searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/makoji3
ブログ紹介文
音楽や映画など徒然なるままに書いてゆきます。
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2015/08/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さん
ブログタイトル
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>

ダーリン三浦の愛の花園<管理人SAORI>さんの新着記事

1件〜30件

  • 明日のためにその486-巴里の屋根の下

    抒情あふれる作品最近なかなか良い映画が無い。どうも自分の臭覚を研ぎ澄ましても、ピンとくるものが無いのだ。そうなると、どうしても食指はクラッシク映画に傾く。今回紹介する映画もクラッシク映画だ。監督は、ルネ・クレーヌ言わずと知れたフランスの名匠である。品は「巴里の屋根の下」だ。大まかにストーリーを紹介しておこう。パリでテンパンアレーとして働く、アルベールは、ある日ポーラと言う女性に一目惚れする。最初は彼を嫌がっていた彼女だが、次第に心を寄せるようになる。そして二人は結婚の約束をする。しかし意外な事から、その約束は叶わぬものとなり.....クレーヌは美しい画像で、魅了し、そして音楽と台詞と無音でストーリを進めていく。物語自体に特にケレンがあるわけではない。ある意味ありきたりの内容である。しかし、彼が撮ると実に滑らかで...明日のためにその486-巴里の屋根の下

  • 明日のためにその485-むらさきのスカートの女

    あなたの傍にいるかもしれない。私は「芥川賞」をある程度追って読んでいるが、最近ご無沙汰していた。昨年の上半期にそれを受賞した作品を、最近ようやく手に取り、読んでみた。タイトルは「むらさきのスカートの女」。今村夏子著。大まかなあらすじを紹介しよう。私(主人公)は自らを「黄色いカーディガン」の女と呼び、ある一人の女性に異様な興味を持つ。それは、主人公の界隈では有名な「むらさきのスカートの女」である。無造作に伸ばしたボサボサの髪、窪んでシミの目立つ顔。どこから見ても少し異様な感じの女性である。その「むらさきのスカートの女」に興味を持った主人公は、間接的に少しの援助を始め、その変化を観察していたのだが......文書はいたって軽妙で、文書の深み、コクが少なく、そこが少し残念な所か。それも相まって、読み進めるには苦労する...明日のためにその485-むらさきのスカートの女

  • 明日のためにその484-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、中華圏の楽曲をご紹介します。歌手は女性の「アリス・ワン」。彼女の唄う楽曲は、まさにワールドミュージックそのもの。多様な要素を持っております。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその484-今週の一曲

  • 明日のためにその483-OHエド日記

    昔のバンドマン事情の知れる貴重な話。以前にもこのブログで紹介した、エド山口がYouTubeで放送している「OHえど日記」。最近まで、とても興味深い内容を放送していた。「バンド屋物語」と題した、16回に及ぶ内容である。昭和40年代初期からの、エド山口が経験した、クラブ等でのライブ経験の物語である。またこの話の内容が濃い。彼自身の経験が元であるので、普通の人には全く知りえない内容なのだ。彼は最初、バンドのベースから始めたのだが、そのビートの打ち方をバンマスに教えてもらったくだりにはじまり、自身が最後のバンドを解散するまでを語っている。ちなみに、彼の最後のバンドには「グッチ裕三」と「モト冬樹」が加入していた。やはり驚くのは、エド自身の音楽知識と感覚である。これについては、業界広しと言えども、彼の右に出る者は少ないと思...明日のためにその483-OHエド日記

  • 明日のためにその482-巴里祭

    純粋なる傑作。最近の映画は、特殊撮影あり、ギミックありと、様々な要素が盛り込められている。映画100年を超える歴史のなかでは、最初の映画は、汽車がただ駅に到着するところを写したり、体の表現だけで観客を笑わせるスラップスティックだったりと、実に単純な要素だけで出来ていた。人間の感情に訴えるものは、案外ストレートでシンプルな要素なのかもしれない。今回紹介する映画は「巴里祭」。フランス映画初期の傑作である。ストーリーを紹介しておこう。ジャンはタクシー運転手、彼の住むアパートのむかえのアパートに住むアンナ。二人は喧嘩しながらも、お互い心通じ愛し合っている。革命記念日の前日、仕事をなくしたアンナをジャンは踊りに誘い、降ってきたにわか雨の雨宿りをしているとき、二人は口づけを交わし、お互いの心を確かめた。しかしその後、ジャン...明日のためにその482-巴里祭

  • 明日のためにその481-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、インドネシアのダンドゥットをお届けします。先週ご紹介した、ポップインドネシアのゆったりした楽曲と違い、スピーディなグルーヴ溢れるものです。歌手はCupiCupita、パワフルな歌唱の女性歌手です。打ち込みでしょうか、スピード感のあるクンダンにドラム。思わず踊りたくなる一曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその481-今週の一曲

  • 明日のためにその480-サムライ

    クールな画面に、シャープな作り。武士道。古来の日本の心と言っても良いそれは、私自身も探求したことがない、未知のものだ。昔から、ヨーロッパを中心に、日本と言う国を知るのに、もてはやされたものではないだろうか。今回紹介する映画は「サムライ」。一人の殺し屋に、日本の武士道精神を投影した映画だ。ストーリーを紹介しておこう。コステロは組織に属さぬ、一匹狼の殺し屋。彼はある組織から、クラブのオーナーの殺しを依頼される。首尾よく仕事を終えた彼だったが、偶然にもそのクラブで演奏している女性に、現場から出てきた所を目撃されてしまう。しかし彼女は、何故か警察の尋問で、コステロを見ても、犯人は彼ではないと偽証をする。仕事の報酬を貰うため、コステロは、依頼主の代理人と会うが、いきなり発砲され、殺されかける。意を決したコステロは、依頼主...明日のためにその480-サムライ

  • 明日のためにその479-今回のインターネットラジオ

    あまたあるステーション。インターネットラジオ。今や隆盛を極めた感のある、音楽媒体と言っていいだろう。既にその局数は3万局を超え、日本で聴くことのできる、海外短波放送を軽く超えている。本日から、私の気まぐれであるが、何回かに渡り、興味深い(私の趣味が大きく反映されているが)インターネットラジオ放送局をご紹介しよう。その前に準備しておくことがある。ラジオを再生するソフトだ。私が推奨するのは「foobar2000」だ。もう開発を中止してしまったが「winamp」と言う昔優れた、音楽再生ソフトがあった。その開発メンバーの中で、特に音にこだわりを持った人たちがwinamp社を辞めて、製作に取り組んだのが、このfoobar2000だ。このソフトをダウンロードして、インストールしておいて欲しい。リンクは下記に示す。https...明日のためにその479-今回のインターネットラジオ

  • 明日のためにその478-1917

    理解不能な撮影方法。映画100年の中で、その技術は日進月歩、新しい手法が様々開発されている。昔ウオン・カーウァイ監督の「欲望の翼」を観たとき、ラスト近くで、カメラが階段を上がってゆくシーンがある。そのカメラの動きの流麗さに驚いた。多分当時の撮影技法で「コプターカム」と呼ばれる、ラジコンヘリコプターにカメラを取り付け撮影されたものと思しい。いわゆる今で言う「ドローン撮影」の魁である。しかし当時は「どうやって撮影したのか」と自信疑問を持ったものだ。今回紹介する映画は「1917」。第一次世界大戦をテーマにした実話である。ストーリーとしては、ごく単純で、フロントラインに攻撃中止の命令を、一等兵二人が自力で届けると言うものだ。(内一人は途中で死んでしまうが)この映画の凄さは、ストーリー展開ではない。その撮影技術だ。この映...明日のためにその478-1917

  • 明日のためにその477-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、インドネシアの音楽「ポップインドネシア」をご紹介します。歌手は「デア・モンカル」と言う女性歌手。荒々しいポップインドネシアの中でも、しっとりとした楽曲を丁寧に唄っております。それでは、みなさま、ご堪能あれ。HeyBaby明日のためにその477-今週の一曲

  • 明日のためにその476-リチャード・ジュエル

    完璧な作りの傑作。映画監督の巨匠と呼ばれる人物は、映画の歴史が100年を超えた今、あまた居ると言っても過言ではない。最近確信したのだが、その中に更に1人、或る人物を加えなくてはいけない。それは誰あろう「クリントイーストウッド」だ。このブログでも、何回か彼の映画を取り上げた。そのたびに、彼の映画作りの素晴らしさに舌を巻いた。今回紹介する映画は、彼の最新作「リチャード・ジュエル」。純真無垢な男性を描いたものである。ストーリーを紹介しておこう。1996年、アメリカ、アトランティックオリンピックが開かれているとき、リチャード・ジュエルは、そのアトラクションを警備する仕事に就いていた。人一倍正義感が強く、法の執行人としてのプライドを持っている彼は、たとえ警備員でも、責任をもって職を全うする覚悟でいた。ある日、彼が警備を担...明日のためにその476-リチャード・ジュエル

  • 明日のためにその475-17ライブ

    中毒性強し、観覧注意。最近世界中で、素人タレントが出現している。きっかけはやはり「YouTube」であろう。ユーチューバーと呼ばれる素人が、自分なりの企画映像を配信し、広告収入を得る。子供たちの間では、将来の夢はユーチューバーと答える者たちもいるらしい。他のメディアでは、テックトックやポコチャなどがあり、特にポコチャはライブ配信を主にしている。最近私も結構通っているサイトがある、それは「17ライブ」と言うところだ。こちらもライブ配信を主に行っている所で、老若男女問わず「ライバー」と呼ばれる配信者が、日々切磋琢磨している。このライバーを観る人たちを「リスナー」と呼び、それそれのリスナーは「推し」と呼ばれる、自分たちの好きなライバーを持っている。私も推しライバーはいるが、それはまたの機会にご紹介する。そしてこのサイ...明日のためにその475-17ライブ

  • 明日のためにその474-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、引き続き「未来に残したい曲」のアジア編をお送りいたします。今回ご紹介する曲は、フェイ・ウォンの唄う「夢中人」。この曲のオリジナルは、アイルランドのグループ「クランベリーズ」のドリームで、フェイ・ウォンはこれを中国語でカバーしております。また、この曲は、香港の映画監督ウオン・カーウァイの映画「恋する惑星」のエンディング曲で使用されています。美空ひばり、テレサテンの亡き今、フェイ・ウォンは間違いなくアジアの歌姫といえる存在ではないでしょうか。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその474-今週の一曲

  • 明日のためにその473-今回の名盤

    ブルースロックの金字塔。今や国内・国外問わず、ラップやらやたら軽い音楽がもてはやされている。素人でギターを始めようとする人たちも、流行りのJ=POPのコピーから始める人が多いようだ。しかし私たちがギターを始めたころは、きっかけは様々だが、皆「ブルース」からその基礎を学んでいた。私自身もブルースのフレーズを弾いていると、気持ちが段々高揚したものだった。今回紹介する「名盤」は、そのブルースが隆盛を極めていたころのものである。アーティストは「フリー」アルバムは「ファイヤー&ウオーター」である。まず曲目を紹介しよう。1.ファイヤー&ウオーター2.アイ・ウエイプト3.リメンバー4.ヘヴィイ・ロード5.ミスター・ビック6.ドンセイユー・ラブミー7.オールライト・ナウ以上7曲で、1曲あたり4分を超えるものが殆どである。197...明日のためにその473-今回の名盤

  • 明日のためにその472-技術進歩の陰

    発展する技術の陰で消えていくもの。巷では、携帯の電波容量が増えた「4G」「5G」が話題となっている。これによって、携帯の通信速度は飛躍的にあがり、その恩恵を受けている人たちは多い。しかしこのことは、全ての人たちにとって喜ぶ事ではないのである。それはこの規格の通信が、一部の趣味を持っている人の「妨害」になっているからである。4G,5Gの利用している通信周波数帯は、3.4GHz~4.6GHz。実はこの周波数帯は「Cバンド」と呼ばれ、放送衛星の受信周波数帯と同じなのだ。これで何が問題かと言うと、当然同じ周波数帯を使っているので、衛星からの電波にそれが干渉し、混信を招く。地上3万6000キロメートルの上空に、放送衛星は地球の自転に合わせ動いている、地上から見ると同じ位置に停止して見ることができる。そう、放送衛星の電波は...明日のためにその472-技術進歩の陰

  • 明日のためにその471-smuleを使ってみて

    国柄が分かるソフト、smule(シュミュール)。以前このブログでも取り上げた、カラオケ専門の携帯アプリである。これを使い始めて、そろそろ4カ月がたつ。このアプリは、ワールドワイドで、世界中に利用者が居る。世界何か国で利用されているかは、不明だが、かなりの国で利用されていると思しい。このアプリを使って、レコーディングした曲は私は約800曲。それも全てデュエットである。デュエットとは、フォロワーから、私の歌うパートを歌わずに招待曲を送ってくることである。一般のカラオケのデュエットと全く同じである。私のフォロワーは、2名を除いて全て国外の人たちである。何故かと言えば、私の唄う歌が、全て洋楽だからだ。かといって最新の洋楽は分からないので、ビートルズを中心に唄っている。フォロワーから送られてくる楽曲で、唄えるものが無い時...明日のためにその471-smuleを使ってみて

  • 明日のためにその470-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、前回に引き続き、未来に残したい懐かしい一曲をご紹介します。今回は日本の歌謡曲で、作詞が西條八十、作曲が古賀政男と言う、日本歌謡界のスーパーコンビが作った楽曲です。曲名は「トンコ節」スーパーコンビが作ったこの曲は、日本古来のリズムと軽妙な歌詞が魅力の一品です。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその470-今週の一曲

  • 明日のためにその469-けいおん

    ほっこりできる青春群像。京アニ(京都アニメーション)。昨年、センセーショナルな事件が起こった場所だ。二度とあのようなことは、起こしてはならないと皆様も胸に刻んだことだろう。今回紹介する映画は「けいおん」。京アニの製作したアニメーション映画である。ストーリーを紹介しておこう。同じ高校に通う、仲良し4人の同級生と、1学年下の学生は「放課後アフタヌーンティー」と言うバンドを組んでいる。彼女達が所属するのは、軽音楽部通称「けいおん」と呼ばれている所だ、4人は既に高校の卒業も決まり、大学も受かり、順風な日々を過ごしていた。そんな折、彼女達は、後輩のメンバーも加えて卒業旅行を計画する。色々悩んだ末、彼女達はイギリスのロンドンを目指すことになる。そして旅行当日、5人は空港に集まり、飛行機に乗り、ロンドンを目指すことになるのだ...明日のためにその469-けいおん

  • 明日のためにその468-無くしてしまった趣味

    止められぬと思った趣味。人はそれぞれ趣味を持っている。無趣味と言う方もいるから、必ずではないが。私も結構多趣味で、色々楽しんでいる。その中で、最近止めててしまった趣味がある。それは「パチンコ」である。高校時代(違反であるが)から、様々なパチンコ台を打ち、様々な景品等を獲得してきた。しかしトータルで言えば、負け戦である。ギャンブルで勝ち続けることはできない。それを分かっていても、何故か続けるパチンコには何か言い知れぬ悪魔的魅力があった。一度パチンコ店を訪れれば、勝つまで黙々とお金をつぎ込みはじめる。資金が無くなれば、近くの銀行に行って、お金をおろす。また負ける、また銀行へ行く。これを繰り返し、一日に何万とパチンコにつぎ込む。調子の良い時は、何十連荘と勝ちが続き、一日に何万も儲けることができる。この繰り返しが楽しく...明日のためにその468-無くしてしまった趣味

  • 明日のためにその467-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、後年にも残したい、過去の名曲をご紹介します、1985年にデビューした、イギリスのバンド「エイスワンダー」です。とてもキュートな女性ヴォーカル、パッツィ・ケンジットを中心に活躍したバンドです。今回ご紹介する楽曲も、今聴いてもなにも色褪せしない、新鮮なものと言えます。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその467-今週の一曲

  • 明日のためにその466-ストリーミングサービス様々

    どのサービスにも一長一短あり、悩ましい状況。私がアマゾンミュージックHDとモーラクオリタスを契約して、結構長期間がたった。本日はこの、2つのストリーミングサービスを比較等していきたいと思う。再生環境は、自身のもっているPCで、96kHz24ビットが上限のものである。この環境であれば、ハイレゾの再生可能と考える。アマゾンミュージックHDそもそもこのサービスの問題は、曲名と実際が合っているかどうかという、初歩的な段階の扱いにある。以前このブログでも紹介したが、フリーの名作「ファイヤー&ウオーター」の一曲目が違う音源になっていたことがあった。現在は修正されているが、他のアーティストも、曲名と中身が違っている可能性は疑うに十分と言わざるを得ない。このような誤りは、音源の質を問う以前の問題なので、運営側はより一層の注意が...明日のためにその466-ストリーミングサービス様々

  • 明日のためにその465-淑女と髭

    安定した作りで、安心して観える作品。人間先のことは分からない。また、人は、人との出会いによって、その運命を大きく変えられることができる。めぐり逢いとは、それほど人生にとって大事なことなのだ。人との出会いによって、人は目標を持ち、または、目標を変えたりする。それがどのような結果になるのか、これまた先の分からぬことで、それ自体人生を面白くする。今回紹介する映画は「淑女と髭」。日本の巨匠、小津安二郎監督の名作である。ストーリーを紹介しておこう。剣道を趣味とする岡島は、日本男子をそのまま表したような「質実剛健」な男。彼は伯爵の友人である妹達に、その顔にたたえた見事な口髭、顎髭から、それを馬鹿にされて嫌われている。ある日岡島は、街中で、不良少女に恐喝されている女性を救う。名も告げずその場を去ったかれだったが、この出会いが...明日のためにその465-淑女と髭

  • 明日のためにその464-電柱小僧の冒険

    しっかりした作りに裏打ちされた傑作。塚本晋也。最近は俳優としての活躍が目立つ。しかし、彼こそ、1980年代、日本を代表するインディーズの監督である。今回紹介する映画は、彼のデビュー作になる「電柱小僧の冒険」。彼が映画の監督を含め、殆どを担当した作品である、通常ストーリーを紹介するのだが、本作は短編であり、内容も実にシンプルなので、今回は割愛させていただく。この映画を観ると、話題作となった「鉄男」の原型はほぼ出来上がっている思しい。コマ撮りを連続させた「高速移動」独特の世界観を持つ演者の「メイク」。どれもが完成されていて、とても初監督作品とは思えない。ゆっくりと始まった映画は、中盤から後半にかけて、スピード感をどんどん増してゆく。ここが素晴らしい。普通なら疾走してゆきそうなものだが、この映画はどんどん良くなってい...明日のためにその464-電柱小僧の冒険

  • 明日のためにその463-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ系歌謡をご紹介します。レバノン出身の女性歌手、ハイファ・ワハビです。しっかりしたアラブビートに支えられた、歌声。とても魅力的ではないでしょうか。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその463-今週の一曲

  • 明日のためにその462-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、トルコの女性歌手「アイスン・コチャテペ」をご紹介します。トルコのポップスと言えば、アラブ系のビートを基本とした、激しい旋律をご想像する方も多いと思います。しかし、彼女の場合、とてもアダルトでしっとりした音楽を聴かせます。トルコポップスとしては、稀有な存在ではないでしょうか。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその462-今週の一曲

  • 明日のためにその461-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、ブルガリアの女性歌手「イヴェーナ」をご紹介します。独特のエッジの効いた、エスノ風味あふれる演奏に、渋い声を聴かせてくれる彼女。しかしそんな重みがなく、サラリと歌を聴かせてくれるところはさすがでしょう。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその461-今週の一曲

  • 明日のためにその460-ジョジョラビット

    魅力的な演出、魅力的な演者たち。第二次世界大戦が終わってから75年の時を迎える。映画の世界に目を向けると、数多く製作されている映画に、ドイツの「ヒトラー」をモチーフにした作品が多いことにお気づきになるだろう。20世紀を揺るがした「独裁者」まさにその所業は、悪魔に等しい物だった。今回紹介する映画は「ジョジョラビット」。一風変わった視点からヒトラーを捉えた作品である。ストーリーを紹介しておこう。ドイツの或るところに、母と二人暮らしの男児ジョジョが居た。彼は妄想の中でヒトラーと話し、自分は純粋なナチズムを持った人間だと思っている。しかし彼の本性は優しく、とても残酷なナチ党員にはなれない。ある日ナチの少年たちがキャンプを行った。ジョジョもそこに参加する。ある指揮官の大人からジョジョはウサギを手渡され、そのウサギを殺すよ...明日のためにその460-ジョジョラビット

  • 明日のためにその459-今週の一曲は

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、先週に引き続き、アラブ歌謡をお送りいたします。歌手は「ウム・カルスーム」既に故人となっておりますが、その人気は今も健在。彼女の肖像を模した切手まで発売されています。その歌いっぷりは、堂々、聴く人たちに感銘を与えるでしょう、では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその459-今週の一曲は

  • 明日のためにその458-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、アラブ歌謡の女王とも言える存在「フェイルーズ」をご紹介します。少し古い録音ですが、その歌いっぷりは堂々。だれもが満足できるものではないでしょうか。それでは、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその458-今週の一曲

  • 明日のためにその457-今週の一曲

    みなさま、週末のひととき、いかがお過ごしでしょうか。今回の今週の一曲は、先週に引き続き東南アジアのポップスをご紹介します。今回はタイの「ルークトゥン」をご紹介します。ルークトゥンはタイの東北部の田舎から発祥した音楽、その意味には「田舎的な」と言う意味もあるそうです。ご紹介する歌手は、女性のジンリー・シージョンポン、美貌と脚線美を売りにした歌手です。ルークトゥンの特徴でもある、カウベルの心地よい雰囲気が味わえる一曲です。では、みなさま、ご堪能あれ。明日のためにその457-今週の一曲

カテゴリー一覧
商用