住所
出身
ハンドル名
紫苑☆さん
ブログタイトル
苺な彼とビールな僕
ブログURL
http://yukision.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ホミンに魅せられて、ユノさんとチャンミン2人の甘々な日常を書いていきたいです。R18あり。
自由文
-
更新頻度(1年)

335回 / 164日(平均14.3回/週)

ブログ村参加:2015/07/23

紫苑☆さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(IN) 88位 83位 84位 82位 93位 99位 95位 957,534サイト
INポイント 390 2,270 2,270 2,330 2,330 2,230 2,230 14,050/週
OUTポイント 1,860 11,670 11,840 12,620 12,200 11,500 12,060 73,750/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
BL・GL・TLブログ 9位 9位 9位 9位 9位 8位 8位 3,349サイト
二次BL小説 9位 9位 9位 9位 9位 8位 8位 355サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 55位 56位 54位 54位 67位 78位 76位 957,534サイト
INポイント 390 2,270 2,270 2,330 2,330 2,230 2,230 14,050/週
OUTポイント 1,860 11,670 11,840 12,620 12,200 11,500 12,060 73,750/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
BL・GL・TLブログ 3位 3位 3位 3位 4位 6位 6位 3,349サイト
二次BL小説 3位 3位 3位 3位 4位 6位 6位 355サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,534サイト
INポイント 390 2,270 2,270 2,330 2,330 2,230 2,230 14,050/週
OUTポイント 1,860 11,670 11,840 12,620 12,200 11,500 12,060 73,750/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
BL・GL・TLブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,349サイト
二次BL小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 355サイト

紫苑☆さんのブログ記事

  • JELLY LOVE 25

    ~Cside~「………う……ん?」朝の光に目を覚ませば見慣れぬ天井、ここって……僕はいったい……?重い瞼を擦りつつ体を起こそうとするけど身じろぎひとつできなくて そろりとシーツを覗けば僕の腰にがっしりと巻きつく腕!!………これって、この腕って!!///恐る恐る振り返れば、そこには僕の体をしっかりホールドするユノ君の姿!!「う、うわあっ!!!!///」「………んー?」「ユ、ユノ君!?ど、どうして!!///」「ん、どうしたもこうし...

  • 旦那様は発情期 24

    ~Yside~『は、早く帰って………シたい、です///』そう言って俺の袖口をギュッと掴むうちの奥さん、全く、どこまで俺を夢中にさせるんだか今すぐに連れて帰りたい衝動をグッと抑えて、シウォンと話して早めに出発する事を決めた後こっそり建物の裏に連れ込んでの甘いキスとか………潤んだ瞳が艶っぽくて堪んない帰りは向こうについてから一緒に飯でも、なんて話していたのに『チャンミンが疲れたみたいだから帰るよ』なんて苦しい言い訳...

  • JELLY LOVE 24

    ~Cside~『俺、一目惚れしちまったみたい、俺と付き合ってくんない?』アーモンドの瞳にじっと見つめられて、ふわふわとしてまるで雲の上にいるみたいユノ君は男で、僕だって男で、何をどう間違って一目惚れとか………なんだ、僕ってば凄い夢見ちゃってるんだ「チャンミン?」「ふふ、変な夢だよね」「夢じゃないよ?現実」「んー?」「うんって言って?」「………へ?うん?」「そ、答えはイエスしかない、だろ?」「ふふ、イエス」「...

  • 旦那様は発情期 23

    ~Cside~「ええ?それで2人で降りてきたんだ」「だってキュヒョンが先に行っちゃうから!!」「ごめんごめん、怒るなって、ほら、ホットドッグあげるからさ」「そんな食べかけいらないってば!!」ケタケタと笑うキュヒョンを軽く睨んで小さく溜息をつくアスレチックのある公園を後にした僕らは、今正に足湯に浸かってまったりとしていたさっきはユノが来てくれて本当に良かった……///あんな高いところで1人取り残されて、あのまま...

  • JELLY LOVE 23

    ~Yside~『うちで飲み直さない?』なんて、下心見え見えのセリフにボッと音がするくらい真っ赤になるとかまったく、どんだけ可愛いんだよ小さく頷いてくれたのはOKって事で、その後は有無を言わせずうちのマンションへと雪崩れ込んだ昨日掃除しといて良かった、とか考えてる俺って、意外にも用意周到なんじゃないか思ったより酔っていたチャンミンをソファへと座らせて、クールダウンとばかりに冷たい水を頬に当てやった大袈裟に...

  • 旦那様は発情期 22

    ~Yside~こんな事だろうと思った……はしゃぎながらアスレチックを回る2人を遠目に見ていたら、丘の上の一際高い木の上に登っていくからきっと怖くて降りられなくなるんじゃないかって(笑)予想はしていたからそっと追いかけていたけど、2人は全く気付かないままでキュヒョンの奴はあっという間に滑り降りてしまって、あいつ意外と度胸あるな、なんて感心してる場合じゃなかった必死に木にしがみつくうちの奥さん、やっぱり足がガ...

  • JELLY LOVE 22

    ~Cside~『ね、名前で呼んでもいい?』し、心臓が止まるかと思った………!!そんな真剣な眼差しで見つめられたら、なんだか不思議な気持ちになるっていうか、その……胸の奥が熱くなって……!!///「チャンミン?」「うわっ、はいっ!!///」「………顔真っ赤(笑)」「…………あ///」「あとビール無くなってる、追加で頼もうか?」「あ、うん///」ユノ君に名前で呼ばれると、動揺してうまく話せなくなる本当に僕、どうしちゃったんだろう///...

  • 旦那様は発情期 21

    ~Cside~「わあ、凄い!!」「な、いい景色だよな!!」「本当!!シウォンさんいい所連れてきてくれたね」「ふふん、だろー?」そう言って得意げにうんうんと頷く親友のキュヒョン、なんだかんだ言いながら結構ラブラブみたい、なんだよねここはアスレチックの中でも一番高いところで、なかなかシビアなアトラクションになっていて高い所が得意な僕でもちょっぴり足がすくんでしまうほど「じゃ、僕先に行くね!!」「あ、キュヒ...

  • JELLY LOVE 21

    ~Yslde~『俺と付き合ってくれないか』会ったらそう言うつもりだったのに、本人を目の前にしたら、とてもじゃないけどそんな事を口に出すことなんてできなかっただってね、この前よりずっと好きになっちゃってるヒチョル兄の登場でバタバタと店まで来てしまったから、なんていうか改めてテーブルで向かい合うと照れ臭くてそんなに熱い目で見られたら期待してしまうじゃないか!!無意識の小悪魔ってやつだろうか……『ね、名前で呼...

  • 旦那様は発情期 20

    ~Yside~「なんだよ、キュヒョンのやつチャンミンと一緒に行っちまったのか」「まあいいんじゃないか?元々親友なんだし」「親友にだってヤキモチは妬くさ~、お前こそ余計なことして怒られたんじゃないの?」ニヤニヤしながら俺の顔を覗き込むシウォンを思い切り睨み返すったく、すっかりバレてるのがバツが悪い……さっきはテントの中で調子に乗って、流石にベルトに手をかけた時には手を抓られてしまっただってね、うちの奥さん...

  • JELLY LOVE 20

    ~Cside~「この前はその……ありがとう///」「ん?何が?」「だって迷惑かけちゃったし///」「全然迷惑じゃなかったよ、むしろ役得?」「!!!!///」そう言ってニヤリと笑うユノ君から慌てて目を逸らす、そんな風に見つめられたらどうしていいかわからなくなる/// さっきはヒチョルさんに偶然会っちゃうし、一時はどうなることかと思ったけどなんとか無事に逃れて2人で乾杯することができて良かった///この前酔った僕を泊めてくれ...

  • 旦那様は発情期 19

    ~Cside~「チャンミンユンホさんと喧嘩でもしたの?」「べ、別に!!」「そう?ユンホさん放っといていいの?」「い、今はいいの!!///」お昼ご飯を済ませてアスレチックがある公園に着いた僕らは、荷物を預けるとトレッキングシューズへと履き替えた靴まで用意してあるとか、シウォンさんって本当に用意周到、だよね さっきはテントの中でユノに襲われかけちゃって、危うくその……追い詰められてしまう所だったお腹がいっぱいで...

  • JELLY LOVE 19

    ~Yside~「で?なんでお前がシムと待ち合わせてんの?」「べ、別にいいじゃん」「ふうん?全然繋がんないんだけど?」「この前たまたま会ったんだよ!!」「へえ、お前がムキになるなんて珍しいな」そう言ってクスクスと肩を揺らすヒチョル兄、まさか待ち合わせの店の前で出くわすなんて全く、タイミングがいいんだか悪いんだか……せっかく約束を取り付けて2人で会えることになったのに早めについていたシムさんは、ヒチョル兄を見...

  • 旦那様は発情期 18

    ~Yside~最初はほんの少しだけと思っていたのに、こんな可愛い子を前にして自分を抑えられるわけがなかった「………あっ、ユノ……待って///」「ん、もう少しだけ、ね?」「………ん、見られちゃう///」「大丈夫、俺だけしか見てないよ?」重なる唇は次第に熱を帯びて、角度を変えて何度も何度もさわさわと素肌を撫でるとピクンと跳ねる体いくらテントの中とはいえ流石に声は立てられないと、必死に声を抑える姿にさえ煽られるあんまり調...

  • JELLY LOVE 18

    ~Cside~「いやぁ、チャンミンあれからどうしたの?」「べ、別に、普通に家に帰ったけど///」「えー?そう?誰かと一緒じゃなかったっけ?」「き、気のせいじゃない?」「そうだっけ」 そう言ってしきりに首を傾げるキュヒョンから視線を逸らすだってとても言えないじゃん、あれからユノ君の家に泊まったなんて……ま、あの日はキュヒョンは大分酔っ払ってたから記憶があやふやらしくそれ以降はツッこんではこなかったから、本当に...

  • 旦那様は発情期 17

    ~Cside~「うわ、テントもあるんですか?」「ああ、そうなんだ、流石にデカイやつは無かったら2つにしておいた」「へぇ、ワンタッチで出来るなんて凄い!!」「だろ~?」お昼前には海に到着した僕達は、景色のいい場所に車を止めて、シウォンさんの持ってきたテントを張ってお昼を食べることにしたちょうど2人ずつ寝転べるくらいのスペースがあるから、食後の休憩にはちょうどいいかもだって長時間の運転って疲れちゃうもんね!...

  • JELLY LOVE 17

    ~Yside~『ま、俺としてはラッキーだったけどね』そんな風に余裕たっぷりに言ってみたものの、本当は心臓が口から飛び出すかと思っただって、風呂上がりの濡れた前髪がやけに色っぽい大きな瞳をクルクルさせてコーヒーを飲む様はまるでバンビのようつい、じっと見つめて不審がられてしまった気がするコーヒーを飲んだ後は逃げるようにして帰ってしまったから、とりあえずはと連絡先だけは交換したけど次はどうやって誘ってみよう...

  • 旦那様は発情期 16

    ~Yside~「それでさ、実は二度寝しそうになっちゃって」「ええ?よく起きれたね?」「うん、目覚ましユノの分もかけておいたからね、びっくりして飛び起きて!!」「ああ、なるほどね」後部座席から聞こえるうちの奥さんのはしゃぐ声、途中のサービスエリアから俺が助手席に移ったから、すっかりキュヒョンと盛り上がっちまってるずっと楽しみにしていたダブルデート、天気も良くなって本当に良かった隣のシウォンは鼻歌なんか歌...

  • コメントお礼&お知らせ

    読者の皆様おはようございます、管理人の紫苑☆です\( ˆoˆ )/いつも私の拙いお話を読んでいただきありがとうございます!!そして温かいコメントも沢山いただき感謝しかありません!!毎日の励みになっております!!もっとしっかりお礼の記事を上げたいのですが、それはまた改めて←さて、私本日から渡韓を予定しておりまして←また?www待っていただいてる読者様には大変申し訳無いのですが、土日のお話の更新が不定期になるかと思...

  • JELLY LOVE 16

    ~Cside~「どう?スッキリした?」「あ、うん///」「そう、突っ立ってないで座れば?コーヒー淹れるからさ」「あ、ありがとう///」とんでもない状況に戸惑いながらも、言われるがままにシャワーを浴びて段々と頭がハッキリとしてきた確か昨日は酔っ払ったキュヒョンを連れてタクシーを探してて、それから偶然ユノ君に会ってその後飲みに行くことになって………確かに昨日はだいぶん飲んでいたとは思う、でも、記憶が飛ぶほどじゃなか...

  • 旦那様は発情期 15

    ~Cside~「わあ!!いい天気!!」「ああ、晴れて良かったな」「はい!!てるてる坊主作ってて良かった!!」「ふふ、チャンミンのてるてる坊主は最強だな」そう言ってにっこりと笑って僕の頭を撫でるユノ………うん、僕の旦那様は今日もカッコいい///今日はいよいよダブルデートの当日、朝早くからお弁当も作ったしちょっとおにぎりはいびつになっちゃったけど、味は美味しいはずだから大丈夫ユノのリクエストのサンドイッチはシム...

  • JELLY LOVE 15

    ~Yside~………こんな事になるとは思わなかったバイト終わりに再会したのは運命だと思ったし、こんなチャンス絶対に逃したくなくてちょっと強引に誘ってしまったでもまさか、俺のベッドで眠る貴方を見る事になるとは……凄い人生のサプライズじゃないか!!俺と会うまでにかなり飲んでいたらしい彼は、友達をタクシーに乗せると安心したのかフラフラとし始めたそれでも近くの店に入って暫く飲んでいたものの、座ったまんまでウトウトし...

  • 旦那様は発情期 14

    ~Yside~「………もうっ、ダメって言ったのに!!///」「ん、可愛いお前が悪い」「そ、そんな事言っても知りません!!///」「ふふ、愛してるよチャンミン」「!!!!///」俺の言葉に大きな瞳をパチパチとさせて、真っ赤になって逃げていくうちの奥さん本当に可愛さしかない、よな昨日はダイニングで嬉しそうに料理の本を眺める後ろ姿が可愛いくて後ろから抱き締めてつい、そのまま……で、結果次の日の朝にはしっかり怒られてしまっ...

  • JELLY LOVE 14

    ~Cside~「………う……ん?」重い瞼を開くと眩しく光る朝の光、ああ、今日は休みだっけ………ふかふかのベッドが気持ち良すぎて出られない………え?はたと気付くと見慣れぬ天井、カーテンの模様だって見たことがない!!ここって……?僕はいったい?「あ、目が覚めた?」「………へっ?あっ!!///」「何、まだ寝惚けてんの?」「ユ、ユノ君!?///」「ああ、良い眺めだな」「……良い眺め?……えっ?ええっ!?///」慌ててベッドから飛び起きたも...

  • 旦那様は発情期 13

    ~Cside~「えっと、何を作ろうかな」「ん、何やってんだ?」「あ、ユノ!!今度のドライブに持っていくお弁当を考えてたんです!!///」「おー!!何か作ってくれんの?」「はい!!キュヒョンには飲み物とお菓子を頼んだので僕はお弁当担当です///」ダイニングでお料理の本を広げる僕の背中から覗き込むアーモンドの瞳この体制ってユノの吐息が首筋にかかっちゃうからドキドキしちゃうんだよね///ほ、本人は全く気にしてないみた...

  • JELLY LOVE 13

    ~Yside~まさかこんな所で会えるなんて思いもしなかった……!!とりあえずは店に電話して車を回してもらうと、酔っ払って潰れているシムさんの友人をタクシーに乗せた一緒に帰ってしまうんじゃないかとヒヤヒヤしたけど……それは流石に大丈夫だったみたいだ「あ、えっと……ユノ君、ありがとう///」「ユノ君?」「あ、ごめん、馴れ馴れしく呼んじゃって///」「いや、すげー新鮮、もっと呼んでほしいくらい」「ぷっ、何それ(笑)」「...

  • 旦那様は発情期 12

    ~Yside~「え?ドライブ?」「ああ、うちの車にみんな乗ってさ、海までとかどう?」「うーん、いいんじゃねぇか、運転は交代ですりゃいいし」「だろ?じゃあ決まりだな!!チャンミンに伝えといてくれよな、いやー楽しみだ!!な!!」そう言って俺の背中をバシバシと叩くシウォン、最近人の顔見りゃダブルデートの話ばっかだったからよっぽど楽しみにしてんだろうま、付き合い始めの頃は楽しくて仕方がないから無理もないか俺と...

  • JELLY LOVE 12

    ~Cside~『ったく、わかってるよ~チャンミンはうるさいなぁ~』そう言ってその場に座り込むキュヒョン、まったく、僕に飲み過ぎだって言ってた割には自分の方が酔っぱらっちゃって本当にベロベロなんだけど(笑)うちに連れて帰るにしても重すぎて運べそうもないし、このままタクシーに乗せて家まで帰すしかない、よねとりあえず歩道で手を挙げてタクシーを探すものの、この時間じゃあなかなかつかまらないし……「あの、もしかし...

  • 旦那様は発情期 11

    ~Cside~「キュヒョン、シウォンさんに話したんだ?」「ええ?なんの話?」「とぼけるなよ!!ずっと前に話したアレの話だよ!!」「へっ?あ~ラブホの話?」大学の構内で見かけるなり凄い勢いで駆け寄る僕に、驚いたように眼を見張るキュヒョンユノまで伝わって怒られちゃったこと説明したのに全く悪びれてない風で溜息が出ちゃうよ……ま、怒られたって言うよりは違う意味で責められたっていうか、お仕置きされたっていうか///き...

  • JELLY LOVE 11

    ~Yside~「え?帰った?」「ああ、連れの女の子の具合が悪くなっちゃってさ、酒に弱かったらしい」「そう、ですか」「何だ?ヒチョルに用でもあったのか?」「いや、別に……」カウンターの中で忙しそうにするフロアリーダーは怪訝そうに俺を見つめたま、そりゃそうか、いつもはヒチョル兄が女の子を連れて来た時は構わないようにしてるのに今日に限ってこんな事聞くとかおかしい、よな別に急いでいるわけじゃないし、また次に会っ...