searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

JL1NIEさんのプロフィール

住所
麻生区
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
JL1NIE's blog
ブログURL
http://jl1nie.hatenablog.com/
ブログ紹介文
25年振りに再開局しました。QRP移動運用、電子工作、プログラミングなど徒然とつづります。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JL1NIEさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JL1NIEさん
ブログタイトル
JL1NIE's blog
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
JL1NIE's blog

JL1NIEさんの新着記事

1件〜30件

  • SOTAデータベース用ファイル生成ツールの開発

    SOTAデータベースへの登録用CSVファイルをHAMLOGが出力したCSVファイルから生成するシステムを作ってみました。※最近話題のAirHamLogのインポートファイル作成の追加機能として作ってみました。AirHamLogへの変換方法はこちらのヘルプを参照して下さい。

  • SOTAwatchLiveのサーバ管理

    昨日、一日近くに渡りSOTAwatch Liveの更新とTwitterの@SOTAwatchspotJAのフィードが止まるという障害がありました。原因はアラートやスポットを提供するAPIのアドレス変更でした。以前は色々な情報源からWebスクレイピング等でデータを集めていたのですが、最近は全てのをデータをこのAPIに頼っているので全てのサービスが止まってしまいました。 自宅のRaspberry Piで運用していたころは環境が環境だけに(居間の片隅に置いてあって子供が蹴飛ばすこともしばしば ^^;;)、サーバーのモニタリングをきちんとしていたのですが、AWS Lightsailに移行してからはサボ…

  • 移動用ログ生成ツール 「FLE Online」

    はじめに SOTAアクティベーションのログはこれまで紙に手書きしていました。とても悪筆なため自宅に帰ってからログをみるとコールサインが判読できなかったり、HamLogへの入力など億劫なことが多く、SOTAデータベースへの登録が遅れることもしばしばでした。 現在はまだ試験運用中ですが、SOTAデータベースもスマホのGUIでも使えるようになってきています。スマホ環境だけでログの入力からデータベースへの登録ができると便利そうですが、残念ながらSOTA/JAFFのログ生成までやってくれるログ入力ソフトは見当たりません。 WindowsではFLE(Fast Log Entry)という、コンパクトなログ入…

  • 蓼科山(JA/NN-031)

    夏休みを利用して八ケ岳の蓼科山に行ってきました。夏休み中盤がノロノロした台風で潰れてしまいそうなため、急遽前日夕方に企画。Facebookでみた友人の撮影した蓼科山の雲海がとても素晴らしかったため前泊して登ることにしました。 夜20時過ぎに自宅を出発。中央道も下りは空いており0時ちょっと前に七合目登山口前の駐車場に到着しました。登山口前は既に満車に近いですが手前の駐車場はまだガラガラでした。リアウィンドウから星空を眺めながら寝袋にもぐりこみました。 翌日は5時半に出発。目の前の蓼科神社の鳥居が七合目登山口です。 一時間半ぐらいで将軍平に到着。目指す山頂まであとわずか。ここからは登山道にごつごつ…

  • 車山(JA/NN-076)

    梅雨明けの久しぶりの青空の中、JG1GPY局と霧ヶ峰高原の車山をアクティベーションしてきました。朝4時過ぎに東京を出発。中央道をひた走り6時半過ぎに車山肩の駐車場に到着しました。この時間でも既に駐車場は沢山の車です。 駐車場の側にはニッコウキスゲの群生地がありました。今年は少し遅めの開花だったようです。 目指す車山山頂は駐車場から30分程で到着。山頂にある巨大なレーダードームが目印です。 GPY局は14MHzから、当局は18MHzからQRV。18MHzは伝搬状況があまりよくないようでCQの空振りが続きます。 あまりに飛ばないのでEFHWにチューナを追加し7MHzにQRV。早速JA4RQO局から…

  • SOTA山APRSメッセージサービス「SOTAwatchLive!」

    APRSビーコンの位置情報とSOTAWatch3のアラート・スポット情報と共にみることができるSOTAwatch Live!というサービスを始めました。 (2019/7/21 これまでの記事をまとめ、SLIPPERの仕様変更分を更新しました) ・SOTAアクティベータ向け Welcomeメッセージの受信 ・SOTAwatch3にアラートを登録し、APRSビーコンを出しながらSOTA山を登ってください。APRSビーコンが受信されると、山頂付近で以下のメッセージが届きます。 メッセージ(300m以内): 1. Approaching JA/KN-006, 250m(120deg) to go. (…

  • 黒斑山(JA/NN-204)

    一か月ぶりの山行、少し足を延ばして浅間山の外輪山、黒斑山(JA/NN-204)をアクティベーションしてきました。翌日仕事もあるので午前3時に自宅を出発。圏央道から関越・上信越道、佐久ICを経由して高峰高原を目指します。 午前6時過ぎには高峰高原ビジターセンターに到着。時間に余裕があるのでのんびりと登ることにします。 こちらは登山口、登りは見晴らしのよい表コース経由で登りました。 登りながら後ろを振り返ると北アルプスの山々が。 槍ヶ鞘の手前には鉄製の避難小屋があります。 トーミの頭に着いた頃には既に2時間が経過。最近の運動不足がたたって少々バテ気味でしたが、浅間山の雄姿をみて疲れも吹き飛びます。…

  • SOTAwatch Live!

    SOTAwatchのアラート・スポット情報とSLIPPERから取ってきたAPRSビーコンの情報をまとめて表示するSOTAwatch Live!というサービスを始めてみました。 jl1nie.hatenablog.com 使い方 ・アラート/スポット表示 画面下のリストにアラート登録時間の4時間前からのアラート情報が時間順でリスト表示されます。サミットコードのボタンをクリックすると該当のサミットに地図が移動します。スポットが入ると該当するアラートの下にスポット情報が表示されます(アラートが登録されていないスポットも時間順に表示されます)。スポットされてから30分以内が赤、60分以内が黄色、2時間…

  • 雁ヶ原摺山(JA/YN-075)

    連休2日目、久しぶりに枡形山無線倶楽部のメンバーで雁ヶ腹摺山をアクティベーションしてきました。 朝6時に最寄り駅に集合して中央高速から大月IC・真木小金沢林道経由で大峠を目指します。朝から中央高速の渋滞に巻き込まれ到着は8時半を回ってしまいました。 昨日雪が降ったようで登山道にはまだうっすらと雪が残っています。 登山道には巨大な霜柱。昨晩はかなり冷え込んだようです。 一時間程で山頂に到着。まだ雪は残っていますが天気も良く絶好の無線日和です。広い山頂で3局思い思いの場所でアンテナのセッティングです。GPY局はなんとパドルを忘れたということで430MHzのフォーンから。EZB局は7MHz、当局はコ…

  • 黒檜山(JA/GM-023)

    週末、雪山登山の練習も兼ねて群馬県赤城山の最高峰 黒檜山(くろびやま JA/GM-023)をアクティベーションしてきました。 新宿から埼京線・上越新幹線・上毛線を乗り継ぎ前橋市へ。朝8:45発の直通バスで赤城山ビジターセンターに向かいます。今年は雪が大変少ないようで道路は乾いたまま。やっと大沼近くになって路肩に雪が見えて来ました。 駐車場もご覧の通りほぼ雪がありません。目指す黒檜山(写真左)も山肌があちらこちらで見えています。 こちらは黒檜山登山口。雪もまばら。雪山登山のつもりでピッケル・ヘルメットまで持ってきたのですが出番はなし。チェーンスパイクを自宅に置いてきてしまったのが悔やまれます。 …

  • DE-5000電池内部抵抗測定アダプタの製作

    数年前に入手した3セルのリチウムイオン電池のヘタリ具合を調べるために、電池の内部抵抗を測定できるLCRメータ DE-5000用アダプタを作ってみました。 電池の内部抵抗は直流法と呼ばれる0.5C/1.0Cで負荷に電流を流した場合における端子間の電圧差を電流差で割って求める方法と、交流法と呼ばれる1KHzの交流を電池に印可した時のインピーダンスによって求める方法があります。いずれの場合も電極の劣化を内部抵抗の増加として検出することができます(更に周波数を変えて内部インピーダンスを複素平面上で解析する「電気化学インピーダンス測定」により、電池の等価モデル=電解質の状態を表す「溶液抵抗」と、電極の電…

  • スカイドアアンテナのコンパクト化

    以前作成したSkydoorアンテナですが、収納時のサイズが大きすぎて出番が少ないためコンパクトに改造してみました。 jl1nie.hatenablog.com エレメントの改造 元記事ではエレメントが90cmもありザックで持ち運ぶには長すぎです。今回は折りたためるように改造してみました。カナノコで半分に切り、途中をビニール線で接続。蝶ネジで固定するところは一緒。上が給電部、下がトップエレメント部分です。 使う時はこのように展開しダボにエレメントをひっかけ、目玉クリップで釣り竿に固定します。 エレメントを折りたたむと全長45cmになるのでザックの横ポケットにも収納できます。 給電部の改造 オリジ…

  • 縞枯山(JA/NN-037)

    前回の北八ヶ岳 北横岳のアクティベーションに引き続き、縞枯山(JA/NN-037)に行ってきました。山頂駅までのルートは前回と同じ。山頂駅から直進して縞枯山荘・雨池峠を経由して縞枯山を目指します。 先週まとまった雪が降ったようで、前回に比べるとずいぶん雪山らしくなりました。 山頂駅から10分ぐらいあるくと縞枯山荘に到着。ハイカーが多く登山道は圧雪されているので、ここまでワカンの出番はありません。 こちらは縞枯山荘。この時間はまだ開いていません。 雨池峠で進路を右にとり縞枯山に取りつきます。登山道は踏み固められていますが、ちょっとでも外れるとズボズボと膝上まで埋まります。ワカンを付けようかと思っ…

  • Skydoorアンテナの改造

    以前作成したSkydoorアンテナですが、収納時のサイズが大きすぎて出番が少ないためコンパクトに改造してみました。 jl1nie.hatenablog.com エレメントの改造 元記事ではエレメントが90cmもありザックで持ち運ぶには長すぎです。今回は折りたためるように改造してみました。 こちらがトップエレメント。カナノコで半分に切り、途中をビニール線で接続。蝶ネジで固定するところは一緒です。 使う時はこのように展開します。(耐久性に難ありかも?) 給電部もアクリル板を使って同じような構造にしています。給電部はインシュロックで作った輪に引掛けるだけ。釣り竿にはマジックテープで固定しています。エ…

  • 北横岳(JA/NN-032)

    本年最初のアクティベーションとして北八ヶ岳の横岳(北横岳)JA/NN-032に行ってきました。せっかくの三連休だったのですが所用の為、日帰りの慌ただしいアクティベーションになりました。 中央線の始発に乗り、茅野駅についたのが7時46分。10分後に出発の北八ヶ岳ロープウェイ行きのバスに乗り換えます。8時50分近くに北八ケ岳ロープウェイに到着。既に駐車場には沢山の車が停まっており、9時始発は満員で乗れません。 といってもこのシーズン10分間隔で運行しているのであっという間に山頂駅へ。山頂駅はハイカーやスノーボーダーでごった返しています。 今日は天気にも恵まれ山頂駅からは中央アルプスの山々(中央)や…

  • EFHWアンテナの比較(チューナ編)

    前回に引き続きEFHWアンテナの比較です。今回はLC共振器付きチューナとトランスのみのチューナでどの程度差があるのか調べてみました。以前RBNにより比較した結果では大きな差がなかったのですが、WSPRで詳細に調べてみました。 実験準備 前回同様WSPRを使い、30dBmで6フレーム分送信しています。フレーム毎にチューナのみ切り替え、全体のスポット回数を調べてみました。エレメントはBagworm-EFHWで使っているトラップ付きバーチカルを10m竿を使って鉛直方向にフルに展開したものです。 実験結果 今回も伝搬状況が良くVK/ZLから西海岸まで飛んでいます。 総スポット数は58スポット、LC共振…

  • EFHWアンテナの比較

    正月休み最終日、JG1GPY局のご協力のもと、先日作成したBagworm-EFHWとフルサイズのEFHWアンテナをWSPRを使って比較してみました。 フルサイズEFHWとの比較で検証したかったポイントは以下の2点です。 トラップによりエレメントが短縮されているがどの程度影響があるのか? 10mの釣竿で鉛直に展開した場合と、7m程度の釣竿で途中で折り曲げて展開した場合にどの程度差があるのか? 実験方法 14MHzでWSPRを30dBmで送信し、以下のように展開方法を変えたアンテナを交互に切り替えながら6〜10フレーム送信します。 次に各アンテナにおけるレポータからのSNRのレポート回数を比較し(…

  • 2019 QSOパーティ参加

    新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今年もQSOパーティに参加してきました。今回で3回目の参加です。QSOパーティ当日は親戚回りをしていることが多く20局を確保するのが大変な状況です。今年は比較的電波の飛ぶ自宅の430MHzと、まったく電波の飛ばない住宅密集地の7MHzの組み合わせでどうにか規定局数に達することができました。 こちらは住宅密集地で先日のBagworm-EFHWを展開した様子です。 地上高4m足らずですのでほとんと鉛直方向に打ち上げていると思います。また地形上、3-4エリアのある西方向が少し高くなっており仰角30度ぐらいまで空が見えない状況です。…

  • マルチバンドEFHW「Bagworm-EFHW」の製作

    先日の大持山でのアクティベーションでは山頂が狭くGlue-EFHWの7/10MHzのエレメントを展開することが出来ませんでした。また木々の多い山頂では、ギボシの付け替えのためアンテナの上げ下げをしていると、枝にエレメントを引っかけてしまうこともしばしばありました。 少し前からエレメントの上げ下げが不要なトラップ付きEFHWを作っていたのですが、フルサイズでは張れる場所がやはり限定されてしまいます。そこで以前作ったLC共振器付きのEFHWチューナが14MHzのエレメントに7MHzをマッチングできることを利用して、少し変則的なマルチバンドEFHWを作ってみました。トラップがミノムシ(Bagworm…

  • 枡形山無線倶楽部例会

    久しぶりに枡形山無線倶楽部のメンバーで集まりました。小雨の降る中、生田緑地の枡形山に集合し持ってきたブツを広げます。まずRadix S106をEZB局からGPY局へ贈呈。当局が再開局時に使っていたのですが、あまり使わないのでEZB局にお譲りしたものが巡り巡ってGPY局へ。無線ポタリングで活用される予定とのことです。 早速アンテナを上げて7MHzでQRV。アンテナ調整には新兵器を使ってみました。 GPY局は4エリアのSOTA仲間と7MHzで和文CWでスケジュールQSO。今日がGPY局の和文CWデビューの日となりました。若干緊張気味ですがCWインベータ仕込の大変流暢な和文CWでした。(と言っても当…

  • SOTA Winter Camp 2018

    今年もSOTA仲間の皆さんと、忘年会とアクティベーションを兼ねた「SOTA Winter Camp」を開催しました。開催場所はいつもの河川敷です。 大変人気の場所で、この寒さにもかかわらず土曜の午後は大混雑です。早めに駆けつけていただいたJH0CJH局・JG1BOK局に場所取りをしていただきました。18時半に到着すると既に皆さんずいぶん出来上がっている様子です。21時過ぎにはメンバが全員集合。JG0AWE局の持ってきた廃材で盛大にキャンプファイヤです。 ダッチオーブンも二つ登場。自家製味噌のピリ辛韓国風鍋と手羽先の蒸し焼きをご馳走になりました。いずれも絶品。アルコールが進みます。 23時過ぎ、…

  • 大持山(JA/ST-005)

    一月振りのSOTAアクティベーション。今回は秩父の大持山(JA/ST-005)に行ってきました。 中央道から圏央道を抜けて299号を北上し秩父市へ。生川入口の交差点を左折すると目の前に異様な山体の武甲山がみえてきます。 石灰工場の脇を抜けて林道を登り、一の鳥居に着いたのは既に7時半過ぎ。天気も良くハイカーで駐車場はごったがえしています。どうにか停めるところを見つけて登り出したのは8時過ぎ。ほとんどのハイカーは武甲山方面に向かうのですが、こちらは林道を更に先へ妻坂峠を目指します。 妻坂峠に着いたのは9時近く。武甲山をこの角度からあまり見たことがなかったのでしばらく見入ってました(冒頭の写真)。 …

  • SOTA山APRSメッセージサービス「SLIPPER」

    APRSビーコンを出しながらSOTA山に登ると、山頂付近でWelcomeメッセージを送ってくれるサービス「SLIPPER (SOTA Location Information Providing service with automatic PackEt Reporting system)」(略称:スリッパー)の試験運用をはじめました。 ・使い方 SOTAwatch2にアラートを登録し、APRSビーコンを出しながらSOTA山を登ってください。ビーコンの位置情報からSOTA山を識別し、山頂付近でWelcomeメッセージを通知してくれます。 ・お願い 不具合・ご要望等ありましたら当局までご連絡いた…

  • 唐松尾山(JA/YN-022)、竜喰山(JA/ST-022) アクティベーション(後編)

    唐松尾山(JA/YN-022)、竜喰山(JA/ST-022)アクティベーションの後編です。テント泊の翌朝は4時過ぎに目が覚めました。外を見ると空は晴れ上がり満天の星空でした。奥秩父縦走をされているのか他のテント泊の登山客は朝食の用意を始めているようです。 こちらはテント場の様子。 昨晩は冷え込んだようでテントの裏側には氷がびっしりとへばりついていました。 朝食後、7時過ぎにGPY局とGaryさんは唐松尾山方面へ、IHV局と当局は7時半過ぎに今日の目的地の竜喰山に向かいます。飛龍山への登山道から脇道にそれ笹薮をかき分け途中のP1883へ。P1883からは富士山から南アルプスが一望できる絶景が拡が…

  • 唐松尾山(JA/YN-022)、竜喰山(JA/ST-022) アクティベーション(前編)

    SOTA仲間のJI1IHV局・JG1GPY局・JA1002SWL局(Garyさん)と奥秩父の唐松尾山(JA/YN-022)、竜喰山(JA/ST-022)を泊りがけでアクティベーションして来ました。 中央道 勝沼IC経由で411号から奥秩父・一ノ瀬高原まで自宅から2時間。登山口の側の民宿みはらしに車を停めてIHV局と合流し7時半に出発。 将監小屋までは簡素ながらも林道が整備されており歩きやすいの道のりです。普段担ぎなれていない装備が肩に食い込みます。こちらは19kgの重さに耐えるIHV局。(後で測ったら20数kgあったとか?) 将監小屋に到着したのがちょうど2時間後の9時半。素晴らしいロケーショ…

  • 大菩薩嶺(JA/YN-024)

    連休最終日、末っ子を連れて久しぶりに大菩薩嶺をアクティベーションしてきました。いつものように唐松尾根から雷岩を経由して山頂へ向かいます。 色々と忘れ物をしたせいで登りはじめたのは既に7時過ぎになってしまいました。末っ子に急かされちょうど1時間で雷岩へ。ちょうど良いタイミングで雲も晴れ富士山のシルエットが綺麗でした。 雷岩から少し北へ向かい山頂へ。台風の影響か途中倒木が多くありました。 山頂では新調した7.9mの竿にGlue-EFHWを展開。木々に覆われアンテナを展開するのが面倒です。ギボシを外した状態で最初から7MHz分までエレメントを展開したのですが、ギボシに手が届くところに竿を縮めるとエレ…

  • QSLカードの作成

    せっかくの連休が雨模様なので、昨年来やろうやろうと思って進んでいなかったQSLカードを作成しました。以下、備忘録を兼ねて手順をまとめてみました。 (1)印刷通販業者への登録 安くて評判の良かったプリントパックにしました。 www.printpac.co.jp ユーザ登録を済ませて早速発注。表面は写真をベースにしたコールサインをデザイン、裏はインクジェットで自前の印刷とするため、ポストカードから「強光沢/普通紙(ミラー上質紙)180kg」を選びました。「アートポスト」など裏面に筆記性の無いタイプのカードはインクジェット印刷には向かないそうです。 ちなみに片面4色1000枚で送料込み2350円(7…

  • ハムフェア2018

    SOTA日本支部のブース、初日から多くの方にご来場いただき大変盛況でした。夜はSOTA愛好家の皆さんと宴会。二次会もアクティベーション談義に花が咲き盛り上がりました。 二日目、朝9時半過ぎに出勤したら昨日相当深酒したはずのメンバがもう全員揃っています。山登りで鍛えているだけあって皆さんタフですね。 二日間ブース設営をお手伝いいただいた皆様お疲れ様でした。またSOTAに興味を持ってブースを訪れていただいた皆様ありがとうございました。展示させていただいた資料はこちらからダウンロード可能 です。ちなみにこちらは今年のハムフェアの戦利品。 SOTA仲間のJM1NCT局がいつも楽しそうにしているので興味…

  • 本社ヶ丸(JA/YN-043)

    前回の砥山が山登り的には若干物足りなかったので、笹子川右岸の最高峰らしい本社ヶ丸(JA/YN-043) 1631mをアクティベーションしてきました。 当日は朝4時に自宅を出発。途中、談合坂で夜明けとなったのですが風も強く空には怪しい雲が沢山。先行きが危ぶまれます。 一宮御坂ICから御坂みちを入ると雨が降ってきました。三ツ峠登山口に着いた頃には止んでいましたが風は相変わらず激しいままでした。 平日ということもあり6時近くでも駐車場は空いています。黄色いゲートを抜けて清八林道へ。 比較的平坦な林道を40分ほど行くと、清八山・三ツ峠山の分岐点、大幡八丁峠へ。ここを左折し清八山に向かいます。15分ほど…

  • 砥山(JA/TK-034)

    久しぶりのSOTAアクティベーションをしてきました。猛暑ということもあり比較的登り易い山でリハビリも兼ねて行先は奥多摩は都民の森の「砥山」にしました。 当日は枡形山無線倶楽部の面々を途中で拾い、都民の森の駐車場の開く8時前に到着。駐車場から森林館を抜け、炭焼き小屋を右に。そこから30分程ですぐに山頂です。簡単に登れる割には標高は1302mもあります。気温は22℃と涼しく下界の熱気が嘘のようです。尾根伝いに早速各局がアンテナを展開します。 14-10-7MHz専用のPFR-3を持参した7M4EZB局が14MHzから、18MHzより上がJG1GPY局、当局は10MHzからQRVしました。 10MH…

カテゴリー一覧
商用