searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

jasmineさんのプロフィール

住所
未設定
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜
ブログURL
https://aoiuminidakarete.com/
ブログ紹介文
旅した国は55ヶ国,400以上の街。ヨーロッパ&アジア発の夫婦で旅した世界の街とホテルの記録
更新頻度(1年)

109回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/03/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、jasmineさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jasmineさん
ブログタイトル
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜
更新頻度
109回 / 365日(平均2.1回/週)
フォロー
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜

jasmineさんの新着記事

1件〜30件

  • アマラ サンクチュアリ リゾート セントーサにチェックイン♪

    久しぶりにセントサー島でのステイケーション。セントーサ島にはブリティッシュアーミーが使用していたコロニアルスタイルの館が点在しているけど、こちらもその内の一つを利用して出来たホテル。お隣の敷地はカペラや私の好きなザ バラックスがある。 滞在前はずーっと雨続きであまり嬉しくない天気だったけれど、チェックインの日からピーカンの青空(^^♪ レセプションがあるホールは後から作ったモダンパート。 この時はBenoitがお休みを取って平日にチェックインしたので、並んでいる人もいなくてスムースにチェックイン。 お部屋はモダンビルにあるお部屋、ヘリテイジビルを使用したお部屋、そしてヴィラがある。敷地散歩して...

  • シンガポールのセントーサ島に2つ目のラッフルズホテルが出来る

    シンガポールのホテルと言えば真っ先に出て来るラッフルズホテル。2019年に大改装を終えたホテルは更にエレガントさを増していて、改装後3週間目に滞在したのはまだ記憶に新しいところ。 そのラッフルズがシンガポールのセントーサ島に2022年にオープン予定だと言う。(シンガポールのデベロッパー、ロイヤルグループとマネージメントのアコーグループから発表があったのは2年前の事。) ソフィテル セントーサのお隣の敷地に建つのは61室。プライヴェートプール付きのヴィラでシンガポールでオールヴィラのリゾートは初との事。 ヴィラのサイズは、1ベッドルームヴィラの約260㎡から4ベッドルームヴィラの445㎡で、ヴィ...

  • シンガポールでバスク料理、バスクキッチン@フラトン ウォーター ボートハウス

    フラトンホテルの横、シンガポール川入口に立つ小さな館ウォーターボートハウスが最近改装されて、バスク料理を提供するレストラン、バスクキッチンになっている。 アンダーソン橋の向こうにはヴィクトリア劇場の搭が見える。 2週続けて、ここでのディナーとなった。前回はレストラン内のピンチョスバーでの食事だったので、今回は奥のレストラン。 古い建物を利用したピンチョスバーとは対照的に、ガラス張りのモダンなレストランは拡張した部分でエスプラナード橋が目の前。私達の席は窓から遠い席だったので、良く見られなかったけれど、マリーナベイサンズも見えたのではないかなぁ~と思う。 アペリティフにと勧められたロゼシャンを飲...

  • シンガポールでハリーウィンストンとのコラボアフタヌーンティー@フラトン ベイ ホテル

    香港のペニンシュラや東京のパークハイアットと同じく、ハリーウィンストンとコラボしたアフタヌーンティー、”ウィンストン ガーデン アフタヌーンティー”がシンガポールのマリーナにあるフラトンベイホテルでも開催されていたので行ってみました。 いつものエレガントなランディングポイントの廊下には造花があちこちに飾られていた。 私達の席はマリーナに面したハイチェァーの席だったので、マリーナベイサンズを見ながらのアフタヌーンティー。 ジンベースのカクテルは甘味の中にもフレッシュライムの酸味も感じられて、とても飲みやすいカクテル。きめ細かなムースの上にはラヴェンダーが乗っている。このカクテルはモクテルでも作っ...

  • ピンチョスをシンガポールの歴史的建物で!@Basque Kitchen by Aitor

    Basque Kitchenはシンガポールのアモイ通りに店を構えている頃から一度行ってみたいと思っていたバスク料理の店。その店がいつの間にかクローズになり、シンガポール川河口のThe Fullerton Waterboat houseでリニューアルオープンとなる事を知って益々行きたい度が高まっていたレストランなのです。 シンガポール川に架かるアンダーソン橋の横、シンガポールに入ってくる船に淡水を供給するために建てられた水の家は後にシンガポール当局に引き継がれ、1990年まで入ってくる船に淡水を供給し続けたそうだ。 マリーナにたつフラトンベイホテルからこのウォーターボートハウスまでの道のりをフラ...

  • パン パシフィック シンガポールのアトリウムでコーヒータイム

    2021年、シンガポールで再び外食禁止の規制がかかり、解禁になってから始めてふらっと入ったのはパンパシフィックホテル。 以前にショッピングモールからのショートカットで通り抜けたロビーが少し変わっていたのを覚えていて、隣の日本食材を扱うスーパーへ行きがてらお茶をしに行ってみた。 コーヒーカップの上には漁に使うような籠が乗っていて、奥に進むと水の中に浮かんでいるお椀の様にさえ見える。 まるで遊園地みたいだよ! 見れば見る程ミャンマーのインレー湖で見た↓籠に見えて来る! そんな遊園地みたいな場所にゲストは私一人だった。 洋梨のコンポートが乗ったジャスミンティーのムースは軽やか。 上を見上げれば吹き抜...

  • マンダリン オリエンタル シンガポールのMO BARでアフタヌーンティー

    2ヶ月前程になるけれど、シンガポールのマリーナベイ沿いに立つホテル、マンダリン オリエンタルでアフタヌーンティーをして来ました。 ここのMOBARはAsia's 50 best barに選ばれたバーで2021年はMichter’s Art of Hospitality Award 2021を貰ったとの事。Michterはアメリカンウィスキー。 一度ゆっくり夜にバーを訪れてみたいなぁ~と思う。 アフタヌーンティーの時間帯はどこのホテルも混んでいることが多いけれど、ここはゆったり気分を味わえる。 席について、暫くするとシャーベットが運ばれてきた。レモングラスとパイナップルのさっぱりした味。 タンド...

  • グリーンハウスで朝食@デュシタニ ラグーナ シンガポール

    デュシタニラグーナシンガポールでの朝食はディナーと同じく緑が沢山のグリーンハウスにて。 太陽光が差し込むので、夜のエキゾチックな雰囲気から一変、爽やかな風が吹いてそうな雰囲気の朝食会場。 ガラス越しにゴルフコースが見えて、芝の緑や白いバンカーがきれい。 ガラスが汚かったのが玉に瑕 コロナ蔓延中の今はビュッフェではなく、アラカルト。 デニッシュやクロワッサンなどパン類にフルーツ、ミニジュースはデフォルトで席に座ると持ってきてくれる。ジュースは日替わりみたい。 私の初日は抹茶パンケーキ。 Benoitは2日続けてオムレツ、ハム、チーズ。どれも美味しかったそうだ。 2日目はフレンチトースト。 ディナ...

  • ギリシャのアテネにワン&オンリーが出来るらしい

    2018年の新年早々の記事でギリシャのケア島にラグジュアリーリゾートのOne&Onlyが出来るらしいと書いた。 あれから3年、リゾートはComing soonとなっていて、リゾート内の様子なども少しUPされているので、本当にもうすぐオープンなんだろうなと思っていたところ、アテネのリヴィエラにもリゾートが出来るとアナウンスが最近あった。 場所は南アテネ。アッティカ半島の西側を走るアポロコーストと呼ばれるアテネィアン リヴィエラ。 ほんの少しの情報ではブリアグメニ湖の名も出て来る。ブリアグメニと言えば、アテネの高級リゾート街。2019年には当初の1年遅れでフォーシーズンズもオープンした。 ...

  • テラワン スパで90分のマッサージ@デュシタニ ラグーナ シンガポール

    デュシタニに泊まるのも始めてなら、スパも初めて。タイ発のDevaranaはデヴァラナではなくてテラワンと読むのだそうだ。最後にタイのバンコクに行ったのも2012年2月で、ミャンマーから上海へと戻る途中でトランジットも兼ねて1泊したのだった。 昔は毎年の様に行っていたので、バンコクの地図は頭に入っていたけれど、今度行く時は初めての街の様にキョロキョロしちゃいそうだ! デュシタニ ラグーナ シンガポール内のテラワンスパはホテル同様にモダンな内装なので、タイ発でもアジア~ンな雰囲気はあまり漂っていない。 予約は予めいれておいた。タマリンドとジンジャーのお茶を飲みながら説明を受ける。 夫婦揃って90分...

  • デュシタニ ラグーナ シンガポールでのディナー

    シンガポールでのステイケーション@デュシタニラグーナシンガポール。こちらホテルのメインレストランはオールデイ ダイニングのGreen House。 グリーンハウスと言うだけに、沢山のプランツが至る所に配置されている。 籠を逆さまにしたようなランプシェードがリゾートっぽくて、リラックスできる。 広いレストラン内には5つのキッチンステイションがあるので、ライブで調理している姿が見られる。 きっとCovit-19が落ち着いたらなら、ビュッフェが楽しそう。和からインディアンに地中海と幅広い料理が食べらるのだそうだ。 確かコレは和牛の甘いソースがかかった料理。運ばれて来た時に目が点になってしまった!白菜...

  • ANTI:DOTEでランチ@フェアモント シンガポール

    シンガポールのフェアモントホテルの1階にあるANTI:DOTEは真っ白なジュエリーボックスに入ってやって来るアフタヌーンティーで有名。アフターヌーンと言っても12時からと早目の開始なのでランチ兼で利用する人達がとても多いと思う。 この日は遅めのランチをしに来たのだけど、店内はほぼ満席で、カウンター席のみという事だった。 周りを見渡せば、席に座っている人達は皆、あの白いジュエリーボックスを前にして笑みを浮かべていた。 で、ここがブリティシュバーだという事も初めて知った。ココに来る前は、ゆったりできるロビーラウンジとかサロンの様な所だと思っていたので・・・・ レンズ豆が一杯詰まったパテをシェアーし...

  • デュシタニ ラグーナ シンガポールのプールサイドで過ごす昼下がり

    デュシタニラグーナシンガポールには金曜から日曜の2泊3日でのステイケーション。周りにはゴルフ場以外何もないので、ホテルに籠って過ごす事になるのだけど、今のCovit-19の状況下ではプール使用は事前に予約しなくてはいけないシステムはどこのホテルも同じだと思う。 でも、金曜日のチェックイン後は勿論の事、土曜日も空いていて、何処でも好きな所を使っていいよ~状態だった。 プールもかなり長いので、サマーベッドもそれなりに数が揃えられているけれど、それでもガランガランだった。 浅瀬やジャグジースポットが多いのも特徴。 予約していたのは土曜の午後1時からだったけれど、結局金曜の3時から6時まで、土曜は11...

  • デュシタニ ラグーナ シンガポールのデラックス ラグーナ パティオ プールビューのお部屋

    滞在時にはエグゼティブクラブのお部屋などまだ全部のお部屋が揃っていなかったデュシタニ ラグーナ シンガポール。ステイケーションで利用した部屋はレベル1に位置するデラックス ラグーナパティオ プールビュー。本当は同じレベル1でもプレステージスイートのお部屋が良いなぁ~と思っていたのだけど、予約時にはQ2 2021となっていて出来上がっていなかったのに、実際の滞在時にはオープンしていたようで、一足違いだったのが残念。 出来たばかりのまだ新し...

  • デュシタニ ラグーナ シンガポールにチェックイン♪

    シンガポールでステイケーション。今回はチャンギ国際空港からも車で10分程、ラグーナ ナショナルゴルフ&カントリークラブ シンガポール内にあるデュシタニ ラグーナ シンガポール。 近未来的な建物はホテルと言うより空港みたいで、スカッと青空の下ではと写真もデジタル画みたい。 ホテルの周りは絶賛工事中で、私達が滞在した2021年5月初旬では、ホテル自体もエグゼティブフロアーなどまだ完成していない場所もあって、完成すれば200室近い部屋数になる...

  • シンガポールのウルフギャング ステーキハウス @インターコンチネンタル シンガポール ロバートソンキー

    急にガッツリお肉が食べたくなった週末、最近のシンガポールではどこの店でも当日でのお席の確保がなかなか難し中、取れたのがシンガポール川沿いのボートキーにあるインターコンチネンタルホテル内のステーキハウス。 ニューヨークのマンハッタンにフラッグシップ店を構えるウルフギャングのステーキハウス。 同じウルフギャングでもマリーナベイサンズのモール内になるCUT BY WOLFGANG PUCKの方が都会的でスタイリッシュな店構え。 こちらはもっと...

  • シンガポールの絶景と共にサタデーブランチをスイソテルのSKAIで

    シンガポールのシティホール駅直結のラッフルズシティ。その中にあるホテル、スイソテル ザ スタンフォードのレストランSKAIからの眺めがザ・シンガポール!という事で、サタデーブランチをしにやって来た。 こちらにはBar Rougeもあるのだけど、今はCovit-19で臨時休業中。同じく上海の外灘にもあるBar Rougeはあるのだけど、上海在住中は世界で一番シャンパンの蓋が空くバーとして有名だった(今はどうなっているのだろう・・・・)。 ...

  • 北京ダックをミンジャンで@グッドウッドパークホテル

    グッドウッドパークホテルで2泊3日のでステイケーション、最後はチェックアウト後に向かったミンジャン。泊まる前にシンガポール人の友人からホテル内のレストランMin Jiangはペキンダックが有名なんだよ~と聞いて、予約を入れておいた。 ミンジャンはサイトを見る限りデンプシーにある店の方が素敵に見える。 お店は幅はないけど奥行きが長く、明朝スタイルの椅子が使われている。 クッション部分の漢字がいかにもチャイニーズ! 飲茶を少し頼んで、食べ終...

  • プールサイドで朝ごはん@グッドウッドパークホテル

    シンガポールの老舗ホテル、グッドウッドパークホテルにはメインプールの他にバリ風?だと言うメイフェアープールがある。それを目当てに部屋のチョイスはこのプールにダイレクトアクセス出来るお部屋にしていたのだけど、チェックインの時に朝食はお部屋でも会場でも好きな方でと言われていたので、2泊の両日ともにお部屋に運んでもらう事にした。 予め食べたいものに印を付けて時間を記入して、ドアノブに掛けて置けば、翌日の朝はピーンポーンと共に食事が運ばれてくる...

  • グッドウッド パーク ホテルのデラックス プールサイド スイートに滞在

    シンガポールの老舗ホテル、グッドウッドパークホテルでのお部屋はバリ島にインスパイアされたメイフェアープールにダイレクトアクセス出来るデラックス プールサイド スイート。メインのプールにダイレクトアクセス出来るお部屋もあるけれど、こちらの方がひっそりとしていて、過ごしやすいと思う。 ホテルのお部屋はカテゴリー別に順に改装を進めている様で、こちらも2021年改装済みなので、壁なども真っ白でフレッシュ! サイトでのお部屋の様子を見る限り、新し...

  • プールサイドでアフタヌーンティー@グッドウッドパークホテル

    イースターの休日でステイケーションしたグッドウッドパークホテル。チェックインを済ませ、お部屋で少しゆっくりしたらアフタヌーンティーの時間。 ロビーラウンジ奥にある L’Espressoがアフタヌーンティーの会場になっている。 こちらはビュッフェ式なので、並んで欲しい物をスタッフに告げるシステム。 きっとCovit-19の前はセルフサービスだったんだと思う。 セイボリーはこのほかにもスープや、チキンのグリル等、日替わりメニューもあるよう。...

  • お伽の国みたい!シンガポールのグッドウッド パークホテルにチェックイン♪

    復活祭の休日も兼ねてステイケーションしたのはスコッツ通りに立つとんがり屋根が可愛らしいシンガポールの老舗ホテル、グッドウッドパークホテル。1900年に完成したThe Teutonia clubと言うドイツ人達の社交クラブとして建てられた建物。 シンガポールで最初の建築設計会社であるSwan &Maclarenがドイツのコミュニティーからスコッツ通りの小さな丘に20,000海峡$の費用でクラブ建設するように依頼され、ドイツのライン...

  • ラウンジで静かなコーヒータイム@インターコンチネンタル ホテル シンガポール

    シンガポールのブギス駅周辺は平日、週末を問わずに地下も地上も人通りの多いエリア。そのブギスジャンクションにある紀伊国屋書店に行きたくて、久しぶりにブギス駅で下車。ふむ・・・・やっぱり人が多いかな~ 書店で買い物を済ませ、そのまま家に戻るのもなんなので、コーヒーでも飲んでから帰ろうと寄ったのが近くにあるインターコンチネンタルホテル。 チェックインとアウトの間の時間だったのでロビーも静かなホテル内。 高い天井を支えるしっかりとした柱にはプラ...

  • シンガポール川沿いでアペリティフ@フラトンホテルのTown

    夕暮れ時を狙ってシンガポール川沿いのテラスでアペリティフをしにやって来たのは、フラトンホテルのtown。 ここではビュッフェ式の食事も提供しているけど、Happy Hour by the Riverと題して、ビールやハウスワインなどを1 for 1のサービスをしているのです。 2つの橋の中間に位置していて、カベナ橋の向こうはボートキーに並ぶショップハウスが見える。 正面にはアジア文明博物館の時計塔 そして、アンダーソン橋。 もうちょっと...

  • ウェスティン シンガポールでシーフード アフタヌーンティー

    シンガポールでは家から近くて便利という事もあって時折利用するのはマリーナ沿いのフラトンベイホテルなのだけど、先日、たまには違う所に行ってみようと金融街にあるウェスティン シンガポールへアフタヌーンティーをしに出かけた。 日曜にはゴーストタウンと化するAsia Squareのタワー2に位置するホテルで、予約で一杯!なんてこともなく、前日でもすんなりと予約が取れた。32階のホテルのロビーに着いたのが4時を回っていたので、チェックインする人も...

  • イエローポットで朝食@ダクストン リザーブ シンガポール

    ダクストンリザーブでの朝ごはんはイエローポットにて。夜のざわめきがウソの様に静かな週末の朝。 以前の記事にも書いたけれど、コチラのレストランもLeGleの食器をそのまま使っている。↓ 朝食のメニューも以前と一緒でローカルメニューのカヤトーストもあるイエローポットの朝ごはん。 いつものフレッシュフルーツにカプチーノ。 点心を頼んだら一緒に来たチリソースがとても辛すぎたので別途に醤油をお願いした。何も変わってないと思っていたけれど、点心の量...

  • ANOUSKA’S Barでウィスキーを@ダクストン リザーブ シンガポール

    ダクストン リザーブ内にはモダン中華のイエローポットがあるけれど、1月に滞在したヴァカボンドでイエローポットの7種アミューズをウィスキー テイスティングと共に食したので、夕食はホテルの外で済ませ、バーでプスカフェをしようとホテルに戻ったら、すごい人でビックリした! エントランス正面のソファもレセプションカウンター横も、奥のテーブルも皆埋まっていた。以前のシックスセンシズの時にはこんなことなかったのに!!!今は何だか週末のPlace to...

  • ダクストン リザーブ シンガポールのパールスイートのお部屋

    シックスセンシズからダクストン リザーブへとなって再出発したホテルでのお部屋はパールスイートに滞在。シックスセンシズの名前が消えているだけで、内装などは何も変わっていない様だし、以前はオピウム スイートかこのパールスイートか迷って、結局このホテルのシグニチャー的デザインのオピウム スイートに泊まったので、パールスイートに迷わず決定。 廊下もそのまま、黒を基調とした壁にセピア色の英字新聞の壁紙。 黒の廊下からドアを開けると白の世界へ!廊下...

  • ダクストン リザーブ シンガポールにチェックイン♪

    21018年、シックスセンシズ初のシティホテル開業から2年も経たずして閉業に追い込まれた2020。 ラグジュアリーリゾートの代表的なホテル&リゾーツのアマンが昔シティホテルとしてニューデリーにオープンしたけれど、知らないうちにマネジメントがアマンから外れロディへと変わっていたこともあって、コロナ禍と言えども、リゾートが得意な会社がシティホテルで成功するのは難しいのかなぁ~と思っていた。今ではアマンも東京やバンコクにオープンし、ニューヨー...

  • モデルニスモ建築がいっぱいなバルセロナ

    ガウディのサグラダファミリアを始め、モンタネールのサンパウ病院等々有名な建築家が建てたものの他にも沢山の素敵な建物があるバルセロナ、1週間の滞在ではすべて見て廻るのはとても不可能。 なので、Covit-19がパンデミック宣言される直前に旅したバルセロナ最後の記事は街を歩いて撮ったモデルニスモ建築のファサードのスナップ写真。 モデルニスモ建築はバルセロナ市内だけでも100軒を超えると言われているのだそう。 最初はガウディが最初に手掛けた集...

カテゴリー一覧
商用