で結局すべての家具…

ブログリーダー」を活用して、notefromusさんをフォローしませんか?

ハンドル名
notefromusさん
ブログタイトル
アメリカで暮らす、働く、育てる
フォロー
アメリカで暮らす、働く、育てる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用