searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

jasmineさんのプロフィール

住所
未設定
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜
ブログURL
https://aoiuminidakarete.com/
ブログ紹介文
旅した国は55ヶ国,400以上の街。ヨーロッパ&アジア発の夫婦で旅した世界の街とホテルの記録
更新頻度(1年)

134回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2016/03/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jasmineさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jasmineさん
ブログタイトル
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜
更新頻度
134回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
Voyage 〜世界のホテルと街歩き〜

jasmineさんの新着記事

1件〜30件

  • ミロス島のクリスタル ブルーの海をクルーズ!①海賊が隠れていたクレフティコ

    ミロス島に来たなら誰もが訪れるであろうサラキニコと同様に人気のアクティビティが島南部のクルージング。 海賊が隠れていた場所として有名なクレフティコは歩いては行くのは至難の業なので、殆どの人が大なり小なりのボートに乗って探検する事になる。 私達もポロニアの町にある代理店で申し込みをした(島では看板があちこちに出ている)。天気予報を見る限りミロス島のこの先1週間は毎日晴れで風も控えめの予報だったし、カウンターで対応してくれたお姉さんも当分風...

  • 真っ白な月面風景!ミロス島のサラキニコ

    ミロス島のビーチと言えば、真っ先に名前があがるサラキニコ。私達ももれなく行って来た。 駐車場に車を停めて歩き出すと目の前がデコボコとした白の世界。 ミロス島のムーンスケープと呼ばれるサラキニコは本当に月面に舞い降りた様(行った事ないけど) 夏のギラギラとした太陽が容赦なく真っ白な石灰岩を照らすので、反射板に囲まれている中を歩いているみたい。 春スキーでもしているかのように、ほんの少しいるだけでも簡単に日焼けしてしまう。 ここも海賊達が隠...

  • プールサイドでミロス島のサンセットタイム♪

    ミロス島に滞在中、午前中出かけてホテルに戻ってくると、又車に乗って出かけるのが面倒になってしまって、ミロス島の夕陽スポットであるプラカの城砦跡や丘の上の教会に行く事もなく、毎日ホテルのプールサイドで眺めていた。 こちらはホテルの共用プール。 キッチンでワインを貰って、暮れ行く太陽見ながらアペリティフ。 夕陽を受けるポロニアの町の教会 自分達のお部屋からもほぼ同じ景色が見えるけど、 ここでは折角のプライヴェートプール付きのお部屋だもの!プ...

  • カラフルなシルマタのあるクリマ

    先に見たマンドラキアやフィロポタモスのシルマタと違って、色とりどりに塗られてカラフルなシルマタのあるクリマと言う村に来た。 →☆フォトジェニックなミロス島の伝統的な漁師の家@マンドラキア →☆ミロス島の絶景!フイロポタモスのシルマタ 上の2つは海から隠れる様にしてあったのに、ここは海に向いて家が立っている。カラフルに塗られてたのは遠くからでも自分の家が分かる様にだと推測するけど、どうだろう・・・・・ 真ん中辺りにあるタベルナはパラソルの...

  • ミロス島北東部にある白い町ポロニア

    滞在していた宿からも見えたポロニアの町、ポロニアの港はミロス島第二の港で、目の前のキモロス島への乗り継ぎ場所でもある。だから時折カーフェリーが過ぎ去っていくのが部屋からも見えた。 コレと言って珍しい物があるわけではないけど、湾に沿ってタベルナが並んでいる港町。ミロス島は島南部をクルーズするアクティビティが人気で、私達は町の代理店で申し込みをしたのだけど、船が係留する桟橋を歩いていたら、何かと融通が利きそうなプライヴェートなボートもあった...

  • ミロス島でエーゲ海を見ながら朝ごはん@Breeze

    ミロス島のポロニアの丘の上にあるホテルBreeze。ここはホテルと言えどもB&Bなので、レストランはないけれど、朝ごはんは用意してくれる。 レセプション横がキッチンになっていて、朝になるとここにビュッフェが並ぶ。 共用のダイニングスペースでも食べるのも良いけど、 折角お部屋にテラスがあるのだからお部屋で食べたい。 スタッフにお部屋で食べても大丈夫?と聞くと、「勿論!好きなの選んで、僕が運んであげるから」と なのでクルーズに出かけ...

  • ミロス島の白い町プラカ散策

    ミロス島の中心地プラカ(ギリシャ語でレベルまたは平面な領域とかの意味)。それまでの中心地だった村は18世紀に深刻な病気により放棄され、その住民たちはプラカにお引っ越し。 プラカは 急速に増加する人口ですぐに一杯になり、新しい村がプラカ周辺に広がり始めたとの事。なので、地図を見ると周辺にポツポツと小さな小さな村があるのです。 村の中は車が入れないので、駐車所に車を停めて階段を上って村の中へと入っていく。 こんな小さな階段さえ絵になるギリシ...

  • ミロス島の絶景!フイロポタモスのシルマタ

    先に書いたマンドラキアのシルマタ(伝統的な漁師の家付ボート収納庫)からも車で10分程の所にあるフィロポタモスのシルマタが絶景だった。 マンドラキアと同じように山の上からカーブの続く坂道を下って行くと見えてくる静かな湾。 白い家や教会、岩の上には遺跡にも見える廃墟が立っていて、見た瞬間ワァオ!素敵、絵になるなぁ~ 絵葉書の様な世界の中、波のない穏やかな海で泳ぐのも気持ちよさそう・・・・ ミロス島はサントリーニ島と同じく火山島で約270から...

  • フォトジェニックなミロス島の伝統的な漁師の家@マンドラキア

    ミロス島にはフォトジェニックなスポットが目白押し!中でも特徴的なのがSyrmata「シルマタ」と呼ばれるボートの収納庫を兼ね備えた趣のあるの伝統的な漁師の家。ほとんどの場合、海岸沿いの岩壁に彫り込んで作られている。滞在中に幾つか訪ねてみた。 最初はマンドラキアにあるシルマタ。湾に沿って家が並んでいる。 この様な家が作られる様になったのは、トルコ人の襲来又は海賊等からの恐怖がなくなった19世紀半ばに始まったのだそう。 漁師たちは悪天候から...

  • ミロス島のホテル ブリーズ、プライヴェートプール付きのお部屋

    ミロス島で滞在したホテル、ブリーズのお部屋はパノラマシービューのプライヴェートプール付きのお部屋。青い空に映えるシュガーコーティングした様な白い家の1階部分。 家の周りや庭には色んなハーブが植えられているので、風に乗って良い香りがする。 もう少し早ければラベンダーの香りで一杯だったかも、私達が滞在した7月にはほぼ枯れていた。 一番端っこにある部屋番号5のお部屋、海と反対側は山に囲まれている。 プールの先に広がるのはポロニアの街。 外はキ...

  • ミロス島ポロニアにあるBreezeにチェックイン♪

    ギリシャの島々にはサントリーニ島やミコノス島も含め、有名どころの大型5☆ホテルはほとんどなく、トラディショナルな家を改装した様なホテルが多い、昨今は特に小洒落たブテッィクホテルがとても多くなったと感じる。 キグラデス諸島に多く見られるキューブ状の白いウォッシュストーンの家、ミロス島のポロニアの街の外れにあるBreezeもそんなブテッィクホテルの一つで、青い空に生える真っ白な家。 オリーブの木が印象的なエントランス部分 歩を進めると扉のな...

  • ミロのヴィーナスが発見されたミロス島へ♪

    最近まで長い事書いていたナミビアのロードトリップを書き終えて、ギリシャのミロス島、フランスのサンテミリオン、スペインのバルセロナとまだ溜まっている旅行記がある。 もう1年が過ぎてしまって、記憶が曖昧な所もあるけれど、昨年の夏に旅したエーゲ海に浮かぶミロス島の旅行記スタート! 一昨年に行ったシフノス島と同じカーフェリーに乗ってアテネのピレウス港から出港。 →→→ カーフェリーに乗ってシフノス島へ エーゲ海のキグラデス諸島の西端にあるミロス...

  • 鳥が遊びに来るカペラ シンガポールのヴィラでのんびり朝ごはん

    私達の滞在していたパラワン ビーチヴィラはプランジプールだけどプライヴェートプールが付いている。ビーチに近いだけで、ビューはほんのちょっと海が見える程度。 始めからビューは期待していなかったので、緑に囲まれていることが重要だったとは言え、少しでも海が見えると嬉しい! ある日の朝、ボーっとプールに浸かっていたら、上空からバタバタとヘリの音がした。すると、ナショナルデーの予行練習でシンガポール国旗が目の前を横切った。そうかセントーサ島の方に...

  • The Knollsで地中海食を食べる@カペラ シンガポール

    朝食会場にもあるThe Knollsはカペラ シンガポールのオールデイダイニング。滞在初日の夜はコチラで頂く事にした。 ギリシャを始めイタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、クロアチア、モロッコ、トルコなど地中海沿岸で食される食事が大好きなので嬉しい。家でも南欧料理が食卓にあがる率が多いかもしれない。 旅していて楽しいのもこの国々だしなぁ~やっぱり地中海っていいよなぁ~~~ 外のテラス席は予約で一杯だったので、店内窓側に席を用意しても...

  • Auriga SPAで癒しの時間@カペラ シンガポール

    シンガポールに越したらマッサージ三昧!なんて思っていたのに、なんだかんだでずーっと受けられないでいたマッサージ。やっとその時がやってきた!シンガポールに越してから初めてのSPAでのマッサージの時間。 カペラ シンガポールの予約を入れてからすぐにspaの予約もいれていた。 リゾートホテルのスパへ行くのはホテル滞在中の楽しみの一つ。 薄暗いレセプションでカルテの記入が澄んだら、スタッフに室内を案内してもらえる。 予約はカップルルームだけど、...

  • カペラ シンガポールで広東料理@CASSIA

    チェックイン時に中華で飲茶も美味しいですよ~とお勧めされていたので、滞在中にランチを食べに中華のCASSIAへ 室内ではウエディングの会食中で、そ~っと脇を通ってテラス席に案内してくれた。 (写真はHPより拝借)室内はパッとしか見てないけれど写真で見るとゴージャスな感じで、昼より夜が似合うインテリア。 シーリングファンがユックリと回ってラタンの椅子がコロニアルな雰囲気を出している。 まずはアミューズブシュ。一口サイズの甘いメロン。 最近...

  • カペラ シンガポールのヴィラで過ごすステイケーション

    ヨーロッパからシンガポールに越したなら、久しぶりのアジアンリゾートを満喫したいと思っていたら、まさかのコロナ禍。国外に出られないので少しでもヴァカンス気分を味わおうとやってきたセントーサ島のカペラ シンガポール。 30エーカー(東京ドーム約2.6個分)の土地に本館のお部屋が112戸ヴィラが38戸と幾つかのマナーハウスがあるカペラに滞在するならヴィラと迷うことなく決めていた。 1ベッドルームのヴィラも2タイプあって、お部屋の広さ133㎡と...

  • カペラ シンガポールのプールサイドで朝ごはん

    カペラシンガポールの朝食会場はメディタリアン料理のThe Knollsにて、コロナウイルスの影響下の今は7:00~7:30,8:30~9:00、10:00~10:303つの組に分けられていて、チェックイン時にどのグループが良いか聞かれるので、予め第二の8:30~の朝ごはんでお願いして、チェックアウトの日の朝食はヴィラで取る事にした。 熱帯雨林の濃い緑に囲まれたプールが非日常。これだけでもステイケーションして良かったなぁ~と思えた。 8:...

  • シンガポール唯一のリゾートアイランド、セントーサ島のカペラにチェックイン♪

    コロナウイルスが収まらない今の状況では国外に旅行に出る事も出来ないので、現在住んでいる小さな都市国家シンガポール国内でステイケーションするならと真っ先に思いつくのが国内唯一のリゾートアイランド、セントーサ島。 セントーサ島にはいくつものリゾート&ホテルがあるけれど、大人二人なので、カペラホテルがやはり最初の選択肢。 シンガポールで幾つかの国内ホテルの予約が可能になったとのニュースを聞いてから、予定のない週末に予約をいれて、2泊3日のステ...

  • 目の前に広がるサヴァンナ、美味しい朝ごはん@OMAANDA

    オマアンダのディナーもとても美味しいけれど、目の前に広がるサヴァンナを見ながらの朝ごはんやランチは又格別! 朝のシーンとした静けさ、10度にも満たない気温に身体がギュッとする。朝の穏やかな陽が当たる場所はとても暖かそうだ。 席に着くとまずはフルーツにオレンジジュース、コーヒー。私的にはもうこれだけで十分なのに、 後から運ばれてくるのは見るからに美味しそうなハムやワッフルにパン。 卵料理は好みに合わせて作ってくれるけれど、朝から沢山は食べ...

  • 夕暮れ時のゲームドライブで美しいキリンのシルエット@オマアンダ

    先の記事でも書いた様に、→アンジェリーナジョリーが繋げた9000ヘクタールのリザーブ、オマアンダのプールから眺める動物達 このザニエリザーブがオープンするに至っては米女優のアンジェリーナ ジョリーが関わっていて、そもそも彼女が2003年に映画の撮影のために訪れたのが最初のナミビアとの関わりで、そこでN / a’an kusê財団の人達と出会ったのだそうだ。 そのN / a’an kusêは絶滅の危機に瀕した野生動物を救い、人...

  • 洗練された美味しいディナーをザニエリザーブのオマアンダで!

    美しい夕陽を見ながらのアペリティフの後はディナーの時間。初日は美しいブルーモーメントも見られて暖かな灯りが一層美しいリザーブのロッジ。 初日はプールの近くにテーブルをセッティングしていてくれたのだけど、2日目は暗くなると寒いので暖炉のそばに席を作ってもらった。 キッチンをマネージしているのがGMの奥様で、夫婦二人でこのオマアンダのマネージメントをしているとの事。ナミビアに来る前はザニエグループ最初のプロパティであるフランスの ...

  • アンジェリーナジョリーが繋げた9000ヘクタールのリザーブ、オマアンダのプールから眺める動物達

    旧オンデルカランバ牛牧場だった9,000ヘクタールの土地は本来なら400戸の家が並ぶ住宅街になるところを寸前のところで逆転!美しいザニエ リザーブとして生まれ変わった。その逆転劇に関与していたのが誰もが知るセレブレティー米女優のアンジェリーナジョリーだったのです。 フランスのスキーリゾートから始まったザニエーホテルズ。オーナーのアルノー ザニエ氏がアンジェリーナジョリーと知り合いになったのは、カンボジアのシュムリアップに建てたホテル プ...

  • サヴァンナに浮かぶバーがカッコイイ!夕暮れ時のオマアンダでアペリティフ

    ウインドフックに2018年にオープンしたばかりのオマアンダにはインフィニティプールの脇にサヴァンナに浮かぶ様にしてバーがあるのです。 都会のバー並とまでは行かないまでも、ジンのボトルのみが棚に並んでいるジン バー サンセットの時間に合わせてメインのプールでアペリティフタイム! 初日は雲一つない晴天なので、西日もピカーンと眩しい。 奥の山も西日が当たって赤く染まってる。 私達夫婦しかいないので、このエクスクルーシブ感がたまらなく心地よい ...

  • ナミビアのシメニアオイルでアンチエイジング!サヴァンナの真ん中でSPA@OMAANDA

    ナミビアのロードトリップ最後の宿では何もせずにダラ~っとするのが目的だったので、9000ヘクタールの敷地に私達夫婦しかゲストがいなかったのは本当にラッキーで、贅沢の極みに思えた。 そして旅の疲れを癒すのには最適なSPAがオマアンダにはあるのです。ジンのボトルが並ぶバーの後方にそのSPAのヴィラがある。 夫婦揃っての80分のリラクシングマッサージでは数種類からオイルが選べる。そして私は初めて聞くシメニアをチョイスした。あまり知られていない...

  • ナミビアのラグジュアリーロッジ、オマアンダの伝統的な藁葺屋根のお部屋滞在

    ナミビアの首都ウインドフックの国際空港近くにあるラグジュアリーリザーブ、オマアンダの建物はOvamboと言う種族の典型的なHutと言う家を反映させて作った戸建てのヴィラタイプ。 広いリザーブの中には藁のとんがり帽子を被った様なHutが12並んでいる。大地と家の壁が同じ色で、ダマラランドで訪ねた裸族のヒンバ族のお家にそっくり!↓勿論もっと洗練されているけれど・・・・ ゲストは私達しかいないので、一番水場に近いお部屋を用意していてくれていた...

  • ウインドフックにオープンした素敵なリザーブ、OMAANDAにチェックイン♪

    少し渋滞したウインドフックの街を抜けて、そのまま空港へは行かず、舗装された快適なB6と並行に走るガタガタ道M53へと車は入って行く。 1本道だけどアップダウンのあるダートロード。 空港からも30,40分程の場所なのに、走っても走っても看板などは一切出てこなくて、Benoitにも本当にこの道で大丈夫なの?と聞かれるけれど、グーグルマップを見る限り、この道しかないのだ! もうこの辺りのはずだよ~と言っていると最初のゲートがあった。守衛さんに...

  • 美しい朝焼けと共にクララ デザートロッジを出発、ウインドフックへ

    朝陽が昇る前に起きて荷物をパッキング。アプリコット色した美しい砂丘を堪能したクララ デザートロッジともお別れの朝。 雲一つ浮かんでいない空。夜と朝の間の静かな時間 太陽が段々と上がってきて地平線はオレンジ色に輝いているのに月がまだ青白い光を放っている不思議さ 太陽が山の陰から顔を出した。おはよう! 朝食を済ませ、日の出と共にいざ出発!この日はウインドフックへと戻るロングドライブ。 私達も体験した気球が2基飛んでいた。 きっと気球から私達...

  • ヘリコプターに乗ってナミビアの夕陽に染まるアプリコット色の砂丘を眺めよう♪

    気球に乗ってナミブ砂漠を空中遊覧した時には砂丘の上は飛行出来なかったので、改めてヘリコプターに乗って夕陽に染まる砂丘軍を見に行こうとBenoitが素晴らしい提案をしてくれた! クララ デザートロッジのGMにチェックイン時に聞いていたヘリコプターライドの時間とルートの詳細を再度聞いて、4つあるルートのうち全部を回ってくれる1時間半コースを選択。ヘリコプターライドのアクティビティ デスクがあるセスリエム キャンプへ! 体重を測っていざヘリコ...

  • 赤い砂丘に囲まれたクララ デザートロッジのランチ

    ナミブ砂漠のナミブ ナウクルフト国立公園内、専用のプライヴェートゲートを持ち(但しスタッフが運転する車のみで個人での行動では使用できない)位置的にはソススフレイに一番近いクララ デザート ロッジでのランチは赤い砂丘を見ながら! 目の前に赤い砂丘軍が連なる絶景を前にして頂くランチは気持ち良いの一言! 早朝のアクティビティから戻って来るとレストランにはランチのビュッフェが並び、美味しそうな匂いに食欲を掻き立てられる。 ディナーもそうだけど、...

カテゴリー一覧
商用