searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

としちゃんさんのプロフィール

住所
栄区
出身
旭区

自由文未設定

ブログタイトル
自転車日本縦断の夢
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yts510730/
ブログ紹介文
自転車で日本縦断を企てています。九州南端から初めて1回250kmずつくらいで北海道を目指しています。
更新頻度(1年)

114回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2016/05/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、としちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
としちゃんさん
ブログタイトル
自転車日本縦断の夢
更新頻度
114回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
自転車日本縦断の夢

としちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • ベランダの朝顔

    梅雨空が続く毎日だが、季節は確実に夏に向かっている。ベランダの朝顔も毎朝咲きそろうようになった。2年前に苗で買ってきたものの種をとって今年は種から蒔いたものである。あまり世話もしないのに勝手につるを延ばしてベランダの手すりに絡みついている。

  • ベランダのコキア

    TVのニュースでひたち海浜公園でコキアの植え付けを行っているという話題を取り上げていました。(前にひたち海浜公園でコキアを見た時の記事はこちら)我が家のベランダでもコキアが茂っています。昨年買った苗が花を咲かせて実がなって放っておいたら種を飛ばしたらしく今

  • 1万アクセス

    表示されているアクセスカウンターが10000を越えた。最初が2012年8月だからもう8年近くになるのだけど最初の頃はろくに更新もしていなかったし日本縦断の旅もまだ軌道に乗っていなかった。アクセスカウンターをつけたのはずっと後になってからだし、アクセスの半分くらいはお

  • 市川橋

    小岩菖蒲園の向こう側に見える市川橋で江戸川を渡り、今日のサイクリングはおしまいとします。このまま河口まで下ってもよいのですが向かい風のために少し疲れ気味だったのと、横浜方面へ帰るには京葉線より総武線のほうが便利なので市川駅でリタイアとしました。結局江戸川

  • 小岩菖蒲園

    6kmほど下ってそろそろ総武線の鉄橋が見える頃だと思っていた時、河川敷に花菖蒲が咲いているのが見えた。小岩菖蒲園である。ご近所の施設の方々と思われるご老人の一団が集まって花菖蒲を見ながら何かお話をしている。後ろの橋は京成電鉄の鉄橋である。ここは、若い頃の牧

  • 金町浄水場取水塔

    しばらく進むと前方の川の中ににとんがり屋根の塔が建っていて、ちょうど職員らしい人が出入りをしている所だった。珍しいので写真に撮っておく。後で調べてみるとこれは金町浄水場取水塔だそうだ。1926年にできたもので江戸川の表層水を取水して浄水場に導き、上水として使

  • 江戸川サイクリングロード

    堤防の上には江戸川サイクリングロードがある。海から19.25kmの標識があった。向こうに葛飾橋が見えその後ろに外環道が見える。しばらく下流に進むと常磐線の鉄橋の下をくぐる。向こうに見えるのが今の水戸街道(国道6号線)が渡る新葛飾橋である。サイクリングロードはよく

  • 金町関所跡

    小合溜は細い水路で今の江戸川につながっているらしい。その水路沿いに自転車で行くと向こうに江戸川の堤防が見えてきた。堤防は結構高く堤防上のサイクリングロードを通る自転車もはるか上の方に見える。この江戸川との合流点に金町関所跡の碑が建っていた。説明文によれば

  • 水元公園(2)

     小合溜の水辺の道にはベンチが並んでいて休んでいる人がいる。木陰でゆっくり本を読んでる人もいる。 公園の中にある水元大橋を渡って江戸川の方に向かう。途中に菖蒲園があった。残念ながら花期はもう終わりにさしかかっている。

  • 水元公園

    6月29日(月)水元公園から江戸川サイクリングロードを通って市川駅まで行きました。梅雨の晴れ間で暑い日でした。常磐線で金町まで輪行してまず水元公園を目指します。前に晩秋の紅葉の頃来たことがあります。旧利根川の河川敷に残った小合溜という池を中心とした東京では最

  • 大船フラワーセンターのハス

    明月院の帰りに大船フラワーセンターに寄った。フラワーセンターの花菖蒲は少し盛りを過ぎていた。今が見頃だったのはハスの花で、翌週はハスの花を見るために早朝開園もしていたようだった。

  • 明月院のアジサイ

    花菖蒲に続いて今が見頃のアジサイを見にいった。鎌倉の明月院は家から7kmくらいの所にあり自転車で行くにはちょうどよい距離である。ここも自粛明けの賑わいで、たくさんの人が来ていた。

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(6)まとめ

    菖蒲園を見てからお昼を食べ平和橋通りを通って新小岩の駅まで戻って輪行して帰った。久しぶりのツーリングだった。荒川の下流部のサイクリングロードはよく整備されていて走りやすかった。今回の走行距離 20.2km

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(5)堀切菖蒲園②

    いろいろな色の花菖蒲が咲いていた。今が見頃という感じだ。

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(4)堀切菖蒲園①

    四ツ木橋で左岸に渡り、中央環状線の下の細い道をしばらくゆくと堀切菖蒲園に着いた。今年は桜の季節が外出自粛でどこにも出かけられなかった。花菖蒲の季節にやっと間に合ったという感じだ。暑い日だったけど、自粛に飽き飽きした人々で賑わっていたが、それでも人と離れて

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(3)四ツ木橋

    右手に中央環状線の高速道路を見ながら5km以上右岸を上って四ツ木橋を渡って左岸に戻る。四ツ木橋は常磐道(国道6号線)の通る橋である。高校生の頃自転車で水戸まで行った時に、ゴミゴミした東京をやっと抜けて通った橋だという記憶がある。

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(2)荒川ロックゲート

    荒川は河口付近では中川と並行していて、二つの川の境界の上を高速道路(中央環状線)が走っている。最初の橋である清砂大橋で左岸から右岸に渡る。右岸をしばらく上ると、左から水路が合流してきて閘門がある。荒川ロックゲートと呼ばれる所で旧中川、小名木川と合流してい

  • 葛西臨海公園から堀切菖蒲園(1)

    先日、久しぶりに自転車に乗りました。京葉線で葛西臨海公園駅まで輪行して、荒川サイクリングロードを堀切菖蒲園までさかのぼり、菖蒲を見て帰って来ました。葛西臨海公園の海辺に行くと、緊急事態宣言が解除されてすぐだったので、平日にもかかわらず戸外で過ごしたい人々

  • 安曇野(21)今回の行程

    碌山美術館を16:30に出て穂高駅に戻った。レンタサイクルを返してお土産を買い、16:59発の大糸線で松本に向かう。松本からスーパーあずさ3号に乗って帰途についた。今回の行程は、往路62.1km、復路56.8km(地図上の計算による)で、高低差の大きいコースとしてはまあまあ走

  • 安曇野(20)碌山美術館

    木崎湖からは昨日来た道を反対に進む。昨日はダラダラとした登りに消耗していたが、今日は緩やかな下りでスピードが出る。しかし慣れないサドルにだんだんお尻が痛くなってきた。一時半頃、信濃松川のあたりにある保養施設の鈴虫荘についた。夕方の電車まで相当時間があるので

  • 安曇野(19)木崎湖再び

    トンネルを抜けてから下り坂を一気にかけ下り、11時半頃には木崎湖畔についた。帰りは東側の国道を通る。木崎湖の東岸は田んぼの間を抜けて湖岸まで行くことができ、湖畔には歩道も整備されている。往路では向こう側の林の中を走った。往路と復路で木崎湖をほぼ一周したことに

  • 安曇野(18)新佐野坂トンネル

     ゴンドラリフトを下り、五竜入り口から国道に戻って長い登り坂を登る。5kmほどの間に標高差100mほどを登り最高地点の新佐野坂トンネルについた。あとは穂高駅まで下る一方である。

  • 安曇野(17)高山植物園

    地蔵の頭からアルプス平駅まで高山植物を見ながらゆっくり歩いて降りてくる。コマクサ花の季節にはちょっと遅いようでチングルマもすっかり実になっている。

  • 安曇野(16)地蔵の頭

     2km約8分でゴンドラリフトは山上のアルプス平駅に着く。ここからもう一本展望リフトに乗ってさらに150mほど登ると地蔵の頭という登山路の入り口につく。このリフトの下のところが高山植物園になっている。地蔵の頭にはケルンがあり、五竜岳方面を望める。残念ながら上の

  • 安曇野(15)五竜岳テレキャビン

     今回はもう少し穂高方面に戻った所にある五竜岳ゴンドラリフトに乗ってみることにした。リフト一本で1500mまで登ることができ上には高山植物園もあるという。 白馬から五竜方面にはとても立派な道が続いている。長野オリンピックのために整備された道らしい。途中オリンピ

  • 安曇野(14)八方ゴンドラリフト

    2日目は夕方穂高駅に戻ればよいので、リフトかロープウェイで山の上の方に行ってみようと思った。まず八方ゴンドラリフトの乗り場まで行ってみた。ここからリフトを乗り継いで八方池まで行くことができる。なかなか魅力的だが結構奥が深くて半日で降りてくるにはちょっと大

  • 安曇野(13) 白馬駅

     宿は白馬駅の近くにあったのでまず駅に寄ってみた。昔列車で来て八方尾根や栂池などにいったことがあるが、その時に利用したのが白馬駅だったかどうかはよく覚えていない。このあたりに何泊かして大糸線で糸魚川まで行ったこともある。記憶の中では大糸線の駅はどれもすご

  • 安曇野(12) 白馬ロイヤルホテル

    佐野坂から一気に下って、午後5時40分頃今日の宿、白馬ロイヤルホテルについた。お風呂に入って6時半頃には夕食になる。翌朝、早めに朝食をとり8時頃には宿を出発する。

  • 安曇野(11)青木湖

    木崎湖を出ると道は国道に合流し次の中綱湖を目指す。次の中綱湖まで2.5kmほどの間に50mほどの標高差を上る。今日一番の急坂である。登れないような激坂ではないのだが、先ほどつった足がまだときどき痛いのでヒヤヒヤしながら登る。なんとか無事に登り切って中綱湖についた

  • 安曇野(10)木崎湖②

     木崎湖は青木湖・中綱湖とともに仁科三湖の一つで、日本を左右に分ける糸魚川静岡構造線の上にある湖である。風光明媚な湖で何度か来たことがあるが、自転車で来るのは初めてである。道路は東側を通っているのだが、今日は西側の崖の上を回る道を行くことにする。湖畔から

カテゴリー一覧
商用