searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Clematisさんのプロフィール

住所
海外
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
バイリンガル、育成中。
ブログURL
https://xn--eckq0ineg0c.net/
ブログ紹介文
海外インターナショナルスクールの学校生活、バイリンガル教育に役立つ教材の紹介など。
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2016/01/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Clematisさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Clematisさん
ブログタイトル
バイリンガル、育成中。
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
バイリンガル、育成中。

Clematisさんの新着記事

1件〜30件

  • 語学の学習記録 5年9ヶ月目 長女(13歳)

    中1長女の2020年9月の語学の学習記録です。 英語 今月も英語の本は一冊も読まずでした。ただ、学校の英語の授業(週6コマ)、CTY、自分が興味がある分野のリサーチ、動画視聴と、「英語で」何かをやっている時間はそれなりに長かったかな~と思います。 長女は理系のとある分野に興味があり、あれこれ自分で学んでいるようなのですが、ネットの情報は玉石混合、一方中高レベルの本ではやや物足りないということで、そ

  • 大学の世界ランキングを改めて眺めてみる

    9月は大学の世界ランキングが発表される月です。 先日発表されたTimes Higher Educationの最新ランキング(2021年)では、ついに中国の清華大学がトップ20に入りました。アジア勢からはトップ100に下記の16校がランクイン。全体的に中国勢の大幅なランキング上昇が目立ちます。東大は2011年のランキングは26位、そこから順位を下げて2018年に46位になりました。近年は徐々に持ち直

  • Center for the Talented Youth(CTY)のオンラインプログラム

    今日はJohns Hopkins大学のCenter for the Talented Youth(通称CTY)について紹介したいと思います。 CTYとは CTYは、アメリカのJohns Hopkins大学が作ったギフテッド教育機関です。 アメリカではギフテッド向けの教育(Gifted and Talented Educationを略して、GATEプログラムと呼ばれています)がさかんにおこなわれてい

  • 語学の学習記録 5年8ヶ月目 次女(11歳)

    2020年8月、小5の次女の語学の学習記録です。 本帰国からもうすぐ1年。海外インターから公立小学校への転校になるため、公立小にうまく馴染めるか当時はとても心配でした。もし公立小になじめなかったら国内インターへ転校をと考えていましたが、全くの杞憂でした。公立小にうまくなじめたのは、本人の性格や毎年体験入学をしていたこと等も影響していると思いますが、なによりも大きいのは周囲のお友達や先生方に恵まれた

  • 語学の学習記録 5年8ヶ月目 長女(13歳)

    2020年8月、中1の長女の語学の学習記録です。 英語 あっという間に8月も終了ですね。気づいたら、今月は英語の本は一冊も読まずでした。学習としての取り組みも特になしです。 ブログを開始したのがちょうど5年くらい前のこと、当時は英語のことで必死でした。まさか5年後に「英語の取り組み:今月は何もなし」になるとは・・・。このブログのタイトルも中身とかけ離れてきつつあることは認識しているのですが、面倒な

  • 英語でバンクシー

    横浜で開催中のバンクシー展に行ってきました。 バンクシー(Banksy)は英国を中心に活動する匿名のアーティスト。社会を風刺するストリートアートで広く注目を集めている人物ですが、その姿は謎に包まれています。 最近のニュースだと、代表作の"Girl With Balloon"が、サザビーのオークションで約1億5000万円で落札された瞬間に、額に仕込まれていたシュレッダーにより粉々

  • 語学の学習記録 5年7ヶ月目 次女(11歳)

    2020年7月、小5の次女の語学の学習記録です。 おっとりマイペースな長女と異なり、シャキシャキしっかり者の次女。夏休みの宿題を全くやらない長女を心配して、長女のために学習計画表を作り、「今日はこれとこれをやって!わかった?」と長女に指示。いや~、しっかりしています。同じ親から生まれたのに、性格も能力も全く違うのが面白いです。 さてそんな次女の2020年7月の学習記録です。 英語 7月に読んだ本は

  • 語学の学習記録 5年7ヶ月目 長女(13歳)

    2020年7月の長女の学習記録です。 昨年の夏は欧州で過ごす最後の夏だったので、本当によく遊びました。キャンプに旅行、スリープオーバーと、イベント目白押しで、長女は、6週間の夏休み期間中の約半分は、そもそも物理的に家にいないという状態でした。 一転して今年の夏は、サマーキャンプも中止になり、海外にも行けず、地元の幼馴染たちと遊ぶ予定を立てたらCOVID-19の感染者急増・・・というわけで、自宅で1

  • オンラインでイマージョン:Outschool

    COVID-19の新規患者数が再度増加を続けており、落ち着かない毎日ですね。 今年の夏休みはどこにも行けそうにないので、いかに子供たちを退屈させずにStay Homeを楽しむかが親に課せられた任務になっている気がします。。。 我が家でも色々工夫しながら新しい取り組みをはじめているところですが、今日は次女が受講をはじめたOutschoolについて紹介したいと思います。 Outschoolとは Out

  • 英語ができると得すること

    先日立ち読みしたPresident Family。今回は英語特集で、子供の英語学習についてあれこれ書かれていました。 様々な記事のなかで、私が一番気になったのは、下記の記事でした。 英語ができると、年収もあがるし、受験でも有利ですよーという記事です。いやまあ、確かにそのとおり。私自身も昨年就職活動をしてみて、外資と日系企業であまりに提示金額が違ってびっくりしたので、よくわかります。10年ちょっと前

  • オンラインで受けられるインター/海外名門校の教育

    これまではインターナショナルスクールやボーディングスクールなどの教育は、高い学費を払って入学したもののみが受けられる特権でしたが、COVID-19の影響もあり、オンラインでプログラムを提供する教育機関が一気に増えてきました。 自分の備忘録も兼ね、中高生向けのプログラムを一覧にしておきます。なおこの記事は適宜更新予定です。 ETONx イギリスの名門、イートン校のオンラインプログラム。 Critic

  • 語学の学習記録 5年6ヶ月目 長女(13歳)

    中学1年生の長女、2020年6月の語学の学習記録です。 英語 今月読んだ本は次のとおり。 Lord of the FliesとFahrenheit 451は、いずれも本人からのリクエスト。TedExで紹介されているのをみて、興味を持ったのだとか。Lord of the Fliesは、最初本人から聞いたときは、Road of the Fliesだと思い、「蠅の道?どんだけ臭いんだろう・・・」と思った

  • おすすめのチャプターブック:Ghost Boys

    今日は久々におすすめのチャプターブックを一冊紹介しようと思います。 Ghost Boysという本です。 2018年刊行の新しい本ですが、GoodReadsではレビューが1万件を超えており、平均4.37と高い評価がついています。 テーマとあらすじ この本のテーマはずばり、人種差別(Black Lives Matter)です。 主人公はアフリカ系アメリカ人の少年。物語の冒頭で、白人警官に射殺されます。

  • 語学の学習記録 5年6ヶ月目 次女(11歳)

    2020年6月、小学5年生の次女の学習記録です。 英語 普段は全く本を読まない次女ですが、6月はちょっとだけ頑張りました!といっても、2冊だけですが・・・(汗) いずれも長女が推薦してくれた本です。Ghost Boysは人種差別をテーマにした本です。私も読みましたがとてもよかったので、別記事で紹介する予定です。 実は読書がはかどったのは理由があります。次女の場合、本の朗読の音源を聞かせながら文字を

  • 長女の新たな挑戦:CTYメンバーになりました

    長女がJohns Hopkins大学のCenter for Talented Youth(CTY)の試験を受け、無事に合格することができました。 CTYはいわゆるギフテッド教育を提供する機関としてアメリカではかなり名の知られた存在です。ギフテッド向けの高度なプログラムだけではなく、「お勉強ができる子」向けと思われるプログラムも充実しており(というかこちらの方がメイン?)、オンラインのコースもありま

  • 探究学舎グローバル(英語版)がスタート

    COVID-19の休校期間中、我が家の次女が非常にお世話になったのが、探究学舎です。3月の無料オンラインクラス(15回)は全て受講。4、5月は有料の「人体医療編」(6回)を受講、そして6月からはオンライン通塾を開始しました。トップの写真は人体医療編でいただいたバッジと宝槻先生のサインです(笑)次女はお勉強が好きなタイプではないのですが、探究学舎は大大大好きです。6月からは小学校が再開される見込みで

  • 語学の学習記録 5年5ヶ月目 次女(11歳)

    2020年5月、小学校5年生の次女の語学の学習記録です。 学校が休校になって3か月、まったりのんびり、自由な生活を楽しんでいます。畑で農作業をしたり、釣りに挑戦したり、ベランダでテントを張ってキャンプしたりと、自粛生活といいつつ、かなりアクティブに毎日を過ごしています。 英語 英語学習は、週4、5回のDMM、週末の英語保持教室のほか、5月中はだいたい週2回の割合で、保持教室のデイスクール(1回2時

  • 語学の学習記録 5年5ヶ月目 長女(12歳)

    2020年5月、中学1年生の長女の語学の学習記録です。 中学受験終了直後からドイツ語の学習は再開した長女ですが、まだ余裕がありそうなので、今月から中国語学習も再開することにしました。 ちょうどこのブログをはじめたのが5年くらい前のことなのですが、当時はとにかく英語のことで頭がいっぱいでした。 そして5年後の現在ですが、長女に関して言えば、英語はもうこれ以上力を入れる必要はないだろうと感じています。

  • 語学の学習記録 5年4ヶ月目 次女(11歳)

    4月から小学校5年生になった次女の学習記録です。 英語 本帰国からはや6か月。帰国子女向けの保持教室+週4~5回のDMM英会話で英語の勉強を続けています。帰国直後から開始したDMM、意外に長く続いていますね。1日25分が習慣になり、いい感じです。 横で聞いている限り、今のところ会話力は維持できている感じです。COVID-19の影響でインター時代の友達とzoomなどで話をする機会がちょこちょこあるの

  • 語学の学習記録 5年4ヶ月目 長女(12歳)

    4月に中学生になった長女の語学の学習記録です。先月はバタバタで記録をしそびれました・・。ですので読書記録は2か月分になっています。 英語 3月と4月に読んだ本は次のとおり。 Hunger Gamesシリーズは3冊まとめて一気読み。面白かったようです。(Hanger GamesじゃなくてHunger Gamesだったのね・・・!) 下記は3冊セットのハードカバーですが、Hunger Games3部作

  • パンデミック終了までのロードマップ

    突然の学校休校決定からあっという間に2か月経過。そして夫と私が在宅勤務になってから1か月が経過しました。我が家は4人とも、元気に暮らしています。 我が家は都内中心部ではなく郊外のエリアに住んでいます。住環境には非常に満足しているものの、通勤や通学に時間がかかるのが悩みのタネでした。隔離生活になり不便もありますが、その一方で無駄な時間をカットして大好きな自宅で過ごす時間が増えたので、不謹慎かもしれま

  • アフターコロナの教育観

    COVID-19の影響が続く中、新学期/新年度がはじまりました。我が家は4人とも、元気に巣ごもり生活を続けています。 夫も私も在宅での仕事が可能なため、多少の不自由はあるものの、まあ何とか回せています。問題は子供たちの教育です。COVID-19により、教育についても色々と考えることがあったので、自分の備忘録も兼ね、記事にしておきます。 ICT教育の重要性 今回の件でしみじみ感じるのが、ICT教育の

  • 休校期間中の家庭学習 我が家の場合 パート2

    気がつけば休校開始から早2週間。当初は「えー!!」という感じでしたが、すっかり慣れました。時間がたっぷりあるって素晴らしい。子供たちものびのびと毎日を過ごしています。 しかし2週間前は、海外にいる友人や同僚などと、「日本では学校が今週からshut downだよー」「えー!!そんなに大変なの?日本、大丈夫?」(←みんな一応心配してくれるけど対岸の火事風味)なんて話をしていたのですが・・・。いつの間に

  • 休校期間中の家庭学習 我が家の場合

    各方面から批判続出の一斉休校。私自身も働く母親ですので、かなりの不便を強いられる結果となっています。幸い我が家は夫も私も在宅勤務OKが出ているので、交代でオフィスに出る形で、なんとかうまく回せそうです。 私自身はコロナウィルスに関して正確な前提知識を持ちあわせていないので、首相による今回の休校要請が正しい決定だったのかどうかは、正直よくわかっていません。だから文句を言うのはやめておこうと思っていま

  • 語学の学習記録 5年2ヶ月目 長女(12歳)

    我が家の長女は、現在小学6年生。受験が終わりひと段落し、まったりとした毎日を送っています。 中学受験が終わると、入学式までは開放感いっぱいで好きなことをやるのが通常なのかなと思いますが、長女の場合、受験前と比べて、あまり変化がありません。 【1月】勉強の中心は、英語のエッセイ・ライティングのためのリサーチ(・・・という名のネットサーフィン。だいたいいつも脱線気味)。普段の学習は英語中心。 【2月】

  • 語学の学習記録 5年2ヶ月目 次女(10歳)

    最近バタバタで、毎月定期的につけていた子供たちの語学の学習記録も、ずいぶんと間が空いてしまいました。 今回は10歳次女の語学の学習記録です。 英語 年明けから帰国子女用の英語塾(お姉ちゃんと同じところ)に通い始めました。英語塾のカリキュラムは受験が近づくと宿題たくさんで大変になりますが、まだ小4ですので、ゆったりまったり。引き続きDMM英会話も続けています。 本は相変わらずほとんど読みません。Pe

  • 親の進路、子供の進路

    中学入試もひと段落し、長女の進路について周囲から聞かれることが増えました。古くからの友人や知人などに長女の進学先がA校だと報告すると、「えっ・・・(しばし沈黙)・・・そうなんだ、意外。」「でも、A校もいい学校だよね!」と微妙な反応が返ってくることが多いです。 私は中学から大学までB校に通っていて、夫もB校出身であるため、友人や知人、職場の同僚たちの多くが、長女も当然B校を受験したと思い込んでいるよ

  • 帰国子女の中学受験:我が家の場合

    すっかりブログの更新を怠っていました。その間、長女の中学受験やら自分の仕事やらで、いっぱいいっぱいの毎日を送っていました。 さて我が家の長女の中学受験ですが、結果は3勝1敗でした。1敗を喫したのは、英語勝負の某難関校。英検1級でも落ちると聞いていましたが・・・本当に落ちました~(汗) 不合格になった学校は、実は長女自身が「自分には合わない気がする」「●●なとこと××なところが・・・」としきりに言っ

  • 語学の学習記録 5年0か月目 長女(12歳)

    ブログの更新をせぬまま、いつのまにか20日以上が経過してしまっていました。 帰国枠の中学受験は11月下旬からはじまり、人によっては2月ころまで続きます。というわけで、長女はただいま受験シーズンの真っただ中です。帰国枠の英語受験は、英検1級+αのレべルの子たちが繰り広げる頭脳戦の様相を呈しており、色々ビックリすることも多いです。受験のことについては2月以降に記事にしたいと思います。 今回は、本帰国後

  • 映画で英語学習:The Sound of Music

    映画を使った英語学習は昔からあるポピュラーな方法ですが、子供の場合どんな映画がいいんだろう?と考えてみました。 定番はディズニー映画やジブリの英語版だと思いますが、我が家の場合、一番繰り返して見たのはサウンド・オブ・ミュージックでした。2人とも、3~4回は見ているのではと思います。学校でも何度か見ているようですし(これは修学旅行先がザルツブルクだったことも影響しています)、家でもDVDを購入し、繰

カテゴリー一覧
商用