searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/idllongstay
ブログ紹介文
旅行は脳の刺激になりボケ防止に大変有効。60歳を過ぎて時間のある今、長期の旅行に挑戦しましょう。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/11/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレーさん
ブログタイトル
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー

齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレーさんの新着記事

1件〜30件

  • 美食とカミサンポ:ようやく見つけたリピーターになりそうなフィリピンレストラン

    フィリピン料理のレストランは、東京の錦糸町や小岩、郊外の府中、神奈川県の川崎などにそこそこあるが、利用者はフィリピン人か、仕事等でフィリピンに行ったことのある人のみであろう。そもそも洒落たフィリピンレストランは皆無。カラオケスナック兼レストランのような店が多く、食事中に酔っ払いにからまれたことがあった。フィリピン料理そのものは、醤油や酢、バゴンと呼ばれる塩辛のような調味料やココナッツミルク、ピーナッツソースなどを使い、肉料理から魚料理まで種類は多い。ビコールエクスプレスと呼ばれるココナッツミルクベースで辛い煮物以外は、料理に「パンチがない」という印象。一番うまいのはチキンの丸焼き。さて、府中のスナック兼レストランでフィリピン料理を食べて気に入ったカミさんが、小田急線の千歳船橋にいい店を見つけたというので行ってみ...美食とカミサンポ:ようやく見つけたリピーターになりそうなフィリピンレストラン

  • 美食とカミサンポ:八高線列車の旅の予定が急遽、横浜元町中華街に!

    八高線で高崎までローカル列車の旅。途中、東飯能で下車してランチ。高崎で上州牛のステーキまたは焼き肉というプラン。乗車時間は2時間ほどで、直通はなく、高麗川で乗り換えが必要。下調べは終わり、この連休の3日目に行くはずであったが、当日になって私の気が変わり中止に。その原因は、飯能で旨いものが見つからなかったこと。行く気になっていたカミさんからはブーイング。という訳で、カミさんの意見を改めて100%聞き入れ横浜元町中華街に行くことになった。中華街は凄い人出。カミさんが絶対に行きたいといった「招福門」の2980円で食べ放題の飲茶は2時間待ち。私が順番待ちをし、その間、カミさんは中華街散策。招福門の飲茶は、テーブルに備え付けられた端末でオーダーする。料理は店員が持ってくるが、配膳用のロボットも1台導入されていた。品数は約...美食とカミサンポ:八高線列車の旅の予定が急遽、横浜元町中華街に!

  • 美食とカミサンポ:カリフォルニアで絶対に食べる料理、メキシカン!!

    カリフォルニアに出張あるいは旅行をする際に、絶対に食べたい料理の一つがメキシコ料理だ。今一つ日本人の口に合わないようだが、私は時々食べたくなる。新型コロナ騒動の前までは大手町におり、ファースト・スクエア・ビル1Fのメキシコ料理のファストフード店にしばしば行っていた。今回は、息子夫婦の手料理のタコス。サルサソースもタコスの皮も手作り。腕が上がったね。メキシコはカリフォルニア州サンディエゴの先にあるティファナしか行ったことがないが、いずれ遺跡巡りやリゾートのカンクーンなどにも行ってみたい。それもコロナ次第だね・・・・・ちなみに息子は漫画家で100%在宅勤務。超個性的な漫画やイラストを描いている。貧乏でも幸せ、それがいいね。美食とカミサンポ:カリフォルニアで絶対に食べる料理、メキシカン!!

  • 美食とカミサンポ:米国南部料理の代表、ケイジャン料理に挑戦!!

    米国南部料理のガンボ(gumbo)を作ってみた。ガンボは米国南部の代表的な料理の一つである。濃いスープに肉やエビ、オクラなどのとろみ成分、「聖なる三位一体」と呼ばれる野菜(セロリ、ピーマン、タマネギ)などを入れて作られる。ガンボは日本ではなじみは薄いが、「ガンボ&オイスター」などオイスターバーなどで提供されていることが多い。我が家のガンボでは、鶏ひき肉を使い、セロリ、タマネギ、ズッキーニ、パプリカおよびオクラを使用。チリも加えて、いい感じの辛みのあるケイジャン料理となった。ケイジャン(Cajun)とは、祖先が北米東部のアカディア地方(今のメイン州のあたり)に入植したフランス人の直系で、最終的に主にルイジアナ州南部に永住した人々のことである。このケイジャンが、南部の生活の中で工夫・開発した料理が、米国南部の郷土料...美食とカミサンポ:米国南部料理の代表、ケイジャン料理に挑戦!!

  • 美食とカミサンポ:広尾でパルミラ王国のゼノビア

    都心の良さは、わが町、調布では商売が成り立たないユニークなレストランがあること。今日紹介するのはその中の一つ、広尾のアラビアンレストラン「ゼノビア」。ゼノビア(ラテン語:Zenobia)は、3世紀に存在したパルミラ王国の「女王」と呼ばれた人物で「最も傑出した敬虔なる女王、セプティミア=バト=ザッバイ」とのこと。パルミラ王国は、3世紀に今のトルコの南部からエジプトまでを支配した国。その中に、今のシリアが含まれており、この店で販売されているお菓子にはシリアとある。これがスペシャルランチ。冷前菜(フムスなど3点)、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)、サンブーサ(ひよこ豆の春巻き)、コッバ(ひき肉とナッツのコロッケ)、ケバブ、サラダ、スープ、ナン、デザート、ドリンクで2000円。アラビアンプレートは、冷前菜(フムスなど...美食とカミサンポ:広尾でパルミラ王国のゼノビア

  • 美食とカミサンポ:アメリカのダイナーの味を再現!?

    「海外旅行は当分、無理」と思うとますます妄想が膨らみ、アメリカのビジネスホテルやダイナーの朝食が無性に食べたくなった。という訳で作ってみました。フレンチトースト。フレンチトーストという呼び名は、アメリカから来たもので、フランス名はパン・ペルジュ(PainPerdu)。今回は、パンではなく山形から送られてきた「やき麩」(文四郎麩)で作ってみた。パンはバターを塗りこんであるが、麩はバターなしなので牛乳の吸い込みが抜群。「結構、イケる」と自画自賛。でも、私が食べたかったのはフレンチトーストではなくソーセージ。アメリカのビジネスホテルの朝食では円形のソーセージが提供されていることが多い。ターキーとポークがあり、もちろん、私が好きなのはポーク。味はマックのソーセージ・マフィンのソーセージと同じ。調理したのはJohnson...美食とカミサンポ:アメリカのダイナーの味を再現!?

  • 美食とカミサンポ:パプリカでハンガリー料理

    最近、バス旅にもはまっています。とはいってもテレビ番組のように何日か掛けていくような長旅ではなく都内の路線バスによる日帰りのカミサンポである。お気に入りの一つが、新宿駅西口から青山や広尾を経由して品川までいく路線。その路線の「魚籃坂下」バス停近くにハンガリー料理店を見つけたので行ってみた。ハンガリーという国名は聞いたことがあっても、その場所を正確にイメージすることはできない。日本との結びつきは少ない国である。そのハンガリーの名物料理が食べられるレストランは、パプリカ・ドット・フという店名。英語名は、PAPRIKA.HU。だからといってこの店のホームページのURLではない。都内にはハンガリー料理店が3店あるが、ハンガリー人のシェフはここだけ。お店に入ると店員の女性(オーナーの奥様らしい)が料理の説明をしてくれる。...美食とカミサンポ:パプリカでハンガリー料理

  • 美食とカミサンポ:板橋区十条の「メソポタミア」でクルド料理

    「クルド」に行ったことありますか。あるわけないね。ご存知のとおり、クルド人は独自の国家を持たない世界最大の民族集団。その人口は、世界中で4000万人ほどと言われている。宗教は主にイスラム教。東京都板橋区十条にクルド料理のレストランがあるというので、週末の商店街巡り一環として「十条銀座散策+クルド料理で夕食」というプランを立てた。在日クルド人は約2000人。特に「ワラビスタン」と呼ばれる埼玉県蕨市や川口市を中心とした埼玉県南部に集まっているとのこと。その川向こうの板橋にもクルド人が住むようになったと思われる。十条銀座は日中からお客がいっぱいの立ち飲み屋、庶民的で安い総菜やなどが並ぶ魅力的な商店街。その中に「ハラルフード屋」があり、イスラム教徒が多いことが推察できる。クルド料理のレストラン「メソポタミア」は、十条銀...美食とカミサンポ:板橋区十条の「メソポタミア」でクルド料理

  • 本と映画でカミサンポ:『戦略の本質』で描かれる朝鮮戦争、仁川(インチョン)上陸作戦

    「本と映画でカミサンポ」シリーズは、今回でいったん終了。ネタは沢山あるが、ブログを書いている本人が飽きた。さて、最後に選んだ本は『戦略の本質』(野中侑次郎、戸部良一、鎌田伸一、寺本義也、杉之尾宜生、村井友秀著、日本経済新聞社)。第4次中東戦争、ベトナム戦争、スターリングラードの戦いなどの戦争の歴史から戦略を分析し、リーダーシップのあり方を説いている。この中で私が繰り返し読んだのは「第5章朝鮮戦争」である。この戦争は1950年6月25日に始まり、28日には北朝鮮軍がソウルを占領。そして、一気に釜山近くまで南下。この状況を変えることになったのが同年9月15日の国連軍による仁川上陸。28日にはソウルを奪還している。今、韓国ソウルに旅行をするときに迎えてくれるのが仁川空港。沖合に作られた仁川空港からバスあるいは電車でソ...本と映画でカミサンポ:『戦略の本質』で描かれる朝鮮戦争、仁川(インチョン)上陸作戦

  • 本と映画でカミサンポ:「クロール - 凶暴領域」でフロリダの自然をイメージ

    「連休にどこにも行かない」というのはあってはいけない話だ。海外旅行の「か」の字どころか、国内旅行の「こ」の字もなし。出かけたのは近所の「スシロー」だけ。天気が悪くて良かった。という訳で相変わらずのヴァーチャルトリップ、脳内旅行だ。むなしい。今日の映画『クロール-凶暴領域』の舞台は、巨大ハリケーンが迫るフロリダ。大学の競泳選手の娘が、連絡が取れなくなっている父親を捜しに実家へ行くと、地下室で重傷を負い気絶している父親を発見。その瞬間、背後からワニに襲われ。。。。。凶暴なワニの巣窟と化した家に閉じ込められた父娘の運命を描いたサバイバルスリラー。B級ならではのドキドキ感と定調和のある映画。フロリダといえばオーランドのディズニーワールド・リゾート。ディズニーファンなら一度は行きたいところであろう。オーランドの地図を広げ...本と映画でカミサンポ:「クロール-凶暴領域」でフロリダの自然をイメージ

  • 本と映画でカミサンポ:『ロードサイド・クロス』、猛獣はいるか?

    『ロードサイド・クロス(上・下)』(ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳、文春文庫)はキャサリン・ダンス・シリーズの2作目。キャサリンは人間の動作や表情から相手の嘘を見抜く人間嘘発見器、CBI捜査官である。『ボーンコレクター』などのリンカーン・ライム・シリーズがNYを舞台にしているのに対し、こちらはカリフォルニア州のモンテレー、パシフィック・グローブ、カーメル周辺を舞台にしている。モントレーはサンフランシスコから海岸沿いを走る1号線を車で2時間ほど南に下った沿岸に位置する町。缶詰工場であったキャナリーローやフィッシャーマンズワーフを中心に観光で賑わっている。フィッシャーマンズワーフ(サンフランシスコよりかなり小型で寂れつつある)キャナリーロー付近、最近はこちらが観光の中心、インターコンチネンタルホテルもある...本と映画でカミサンポ:『ロードサイド・クロス』、猛獣はいるか?

  • 東京・町田でカミサンポ:なつかしのPANDA Express

    PandaExpressアメリカの香りを探して一旦収束に向かっていると思えた新型コロナ新感染も、再拡大の兆候を見せており、いつ海外旅行に行けるか全く不透明高速道路、憔悴の日々を送っている方々も多いのでは。という訳で気分転換に南町田の「グランベリーパーク」(旧、グランベリーモール)に行ってきました。ここは東急グループが開発したショッピングモールと映画館、大きな公園がある施設。https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com/「グランベリーパーク」は、町田市なので東京都(のハズレ)。しかし、私の町からここまで行く道筋はずっと川崎市。国道246号で行ったが、周りの車は川崎・横浜ナンバーのみ。「ちぇ、東京からコロナ持って来んじゃね~よ」と言われている雰囲気。「グランベリーパーク」...東京・町田でカミサンポ:なつかしのPANDAExpress

  • 本と映画でカミサンポ:『カリフォルニア・ダウン』、カリフォルニアの巨大断層が見える!!

    『カリフォルニア・ダウン』(原題:SanAndreas)は、2015年にアメリカ合衆国で公開されたパニック映画。主役のドウェイン・ジョンソンが演じるレイはロサンゼルス消防局の腕利きレスキュー隊員でヘリコプターを駆使して救助活動を行っている。妻とは離婚協議中。妻の恋人の会社がサンフランシスコにあり、そこを訪ねた娘が巨大地震に会い・・・・・・映画の主な舞台は、サンフランシスコとパサディナの地震予知研究をするカリフォルニア工科大学。ローランド・エメリッヒ監督のパニック映画『2012』の小型版といったところ。CGは十分楽しましてくれるがストーリーが平凡パンチ。原題の“SanAndreas”はカリフォルニア州を南北に縦走するサンアンドレアス断層。実際には複数の断層群からなっており、サンアンドレアス断層系とも呼ばれる。この...本と映画でカミサンポ:『カリフォルニア・ダウン』、カリフォルニアの巨大断層が見える!!

  • 本と映画でカミサンポ:『ヒルビリー・エレジー』、トランプ大統領が生まれた背景

    アパラチア山脈を舞台にした本・映画の3部作の最後は、『ヒルビリー・エレジー』(J.D.ヴァンス著、関根光宏・山田文訳、光文社)。副題は「アメリカの繁栄から取り残された白人たち」。私たちが映画やTV番組で見かけるアメリカは西海岸のロサンゼルスやサンフランシスコ、東海岸のニューヨークやボストン、フロリダ、たまにシカゴ。IT関係の仕事がらみであればマイクロソフトやアマゾンのあるシアトル、FacebookやGoogleなどがあるかつての半導体メーカーの拠点シリコンバレー、映画関係ならロサンゼルス。すべて西海岸の町である。東海岸は金融関係ならウォールストリートのあるニューヨーク、政治がらみならワシントンDC、アカデミズムならボストン。著者のヴァンスは、ラストベルト(錆びついた工業地帯)と呼ばれる地域の一つオハイオ州ミドル...本と映画でカミサンポ:『ヒルビリー・エレジー』、トランプ大統領が生まれた背景

  • 本と映画でカミサンポ:「リトル・アクシデント」、旅の安全はあなたの危険察知能力による

    アパラチア山脈を舞台にした本・映画の2作目は、映画『リトル・アクシデント-闇に埋もれた真実-』。原題はLittleAccidentsでAccidentが複数になっている。事件は2つ以上!!先週の『GrayMountain』同様、炭鉱町の話。炭鉱事故が起き、一人だけ労働者が助かる。斜陽産業故に、この事故がきっかけで閉山に追い込まれるのではないかと危惧する住民、一方で会社の責任を追及する住民。そんな中、炭鉱を経営する会社役員の息子が行方不明になる。その役員の妻、生き残った労働者、そして地元の高校生の視点で、事件の顛末を描く。ストーリーは単調だが、アパラチア山脈の炭鉱町の生活が伝わってくる。それと高校生役が如何にもアメリカの「苦悩するガキ」という感じでいい。さて、この写真を見て、ここは安全な町なのか、それとも危険な町...本と映画でカミサンポ:「リトル・アクシデント」、旅の安全はあなたの危険察知能力による

  • 本と映画でカミサンポ:アパラチア山脈から大西洋岸までをドライブ

    今回から3回連続で米国東部を縦断するアパラチア山脈エリアを舞台にした本と映画の話になる。第1回目は『GrayMountain』。ジョン・グリシャム著のリーガル・スリラー。邦訳は『汚染訴訟』(新潮文庫)。リーマン・ブラザースの破綻後、ニューヨークの大手法律事務所に勤めるエリート女性弁護士サマンサに、会社は解雇の代わりに、バージニア州のアパラチア山脈の田舎町にある無料法律相談所で1年働くことを勧める。サマンサは地元の弁護士ドノヴァンと出会い、露天掘りの炭鉱や発破の影響で健康被害や水質汚染に苦しむ地元の人々を目の当りにし、炭鉱会社の不正を暴こうとするドノヴァンの闘いに徐々に巻き込まれていく、というストーリー。著者のグレシャムは、ミシシッピ州立大学、ミシシッピ大学ロースクールを卒業。1981年から1991年まで弁護士と...本と映画でカミサンポ:アパラチア山脈から大西洋岸までをドライブ

  • 本や映画でカミサンポ:アリゾナ州プレスコットで奇岩を撮影

    4月1日から今日までに見た映画は33本、この他に『ColdCase』(米国版)のシーズン1の23エピソードとシーズン2のエピソード7までを見た。それと『ソドムの林檎』を全4話。在宅勤務で不要となった通勤時間と余った体力を映画につぎ込んでしまった。という訳で6月1日からは心を入れ替え、延び延びになっていた教育用アプリの制作に取りかかった。気持ちが変わらないように3か月間限定でT氏に私の監督とお手伝いを頼んだ。それはそれとして、仕事の合間のバーチャル・トリップ、脳内旅行。今回は、アメリカ映画『オンリー・ザ・ブレイブ』(5月8日に鑑賞)。2013年にアメリカのアリゾナ州で発生した巨大山火事に立ち向かった、消防精鋭部隊グラナイト・マウンテン・ホットショットの実話にもとづく映画である。舞台はアリゾナ州プレスコット(Pre...本や映画でカミサンポ:アリゾナ州プレスコットで奇岩を撮影

  • 本や映画でカミサンポ:『Shoe Dog 靴にすべてを。ナイキを創った男』で、オレゴン州からカナダ・カルガリーまで

    ピークが過ぎて届いた「アベノマスク」、いまだ申込用紙さえこない「10万円」。政府の対応のまずさには呆れました。しかし、爆発的な感染が起こらずに非常事態宣言を解除できたのは、長い歴史の中で培った日本人の気質によるもの、近頃珍しく誇りに思った。そんな「日本人であることを誇りに思う物語」が隠されているのが、『ShoeDog靴にすべてを。世界最高のブランドナイキを創った男』(フィル・ナイト著、大田黒奉之訳、東洋経済)である。タイトル通り、ナイキの創業者フィル・ナイトの自伝である。「ShoeDog」とは、靴の製造、販売、購入、デザインなどすべてに身を捧げている人間のこと。靴の商売に長く関わり懸命に身を捧げ、靴以外のことを何も考えず、何も話さない。そんな人間のことである。この物語には日本の靴メーカーの「オニツカ」と商社の「...本や映画でカミサンポ:『ShoeDog靴にすべてを。ナイキを創った男』で、オレゴン州からカナダ・カルガリーまで

  • 本や映画でカミサンポ:『スポットライト 世紀のスクープ』でマサチューセッツ州ボストンへ

    新型コロナで外出自粛。4月1日から今日までに見た映画は28本、この他に『ColdCase』(米国版)のシーズン1の23エピソードとシーズン2のエピソード6までを見た。漫画家になった息子が自己紹介で「映画好きな父の影響を受けて」と書いていたが、「ほんまや」。見た映画はB級映画が中心、「A級」は、『スポットライト世紀のスクープ』(原題:Spotlight、監督:トム・マッカーシー)。舞台はマサチューセッツ州のボストン。2003年にピューリッツァー賞を受賞した『ボストン・グローブ』紙のカソリック司祭による少年への性的虐待に関する報道を描いたもの。新聞社内のシーン市内の中心にある公園ボストンコモン報道後、約1000人の犠牲者と249人の加害者が見つかっている。隠蔽行為を行った枢機卿は辞任するも、ローマの大教会に栄転。闇...本や映画でカミサンポ:『スポットライト世紀のスクープ』でマサチューセッツ州ボストンへ

  • 本や映画でカミサンポ:『黄金州の殺人鬼』でカリフォルニア州サクラメント~アーバインまで

    という訳で、3月の『宮崎でカミサンポ』でリアルな旅行は終了。安倍昭恵さんでなくとも「行くところがない」。週2日から3日の在宅勤務の残りが品川区大崎での勤務。その帰りに五反田まで歩く、大崎周辺を歩くというのが唯一の小(コ)トリップ。外出ができないので、もっぱらサスペンスを中心にした読書と映画三昧の休日の日々。そしてそれらの本や映画に触発されたバーチャルトリップ。例えば、『黄金州の殺人鬼』(ミッシェル・マクナマラ著、村井理子訳、亜紀書房)。1970年から80年代にかけてカリフォルニア州で起きたアメリカ史上最も凶暴な連続殺人鬼を10年にわたり追い続けたもので(少なくとも12人を殺害、50人をレイプ、100件以上の強盗)、この本の出版から二か月後の2018年4月に犯人は逮捕された。つまり、つい最近まで未解決であった事件...本や映画でカミサンポ:『黄金州の殺人鬼』でカリフォルニア州サクラメント~アーバインまで

  • 宮崎でカミサンポ:高千穂やめて高千穂に。

    3月21日の予定は、高千穂渓谷に行く予定であったが、同地域で宮崎県最初の新型コロナ感染者が出たとのニュースがあり、そこに東京から行くと非難轟轟かなと思いカミさんに相談。カミさん曰く、「私は最初から行きたくなかった。牧場に行きたい」と言われ、「えー、そうなの」と私。カミさんがネットで検索し、牧場を探してきた。その名は「高千穂牧場」。やっぱり高千穂じゃん。よく調べると高千穂渓谷ではなく霧島連山の高千穂峰から名前を取ったらしい霧島神社近くの牧場であった。宮崎から約1時間半のドライブである。その前に、朝食。我が町調布にあるKona'sCoffeeの姉妹店があるというので行ってみた。何故、Kona'sかって?本当に行きたいのはアメリカ。少しアメリカ気分を味わいたかったから。さて、吉幾三。高速に乗ると東京では考えられないス...宮崎でカミサンポ:高千穂やめて高千穂に。

  • 宮崎でカミサンポ:なんで寺が少ないか。でも、なんでモアイ像かな。

    宮崎旅行の計画を立てているときに、観光名所にお寺が入っていないことに気が付いた。九州全部で見ても観光名所となるお寺は少ない。じゃらんnet「九州の神社・神宮・寺院ランキング」によると、ベスト10は、1.鵜戸神宮、2.大宰府天満宮、3.霧島神社、4.宇佐神宮、5.青島神社、6.宮地嶽神社、7.櫛田神社、8.如意輪寺(かえる寺)、9.阿蘇神社、10.天岩戸神社で8位に如意輪寺が入るだけであり、20位まで見ても19位に南蔵院が加わるのみ。文化庁の宗教統計調査によると、寺院数が最も多いのは、愛知で4605、以下、大阪、兵庫、滋賀、京都と続く。寺院が少ない県は、沖縄、宮崎、高知、鳥取、青森の順。南九州や四国、北東北は少ない。宮崎、高知などでは、明治時代に廃仏稀釈(はいぶつきしゃく)が徹底的に実施され、多くの寺院が破壊され...宮崎でカミサンポ:なんで寺が少ないか。でも、なんでモアイ像かな。

  • 宮崎でカミサンポ:青島だぁ!

    緊急事態宣言が出て4週間目、都道府県間の移動自粛要請もあり、新幹線や高速道路はガラガラ、飛行機はとっくに飛んでいない。海外旅行に行けるのはいつになるのだろう。海外もののTVドラマや映画などで気を紛らわしている毎日である。さて。宮崎旅行に戻る。安倍昭恵夫人に遅れること一週間、宮崎最初の朝は、レンタカーを借りるとこから始動。沖縄のときのように待たされることもなく、あっという間に乗車。本日の予定は写真のメモの通り。大雑把なもの。矢印下の数字は距離。もちろんキロメータ。青島(あおしま、チンタオではありません)は、宮崎市内から30分程度。土産物屋の駐車場に駐車。500円。この橋の向こうが「青島だぁ」。「青島だぁ」は、放送作家で都知事であった青島幸雄のセリフ。歌も出していた。タイトルは勿論、「青島だぁ」。青島といえば、「鬼...宮崎でカミサンポ:青島だぁ!

  • 宮崎でカミサンポ:「昭恵夫人の旅行」への非難で出しにくくなったが、唯一訪れたことのなかった宮崎へ。

    安倍首相の奥様、「昭恵夫人の旅行」が非難を浴びていますが、私も同じころ宮崎へ。「コロナで予定がなくなたのでどこかへ行こうと思っていた」と昭恵夫人。「コロナだから絶対、すいている」と私。カミさんは、かなり渋りましたが、同行を平に平にお願いし一緒にGo。実は宮崎は、47都道府県中、唯一、私が一歩も足を踏み入れてたことのない県でした。宮崎で頭に浮かぶのは、デュークエイセスの「フェニックス・ハネムーン」という曲。1967年にリリースされた永六輔作詞、中村八大作曲の名曲で、ご当地ソングのはしりと言われている。昭和中期の新婚旅行の一番人気は、宮崎だったらしい。私の頭の中にあるのは、1976年の再リリースバージョンだと思う。もう一つ、頭に浮かんだのは、宮崎牛。めざましテレビのクイズで当たり、ステーキ用の宮崎牛4枚入りが桐の箱...宮崎でカミサンポ:「昭恵夫人の旅行」への非難で出しにくくなったが、唯一訪れたことのなかった宮崎へ。

  • 沖縄でカミサンポ:最終日は首里城とアウトレット<新型コロナの影響で、旅行の可能性ゼロ。それにしても空しい今日この頃ではないですか>

    新型コロナの影響で今年、海外旅行に行ける可能性は、限りなくゼロ。5月の連休後にフィリピン旅行のチケットを予約してあるが、フィリピン政府が日本人の入国を許可しないだろうし、それ以前に飛行機がキャンセルになるであろう。実現性のない旅行の計画を練っても、魂が入らない。空しい日々だ。と仕事の合間に、思ったりして。さて、沖縄旅行報告も最終日。当初の予定では、海中道路を通って平安座島、宮城島、伊計島を巡り、勝連城跡を訪問する予定だったが、カミさんのご希望もあり、首里城とアウトレットに変更になった。まあ、ええか。出発前に食べていない沖縄料理を食べようということで、買い物で時間をつぶして、11時にホテルの前の沖縄料理店に入店。客は我々、二人だけ。店員さんの顔に「早すぎるよお客さん」と書いてある気がした。チャンプルの定食と海ブド...沖縄でカミサンポ:最終日は首里城とアウトレット<新型コロナの影響で、旅行の可能性ゼロ。それにしても空しい今日この頃ではないですか>

  • 沖縄でカミサンポ:本土とは大分、異なる沖縄の城づくり

    「沖縄でカミサンポ」を最初から読んでいない方は、「コロナ騒ぎのこの時期に旅行なんかするんじゃない」「迷惑をかけるな」ということになるかもしれませんが、実際に行ったのは2月22日から24日の三日間、今ほど大騒ぎにはなっていない時期で、クルーズ船の乗客の感染が大問題になっている時期でした。とは言え、旅行好きにはつらい時期が続くね。さて、沖縄・許田の道の駅、果物からお菓子、肉まで品揃えが豊富。カミさんが店員さんと話し込んだこともあり、1時間近く滞在。カミさんは、まったくその日のスケジュールを気にしない人なので困ったもの。キレイな建物は情報館でなにもなし、このごちゃごちゃ感のある方が、道の駅。黒砂糖の試供品を食べ過ぎて血糖値が上がったに違いない。食べたことのない果物もいろいろ。続いて名護を経由して、海岸線をドライブ。瀬...沖縄でカミサンポ:本土とは大分、異なる沖縄の城づくり

  • ルソン島をロック・ダウンしたフィリピンの現状調査‐フィリピン行きは、ますます遠くなり。

    フィリピンは初めてという知人のS氏を案内する予定であった昨年10月の旅行は大型台風の襲来で流れ、今年1月に再計画した旅行は、マニラ南のタガイタイの火山噴火でお流れに。5月後半に再々チャンレンジだが、コロナ感染で大騒ぎの今、果たして渡航できるのか。「フレンドシップクラブ便り2020.3.27」から現地情報を拾ってみた。<>内は私のコメント。*****************************************************************************************〇怒り!!ウイルス禍ルソン島全島閉鎖日本大使館休館フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館13月16日のフィリピン政府による「ルソン地域全域へのコミュニティー隔離措置(Enh...ルソン島をロック・ダウンしたフィリピンの現状調査‐フィリピン行きは、ますます遠くなり。

  • 沖縄でカミサンポ:予約したレンタカーを借りるのに1時間待ち!!

    本日は、レンタカーを借りて、高速で北に行き、許田の道の駅に寄り、名護から瀬底島などの島巡りをしながら、今帰仁(なきじん(読めないな))城跡などをめぐり、那覇に戻って夕食というプラン。では、出発。レンタカー会社は、県庁近く。ホテルから国際通りを端まで歩くことになる。朝9時だというのに、土産物屋はすでに開店。観光客も結構あるいている。コロナがなければもっとすごい人出なんでしょうね。さて、レンタカー会社に到着。名前を書いて順番待ち。予約しているのに。事務所の外にも人があふれている。20台くらい車が足りず、他の営業所から車を回してもらうよう手配中とのこと。原因は、予約していない客が沢山来た!?車を返さない客が沢山いた!!?いや、どうもこの対応はおかしい。怒鳴りこみそうな客は一人いたが、沖縄らしくのんびり、ゆったりと1時...沖縄でカミサンポ:予約したレンタカーを借りるのに1時間待ち!!

  • 沖縄でカミサンポ:国際通りを初めて歩く

    栄市場「ひいき屋」の貝料理で満腹・満足。まだ、日が高いし、せっかくの沖縄旅行、国際通りに戻ってカミサンポ。ここが牧志側の交際通りの入り口。ここから一直線1.6km続くとのこと。国際通りに入ると、店構えも沖縄に雰囲気を保ちつつ、どことなく洗練されてくる。それと60年代のアメリカ。返還前のアメリカの影響か。MARUTAKAという沖縄楽器の店の前で三線(サンシン)奏でる女性、沖縄らしい美人(写真はなし)。国際通りおよび公設市場に向かう平和通に並ぶ土産物店はかなり個性的な店もあった。裏通りは地元の匂いがする。さて、ホテル前に戻り、明日はレンタカーで北の小さな島をめぐる。沖縄でカミサンポ:国際通りを初めて歩く

  • 沖縄でカミサンポ - 栄町市場で貝料理、海外に行けなくて残念貝!

    コロナウイルス感染が発症した沖縄は、狭い地域でのことであり、さぞ大騒ぎになっているかと思いきや全くそのような動きはなかった。消毒用のアルコールを置いてある店は皆無。今日に至っても感染が拡大したという話はないね。やはり温湿度が高いとウイルスは活発でなくなるのかも。さて、那覇到着後の最初のターゲットは栄町市場の貝料理だ。栄町市場は牧志のホテルから徒歩で10分程度。とはいえ、途中のスーパーに寄ったりしたので30分以上かかってしまった。スーパーには沖縄ならではの総菜も。ウムクジ天ぷらもその一つ。ちょっと買って食べたかったが、貝料理が待っているので次回に!栄町市場は人影の少ないアメ横といった感じ。飲食店、衣料品店、食料品店などが軒を並べる。色使いがいいね。ガムテープで貼り付けてあるのもいいんじゃない。横向きに表示されてい...沖縄でカミサンポ-栄町市場で貝料理、海外に行けなくて残念貝!

カテゴリー一覧
商用