searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 明日のためにその501-現在のJPOP

    聴く価値が本当にあるのか。日本の戦後第一の流行歌は映画「そよ風」挿入歌「リンゴの歌」であるのが定説だ。この明るい、希望に満ちた楽曲は、敗戦で落胆していた、日本人の心にしみた。そして先日まで、NHKの朝の連続テレビ小説「エール」の主人公になった、古関裕而。彼もまた「長崎の鐘」など、人々の心に残る歌を書いている。その後、日本のポップス(敢えてこのように表現するが)は、ロカビリー、カバーポップス、グループサウンズなどを経て、現代のJPOPへと続いている。上記の日本のポップスとは、歌謡曲も含む。特に昭和30年代から昭和50年代までは、日本のポピュラー音楽としての「歌謡曲」の存在は大きい。順当に歩んできた日本のポピュラー音楽は、正確に言うと1985年あたりから、その道を外れてくる。女性アイドルも冬の時期になり、若手バンド...明日のためにその501-現在のJPOP

  • 明日のためにその500-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、バングラデシュの女性歌手をご紹介します。名前はるルーナ・ライラ。バングラデシュの歌手の中でもヴェテランの唄いてです。なかなか可憐な歌声で、パンジャブビートを軽々唄いあげます。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその500-今週の一曲

  • 明日のためにその499-青春の夢よいまいづこ

    小津映画にしては、シリアスな作品青春時代から培った友情は、果たしていつまで続くものだろうか。人は皆時を経て、成長し、感情も変わってくる。青春の大切な感情、友情は永遠なのだろうか。今回紹介する映画は「青春の夢いまいづずこ」。友情の大切さと、その変化を描いた作品である。ストーリーを紹介しておこう。大学生活を謳歌する4人、彼らは深い友情で結ばれていた。しかし、その中の堀野は、会社社長の父を急病で失う。失意の中、父親の会社を引き継ぎ、大学を中退して、社長となった彼は、就職難の中、他の3人から会社への入社を懇願される。入社試験で、その3人に不正な待遇を与え、何とか就職できた3人。皮肉にも大学の同僚は、堀野の部下として働くことになるのだが......全く皮肉な内容である。当然のことながら、入社した3人は、堀野を社長と仰ぎ、...明日のためにその499-青春の夢よいまいづこ

  • 明日のためにその498-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、キューバの黄金コンビ「ペレスプラード&ベニーモレ」の楽曲をご紹介します。曲は、マンボのなかでは珍しいジャンル「マンボヴァティリ」です。ヴァティリとは、ヴァラエティのことで、曲の中で、様々な曲調を盛り込んだ展開をする、とても興味深いものです。今回紹介するリンクは、マンボヴァテイリが複数繋がった長いアルバムになっていますが、最初の楽曲「マンボヴァテイリ」を聴くだけでも、その面白さを味わえるでしょう。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその498-今週の一曲

  • 明日のためにその497-奥様は魔女

    クレーヌの作る爽やかなコメディ。このところ、ルネ・クレーヌの作品を追っている。今回はその中から、毛色の変わった作品を紹介しよう。タイトルは「奥様は魔女」。昔アメリカドラマでヒットした作品の、原点ともいえる映画だ。ストーリーを紹介しておこう。17世紀に、体を燃やされ、樫の樹に封印されてしまった魔女とその父。ジェニファーとダニエル。二人は20世紀のある日、嵐の中、雷に打たれた樫の樹から復活する。自分たちを苦しめた、一家の末裔、ウォーリに復讐すべく、新しい体を手に入れた二人。魔法で作った惚れ薬をウォーリに飲ませ、ジェニファーの虜にして、復讐を企てるが、ひょんなことからジェニファーがそれを飲んでしまい.......作品内容はいたってシンプル。愛の力は、魔力より強いという設定だが、ひねた表現は全く無く、ひたすらシンプルに...明日のためにその497-奥様は魔女

  • 明日のためにその496-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、前回に引き続き「イカ天」バンドをご紹介します。バンド名は「クスクス」。シンプルなバンド編成ですが、なかなかの演奏を聴かせてくれます。曲名は「オレンヂバナナ」。トロピカルで軽快な一曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその496-今週の一曲

  • 明日のためにその495-破局

    散漫な表現。最近、また芥川賞を読む機会があった。前回記事にした同じ芥川賞作に、あまり納得がいかなかったので、今回は期待して読んでみた。今回読んだ作品は「破局」まだ20代である作者の感性に期待して、読んでみた。物語は主人公を中心に、彼のライフワークと、彼女とのセックスを交互につなげたもので、ストーリー性はない。よって、ストーリーは割愛させていただく。物語の前半は、描写する文章のそれぞれが、ちぎっては投げられてくるちょっと粗々しさを感じる。文章は、軽いので、読み進むのに苦労はないだろう。そして、文章の若さが目立つ。当然、深みやコクのある物ではない。通常の情景描写については、まったく現在に関係していないものを持て来たりと、散漫なところが目立つ。しかし、セックスの描写になると、非常に丁寧で、時間経過に伴うものになってい...明日のためにその495-破局

  • 明日のためにその494-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、30年以上前に流行ったテレビ番組「イカ天」からの楽曲です。曲名は「ハイになりましょ」演奏するのはブラボーです。楽曲、演奏供に平均的なものですが、ヴォーカルの鈴木君のキャラクターが面白く、ステージ全体の雰囲気を盛り上げます。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその494-今週の一曲

  • 明日のためにその493-ザ・フォーリナー

    なかなか良くできた作品。ジャッキーチェン、アクション映画から引退してしばらくがたつ。彼は映画界から引退したわけではないので、その後もいくつかの映画に主演している。今回紹介する映画は、ほぼアクションを封印した彼の主演作「ザ・フォーリナー」。娘を殺された父親役を好演している映画だ。ストーリーを紹介しておこう。ミンはロンドンで中華料理店を経営する中国人。彼は或る日、娘を送迎中、爆弾テロに巻き込まれ、娘は命を落としてしまう。怒りに燃える彼は、犯行声明を出した北アイルランドのテロリスト集団に復讐を誓う。彼は、元テロリスト集団にいて、今や北アイルランドの副首相となっている男から、犯人を聞き出そうと動き始めるのだが......まずは、ジャッキーチェンの憂いを帯びた演技に好感がもてる。娘を失った悲しみを背負った、演技は成功して...明日のためにその493-ザ・フォーリナー

  • 明日のためにその492-首里の馬

    主題の見えてこない作品。ここのところ、本をたてつづに読んでみた。以前の記事にも書いたとおり、私は長年にわたり、芥川賞受賞作品を読んできている。今回も、今年の前期の芥川賞受賞、2作有るうちの「首里の馬」を読んだ。今回はその感想を綴ってみたいと思う。おおまかなあらすじを紹介しよう。沖縄の郷土資料館に眠る数多の記録。中学生の頃から資料の整理を手伝っている未名子は、世界の果ての遠く隔たった場所にいる人たちにオンラインでクイズを出題するオペレーターの仕事をしていた。ある台風の夜、幻の宮古馬が庭に迷い込んできて......(単行本の帯より引用)文章は比較的軽く、読みやすい。詰まるところはなく、スムーズに読み進めることができる。ただ、状況説明がやたらに長く、前半はその説明を永遠と聞かされている感じがする。その長い説明の後、よ...明日のためにその492-首里の馬

  • 明日のためにその491-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、2度目の登場となりますが、中国の女性歌手アリス・ワンです。曲名は「ジョイ・ホ」。ファンキーなリズムに、ボコーダーのかかった本人のコーラスが心地よい、なかなかの名曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。王汶玲AliceOng~JAIHO(胜利)Mv明日のためにその491-今週の一曲

  • 明日のためにその490-インターネットラジオ

    最新のフレンチポップなどが聴ける貴重なステーション。今回紹介するインターネットラジオは、RFIミュージック。最新のフレンチポップなどが聴ける、ステーションだ。もともと、フランスは、昔から大衆音楽のポータルとしての役割を担ってきた。古くから、世界の大衆音楽を発信してきた国である。このステーションは、勿論最新のフレンチポップスも聴けるが、他国の音楽も盛んにかけている。実に珍しいステーションなので、皆様に是非ご紹介したいと、思った。インターネットラジオの聴き方は、以前の記事に書いてあるので、知らない方は一読していただきたい。[http://live02.rfi.fr/rfimusiquemonde-64k.mp3]([]はコピーしないでください)上記がURLとなっている。これを前回の記事に書いたように、URLをコピー...明日のためにその490-インターネットラジオ

  • 明日のためにその489-カツベン

    周防にしては、平均的な作品。昔映画が、モノクロでサイレントだった時、日本にはその映画を説明する「弁士」なる職業があった。彼らは、独特の語り口調で、映画に華を添える役割をしていた。弁士自体が人気者になり、それを目当てに客は劇場に、足を運んでいた。今回紹介する映画は「カツベン」。映画の弁士を主人公にした作品である。ストーリーを紹介しておこう。時は大正、幼い俊太郎は、映画が好きで、特に弁士に憧れていた。ある日彼は、梅子と言う少女と出会う。彼らは意気投合し、一緒に遊ぶ仲になる。時は流れ、俊太郎も青年になったのだが、ある窃盗集団に入り、盗みを続けていた。そんなある日、彼は成長し、女優となった梅子と出会う。昔を懐かしみ、次第に近い仲になる二人だったが......この映画は周防正行監督作品である。彼は、今までも沢山の名画を撮...明日のためにその489-カツベン

  • 明日のためにその488-今週の一曲

    皆様、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、タイからお送りします。歌手は、ブーンマファイル。なかなかのイケメンで、歌もうまいです。曲もフックが良く効いた、なかなかの一曲となっています。では、皆様、ご堪能あれ。แม่จ๋าช่วยที-แฟ้มบุญมา[OfficialMV]明日のためにその488-今週の一曲

  • 明日のためにその487-ワールドミュージックの現状

    欧米化が進む現状。私が「ワールドミュージック」聴き始めて久しいが、最近思うアジアの音楽動向について書きたいと思う。私は特にアジア圏のポピュラー音楽を最近よく聴くが、思うに上手く伝統的な音楽を継承している国と、そうで無い国があると思しい。例えば、タイやインドネシアは、ルークトゥンやダンドゥットと言った、今世紀半ばに形成された音楽を、しっかり継承している国がある。しかし、我が国日本や、韓国等はそれがなされていない。もっとも、日本は伝統音楽がほぼ無かったに等しいと同時に、250年に至る「鎖国」で文化の海外交流は無かった。しかも、ポピュラー音楽の発祥と言えるインドネシアのクロンチョンが誕生した時を始まりとすると、200年は音楽の発展が遅れている事になる。韓国も、軍事独裁政権の解放から、40年程度しか経っていないので、そ...明日のためにその487-ワールドミュージックの現状

  • 明日のためにその486-巴里の屋根の下

    抒情あふれる作品最近なかなか良い映画が無い。どうも自分の臭覚を研ぎ澄ましても、ピンとくるものが無いのだ。そうなると、どうしても食指はクラッシク映画に傾く。今回紹介する映画もクラッシク映画だ。監督は、ルネ・クレーヌ言わずと知れたフランスの名匠である。品は「巴里の屋根の下」だ。大まかにストーリーを紹介しておこう。パリでテンパンアレーとして働く、アルベールは、ある日ポーラと言う女性に一目惚れする。最初は彼を嫌がっていた彼女だが、次第に心を寄せるようになる。そして二人は結婚の約束をする。しかし意外な事から、その約束は叶わぬものとなり.....クレーヌは美しい画像で、魅了し、そして音楽と台詞と無音でストーリを進めていく。物語自体に特にケレンがあるわけではない。ある意味ありきたりの内容である。しかし、彼が撮ると実に滑らかで...明日のためにその486-巴里の屋根の下

  • 明日のためにその485-むらさきのスカートの女

    あなたの傍にいるかもしれない。私は「芥川賞」をある程度追って読んでいるが、最近ご無沙汰していた。昨年の上半期にそれを受賞した作品を、最近ようやく手に取り、読んでみた。タイトルは「むらさきのスカートの女」。今村夏子著。大まかなあらすじを紹介しよう。私(主人公)は自らを「黄色いカーディガン」の女と呼び、ある一人の女性に異様な興味を持つ。それは、主人公の界隈では有名な「むらさきのスカートの女」である。無造作に伸ばしたボサボサの髪、窪んでシミの目立つ顔。どこから見ても少し異様な感じの女性である。その「むらさきのスカートの女」に興味を持った主人公は、間接的に少しの援助を始め、その変化を観察していたのだが......文書はいたって軽妙で、文書の深み、コクが少なく、そこが少し残念な所か。それも相まって、読み進めるには苦労する...明日のためにその485-むらさきのスカートの女

  • 明日のためにその484-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、中華圏の楽曲をご紹介します。歌手は女性の「アリス・ワン」。彼女の唄う楽曲は、まさにワールドミュージックそのもの。多様な要素を持っております。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその484-今週の一曲

  • 明日のためにその483-OHエド日記

    昔のバンドマン事情の知れる貴重な話。以前にもこのブログで紹介した、エド山口がYouTubeで放送している「OHえど日記」。最近まで、とても興味深い内容を放送していた。「バンド屋物語」と題した、16回に及ぶ内容である。昭和40年代初期からの、エド山口が経験した、クラブ等でのライブ経験の物語である。またこの話の内容が濃い。彼自身の経験が元であるので、普通の人には全く知りえない内容なのだ。彼は最初、バンドのベースから始めたのだが、そのビートの打ち方をバンマスに教えてもらったくだりにはじまり、自身が最後のバンドを解散するまでを語っている。ちなみに、彼の最後のバンドには「グッチ裕三」と「モト冬樹」が加入していた。やはり驚くのは、エド自身の音楽知識と感覚である。これについては、業界広しと言えども、彼の右に出る者は少ないと思...明日のためにその483-OHエド日記

  • 明日のためにその482-巴里祭

    純粋なる傑作。最近の映画は、特殊撮影あり、ギミックありと、様々な要素が盛り込められている。映画100年を超える歴史のなかでは、最初の映画は、汽車がただ駅に到着するところを写したり、体の表現だけで観客を笑わせるスラップスティックだったりと、実に単純な要素だけで出来ていた。人間の感情に訴えるものは、案外ストレートでシンプルな要素なのかもしれない。今回紹介する映画は「巴里祭」。フランス映画初期の傑作である。ストーリーを紹介しておこう。ジャンはタクシー運転手、彼の住むアパートのむかえのアパートに住むアンナ。二人は喧嘩しながらも、お互い心通じ愛し合っている。革命記念日の前日、仕事をなくしたアンナをジャンは踊りに誘い、降ってきたにわか雨の雨宿りをしているとき、二人は口づけを交わし、お互いの心を確かめた。しかしその後、ジャン...明日のためにその482-巴里祭

  • 明日のためにその481-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、インドネシアのダンドゥットをお届けします。先週ご紹介した、ポップインドネシアのゆったりした楽曲と違い、スピーディなグルーヴ溢れるものです。歌手はCupiCupita、パワフルな歌唱の女性歌手です。打ち込みでしょうか、スピード感のあるクンダンにドラム。思わず踊りたくなる一曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその481-今週の一曲

  • 明日のためにその480-サムライ

    クールな画面に、シャープな作り。武士道。古来の日本の心と言っても良いそれは、私自身も探求したことがない、未知のものだ。昔から、ヨーロッパを中心に、日本と言う国を知るのに、もてはやされたものではないだろうか。今回紹介する映画は「サムライ」。一人の殺し屋に、日本の武士道精神を投影した映画だ。ストーリーを紹介しておこう。コステロは組織に属さぬ、一匹狼の殺し屋。彼はある組織から、クラブのオーナーの殺しを依頼される。首尾よく仕事を終えた彼だったが、偶然にもそのクラブで演奏している女性に、現場から出てきた所を目撃されてしまう。しかし彼女は、何故か警察の尋問で、コステロを見ても、犯人は彼ではないと偽証をする。仕事の報酬を貰うため、コステロは、依頼主の代理人と会うが、いきなり発砲され、殺されかける。意を決したコステロは、依頼主...明日のためにその480-サムライ

  • 明日のためにその479-今回のインターネットラジオ

    あまたあるステーション。インターネットラジオ。今や隆盛を極めた感のある、音楽媒体と言っていいだろう。既にその局数は3万局を超え、日本で聴くことのできる、海外短波放送を軽く超えている。本日から、私の気まぐれであるが、何回かに渡り、興味深い(私の趣味が大きく反映されているが)インターネットラジオ放送局をご紹介しよう。その前に準備しておくことがある。ラジオを再生するソフトだ。私が推奨するのは「foobar2000」だ。もう開発を中止してしまったが「winamp」と言う昔優れた、音楽再生ソフトがあった。その開発メンバーの中で、特に音にこだわりを持った人たちがwinamp社を辞めて、製作に取り組んだのが、このfoobar2000だ。このソフトをダウンロードして、インストールしておいて欲しい。リンクは下記に示す。https...明日のためにその479-今回のインターネットラジオ

  • 明日のためにその478-1917

    理解不能な撮影方法。映画100年の中で、その技術は日進月歩、新しい手法が様々開発されている。昔ウオン・カーウァイ監督の「欲望の翼」を観たとき、ラスト近くで、カメラが階段を上がってゆくシーンがある。そのカメラの動きの流麗さに驚いた。多分当時の撮影技法で「コプターカム」と呼ばれる、ラジコンヘリコプターにカメラを取り付け撮影されたものと思しい。いわゆる今で言う「ドローン撮影」の魁である。しかし当時は「どうやって撮影したのか」と自信疑問を持ったものだ。今回紹介する映画は「1917」。第一次世界大戦をテーマにした実話である。ストーリーとしては、ごく単純で、フロントラインに攻撃中止の命令を、一等兵二人が自力で届けると言うものだ。(内一人は途中で死んでしまうが)この映画の凄さは、ストーリー展開ではない。その撮影技術だ。この映...明日のためにその478-1917

  • 明日のためにその477-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、インドネシアの音楽「ポップインドネシア」をご紹介します。歌手は「デア・モンカル」と言う女性歌手。荒々しいポップインドネシアの中でも、しっとりとした楽曲を丁寧に唄っております。それでは、みなさま、ご堪能あれ。HeyBaby明日のためにその477-今週の一曲

  • 明日のためにその476-リチャード・ジュエル

    完璧な作りの傑作。映画監督の巨匠と呼ばれる人物は、映画の歴史が100年を超えた今、あまた居ると言っても過言ではない。最近確信したのだが、その中に更に1人、或る人物を加えなくてはいけない。それは誰あろう「クリントイーストウッド」だ。このブログでも、何回か彼の映画を取り上げた。そのたびに、彼の映画作りの素晴らしさに舌を巻いた。今回紹介する映画は、彼の最新作「リチャード・ジュエル」。純真無垢な男性を描いたものである。ストーリーを紹介しておこう。1996年、アメリカ、アトランティックオリンピックが開かれているとき、リチャード・ジュエルは、そのアトラクションを警備する仕事に就いていた。人一倍正義感が強く、法の執行人としてのプライドを持っている彼は、たとえ警備員でも、責任をもって職を全うする覚悟でいた。ある日、彼が警備を担...明日のためにその476-リチャード・ジュエル

  • 明日のためにその475-17ライブ

    中毒性強し、観覧注意。最近世界中で、素人タレントが出現している。きっかけはやはり「YouTube」であろう。ユーチューバーと呼ばれる素人が、自分なりの企画映像を配信し、広告収入を得る。子供たちの間では、将来の夢はユーチューバーと答える者たちもいるらしい。他のメディアでは、テックトックやポコチャなどがあり、特にポコチャはライブ配信を主にしている。最近私も結構通っているサイトがある、それは「17ライブ」と言うところだ。こちらもライブ配信を主に行っている所で、老若男女問わず「ライバー」と呼ばれる配信者が、日々切磋琢磨している。このライバーを観る人たちを「リスナー」と呼び、それそれのリスナーは「推し」と呼ばれる、自分たちの好きなライバーを持っている。私も推しライバーはいるが、それはまたの機会にご紹介する。そしてこのサイ...明日のためにその475-17ライブ

  • 明日のためにその474-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、引き続き「未来に残したい曲」のアジア編をお送りいたします。今回ご紹介する曲は、フェイ・ウォンの唄う「夢中人」。この曲のオリジナルは、アイルランドのグループ「クランベリーズ」のドリームで、フェイ・ウォンはこれを中国語でカバーしております。また、この曲は、香港の映画監督ウオン・カーウァイの映画「恋する惑星」のエンディング曲で使用されています。美空ひばり、テレサテンの亡き今、フェイ・ウォンは間違いなくアジアの歌姫といえる存在ではないでしょうか。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその474-今週の一曲

  • 明日のためにその473-今回の名盤

    ブルースロックの金字塔。今や国内・国外問わず、ラップやらやたら軽い音楽がもてはやされている。素人でギターを始めようとする人たちも、流行りのJ=POPのコピーから始める人が多いようだ。しかし私たちがギターを始めたころは、きっかけは様々だが、皆「ブルース」からその基礎を学んでいた。私自身もブルースのフレーズを弾いていると、気持ちが段々高揚したものだった。今回紹介する「名盤」は、そのブルースが隆盛を極めていたころのものである。アーティストは「フリー」アルバムは「ファイヤー&ウオーター」である。まず曲目を紹介しよう。1.ファイヤー&ウオーター2.アイ・ウエイプト3.リメンバー4.ヘヴィイ・ロード5.ミスター・ビック6.ドンセイユー・ラブミー7.オールライト・ナウ以上7曲で、1曲あたり4分を超えるものが殆どである。197...明日のためにその473-今回の名盤

  • 明日のためにその472-技術進歩の陰

    発展する技術の陰で消えていくもの。巷では、携帯の電波容量が増えた「4G」「5G」が話題となっている。これによって、携帯の通信速度は飛躍的にあがり、その恩恵を受けている人たちは多い。しかしこのことは、全ての人たちにとって喜ぶ事ではないのである。それはこの規格の通信が、一部の趣味を持っている人の「妨害」になっているからである。4G,5Gの利用している通信周波数帯は、3.4GHz~4.6GHz。実はこの周波数帯は「Cバンド」と呼ばれ、放送衛星の受信周波数帯と同じなのだ。これで何が問題かと言うと、当然同じ周波数帯を使っているので、衛星からの電波にそれが干渉し、混信を招く。地上3万6000キロメートルの上空に、放送衛星は地球の自転に合わせ動いている、地上から見ると同じ位置に停止して見ることができる。そう、放送衛星の電波は...明日のためにその472-技術進歩の陰

  • 明日のためにその471-smuleを使ってみて

    国柄が分かるソフト、smule(シュミュール)。以前このブログでも取り上げた、カラオケ専門の携帯アプリである。これを使い始めて、そろそろ4カ月がたつ。このアプリは、ワールドワイドで、世界中に利用者が居る。世界何か国で利用されているかは、不明だが、かなりの国で利用されていると思しい。このアプリを使って、レコーディングした曲は私は約800曲。それも全てデュエットである。デュエットとは、フォロワーから、私の歌うパートを歌わずに招待曲を送ってくることである。一般のカラオケのデュエットと全く同じである。私のフォロワーは、2名を除いて全て国外の人たちである。何故かと言えば、私の唄う歌が、全て洋楽だからだ。かといって最新の洋楽は分からないので、ビートルズを中心に唄っている。フォロワーから送られてくる楽曲で、唄えるものが無い時...明日のためにその471-smuleを使ってみて

  • 明日のためにその470-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、前回に引き続き、未来に残したい懐かしい一曲をご紹介します。今回は日本の歌謡曲で、作詞が西條八十、作曲が古賀政男と言う、日本歌謡界のスーパーコンビが作った楽曲です。曲名は「トンコ節」スーパーコンビが作ったこの曲は、日本古来のリズムと軽妙な歌詞が魅力の一品です。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその470-今週の一曲

  • 明日のためにその469-けいおん

    ほっこりできる青春群像。京アニ(京都アニメーション)。昨年、センセーショナルな事件が起こった場所だ。二度とあのようなことは、起こしてはならないと皆様も胸に刻んだことだろう。今回紹介する映画は「けいおん」。京アニの製作したアニメーション映画である。ストーリーを紹介しておこう。同じ高校に通う、仲良し4人の同級生と、1学年下の学生は「放課後アフタヌーンティー」と言うバンドを組んでいる。彼女達が所属するのは、軽音楽部通称「けいおん」と呼ばれている所だ、4人は既に高校の卒業も決まり、大学も受かり、順風な日々を過ごしていた。そんな折、彼女達は、後輩のメンバーも加えて卒業旅行を計画する。色々悩んだ末、彼女達はイギリスのロンドンを目指すことになる。そして旅行当日、5人は空港に集まり、飛行機に乗り、ロンドンを目指すことになるのだ...明日のためにその469-けいおん

  • 明日のためにその468-無くしてしまった趣味

    止められぬと思った趣味。人はそれぞれ趣味を持っている。無趣味と言う方もいるから、必ずではないが。私も結構多趣味で、色々楽しんでいる。その中で、最近止めててしまった趣味がある。それは「パチンコ」である。高校時代(違反であるが)から、様々なパチンコ台を打ち、様々な景品等を獲得してきた。しかしトータルで言えば、負け戦である。ギャンブルで勝ち続けることはできない。それを分かっていても、何故か続けるパチンコには何か言い知れぬ悪魔的魅力があった。一度パチンコ店を訪れれば、勝つまで黙々とお金をつぎ込みはじめる。資金が無くなれば、近くの銀行に行って、お金をおろす。また負ける、また銀行へ行く。これを繰り返し、一日に何万とパチンコにつぎ込む。調子の良い時は、何十連荘と勝ちが続き、一日に何万も儲けることができる。この繰り返しが楽しく...明日のためにその468-無くしてしまった趣味

  • 明日のためにその467-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、後年にも残したい、過去の名曲をご紹介します、1985年にデビューした、イギリスのバンド「エイスワンダー」です。とてもキュートな女性ヴォーカル、パッツィ・ケンジットを中心に活躍したバンドです。今回ご紹介する楽曲も、今聴いてもなにも色褪せしない、新鮮なものと言えます。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその467-今週の一曲

  • 明日のためにその466-ストリーミングサービス様々

    どのサービスにも一長一短あり、悩ましい状況。私がアマゾンミュージックHDとモーラクオリタスを契約して、結構長期間がたった。本日はこの、2つのストリーミングサービスを比較等していきたいと思う。再生環境は、自身のもっているPCで、96kHz24ビットが上限のものである。この環境であれば、ハイレゾの再生可能と考える。アマゾンミュージックHDそもそもこのサービスの問題は、曲名と実際が合っているかどうかという、初歩的な段階の扱いにある。以前このブログでも紹介したが、フリーの名作「ファイヤー&ウオーター」の一曲目が違う音源になっていたことがあった。現在は修正されているが、他のアーティストも、曲名と中身が違っている可能性は疑うに十分と言わざるを得ない。このような誤りは、音源の質を問う以前の問題なので、運営側はより一層の注意が...明日のためにその466-ストリーミングサービス様々

  • 明日のためにその465-淑女と髭

    安定した作りで、安心して観える作品。人間先のことは分からない。また、人は、人との出会いによって、その運命を大きく変えられることができる。めぐり逢いとは、それほど人生にとって大事なことなのだ。人との出会いによって、人は目標を持ち、または、目標を変えたりする。それがどのような結果になるのか、これまた先の分からぬことで、それ自体人生を面白くする。今回紹介する映画は「淑女と髭」。日本の巨匠、小津安二郎監督の名作である。ストーリーを紹介しておこう。剣道を趣味とする岡島は、日本男子をそのまま表したような「質実剛健」な男。彼は伯爵の友人である妹達に、その顔にたたえた見事な口髭、顎髭から、それを馬鹿にされて嫌われている。ある日岡島は、街中で、不良少女に恐喝されている女性を救う。名も告げずその場を去ったかれだったが、この出会いが...明日のためにその465-淑女と髭

  • 明日のためにその464-電柱小僧の冒険

    しっかりした作りに裏打ちされた傑作。塚本晋也。最近は俳優としての活躍が目立つ。しかし、彼こそ、1980年代、日本を代表するインディーズの監督である。今回紹介する映画は、彼のデビュー作になる「電柱小僧の冒険」。彼が映画の監督を含め、殆どを担当した作品である、通常ストーリーを紹介するのだが、本作は短編であり、内容も実にシンプルなので、今回は割愛させていただく。この映画を観ると、話題作となった「鉄男」の原型はほぼ出来上がっている思しい。コマ撮りを連続させた「高速移動」独特の世界観を持つ演者の「メイク」。どれもが完成されていて、とても初監督作品とは思えない。ゆっくりと始まった映画は、中盤から後半にかけて、スピード感をどんどん増してゆく。ここが素晴らしい。普通なら疾走してゆきそうなものだが、この映画はどんどん良くなってい...明日のためにその464-電柱小僧の冒険

  • 明日のためにその463-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ系歌謡をご紹介します。レバノン出身の女性歌手、ハイファ・ワハビです。しっかりしたアラブビートに支えられた、歌声。とても魅力的ではないでしょうか。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその463-今週の一曲

  • 明日のためにその462-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、トルコの女性歌手「アイスン・コチャテペ」をご紹介します。トルコのポップスと言えば、アラブ系のビートを基本とした、激しい旋律をご想像する方も多いと思います。しかし、彼女の場合、とてもアダルトでしっとりした音楽を聴かせます。トルコポップスとしては、稀有な存在ではないでしょうか。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその462-今週の一曲

  • 明日のためにその461-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ブルガリアの女性歌手「イヴェーナ」をご紹介します。独特のエッジの効いた、エスノ風味あふれる演奏に、渋い声を聴かせてくれる彼女。しかしそんな重みがなく、サラリと歌を聴かせてくれるところはさすがでしょう。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその461-今週の一曲

  • 明日のためにその460-ジョジョラビット

    魅力的な演出、魅力的な演者たち。第二次世界大戦が終わってから75年の時を迎える。映画の世界に目を向けると、数多く製作されている映画に、ドイツの「ヒトラー」をモチーフにした作品が多いことにお気づきになるだろう。20世紀を揺るがした「独裁者」まさにその所業は、悪魔に等しい物だった。今回紹介する映画は「ジョジョラビット」。一風変わった視点からヒトラーを捉えた作品である。ストーリーを紹介しておこう。ドイツの或るところに、母と二人暮らしの男児ジョジョが居た。彼は妄想の中でヒトラーと話し、自分は純粋なナチズムを持った人間だと思っている。しかし彼の本性は優しく、とても残酷なナチ党員にはなれない。ある日ナチの少年たちがキャンプを行った。ジョジョもそこに参加する。ある指揮官の大人からジョジョはウサギを手渡され、そのウサギを殺すよ...明日のためにその460-ジョジョラビット

  • 明日のためにその459-今週の一曲は

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、先週に引き続き、アラブ歌謡をお送りいたします。歌手は「ウム・カルスーム」既に故人となっておりますが、その人気は今も健在。彼女の肖像を模した切手まで発売されています。その歌いっぷりは、堂々、聴く人たちに感銘を与えるでしょう、では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその459-今週の一曲は

  • 明日のためにその458-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ歌謡の女王とも言える存在「フェイルーズ」をご紹介します。少し古い録音ですが、その歌いっぷりは堂々。だれもが満足できるものではないでしょうか。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその458-今週の一曲

  • 明日のためにその457-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、先週に引き続き東南アジアのポップスをご紹介します。今回はタイの「ルークトゥン」をご紹介します。ルークトゥンはタイの東北部の田舎から発祥した音楽、その意味には「田舎的な」と言う意味もあるそうです。ご紹介する歌手は、女性のジンリー・シージョンポン、美貌と脚線美を売りにした歌手です。ルークトゥンの特徴でもある、カウベルの心地よい雰囲気が味わえる一曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその457-今週の一曲

  • 明日のためにその456-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、インドネシアのダンドゥットをご紹介します。歌手は「カメリア・マリク」。あまり東南アジアのポップスは、人気が無いようですが、このダンドゥットは、手打ちのクンダンが心地よい、なかなかの名曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその456-今週の一曲

  • 明日のためにその455-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、トルコの女性歌手「デニズ・セキ」をご紹介しましょう。彼女の少し太めの声で、安定した歌唱はきっと皆差を癒すことでしょう。それでは、ご堪能あれ。明日のためにその455-今週の一曲

  • 明日のためにその454-ジュディ 虹の彼方に

    ジュディ・ガーランドの悲しき生涯。洋・邦問わず、名子役は数多存在した。しかし、その殆どは、成長するに従い、その存在価値がなくなり、表舞台から姿を消した。今存在している、子役から成長した役者は、ほんの一握りしかいないと言っても過言ではない。今回紹介する映画は「ジュディ虹の彼方に」。オズの魔法使いで、一世を風靡した、ジュディ・ガーランドの人生を描いた映画である。ストーリーを紹介しておこう。ジュディ・ガーランドは、既に中年の域にかかり、幼い子供二人と、住むところもなく、安舞台をまわっていた。そんな折、彼女にロンドン公演の話がまいこむ。彼女は二人の子供を全夫に預け、単身イギリスに渡ることになる。幼い頃からの心身不安定に悩まされていて、アルコール依存症の癖もある彼女だが、ロンドン公演に賭ける意気込みは凄いものがあった。そ...明日のためにその454-ジュディ虹の彼方に

  • 明日のためにその453-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ギリシャの歌手、フォティニ・ダラをご紹介します。彼女の優しい歌声には、きっと癒されるでしょう。では、ご堪能あれ。明日のためにその453-今週の一曲

  • 明日のためにその452-イエスタディ

    ダニーボイルの秀作ビートルズ。言わずと知れた20世紀を代表する、ポピュラー音楽の巨匠である。私自身も彼らに影響を受け、作詞・作曲を行うようになったし、今でも彼らの楽曲はよく聞く。その偉大さは、計り知れないもので、今後現れることない現象であろう。今回紹介する映画は「イエスタディ」。ビートルズを中心にした、映画である。ストーリーを紹介しておこう。ジャックは売れない男性のアマチュアライブ歌手。彼には長年ささえられている女性マネージャー、エリーがいる。ある日ジャックはライブの帰り、いつもどおりエリーが運転する車から降り、自分の自転車で帰途につこうとするが、交通事故にあってしまう。と、その瞬間、世界中で「12秒間」原因不明の停電が起きる。ジャックは入院し、軽い症状だったので暫く療養した後退院する。ジャックの友達が、彼の快...明日のためにその452-イエスタディ

  • 明日のためにその451-今回の名盤

    アメリカンロックの金字塔混沌とした70年代のロック。メインストリームが無い中、様々なアーティストが様々な作品を残した。それはまさに、音楽界の玉石混交。まさにカオス状態だった。しかし、そんな中、ロック界の金字塔とも呼べるアルバムがリリースされる。それが今回紹介する「オールマンブラザーズバンド」の「ブラザーアンドシスターズ」である。ご存じの方も多いと思うが、このバンドを代表していたリードギターリスト「デュアンオールマン」が交通事故で夭逝し、バンドの中心を無くした彼らの復活劇を演出した名盤である。曲目を紹介しておこう。1.wastedwords2.ramblin'man3.comeandgoblues4.jellyjelly5.southbound6.jessica7.ponyboyグレックオールマンとデッキーベッツ...明日のためにその451-今回の名盤

  • 明日のためにその450-驟雨

    夫婦愛を愛でる監督の目夫婦。結婚する前は、それぞれ他人として暮らしていた男女。その男女が、一つ屋根の下で暮らすのだから、お互い価値観の違いから、仲違いすることもあるだろう。しかし、子供が生まれても、所詮親元から旅立てば、最後に残るのは「夫婦」だけである。そう考えると、お互いの事を慈しむ心も含め、考えも新たになるだろう。今回紹介する映画は「驟雨」。結婚倦怠期の夫婦を描いた映画である。ストーリーを紹介しておこう。亮太郎と文子は結婚4年目の夫婦であるが、既に倦怠期を迎えている。亮太郎は休日の朝、些細なことから、家を出てしまう。そんな折、新婚旅行に出かけていた文子の姪が、旅行先で夫と些細なことで喧嘩となり、新婚旅行を中断して帰ってきてしまう。文子はそんな姪を諭し、もとのさやに収めようとするが..........文子の姪...明日のためにその450-驟雨

  • 明日のためにその449-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラム歌謡から、Shadiaをご紹介します。どくとくのこぶしと、コクのある旋律はアラブ歌謡特有のもの。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその449-今週の一曲

  • 明日のためにその448-ミッションインポッシブル

    007に代わるもの007シリーズ。毎回観客の度肝を抜くギミックで、その公開を楽しみにしていた映画である。特に、特殊装備された「アストンマーチン」が活躍する「ゴールドフィガー」やモータボートが陸まで駆け上がり、派手なチェイスを見せた「死ぬのは奴らだ」には思い入れが深い。しかし、残念な事に、この「007シリーズ」にとって代わる映画が完成してしまったのだ。それは「ミッションインポッシブル」シリーズ。トム・クルーズの豪快なアクションと、派手なアクション演出で知られるこのシリーズは、1作目から見ているが、どれも期待を裏切らない見事な出来となっている。特に、ブライアン・デパルマがメガホンを取った1作目は、映画としても完璧なものであり、私は正直驚いた。そして、遅ればせながら、最近最新作の「フォールアウト」を観た。それは私の予...明日のためにその448-ミッションインポッシブル

  • 明日のためにその447-ohエド日記

    ポップスの深い薀蓄を知れる。YouTube。以前このブログでも最近のYouTubeの悪さ(広告の長さ)について言及した。もともとYouTubeのことは、あまり好きではなかった。長い広告、投稿者のつまらない映像。趣味がYouTubeと言う人も多いが、なにが興味をそそるのか私には分からなかった。しかし最近、とても興味深いチャンネルを見つけた。それは「ポップスの伝承者」エド山口が放送してる「ohエドチャンネル」である。とにかく、ベンチャーズ等の時代を生きてきた人だから、その裏話がとても面白い。若くして、クラブのフルバンドのベースを担当してきた彼だ、その時代の裏話は豊富に持っている。まだ始まって、歴史の無いチャンネルだが、あまりに面白いので、ついつい沢山見てしまう。昔はベースアンプが無く、ギターアンプをベースアンプとし...明日のためにその447-ohエド日記

  • 明日のためにその446-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ歌謡から、女性歌手の「マイッサム・ナハス」をご紹介します。軽快なアラブのリズムにのり、軽々と歌いこなす彼女の実力は大したもの。きっと皆さまも、ご納得いただけるでしょう。では、ご堪能あれ。MayssamNahasKhodneFeHodnakميسمنحاس-خدنىبحضنك明日のためにその446-今週の一曲

  • 明日のためにその445-亀は意外と速く泳ぐ

    荒唐無稽な大駄作。世の中、様々な映画が存在する。しかし、映画の世界だけではないが、結果的に問われるのは、それが「傑作」か「駄作」かである。「普通」と言う選択肢もあるが、果たして何をもって普通と言えるかは個人それぞれである。だが、傑作と駄作だけは、映画そのものの作り等で、映画自身がそれを語ってくれるので面白い。今回紹介する映画は「亀は意外と速く泳ぐ」キャッチコピーとしては「脱力系スパイ映画」とあった。ストーリーを紹介しておこう。夫が海外単身赴任中の主婦、すずめはある日「スパイ募集」の小さな張り紙を見つける。興味を持った彼女は、早速そこに書いてあった電話番号に連絡し、スパイの一味として活動することになる。しかし、いくら待っても、スパイに関する指令は無く、毎日を淡々と過ごしていたのだが........「駄作」である。...明日のためにその445-亀は意外と速く泳ぐ

  • 明日のためにその444-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ポルトガルの「ファド」をご紹介いたします。依然もファドはご紹介しましたが、今回ご紹介する歌手「アナ・ラインス」は、ファド特有の少々重く、暗いビートで歌うのではなく、軽快で瑞々しいスタイルで歌いあげます。或る意味ファドの「新機軸」とも言えましょうか、では、みなさま、ご堪能あれ。AnaLáins-Zanguei-mecomomeuamor明日のためにその444-今週の一曲

  • 明日のためにその443-血槍富士

    凝縮された群像ドラマ。人間、個々に人生は違う。身分の差も、現代では無いように思うが、実はあったりする。特にサラリーマンの世界では、江戸時代の身分制度があてはまるシチュエーションに度々出くわすだろう。個々に違う人生が交錯する社会、そこに真の平等が求められるべきではないのか。今回紹介する映画は「血槍富士」江戸時代の階級制度に、辛辣な一撃を加えた映画だ。ストーリーを紹介しておこう。江戸を目指して東海道を旅する若様、小十郎と槍持ち権八、お供の源太。彼らは、旅の途中途中で様々な人と出会い、触れ合う。そして彼らは、街道中を荒らしまわっている泥棒を見事捕まえる。ひょんな出来事に、彼ら自身も驚いたが、担当藩主からの礼状に、小十郎は激怒した。捕まえたのは自分ではないのに、何故自分の手柄になるのか。礼状一筆だけで、金銭も含めた礼が...明日のためにその443-血槍富士

  • 明日のためにその442-今回の名盤

    ニトロな名盤。今回から、不定期ではあるが、過去の日本、海外を問わず、私が選んだ名盤をご紹介したいと思う。第一回目となる今回は、70年代最も世間に衝撃を与えたアルバム「セックスピストルズ」の「勝手にしやがれ(邦題)」である。70年代末に発表されたこのアルバムは、当時混沌としていたイギリスの国内状況の如く、混沌としていた世界の「ロック界」に痛恨の一撃をくわえたアルバムである。アルバムに収録されている曲を紹介しよう。1.さらばベルリンの陽2.お前は売女3.分かってたまるか4.ライヤー5.ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン6.怒りの日7.セヴンティーン8.アナーキー・イン・ザ・UK9.サブミッション10.プリティ・ヴェイカント11.ニューヨーク12.拝啓EMI殿以上の12曲となっている。中でも有名なのは、5であろう。イギリス...明日のためにその442-今回の名盤

  • 明日のためにその441-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ジャズハーモニカで有名な「ツーツ・シールマンズ」をご紹介します。曲はジョン・シュレンジャー監督の映画「真夜中のカウボーイ」の主題曲です。哀愁を帯びた、音色がとても素晴らしい演奏です。では、みなさま、ご堪能あれ。TootsThielemans-ThemefromMidnightCowboy-EuropeanQuartetLive2010明日のためにその441-今週の一曲

  • 明日のためにその440-パラサイト半地下の家族

    カンヌ、アカデミー賞受賞作品。今年のアカデミー賞で、奇跡が起きた。誇張表現と思われる方もいるだろうが、私にとっては「奇跡」以外の何物でもない。そう、韓国のボン・ジュノ監督の映画「パラサイト」が、アカデミー賞の監督賞と作品賞を受賞したのだ。これは92回を誇るアカデミー賞の中で、母国語の「英語」以外が使用された映画が、作品賞を取るのは初めてである。それもアジア圏からそれが現れるとは、誰も予想だにしなかったことではないだろうか。早速それを受けて、私もパラサイトを観に行ってきた。普段ならばここで、ストーリーの紹介をするのだが、この映画、ストーリーを紹介すると、全てネタバレとなってしまうので、あえてここは割愛させていただく。よって、今回は、私のこの映画を観たストレートな感想を書いてみたい。ボン・ジュノ作品は何本か観ており...明日のためにその440-パラサイト半地下の家族

  • 明日のためにその439-The NET 網に囚われた男

    国にとっての個人とは何か。北朝鮮。未だ謎の多い閉ざされた国である。多くの人民は、貧困で飢えに苦しんでいると言う。一方南朝鮮(韓国)は、決して裕福とは言えないものの、以前の軍事政権下時代に比べれば、自由な生活を送っている。この南北朝鮮問題は、いつ解決するのだろうか。今回紹介する映画は「TheNET網に囚われた男」南北の朝鮮に、人生を破綻させられた男の物語である。ストーリーを紹介しておこう。北朝鮮の漁夫、ナム・チョルは、妻と娘と三人で質素に暮らしていた。ある日彼は、いつも通り前日に仕掛けた網を上げるべく、小さな船にのり、自分の漁場まで行く。しかし、網が船のスクリューに引っかかってしまい、挙句スクリューを回転させるモーターまで故障させてしまう。彼は波の動きに逆らえず、どんどん韓国との境界線に近づき、ついには韓国側へ入...明日のためにその439-TheNET網に囚われた男

  • 明日のためにその438-今週の一曲。

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、マレーシアの女性歌手「ノラニザ・イドリス」をご紹介します。独特のリズムに、彼女の力強い声がのる、なかなかの名曲です。では、ご堪能あれ。明日のためにその438-今週の一曲。

  • 明日のためにその437-ジョーカー

    圧巻の演技が見どころ。世間には、富裕層と貧困層が存在する。高見から、社会を見下ろす富裕層と、底辺のプライドで何事にも挑む貧困層。この両者の違いは、言葉では言い尽くせないものがあるだろう。今回紹介する映画は「ジョーカー」バットマンの宿敵として知られる、彼のことを、彼の視線から描いた作品だ。ストーリーを紹介しておこう。ゴッサムシティの貧困層に生まれ育ったアーサー。彼はコメディアンを目指し、ピエロとして働いていた。しかし、世間の目は冷たく、彼には災いばかり降りかかってくる。ある日彼は、富裕層のエリートサラリーマンと、電車の中でトラブルを起こす。そして彼は、彼らに袋叩きにあう。アーサーは、職場の仲間から、自分の身を守るようにと借りていたピストルで、彼らを殺してしまう。必死に逃げるアーサーだったが.........まずこ...明日のためにその437-ジョーカー

  • 明日のためにその436-smule

    魅力ある音源の多さ。「karaoke」日本を代表する文化として、市民権を得て久しい。私などは、飲みに行くと必ずと言って良いほど、二次会はカラオケボックスのお世話になる。私の歌などは、とても恥ずかしくて聴かせようがないが、自身大声を出すことで、十分ストレス発散になっている。上手く歌うのはとても難しいものだ。私の様に、カラオケが上達したい人に良いアプリを見つけた。それはスマホ専用アプリで、名が「smule」外国製のアプリだが、これがなかなかどうして優れものである。先ずは楽曲の多さ。外国製アプリなので、日本の音源はあまり多くないが、海外(アメリカ、イギリス)の音源は豊富である。もともと外国の歌ばかり歌ってきた私にとっては、好都合の音源のシェア率である。あと、歌った後に、エフェクトがかけられるし、一部のアンドロイド機種...明日のためにその436-smule

  • 明日のためにその435-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アフリカの男性歌手「アリ・ハッサン・クバーン」をご紹介します。アラブ色の濃い、濃厚な一曲です。では、ご堪能あれ。Habibi明日のためにその435-今週の一曲

  • 明日のためにその434-クリエイション

    日本文化から生まれたロック。1960年代後期から1970年代初期まで「日本語でロックを作ることは可能か」と言う論議が盛んになされた。その最終結果が「はっぴいえんど」であると言うことは、今や常識である。そして、その傾向は「char」により昇華され、ここに見事「日本語でロックを作ることは可能である」と言う確信的な状況は完成した。しかし、はっぴいえんどから、charに至るまで、日本でのロック作りは、紆余曲折を経て成り立ってきた。その中心的存在だったのが、今回紹介するバンド「クリエイション」だ。竹田和夫(ギター)を中心に、GSブームの去った後、ブルースクリエイションとして1963年に結成されたのが最初である。その後、メンバーを入れ替え、1975年に念願のファーストアルバム「クリエイション」をリリース。そして、1977年...明日のためにその434-クリエイション

  • 明日のためにその433-よこがお

    「マスコミ」マスコミュニケーションの略で、不特定多数に対して情報が提供されること、及びそれを行う企業・団体のことである。ペンは剣よりも強しと言った言葉があるように、反社会勢力に対して、正義の鉄槌を振り下ろすのならよいのだが、時には誤った情報を世間に流し、人を傷つける事もある。現在はネット社会。マスコミやネットで、誤った情報を流布されて、傷ついた人も多くいるのではないか。今回紹介する映画は「よこがお」一人の女性が、負のスパイラルに堕ちて行く様を描いた映画である。ストーリーを紹介しておこう。訪問看護師白川市子は、訪問先の姉妹たちの勉強を見てやるほどの仲の良い関係を続けていた。更に近々医者との結婚話も進んでおり、順風満帆の人生を歩いていた。しかし、ある日その姉妹の妹が行方不明になる。翌日彼女は無事警察に保護されたが、...明日のためにその433-よこがお

  • 明日のためにその432-今週の一曲。

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、レバノンの女性歌手「ハスナ」をご紹介します。独特のアラブビートにのって、力強く歌う彼女に圧倒されるでしょう。それでは、ご堪能あれ。Hasna-Tebghanidhak(liveatstudio2m)明日のためにその432-今週の一曲。

  • 明日のためにその431-哀しみのトリスターナ

    女性=残酷な生き物?女性の心理は分からない。男性の視点では、女性の神秘は永遠の謎ではないだろうか。こちらを向いたと思ったら、心はあちらの方向を向いている。良かれと思ってとった行動に、急に不機嫌になる。私も、いい年になったが、未だに女性は未知の存在と言える。今回消化する映画は「哀しみのトリスターナ」シュールレアリスムの監督として有名な「ルイス・ブニュエル」の後期の作品だ。ストーリーを紹介しておこう。孤児のトリスターナは、老夫婦に引き取られる。そして、里親の母が亡くなった時、彼女は里親の父にその貞操を奪われる。ある日外出したトリスターナは、若い画家と知り合い、恋に落ちる。里親を捨て、画家と駆け落ち押した彼女だったが.......ブニュエルの作品としては、少々作りが荒く思われる。特に時間経過の説明が少々不足していると...明日のためにその431-哀しみのトリスターナ

  • 明日のためにその430-賭博師ボブ

    息詰まるサスペンス。「IR法」日本で、今一番興味が注がれている法案だろう。一旦は国会を通過したものの、今は野党の反対にあって、計画は頓挫しようとしている。この法案の一番の注目は、カジノである。一夜にして、億万長者になれるカジノは、博打好きとってはとても興味深いものであろう。今回紹介する映画は「賭博師ボブ」一人の賭博師を描いたドラマである。ストーリーを紹介しておこう。裏社会にも精通した、伝説の賭博師ボブ。彼は、街の賭け等を通し、生活をしている。ある日彼は、仲間からドーヴィルのカジノの金庫に、大量の現金が眠っていると言う情報を聞く。一念発起した彼は、自分の最後の大仕事として、その金庫から現金を奪う計画を立てる。昔の仲間を何人か集め、周到な準備を重ね、その時を待った。しかし、意外な所からその情報が警察に漏れる。果たし...明日のためにその430-賭博師ボブ

  • 明日のためにその429-左様なら

    青春群像劇。「青春時代」特に記憶に残り、人生に多大な影響を及ぼすのは、高校時代ではないだろうか?肉体的にも成長し、しかし、精神的には不安定な状態にあるアンバランスの時期。この時期に、受ける衝撃は、深く心に刻み付けられるであろう。今回紹介する映画は「左様なら」一人の高校生を中心にした、群像劇である。ストーリーを紹介しておこう。高校生の由紀は、中学時代からの友人綾と仲が良い。しかし、綾はある日突然、由紀に「引っ越すことになった」と言い、彼女の唇にキスをする。だが、数日後、綾は死んでしまう。それをきっかけに、由紀はクラスメイトから自ら離れ、孤独になってゆく。誰も彼女に手を伸ばさない状況が進む中で、彼女はどんどん一人になってゆくのだが........まず、この映画のPR点であった「高校生達の素直な演技」に関しては、とて...明日のためにその429-左様なら

  • 明日のためにその428-今週の一曲。

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アルメニアの女性歌手「ガヤン・セロビアン」をご紹介します。彼女の暖かく、優しい歌声は、きっと皆さまに安らぎをおぼえさせるでしょう。では、ご堪能あれ。GayaneSerobyan-"BazmerangShghtaner"明日のためにその428-今週の一曲。

  • 明日のためにその427-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ボビー・ウー・マックの「110番街交差点」です。昔、タランティーノの映画「ジャッキー・ブラウン」の劇中歌としても有名になった曲です。では、ご堪能あれ。'Across110thStreet'lyricsBobbyWomack明日のためにその427-今週の一曲

  • 明日のためにその426-i-dio

    終焉。その記事は、私を驚かすには十分すぎた。それは今年の正月、暇に任せて、ウエブを色々見ていた時だった。検索エンジンに何げなく「idio」と入力してみた。そう、このブログでも何度が取り上げたそれである。検索結果のトップにはi-dioのホームページが出力されていた。なにかi-dioに新たな動きがあるのか、興味を持って、ページを開いた。確かにそれはあった。12月25日付けのニュースである。それをクリックした後、私の体に戦慄が走ることとなる。そのニュースはi-dioのサービス終了を告げるものだった。2016年にサービスを開始した同社だったが、経営不振のため、本年3月31日を持って、サービスを終了すると言う。私はこのサービスの「ハイレゾ」を聴きたいがため、ipadタッチを買った。正直残念である。何故経営不振になったか、...明日のためにその426-i-dio

  • 明日のためにその425-今週の一曲

    みなさま、あけまして、おめでとうございます。本年第一回目の今週の一曲は、派手にジャパニーズゴーゴーで幕開けしましょう。本年も本ブログのご愛読、よろしくお願いします。森本和子‐ハイティーン・ゴーゴー明日のためにその425-今週の一曲

  • あしたのためにその424-mora qualitas

    音としては最高級。今年になって、ネットのストリーミングサービスに変化があり、肩摩轂撃の様子を呈してきた。一番のニュースは、アマゾンミュージックのハイレゾ化であろう。最高で192kHz、24ビットのハイレゾ音楽を配信する、日本では初のサービスである。先にFlacでCD音質の配信を誇っていた、Dezeerを大きく追い越す内容でのローンチとなった。以前このブログに書いたように、アップしてある楽曲の内容の間違いがあったり、曲名が間違っていたりと、アマゾンミュージックの管理体制の甘さは指摘されて十分な所がまだある。アマゾンミュージックのハイレゾ化を追うように、ハイレゾ曲の有料ダウンロードサイト「mora」が「moraqualitas(モーラクオリタス)」と言うハイレゾストリーミングサービスをローンチした。私も、モーラクオ...あしたのためにその424-moraqualitas

  • 明日のためにその423-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。もう年の瀬ですね。忙しい中この一曲で一服してください。今回の今週の一曲は、エチオピアの女性歌手を紹介します。名前はマリトゥ・レゲセ。エチオピアの音楽を聴く機会は、あまりないと思いますが、やはり独特のグルーヴを持った曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。MarituLegesse-Yegemasheral-ማሪቱለገሰ/ይገማሸራል-EthiopianMusic2018(OfficialVideo)明日のためにその423-今週の一曲

  • 明日のためにその422-USBケーブル

    USBケーブルで音が変わる。パソコンの周辺機器は様々ある。その接続方法は、ほぼ「USB」に統一されてきたとおぼしい。しかし、そのUSB接続は、ノイズに弱く、貧相なケーブルでは、エラーさえ起こすことがある。今回紹介する商品は「ユニブレイン」社のUSBケーブルだ。以前このブログで紹介した通り、私は「iPodタッチ」と「fiiom9」をUSB接続で繋ぎ、i-dioのハイレゾチャンネル等を聴いている。しかし、使っていたケーブルが90㎝と長く、使いにくことと、以前雑誌で「USB接続は良いケーブルを使うべし」と言う記事を読んだことがある。そこで、短めで、品質の高いケーブルが欲しくなり、今回の購入に至った。長さは30㎝で、USB3.0対応である。片側USB-Aで、片側USB-Cとなっている。引き回しも苦労なく、何せ短いことも...明日のためにその422-USBケーブル

  • 明日のためにその421-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、バングラデシュの女性歌手をご紹介します。名前はベイビー・ナズニン。曲調は、隣国インドのそれによく似ていますが、独特のグルーヴを持っています。それでは、ご堪能あれ。BabyNaznin-PremKorileoDae|BandhileMon|Soundtek明日のためにその421-今週の一曲

  • 明日のためにその420-穴

    張り詰める緊張感。映画の作りは、アメリカ、ヨーロッパによって違いがある。大仰な音楽で、シーンを盛り上げたりするのはアメリカ映画。音楽が少なく、淡々とシーンを重ねていくのがヨーロッパ映画である。ラストシーンも「ハッピーエンド」であるアメリカ映画に比べ、様々な形のヨーロッパ映画である。今回紹介する映画は「穴」。フランスの名匠ジャック・ベッケルの作品である。ストーリーを紹介しておこう。パリのラ・サンテ刑務所。刑務所内の改装のために、ガスパールと言う男が房を変えて入所することになる。新しい房には、既に4人の個性的な囚人が収監されていた。しかし、この房では、密かに脱獄計画が進んでおり、新入りのガスパールも、その仲間になることになる。計画は完璧で、地下水道への抜け道を、壁を突き破ることで、脱獄できることが分かった。そして囚...明日のためにその420-穴

  • 明日のためにその419-不滅の女

    摩訶不思議。私たちは夢を見る。正確に言うと誰でも夢を見るのだが、朝目覚めたら、それを忘れてしまうのだ。だが、時に夢の続きを見るような不思議な感覚に陥ることがある。なんとも、嫌な感覚である。今回紹介する映画は「不滅の女」。ヌーベルロマンを代表する監督、ロブ=グリエの作品である。ストーリーを紹介しておこう。休暇を利用してトルコのイスタンブールへ遊びに来ていた男性教師。彼はそこで、道を尋ねた女性に道案内をしてもらうため、彼女の車に乗る。やがて男は、彼女の不思議な魅力に惹かれ、彼女と何度も会うこととなった。しかし、彼女は名前、住所さえ教えてくれない。ある日、突然彼女は彼の前から姿を消した。彼は夢遊病者のように、イスタンブール中、彼女の手がかりを探すことになるのだが.......果たして彼は、彼女を見つけ出す。しかし、彼...明日のためにその419-不滅の女

  • 明日のためにその418-今週の一曲。

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ペルシャ歌謡をお送りします、「グーグーシュ」と言う、名歌手で、ペルシャ歌謡をけん引してきた女性歌手です。その軽やかで、清楚な歌声はきっとみなさまを魅了するでしょう。それではご堪能あれ。Googoosh-FasleTazehگوگوش-فصلتازه明日のためにその418-今週の一曲。

  • 明日のためにその417-エンジェルサイン

    生きる人たちとの絆。人間、動物。生きとし生ける者同士には絆が生まれる。そして、死などによって、その絆も断ち切られる。一度絆を経験したものにとっては、別離は果てしの無い悲しみだろう。しかし、それを乗り越え、人は前進していかねばならない。今回紹介する映画は「エンジェルサイン」。絆、別離を描いたサイレント映画である。通常ストーリーを紹介するのだが、サイレント映画である故、登場人物等全く分からない。よって、ウィキペディアから、簡単なストーリーを引用させていただく。この映画はオムニバス形式になっており、全6話で構成されている。・プロローグ&エピローグチェリストのアイカとピアニストのタカヤは恋人同士。2人の共通の夢は自分たちで創作した音楽を世界中の人々に届けて感動させることだった。アルバイトをしながら音楽に励むタカヤ、そし...明日のためにその417-エンジェルサイン

  • 明日のためにその416-昔懐かしいGS風の曲です。

    皆様、もういい加減嫌になっているでしょうが、シューシャンボーイズの曲を紹介します。今回の曲は「霧に消えたサリー」。昔懐かしいGS(グループサウンズ)風の曲です。是非とも聴いてください。明日のためにその416-昔懐かしいGS風の曲です。

  • 明日のためにその415-今週の一曲。

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ歌謡をご紹介します。ナワル・アル・ズグビーと言う女性歌手です。ご紹介する曲は、前奏がちょっとサルサ風ですが、中身はしっかりアラブ歌謡しています。では、みなさま、ご堪能あれ。نوالالزغبي-طولعمري/NawalAlZoghbi-ToolOmry明日のためにその415-今週の一曲。

  • 明日のためにその414-ミックス

    爽やかな人生復活ストーリー人間誰でも夢がある、未来に対しての希望もある。しかし世間の人々で、それを実現できる者は数少ないだろう。誰もが挫折を味わい、そしてまた立ち上がる者、そのまま堕ちて行く者様々である。しかし諦めない気持ちにこそ、希望はまた降り注いでくるのではないだろうか。今回紹介する映画は「ミックス」。卓球を通じて、人生の復活を成し遂げる映画である。ストーリーを紹介しておこう。富田多満子は、幼い頃将来を期待された卓球の女子選手。鬼のような母の特訓を母が経営する卓球クラブで、毎日受け、疲れ果てていた。そんな折、母が急逝する。卓球の呪縛から解放された多満子は、普通の学生生活を送り、普通にOLとして働いていた。ある日、江原と言う卓球界のエースが入社してくる。多満子は彼と恋仲になるのだが、ある日彼の浮気現場に居合わ...明日のためにその414-ミックス

  • 明日のためにその413-YouTubeの現状

    常識外れの広告。「YouTube」今や誰もが知っているサイトである。様々な映像や音楽が楽しめる。最近では趣味を「YouTubeをみること」と自己紹介に書いている人もいるぐらいだ。しかし最近、このYouTubeが目に余る行為をしているのはご存じだろうか。YouTubeにも「プレミアム会員」なるものができたのは、以前から知っていた。1200円程度毎月支払うと、広告レスになり、快適にコンテンツが楽しめると言うものだ。まずはこの月会費。正直言って高いと私は思う。もともとYouTubeが何かを行ってコンテンツが成り立っているわけではなく、YouTuberや、その他素人の投稿によってこのサイトは成り立っている。それに対して、会費を請求するとはもってのほかである。また、その広告の表示内容が、以前と違い、視聴者の我慢の限度を超...明日のためにその413-YouTubeの現状

  • 明日のためにその412-ハッスルできる曲と思います。

    読者の皆様には、本当に申し訳ない。またシューシャンボーイズの曲を、YouTubeにあげてしまった。結構ハッスルできる曲なので、是非とも聴いてください。饅頭ボーイ明日のためにその412-ハッスルできる曲と思います。

  • 明日のためにその411-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。。今回の今週の一曲は、今年タイでスマッシュヒットとなった、ちびっ子男子が歌う「カーパレード」です。ルークトゥンのリズムにのる、ポップなメロディーがとても印象的な楽曲です。それではみなさま、ご堪能あれ。รถแห่รถยู้[ป๊ะโล๊งโป๊งฉึ่ง]-น้องทิวเทน【OFFICIALMV】明日のためにその411-今週の一曲

  • 明日のためにその410-TVRO

    心から愛した趣味。皆さんは「TVRO」と言う趣味をご存じだろうか。これは「テレビジョンレシーブオンリー(ただテレビを見る人)」の頭文字をとったものである。事の始まりは、1980年、西側諸国がボイコットした、モスクワオリンピックを、アメリカでどのようにしたら見られるかと言うところにあった。その結果、通信衛星を傍受すれば良いと言うことになり、アメリカの家々では、裏庭に大きなパラボラアンテナをたて、衛星の傍受が始まったと言う。これが「TVRO」の始まりと言われている。この趣味はその後市民権を得て、各国にもひろがり、自国にいながら、他国の衛星を通じてその国の文化等を享受できるようになった。赤道上空3万6000㎞には、各国の衛星が静止衛星として、ひしめき合っている。今までブログでは触れていなかったが、私もTVROを趣味と...明日のためにその410-TVRO

  • 明日のためにその409-アマゾンミュージックHDの重大インシデント

    間の抜けた間違い。以前何度か「アマゾンミュージックHD」のことを、このブログで取り上げた。その音の良さから、私はアマゾンミュージックHDに対する、誉め言葉ばかり並べたてていた。確かに音は良い。保有曲数も多くてこれも問題ない。しかし最近気づいたのだが、運営の方法に問題がある。今回取り上げるのは、アップしている楽曲の「間違い」。楽曲のタイトルと、中身が違うというおそまつな誤りである。ことの発端は、私が好きなイギリスのバンド「フリー」の名盤「ファイヤー&ウオーター」を私のライブラリーに登録して、それを聴いた時に見つけた。一曲目は、タイトル曲ファイヤー&ウオーターである。しかし再生してみると、違う曲がながれてくるではないか。そして二曲目、なんと二曲目は一曲目と同じ曲が流れてくる。曲がダブっているのだ。暫く時を置き、アル...明日のためにその409-アマゾンミュージックHDの重大インシデント

  • 明日のためにその408-くどいようですが、またシューシャンボーイズ

    また。またまたやってしまった。YouTubeにシューシャンボーイズの曲をアップしてしまった。みなさま、お耳障りでしょうが、是非是非聴いてください。ご奉仕させていただきます明日のためにその408-くどいようですが、またシューシャンボーイズ

  • 明日のためにその407-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ポルトガルの「ファド」をご紹介します。アマリア・ロドリゲスの「暗いはしけ」で世界的に有名になった「ファド」。今回は、その新たな担い手とし期待されている「アナ・モウラ」と言う女性歌手をご紹介します。では、みなさま、ご堪能あれ。AnaMoura-Leva-meaosFados明日のためにその407-今週の一曲

  • 明日のためにその406-さらに再びのシューシャンボーイズ

    またまた、やってしまった。今度は未完成の楽曲をYouTubeにアップしてしまった。これも拙い曲ですが、是非聴いてください。悲しき肥満児(未完成)明日のためにその406-さらに再びのシューシャンボーイズ

  • 明日のためにその405-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、懐かしのマレーシア歌謡をご紹介します。歌手は女性の、サニサ・フリ。シンガポール生まれの歌手です。なかなかイケてるビートに、彼女のフェミニンなヴォーカルが絡みます。ではみなさま、ご堪能あれ。SanisahHuri&TheHooks-SiBajuHijau(1968)明日のためにその405-今週の一曲

  • 明日のためにその404-再びのシューシャンボーイズ

    また、やってしまった。何年かにこの発作が来る。私のバンド「ダーリン三浦と横浜シューシャンボーイズ」の楽曲をYouTubeにあげてしまったのだ。画像は無し、音だけ。一番再生回数の多い曲のリンクを貼った。拙い曲ですが、どうぞ聴いてください。ごめんくさい明日のためにその404-再びのシューシャンボーイズ

  • 明日のためにその403-おしん

    ストーリー展開の巧みさ。NHKの朝の連続テレビ小説。昭和36年に始まり、前作の「なつぞら」で、100作目を迎えた、長寿シリーズである。私は、このシリーズのフアンで、20年程前の「あぐり」から、ほぼ全作見ている。私はBSで、朝見ているので、7時30分から見ている。7時15分からは、以前放送された、作品の再放送だ。それは「なつぞら」を見ていた期間のある日、7時15分からの再放送をたまたま見た。現在も再放送されているそれは、伝説の作品「おしん」である。平均視聴率50%以上、最高視聴率60%と言う今後更新出来ないような作品だ。おしんは、世界中でその国の言葉に吹き替えられ、大変好評を得た作品でもある。たまたま見た再放送で、私は「おしん」の罠にまんまとはまってしまった。毎回番組終了直前に、次の回も見たくなるような「余韻」を...明日のためにその403-おしん

  • 明日のためにその402-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ロシアの曲をお送りします。ロシアのポップスは、短調のマイナーな曲が多いのですが、最近それも変わってきているようです。どんな音楽かは、みなさまの耳でお確かめください。では、ご堪能あれ。ХАННА-МУЗЫКАЗВУЧИТ明日のためにその402-今週の一曲

ブログリーダー」を活用して、ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さん
ブログタイトル
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>
フォロー
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用