searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

YFHさんのプロフィール

住所
高知市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シロナガス/星景と科学本のブログ
ブログURL
https://shironagassu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
高知の星景写真を撮影中。準星空案内人。スタータイムラプスや、ポピュラーサイエンスの書評も。
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2016/03/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、YFHさんの読者になりませんか?

ハンドル名
YFHさん
ブログタイトル
シロナガス/星景と科学本のブログ
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
シロナガス/星景と科学本のブログ

YFHさんの新着記事

1件〜30件

  • コスモスと赤い火星

    一気に、秋が進んだ感じで、朝晩少し寒い。 撮影をしていても、肌寒さを感じるころになってきました。 この前まで、暑さで汗だくで撮ってたのに。 季節が廻るのは早い。 コスモスも咲き始めました。 なので、コスモスと、今しばらく見ごろの火星を合わせて撮ってきました。 コスモスと赤い火星 PENTAX KP レンズ smc DA 10-17mm フィッシュアイズーム 焦点距離10mm ISO4000 SS40秒 F6.3 アストロトレーサー、ソフトフィルター使用 パンフォーカス星景 2020.10.15 高知県越知町にて コスモスを、パンフォーカス星景で、火星とともに撮影。 火星良く目立ちますね。 ソフ…

  • 火星と街並み

    うむうむ。 先日、開幕した県展行ってまいりまして、特に写真作品はじっくり見させてもらいました。いやいや、なかなか、レベルが高い…。357作品あるので、いろんなジャンルのものが並んでいて、勉強になりました。そして、いくつかは、完全にしてやられたというか、さぞ名のある使い手だろうなと…思わされるものも。 いや、そもそも、審査員の野町和喜氏の作品からして、砂漠の星景色でして、…これがまた当然ながら、美しい…。月明りが照らす砂漠なんですが、星の並びから、春先東の空を向いて撮ったのかなと、スピカとからす座が見えた…ような気がします。 星景といえるのは9作品だったかなと。 私の出した奴は、会期が終わった時…

  • 70mmで月を撮る

    秋…芸術の秋。 何とか、今年は、一年目標にしてきた県展(高知県美術展覧会)に入選はしまして、展示できることになりました。いやはや、神経をすり減らす。 www.kochi-sk.co.jp 県展は、2020年10月9日(金)~2020年10月25日(日)。写真は高知市かるぽーと、絵画などは県立美術館で展示されます。先日、搬入は済ませてきました。 去年、落したの、大変、つらかったので、いや、今回通ったのは、本当に良かった。しかしながら、今年はこれしか入選がない…。いや…、この時点でこれしかないということは、もう今年はこれしかないんじゃないかと思うんですが、県展に全力をぶち込んだので。まあ、いや、し…

  • 星景サルベージその89 ベガと紫陽花の夜 No.2

    うむうむ。 秋ですね。だいぶ涼しくなってきて、星景写真日和になってきたように思います。 今日も月曜ですが、軽く行くべきか、どうか。 土日さぼったからなぁ…。 とりあえず、サルベージをしておきたいと思います。 ベガと紫陽花の夜 No.2 PENTAX KP レンズ HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO4000 SS30秒 F2.8 アストロトレーサー、ほぼ固定撮影 2020.6.8 高知県香南市にて 北東の空に昇るベガと紫陽花、そしてホタル。 三要素が、比較的うまくまとまったかなという一枚。 まあ、選外でしたけど(笑) これはNo.2。No.3まであります。 実…

  • 一期一会、火星を撮る

    唐突ですが、この秋は、火星が綺麗です。 2年2ヶ月ごとに地球に接近する火星が、10月6日に、地球と最接近するため、この秋は、火星が良く見えています。ちなみに、前回の2018年7月31日の接近は、今回より近い大接近でした。が、火星の表面で砂嵐が起こって、望遠鏡を使った観測では、せっかくの火星の地形は良く見えなかったようです。 まあ、しかし、星景ならばあまり関係がない。 今、-2.3等ほど、最接近時には、-2.6等まで明るくなるということです。 いつもは、一等星がフォーマルハウトしかなく、物寂しい秋の夜空ですが、赤い火星が、一晩中よく目立ちます。 なので、この秋は火星をモチーフに色々撮ってみようか…

  • PENTAX KPのフォーカシングスクリーンを交換した話

    うむうむ。 やはり、天候が安定しないのと、タイミングも合わないので、全然、星の撮影にいけてない…。こういう時は、機材の話で何とか間をつなぐ、いつもの作戦。 今夜行けるかなと思ったら、どうも雨がふるぽい。星空指数100なのに。謎の天気。 実は、ペンタックスリコーファミリークラブは、年会費を払うと、ストアで使えるポイントがもらえるんですが、これを毎年何に使おうかというのが、ひそやかな楽しみだったりします。 今回は、イージーラッパーという、フレキシブルな風呂敷みたいなのにしようと思っていたのですが、ちょっと保留していたんですよね。 《新品アクセサリー》 PENTAX(ペンタックス) イージーラッパー…

  • 星景サルベージその88 星の生まれる場所

    台風10号が過ぎましたが、被害は当初の予想よりは抑えられた感じでしょうか。事前の避難行動などが功を奏したのであれば何より。 しかし、犠牲になった方もおられて、やはり、かなり強い台風でした。このくらいの台風が、スタンダードとなると、なかなか厳しい…。 というわけで、9月。星景写真的には、天候が不安定で、例年ほとんど撮影に出られない魔の9月なんですが、今年も、最初からその名に恥じない9月っぷりです。 なので、とりあえず、サルベージを。 星の生まれる場所 PENTAX KP レンズ HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm ISO100 SS1200秒 F2.8 20分長秒露光…

  • 新たなるレンズを求めて

    (前回までのあらすじ)なんだかんだで、MPが著しく減衰したYFH。ここはひとつ、新しいレンズをお迎えして、MPを回復すべく、昼間スナップ用のレンズ獲得に向けて動き出したのだったが…。 と、前回のあらすじを捏造しつつ始まりましたが、結論から言うと、PENTAX HD DA 70㎜ F2.4 Limitedをお迎えしてしまいました。 久々の新レンズ。何気に11-18mm(昨年2月)以来じゃないだろうか? なので、今回はこのことを書いておきたいと思います。 HD PENTAX-DA 70㎜F2.4 Limited www.ricoh-imaging.co.jp まずは公式ホームページから。 HD D…

  • プロソフトンクリア・ザ・ニュースタンダード

    というわけで。 平日は割と天気がいいのに週末に崩れる感じで、あまり星は撮りにいけてないのですが、この前のペルセウス座流星群の記事で少し書きましたが、その撮影で、ケンコー・トキナーが出した新しいソフトフィルター「プロソフトンクリア」を使用してきました。 なので、今回は、その使用感を書いておこうと思います。 プロソフトンクリア・ザ・ニュースタンダード PENTAX KP レンズ HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO4000 SS30秒 F2.8 プロソフトンクリア使用、固定撮影 2020.08.13 高知県安芸市にて プロソフトンクリア。 実は、私は、ツイッターの…

  • ペルセウス座流星群2020もやはり反省する

    というわけで、極大日が過ぎた2020年のペルセウス座流星群。 極大日前の一晩を夜半過ぎまで、極大日当日の夜を朝まで撮影してきました。 うーん。 結論からいうと、タイトルにあるように今回も反省案件でした。 うむうむ。 ちなみに昨年のペルセ群反省会はこちら。 shironagassu.hatenablog.com ペルセウス座流星群2020 PENTAX K-50 レンズ DA 10-17mm フィッシュアイズーム 焦点距離10mm ISO2500 SS30秒 F2.8 固定撮影 2020.08.13 高知県安芸市にて 今回も、K-50とKPの2台稼働で、それぞれ、10-17mmと11-18mmを…

  • 星景写真の完成へ向けて・第一話「千里の道」

    さて。 梅雨は終わったのですが、なぜか夜は雨が続くという何ともフラストレーションのつのる日々を送っています。 今年は、新型コロナのせいで、お盆もあまりお盆という感じがしないのですが、ペルセウス座流星群は巡ってくる。それは何としても撮らねば。 晴れるだろうか…。 というわけで、タイトルの件なんですが、最近、私の星景写真には何か足りないというのを痛感しておりまして、色々と試行錯誤をしています。 その試行錯誤の一端と考えていることを少し文字にしておこうと思います。 星景写真の完成に向けて・第一話「千里の道」 PENTAX KP レンズ HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm …

  • PENTAX KP ウッディグリップエディション タイプ=ウィルダネスの件

    うむ。 というわけで、梅雨も明けたわけです。先日、久々、丸ひと月ぶりに、星を撮りに行ってきましたが、月が大きくて、ろくに撮れませんでした。 が、楽しかったですね。 また、ぼちぼちとリスタートしていかねば。 そして、今日は、タイトルの件を、終わらせておかないといけない。 KP ウッディグリップエディション タイプ=ウィルダネス 野趣あふれるカメラに。 shironagassu.hatenablog.com この、前回の記事の続きです。 雨が降り続ける中、やることがなくなった私は、4つ目のKP用グリップをつくることに。 長雨が降るたびにグリップをつくるという謎の奇習。 晴天祈願の意味があるのか、雨…

  • 雨が降るのでまたグリップをつくり始めた話 前編

    というわけで、タイトルの通りなのですが。 そうです。また、KPのグリップをつくり始めてしまった(笑) 何故前編かというと、まだ完成までこぎつけていないからです。 いや、全く星を撮れない。 ちょっと驚異的な長梅雨となっています。 ネタが枯渇して、もうグリップをつくるしかなくなったわけですね。 追い込まれたYFH。 これまで、3つグリップをつくっていますので、4つ目。 だいぶ、職人感が出てきた。 木材を拾いに海へ というわけで、今回は、木製グリップ作成の再挑戦をしようということで、まずは、材料となる木材を探して、海辺へ。 流れ着いている流木から良いものがないか探し出してきました。 下の写真を見ると…

  • 本当にネタがないのでPENTAXの話でもしておこうか

    いや。 今年の梅雨えらく長くないですか?? ネオワイズ彗星も来ているというのに、この一ヶ月というもの、まともに撮りにいけていません。 すでに、彗星は、少しずつ遠ざかりつつある。 下のは、一度、ネオワイズ彗星を狙いに行って、雲で撃沈した時に、一瞬焼けたので、街並みを撮ったもの。 リアレゾをONしたので、なかなか、高精細に撮れています。 いや、今日は、本当に更新することがない。 本来なら、ひょんなことから手に入った、星景用ソフトフィルター・プロソフトンクリアのレポートも書きたいし、ネオワイズ彗星の写真も出したかったのだが、本当に撮れていない。 PENTAX STATEMENT ああ。そうそう。 P…

  • 【長期間使用レポート】星撮影用としてのPENTAX KP long-term review

    さて。降りしきる長雨なので、また機材話に付き合ってもらおうと思いまして、このエントリーを立ち上げました。 私の現在(2020年7月)のメイン機PENTAX KP、リコーイメージングのAPS-Cフォーマット・中級機として、発売は2017年2月となっています。私は、2017年11月に購入しました。足掛け3年。 以前、「星撮影用としてのPENTAX KP」という記事を書いているので、総論的なものはそこで展開しているのですが、今回は、足掛け3年にわたり使用してきての、長期間使用のレポートという形で新たにまとめてみようか、と。 PENTAXとしては、APS-Cセンサーの新型フラッグシップ機を、この秋にも…

  • 梅雨晴れの天の川

    明日は七夕ではありますが、どうも、織姫も彦星も見えそうにありませんね。 それどころか、梅雨前線が非常に活性化していて、四国も含めて、広範囲で雨が長く降り続きそうです。 九州の豪雨被害が、痛ましい。 毎年のように、水害が繰り返されてしまう。気象庁も「経験したことのないような大雨」という表現で、最大級の警戒を呼び掛けていますが、この水準で降るということを念頭に治水対策を進めていかないといけませんね。少しでも被害を抑えるように…。 コロナに加えて、水害…。自然というのは御し難いとはいえ、何とも厳しい。 被害に遭われた地域の一日も早い復旧を願うばかりです。 この時期、梅雨の合間に、ごくまれに、非常によ…

  • 星景サルベージその87 河畔の春

    うーむ。 サルベージ。…また、選外だったわけですよね。 本日、ペンタックスリコーファミリークラブの会報誌が届いたんですが…。 うむ。ペンタックスリコーファミリークラブというのは、リコーイメージングの展開する…なんですかね…会(クラブ)なわけですけど。年に4回、会報誌が来ましてその都度、フォトコンテストが開催されています。 このファミリークラブ、入会の際に、ほぼ同額のポイントがついて、公式ストアで使えるので、実質無料で、4回会報誌がもらえるという大変お得なクラブです。おすすめ。 と、いうわけで…このフォトコンテストに私は、毎回、応募しているんですが、今回の落選で9回目になります。けっこう積み重ね…

  • 青い紫陽花とポラリス

    うむうむー。 (私の中で)県展に向けた、最終調整の時期に入ってきております。 www.kochi-sk.co.jp 新型コロナウイルス感染症対策もしたうえで、開催の予定となっています。急激な第2波の拡大などがおこりませんように…。 昨年1作品しか応募しなかったら普通に落ちたので、今年は最低でも3作品は送ろうと、入念に準備を進めてきました。3作品送るとそれに応じて出展料がまあ高いんですが、致し方ない。 ストックしているのを、折に触れ、見返してみると、行けるんじゃないかと思ったり、駄目だろうかと思ったり、情緒不安定な感じですね(笑) 7/27(月)~応募開始。 うーん。ここは、もう、クリスタルプリ…

  • ベガと紫陽花の夜

    雨がしばらく降っては、晴れるという天気ですね。 ただ、雲は多く、梅雨らしいと言えば梅雨らしい湿度の高いお天気が続いています。 今は晴れのターンではあるのですが、いかんせん。月曜に撮影に行くと、やはり、のちのちダメージが大きい。疲れ。 と、先週の月曜に、紫陽花と星を撮ろうと思って行ってきた一枚を出しておこうと思います。 あわよくば、蛍も合わせられればと思っていたのですが、運よく少しだけ飛んできてくれました。 ベガと紫陽花の夜 PENTAX KP レンズ HD DA 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO3200 SS10秒 F2.8 アストロトレーサー使用 ほぼ固定撮影 202…

  • 星景サルベージその86 知の箱舟(against Covid-19 ver.)

    うむ。 曇りがちな日が続きますね。 梅雨入りしたけど、雨はあまり降らない。しかし、曇るので結局撮りにいけませんね。 今日も星空指数はいいのですが、GPVを見ると雲が厚そうだけども…行くべきか。 しかし、今日を逃すと10日間単位で、ノーチャンスぽい。月曜から撮るのは、ハードなのだが…。 と、まあ、何にせよ撮れてないので、とりあえず、サルベージをしておきます。 知の箱舟(against Covid-19 ver.) 知の箱舟(against Covid-19 ver.) PENTAX KP レンズ HD DA 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO250 SS20秒 F2.8 約…

  • PENTAX K-50 ホワイト×オレンジの件

    いやはや、四国地方どうやら昨日(5/31)付で、梅雨に入ったようです。入梅。 早い。 去年が、大変遅かったので、やたら早く感じますが、もう6月なので、こんなものなのかもしれません。 さて、しばらく星景撮影にはつらい季節になりますが…。 アジサイはどこかの晴れ間を見つけて撮りに行きたいところです。 というわけで、表題の件。 手持ちのPENTAX K-50ホワイトを、ラバーグリップ交換サービスに送り出した話を書いておこうと思います。 K-50 ホワイト×オレンジ K-50 ホワイト×オレンジ うーむ。こんな感じになりました。 今回は、完全に出オチです。 このグリップ部分、もともとは、オーソドックス…

  • PENTAX 11-18mmにリアフィルターを仕込む(暫定版)

    うむうむ。 この間、ずっと引っ張ってきたK-50グリップ交換サービス。無事に帰ってきました。よしよし。 その話を書こうと思ってたんですが、その前にPENTAX DA★11-18mmに、リアフィルター(ソフトフィルター)を仕込むことに、成功した…のかどうか、微妙なところですが、とりあえず、仕込めたので、その話を先にしておきたいと思います。 11-18mmにリアフィルターを仕込む理由 私が、星景用に常用しているPENTAX DA★11-18mm。非常に良いレンズなのですが、フロント側(通常のレンズ前)にソフトフィルターを付けたときに、周辺の星像が伸びるというのが、一つの悩みでした。 例えば、こうい…

  • 星景写真と新しい生活様式~ボッチ星景の勧め

    うむ。 というわけで、ですね。 もうそろそろK-50がラバーグリップ交換サービスを経て、帰ってきていたはずだったのですが、まだ帰ってきません。 はい。 なので、今回は、「新しい生活様式」と星景写真というテーマで一本書いてみたいと思います。 着地点も決めずに飛び出してみるスタイル。 春に棚引く雲 春に棚引く雲 PENTAX KP レンズ HD DA 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO4000 SS30秒 F2.8 固定撮影 2020.05.14 高知県土佐町にて 田植に向けて、水が張られた棚田の上に、雲が流れていきます。 雲があることで、地上の環境光が反射して、棚田が照らさ…

  • 書評「無人の兵団」

    AI(人工知能)が搭載された「自律型兵器」が、攻撃目標を自ら判断・決定し、人を殺傷する――映画「ターミネーター」を彷彿とさせるその未来は、今、どこまで実現しつつあるのか。 自律型兵器の今を、軍事アナリストでもあり、過去には米陸軍の兵士としてアフガニスタンなどへの出征経験も有する著者が、多様な角度から浮き彫りにしていく。 無人の兵団 AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争【電子書籍】[ ポール シャーレ ]価格: 3663 円楽天で詳細を見る 多岐にわたる視点から 本書の論点は、非常に多岐にわたる。 AIの基本的概念、特にその威力を急激に高めたディープ・ラーニング技術についての概説。民生品のエア…

  • 星撮り用装備について

    うむー。 前回、書いた、K-50のラバーグリップ交換サービスは、ピックアップされていきましたので、もはや後戻りはできない。 どんな仕上がりになるだろうか…。 shironagassu.hatenablog.com これ帰ってくるまでにもうしばらくかかりそうなので、その前に、先日、ステイホームが高じて、撮影用カバンの中身の整理を始めてしまい、全機材を展開して写真を撮ったので、それをもとに、普段持っていく、星撮り用装備について書いておこうと思います。 YFH星撮り用標準セット 1、カメラ・レンズ 2、フィルター類 3、三脚・雲台 4、フラッシュ類 5、ヒーター 6、バッテリー類 7、ライト 8、小…

  • 星景サルベージその85 星巡る小島

    しばらくサルベージでしのぐ方針ではあるのですが、そろそろネタが尽きる…。 いや…。もう少し頑張れるか。 ネタが尽きるので、というのが半分。 サービスが終わるので、というのがもう半分で。 今更ながらK-50のグリップラバー交換サービスを申し込んでしまいました…! www.ricoh-imaging.co.jp K-50のグリップ交換サービスは2020年5月で、終わるとのこと。 合わせてGRⅡのグリップ交換も終わるそうな…。 まあ。何色にするかは、帰って来てからのお楽しみということで。 次の更新(現在実は週一で更新を継続している状態)…には多分間に合いませんね。 次の次には張り替えられて帰ってきて…

  • PENTAK KP ブルーグリップモデル・マークⅡの件

    うむうむ。 じわじわと過去撮った写真を再現像したりして日々を過ごしております。 コロナめ。やってくれる。 ただ、まあ、本を読んだり、新しい現像を試したり、ステイアットホームを色々と学ぶ時間にして有意義に過ごしたい。せめて。 いやはや。 そして、グリップの新作も作りたい。 ということで、今回は、出オチ記事です。 KPブルーグリップモデル・マークⅡ これは、だいぶ前にツイッターでは出してたんですが、そういえばブログに載せてなかったなと思いまして。 一応記録として載せておきます。 かつてつくったブルーグリップに、銀の文字でKPのロゴを入れました。 このブルーグリップ、一度ブラック&ゴールドになってい…

  • こんな時だから読みたいサイエンスノンフィクション5選

    いやもう。 また、図書館「オーテピア」が閉まってしまいました。新型コロナの影響による二度目の休館。致し方ない。 新型コロナの影響は本当にいたるところに出ていて、自粛・休業に伴う実質的な補償がないと、感染拡大に歯止めがかからないフェーズに入ってきました。 そこは何とかさせていかないといけない。そこは譲れない線…。 しかし、何とかめどをつけて、安心してStay at homeをできるようにしたいですね。 こないだ家の前で撮ったモッコウバラと金星を貼っておきましょう。こちらも安心して、星撮りにいけるようになれることを祈りつつ。 というわけで、Stay at homeのお供になるサイエンスノンフィクシ…

  • 星景サルベージその84 コスモスの上に

    どうにも、これは疲れ…なのか、このコロナ禍の世相がそうさせるのか、何とも気分が重いですね。 吹き飛ばしたいところですが、まだまだ、これから、長期戦になりそうな気配で、エネルギーを貯めつつ、少しずついくしかないですね。 世の表現者やアーティストの方々は、感受性が強いでしょうから、大変そうです。自粛で、イベントが中止という物理的なダメージもありそう。文化やアートはこういう時こそ、人の心を救うのかもしれません。頑張ってほしいとは無責任には言えませんが、静かに応援しています。 というわけで、新作も撮ってはいるのですが、どうも現像するにも気分が乗らないので、しばらくはサルベージ中心かなと。 うむうむ。 …

  • 星景サルベージその83 橋の上のオリオン

    さて。このところ、天候不順が続いています。 さっぱり撮りにいけない。 ので、サルベージ…。 橋の上のオリオン PENTAX KP レンズ HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm ISO1600 SS13秒 F4 比較明合成 2020.01.19 高知県高知市にて 橋を裏側から撮りながら、南西に沈むオリオンを画面端に。 11mmの広角端で撮ることで、パースペクティブを強調しています。 橋の裏の鉄っぽさ(?)が良く出るように、一枚、自動車のヘッドライトに照らされたものを合成して、ディテールが出てくるようにしています。 今年は、良いも悪いも良くわからないですが、こういう街中での…

カテゴリー一覧
商用