chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー https://blog.goo.ne.jp/idllongstay

旅行は脳の刺激になりボケ防止に大変有効。60歳を過ぎて時間のある今、長期の旅行に挑戦しましょう。

齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/11/09

arrow_drop_down
  • 長男と合同誕生日。米国のポットラックパーティを思い出し・・・・・

    先週の日曜日は長男と私の合同誕生日。当初、外食も考えたが米国赴任時に楽しんだポットラックパーティ(potluckparty料理持ち寄りパーティ)のように一品ずつ持ち寄るのもよいかなと・・・・・長男夫婦がステーキ、次男が日本酒を持ち寄り、我が家でランチ。ちなみに酒が飲めるのは、私と長男の嫁さんだけ。なんだかんだで夕方まで話が弾んだ。さて、「サンフランシスコ~北カリフォルニア~オレゴン州ポートランド~ワシントン州シアトル旅行」の続き。先週、お知らせしたとおりカミさんのご要望により「LA~サンタバーバラ~サンフランシスコ~北カリフォルニア~オレゴン州ポートランド~ワシントン州シアトル旅行」に変更。こうなると「1号線で海岸線をゆっくり北上」とはいかない。最終的には、かなり途中を端折り、拠点拠点を楽しむことになるが...長男と合同誕生日。米国のポットラックパーティを思い出し・・・・・

  • 早朝のビル街に漂う草木の匂い。アメリカでキャンプだ~~!

    正月早々、徹夜で仕事。始発に乗ろうと朝5時にビルを出ると草木の匂い。いつもの生活感のある匂いとは異なる。米国のキャンプ場で早起きした時の草木の匂いを思い出した。計画中の米国旅行にキャンプを加えてもいい。キャンプ道具を持参するのは面倒だが、最近のキャンプ場はキャビンを備えているところも多い。ホテルより安いし・・・・・という訳で、「サンフランシスコ~北カリフォルニア~オレゴン州ポートランド~ワシントン州シアトル旅行」の続き。でしたが、カミさんがBSの街歩き番組でサンタバーバラを見て、「行きた~い」ということになった。スペイン風の美しい街並み。ちょっと行きたい気もする。<サンタバーバラの中心街>LAから入るなら行きたいけど行けていないLAのスポットもこの際行っておこうと3か所をピックアップ。1.LACounty...早朝のビル街に漂う草木の匂い。アメリカでキャンプだ~~!

  • 誕生日のプレゼントとサンフランシスコ

    1月は長男と私の誕生日。日が近いのでいつも合同誕生日となる。19日が私の誕生日。ユーミンや宇多田ヒカルと同じだが、音楽の才能はゼロ。ウド鈴木や中川家・礼二の同じだが笑いのセンスもない。さて、カミさんから「プレゼントは何がいい」と聞かれて「特にないな」と思いつつ、買いたいけど自分で買う決断ができないものは(私は飲食と旅行にお金を使うがそれ以外はケチ)?と考えた・・・・・・・あまり高いものにするとカミさんの誕生日に同じかそれ以上の金額のものをおねだりされる・・・ということで「プラレール」を買ってもらった。2022年限定生産の「プラレールベストセレクションセット」と「ベーシックレールセット」、それに「ドクターイエロー」を付けて1万円弱。年が明けて少し安くなったようだ。早速、組み立て、出発進行!いいね。大崎のビル...誕生日のプレゼントとサンフランシスコ

  • 年末年始の過ごし方が変わったね。今年の旅行はやはり米国西海岸!?

    明けましておめでとうございます。今回、年末年始の過ごし方がすっかり変わってしまったと改めて思いました。見たいテレビ番組は全くなし。息子たちとABEMAやYOUTUBEでワールドカップの感動的なシーンを見たり、NETFLIXやAmazonPrime等で映画鑑賞。1人のときは、小津安二郎の「東京物語」「麦秋」「晩春」でゆったりとした時間の流れに浸り、60年代の高度成長期に入る頃の日本の映画、例えば「いつでも夢を」「二人の銀座」などを見ては時代の息吹を感じ取りました。さて、旅行の話。昨年のカナダ旅行は、コロナ対応で帰国時の検査やMySOSの準備・入力など気疲れしましたが、今年はもう少し気楽に行けそうですね。気楽に楽しむためには、行き慣れている米国西海岸が良いかもしれません。SanDiegoとそのすぐ南のメキシコ...年末年始の過ごし方が変わったね。今年の旅行はやはり米国西海岸!?

  • 今年もいろいろありました。来年はもっと気楽に旅行ができればいいね。皆様、良いお年を!

    自分のことだけでもいろいろあった2022年。今年の出来事を四半期ごとにまとめると、・第一四半期:前年末で仕事を辞め妹夫婦と共に母の介護、そして見送り。・第二四半期:遺品整理、そして仏壇を我が家に移動。函館へ旅行。食べ放題のイクラを食べ過ぎて胸やけに。・第三四半期:コロナ対応に神経を使いながらカナダ旅行、今までで最も精神的に疲れた旅行。営業活動本格化、博多へ旅行。・第四四半期:新規顧客獲得と業務再開。英語力アップのためにDMM英会話開始。ということで張り切って仕事を再開したが、契約先の会社が失注。下請けの私、来年6月で今の仕事はなくなることになった。外資系相手の仕事なのでよくあること。来年も変化を楽しむことにしよう。健康でやる気を失わない限り仕事はなんぼでもある!金を貯めて、アメリカの砂漠を気楽に突っ走ろう...今年もいろいろありました。来年はもっと気楽に旅行ができればいいね。皆様、良いお年を!

  • 3年前のコロナ前の記事:『次の海外旅行まで、国内旅行とカミサンポ - 「ラスト・クリスマス」に触発されて』

    今日はクリスマスイヴ。下記はコロナ前の2019年の12月15日の記事。あれから3年、何が変わって、何が変わらなかったのか。宮崎は行けたけど、海外旅行は中止に。そして今年、ようやくカナダへ行けた。***********************************************************************************************************************秋の海外旅行が終わると、南半球に行く予定がない限り、しばらくは国内旅行と週末のカミサンポ(カミさんと散歩)になる。ちなみに今日は南大沢で映画「ラスト・クリスマス」を見たあとで、アウトレットへ行き、カミさんはショッピング、私はTully'sで仕事。だいたいいつもこのパターン。カミさん...3年前のコロナ前の記事:『次の海外旅行まで、国内旅行とカミサンポ-「ラスト・クリスマス」に触発されて』

  • 映画でバーチャル旅行:『カリフォルニア・ダウン』、カリフォルニアの巨大断層が見える!!

    『カリフォルニア・ダウン』(原題:SanAndreas)は、2015年にアメリカ合衆国で公開されたパニック映画。主役のドウェイン・ジョンソンが演じるレイは、ロサンゼルス消防局の腕利きレスキュー隊員でヘリコプターを駆使し救助活動を行っている。妻とは離婚協議中。妻の恋人の会社がサンフランシスコにあり、そこを訪ねた娘が巨大地震に会い・・・・・・映画の主な舞台は、サンフランシスコとパサディナの地震予知を研究するカリフォルニア工科大学。ローランド・エメリッヒ監督のパニック映画『2012』の小型版といったところ。CGは十分楽しましてくれるがストーリーが「平凡パンチ」(知らないか?)。原題の“SanAndreas”はカリフォルニア州を南北に縦走するサンアンドレアス断層。実際には複数の断層群からなっており、サンアンドレア...映画でバーチャル旅行:『カリフォルニア・ダウン』、カリフォルニアの巨大断層が見える!!

  • 映画でバーチャル旅行:『ザリガニの鳴くところ』南部も美しいな

    ss映画でバーチャル旅行:『ザリガニの鳴くところ』南部も美しいな

  • 番外編:英会話を習ってみた!

    11月から始めた仕事では、海外のスタッフとのZoomやTeamsでの会議が多くなっている。相手はシンガポールや香港のスタッフだが、出身地はイギリスや米国の他、インド、パキスタン、タイ、マレーシア、香港等の人も多い。癖のある英語が多く、英語を聞き取るのに苦労している。また、しばらく実務を離れていたせいか、私自身、英語が出てこない。その対策としてDMM英会話を始めてみた。月額6480円で毎日25分、自分の都合の良い時間に、自分が選んだ講師と話ができる。ネイティブの講師の場合は、+アルファの費用が必要なようですが、私の場合はネイティブではない講師が必要。この二週間だけでもバングラディッシュ、フィリピン、レソト、ジャマイカ、セルビア、カメルーン、ベリーズ、ネパールの講師と話ができた。「ベリーズってどこ?」。地図や...番外編:英会話を習ってみた!

  • 映画でバーチャル旅行:NYが舞台の映画といえば・・・・・私の場合は・・・・・

    Netflixでトム・ハンクス、メグ・ライアン主演の映画「ユー・ガット・メール」を見ていたら急にNYが恋しくなった。クリスマスが近いせいか?NYでは大きなビルばかりが目に入ったが、映画にでてきたような小さな本屋やレストランがある通りはどの当たりなのだろうか。それでも美術館の屋上からセントラルパークを初めて見たときは感慨深かった。小田原の田舎からよくここまで来れた!映画「タクシー・ドライバー」では、ベトナム戦争帰りのトラビス(ロバート・デニー)が夜のマンハッタンを流し、売春婦アイリス(ジョディ・フォスター、当時13歳)に遭遇。この映画が公開されたのは1976年。当時のNYはこんな感じだったんだ。なんかトラビスになった気持ちで夜の歌舞伎町を東新宿から歩いてみた。ラブホテル街、大きな看板を掲げるホストクラブ、デ...映画でバーチャル旅行:NYが舞台の映画といえば・・・・・私の場合は・・・・・

  • 番外編:ある外資系企業での安全教育 - 「殺されそうになったときの対応は」

    11月1日から外資系新規顧客での仕事が始まった。メールアドレスが発行された今、最初にやらねばならないことの一つがトレーニング。新入社員教育のようなもので、私のような協力会社の者も対象となる。例えば、機密情報・個人情報の管理、接待やギフトに関する規則、安全教育など。トレーニングはすべてWebで行い、空いている時間に実施。修了までの期限は切られている。今回、印象に残ったのは安全教育。技術系の職種なので安全教育といえば、「脚立を使う作業は2人で!」とか「電気がきていないことを確認して作業」とか分かり切ったものと思っていたが・・・・・・・職場等で「襲撃」にあったり、拉致されたり、殺されそうになったときの対処方であった。全部をお見せすることはできないが参考までに数点。<監禁されたときの対処法><警察がきたときの対処...番外編:ある外資系企業での安全教育-「殺されそうになったときの対応は」

  • 映画でバーチャル旅行:「グレイス&フランキー(Grace & Frankie)」でサンディエゴ

    先週紹介した「ヴァージン・リバー」に加え、「英会話のお勉強」の一環として見ているのがコメディドラマ「グレイス&フランキー」(Netflix)。舞台は南カリフォルニアのサンディエゴ近郊。40年以上連れ添った2組の老夫婦が離婚。その原因は、夫同士ができてしまったため。つまりゲイのカップル。それでも子供たちも含め、元夫婦が何やかやと関わっていく。セックスに関する話など「大人の会話」が多いので、高校生以上の方にお薦め。すでに7シーズン出ており、Netflixの長寿番組だとか。私は、まだ、シーズン1の13エピソードしか見ていないが、「ヴァージン・リバー」同様、お年寄りが多いので、会話のスピードが遅く聴き取りやすいが、それでも字幕を見ないと分からないところもある。主演は、こちらの4人。超ベテラン。グレイス役のご存知ジ...映画でバーチャル旅行:「グレイス&フランキー(Grace&Frankie)」でサンディエゴ

  • 映画でバーチャル旅行:「ヴァージンリバー(Virgin River)」で北カリフォルニアへ

    昨年12月に仕事を辞め、短い期間ながらも妹と母の介護をして父の元に見送り、4月からぼちぼち仕事再開の準備をしながら、カナダ、函館、博多と旅行。いよいよこの11月1日からフルタイムで週5日働くことになった。その年で?といわれそうだが、実は調布市内の簡単な仕事を探したが採用されず、いや、相手にされず、実際、10戦全敗、うち面接まで進んだのは2件のみ。そりゃそうだよ。もうすぐ70歳のおっさんを取る会社があるはずがない。結局、自ら営業して、過去10年の経験を活かし、フルタイムの重い仕事に就くことになった。でもありがたい、頭をフル回転させて頑張ろう。前頭葉を刺激し続ければ、ボケずに健康でいられる。さて、仕事を辞めてからは、Netflix、hulu、AmazonPrimeで映画をよく見た。特に、この一カ月は、英語力を...映画でバーチャル旅行:「ヴァージンリバー(VirginRiver)」で北カリフォルニアへ

  • カナダ旅行反省会 - 来年の旅行に向けて

    今回のカナダ旅行は、本年7月6日から7月19日に実施。日本の水際対策が緩和されていない時期であったため、カナダへの入国手続きの準備、帰国時のPCR検査の予約・実施など、事前の調査・準備に時間を要した。また、ストレスも多かった。コロナ絡みを除いても、今後の旅行に向けて考慮しなければならない点がいくつかある。1.物価まず、食事。最近TVでも報じられているようにラーメンの値段が日本の3倍。ラーメンでなくともファスト・フードも15ドル/食くらいと思った方がよい。対策:①地元のスーパーで食材を買い、ホテルで調理。②ホテルの朝食をがっちり食べて、昼・夜は軽めに。③日本から即席ラーメンなどを持参。次にホテル。いわゆるビジネスホテルクラスで、日本の2倍(150ドル~)の価格。バンクーバーなどの観光地は、3万円/泊以上。安...カナダ旅行反省会-来年の旅行に向けて

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - バンクーバー・4日目、実質最終日はグランビル・アイランドで

    ようやく最近になってマスコミが、日本と海外との賃金格差の問題を取り上げるようになり、一昨日も「日本人の出稼ぎ」のニュースが放送されていた。海外でたくさん稼いで、円安の日本へ送金。日本で働くよりも貯金ができる。でも、問題は、逆に日本に出稼ぎに来なくなること。例えば、フィリピンの人々。もともと英語が堪能なので英語で仕事ができ賃金の高いカナダやイギリスに行ってしまう。しかもドル高で本国への送金金額も増える。実際、もうこの現象は起きている。日本の介護、看護、ITの現場は、今以上に人手不足になる。・・・・・・・ボヤキはこのくらいにして、カナダ旅行の実質的な最終日。カミさんのご要望もあり二度目のグランビル・アイランド訪問となった。ホリデイインの前の道を南に進む。旨そうな寿司を売っていたので思わず買ってしまった。10時...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-バンクーバー・4日目、実質最終日はグランビル・アイランドで

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - バンクーバー・3日目、雨が降って寒~~い

    旅行の楽しみの一つに地元の市場がある。地元の新鮮な野菜や果物などが並べられている。本日の最初の訪問は、ネルソン公園(NelsonPark)横のComoxStreetで毎週土曜日に開かれるWestEndFarmer'sMarket。観光市場ではなく、地元の人が新鮮な野菜などを求めてやってきていた。キッチンなしのホテルでは買っても仕方ないが、オリーブがたっぷり乗ったパンは旨かった(残念ながら写真ナシ)。この辺りからスタンレーパークまでの間は、富裕層が住んでいるらしく、緑が多く安心して歩ける。ロビンソン通り(RobinsonSt.)近くのパン屋「BREKA」で朝食。客層も裕福な感じ。日本人の女性2名が働いていた。ロビンソン通りに出てスタンレーパーク方面に向かうと、日本人や韓国人向けのスーパーや飲食店が増えてくる...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-バンクーバー・3日目、雨が降って寒~~い

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - バンクーバー・2日目、PCR検査前にJAPADOG

    10月11日から日本の水際対策が変更になり、入国者数の上限が撤廃され、個人旅行とビザなし渡航が解禁になる。海外旅行に行きやすくなり、また、海外の旅行客が日本を訪れやすくなる。特に韓国からの旅行客が増えるとの予想。韓国ウオンとに日本円のレートも米ドル-円ほど変化していないので、日本からも行きやすそうだ。行っちゃお!!一番のお客さん、中国人旅行客はどうか。中国はゼロコロナ対策を取っていたため、コロナに対する免疫力が少ないと考えられ、中国人が日本に来て日本人や他の外国人と接するのにはリスクがありそうだ。習近平主席の再任が決まって安定するまでは、海外への渡航を制限するのではないだろうか。さて、このカナダ旅行は7月の話。PCR検査がバッチリあった。という訳で、バンクーバー・2日目は、午前中、空港のクリニックでPCR...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-バンクーバー・2日目、PCR検査前にJAPADOG

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - バンクーバーに移動。グランビル・アイランドでビール。

    いよいよ旅も終盤。カルガリーからバンクーバーに移動し、ホテルにチェックインした後、グランビル・アイランドに向かう、これが本日の予定。さようならカルガリー。「STAMPEDE」開催期間中にも関わらず、全く参加せず。「お祭り騒ぎが嫌い」という私のひねくれた性格のせいだ。カルガリーからバンクーバーへの飛行機は、カナディアンロッキーを横断。実に美しい眺め。にも拘わらず、窓側の席を譲ってくれないカミさんは熟睡。長い老後を考え、文句は言わないことにする。カルガリーの空港では、予約してあるPCR検査場(空港のフェアモントホテルにあるBonVoyageMedical)を下見。実際の検査は翌日。この旅行は7月に実施。ご存知のとおり、先月、日本帰国時のPCR検査は不要となった。良かったね。残る問題は、物価高。日本人の所得が伸...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-バンクーバーに移動。グランビル・アイランドでビール。

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - カルガリーに5泊、四日目(火)はユニークなモールへ

    まずは、朝食。ワッフルを焼いて蜂蜜をかけ、ナッツをトッピング。ワッフルを焼く匂いがいい。こういうもの食べていると太ると思われがちだが、二週間の滞在で約2キロ痩せた。コメを食べないと痩せる体質。エドモントンの巨大モールで見たのはカミさんの靴とアイスホッケーの試合。買いたいものがない。正直、米国やカナダのモールやアウトレットはどこにいっても同じ。日本も同じ傾向。飽きた!んですが、いろいろ調べてユニークなモール、正確にはアウトレットがあったので行ってみた。それはカルガリーの町を北に抜けたところにあるクロス・アイアン・ミルズ(CrossIronMills)。バスプロ(BassPro)というアウトドア用品店を基幹店にした作り。とにかくその内装にたまげた。キャンプ用品から釣り道具、ボート、狩猟用の銃、迷彩服などなどす...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-カルガリーに5泊、四日目(火)はユニークなモールへ

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - カルガリーに5泊、三日目(火)はバッドランド、恐竜の化石の宝庫

    カルガリー三日目は、そもそもここに来ることになったバッドランド、恐竜の化石の宝庫。バッドランドにある町、ドラムヘラー(Drumheller)までは、一般道で約140キロ。途中、立ち寄るような町はなく、牧草地帯をひたすら走る。ときどき広大な菜の花畑が現れ、単調な運転に変化を与えてくれる。ドラムヘラーの町の入り口には、早速、恐竜の案内板があり、フィリピン人の家族が写真撮影中。町の中も恐竜のオブジェだらけ。恐竜様様の町なのだ。これは、この町のアイコン的な世界で一番大きい恐竜のオブジェ(と呼んでおこう)。5ドル払うと中に入り恐竜の口から外を見渡せる。一番の見どころは、恐竜の化石の展示で世界的に有名なRoyalTyrrellMuseum。なんとか博物館横の駐車場に駐車。混んでいるときは、1キロほど離れたところの駐車...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-カルガリーに5泊、三日目(火)はバッドランド、恐竜の化石の宝庫

  • ロングステイは遠くなりにけり - 国の力が衰えるのは悲しいね

    老後は英語が通じるフィリピンで年金暮らしと思っていましたが、そうもいかないようで。物価も高くなり、それに円安も重なり、・・・・・・・以下は、フレンドシップクラブ便り2022.9.16(腐敗と怠惰の温床最貧世帯現金給付事業)からの抜粋。〇リタイアメントビザ解約進む日本人取得者の解約が進んでいる。私の友人2組も解約手続きをする。高齢化、フィリピンの魅力薄れるが理由。マニラのエージェントの話では、最近の仕事は解約ばかり。理由はやはりコロナ。行き来が制限されただけでなく、非常時の海外生活の危険がわかった。コロナ情報が流れてくるが英語、タガログなのでほとんど分からない。バランガイ(最小自治区)単位の規制、ロックダウンなど、皆目わからない。病院が外国人の発熱患者は診察しないとのうわさが流れる。陽性患者は隔離、どこに連...ロングステイは遠くなりにけり-国の力が衰えるのは悲しいね

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - カルガリーに5泊、二日目(月)はバンフ

    面倒な帰国時のPCR検査がなくなりバンザーイ!!しかし、円安と高くなるサーチャージ。ウーン!!カルガリー2日目はバンフ。夏休み中とはいえ、月曜なら少しは人出は少ないであろうという読み。先ずは朝ごはん!いつも思うがオムレツは今一。それでも滞在中一度は食べる。ポテトはサツマイモのように甘みがあった。カルガリーからバンフまでは、約130キロ。1時間半強といったところ。天気の良好。カルガリーの郊外に出ると、遠くに壁のように連なる灰色のロッキー山脈の山々が見えてくる。前回はバンクーバー方面から車できたので、森の連続。いやー、この眺めは初めてだ。残念ながら写真はなし。バンクーバー国立公園は、国立公園の中では唯一入場無料と何かで読んだ気がしたが、しっかり取るじゃん!!駐車場はバンフ駅横。事前調査によると無料とのこと。た...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-カルガリーに5泊、二日目(月)はバンフ

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - カルガリーに5泊、初日は動物園&ダウンタウン

    前回のブログでは、カナディアン・ロッキーを縦断して、カルガリーに到着。ここに5泊したのちバンク―バーへ移動という日程。カルガリーでの予定は、次のとおり。①カルガリー動物園(カミさんの強い要望)&ダウンタウン⇒家族連れで賑わう日曜日に。②バンフでショッピング⇒混んでいる日曜日は避け、月曜日以降に。駐車場探しも楽なはず。③バッドランド⇒そもそもカリガリーに来た目的は、ここ。恐竜の化石を存分に楽しみたい。④モール&アウトレット⇒アルバータ州はコロンビア州よりも消費税が安いので高い買い物は今のうち。以上を天候も考慮しながら実行。ちなみに、カルガリーではカウボーイ・カウガールのロディオ祭りStampedeが開催されていただ、今一、雰囲気に乗れず不参加。まずは、ホテルStaybrigeの朝食。このカリカリベーコンが旨...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-カルガリーに5泊、初日は動物園&ダウンタウン

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - カナディアンロッキー縦断

    朗報:海外で現地出国前72時間以内に行う必要があったPCR検査が9月7日午前0時から不要になるとのこと。具体的には、搭乗する航空機の到着予定時刻が、9月7日午前0時(日本時間)以降の入国者が新たな措置の対象とのこと。これで「渡航先で陽性になったらどうしよう」という心配がなくなる。もう少しの我慢!!***********************************************************************************************************************さて、いよいよカナディアンロッキー。ヒントンからジャスパー、南下してバンフ、そして次の宿泊地カルガリーまでの約500キロのドライブ。ヒントンの町を出発すると周りは森、森、森の連続...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-カナディアンロッキー縦断

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - エルク・アイランド国立公園 & ヒントン

    2日目の深夜、安倍元首相が銃弾に倒れたとの速報が流れた。このような亡くなり方をするとは・・・・・ご冥福をお祈りする。ちなみに、この晩のカナダのトップニュースは、英国ジョンソン首相辞任の続報とカルガリーで翌日(7月8日)から始まるカウボーイ・カウガールのお祭りStampede。さて、3日目のスケジュールは、エルク・アイランド国立公園(ElkIslandNationalPark)訪問とジャスパー国立公園の手前にある町、ヒントン(Hinton)までの移動。計約400キロ。まずは、ホテル(HolidayInnExpress)で朝食。このシナモンロールがこのホテル系列の売り。シナボン(Sinnabon)のシナモンロールよりもシナモンが効いている。エドモントンの東約50キロのところにあるエルク・アイランド国立公園は、...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-エルク・アイランド国立公園&ヒントン

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - エドモントンの巨大ショッピングモール

    エドモントンは、アルバータ州の州都で、ノースサスカチュワン川のほとりにある。人口は98万人(2017年)。米国アラスカ州のアンカレッジ(人口29万人)を除くと、この町より北の北米大陸には、北極に至るまで大きな都市はない。ちなみに、イエローナイフは、カナダのノースウエスト準州の州都であるが、人口は約2万人。エドモントンの見どころは、日本の明治村のように昔の街を再現したFortEdmonton、小洒落たレストらやカフェ、歴史的な建物が残るOldStruscona、ノースサスカチュワン川沿いの公園群RiverValley、北米最大級のショッピングモールWestEdmontonShoppingMall、空港近くのPremiumOutletCollectionInternationalAirport。それと約50キ...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-エドモントンの巨大ショッピングモール

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - 成田~バンクーバー~エドモントン

    このところ海外で陽性反応が出てしまい帰国できなくなったという新聞記事やネットニュースが増えています。私自身は、他の国同様、「ワクチン接種証明は必要、PCR検査は不要」と考えていますが、ルールはルール。日本政府が求めている以上、帰国できなくなるリスクがあることを前提に旅行の計画をたててください。*****************************************************************************************さて、いろいろ不安を抱えながら、成田へGO!約3時間前に到着。チェックインカウンター入口の端末でパスポートのスキャンなどを行い、搭乗券と荷物のタグを入手。荷物は基本的にセルフでドロップ。タグは自分で取り付け。とはいえ、初めてなので分からず現場...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-成田~バンクーバー~エドモントン

  • 美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅 - 準備、コロナと円安のリスク

    7月6日から2週間カナダを旅行してきました。成田からエアーカナダでバンクーバーへ行き、国内線に乗り換えてエドモントン。エドモントンに二泊。そこから車でエルクアイランド国立公園を訪問し、ヒントンへ。翌日、ジャスパー国立公園、バンフ国立公園を走り回ってカルガリー。そこに5日滞在した後、国内線でバンクーバーに戻り、4日間、市内散策。PCR検査を受け、陰性が証明され無事帰国。コロナ禍の中、かなり前からアメリカ(候補地は、イエローストーン国立公園などのロッキー山脈北部、マイアミやキーウエストの南部、あるいは、ポートランド・シアトルを中心にした西部)、およびカナダの西部を候補として旅行を計画。カナダを最終的に選んだのは、アジア人へのバッシングがなくアメリカよりも安全、為替レートからも分かるように米国よりも物価が安い、...美食なしカミサンポあり:カナダ、二週間の旅-準備、コロナと円安のリスク

  • 美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅 - 4日目 キャニオンランズ国立公園

    カナダに行ってきました。滞在中、阿部元総理死去の速報がありました。日本ではコロナの感染が急拡大。第7波?と大騒ぎですが、カナダやアメリカでは、コロナ関連のTVニュースはほとんどなし。ちなみに、カナダのコロナ新規感染者数は一日あたり3千人強。人口が38百万人ですので、日本の人口規模でいうと約1万人。飛行機の中と空港以外では、ほとんど誰もマスクせず。もう終わっています。日本はWHOが「風邪と同じ扱いでいいです」というのを待っているのでは。自分で決断できないので混乱!!とういことで、カナダ旅行が実現しましたので、2010年アメリカ西部二週間の旅の掲載は、一旦、今回で終了させていただき、来週からは、カナダ旅行記を始めさせていただきます。事前準備や入出国の話も含め掲載予定今日、ご紹介するのはキャニオンランズ国立公園...美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅-4日目キャニオンランズ国立公園

  • 美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅 - 3日目午後 アーチーズ国立公園

    アーチーズ国立公園は、東京都23区の半分ほどの広さのところに、約2000のアーチがあるそうだ。私が車で回って見たのは、そのうちの1%程度。整備されたトレイルを歩き回ったとしても200見れるか?アーチだけではなく岩が作りだす造形美にうっとりしてしまう。では、写真を少々。<こんな感じのところを進んでいく><遠くに雪山も><アーチの向こう側は?><パステルグリーンの岩も美しい>帰路、急に睡魔が襲い、駐車場で15分仮眠。時差の影響だ。さて、明日は、キャニオンランズ国立公園。ここも長い間、行きたかった国立公園だ。美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅-3日目午後アーチーズ国立公園

  • 美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅 - 3日目午前 モアブへ砂漠を疾走

    さて、ユタの田舎町、サリナに宿泊した翌日、アーチーズ国立公園やキャニオンランズ国立公園の起点になる町、モアブ(Moab)に向かって午前中に移動。午後は、最初の国立公園訪問となるアーチーズ国立公園を訪問、モアブ泊とした。サリナからモアブまでは、約250マイル。グリーンリバー(GreenRiver)までの最初の100マイル(160キロ)は砂漠のみ、町はない。<ここで満タンにしておく>地図帳RoadAtlasは、この区間をScinicLineと表示していないが、私には感動が連続する砂漠のドライブであった。<この景色!><頑張れFEDEX。3両編成は日本では見かけない>グリーンリバーというグリーンリバー沿いの町で昼食。これはレストランからの眺め。そしてモアブに到着。早速、アーチーズ国立公園へGo。詳細は来週。この...美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅-3日目午前モアブへ砂漠を疾走

  • 美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅 - 2日目 ソルトレイクシティ

    ソルトレイクシティは、ご存知、ユタ州の州都にしてモルモン教の総本山となる教会がある町。1984年に訪問したとき、日本に布教活動に行ったことのあるコレットさんという方が対応してくれたことを今でも覚えている。ちなみに、漢字で「小列島」と書くのだとか。コレットさん、40年近く名前を忘れさせない凄い営業力だ。昼前にソルトレイクの空港に到着。近くのロッキー山脈の山々には雪が見える。ショッピングモールが開くのを待って、ランチ。確か、フードコートの中華、パンダ・エクスプレス?そこから車でフリーウェイ70号線を目指して移動。サリナ(Salina)のBestWesternに宿泊。昔ながらの外と直接、ドアで接しているモーテル、かつ、客層もそれなりなので治安が心配になった。さて、翌日からは大好きな砂漠のドライブ!!!!こんな感...美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅-2日目ソルトレイクシティ

  • 美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅 - 1日目 サンフランシスコ

    ご存知のとおりカナが旅行の準備中。日常、PCを使って仕事をしているので、年の割にITリテラシーはある方だと思っていたが、旅行に必要なものはスマホ。スマホにArriveCANというカナダ政府が指定するアプリを入れて、ワクチン接種証明書をアップロード。空港でチェックイン時に提示するとのこと。帰国時もMySOSというアプリをスマホに入れ、陰性証明書をアップロード。これで成田での入国手続きが簡素化できるそうだ。なんでもかんでもスマホだ。そういえばディズニーリゾートもファストパスはスマホ予約だった(今は、優先権を購入するシステムに変更)。という訳で、カナダ旅行の準備として、スマホ活用法を勉強中。さて、今回から2010年の旅行の紹介。2010年は円高で1ドル、80円台になり大騒ぎになった年。それが、今は・・・・・・・...美食ありカミサンポあり:アメリカ西部、二週間の旅-1日目サンフランシスコ

  • 美食ありカミサンポあり:韓国 - 初めての釜山(Busan)

    ご存知のとおりカナダ旅行計画中。コロナ関係の手続きがようやく分かった。カナダに行くときは、陰性証明書は不要。現地到着予定時刻から遡ること72時間以内に、ArriveCANというアプリに、ワクチン接種証明書をアップロードし、必要な手続きが完了した旨の確認画面をスクリーンショットするだけ。成田あるいは羽田でチェックインするときに、このスクリーンショットの提示が必要となる。日本に帰る際は、日本政府の要求で、現地出発時刻から遡ること72時間以内にPCR検査を受け、陰性証明書を入手する必要がある。また、MySOSというアプリにアップロードしておくと、日本到着後の手続きがスムースとか。円安もあり、現地でのPCR検査と証明書発行で約3万円かかる!!それに折角の旅の時間が無駄になる。これもコロナの時期の「思い出」となり、...美食ありカミサンポあり:韓国-初めての釜山(Busan)

  • 美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(5)

    カナダ旅行の準備中だが、面倒なのはやはりコロナがらみの事柄。エアーカナダを利用するが、成田で搭乗時に陰性証明書が必要なのか不明。JALで米国に行く場合は必要で、チュックイン時に提示を求められたとのこと(先日ハワイにいった知人の談。変更はあるかも)。カナダ入国に際しては到着72時間以内にArriveCANというアプリにワクチン接種証明書をアップロードし、承認を得る必要がある。日本へ帰るときは、現地で出発72時間以内にPCR検査を受けて陰性証明書を入手し、搭乗6時間前までにMySOSに陰性証明書とワクチン接種証明書をアップロードしておく必要がある。これは日本政府の要求事項。ツアーの場合は、旅行会社が手配・サポートしてくれるのであろうが、個人旅行の場合はカミさんの分も含めて自分で手配。これも良い思い出になるので...美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(5)

  • 美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(4)

    ただいまカナダ旅行の準備中。航空券は円安前に買ったので、まずまずの金額だが、問題はホテル代。宿泊時に支払うので、円安がこのまま続くともろに影響を受ける。実は、久しぶりの海外旅行なので★星一つ上のホテルを予約していたが、結局、いつものレベルのホテルに戻した。40%の費用削減。それでも日本のビジネスホテルの2倍以上の宿泊費。30年間給料が伸びていない、"デフレを楽しんできた日本人"の悲哀を味わう。さて、セドナの話に戻る。セドナから行く他の見どころと言えば、北に位置するグランド・キャニオンであろうが、もう少し遠出して「化石の森国立公園(PetrifiedForrestNationalPark)」に行ってみた。ここは「巨木の化石」がごろごろしているところで、ルート66の通り道の一部でもある。片道141マイル。2時...美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(4)

  • 美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(3)

    知人のS氏、意気揚々とハワイから帰国。ハワイの空気は違うとのこと。私も「新型コロナワクチン感染症予防接種証明書(VaccinationCertificateofCOVID-19)」を発行してもらい、また、国際運転免許証も入手。準備は整いつつある。ちなみに当該証明書は無料で、パスポートと予防接種済証(一定時間すぎればデータベースに入る模様)を持参すれば30分程度で作成。さて、セドナ旅行に戻る。今日はセドナの町中を紹介。車で回るとしても2日はあった方が良い。Vortex(「渦」の意味)と呼ばれるパワースポットにも行くならもう1日必要。では、写真でご紹介。<まずは、一番感動したモダンデザインの教会と、そこからの眺め><次は町の様子とショップの一部><とにかく赤い山肌が美しい。日本では絶対に見られない景色><最後に食事...美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(3)

  • 美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(2)

    昨晩、知人がハワイに旅立った。スマホで乗った飛行機の現在地を逐次知らせてきて、当人のワクワク感が伝わってきた。羨まし~い。私も3回目のワクチン接種を金曜日に終えた。あとは日本出国時のPCR検査とカナダから帰る時の現地でのPCR検査の手配だ。早くPCR検査なしで入出国できるようにならないものだろうか。カナダ政府はそれを求めておらず、日本政府の要求事項でありる。水際対策のずさんさで批判されたので、逆に緩めにくくなっているのであろう。さて、2009年のアリゾナ州セドナ旅行の続き。フェニックスで2泊した後、いよいよセドナへ移動。フリーウェイ17号線を北上すれば2時間くらいだが、そこは裏街道(Byway)好きの私。素直には向かわない。フリーウェイを1時間ほど走った後、69号線の田舎道をプレスコット(Prescott)に向...美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(2)

  • 美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(1)

    このゴールデンウィークから海外旅行に行く人が増加。私の知人も再来週、ハワイに行くそうで羨ましい限り。私のカナダ行きはもう少し先。それまでは、いままでどおりブログに載せていなかった過去の旅をご報告。今回からは2009年のゴールデンウィークに行った米国アリゾナ州フェニックス(Phenix)とセドナ(Sedona)、それと化石の森国立公園(PetrifiedForrestNationalPark)の旅の話。5月1日~8日までの旅であったが、満足感の高い旅行であった。先ず成田からサンフランシスコに渡り、空港で名物のクラムチャウダーをいただく。そこから国内線でフェニックスに行き、レンタカーを借りてホテルにチェックイン。到着は夜になった。知らない町での夜到着は、安全上、お薦めできない。翌日、フェニックスのショッピングモール...美食ありカミサンポあり:アリゾナ州フェニックスとセドナ、化石の森国立公園の旅(1)

  • 美食ありカミサンポあり:真冬の韓国ソウルでレバ刺しとユッケ

    2008年12月29日から二泊三日で韓国ソウルを訪問。この年、二回目となる訪問で、レバ刺しとユッケを腹いっぱい食べるのが目的だったのか?<本当に腹いっぱいでした><真冬のソウルは頭がいたくなるほど寒い。それでもビール><レバ刺しを食べた市場の様子><種類が豊富なキムチ><これは日本では食べないが、韓国では縁起物「えい」><クリスマスは終わっていたがイルミネーションはきれいであった><韓国のアートも好きですね>では、次回からは2009年の旅。釜山とセドナ。美食ありカミサンポあり:真冬の韓国ソウルでレバ刺しとユッケ

  • 美食なしカミサンポなし:米国カリフォルニア州のモノ湖(Mono Lake)までの孤独な旅

    これは2008年9月の出張時に、シエラネバダ山脈を越えてモノ湖までいったときの話である。サンフランシスコやシリコンバレー周辺の観光には飽きていたし、だからといて、ゴルフには興味なし。私にとってゴルフも含めスポーツは、やるものではなく観るもの。という訳で週末を利用し、かねてから行きたかったモノ湖まで一人で行ってみた。出張先であるシリコンバレーのミルピタス市からヨセミテ国立公園までは車で約4時間。サンノゼ赴任時に、家族で、あるいは出張に来られた方の案内で、何回も行ったところである。先ずはヨセミテ国立公園内のヨセミテ・ヴィレッジまで行きランチ。<孤独な旅の始まり><ヨセミテ・ヴィレッジに向かう><ヨセミテ国立公園のシンボルの一つ、一枚岩「エル・キャピタン」>そこから120号線でタイオガ峠(TiogaPass)を越えて...美食なしカミサンポなし:米国カリフォルニア州のモノ湖(MonoLake)までの孤独な旅

  • 美食ありカミサンポあり:街そのものが美術館 - フィレンツェ

    夏のカナダ行きが待ちきれず、先週、4泊5日で異国情緒あふれる函館に行ってきた。47年ぶり。学生時代に「カニ族」の一人として行ったが、当時は貧乏旅行。冷凍トラックの運転手さんから、カニをいただいたのが唯一の「食」の思い出。今回は「イクラかけ放題」のホテルの朝食や海鮮中華、十勝牛のステーキも堪能。そして、のんびり元町や五稜郭周辺を散策。桜の開花宣言もあり、また、天気にも恵まれいい旅になった。<外国人墓地近くのカフェ「モーリエ(ロシア語で「海」の意味)」からの眺め>さて、イタリア旅行に戻る。今週はフィレンツェ。以前も書いたように、フィレンツェは、2001年にヒットした映画『冷静と情熱のあいだ』(竹野内豊、ケリー・チャン主演)の舞台。また、同じく2001年公開の映画『ハンニバル』(アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ム...美食ありカミサンポあり:街そのものが美術館-フィレンツェ

  • 美食ありカミサンポあり:ミラノからベネツィア、列車の旅

    ミラノで「初めてのイタリア」を味わった後、列車でベネツィアへ。鉄道の路線図や時刻表、チケットの予約・購入方法などの下調べが大変だが、ゆったりとした列車の旅は車や飛行機の旅とまた違った味わいがある。高速鉄道での移動であったが、駅でいかにもヨーロッパ・スタイルという列車が¥を見られるのもいい。鉄道好きにはたまらない!車窓から海が見えると間もなくベネツィアであった。駅前風景。ここからは鉄道も車もなく、移動は船か徒歩のみ。店に並べる商品の輸送ももちろん船。ホテルまで大きな荷物を持って移動するのは大変であったが、ベランダで古い街並みを見ながらワインは良い思い出。ここからは風景写真<街中が美術館><いざというと貧乏な時代に戻ってしまいゴンドラ代がもったいなくなり乗らなかった><写真以上に美しい水><ダンスやコンサートも><...美食ありカミサンポあり:ミラノからベネツィア、列車の旅

  • 美食ありカミサンポあり:イタリアはミラノ、初めてのヨーロッパ個人旅行

    今週、「旅友(たびたも)」のPondさんと約4か月ぶりの飲み会。ようやく海外旅行が可能になりそうだとお互い喜び合いながらも、日本が貧乏になってきたことを嘆きあった。給料が30年間上がらない日本は、韓国・シンガポールに追いつかれ、米国やヨーロッパの先進国には離されていく。韓国にいっても割安感はまったくなくなり、米国ではホテル代等の物価が異常に高く感じられる。知人のソフトウェア会社の社長の話。最近、フィリピン人のエンジニアが三人辞めたそうだ。1人は母国に帰ったが、1人は英国、もう一人は香港に。給料は、日本では30万円弱だったが、英国、香港では50万円。英語ができるフィリピン人のエンジニアや看護師・介護士は、もう日本には来なくなるであろう。習得が困難な日本語を勉強するよりも、英語ですむ英国、香港、カナダに行けば、給料...美食ありカミサンポあり:イタリアはミラノ、初めてのヨーロッパ個人旅行

  • 美食ありカミサンポあり:海外旅行確定、それまでは過去の旅、シンガポール

    知人のアメリカ人Ron-sanと蒲田で飲み会。しかし、いつもの居酒屋が休業中。正確には、コロナ開け再開準備中。ここの明太ポテトを楽しみにしていたのに。完全に調査不足。しかたなく近所のトルコ料理店「ユルディズ」に。これが大正解。「なんで蒲田に!」。昭和レトロな蒲田に不釣り合いなくらいに小綺麗な店で、料理も銀座コリドー街の「イスタンブール」に勝るとも劣らない味。コース料理のBを注文したが男二人でも食べきれず「持ち帰りに」。満足な飲み会であった。さて、先週お知らせしたようにいよいよ海外旅行も可能な状態に。先ずは混みそうな地域のホテルを予約。そしてこの週末、航空券も購入。もちろん、詳細なスケジュールは立案済み。海外渡航用のPCR検査(出発72時間前以降必要)や接種証明書発行の場所や金額について調べる必要がある。次の旅行...美食ありカミサンポあり:海外旅行確定、それまでは過去の旅、シンガポール

  • 美食ありカミサンポあり:シンガポール、イタリア、韓国で・・・・・そして米国

    ようやく海外旅行に行けそうな気がしてきた。料金の安い中国系の航空会社のチケットは取れないが、UAやアメリカンなどの米系やエア・カナダは15万円くらいでこの夏のチケットが入手可能。という訳で、この週末、米国・カナダ行きの計画を立て始め、混みそうなカナダのバンフなどのホテルを抑えた。もちろん何が起きるか分からないので、無料でキャンセルできるようにはしている。接種証明書や72時間以内のPCR検査も航空券を買うHISなどの旅行会社が手配してくれる。実際に行けるまで、当ブログ開設前に行った旅行で、かつ、デジカメで撮った写真がある2004年の旅行の「続き」を書く。今週からは、2008年の旅行を紹介。ちなみに、2008年の国内外の重大事件はこれ。2008年は、株の大暴落があったようだが、その前に大損して株をやめていた私には関...美食ありカミサンポあり:シンガポール、イタリア、韓国で・・・・・そして米国

  • 美食なしカミサンポなし:フィリピン等東南アジアでのロングステイは、難しくなる!!

    先週、韓国の記事をアップしたらアクセスがグッと伸びた。やはり、韓国は関心の的。『愛の不時着』など韓国ドラマもまだまだ人気だ。さて、2008年の旅行の話の前に、フィリピン情報。もともとリタイア後にフィリピンなどの東南アジアの国で過ごすことを考えて、このブログを起こしたが、それが難しくなりそうだという話。フィリピンにコンドミニアムを持っているIT関連会社の社長を引退した知人からの最近のメルマガから2点。このブログの読者は経験されている方も多いと思うが、韓国に行ってももう物価の割安感はない。欧米のホテルや食事の代金が高く感じる。東南アジアの国々でも間もなく割安感はなくなる。そうなるとロングステイどころか海外旅行が大変になる。30年間、日本人の給料が上がってないからだ。*************************...美食なしカミサンポなし:フィリピン等東南アジアでのロングステイは、難しくなる!!

  • 美食ありカミサンポあり:2007年の旅の最後の記事は韓国ソウル、これぞソウルフード

    私の好物の一つは、ポテト。回転ずし「魚べい」の明太マヨネーズがのったフライドポテト、マクドナルドのブレックファーストについてくるハッシュドポテト、自宅のカレーやシチュー、クラムチャウダーのジャガイモ、もちろん肉じゃがのジャガイモ・・・・「つばめグリル」の「ハンブルグ」に添えられるベークドポテトは、ポテト料理の最高峰!!2007年8月の韓国ソウルの旅で、ジャガイモの料理を明洞で見つけた。本来は冬の鍋料理で、料理名はカムジャタン。この胡椒の量、はんぱないっす。この旅行の目的は、それまで行っていなかった仁川(インチョン)とソウルタワーに行くこと、それと定番の三清洞訪問であった。仁川はご存知のとおり沖合に韓国のメインの空港がある港町。あちこちから連絡船も来るらしく結構賑わいのあるところで、写真はないが、魚料理、とくに刺...美食ありカミサンポあり:2007年の旅の最後の記事は韓国ソウル、これぞソウルフード

  • 美食ありカミサンポあり:懐かしいボストン、昼飲みでボストン美術館見学

    米国の食事でハズレが少ないもの、日本よりも旨いと感じるものとして、BBQコンロで焼いたハンバーガー、具がはみ出るサンドウィッチ、日本ではあまり見かけられないエッグベネディクト、アサリではなくクラムの入ったチャウダー、えー?!と言われそうだがカリフォルニアロールなどの巻物、サンタバーバラで取れたウニの軍艦巻き、移民が経営するアメリカナイズされていないタイ・ベトナム・イラン・メキシコなどの各国料理店、それとオムレツなどが思い浮かぶ。米国のオムレツは、日本のオムレツほど上品な佇まいではないが、具沢山で彩もいい。という訳で、LAのダウンタウンで食べたオムレツを再現。といっても冷蔵庫の余り物で調理。シュボラタフランク、生ベーコン、ピーマン、パプリカ、タマネギ。もちろんタマゴ。ハバネロソースを使うと少しメキシコっぽくなる。...美食ありカミサンポあり:懐かしいボストン、昼飲みでボストン美術館見学

  • 美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き - NYで美術館めぐり

    ccc美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き-NYで美術館めぐり

  • 美食ありカミサンポなし:時間がないけどフィリピン

    本当は2007年の旅の続きでボストンまたはソウルの旅を紹介したいのだが、母の介護もあり、ブログをゆっくり書く時間がない。という訳で、海外旅行になかなか行けない人のための料理講座、今週は、フィリピン料理のムンゴを再現、正確にいうとちょっと自分の健康のためにアレンジしたので紹介する。ムンゴは一言でいうと緑豆のおかゆ。緑豆の他に、ニンニク、ショウガ、タマネギ、トマト、ほうれん草とシーフードミックスを使用。現地で食べたときは、シーフードミックスではなく干物の魚が使われていた。また、レシピ本では、豚肉が使われていることが多い。私がシーフードミックスを使ったのは冷凍庫に余っていたから。豚肉よりも健康に良いしね。詳細のレシピは、ネットで「適当に」検索してちょ。では、写真を紹介。ポイントは、ニンニクとショウガをケチらないこと、...美食ありカミサンポなし:時間がないけどフィリピン

  • 美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き - NYで美術館めぐり

    海外旅行になかなか行けないので、以前、ボストンで食べたタコライスを再現してみた。こんな楽しみしかない。沖縄発祥のタコライスではなく、ボストンのタコライスだ!!サルサソースは市販のもの(カゴメ製)を使ったが今一。次回はサルサ作りから始めよう。ちなみに、材料費をカミさんが出してくれないので自腹である。さて、2007年の初めての米国東海岸の旅。バージニア州のウイリアムズバーグから北上し、ワシントンDC、フィラデルフィアそしてNYまでの旅の続き。最終目的地にして初めて訪れたNY、どう過ごしたか。先週の記事は、典型的な「おのぼりさんコース」の自由の女神とエンパイヤステートビル。続く2日は、ニューヨーク近代美術館(MOMA)とメトロポリタン美術館、それとセントラルパークなどでのカミサンポとなった。『アメリカの美術館』(美術...美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き-NYで美術館めぐり

  • 美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き - 西海岸との違いは

    さて、2007年の初めての米国東海岸の旅。バージニア州のウイリアムズバーグから北上し、ワシントンDC、フィラデルフィアそしてNYまでの旅の続き。今日の記事は、この旅の最終目的地にして初めて訪れるNY。好きな映画監督ウディ・アレンの映画などでたびたび見るニューヨーク。さて、実際のNYは。ホテルはリトルイタリーやチャイナタウンに近いホリデイイン。なんでここにしたのだろう。これは失敗。自由の女神以外の見どころは、マンハッタンのもっと北にある。ウォール街で仕事をするのでなければ、タイムズスクエア周辺にすべき。観光には本当に不便なところであった。<リトル・イタリーは本当にリトル。でも、この体験がもとで翌年イタリアに行くことになった。><チャイナタウンも横浜に比べるとショボい。ジェフリー・ディヴァーの『石の猿』の舞台ではあ...美食あったはずカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き-西海岸との違いは

  • 美食ありカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き - フィラデルフィア

    さて、初めての米国東海岸の旅。バージニア州のウイリアムズバーグから北上し、ワシントンDC、フィラデルフィアそしてNYまでの旅の続き。政治の中心地、ワシントンDCのモールとスミソニアン博物館に感動した私たちが次に向かった町はフィラデルフィア。昨日、PARCOの古本市で買った『アメリカ地名辞典』(井上譲治・藤井基精編、研究社出版)では、約1ページを割いて説明している米国の歴史上重要な都市、「アメリカ合衆国生誕地」。独立宣言が採択された場所だ。また、フィラデルフィアといえば、トム・ハンクスがアカデミー主演男優賞を受賞した映画『フィラデルフィア』を思い出す。私の大好きなTVシリーズの『ColdCase』もフィラデルフィアが舞台だ。それにしてもあの女優は、どうしてラブシーンが下手なのだろう。さて、写真を数点。<アメリカ独...美食ありカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き-フィラデルフィア

  • 美食なしカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き - ワシントンDC

    週、グローバルリーダー研究会仲間と予定していた蒲田(映画『蒲田行進曲』の蒲田)の「打ち合わせ」兼「新年会」は、GoogleMeet(Zoomのようなネット会議)での打ち合わせとなってしまった。オミクロン株の感染防止のため・・・・・・ではなく、私自身の年末・年始の暴飲暴食により体調不良となり、ドクターストップがかかったため。新年早々から情けない。ちなみに仲間の一人は1月8日に横浜でセミナー「アメリカ人の老後と葬儀」について英語で講演。コロナ禍にも関わらず50人以上集まり盛況だったとのこと。ご興味のある方は、メールでご連絡を。さて、東海岸の旅。バージニア州のウイリアムズバーグから北上し、ワシントンDC、フィラデルフィアそしてNYまでの旅の続き。ウイリアムズバーグに今一つ感動しなかった私たちは北上し、翌日、ワシントン...美食なしカミサンポあり:米国東海岸旅行の続き-ワシントンDC

  • 美食なしカミサンポあり:初めての米国東海岸の旅ーコロニアル・ウイリアムズバーグからスタート

    オミクロン株感染者が予想通り増えているが、普通に生活し、少人数でですが飲み会も実施。1月9日の記事で書いたように、「これが日本の死亡率の推移。徐々に下がっており、第5波のときが0.3%。季節性のインフルエンザの過去の死亡率は、およそ0.1%なので、オミクロン株による第6波の死亡率が0.1%程度というデータが出てくれば、普通のインフルエンザと同じレベルであり、特別な対応は不要で経済重視の施策でよし、と判断されるはずだ。ちなみに米国のインフルエンザの死亡率は4%(死亡数の定義が異なる)、英国0.8%。」残念ながら、マンボウが発令された。何故?さて、2007年のゴールデンウィークの旅行は、初めての米国東海岸旅行。正確に言うとボストンだけは行ったが、それ以外の地域は初めて。バージニア州のウイリアムズバーグから北上し、ワ...美食なしカミサンポあり:初めての米国東海岸の旅ーコロニアル・ウイリアムズバーグからスタート

  • 美食なしカミサンポなし:出張のついでにアリゾナ州セドナに小旅行

    南太平洋のトンガ諸島で15日午後1時10分ごろに起きた大規模噴火により生じた津波が、16日午前0時前後ごろから、太平洋沿岸や伊豆諸島、小笠原諸島、沖縄本島などの広い地域に続々押し寄せた。トンガから僅か11時間での到着。気象庁の予想よりも潮位の変化は大きく、伝搬スピードはジェット機並み、波長の短い津波だ。実は昨日、米国フロリダ州キーウエストの観光とホテルについて調査していた。ご存知のとおりキーウェストはフロリダキーズ諸島を構成するアメリカのアイランドシティで、フロリダ州の最南端にある。フロリダ半島とキーウエストは、100キロ以上にわたる橋でつながっており、キーウエストは全くフラットな土地で建物以外に高いところはない。こんなところに津波がきたらと想像していたところであった。東日本大震災以来、津波に敏感になりすぎてい...美食なしカミサンポなし:出張のついでにアリゾナ州セドナに小旅行

  • 今年は絶対に海外旅行に行ける!Really? オミクロンがあるのに?

    新年のご挨拶で、「今年は絶対に海外旅行に行ける」と言ってしまったので、今回、その根拠を説明します。以前も紹介したが、私は日本総合研究所主席研究員等をされている藻谷浩介氏のコロナ関係のセミナーに欠かさず出席している。直近のセミナーは、先月19日に行われたもの。データに基づく合理的な分析で、マスコミの断片的な情報に比べ、信頼できるものである。では、そのセミナーの資料をかいつまんで説明する。最初の資料は、セミナーが開催された12月19日までの新型コロナ感染の経緯。オミクロン株の影響は、まだ、出ていない。7日間移動平均を用いることに曜日・祝祭日の影響がなくなり。分析が容易に。次の資料から日本の陽性者数の波は、世界の他の国の波と一致することが分かる。人口100万人当たりに換算してあるため世界のデータ、他の国との比較が容易...今年は絶対に海外旅行に行ける!Really?オミクロンがあるのに?

  • 今年は絶対に海外旅行に行ける!

    今年は絶対に海外旅行に行ける!

  • 来年こそ海外旅行に行けますように!!

    いよいよ今年もあと6日となりました。コロナもあり、その他家庭の事情もありで、海外旅行どころか国内旅行も「つくばに一泊」したのみでした。旅行計画書はカナダのバンクーバー~カナディアンロッキー~カルガリー(含むバッドランド)、アメリカのコロラド州デンバー~グランド・ティートンNP~イエローストーンNP~グレイシャーNP~カルガリーなど詳細計画まで完成!!加えてYouTubeとGoogleMapでしたみ。準備万端。カミさん曰く、「もう、行かなくてもいいんじゃないの」このブログも旅行計画や過去の旅行の紹介に留まりました。懐メロ特番のような内容で残念!その懐メロ特番も2007年の途中で年越しとさせていただきます。来年はその続きの2007年4月以降の旅行の報告で、初めての米国東海岸旅行(ウイリアムズバーグ~ワシントンDC~...来年こそ海外旅行に行けますように!!

  • 美食ありカミサンポあり:美しい小国、シンガポール

    この旅行は2007年2月の話。コロナで海外旅行に行けない日々が続いているので、ブログに載せていなかった昔の旅を掲載中。*********************************************************************************************************************シンガポールに頻繁に行き始めたのは、1997年に半導体製造装置の海外営業に就いてからだ。3年間で20回くらいは行っただろうか。シンガポールを拠点にマレーシアの顧客も訪問。この仕事で、それまで米国一辺倒だった私の興味が、一気にアジアに向かった。シンガポールの空港に着くと、小エビのだし汁の匂いと独特な湿気が絡みついてくる。空港から町中に向かう道路はきれいに整備され公園の...美食ありカミサンポあり:美しい小国、シンガポール

  • 美食ありカミサンポあり:フロリダのディズニーワールド

    この旅行は2007年1月の話。コロナで海外旅行に行けない日々が続いているので、ブログに載せていなかった昔の旅を掲載中。*********************************************************************************************************************さて、次男が高校生になった頃から、夫婦二人での旅になった。息子たちが一緒に行ってくれないという訳ではなく、夫婦二人の旅が一番気楽だからだ。そんな中、めずらしく息子二人も参加したのが、2007年正月のフロリダのディズニーワールド行き。ホテルはStaybridge。ベッドルーム二つにリビングルームとキッチン。ディズニーワールドはもちろん楽しかったが、最大の思い出は、息子...美食ありカミサンポあり:フロリダのディズニーワールド

  • 美食ありカミサンポあり:韓国ソウル「いつもの旅」+アルファ

    2006年の海外旅行は、ゴールデンウイークのベトナムに続き、我が家の年中行事の一つともなっている韓国ソウル。11月でした。当時の「いつもの旅」の中身は以下のとおり。・明洞のサボイホテルに宿泊。これは買い物好きのカミさんのご要望。安全な場所なので、カミさんは一人で買い物。私はホテルに帰り、のんびりTVや読書が多かった。・必ず行くのは、明洞(明洞)、仁寺洞(インサドン)、三清洞(サムチョンドン)および狎鴎亭洞(アックジョンドン)。簡単に言うとショッピングエリア。明洞は若者向け。仁寺洞は韓国の伝統料理の店や習字の道具店、韓国茶の店などがあるちょっと風情のある通り。三清洞および狎鴎亭洞は高級感のある町で、日本で言うと代官山や銀座といったところ。このときの「プラスアルファ」は、景福宮などの王宮とサムスン美術館。では、写真...美食ありカミサンポあり:韓国ソウル「いつもの旅」+アルファ

  • 美食ありカミサンポあり:ベトナム・ダナンのミーソン遺跡

    2006年のベトナムの旅も終わりに近づいてきた。ダナンのホテルは、ビーチの前にある近代的なホテルで、ここでのんびりすべきだったとあとで反省。さて、フエからの移動でお世話になったタクシー運転手さんは、そのままダナンに泊まり、ミーソン遺跡も案内していただくことに。ミーソン遺跡は、チャンバ王国の聖地跡。世界遺産。4世紀後半に木造のものが建てられ、現在あるのは8世紀から13世紀にレンガを使って建てられたもの。その後、ベトナム戦争で大分、傷んだそうだが、日本も支援して復元が進められている。この遺跡はジャングルの中にあり、他の観光客は(当時)ゼロ。土産物屋もなし。ちょっと身の危険を感じた。今はそのようなことはないと思うが、女性だけの旅の場合は、要確認。では、写真を。このミーソン遺跡からダナンの空港まで、例のタクシーで移動。...美食ありカミサンポあり:ベトナム・ダナンのミーソン遺跡

  • 美食あったはずカミサンポあり:ベトナム・ダナンそしてホイアン、今は大分開発が進んだようです。

    途中からお読みの方に:この記事は2006年ゴールデンウィークのベトナムの旅。これから紹介するダナンは、リゾート地としてかなり開発が進み、ビーチの前はホテルが林立しているとのこと。ダナンに滞在し、ビーチでのんびりも良し、ホイアンへの日帰り旅行も良し、ミーソン遺跡見学も良し・・・・ここもお薦め。さて、2006年に戻る。フエのホテルからダナンそしてホイアンへの移動は、タクシーをチャーター。当時は1日に3000円から4000円のチャーター費。計画立案時、移動手段は考えていなかったようだ。自分でも大胆な行動に呆れる。途中、白砂が続く海岸を発見。後にランコ―という村だと知った。宿泊施設があるなら泊まってみたい美しい海岸線の村であった。ハイヴァン峠。見張り台自体はミンマン帝の治めていた時代に建てられとのことだが、トーチカはベ...美食あったはずカミサンポあり:ベトナム・ダナンそしてホイアン、今は大分開発が進んだようです。

  • 美食あったはずカミサンポあり:フエの世界遺産遺跡巡り

    ベトナム中部にあるフエの二日目。ホテル経由でタクシーをチャーターし、世界遺産となっている遺跡群巡り。一日チャーターして3千円程度。フエから見るとフォン川の上流に位置する遺跡群。トゥードゥック帝廟、ティエンムー寺、ドンカイン帝廟、ホンチェン殿、カイディン帝廟、ティウチー帝廟、ミンマン帝廟などグエン王朝の歴代の皇帝が眠る帝廟や寺院の一群である。こんなに立派な遺跡があったとは。ベトナム戦争で傷んだ遺跡もあったが、日本も支援して修復したとのこと。どういう順番で、どこに行ったのか今となっては分からないが写真を紹介する。<フォン川の畔>それにしても当時は観光客が少なくのんびりできました。そういえば土産物屋もほとんどなかったと思います。フエはもう一度、行きたい町の一つ。次回は、川下りも楽しもう。美食あったはずカミサンポあり:フエの世界遺産遺跡巡り

  • 美食ありカミサンポあり:初めてのベトナム・フエ

    ベトナムの中部にあるフエおよびその周辺は遺跡の宝庫。当時、日本であまり紹介されていなかった(私が関心を持っていなかった)こともあり、驚きと感嘆の連続であった。もう詳細なスケジュールは覚えていないが、ホーチミンから飛行機でフエに到着。時期は5月の連休中、フエは真夏の猛暑。顔がチリチリした記憶がある。新市街にあるホテルにチェックインした後、グエン朝王宮を訪問。グエン朝は1802年から1945年まで13代にわたって続いた王朝。<フォン側に架かる橋。新市街と旧市街を結ぶ。ゆったり流れるフォン側がいかにも南国という感じ><グエン朝王宮。一辺約600メートルの正方形。ホテルはフォン川沿いにあり、王宮までは徒歩>結構、見ごたえがありました。それにしても暑かった。そこからシクロでレストランへ。<舌だけでなく目も楽しませてくれる...美食ありカミサンポあり:初めてのベトナム・フエ

  • 美食ありカミサンポあり:初めてのホーチミン

    2006年の個人旅行は、ベトナム、香港、そして恒例の韓国。5月のゴールデンウィーク、ベトナムへ個人旅行。数多くの日本企業が進出しているが、私がいた半導体業界やハードディスク業界とは縁がないらしくビジネストリップは一度もなかった。何がきっかけでベトナムに行くことになったのかは定かでないが、ホーチミンとベトナム中部(フエ、ダナン、ホイアン)の街並みと遺跡巡り(含む世界遺産)の旅となった。フランスの植民地であったためか西洋と東洋が融合した街並み、ベトナム人のセンスの良さと手先の器用さを感じさせる衣料品や工芸品、ベトナム戦争があったにも関わらず残った遺跡群と美しいビーチ。充実した旅であった。2018年にハノイを訪れたが、もう一度行くならホーチミン。では、まず日本からの到着地、ホーチミンから。<ホテル・マジェスティックか...美食ありカミサンポあり:初めてのホーチミン

  • 美食ありカミサンポあり:ソウルのディープスポット

    2005年、ゴールデンウイークの上海・西安の次の旅は、11月の韓国ソウルであった。その年、雑誌「pen」の9/15号で「あなたの知らないソウルの旅へ。」という特集が組まれ、カミさんと二人、「これだ!!」ということになり、紹介されていたいくつかのスポットを訪問。特に三清洞(サムチョンドン)はその後の旅で必ず行くスポットになった。三清洞(サムチョンドン)は、ギャラリーやこ洒落たレストラン、衣料品店、それと韓国式の伝統的な民家がミックスされたモダニズムと伝統がミックスした町。最初は我々の特別な場所でしたが、年々、観光客が増え、2019年はこのとおり。新たな隠れ家を探さないと。正確な場所は忘れましたが、ソウル郊外の市場。<食用犬。日本人のクジラ食同様に批判されますが、韓国食文化の一つ。><弘大(ホンデ)付近。韓国に限ら...美食ありカミサンポあり:ソウルのディープスポット

  • 美食ありカミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)- 回民街って?

    2005年5月6日、この時の旅の実質的な最終日。まずはイスラム教徒が多いと言われる「回民街」を散策。ラム肉の料理などのローカルフード満載。雑貨店などもあった。<回民街入口><食堂街><早速、昼食。ラム肉の肉団子うどんと串焼き。カミさんともども、好き嫌いがないので、なんでも楽しめる>中国にイスラム教というのがピンとこなかったが、行ってみてびっくり。モスクまであった。モスクはイスラム風というよりも仏教寺院風。最後は西安城壁に登ってみた。日本の城の塀に比べると何と堅牢なことか。一周14Km!!車も楽に通れる広さ。1370年代(明の時代)に建造されたとのこと。凄いの一言。<最後の晩餐>翌日、北京経由で帰国。この旅の結論。言葉が分からなくても漢字が読めれば大丈夫!いやいや中国、絵になる街並みや自然がやまほどありそうです。美食ありカミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)-回民街って?

  • 美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)- いよいよ兵馬俑

    本記事、日曜日に書いておきながらアップロードできていなかった。さて、2005年5月5日、子供の日。ついに長年の夢、兵馬俑訪問である。タクシーで回るのではなく、ホテルでツアーを申し込んだ。外国人用ではなく中国人向けのツアーなので言葉は分からないが何とかなる、なるはず。訪問場所は、3か所。大雁塔、華清池そして兵馬俑。大雁塔唐の時代に建てられた煉瓦造りの美しい塔。西遊記に出てくる玄奘(三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられたものとのこと。大慈恩寺という仏教寺院の敷地内にある。<赤い蝋燭が気に入った。写真映えする>華清池玄宗と楊貴妃のロマンスの舞台となったところ。玄宗は、毎年秋から翌年の春まで、楊貴妃とともに華清宮で、歓楽の日々を過ごしていたと言われている。<楊貴妃の風呂>兵馬俑さて、最後が兵馬俑...美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)-いよいよ兵馬俑

  • 美食ありカミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)- 西安到着

    2005年5月4日、いよいよ兵馬俑を見に西安へ。飛行機で西安まで行き、空港からはタクシーで西安市内のホテルへ。タクシーでしばらく荒野の中を走ったときは、行き先が正しく伝わったかどうか少々心配に。<客待ちタクシーの列。土地が広いからか、一列に並んでいる><行き先を理解してもらえたか?西安市内に入るまで不安に>西安は町の中心に城壁で囲まれた地域があり、その周りに町が発達した日本流にいえば城下町。ホテルにチェックイン後、市場や西安鐘楼のある広場付近を散策。当時、東京よりも少し人口が少ない町。さすがに人も車も多い。そして人々の胃袋を支える市場の食料は豊富。<海の魚もあり物流網は整っている模様><貝も豊富に><スイカは町中で食べてみました><車社会到来。地下鉄ができたらしいですが、車は減っていないと思う><西安鐘楼前広場...美食ありカミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)-西安到着

  • 美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)- 上海の人々

    さて、2005年の上海・西安の旅に戻る。ゴールデンウイークを利用した4月29日から5月6日までの8日間の個人旅行。ツアーではない。中国語ができる訳ではないが漢字は読めるので、ハングル語の韓国よりは楽である。例えば、この看板。左上はたばこのポスター。英語の表記は「Starfield」。このポスターの縦書きの漢字は、この英語の発音に合わせたものではないかと推測・・・・なんていうことを考えながら旅をした次第。先々週書いたように上海の主だったところは行ったが、一番印象に残ったのは近未来的な建物が並ぶ外灘。それと現地の中国人の生活ぶり。この頃はデジカメにも慣れ、結構豊富に撮影をしている。では、2005年当時の生活の一コマ。<下町の一コマ><青山?東京とかわらない中心街><食料品をはじめ物資は豊富><サトウキビジュース。左...美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行(続き)-上海の人々

  • カミさんと勉強:藻谷氏講演「オリンピックと第五波の決算 ~ データから見た第五波の真実 ~」から!

    情報の鮮度が落ちるといけないので最近聞いたコロナの話から。(連載中の「ブログ開始前の旅行の話」は、2005年の「昔ばなし」なのでいつ話しても同じ)菅さんが総裁選不出馬を宣言。コロナ対策では批判が多いが、高齢者から先にワクチンを打ち、国全体として重傷者リスクを減らしたのは大きな功績。本人や政府は、もっと胸を張ってもいいのに、そうしないのは何故か。トランプさんだったら100倍くらいに誇張して言うであろうに。余裕がなくなっていた?発信力の問題?!以下、株式会社日本総合研究所主席研究員、株式会社日本政策投資銀行地域企画部特任顧問藻谷浩介氏、2021年8月30日の講演「オリンピックと第五波の決算~データから見た第五波の真実~」の資料。詳しく知りたい方は是非、藻谷氏の講演をどうぞ。講演で藻谷氏が使用した資料はいただけます。...カミさんと勉強:藻谷氏講演「オリンピックと第五波の決算~データから見た第五波の真実~」から!

  • 美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行

    さて、2004年の海外旅行はカミさんのご希望にそう形で韓国ソウル、台湾台北・九份となったが、2005年は私の希望を押し通し、春にMainlandChina(そして秋にソウルagain)。しかも、昔から待ち焦がれていた「西安の兵馬俑!!」。これだけではカミさんが楽しいわけがない。という訳で上海とセットにした。なんと気遣いのできるダンナなんだろう!ゴールデンウイーク初日の4月29日に成田から出発、あっという間に浦東国際空港に到着。ここから市中までリニアモーターカーで移動。ホンマ?本当でした。時速400キロを超えていた。中国の技術力を国の玄関口で見せる演出だね。日本も成田~東京間だけでもリニアに、どう。始めての上海ということで、予園老街、予園、魯迅公園、外灘などメジヤーな観光スポットを一通りカミサンポ。特に印象に残っ...美食あり(写真ナシ)カミサンポあり:初めての上海・西安個人旅行

  • 美食(あったはず、写真ナシ)カミサンポあり:初めての台北、「千と千尋の神隠し」のイメージの舞台も訪問

    先週、「冬ソナ」の記事を書いたからなのかPVが急上昇。まだ、ブームなの?なわけないが、こっそり冬ソナの主題歌を聴いている人は多いのでは。カミさんのように。さて先週と同じく、2004年。この年の春、次男が高校を卒業し、浪人。翌年の大学合格に向けて家族で応援。といいたいところですが、「なんとかなるだろう」と思ってしまうのが、我が家。9月の韓国・ソウルに続いて11月に台湾・台北に旅行。「親がいないからと言って、遊んでばかりいないように」と子供にいうこともなく夫婦で出かけた。始めての台湾観光旅行。残っている写真で見る限り、故宮博物院、中正記念堂、夜市などの当時の台北の代表的な見どころに加えて、九份をぶらり。<日本の寺とはお趣が異なる><バイク天国。二人乗りが基本?><食べられません>九份を加えたのは、「冬ソナ」同様に、...美食(あったはず、写真ナシ)カミサンポあり:初めての台北、「千と千尋の神隠し」のイメージの舞台も訪問

  • 美食なしカミサンポあり:ソウル、冬ソナのロケ地とスウォン華城

    このブログを始めて約10年。海外での長期滞在や長期旅行をテーマに書いていたが、ご存知のとおり、コロナで1年以上、海外へは行けていない。国内の記事や妄想旅行にも限界が。という訳で、このブログを書く前に行った海外旅行の記事を書くことにした。最初の海外旅行は、1979年12月から翌年5月までの海外出張であるが、写真がデータ化されていないため、デジカメを買った2004年以降の海外旅行を取り上げてみる。デジカメ購入後の最初の海外旅行は、2004年9月の韓国ソウル。2002年に続いて2回目のカミさんとの旅行であった。2002年の旅行では、明洞や仁寺洞、その他、近郊の景福宮など歴史的な建物を見て回った。2003年に放送された「冬のソナタ」が、韓流ブームに火を点け、カミさんも大いに影響を受け、2004年の旅行ではそのロケ地の春...美食なしカミサンポあり:ソウル、冬ソナのロケ地とスウォン華城

  • 美食ありカミサンポなし:

    何故か分かりませんが、この写真のブログへのアクセスがコンスタントにあります。確かに私が好きな写真の一枚。2005年5月3日、上海の街角で。ゴールデンウィークを利用した、上海、北京、西安の旅でした。<元のブログ>*************************************************************************中国の旅の楽しみの一つは、その日常風景です。路上理髪店。私も自宅の庭先で親父に散髪してもらってたっけ。******************************************************************************************今回は以下の写真を追加。西安はシルクロードの起点。イスラム圏でもありました。<イス...美食ありカミサンポなし:

  • 美食なしカミサンポもなし:夏に来ると思い出す「カニ族」暮らしの一か月

    私のアメリカでのキャンプは、長くても2週間、それもホテル滞在と混ぜての話。それよりも長い「野営?」暮らしは、大学3年のとき。クラスメイトのT君と前年の下北半島旅行に続いての二人旅。リックを担いで、夜行列車と青函連絡船で函館へ。そこから一か月の北海道の旅。石川さゆりの「津軽海峡冬景色」がヒットしたのは、私が社会人になった1977年。会社の忘年会のカラオケで熱唱?したのを覚えている。誰が?わてが。その北海道旅行、何が原因だったか忘れたが、T君とは早い段階で喧嘩をして一人旅に。当時は私のようにリック一つで旅行している人が多く、その姿から「カニ族」と呼ばれていた。札幌駅前にかってに寝袋をしいて就寝、そんな人が沢山。帯広駅には、カニ族用のプレハブがありお世話になった。そのプレハブ小屋にカニ族ではないトラック運転手が子ずれ...美食なしカミサンポもなし:夏に来ると思い出す「カニ族」暮らしの一か月

  • 美食ありカミサンポあり:必要不可欠の外出

    三週間ぶりのブログ更新。三週間土日も働き休み(代休)は一日だけ。まったくのブラック企業。自分の会社ですが。「この時期、あり余るほどの仕事があるのは幸せ」本当?顧客とのもめごともあり、ストレスが溜まったので、四連休の最初の二日は一泊旅行に急遽出発。「不要不急の外出では?」と言われそうですが、私には「必要不可欠の外出」。都心の通行は避けたかったので、八王子から圏央道で「つくば」へ。甲州街道から圏央道に乗る前に1時間の渋滞、圏央道に乗って中央道との交差点まで30分の渋滞。結局、家を出てからつくばのホテルまで所要6時間。つくばは想像していたよりも大きな町。幹線道路の昼間の交通量は、都心並み。筑波大学や政府の研究機関を集積させて作った町だが、企業も増え、町づくりの成功事例と言えるであろう。夜、ホテル近くの居酒屋で夕食。茨...美食ありカミサンポあり:必要不可欠の外出

  • 美食なしカミサンポなし:地図遊びが高じて今に至る!!

    小学校の時である。同級生のK君と「社会」の授業時間に行っていたのが「地図遊び」だ。例えば、お互いに中部地方の地図を広げ、「松本」と私がいい、K君が「須坂」という。「ヨーイドン」で、その地名を探す。早く見つけたほうが勝ち。小学生ながら、これで結構地名を覚えた。こんなこともあり、地図を見るのが未だに好きだ。地図を見て行ってみたいがまだ行っていないところの一つが、青森県三沢市の北から下北半島の東側一帯。原発村として有名な一帯だが、湖沼が多く、その北には下北丘陵という500メートル前後の山が続く、地形の変化のある地域だ。地元の人には悪いが、放射能汚染→新種の生物とガスの発生という発想になってしまう。「こんなところで霧に遭遇したら?」、スティーブン・キングの「霧(ザ・ミスト)」が頭に浮かびゾクッとしてしまう。こういう発想...美食なしカミサンポなし:地図遊びが高じて今に至る!!

  • 美食ありカミサンポなし:割安感がない理由、割高感がある理由。

    2000年の頃からほぼ毎年、行っていた韓国。2015年からは義母の介護でしばらく行かなかったが、コロナ前の2019年7月、久しぶりにソウルへ。海鮮料理を中心に韓国料理を堪能。衣料品や生活雑貨のデザインは格段に良くなり、コーヒーションも渋谷・原宿よりも洒落ているのではと思えるような店が増えてきた。ただ、割安感はない。以前は日本よりも3割くらい安いという感覚であったが今は同じくらいに思われる。同じくコロナ前の2019年9月に米国コロラド州とニューメキシコ州を旅行。ホテル代が高い米国の夏休み期間を外していったが、一般的なビジネスホテルでも料金は高かった。もともと日本よりも賃金水準は高いが、ここにきて差がまた開いた気がする。以下は、日本経済新聞2021年6月22日の記事。************************...美食ありカミサンポなし:割安感がない理由、割高感がある理由。

  • 美食なしカミサンポなし:何故、またカナディアンロッキー&イエローストーンなのか?

    先週、「カナダ・アルバータ州のエドモントンから米国・コロラド州までのドライブ」のバーチャルトリップの話をしたが、実は、1984年にこれに近いドライブを実際にしている。赴任先だったカリフォルニア州サンノゼから車で北上してバンクーバー、そこからカナディアンロッキーの中心都市ジャスパー、バンフを回り、米国に入ってイエローストン国立公園。西に進んでソルトレークのモルモン教の総本山を訪問し、ネバダ州を横断してサンノゼに帰っている。これを8月3日から15日までの僅か13日間で行っている。毎日、600キロ前後走っていたのだと思う。それとキャンプ。今考えるとよくクマに襲われなかったなと思う。サンノゼに赴任したのが1983年の12月。ロスガトスのメインストリートのクリスマスのイルミネーションが美しかったことを鮮明に覚えている(当...美食なしカミサンポなし:何故、またカナディアンロッキー&イエローストーンなのか?

  • 美食ありお一人様散歩あり:在宅勤務で運動不足に。体重が減ったのは?

    在宅勤務が多いと運動不足になる。体重が減ったのは、筋肉が落ちたからであって、脂肪が減ったのではないという指摘もあった。そこで、今更であるが、やらないよりはいいので、17時15分(契約先と約束している終業時間)で、一旦、仕事を止め、近所を散策することにした。目標はわずか30分。具体的に見たいところもなく歩き回るのは意外と大変。かといって、多摩川の堤防を同じ距離、毎日、散策というのは変化がなさすぎる。という訳で、17時15分に仕事を一旦、止め、どこに行くかを考えることにした。その一つが、狛江市方面にある多摩川住宅。1966年から1969年にかけて建設された公営住宅。88棟3914戸、うち、57棟2048戸が分譲住宅、残りが賃貸である。現在、一部、建て替えが始まっている。ここは、日本の高度成長期、急増する東京の人口の...美食ありお一人様散歩あり:在宅勤務で運動不足に。体重が減ったのは?

  • 美食なしカミサンポなし:仕事を忘れて没頭!!

    法人市民税納税の市の指定金融機関が「みずほ銀行」であったので、職場近くにある「みずほ銀行本店」に行ったら、「予約はありますか」と聞かれた。よく見ると以前のようには客はいない。私を入れて6人。予約はしていなかったので、整理券を持って呼び出しを待った。予約優先なので待つこと25分。ようやく窓口に行くと「会社の口座はお持ちですか」「いいえ、私個人の口座はありますが」「次からは会社の口座のある銀行に行ってください」とのこと。でも市の指定なんですけど・・・・・支払い済みの伝票を受け取る時、もう一度、「次はお口座をお持ちの銀行で」。「そうか、みずほ銀行はリストラ中なんだ」と気づいた。本店といえども窓口の人は以前の五分の一程度の僅か二人。予約ベースのオペレーションにして業務を効率化。なるほど。2021年までに8千人、2026...美食なしカミサンポなし:仕事を忘れて没頭!!

  • 美食なしカミサンポなし:久しぶりに家飲み。コロナですっかり変わりました。

    久しぶりの家飲み。なんだBudかと言われそうだが、癖がなくアメリカのビールではこれがいい。晩酌は以前からしない主義だが、仕事や勉強が一段落する夜11時半頃からワインやウイスキー、焼酎などを飲んでいた昔。しかし、この一年くらい家ではほぼアルコールなし。外での飲み会も減った。サラリーマン時代は、週4日は出張していたので、出張先では100%飲み会。今の仕事をしてからは「週2」程度で飲んでいた。それが、コロナ後は「月2」まで減った。皆がそうだとすると飲食店はつらい。コロナで仕事の仕方も大きく変わった。在宅勤務が70%。在宅勤務のときは、一旦、6時までに仕事を止め、カミさんと食事、団欒の後、9時以降に仕事または勉強。職場にいると周囲に合わせて残業をしてしまうが。通勤時間が無くなり、自分の時間が増えた。通勤時間は読書の時間...美食なしカミサンポなし:久しぶりに家飲み。コロナですっかり変わりました。

  • 美食ありカミサンポあり:休日出勤修了、コロナのセミナーに出てみました。

    顧客の本社引越し等があり土日出勤が続きましたが、それも16日(日)で終了。翌月曜日、火曜日と代休をとり、30年ぶりにベランダの片づけをしました。このため雨が多いのか・・・緊急事態宣言のため、もともと土日は閉店が多い大手界隈のレストランは、私の好きな味噌ラーメン専門店を除き閉店。という訳で、15日(土)の出勤時は神保町まで足を延ばし、TACOBELLでランチ。古「本」の少しだけアメリカンな気分を味わいました。16日(日)は味噌ラーメン専門店で札幌味噌ラーメン。店の外までは並んでいませんでしたが、私のような休日出勤者でほぼ満席でした。代休の月曜日はカミさんと二子玉。まずは、ShakeShackでハンバーガー。平日の二子玉は人が少なめで穏やかでいいですね。カミさんがショッピングを楽しんでいる間、私は高島屋1階のBoo...美食ありカミサンポあり:休日出勤修了、コロナのセミナーに出てみました。

  • 美食なしカミサンポなし:『ノマド – 漂流する高齢労働者たち』を読み終わって。

    『ノマド–漂流する高齢労働者たち』(原題:Nomadland、ジェシカ・ブルーダー著、鈴木素子訳、春秋社)を読み終わりました。ノマドの人々が集う場所を地図で探すなどして、半分、旅行気分で読み始めましたが、読み進めるうちにつらくなってきました。現金収入を得るための過酷な肉体労働、冷暖房も下水道もない生活、目立たないように息を潜めての暮らし、・・・・・高齢になって状況を好転させるすべはなく、死ぬまで続けるこの生活。日本は労働法や年金制度、福祉政策が異なるので、「ハウスレス」の人が溢れる状況は想像できません。しかし、年金制度が崩壊したら?急激なインフレになったら?息子や孫の世代は大丈夫か?など、いろいろリスクを考えてしまいました、そしてもう一度、資金計画、その中の必要生活費を見直してみました。マンション関連では、管理...美食なしカミサンポなし:『ノマド–漂流する高齢労働者たち』を読み終わって。

  • 美食なしカミサンポなし:キャンプ、ワーキャンパー、ノマド

    1983年、カリフォルニア州サンノゼに家族で赴任。一番の楽しみは旅行でした。小さな車にキャンプ道具を積んで、北はカナダのバンフ、南はアリゾナのツーソン。エアコンなしの車でよく行ったものです。ネットがなかった時代(KampgroundsofAmericaInc)が発行していた情報誌がキャンプサイトの情報源。それとこの看板。大きな蚊に襲われたオレゴン州のコロンビア川沿いのキャンプ場、バナナスラッグという大きなナメクジのいたレッドウッド国立公園のキャンプ場、朝食中に大きな鹿があいさつに来たラッセン国立公園のキャンプ場、数十人の高校生たちが毛布もかけずに芝生の上に寝ていたサンタクルツのキャンプ場、パッチワークと聖書を送ってくれた親切な老夫婦と出会ったネバダ州ラブロック(Lovelock)のキャンプ場、赤い砂だらけだった...美食なしカミサンポなし:キャンプ、ワーキャンパー、ノマド

  • 美食ありカミサンポあり:CORONA便りと下北沢

    このところ週末も仕事。零細企業は貧乏暇なし。「稼げるときに稼ぐ」、辛抱・辛抱です。久しぶりに米国の友人A氏からメールがきました。ワクチンを接種し、一安心とのこと。接種後、腕の痛み、だるさが一週間ほどあったそうです。日本のコロナ感染者数は、米国の死者数とほぼ同じ。「日本は安全でいいね」とも言っていました。ちなみに、A氏のお住まいはLA郊外のCORONA。下の写真の右端。今まで、アフリカや中南米に行くときは、予防接種をしていましたが、今後はどの国に行くときでも、コロナのワクチン接種が義務付けられるのでしょう。多少の不便にはなりますが、それでも全く海外旅行ができないよりはいいですね。先のA氏は紅葉の季節と桜の季節に「安全な日本」に行きたいと言っています。私はアメリカ旅行を計画しているというとアジア人への暴力行為に気を...美食ありカミサンポあり:CORONA便りと下北沢

  • 美食なしカミサンポなし:仕事帰りに「ことりっぷ」@門仲

    週末は新豊洲で仕事。レストランがないので、昼ごはんは、朝、豊洲駅のコンビニで買ったおむすび。休憩スペースで観察すると他の人々も似たようなもの。大きめのカップヌードル、コンビニ弁当、菓子パンなどなど。窓からの景色はいいが、食生活は寂しい限り。仕事帰りに豊洲まで一駅、歩いてみました。芝浦工大付属の中高校、東京ガスの博物館、こどもの遊び場と運河。比較的新しい建物できれいですが、生活感が乏しく馴染めない。小腹がすいたので豊洲の駅近くの中華料理店で焼きそば。中国人のシェフであったが今一。そもそも麺が想定外。門前仲町行きのバスを見つけたので乗ってみました。運河、マンション、オフィスビル、大学、・・門仲までいくと生活感が溢れてきますね。深川不動尊、富岡八幡宮、裏通りをぶらぶらり。一番の発見は、横綱力士碑。初代から稀勢の里まで...美食なしカミサンポなし:仕事帰りに「ことりっぷ」@門仲

  • 美食ありカミサンポなし:3月のハイライト - 冷麺とナシゴレンでアジア旅行の気分、なわけない!!

    緊急事態宣言が解除されたので、久しぶりに知人と会い上野で飲み会。一昨年の秋に一緒にマニラに行く予定が、台風で飛行機が飛ばなくなり昨年1月に延期。これがタガイタイの火山の爆発で飛行機が飛ばなくなり3月に延期。これもコロナで行けなくなり無期延期に。いったいいつ行けるのか?てなことを肴に久しぶりにビール+焼酎でいい気分になりました。では、3月のハイライト:1.桜をはじめ花が満開で気分高揚多摩川の土手や近所の団地、通勤路のあちこちに花が咲きはじめて気分が明るくなってきました。近所の畑マンションの庭近所の団地FC東京の本拠地「味スタ」からの眺め多摩川の近く2.調布に韓国食材店開店調布駅東口に韓国食材店がオープン。早速、冷麺を購入。やはり細麺は旨い。3.近所のいなげやでナシゴレン発見ミーゴレンのミーは麺、ナシゴレンのなしは...美食ありカミサンポなし:3月のハイライト-冷麺とナシゴレンでアジア旅行の気分、なわけない!!

  • 美食ありカミサンポほぼなし:市役所の食堂にオイスターだって!

    緊急事態宣言が明けたので少し動きが活発に、といいたいところですが、週末に仕事がは入ったりなんだりでカミサンポはなし。あえて言えば、代休を取っていった高尾山の墓参りがカミサンポ。さて、面積と人口の少なさを埼玉県の蕨市と競う、狛江市の市役所にオイスター料理を出す店があるというので行ってみました。市役所の食堂という位置づけで、店に高級感はなし。でも。味は確かでした。野菜は地元の野菜とのこと。見た目以上にGOOD!我が家の近くの工事現場で遺跡跡が見つかった模様。工事が遅れますね。多摩川から少し上がった高台の辺りは昔から人が住んでいたらしく、古墳や遺跡がぞろぞろ。その後、甲州街道ができて、商売をやるためにそちらに移動したと、どこかの看板に書いてありました。日本代表の韓国戦、U-24日本代表(オリンピック世代)のアルゼンチ...美食ありカミサンポほぼなし:市役所の食堂にオイスターだって!

  • 美食ありカミサンポあり:自由ヶ丘とモルドバ

    「週末にときどき行きたい東京の町」を勝手に5つ挙げてみました。町名の右は、出かける理由。・吉祥寺:ジュンク堂と古本屋、雑貨・下北沢:古着屋&古書店、芸能人・自由が丘:雑貨屋、遊歩道、自由ヶ丘デパート・三軒茶屋:ハンバーガーとタイ料理・中野:サブカルの聖地「中野ブロードウェイ」どの町も、私のようなおっさんでさえも一日楽しめるところです。その中の一つ、自由が丘にカミさんのお供で行ってきました。目的は長寿庵のかつ丼。最近、美味しいカツ丼を食べていないと嘆く、カミさんの願いを叶えるべく、車で行きました。長寿庵のかつ丼は、評判通りに旨い!割り下の味が絶妙なのとカツの脂身に量が最適でした。ランチの後は、雑貨屋めぐり。最初に雑貨を買ってしまったのは私。完全な衝動買い!最後は、なんとも昭和っぽいレトロな自由が丘デパート。195...美食ありカミサンポあり:自由ヶ丘とモルドバ

  • 美食ありカミサンポなし:アメリカン・ダイナーの誘惑

    小雨ふる土曜日の丸の内界隈、金融機関が多いせいか閑散としています。そこで見つけたAmericanDiner(ダイナー)の電飾看板。Dinner(ディナー)ではありません。4月に健康診断を控え、体重を落とさねばならない時期ですが、ダイナーの誘惑には勝てず、入ってみました。ダイナーは北アメリカの庶民的な定食屋で、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、ニューヨーク州に多いとのこと。目玉焼きにソーセージやベーコン、ハッシュドポテトにパンケーキ、それにコーヒーといったアメリカの朝食が一日楽しめる気取らない雰囲気で、カウンターがある深夜営業の店です。<典型的なダイナーの料理><ちょっとお洒落なパームスプリングスのダイナーの料理>私がよく利用したのはサンフランシスコ空港のダイナー。ここにはクラムチャウダーもあり、朝食と一緒に...美食ありカミサンポなし:アメリカン・ダイナーの誘惑

  • 美食もカミサンポもなし:コロナ対策の14日間在宅勤務終了

    私の職場は、コロナ対策を厳格に行っています。マスクや手の消毒は当たり前のこととして、70%以上の社員がテレワーク、職場の階をまたがる移動は禁止、ビル間の移動は14日間のテレワーク実施後など・・・・・という訳で、2月19日から21日、大崎で仕事をしたので、元の職場に戻るためには、14日間のテレワークということで、本日まで本当に在宅勤務。実のところ、明日から職場かと思うと少し億劫。今週はFC東京の試合が二試合あり、どれも勝利。チケットが取れなかったので、スタジアムには行けなかったが、土曜の試合は息子のアパートに行き、プロジェクターの大画面で観戦(感染ではない)+カミさんに内緒でビールも。さすが大画面は迫力満点(写真では伝わりませんが)。明日から職場復帰かと思うと・・・・軽い5月病?かな。海外旅行を考えているときだけ...美食もカミサンポもなし:コロナ対策の14日間在宅勤務終了

  • 美食もカミサンポもあり:2月のハイライト・ローライト

    首都圏以外の緊急事態宣言は解除が決定。しかし、首都圏の緊急事態宣言は延長になるのではないでしょうか。オリンピックを7月に実施するためには、政府、東京都としても第四波は絶対に避けたいところ、緊急事態宣言を延長し、並行してワクチン接種を強力に推進、と考えているのでは。それでは、2月のハイライト!とローライト?ロングステイとは関係ないネタばかり。その1。・次男の誕生日バレンタインデーが誕生日なので覚えやすい。本人の希望もあり、すし店でお祝い。転職も決まり、あとは嫁さんが来てくれれば。できれば国際結婚で。なんてね。親が口を出すことではありませんね。<うまい>その2。・二子多摩川のShakeShackのハンバーガーすでに掲載済みですが、コロラドで食べたGrassBurgerに匹敵する旨さのハンバーガーを発見。「そんなもの...美食もカミサンポもあり:2月のハイライト・ローライト

  • 美食もカミサンポもなし:アメリカで妄想の「ワーケーション」

    コロナが収束して、米国に行けるようになったら、仕事を辞めて、3か月旅行をしてみようと思い、計画を立ててみました。目的は、まだ、訪問していない11の州とルート66、バンクーバーからアラスカまでの船旅、それとディズニーワールド&ユニバーサルスタジオ。成田からダラス経由でフロリダ州オーランドへ。時差解消を兼ねてディズニーランドとユニバーサルスタジオで1週間。エバーグレーズ国立公園とキーウエストまでのドライブを入れて、フロリダ滞在は計10日。サウスカロライナ州の見どころはチャールストン。パステルカラーの街並みが美しい。そこから海岸線を北に向かいノースカロライナ州・・・・・てなことを考えているとカミさんに話したら、「疲れるから最長2週間にしてくれ」、「何回かに分けて行けばよい」、「収入が途切れないようにしてくれ」とのコメ...美食もカミサンポもなし:アメリカで妄想の「ワーケーション」

  • 美食もカミサンポもあり:コロラドを思い出しながらShake Shackでハンバーガー

    建国記念日の11日、「町の様子」を見に二子玉川に行ってきました。職場を除けば、久しぶりの調布脱出。ちょっとオーバーでしょうか。柳小路近くの高島屋の駐車場に車を入れて、柳小路~高島屋~マロニエコートまでぶらり。柳小路の店はこの1年で大分入れ替わりました。高島屋本館1Fの広場もリニューアルされ、ブックカフェ風の休憩スペースになりました。以前はトークショーなどを行う小さなステージがあり、その周りは、主にお年寄りがゆっくりするところでした。今は、座り心地の良い椅子が増え、年齢に関係なくゆったりできるスペースになりました。まずは、マロニエコートのShakeShackでハンバーガー。事前にメニューは調べてあり、野菜なし、ケッチャップやマヨネーズ、マスタードもなし、トッピングはベーコンのみでパテ2枚のハンバーガーを注文。焼き...美食もカミサンポもあり:コロラドを思い出しながらShakeShackでハンバーガー

  • 美食もカミサンポもなし:アメリカ、ルート66の旅。備えあれば憂いあり。

    昨年末にテレビを買いました。約4万円の小さなテレビです。14年前に買った液晶テレビが夏前に壊れたのでその買い替えです。実は、買うかどうか迷いました。民放の番組はバラエティーばかりでつまらない。NHKとBSは少しましな番組はあるが。結局、長男夫婦が大型テレビを買ったと聞いて、刺激を受け?大型テレビはもったいないということになり、小型のテレビを購入。メリットはネットに接続して、NETFLIX、amazonprime、hulu、YouTubeなどが契約すれば見られること。以来、正月はhuluで日本の1950年代、60年代の映画を見続け、高度成長期の日本人の目の輝き、ハジケタ笑顔に感動。次にNETFLIXに移りドキュメンタリーものを中心に見て、そして今ハマっているのがYouTube。今後行く予定の米国のルート66を中心...美食もカミサンポもなし:アメリカ、ルート66の旅。備えあれば憂いあり。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレーさん
ブログタイトル
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー
フォロー
齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・韓国・マレー

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用