searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ワッチさんのプロフィール

住所
大和市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新・遠方オーライ!
ブログURL
https://watchi-tb3.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
新品/中古で購入したNゲージの改造がメインです。 たまにレイアウト作成なんかも。
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2016/05/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ワッチさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ワッチさん
ブログタイトル
新・遠方オーライ!
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
新・遠方オーライ!

ワッチさんの新着記事

1件〜30件

  • 新たなフィールドの構築(レイアウトモジュール4)(その1)

    この前の運転会で、O氏が持ち込んだターンテーブルに、自社が保有するSLを並べてみたり。 いや~、絶景かな、絶景かな。 来月の賞与は、ターンテーブルになりそうな予感。 運よく、特にほしい車両もないし。 まぁそれは置いといて、再来年以降のJAMへのクラブ参加を見込んで、クラブ規格でのレイアウトモジュールを作成することに。 今回作成するのは、レイアウト作成の経験者ということで、難易度のやや高いコーナーモジュール。 本当はイチからベースを作る余裕があればよかったのですが、なんせこのコロナ騒動等で色々と忙しく、市販のTOMIXのレイアウトベースを使用することに。 これとは別にもう一つ作ってもいいらしいので、その時はベースから自作することにします。たぶん。 んで、このコーナーモジュール、中央部分に小川が表現できるように窪みが設けてあるのですが、プラン..

  • 北の大地はロマンがいっぱい(キハ150編)(その3)

    コロナでの活動自粛が緩和されたのに伴い、相模原の各公民館の施設使用もようやくできるようになり、そのおかげで倶楽部の運転会もぼちぼち再開されまして・・・・ ・・・というわけで、前回の続きです。 ■屋根上機器 このキハ150に同梱されているベンチレーターの類ですが、材質がクーラーに合わせて(?)白い材質で形成されています。 しかし、こんな色のをそのまま装着すして使用するのは、見た目があり得ない・・・ ・・・というわけで、問答無用で塗装です。 塗料(缶)は王道の、GMカラーの「No.9 ねずみ色1号」をチョイス。 ※1回目 ※3~4回目くらい? ※さらに艶消しクリアーを2~3回吹き付けて、ほぼ完成状態。 これで安心して取り付けることができるようになりました。 ついでに、エンジンの部品も塗ってみたり~..

  • 新型でもイケメン化したい!(KATOカプラー密連形#2 新性能電車前面用・青灰)

    祝!ホビーセンターカトーブランドで、一般販売化。 ■ (N)KATOカプラー密連形#2 新性能電車前面用・青灰 わが鉄道でも、早速入手&交換に着手。 久しぶりに登場の、E233系0番台八高線内仕様。 勿論、15両編成組成のヒーロー、E231系0番台常磐線にも。 いじょ。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • 北の大地はロマンがいっぱい(キハ150編)(その2)

    前回購入した、こちらの車両。 早速、気に入らない部分をカスタマイズして、つぶしていこうと思います。 ■カプラー(連結器) でました。 GREENMAX の最も気に入らないクソ仕様お家芸。 ディーゼルカーといえば、同形式に囚われない、多種多様な連結相手が魅力のハズ。 しかし、GREENMAX は片側をダミーカプラー、片側を独自仕様のドローバーが標準仕様と、いったい何がしたいのか?どうしても2両固定編成を貫きたいのか? ・・・というわけで、そんな使えない連結器はとっとと交換です。 今回は、TOMIXのJC6353 密自連形TNカプラー(黒)SPIIを使いました。 まずは連結器&スカートが装着されている土台から、連結器&スカートを取り外します。 そして土台にBMTNカプラーを装着します。 ※ここまでは簡単。..

  • 北の大地はロマンがいっぱい(キハ150編)

    ・・・というわけで、今回もついつい飛びついてしまいました。 GREENMAX JR北海道キハ150形0番代 函館本線 2両編成セット 実は今回発売されたキハ150、生産数がかなり絞られたのか、ほとんどのお店で予約販売のみとなっており・・・・ 普段通りタカをくくって予約せずにいたので、かなり入手に苦労しました(汗) 今後は、本当に欲しい車両(特にGREENMAX 製品)はきちんと予約して購入することにします(猛反省) まぁ、出来映えはそこそこ高いので、どっちかといえば満足していますが、GMのクソ独自仕様故に色々と迷要素なども残っており・・・ ・・・そこらへんは次回以降、気に入らないところをカスタマイズしていきます。 作る楽しみ・・・・ (つづく) ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓..

  • 二軸貨車の保管方法(※うちの場合)

    願!BLOGのアフィリエイト化。 それはさておき、このBLOGを読まれている方ならご存じ、二軸貨車マンセーな自分。 しかし貨車をこのような標準のプラケースで保管していると、流石に20両以上だと収納スペースが・・・・ なのでCASCO等から出ている収納ウレタンを別途購入し、余った車両セットのBOOKケースに詰め込んでいる方も多いはずです。 しかしこのような短い貨車を詰め込んでも、収納できるのはたかだか20両近く・・・ ・・・というわけで、BOOKケースへの収納が二軸貨車なら30両以上可能になるアイテムがこちら! ■甲府モデル 簡易貨車用30両ケース仕切り このように組み立てて、 BOOKケースに収めると・・・ なんと短めの二軸貨車をケース1つに35両も収納することができます! ・・・しかしこの仕切り、..

  • なんでTOMIXの車輪ゴムは経年劣化で溶けるんですか?(# ゚Д゚)

    ・・・というわけで、箱の中で長年保管していたTOMIXのEF63。 最近はKATO製のばっかり運用させており・・・ 久々に開けてみたら、車輪ゴムが見事にドロドロに溶けて、車輪にへばりついてるという悲惨な状況に・・・(写真撮り忘れたorz) なので、6月3日だからEF63 というわけでなく、たまたま車輪ゴムを交換する作業に恵まれたので、部品の備忘録的な投稿です。 おりしも購入当時はちょうど信越本線の横川~軽井沢間が廃止になる寸前の第一次碓氷峠ブームが沸き上がっており、「とうとうNゲージにも(まともな)EF63が!」と心躍らされながら、連結相手もいないのに手に入れた一品です。 なので、ライトは各機の片側ずつにしかついていなかったり、そもそも電球だったり・・・ まぁ例のごとく、後年、LEDに換装しましたが。 しっかし双頭連結器の仕..

  • 二軸貨車が好きすぎて、スルーできるか!?この一品。(KATO ヨ8000)(その2)

    前回の続き。 新しくなったKATOのヨ8000。 同社のヨ5000やヨ3500と同様に、ほぼ無加工で純正室内灯が取り付け可能になりました。 なので、早速「LED室内灯クリア(白色)」を取り付けてみます。 ・・・イイ感じですが、室内灯が白すぎて・・・ 実はこの前の模型クラブの運転会で、「TOMIXのヨ8000に取りつけた白色LEDの室内灯が白すぎる」とメンバーの方にありがたい助言を頂き、そちらの改良を実施。 なのでこれも同様に、蛍光灯色に近づけるべく改良。 加工内容はフィルターのLED側の側面を、クリアーイエローで塗るだけ。 ・・・こんなもんでしょうかね。 さて、コロナ騒ぎが落ち着き、これが運転会デビューできるのはいつになることやら・・・・ いじょ。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・..

  • 二軸貨車が好きすぎて、スルーできるか!?この一品。(KATO ヨ8000)

    ・・・というわけで、完全リニューアル販売されました。 ■KATO ヨ8000【8065】 ここは二軸貨車フリークな自分のような人間にとっては、スルー不可です。 ディテールがやっぱりよくなっていますが、最後尾につくことを考えると、カプラーがアーノルドだとやはり締まりません。 なので、やっぱりカプラーをナックルあたりに交換しようと思いまして・・・・ ですが、いざKATOの二軸貨車にナックルカプラーを装着しようとすると、色々と部品の追加用意が必要でして・・・ ナックルカプラー用のカプラーポケットしかり、カプラー用のスプリングしかり・・・ でも、交換したら、ここまで男前になります。 というわけで、今日はこの辺で。 (つづく) ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・..

  • 103系はやっぱエメラルドグリーンのクモハだろ!(その2)

    前回の終わりに今回のフリとして置いたこの画像。 そうです。 今回は、増結編成運用がメインとなる為、様々な103系の先頭車同士の連結が実現することになるので、当鉄道に所属している連結相手とのコラボを紹介します。 「それってタイトル詐欺じゃね?」というツッコミはまぁ置いといて・・・・ ・連結相手その1:TOMIX 103系1000番台 昨年導入した、TOMIX久々のヒット商品。 まぁ、今回の初期型と一緒に再生産?されたので、暫くはこの編成と15両組成される姿をよく見られてると思われますが。 同じTOMIX、同じ色あいということで、目立った差異は見られないかと。 ・連結相手その2:TOMIX クハ103系ATC高運転台車(※旧仕様) 昨年とある中古屋で見つけ、何気なく購入したこの1両。 当鉄道にはまだこれ用の中間車はなく、この1両をきっかけに10両編成..

  • 103系はやっぱエメラルドグリーンのクモハだろ!(その1)

    【お詫び】  約3か月間近く、当BLOGを放置いたしました。  申し訳ございません。 【言い訳】  コロナの影響で、外出自粛やその他の原因(模型屋の営業自粛や臨時営業、それ以前に外食すら自由にままらなない状況な上に、クラスタ回避の為の時差出勤(しかも始業時間繰り上げ)という、長距離通勤者にはかなりつらい状況に陥っており、生活リズムの狂いにより生きるのに精いっぱいな状況に陥っております。テレワークも3日経験しましたが、あまりの不慣れな環境に身体的(腰痛)にも精神的にも影響が強かったので、意外と自由が・・・・ ・・・そもそも市の施設が閉鎖されている為、剣道ができないという・・・・ 5月に段審査を受ける予定でしたが例外なく中止になり、申し込みの時に払った貴重な1.2諭吉の所在もわからず・・・ せっかく所属できた模型クラブの運転会もことごとく中止になってますし・・・ ・・・..

  • KATO カプラー密連形#2対応のカプラーカバーが発売!!!

    前回挙げた、KATO カプラー密連形#2に関連してもうひとつ。 実は、自分的にはこっちの方が本命だったりする。 ■Z04-9563 クハ650連結器カバー 当BLOGでこれまで何度も話題にしていたものが、651系のリニューアル販売に乗じて、ようやく発売されました。 なので、当鉄道に所属している骨董品・・・もとい、651系スーパーひたち(死語)にも・・・ さて、旧カプラーカバーを改造してつけていた、北海道のバケモノ気動車、キハ201。 ・・・にも、勿論、そのまま付きますが・・・・ ・・・塗装しないと、違和感バリバリでダメだなこりゃ。 いじょ。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブ..

  • KATO カプラー密連形#2への換装

    年越し前の話題ですが・・・・明日分の話題つながりの関係で、これを投稿せずには入れず(汗) ■KATOカプラー密連形#2 新性能電車前面用 ~221系の場合~ 上:換装後 下:換装前 前 ~313系の場合~ 上:換装後 下:換装前 ~253系(N'EX)の場合~ 左:換装後 右:換装前 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • KATO ポケットライン チビ凸(旧製品)の動力交換

    皆様、新年あけましておめでとうございます。(今更!?) 実は年末~年始にかけて、転職やら引継ぎやら旧自社の基幹サーバ更改やらストレスによる消火器系の不良やらなんやらでなかなかBLOGどころか、模型すらいじる暇も気力もなく・・・(※いいわけ) ということで、この回が新年一発目の投稿になります。 さて新年一発目、なにをやろうかと思ってたら・・・・昨年末、KATOのロングセラー商品であるポケットラインの動力のリニューアルが行われ、その動力も発売されました。それがこちら ■11-109 チビ凸動力ユニット なんでこれを買ったかというと、皆様、ご存知でしょうか? 約6年前にライトを点灯化させたコヤツを・・・ その時の記事(※過去ログ)がこちら↓ ・KATOポケットラインの凸型機関車をメンテしたら、ものすごく調子がよくなったので・・・ ・KATOポケットライン..

  • KATO 415系(常磐線・新色)その3(改造編)

    前回に引き続き、まだまだいじる箇所が残っているので、いじり倒します。 ・屋根上機器(※パンタグラフ周り) 碍子部分を別パーツ化してあるのでかなりルックスがリアルにはなっているが、構成上、どうしても別パーツ化できない部分がグレーのまま残っているので、そこに白色をタッチアップします。 (手前:着手前、奥:着手後。まだ一部、逆にグレーに塗らないといけない箇所の残あり。) ・15両フル編成化 「一体なにを言ってるんだ?」と思った貴方は正しい。 確かに、理想は4両増結セットと4両セットを買い足せば改造なしで実現できるのだが・・・ ・・・いろいろと予算の関係(増税前の駆け込み需要)でそれは厳しい状況であり、現にまだ室内灯を購入する予算を確保するのに四苦八苦している状況である。 しかしその一方、当鉄道には既に旧製品の415系(基本+増結) が在籍&活..

  • KATO 415系(常磐線・新色)その2(改造編)

    おかげ様で、神奈川は台風が無事(?)通過しました。 自分の周りは運よく目立った被害はありませんでしたが、この度の台風で被害に遭われた方々、犠牲になられた方々へのご冥福と一日も早い心身の安息を心よりお祈り申し上げます。 というわけで、流石に外出は控えていたので、今日は一日、いつ起こるかわからない自然災害に警戒しながら、日がな一日、大人しく?模型をいじってました。 前回の続きです。 まずは付属品を取り付け・・・・ ・・・たのですが、なんとなく違和感が・・・・ そうです。 実車は幌枠が黒く塗装されており、(※画像は手元にあった403系のものですが、同じなので) 既に所有している旧製品でも、その部分を黒く塗っております。 なので同様に、塗ります。 ついでにジャンパ線も。 すると・・・・ 絞まりました! いい感じです。 ついでに..

  • KATO 415系(常磐線・新色)

    ちょっと販売が遅れて待たされましたが、無事発売されました。 ■415系 (常磐線・新色)" target="_blank"> 待った甲斐が十分あったと感じられるクオリティなので、今回は特にコメントは入れません。 ご自分の目で確かめてください。 それでは次回以降、入線整備に着手します。 (つづく) ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • GREENMAX JR北海道キハ54形500番台

    もはや当鉄道ではお馴染みとなった、北の大地の車両ならとりあえず買っとけシリーズ。 今回は、この製品を購入。 ■ GREENMAX JR北海道キハ54形500番台 実ははるか以前から購入を検討していたのですが、製品仕様にイマイチな点が多くて、購入を戸惑っていました。 今回、そこら辺を改造で克服できると判断したので、満を持して導入した次第です。 さて、今回再販された3種類の中から、留萌本線・元急行仕様をチョイス。 理由は最もキハ54らしい外見(帯が2本)と、宗谷本線の快速に使われているからという友人の好みを参考にしました。 というわけで入線整備を兼ねて、GREENMAXの「作る楽しみ」というコンセプトを尊重した形で自分なりの改造を施していきます。 ①幌 説明書どおり、付属の幌をゴム系接着剤で接着。 ここらへんはメーカー推..

  • KATO 密連カプラー#2用の連結器カバー

    忙しくて時間がないので、旧BLOGで書いた過去ログの内容をば・・・ KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる ~キハ201編~ KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる(その2)~キハ201編~ KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる(その3)~連結器カバー加工編~ ちなみにこの加工記事を書いたのが、2016年8月29日。3年近く経ちますが、未だに新密連カプラー(密連カプラー #2)に装着可能な連結器カバーは製品化&発売されておらず、連結器カバー装備タイプの車両は旧規格のものをダミーカプラーに被せたり、連結器カバータイプのダミーカプラーを装着したり、酷いものだと初めっからその部分は何も装着しない仕様でお茶を濁し続けてる始末。 KATOさん、やる気ないのもいい加減にしろ(怒) ↓もしよろしかったら、クリックをば・..

  • TOMIXの旧集電台車のリニューアル作業(キハ183-1550編)

    ・・・と謳ってみたが、実はTOMIX E501系&209系 リニューアル計画で黒車輪と集電板、黒バネが余ったので、何気なくキハ183-1550の旧集電台車の交換作業に流用できないのか?とふと思い立ってやってみただけの作業。 台枠自体は旧集電も新集電も穴の位置や凹凸はまったく一緒。 流石、流用上手なTOMIX。 気になるのは・・・キハ183-1550が履いているTR239台車と、209系が履いているTR246台車の車輪間隔が一緒かどうか・・・・ ということで、とりあえずやってみたら、まったく同じでした。 結果・・・ 「転がりがすごく軽くなりました」 なのでこの手法、けっこういろんな車両に使えそうです。 よかった、よかった。 いじょ。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちら..

  • TOMIX E501系&209系 リニューアル計画(とりあえず、最終章)

    部品の市場在庫枯渇に伴う、旧ブログからの積み残し課題。 ようやく部品が再販されたので、入手&着手。 ■TOMIX 0430 DT61D(黒車輪) 当鉄道のE501系(※約20年モノ)は勾配対策で2M化している為、2両分(計4個)を用意。 カプラーをぶった切り・・・・ 折角なので、スプリングも目立ちにくくするために、黒いのに交換。 少しでも走りを快適にするために、ラジコン用のセラグリスHGを注油。 そして交換後の姿がこちら。 これでようやくM車も、晴れてよりリアルな外見になりました。 このシリーズは、とりあえず完了です。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • MicroAce キハ22-700 北海道色・改良版 2両セット(その2)

    前回のまとめ。 「MicroAceのキハ22は、そのままでは連結車間がクソ」 まぁこれはMicroAceのほとんどの車両に言えるのですが。 まだ連結器が交換可能(選択肢がある)ので、マシな方ですが。 ※連結器の交換が一筋縄ではいかない実例:秩父鉄道 デキ500 購入編 改造編 というわけで、TOMIX JC6353(密自連型TNカプラー SPⅡ)にさくっと交換です。 連結車間もこれでばっちり! ただひとつ、問題が・・・ ライトスイッチですが、T車はここにあるので問題ないのですが・・・ M車のスイッチはカプラー根元にあり、どうしても隠れてしまいます。 まぁここら辺は仕方ないと割り切っていくしかありませんね。 操作するときは連結器を取り外して操作する。 スイッチを操作するのに、わざわざ車体を外す必要のあるKAT..

  • KATO 10-466 205系(武蔵野線色) 8両セット(その3)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新潟・山形沿岸で地震の被害に遭われた方々へ、心からお見舞い申し上げます。(リアルタイム) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 前回はライト類をいじりました。 今回は引き続き、入線整備の一環で、連結部まわりをカスタマイズしていきます。 ■幌の追加 KATOの205系は約30年前の設計で、比較的最近発売されたものでも未だに幌がついていません。 なので当鉄道では近年発売された車両を参考に、基本的に20系寝台客車用の幌をゴム系接着剤を用いて、追加装着しています。 幌がないとあるとでは、外見がこれだけ違います。 ・幌なし ..

  • KATO 10-511 500系新幹線〈のぞみ〉4両増結セット

    はるか?以前(KATOの500系新幹線)のつづき 先月(GW付近)の出来事ですが・・・・ 買った! ■KATO 10-511 500系新幹線〈のぞみ〉4両増結セット 増えた! 以上! (たぶん、まだつづく・・・) ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • MicroAce キハ22-700 北海道色・改良版 2両セット

    夏のボーナスまであと1か月以上あるのですが・・・物欲に負けましたorz ■MicroAce キハ22-700 北海道色・改良版 2両セット ・ヘッドライト ・テールライト ・側面(T車) ・側面(M車) MicroAceの特徴的なM車の床下はさておき、外見は問題ない・・・どころか、素晴らしいの一言です。 塗装がなんとなく厚ぼったいのが、気になるくらいでしょうか? しかし問題がただ一つ・・・・それは2両を連結したとき・・・ すげー車間に隙間が(汗) これでは連結運転ではなく、続行運転状態です。 ちなみにBMTNカプラー装着の、TOMIXキハ40の連結と比べてみると・・・・ こんなに違います。 これでは折角のルックスが、見事に台無しです。 さて、どうすべか・・・? (つ..

  • KATO 10-466 205系(武蔵野線色) 8両セット(その2)

    前回(その1)で購入した205系武蔵野線(メルヘン顔) 今回は、入線整備の着手します。 着手する場所はヘッドライト/テールライトと室内灯。 ・ヘッドライト/テールライト KATOのこの時代のライト類は「電球」を光源としている為、旧BLOGに引き続き、定番のLED換装とを行います。 元の回路がこちら。 改造後はこんな感じになります。 基板自体を自作する方が手っ取り早かったりするのですが、元々ついてる基板がもったいないので、改造して使用するのが自分の流儀です。 さらにLED化に加え、常点灯化の為にコンデンサを追加してあります。 そして改造後の実物がこちら。 ~表~ ~裏~ ~全体~ 以前、同様のメルヘン顔である205系京葉線タイプに砲弾型LEDをテールライト用に使用したところ、構造上の理由で拡散がイマイチだったの..

  • JR八高線丹荘駅(2019/6/9)

    以前、旧BLOGにてご紹介した、自分に馴染みがあるJR八高線丹荘駅。 本日、所要で群馬まで足を延ばした際に訪問してきたのですが・・・・とんでもない事態に(泣) ↑なにやら入り口横に不吉な張り紙が・・・ な、なんですと・・・ 今や貴重となったJR管内に現存する、首都圏最後(と思われる)の現存する国鉄時代の木造駅舎が、建て替えられるので見納めになってしまうみたいです。ぐぬぬ・・・ 昭和から平成、そして令和と、時代の流れは残酷なもので・・・ 諸行無常・・・ まだ駅舎本体には手を付けてない模様なので、撮影するなら今すぐに!!!! ~おまけ~ 在りし日の、丹荘駅にて(筆者撮影) いじょ。 ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ..

  • KATO 10-466 205系(武蔵野線色) 8両セット(その1)

    当BLOGの、引っ越し後、正式な一発目の記事です。 張り切っていきましょう!(なにを?) といいつつ、実は遊び呆けて更新を怠ってたのは、ナイショですw ・・・というわけで、早速入線です。 ■KATO 205系(武蔵野線色) 8両セット ※中古 実ははるか昔、新品で購入していたのですが、事情に手放してしまいまして・・・・ この度、巡り合わせにより再購入とあいなりました。 いい感じです。 次回から、いよいよ入線整備(と改造)をば・・・ (つづく) ↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓ 鉄道コム ↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓ ↓さらにこちらもお願いします↓ 人気ブログランキングへ

  • はじめまして!

    Yahooブログサービス終了(予定)に伴い、こちらに引っ越してきました。 旧BLOGは↓コチラ(※2019/12/15に消滅予定) ■遠方オーライ! 旧BLOGの過去ログは↓コチラ(※順次、データ移行予定) ■遠方オーライ!(仮設避難所) 取り急ぎ、ご挨拶をば。 末永いご愛顧の程、何卒よろしくお願いします。

カテゴリー一覧
商用