searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぼらおさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
三十にして立ち、四十にして惑わず
ブログURL
https://hakataseabasslure.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
福岡住在の女子がソルトルアーフィッシングにチャレンジしちゃいます♪
更新頻度(1年)

74回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2015/09/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ぼらおさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぼらおさん
ブログタイトル
三十にして立ち、四十にして惑わず
更新頻度
74回 / 365日(平均1.4回/週)
フォロー
三十にして立ち、四十にして惑わず

ぼらおさんの新着記事

1件〜30件

  • ダイワ モアザンスイッチヒッターDH97S

    モアザンスイッチヒッターDH97S【メーカー】ダイワ【カテゴリー】ヘビーシンペン【スペック】シンキングウェイトタイプ:固定重心全長:97mm 重量:30g フックサイズ#4 リングサイズ#4評価向かい風や横風、爆風時、ここ一番の遠投のために開発したヘビーシンキングペンシル。「飛距離第一主義」をコンセプトとし、Ave.90mOVER(当社テスト)とジグ級に飛ぶので、ミノーでは届かない遠くのボイルや潮目も射程範囲内。浮き上が...

  • MCワークス ワイルドブレーカー113R セカンドインプレッション

    色々書こうとおもったらここに全部書いてた(笑)MCワークス ワイルドブレーカー113R ファーストインプレッション① MCワークス ワイルドブレーカー113R ファーストインプレッション②MCワークス ワイルドブレーカー113R ファーストインプレッション③MCワークス ワイルドブレーカー113R ファーストインプレッション④なのでここでは主に新品から数年後の使用感の変化(つまりはブランクのヘタリ・ダレ・・・格好良くいえばエ...

  • 灼熱タチウオ

    荷を積み込んで船上で出発を待っていると、どこかで見た顔を発見・・・あれ、この人誰だっけ・・・?なーんて考えに浸っている隙に陣取り合戦が始まってしまって胴の間に押しやられてしまう(苦笑)「どこかで見た顔さん」はちゃっかりトモの角に収まっているな、と感心してたら思い出した。2016か2017年に別の船でご一緒した人なんだな。トモへの陣取り方が妙にスムーズなのがまったく同じ(笑)外観に特徴があるロッドも同じだ。...

  • 第一精工 ガーグリップMCカスタム

    ライトゲームの定番フィッシュグリップホールド力は素晴らしく、ハサミで挟むことができる扁平な体つきをしている魚であるのならば、中型の魚(サゴシとかタチウオとか)まで使える。ただし、これで挟むとライトゲームの対象となっている魚の7,8割方は死ぬでしょう・・・多分。リリースする魚には優しくないフィッシュグリップです。持ち帰る魚をしっかり掴むため、素手で触らないためのフィッシュグリップです。これでアジやメバ...

  • 刀狩り【博多湾タチウオ2021】

    今年は釣れる日・釣れない日のバラツキが大きいみたいだけど・・・?今年は(今年も)サイズが出ないみたいだけど・・・?...

  • まんぼうシーバス

    まん延防止等重点措置とは:一定の要件を満たしたシーバスアングラーでウェーディングの時間を午後21時まで可能とした一方、地域の感染状況に応じ、知事の判断で制限することを可能とする方針などを盛り込んでいます。ブツ持ち変顔撮影への罰則などはどうなるのか、各都道府県によって対応が異なります。...

  • 太くて短いのがお好き

    突然ですけど教養って大切ですよね、教養。教養がないために会話についていけなかったり、知らなかったために恥をかいたり・・・身に付いていないがために人生を損をすることもあったり。いや、なにも、カントを読めとか行き過ぎたグローバライゼーションを論じろとか、そういうヤツじゃなくて、絵画や音楽や文学のさわりくらいは知っていないとね、学芸において秀でる必要はないにしても、少しくらいは今の流行りと古典くらいは抑...

  • ごみ処分市といわれるアマゾンプライムデーだけど使えるブツもあるぞwww

    案の定というか、ぶっちゃけ今年もゴミが大多数のプライムデーですけど、探せば使えるモノあります。実際に買ったのは消耗品関係かな。オススメはずばり...

  • 数釣りが低調

    ぼらおさんが理想とするデイリーシーバスの釣りは、だいたいこう:・予め傾向をリサーチして・いいと思う日にいいと思う場所で誰にも邪魔されることなく・3~4時間で数釣りを楽しみ・うち1~2時間が集中的に爆っていいサイズがちらほら出る・数釣りの余韻に浸りながら他の場所の様子見をして帰るまぁフッコが時速10匹くらいの勢いで釣れて、70upが10匹中1匹くらい入っていればエエ感じよね、ってヤツ。都会エリアでデカイのを狙う...

  • バチのちカタクチ

    突然ですけど、ぼらおさんってリベラルなんですよ。個人の権利と自由が最大限尊重される社会を支持します多様性が認められる社会が好き国家権力は常にメディアおよび市民に監視監査されるべきでその力の行使には制限があってしかるべき男女平等にYESLGBTの地位向上にYESすべての社会的弱者の救済にYES税は格差解消の分配制度であるべきにYES逆進性が高い税制にNO自然を大切にしない電力政策にNO人種差別にNO門地差別にNOありとあら...

  • タカミヤFALKEN WHIZ BULLET80

    WHIZ BULLET80(ウィズ・バレット?フィズ・バレット?)【メーカー】タカミヤ ファルケン(釣具のポイントのPB)【カテゴリー】 シンペン【スペック】シンキングウェイトタイプ:固定重心全長:80mm 重量:19g フックサイズ#6 リングサイズ#3評価なんて発音するべきかよくわからない正式名称より「モアザン・ポイントヒッター」もしくは「ジェネリックスイッチヒッター」として名が通っているシンペン。とてもよく似ている...

  • 記憶に残るアングラー

    2011年か2012年のこと・・・おそらく2012年ではなかろうか?まだ薄っすらと陽が残る5月の夕マズメの港湾部で、ド下手クソども一般人たちがティップを海面に近づけてじゃかじゃかと「バス巻き」をする中、1人だけ頭上高くティップを掲げ独特のゆっくりしたテンポでリールを巻いていた人がいました。バチパターンをある程度体験し、雑誌やらでバチパターン攻略情報を収集していたぼらおさんはピーンときました・・・これが噂に聞く「...

  • 神ドラグ設定でヒラスズキ6匹

    前日にちょっとだけ吹き曝して今まさに消えようとする風、そしてド干潮どまりの朝マズメ。はっきり言って条件は良くない・・・良くないのだけれども、上級磯ヒラマンであるぼらおさんはこんな日でも勝機を見出している。つーか釣れる場所とタイミングはもう決まってるんですね。上げ8分から満潮止まりになる頃のアソコ。ア ソ コ 。朝マズメに誰かに入られてもいいけど、その時間帯まで粘られたらオワリ。自分が朝マズメから粘...

  • 欲張りシーバス

    前日、某所で注文したブツが怖い嫁さんにバレることなく無事着弾。今日はそのブツのポテンシャルを確かめたいのですが魔界の誘惑に負けて予定より大幅に遅刻してエントリー。最初は様子を探るべく、慣れたいつものルアーで始めますが無反応・・・そこで前日に着弾したばかりの例のブツを取り出すと・・・なんと!今までのルアーには何もなかったのに、このルアーだけに反応が!フッキングには至らなかったのですがこれは絶対に次も...

  • 成長ヒラスズキ

    はァ サラシも無ェ ベイトも無ェ鳥もそれほど飛んで無ェナブラも無ェ ボイルも無ェ漁師が毎日ぐーるぐる朝起ぎで 藪漕いで二時間ちょっとの山登りハシゴも無ェ ロープも無ェ回遊は一日一度来るオラこんな磯いやだオラこんな磯いやだ沖磯へ出るだ沖磯へ出だならラピード使って沖磯でヒラ(マサ)狙うだ・・・...

  • 記憶に残る釣行(おそらく2010か2011の出来事)

    その日の夜はたまたまアルコールが入ってなかった。時計を見たら深夜0時頃だった。全然眠くなかったし、おまけに翌日は休みだった。タイドグラフをみたら満潮だった。「これはバチ抜けというヤツが起こる条件が満たされていて、しかも自由に試してみることができる絶好の機会ではないか?」ということで家を出て某有名スポットに向かい、誰も居ない場所で竿を出してみた・・・季節は5月の終わりか6月の頭だったと思う。...

  • 答え合わせシーバス

    前日にヤルべきことはヤッてるので今日は楽よぉ上げバチが湧いているであろう時間にエントリーして適当にマニック投げて2つ3つの群れに遭遇して、フッコを数匹も釣ればミッションコンプリートよぉ・・・みたいな、妙にカマっぽい口調で登場するのは博多湾の

  • 浸かって4秒でバチ抜け

    「なぜ2021年博多湾シーバスはこうまで魚影が薄いのか?」という命題にぶら下がるタスクが「釣れないことを確かめる」これを愚直に実行し続けること数日・・・釣れない要素を外していくとおぼろげに浮かび上がってくるんだよなァ...

  • 老獪シーバス

    マジで何なんこれ・・・こんな好青年が湾奥シーバスやってたりするん?と感心しながら、適当にマニック115を投げ散らかしているのは「博多湾の賢者」ことぼらおさんである。ぼらおさんは(当然のように)付近一帯で一番良い場所で竿を出しているが、ぼらおさんは高確率で釣れないであろうことを熟知している。潮回りは・・・まぁ良くはないが流れはしっかり出いている。週末のナイトであるが、偶然にもいい場所を確保できている。...

  • キスを釣ってキスを食う

    美味い魚を食いたい「美味い魚」と呼ばれるものを一通り食い尽くしてみると、本当に美味いのは◯◯産ホンマグロだのマダイだのの有名所の高級魚や、見たことも聞いたこともない珍奇希少なゲテモノでもなく、アジ・サバ・サヨリ・コノシロ・メバル・スズメダイ・ヒイラギ・ギンポ・ハゼ・メゴチ・キスなどの「旬で新鮮で身近な魚」であることに気がつく。はっきり言って春のサヨリの身の美しさを語れない自称美食家は胡散臭いし、脂が...

  • 限られた予算は優先順位に応じて使え

    ライフジャケットやスパイクシューズ、グローブといった安全装備に関しては当然、妥協すべきではないが、このブログを好き好んで読んでいる人がまさかそれらに欠けているはずがないのでここでは省略する。つまり磯ヒラスズキに必要な安全装備の調達を除外するとこの釣りでもっとも大切なのは「場数を踏む」ことである。よって(玄関開けたら15分で極上の磯がある・・・みたいな幸運に恵まれた人を除くと)予算は交通旅費にもっとも...

  • ヒラスズキ狙いが青物狙いになってなぜか春告魚に会う

    ピーピーピーバックからしますご注意くださいピーピーピーバックからしますご注意ください・・・いやまてよ、ここはピーピーピーバックでしますご注意くださいピーピーピーバックでしますご注意ください・・・こっちのほうが語感的にしっくりくるんじゃないか・・・?と、迷って「街中で時々聞くあのアナウンス」の真似を、延々と磯の上で繰り返しているのはぼらおさんである。というのも...

  • 春・桜・爆・狂・鱸③

    「ン、いい釣りだった」という、やや感傷的な締めくくりの言葉が口から漏れてから僅か12時間後・・・再び磯に降り立っていのはもちろんぼらおさんである。昔、項羽と劉邦が中華の覇権を巡って争っていたとき、劉邦は項羽に向かってこう言いました。「我々2人のせいで天下の人民が苦しんでいる・・・お互い思う所があるでしょうが、もうそろそろやめにしませんか?」これを信じた項羽は軍をまとめて国へと引き返すのですが、和睦を...

  • 春・桜・爆・狂・鱸②

    大型ヒラスズキをリリースすると、あとは「ここから何匹上乗せできるか」が問題となる。幸いにして【同じ釣座からいかにして数を獲るか】というテーマはデイリーシーバスで日々研鑽を重ねている専門分野(笑)なので問題はない。爆風なのに当初あえて鉄板を使わなかったのもセオリー通りの「まずは近場の魚を獲ってから」の実践だし、遠くを焼き尽くしてからまた近場の魚にフォーカスを合わせてそれらを再び獲る技法も心得ているん...

  • 春・桜・爆・狂・鱸①

    朝、磯に向かって車を走らせていると(ちなみにその道路にはセンターラインなんてオシャレなものはなく、ギリギリ対向車とすれ違うことができるような細道である)、とあるカーブでアウト・イン・アウトの大胆な軌道を描いてこちらの車線に大きく膨らみながら飛び出してきたキチ◯イ対向車とニアミスしてなんだよテメーは、ここでヒルクライムのタイムアタックでもしてんのかよfuckheadが・・・ああん?朝からトミ・マキネン気取り...

  • 三寒四温ヒラスズキ

    夜明け前の気温は0.8℃陽が登ったらもしかすると7~8℃くらいにはなるかもしれないが、風を遮るモノがなく頭から飛沫を被る磯ではそれくらいの気温上昇分は相殺されてしまう。この時期、三寒四温の「寒」のタイミングで行う磯ヒラ(特に非・黒潮直撃エリアでは)は「かなりツラいよ」みたいなレベルを越えてる・・・いるのだけれども、我々はそれでも磯へ繰り出すのである(苦笑)...

  • 夜、釣り場(駐車スペース含む)の近くでは寝ないほうがいいぞ

    えっ!?朝マズメ狙いとかで一番乗りするためにはポイントから最短の駐車スペースで寝るのがセオリーじゃないの・・・?と、驚く人もいるかもしれませんが、これは釣り車中泊初心者にありがちな勘違いです。釣り場(駐車スペース含む)の近くで寝ていいことなんて一つもありません。ここ10年くらい釣りで車中泊を続けている、いわば釣り車中泊の達人であるぼらおさんが断言するのだから間違いありません。これ、磯ヒラスズキに限っ...

  • 厳冬ヒラスズキ

    いよいよ水温が下がってきて「冬シーズン」って感じ。朝起きる→冷たい寒い着替える→冷たい寒い車から出る→冷たい寒い潮を被る→冷たい寒い磯は空いているしサラシも出やすい天候が続くけれど、冬のエッセンスを知らなければなかなか釣れないのが冬ヒラスズキ。知らなければ寒い中ひたすら登って降りて濡れて歩くしかないのが、冬ヒラスズキ。冬ヒラスズキは困難に打ち克ってこそ。...

  • 気まぐれヒラスズキ

    家を出てから磯までの所要時間の新記録を樹立して満足先行者(おそらく上物師)のヘッドライトの光がどーでもいいところに位置していてダブルで満足よし今日はもらった!・・・とはならないのが今の時期の磯ヒラスズキ。一年で一番磯が荒れる&人口密度が下がる時期ですが、当のヒラスズキ自身がもっとも気まぐれになる時期でもあって、決してイージーな釣りにはならないのです。...

  • ベルモント 形状記憶合金 神経締めワイヤー

    えー、このブツはこれ、要る・・・?という疑念を払拭すべく買ってみた(買ってもいなければ使ってもいないブツをああだこうだと一人議論することほど愚かなことはない)のですが何度使ってもこれ、要る・・・?という疑念が消えぬままループを繰り返している・・・なんとなく携行してなんとなく(ときどき思い出したように)使っている一品です。おそらくperhapsvielleichtpeut être青物には有効かと思われます。イナワラソウダな...

カテゴリー一覧
商用