searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

としちゃんさんのプロフィール

住所
栄区
出身
旭区

自由文未設定

ブログタイトル
自転車日本縦断の夢
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yts510730/
ブログ紹介文
自転車で日本縦断を企てています。九州南端から初めて1回250kmずつくらいで北海道を目指しています。
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2016/05/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、としちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
としちゃんさん
ブログタイトル
自転車日本縦断の夢
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
自転車日本縦断の夢

としちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • りんりんロード再び⑥

    筑波休憩所をでてしばらく行くと北条地区になる。ここから少し山側に登ると北条大池の近くに、奈良時代の郡の正倉といわれる平沢官衙(ひらさわかんが)の遺跡がある。建物がいくつか復元されていて興味深いがあまり行く人が多くないようで、りんりんロードの地図にも載って

  • りんりんロード再び⑤

    つくばの休憩所が近づくと両側が桜並木になる。八重桜の並木で今年はすでに葉桜になっているが、咲いているときはなかなか見事である。これも2014年に来たときの写真を載せておく。さらに15分ほど走ってつくばの休憩所についた。ここは昔の筑波鉄道の筑波駅である。今はバス

  • りんりんロード再び④

     真壁を過ぎると進行方向が少し変わり、今まで右手前方に見えていた筑波山が左手に見えるようになる。やがて県道に並行した田んぼの端を走るようになり、ついに県道の歩道上を行くようになる。つくば休憩所の手前で県道を渡るのだが、今回唯一この地点だけが標識が未整備で

  • りんりんロード再び③

     雨引休憩所を出てしばらく進むと、カメラのマークの看板があった。フォトポイントというのが新設されている。ここは「筑波山撮影ポイント」。止まって写真を撮る。この地点に限らず、つくばまでの間ずっと前方に筑波山が見えている。20分ほどで真壁の休憩所についた。ここで

  • りんりんロード再び②

    最初に来たときは岩瀬駅の近くは未整備で、夕暮れ迫る時間に筑波側から来てとても心細い思いをしたことを覚えている。今は道もきれいに舗装され、両側の植物もよく手入れされてとても走りやすい。2kmほどゆくと田園地帯の向こうに筑波山がよく見えてくる。20分ほどで最初の

  • りんりんロード再び①

    「つくばりんりんロード」は1987年に廃止になった旧筑波鉄道の跡地(水戸線の岩瀬と常磐線の土浦の間)に、1993年頃から順次整備されてきた自転車道である。現在は潮来から霞ヶ浦沿岸を通って土浦に至るサイクリングコースと合体して、「桜川土浦潮来自転車道」通称「つくば

  • 三浦半島一周⑥ソレイユの丘

    久里浜から134号線をぐるっと時計回りに回って、帰りに長井のソレイユの丘に寄った。ネモフィラが見頃というが、まだ花がまばらな感じだった。夕暮れも近づいたので134号線を急いで鎌倉方面に向かった。三浦半島をぐるっと一周すると80kmちょっとになった。若い頃は自転車で

  • 三浦半島一周⑤ゴジラ滑り台

    今回は行かなかったけど、くりはま花の国には冒険ランドという子供の遊び場があって、そこにゴジラ滑り台というのがある。前に行ったときの写真を載せておく。今回調べてわかったのだけど、もともとは観音崎に「ゴジラ滑り台」があったのだそうだ。1954年公開の最初のゴジラ

  • 三浦半島一周④くりはま花の国

    観音崎を後にして次は久里浜に向かう。くりはま花の国のポピーやネモフィラが見頃だそうだ。花の国にも何度か行っているがポピーが咲いている季節には行ったことがない。観音崎から久里浜方面には浦賀の入り江を大きく回り込んで走る。前に自転車で走った時はずいぶん遠いと

  • 三浦半島一周③

    灯台から降りてきて、次にトンネルを抜けて三﨑の反対側の展望園地に行く。自然博物館があるのだが、この日は月曜日なのでお休みだった。となりの海の見えるレストランでゆっくり昼食にする。灯台には何組が観光客がいたがレストランで食事をする人はいないようだった。レス

  • 三浦半島一周②観音崎

    横須賀から観音崎に向かう。観音崎への道は両側にシュロの木が並んで南国ムードである。前に自転車で来た時は観音崎まで長い道のりに感じたけど、さすがにバイクだとすぐである。今までうかつにも気づかなかったけど観音崎という名前は、ここに有名な観音様があったためである

  • 三浦半島一周①

    天気がよかったのでバイクで三浦半島を一周してみた。本当は自転車で行きたかったが体調が今一だし、コロナ対策の意味でもできるだけ人に会わないようにした。まず、原宿六浦線で六浦まで行き、国道16号で横須賀に向かう。最初の目的地は三笠公園。平和のアーチという巨大モ

  • 桜の時期の荒川サイクリングロード(5)さくら堤公園

    川幅日本一の地点から3kmほどでさくら堤公園の桜のトンネルが見えてくる。ここから1kmほど桜並木が続く。ピンクに染まったこの景色をみるのは初めてである。早速、中に入って見る。満開をちょっとすぎて道路には花びらがつもっている。花見の人がたくさん歩いているし自転

  • 桜の時期の荒川サイクリングロード(4)菜の花の中を行く

    森林公園の南口から出て、荒川サイクリングロードの大芦橋まで8.5kmほど。歩道の上に荒川自転車道の標識がはげかけたペンキで描かれている。45分くらいかかって荒川の堤防上に出た。道の両側にずっと菜の花が続いている。菜の花の中を気持ちよく走る。天気もいいのでロードバ

  • 桜の時期の荒川サイクリングロード(3)森林公園花木園

    森林公園の西口から入って南口へ向かう。南口の出口の近くの東側の山の上に花木園がある。自転車を入り口近くに止めて坂を登る。去年の2月に来た時は梅が咲いてた梅林の奥に桜のゾーンがあった。満開を過ぎて、ときどき吹く風に花吹雪が舞う。土曜日なのでお花見の家族連れ

  • 桜の時期の荒川サイクリングロード(2)森林公園へ

     熊谷桜堤で桜を堪能してしまったけど、今日はまだ先がある。次に森林公園の桜を見に行く。森林公園も何度も行ったのに桜の季節には一度も行っていない。去年は梅の季節の「花木園」に行ったが、今年こそ桜の季節の花木園を見よう。 桜堤から荒川大橋を渡った所に旧荒川大橋

  • 桜の時期の荒川サイクリングロード(1)熊谷桜堤

    自転車ブログのはずなのに近頃は花の写真ばかりで気勢が上がらない。緊急事態宣言が解除されても新規感染者数は減らないので自転車で遠出をするのは気が引ける。それでも桜が咲いているうちに桜の中を走って見ようと思った。荒川の堤防上を走るサイクリングロードには何度か

  • 太平山の桜(3)

    謙信平から神社に向かう近道があって、階段をのぼると10分ほどで太平山神社についた。山上は結構人で賑わっている。神社から急な階段を下ると随神門がある。あじさい坂からのぼってくるとこちらにつくようだ。帰りは車道を急いで歩いて下った。車道の途中も桜並木がきれいだっ

  • 太平山の桜(2)

    六角堂のところからあじさい坂という石段を上っていくのが太平山神社へのいちばんの近道なのだが、残念ながら来たるべき紫陽花の季節を前に修復中で通れなかった。左側の林の中を抜ける道を通って太平山神社に向かう。なかなかの急坂で年寄りにはつらい。途中ほとんど人に出

  • 太平山の桜(1)

    3月29日、太平山に花見に出かけた。栃木駅まで電車に乗りバスで大平山下まで行く。バス停のすぐ近くに太山寺があり、天然記念物のしだれ桜がある。3月下旬が見頃だと言うが今年は花期が早かったので散り際であった。太山寺から太平山神社に向かう参道を上る。参道の両側に

  • 柏尾川の桜

    3月28日の日曜日、午後から雨という天気予報で、満開の桜が散る前に柏尾川沿いの桜を見てきました。戸塚から大船の間の右岸に桜並木があります。昔この下の道を自転車通勤で通っていたことがありました。

  • いたち川の桜

    首都圏の緊急事態宣言が解除されて、少しホットして近所の桜を見に出かけました。家の近くを流れるいたち川沿いに植えられている桜も満開を迎えています。

  • 桜見頃

    開花から一週間ほどたって、公園の桜も見頃を迎えている。近くの坂道を降りる階段の途中の山桜も咲き始めている。

  • 桜開花

    今年は春先から暖かく、桜の開花も過去最速になった。東京は3月14日に開花し、横浜も今日3月17日に開花と発表された。家の近くの公園に大きなソメイヨシノが一本植えられている。毎年この桜を「標本木」と決めて私の横浜桜開花としている。今日確認に行くと、ちらほら

  • カンヒザクラ

    フラワーセンターの帰りに大船の砂押橋を通った。川の両側に桜並木がある。ソメイヨシノはもちろんまだつぼみだが寒緋桜が咲いていた。後ろに玉縄桜が咲いているのも見える。

  • 温室の花

    温室内にはブーゲンビリアがトンネルを作っているキンカチャという、黄色い椿が咲いていた。中国南部からベトナムにかけて分布する花で寒さに弱いのだそうだ。

  • 梅林その後

    2月11日にはまだ咲きそろっていなかった梅林はそろそろ終盤にさしかかっている。しだれ梅はちょうど見頃になってきた。梅林は西側に林があって午後は日陰になってしまう。一つの木に紅白の花が咲く「春日野」

  • ミツマタ

    フラワーセンターにはミツマタの花も咲いていた。コウゾと並んで和紙の原料として名高い植物だけど、春にさきがげて咲く花で、仲春の季語になっているという。ジンチョウゲ科の植物で、近寄って花をよく見るとジンチョウゲに似ている。

  • 玉縄桜その後

    前回から2週間たち、フラワーセンターの玉縄桜は見頃を迎えている。前回、まだチラホラとしか咲いていなかった原木もしっかり花をつけている。2月28日、空が青くてとても気持ちの良い日だった。

  • 白滝不動

    根岸の森林公園へは不動坂という坂を登ってゆく。登り口の所にその名の由来となっている白滝不動があるので寄ってみた。下から見上げるとすごく急な階段である。鎌倉時代の創建で、一時は門前町ができるほど栄えたというが、今は小さなお堂がひっそりと建っている。名前の由来

カテゴリー一覧
商用