searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hamaさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
東区

ブログ内にて、リアルタイム「打診買いシグナル点灯」「大底買いシグナル点灯」なども配信していきます。

ブログタイトル
実践で学ぶ、負けない現代株式投資
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/jissen_kabu/
ブログ紹介文
投資歴20年の筆者が死をも考えた失敗を乗り越え辿り着いた負けない投資手法を武器に市場を解説します
更新頻度(1年)

156回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2016/02/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hamaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hamaさん
ブログタイトル
実践で学ぶ、負けない現代株式投資
更新頻度
156回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
実践で学ぶ、負けない現代株式投資

hamaさんの新着記事

1件〜30件

  • 大幅続伸でエネルギーは減少、SQ通過で一服か

    13日(木)の日経平均株価は+405円と3日大幅続伸で大引け。昨晩の米株式市場は、SP500が戻り高値を更新。NYダウ+289ドル、NASDAQ+229ptと3指標とも堅調に終えたため、日本もこの流れを引き継いでの大幅高。NYを大きく上回って上昇しているのは、昨日も指摘した通りSQを狙っ

  • SQめがけたポジション取り活発化

    12日(火)の日経平均株価は+93円と2日続伸。値動きの荒い展開ながら総じて強含んでいましたところを見ると、週末のSQを高値で決着させたい思惑が透けて見えます。先物手口をピンポイントで見てみるとCS、JPM、GSなどが買いポジションを大きくとっており、SQまでに一段高を予

  • 循環入りの可能性も大統領選まで大崩れしづらい展開

    連休明け11日(火)の日経平均株価は+420円と大幅高で、東証1部売買代金も2.7兆円とまずまず。寺子屋でお伝えした通り、休日の間にトランプ大統領が追加の経済対策に関する大統領令を発動したことで、これを好感しての主力買戻し。前日10日(月)のNYダウも+357.96ドルと7日

  • 株式投資 寺子屋J15 (2020.8.9)

    2020年8月9(日)株式投資 寺子屋いよいよ夏本番で、関東地方も35度を超える猛暑日となっています。相場の方は、週末に金先物が出来高を伴って下落しており、また米株価指数もナスダックのみが下落する展開となっています。日本時間の日曜朝にトランプ大統領が強権を発動し

  • 米追加経済対策による「高需給」を先取る動き

    先週末に-629円の大幅安となっていた日経平均株価ですが、週明け8月3日(月)には+485円の大幅反発となり、昨日8月4日(火)も+378円と躍進。わずか2日間で+863円の上昇となりました。急速な円高の流れを受けた先週末の日経平均が売られすぎていたということもありますが、

  • 株式投資 寺子屋J14 (2020.8.2)

    2020年8月2(日)株式投資 寺子屋東京、名古屋、大阪、福岡などを中心に国内感染者数が1日1,000人超えとなり、再び飲食店に対する休業や時短要請が行われています。ただ、収束が見えない中では「焼け石に水」としか。各分野の専門家の話もそれぞれの分野でベクトルが違うた

  • 米中対立激化で徐々に日本売りへ

    連休明けとなった27日(月)の日経平均株価は-35円の小幅安で大引け。先週末にかけてNYが下げていたことで、前場は-300円近く売り込まれる場面があったものの、後場に値を戻して概ねイーブンの水準まで買い戻された格好。日経平均株価-0.16%に対してTOPIXは+0.24%とプラテン

  • 株式投資 寺子屋J13 (2020.7.26)

    2020年7月26(日)株式投資 寺子屋2020年も後半に入り、今年前半における様々な意識調査の結果が報告されています。例えば、「音声アシスタント」で今後最も有力となる候補は?という調査の結果は以下の通り。Amazonの提供する音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」がトッ

  • 米1兆ドル追加支援で妥結か、市場に資金循環の動き

    日本市場は木曜日から4連休ということで、週明け20日(月)の売買代金1.67兆円の薄商いで日経平均株価も弱含む展開。この日の日経平均株価は前場にだらだらと下げ続けたものの、閑散相場を日銀が1,000憶円買ってきたことで何とか+21円(+0.09%)のプラスに乗せて大引け。TOPI

  • 株式投資 寺子屋J12 (2020.7.19)

    2020年7月19(日)株式投資 寺子屋俳優の三浦春馬さんが若くして亡くなられたとのショッキングなニュース。関係あるのか無いのかはさておき、昨今の世の中風潮はいろんな意味で「いびつ」になりつつあるように思います。マスコミの偏重報道、拡大する格差、SNSでの極端な誹

  • PERは再度18倍台、積極買いには材料不足

    14日(火)のNY市場が大幅高となったことで、15日(水)に+358円の大幅反発となった日経平均株価ですが、本日16日(木)は-175円の反落で昨日の上昇を半分消した格好。米株高は新型コロナワクチン「モデルナ」の良好な治験結果を受けたものですが、マーケットは日替わりで報

  • 怪しい動きの米市場、4000%のPCレシオも不気味

    昨日週明け(13日(月))の日経平均株価は+493円の大幅高。先週末にCOVID-19に関する治療薬開発に進展があったため米国株が上昇、週明けの日経平均株価はその流れを受けての上昇。ただ、治療薬もまだ決定的なものではないため、これだけで500円近い上昇となるには違和感があ

  • 株式投資 寺子屋J11 (2020.7.12)

    2020年7月12(日)株式投資 寺子屋NASDAQは先週も最高値を更新。COVID-19の感染が再拡大し、米国の一部の州では再度店舗閉鎖などの措置が取られています。これまでに書いてきた通り、「無制限」とされたFRBによる量的緩和は実施的に停止状態で、おなじみのチャートを見ても

  • インデックスは高値横ばいでも騰落レシオは78.9

    6日(月)に+407円の大幅続伸となった日経平均株価でしたが、今週はSQがらみの思惑もあるため週末にかけて高値を取りに行くかと思いきや、7日(火)、8日(水)と続落。6日(月)の上昇は+6%近くの急伸となった上海に引っ張られただけで、日本株そのものは売買代金も伸びず退

  • 株式投資 寺子屋J10 (2020.7.5)

    2020年7月5(日)株式投資 寺子屋「パラダイム」とは、その時代において支配的となっている「物の見方」や「考え方」の枠組みを言いますが、私たち人類は、いつの時代もその根底において欲望に支配されて歩いてきたため、その枠組みが持続可能なものかどうかについて考える

  • 4連敗のマザーズは先行指標になる可能性あり

    2020年前半を締めくくる6月30日(火)の日経平均株価は、週明けのNYダウが+580ドル高となったことで、22,000円割れとなった前日の大幅安(-514円)に対する買戻しが入って+293円で大引け。ただ、前場は買い優勢ながら後場に入ってからは弱含む展開が続き、引けにかけては再び

  • 株式投資 寺子屋J9 (2020.6.28)

    2020年6月28(日)株式投資 寺子屋週末の米3指標は大幅下落となりました。NYダウ-2.84%S&P500-2.42%NASDAQ-2.59%我が国も含め、経済活動の再開とともにコロナ感染も再拡大しており、漠然とした不安がマーケットを覆い始めており、週明けのマーケットはひとまず売り先行では

  • 節目の10000ptで頭打ち感のナスダック、市場は徐々に警戒へ

    24日(水)、25日(木)の日経平均株価は-14円、-274円と2日続落。それぞれ、前日(23日、24日)のNYダウが+131ドル、-710ドル。IMFが世界経済見通しを下方修正したことで24日の米市場は大きく下げることになりましたが、日が変わった日本市場の動きは相対的に小さい。要因の一

  • 締まりなく流れ込む金余り資金

    22日(月)の日経平均株価は-41円の反落。売買代金は1.6兆円で今年3番目の薄商いとなりました。翌23日(火)の日経平均株価は、週明けのNYダウが+133円の反発となったことで、これをスライドして+111円の反発。売買代金は2.2兆円と前日からは回復したものの盛り上がりに欠け

  • 株式投資 寺子屋J8 (2020.6.21)

    2020年6月21(日)株式投資 寺子屋高値持ち合いが続いている米株式市場ですが、3月以降の戻り相場をけん引してきた資金の源泉は、やはり「金融緩和」と「財政政策」による「緩和資金」。緩和資金が「企業」や「個人」経由で株式市場に流れ込んできたわけですが、「ババ抜き

  • 梯子を掛けなおす日米中銀、さりとて波乱要因は消えず

    術後の経過は比較的よく、本日にも退院できるかと思っていましたが「まだ」とのこと。もうしばらく病院のベッドで過ごすことになりそうです。初めて全身麻酔での手術を受けましたが、手術台の上で点滴や麻酔など数か所に注射針を刺したまま瞑想気分で目をつぶっていると「そ

  • 梯子を外された感漂う週明けのマーケット

    週明け15日(月)の日経平均株価は-774円の大幅続落。先週末の米3指標は前日の大幅安から反発していたものの、東京はこれに追随せず。特に後場はダダ下がりで、ほぼ「寄り天」の「安値引け」で下げ幅は4月1日以来の大きさとなりました。もっとも、NYダウは先週木曜日に-1,800

  • 株式投資 寺子屋J7 (2020.6.14)

    2020年6月14(日)株式投資 寺子屋先週のFOMCでは金融政策の維持が決定されたものの、翌日のNYダウは史上4番目の下落を記録。「パウエルFRB議長の経済見通しが相当に悲観的だった」とか「感染第2派の懸念が高まった」とか「V字回復の見通しが遠ざかった」とか、様々な後講釈

  • 大幅反落の東京市場、原因はFRB。

    6月に入って、胸に圧迫感、息苦しさ、咳、などの症状が出ていたため、まさかコロナ?と思いつつ、コロナ相談室に電話しつつ、病院で診察を受けたら「気胸ですね」とのこと。右側の肺に穴が開いており、肺から漏れ出た空気が右側の肺自身を圧迫。右の肺は左の肺の1/3ほどの大

  • SQを挟んだ高値波乱に十分警戒

    週明け8日(月)の日経平均株価は6日大幅続伸の+314円。雇用統計を受けて+724ドルと大幅高となったNYダウをそのままスライドするかと思いきや、日経平均株価は幅が出ず。とはいえ売買代金は2.8兆円とそこそこの商いを伴った高値引けで、この日のNT倍率は14.21倍と過去最大と

  • 株式投資 寺子屋J6 (2020.6.7)

    2020年6月7(日)株式投資 寺子屋番狂わせとなった先週末の米5月雇用統計。非農業部門雇用者数については、大幅マイナスを想定していた市場予想との乖離に加え、「プラス」にとなったことで、投資家の心理は一気に過熱することになりました。しかし、4月の雇用者数がマイナ

  • MSQまではショートで入りづらい需給環境

    4日(木)の日経平均株価は+81円の続伸。前日のNYダウが+527ドルということで、寄り付きから強気で始まり直後に22,900円台に乗せたことから、23,000円が期待されたものの、ほぼ寄り天。前場にずるずると値を下げ一時はマイナス圏まで行ったものの、後場に持ち直しての4日続伸

  • 需給が凌駕し、過熱するマーケット

    6月に入った1日(月)、2日(火)の日経平均株価はそれぞれ+184円、+263円と2日続伸。22,000円を一気に抜ける異様な強さ。世界中でリストラが加速する中、株式市場だけはコロナのことなど忘れたかのような強さ。米NASDAQはすでに史上最高値更新を前提に動いており、NY市場を

  • 株式投資 寺子屋J5 (2020.5.31)

    2020年5月31(日)株式投資 寺子屋週末の日経平均先物ナイトセッションは22,000円を回復。6月に入る株式市場ですが、5月はSell in MAYどころか、月末になって商いを伴った上昇を見せました。ただ、株式市場は根拠のない「楽観」に傾いている様にしか見えず、どこではしごを

  • 世界的株高は金余りバブルの様相

    28日の日経平均株価は商いを伴って+497円の大幅続伸で、22,000円まであと少しのところにつけてきました。27日の欧米株が商いを伴って上昇しているため、世界的な株高基調を汲んだ流れとなっており売買代金は3.3兆円。200日線を一気に抜けてきたところで中・長期投資家の買い

カテゴリー一覧
商用