searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/pliepointe
ブログ紹介文
レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。
更新頻度(1年)

308回 / 365日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2015/07/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさん
ブログタイトル
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
更新頻度
308回 / 365日(平均5.9回/週)
読者になる
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさんの新着記事

1件〜30件

  • 水曜日のポワント・レッスン…♪

    センター・レッスンの後、ポワントに履き替えてまずは足慣らし。ドゥミ・プリエからポワントにジャンプ・アップすることやドゥミ・ポワントからロールアップしたりを丁寧に。そして…。まずはタン・リエのシンプルなアンシェヌマンを、それからアッサンブレ・ストゥーニュ、つまりアッサンブレ・シュル・レ・ポワントの練習を。右脚後ろ5番→右脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→右前5番シュル・レ・ポワント→左脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→左前5番シュル・レ・ポワント→右脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→右前5番シュル・レ・ポワント→右前5番ドゥミ・プリエ→右脚ルティレ‐ルルヴェ→パッセ→右後ろ5番ドゥミ・プリエ→右脚ルティレ‐ルルヴェ→パッセ→右前5番ドゥミ・プリエ→左脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→…………シンプ...水曜日のポワント・レッスン…♪

  • 水曜日はアンシャンテで…、トルソーの向きをね…♪

    そうそう、忘れないうちに…。バーでやったバットマン・フォンデュのアームスの動線についてちょっと説明しておくねプレパラシオンのタンジュ・ア・ラ・スゴンドはアームスもア・ラ・スゴンドク・ドゥ・ピエ・ドゥヴァン‐プリエでアン・バに下げて、フォンデュと同時にアン・オー脚を下ろして5番ルルヴェに引き付けるときにアン・ナヴァン、踏み替えてク・ドゥ・ピエ・デリエール‐プリエのときもそのままフォンデュ・デリエールのときにアン・ナヴァン・アロンジェ脚を下ろして5番ルルヴェに引き付けるときにアン・ナヴァンに戻し、フォンデュ・ア・ラ・スゴンドと同時にア・ラ・スゴンドに開くク・ドゥ・ピエ・デリエール‐プリエと同時にアン・バに下げて、フォンデュ・デリエールと同時にアン・ナヴァン・アロンジェ脚を下ろして5番ルルヴェに引き付けるときにアン・...水曜日はアンシャンテで…、トルソーの向きをね…♪

  • 水曜日はアンシャンテで…♪

    センター・レッスン。バットマン・タンジュやグラン・バットマン、エシャッペのシンプルなアンシェヌマンを練習してから二人にとっては初めてのアンシェヌマンをまずは説明しながら見本をみせます。右脚アティチュード・ア・テール→右にパ・ドゥ・シャ→右脚ロン・ドゥ・ジャンブ・アン・ドゥダーンしながら右脚ポワン・タンジュ・ドゥヴァン・クロワゼまで方向転換→右脚に重心移動して左脚を1歩踏み出す→右後ろ5番に引き付けてストゥーニュ・アン・ドゥオール→右脚前5番シュル・レ・ポワント⇒左にパ・ドゥ・シャ→…………パ・ドゥ・シャのアームスはアン・オーね。「…………」あ、あれ…「パ・ドゥ・シャして、ロン・ドゥして…そのあと…」はい。まずパ・ドゥ・シャからの着地は4番ドゥミ・プリエ・クロワゼに右脚をクロワゼ・ドゥヴァンまでもってきたら重心を...水曜日はアンシャンテで…♪

  • 2回目のオンライン・レッスン…♪

    先週はじめてのオンライン・レッスンをして、いくつか気づいたことがありました。動きの見本や一緒に動く様子も見やすいように気を付けないとなぁってことです。途中でカメラの角度を変えたりするのはもちろんですが、一番初めのセッティングをどうすればいいかな。まずはPCを斜め置きしたい…、そのための専用ホルダーみたいなものとかテーブルみたいなものとか家電量販店などにはあるのかもしれないけど…う~ん…。あ゛…三角の山型のドアストッパーが二つあれば、斜め置きで支えられる…はず…だけど…。ってことで早速100均でドアストッパーを買ってきて試してみました。……約束の時間のちょっと前にPCを立ち上げて待機。着信音が鳴って通話マークをクリックすると画面に彼女の笑顔画角や音量のチェック、ちょっとした近況報告などをしてレッスン・スタート。コ...2回目のオンライン・レッスン…♪

  • オンライン1回目…♪

    先週の火曜日からオンラインでのレッスンをスタートしました。生徒さんとお約束した時間の前にPCをセットしておいて連絡が入るのを待ちます。着信音が鳴って通話ボタンを押すと、画面に彼女の笑顔が画角の調節をしたり音量の調節をしたあと、いよいよレッスン開始。あ゛…っ、なぁるほどぉ…、こんな風に画像に遅れが生じるのかぁ…ディスプレイに映っている彼女の動きが停まったり、間を飛ばして現在の動きと結びついたりする。ところどころコマ落としになるような状態ですねなぁるほどねぇ…こういうことかぁ…、経験してみないと分からないことです。で、画像の動きの方に意識を向けてカウントをとっていたら「せ、センセエ…もう少しテンポを上げてくださひ…」と…。どうやら画像がストップした場合、ソレでカウントを止めてしまうと動いている彼女の方は大変なことに...オンライン1回目…♪

  • 名優二人の舞…♪

    昨夜のHNK‐Eテレ『にっぽんの芸能』は、故四世中村雀右衛門丈と故五世中村富十郎丈の特集でした故雀右衛門丈は言わずと知れた名女形、故富十郎丈も役柄の幅の広い立ち役で踊りの名手。旧歌舞伎座の時代にお二人の芝居を観たことはありますが、改めてテレビでとなると新しい発見があったりして、その凄さが分かりますね。演劇評論家の渡辺保氏の解説もありましたし。女形といえば一人は故六世中村歌右衛門、もう一人が故四世雀右衛門丈でしょうけど、お二人の芸風の違いを渡辺氏は歌右衛門は女形を生きた人、雀右衛門は女形の美しさを見せた人と表現していました。あ、それはそうかも…先日やはりNHKの映像で観た歌右衛門丈の『阿古屋』なんてまさにそうだったもの。雀右衛門丈は、姿形つまり容子の美しさにまず目を惹かれました。あ、ま、昨夜の番組では雀右衛門丈と...名優二人の舞…♪

  • プティ・アレグロは先週と同じ…♪

    センター・レッスン。バットマン・タンジュのアンシェヌマン、その後部分。……→ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド×4→右前5番ドゥミ・プリエ→右脚ルティレ‐ルルヴェ→右後ろ4番ドゥミ・プリエ→右ルティレ‐ルルヴェ→右前5番ドゥミ・プリエ→右脚ルティレ‐ルルヴェ→右後ろ4番ドゥミ・プリエ→右にピルエット・アン・ドゥオール→右後ろ5番アン・ファス⇒…………アームスの動きは、タンジュ・ア・ラ・スゴンドを5番に収めたときにアン・バ、そこからはルティレ‐ルルヴェや4番プリエに合わせてアン・オー→低い3番→アン・オー→アン・バ→アン・オー→低い3番→ピルエットってそれだけ。では音楽でどうぞ……………………ん~…、ふたりともルティレ‐ルルヴェからのアームスの動きが曖昧だねぇ…ルティレや4番プリエが決まるよりもほんの少し早くアー...プティ・アレグロは先週と同じ…♪

  • プティ・バットマンの基本の≪基≫を…♪

    先週、バー・レッスンの後半でプティ・バットマンの練習をしたら……な結果だったので、今週は基本の≪基≫をプレパラシオンでポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンドから膝を上げて膝下を垂直に軸脚の足首部分に動作脚の爪先を後ろ→前→…と交互に引き付けては元の位置に開く1後ろに引き付けて開く→2→3前に引き付けて開く→4→5後ろに引き付けて開く→6→7前に引き付けて開く→8→…………、と2カウントずつ1引き付けて開く→2引き付けて開く→3引き付けて開く→4引き付けて開く→…………と1カウントずつ1後ろ→前→2後ろ→前→3後ろ→前→4後ろ→前→…………と1カウントに2つずつプティ・バットマンは軸脚の足首のところを“擦る”んじゃなくて、“引き付けて開く”の繰り返しですよ。プレパラシオンで膝下を垂直にしたら、そのあと膝が動かないよう...プティ・バットマンの基本の≪基≫を…♪

  • 楽しみな企画…♪

    一昨日ちょっとお話しましたけど、“楽しみにしていること”を実施できることになりました企画に関与するにあたって、私は何を提案するか考えたんですけど、答えはスグに出ました本来なら今年のゴールデン・ウィークに予定していた特別レッスンの内容を今回の企画でやろうと思います。女性ヴァリエーションの中から1曲。まず振り移しをして、少しずつブラッシュ・アップしながら表現を深めていきます。もちろんきちんと演出もします同じ曲、同じ振り付けでもそれを踊る生徒さんによって見え方が違ってきます。たとえば…。Aさんはちゃきちゃきで開放的な印象の人だけど、案外、嫋やかでしっとりした表現が上手いなとか…。Bさんは大人しやかで控えめな印象のひとだけど、開放的で大胆な動き方のほうが似あうじゃないとか…。そういう発見があったりすると楽しい私からの提...楽しみな企画…♪

  • 欲しいような気も…♪

    近頃ちょっと気になっているのがホットサンドメーカーです。もう1~2週間前、いやもっとかな、夜遅いテレビ番組で男性タレントが3人でホットサンドを作っているのを見たんです。彼ら3人は食パンに餡子やアイスクリームなどを挟んでいて、美味しい美味しいと食べていました。餡子にアイスクリームねぇ…、うぇぇぇぇ…と思ったんですけど、甘い具材はともかくとしてちゃんとした具材で作れば朝食にいいんじゃないかなとも思ったの。支度の手間がかからないからと、ずっとワンパターンの朝食ですが、さすがにちょっと飽きてきたってのも正直なところですホットサンドねぇ…、いいかもしれない。どちらかというと朝食をしっかり食べたい方だから書店に出かけたついでに料理本のコーナーにも足をむけてみたら、“ホットサンド”のテキストもありました。それにホットサンドメ...欲しいような気も…♪

  • 自粛は続けますけど、でも…♪

    今度の火曜日からオンラインでのレッスンを始める予定なんですけど、私自身はじめてのことだからちょっと楽しみでワクワクしてもいます。対象の生徒さんはもう基本のエクササイズ・メニューのことは熟知している人です。だから定番のメニューでは、彼女が動きやすいように正確にカウントをとってあげることをメインにすればいいかな。気になるところや修正が必要なところがあればストップをかけてアドヴァイスする。新しいメニューや彼女が初めてやるメニューのときはどうしようかな。まず見本を見せるでしょ…、それからゆっくりゆっくり指示しながら彼女に試してもらう。このときは一緒にやったほうがいいから、彼女からちゃんと見えるように画角の調整が必要だわよね。それで大丈夫となったらまず1回ひとりでやってもらって、さらに大丈夫なら1セット…、と進めていけば...自粛は続けますけど、でも…♪

  • 嬉しい変化…♪

    金曜日19:15~のアンサンブル・ド・ミューズ、バレエ初級基礎クラスこのところバー・レッスンの前にしっかりめにストレッチを取り入れています。ヨウさんもずっと在宅勤務を続けているそうです。コロナ感染症拡大防止のためを考えて以前のように気楽な外出もしなくり、なんとなく運動不足、なんともいえないストレスを感じているそうです。それなりに身体を動かすように心がけていても、ストレスを貯めないように気分転換を図っていても、それでも払拭しきれない纏わりつくような閉塞感があるのは確かですもの知らず知らずのうちに身体が緊張して固くなっていたりもするわね。座ってゆっくり首周りや肩周り、お尻や腿のストレッチをゆっくりと。昨日はいつものメニューにプラスして背中のストレッチも。掌と膝をついて四つん這いの姿勢にして、軽く腰の力を抜きます→息...嬉しい変化…♪

  • 水曜日のアンシャンテ、9月のグラン・ワルツ…♪

    センター・レッスンは、バットマン・タンジュのアンシェヌマンにピルエット・アン・ドゥオールを組み入れ、グラン・バットマンのアンシェヌマンにピルエット・アン・ドゥダーンを組み入れて練習。それからアレグロは前回と同じアンシェヌマンで。ふたりとも、中盤までは2カウントずつで動き終盤は1カウントずつで動くって切り替えるのが苦手みたいだよねそれでは今月のグラン・ワルツを上手奥で左脚アティチュード・ア・テール・クロワゼ→左脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンドからトンベして右脚ク・ドゥ・ピエ・ドゥヴァン‐左脚プリエ→右脚デヴロッペ・ア・ラ・スゴンド‐左脚ルルヴェ→右脚からシャセ→右に半回転して左脚ク・ドゥ・ピエ・ドゥヴァン‐右脚プリエ→左脚デヴロッペ・ア・ラ・スゴンド‐右ルルヴェ→左脚からシャセ→左に半回転して右脚ク・ドゥ・ピ...水曜日のアンシャンテ、9月のグラン・ワルツ…♪

  • 水曜日のアンシャンテ、プティ・バットマン…♪

    水曜日、アンシャンテ原宿バレエ&ダンスでお昼跨ぎの『大人のバレエ』クラス。ふくらはぎやハムストリングの軽いストレッチをしてからバー・レッスン開始。ロン・ドゥ・ジャンブ・パール・テールやバットマン・フォンデュではアームスの動きも併せて。バットマン・フォンデュ。ドゥヴァンのときのアームスはアン・オー→踏み替えてデリエールのときはアン・ナヴァン→踏み替えてア・ラ・スゴンドのときはアン・ナヴァンのアームスをア・ラ・スゴンドに開く→………アームスの動きにはある種の法則性があるからね、きっちり覚えちゃったほうが得策よ……………………おぉぉらぁぁ…、アイさん、「アン・オーからアン・ナヴァンに下げるときに、なぁんで顔を撫でるように、ってかTシャツを頭から引き下ろすような動きになるかね」「…っふぁぁぁぁ…、言われると思ったぁぁぁ...水曜日のアンシャンテ、プティ・バットマン…♪

  • オンラインで…♪

    外出自粛、みんな大なり小なり意識して過ごしてますよね。お稽古事や習い事などでもオンラインレッスンを取り入れるところが増えてます。アンサンブル・ド・ミューズでもここはひとつ考えないとと、すでにオンラインレッスンを始めている先生から情報を頂いたりしてるところに、タイミングよく生徒さんから、オンラインでレッスンしてほしいというリクエストがありました。彼女が実際に仕事でも使っているソフト(…でいいのかな…)でやりましょうということになり…。昨日、朝から一人でかなり長い時間を悪戦苦闘。ま、そのソフトのダウンロードに関しては、実は上手くいってたんですけど、それ以外でちょっと気になることがあって、そっちの方にひっかかっちゃってたの。ついに挫けて凹みました…その後、リクエストをくれた生徒さんからスマホのメールと通話での、文字通...オンラインで…♪

  • 今はまだ冷やして…♪

    7月の下旬頃から飲み始めたエキナセアをメインにしたハーブティー。いまはまだ暑いので熱湯で抽出したものを冷蔵庫で冷やしておいて飲んでます。エキナセアは免疫力向上や感染症予防に効果があるんですって。いまのところ気に入って飲んでいるのは、オーガニックのハーブが数種類ブレンドされたもので、ティーバッグ式のものです。エキナセアルート、エキナセアエキス、ペパーミント、レモングラス、シナモン、甘草、スペアミント、フェンネルシード、カルダモン、ローズヒップ、ジンジャー、ゴボウ、クローブ、モウズイカリーフ、ステビアリーフ、ブラックペッパー、エルダーベリーエキス以上17種類スッキリと口当たりよく後味のいい甘さは甘草やステビアリーフの甘さかな。スペアミントの爽快感もしつこくなく、あっさりしていて美味しいです。クローブとかシナモンの香...今はまだ冷やして…♪

  • ハンドクリーム…♪

    手の甲にピキピキっ…ヒリヒリっ…と引き攣るような小さな小さな痛みが…、チクチクチクと刺されるように感じたりもします。あ~、ハンドクリーム塗らなかったからだぁ今年はコロナ感染症予防のために、もともとの日常的な当たり前の手洗いに加えてアルコールや消毒液で頻繁に手指洗浄をするようになったから、その刺激はかなりのものかもね。若い頃からほとんど手荒れを起こしたことがなくて、ヒビやアカギレなどにもなったことがないけど、今年は状況が違うから…。いまのところは爪も傷んでいないしかぶれたり湿疹や炎症などのトラブルもないので、まめにケアしなくちゃとは思うんですけど、ピリピリっチクチクっを感じて“あ~あ、やれやれ…”と不承不承でクリームを塗るよりも、いっそのこと好きな香りのものを幾つか用意して、気分に応じてケアを楽しむと考えた方が素...ハンドクリーム…♪

  • 創刊号を買いました…♪

    書店のその棚、つまり定期購読して何かを作る、何かを知るシリーズの棚はスゴイね。あらためて眺めて見たけど、ある意味壮観だわ作るシリーズはパーツの箱で場所をとるから、レース編みが30回配本分まで並べられていたけど、あとは知るシリーズ、「日本の名刀」「日本の城」etc.etc.…、いずれもかなりの配本を重ねているのね。で、立体刺繍ね、買いました創刊号の付属品は刺繍糸と針と木製ビーズ、ワイヤーです。この木製ビーズに刺繍糸を巻き付けてブルーベリーの実を作るんですね手順もこんな風に写真付きで説明されていますし、動画でも学ぶことが出来るようになってます。各配本毎に少しずつパーツを作っていって、最終的にはリース柄の刺繍を仕上げるわけですが、毎号ちょっとしたおまけ作品もある月に2回の配本予定のようです。んふふふ~、飽きるまでは続...創刊号を買いました…♪

  • 立体刺繍とな…♪

    テレビのCMでも度々紹介されますけど、主に月刊でテキストとちょっとしたパーツがセットになってて、テキストに従って毎月そのパーツを組み上げていくと〇〇が作れます、っていうアレ。お城とか船とかスーパーカーとか種々様々、縮尺は実物の〇分の一なんてアピールもしてますね。たしか“安土城”もあったような…。そういった固いもの以外に、手芸のシリーズも出ますね。パッチワーク、レース編み、ニードルワーク、etc.etc.…。2~3年前かな、“ねこあつめ”がニードルワークで発売されたことがありました。興味があったので書店に見に行った。“ねこあつめ”の解説とニードルワークに関する解説、手順などが載ったテキスト付きのかわゆい箱に1匹分の材料が入っています。なるほど、毎月1匹ずつ作っていくのね。掌に乗るほどのコロンとした猫は確かに可愛か...立体刺繍とな…♪

  • クッションを新しく…♪

    テーブルの高さと椅子の座面の高さが合ってないの。あ、テーブルと椅子が、じゃなくて私とテーブル&椅子の高さが、か…テーブル面の高さが合ってないと食事の所作が行儀悪くなったり、文字を書く作業などしているときに肩が上がって疲れたり、いろいろと不都合なことが多いですよね。椅子の座面の高さ調節にこれまで使ってきたクッションも大分草臥れてきたから、ここらで新調しましょう…が、そう上手くはいかないものなのよね。大きさや厚み、クッションカバー…、なかなかコレ!といえるものには出会えなくて…ところが先週、ダイソーに出向いたときソレを見つけました40cm×40cm×4cmのなぁんの変哲もない低反発クッション、1個500円厚みが4cmということは、3枚重ねれば12cm…、よぉぉぉっし、コレに決まりだ3枚重ねてズレないように幅広のゴム...クッションを新しく…♪

  • 気鋭のピアニスト…♪

    先週水曜日、いつものことですが日テレの『スッキリ』にチャンネルを合わせて、見るともなしに、聞くともなしに、の状態でした。朝食の後片付けをして歯磨きをしていたとき、テレビから聞こえてきたのはG・ガーシュウィンのⅠgotRhythm…え…っ、な、なに…っ、この響き…っ、楽しい…っ歯ブラシを銜えたままテレビの前に移動。演奏していたのは紀平凱成キヒラカイルクンという18歳、気鋭のピアニスト。絶対音感がある彼は、リモートで女性MCが送ったスマホの曲を聴いて即座に再現そんな彼は自閉症スペクトラムですが、通常よりも鋭敏な聴覚による過剰な反応など、自分で少しずつ克服しながら活躍の場を広げているそうです。昨年プロ・デヴューして、コンサートやアルバムの制作や自作の曲を発表したりね。番組の中では自作の曲『NoTearsForever...気鋭のピアニスト…♪

  • 時今也桔梗旗揚…♪

    先週金曜日のNHK・Eテレ『にっぽんの芸能』は、“織田信長”のいろいろでした。ゲストは中村歌六丈。番組MCの俳優高橋英樹氏もかつて大河ドラマ『国盗り物語』で信長役を演じたひとりで、信長を描いた過去の映像作品もちょっとずつ紹介されました。で、メインは歌舞伎歌舞伎作品にも信長が登場するものは数少ないなりにいくつかありますが、いずれも主人公としてではなく敵役、脇役です。よく知られているのが時今也桔梗旗揚ですが、あくまでも光秀を虐める敵役として登場します。この狂言では、織田信長小田春永、明智光秀武智光秀と名前が変わっています。番組では、中村吉右衛門丈=武智光秀、中村歌六丈=武智光秀の配役で、「饗応」「馬盥」「連歌」の場面がダイジェストで放送されました。“芝居の嘘”ともいうべきオヤクソクや誇張も当然あるんですけどさ、お前...時今也桔梗旗揚…♪

  • ほんのちょびっとのアレグロ…♪

    はぁい、それではアレグロで軽く跳びましょう右脚後ろ5番アン・ファス⇒右アッサンンブレ→右前5番タン・ルヴェ→左アッサンブレ→左前5番タン・ルヴェ→右アッサンブレ→アッサンブレ・アン・ナヴァン→シソンヌ・ウーヴェルト→タン・ルヴェ→左後ろ5番⇒…………と見本を見せる。シソンヌはアティチュード・・デリエールね「…軽く…軽く…、えぇ…」軽いだろぉぉぉ、4分の4拍子でたぁったの2小節だもん。ほんのちょびっとじゃん。「……」で、アームスはね、アッサンブレ→タン・ルヴェのところはドゥミ・スゴンドアッサンブレ・アン・ナヴァンは前の脚に対してクロワゼシソンヌは2番アラベスクのアームス軽く順番を確認して…。いいわね…、ではどうぞ……………………あらぁ…、あ…暑いからなぁ…あのねぇ、跳ぶんですよ、かぁるく弾むように…、落下するんじ...ほんのちょびっとのアレグロ…♪

  • クロワゼとエファセのエシャッペ…♪

    さて、久しぶりにエシャッペで方向の切り替えをするアンシェヌマンを「……」「……」とは言ってもちょっとだけ変化をつけます「……」右脚前5番クロワゼ→右前4番エシャッペ・クロワゼ→エシャッペ・アン・ファス→左前4番エシャッペ・クロワゼ→左脚ルティレ‐ルルヴェ→左後ろ5番→右前4番エシャッペ・エファセ→エシャッペ・アン・ファス→左前4番エファセ→右脚ルティレ‐ルルヴェ→右前5番クロワゼ⇒…………アームスはクロワゼ4番エシャッペのときは3番アラベスクのアームスエファセ4番エシャッペのときは2番アラベスクのアームス前側の脚をルティレ‐ルルヴェして後ろにパッセするときはエファセの高い3番後ろ側の脚をルティレ‐ルルヴェして前にパッセするときはエカルテ・ドゥヴァン・アロンジェ「アームスをエカルテ・ドゥヴァン・アロンジェにすると...クロワゼとエファセのエシャッペ…♪

  • カウントの切り替えも…♪

    水曜日のアンシャンテ原宿バレエ&ダンス、お昼またぎの『大人のバレエ』クラス。バー・レッスンのときもバーの足元に飲み物を置いて、こまめに水分補給できるようにしてレッスン。センター・レッスンへ。まずはバットマン・タンジュのアンシェヌマン、終盤に4番ドゥミ・プリエからピルエット・アン・ドゥオール。ではどうぞ……………………あ~らら…。「ふたりともぉ…、4番ドゥミ・プリエもきちんと出来てる、回転軸もちゃんと通ってる、なのになぜ1回転しかしない…」「う…」「ふたりともドゥー・トゥール、回れるハズよ。遠慮はいらないわ」はい、はじめからどうぞ……………………ほぉらぁ、出来るじゃないのぉ、いいわよぉバットマン・タンジュの次はグラン・バットマンのアンシェヌマン。右脚前5番クロワゼ→右脚ドゥヴァン×3回→5番ルルヴェ→左脚デリエー...カウントの切り替えも…♪

  • 少し持ち物は増えたけど…♪

    週に1度、電車で3駅のところにあるショッピング・モールに出かけています。のんびりウィンドゥ・ショッピングなんてことはいまだになく、欲しい物や必要な物をメモに従って手早く買い物して回り、自宅を出てから帰宅するまでおおよそ1時間、長いときでも2時間足らずです。ま、長いときは書店でちょいと立ち読みなんかしちゃうからですな最近の外出と6月までのそれとを比べると、今はちょっとした持ち物が増えました。以前は、お財布とスマホとハンカチ程度を入れた小さなハンドバッグを持ち歩いていましたが、まずそれを変えました。レジ袋が有料になったから、買った商品をすぐに収められるトートバッグにして、お財布・スマホ・ハンカチのほかにマイバッグ=エコバッグと携帯用のアルコール消毒液、予備のマスク。マイバッグ=エコバッグは念のため大と小を一つずつ。...少し持ち物は増えたけど…♪

  • テレビでローザンヌ・バレエ・コンクール…♪

    昨日は15:00からNHK・Eテレで『48回ローザンヌ国際バレエ・コンクール』の決勝の模様を観てました。今年、2020年2月8日に行われた決勝には男女計21人が出場したようです。課題曲は結構多かったな。女性17歳以下<1>『フローラの目覚め』よりフローラのヴァリエーション<2>『パキータ』よりパ・ドゥ・トロワの第1ヴァリエーション女性18歳<1>『パキータ』act2よりリード・ソリストのヴァリエーション<2>『眠れる森の美女』act3よりオーロラ姫のヴァリエーション<3>『グラン・パ・クラシック』より女性のヴァリエーション<4>『ジゼル』act1よりジゼルのヴァリエーション<5>『ラ・バヤデール』よりガムザッティのヴァリエーション男性17歳以下<1>『白鳥の湖』act3より王子のヴァリエーション<2>『ナポリ』...テレビでローザンヌ・バレエ・コンクール…♪

  • 文庫化された1冊を…♪

    将棋の藤井聡太七段が棋聖となりさらに現在王位に挑戦中ってことにちょっと気持ちをつつかれて、ささやかなささやかなマイブームとなっています渡辺明名人(昨日から)をモデルにしたまんがにハマったり、羽生九段監修の子供向けの将棋入門書を読んでみたり、ネットニュースで藤井棋聖や渡辺名人のことを追ってみたり…。ようはミーハーになっちゃってるんですな…100均でおもちゃの将棋盤を買ってきて駒を並べてみたりしてますが、将棋そのものについては全く進展がなく、いまのところ“歩”の一枚も動かせてません…で、いつもの書店でいつもの行動。文庫本の棚の間を巡って、目に付いたカバー裏の紹介文を読んだり戻したり…、ふと視線を転じた先にコレがありました。『弟子・藤井聡太の学び方』棋士杉本昌隆著PHP文庫あらぁ、文庫化されたんだぁ…と手に取って“は...文庫化された1冊を…♪

  • ピルエットを組み合わせて…♪

    じゃぁパ・ドゥ・バスクとステップ・チェンジの後にそれぞれピルエットをはめ込んでみましょう順番は…右脚ポワン・タンジュ・ドゥヴァン・クロワゼ‐プリエ→パ・ドゥ・バスク→3番アラベスク→4番ドゥミ・プリエ→右にピルエット・アン・ドゥオール→右後ろ大きい4番クロワゼ→右脚ロン・ドゥからステップ・チェンジ→右後ろ大きい4番クロワゼ→左にピルエット・アン・ドゥダーン→右後ろ大きい4番クロワゼ→右脚に重心を移して左前ポワン・タンジュ・ドゥヴァン・クロワゼ‐プリエ⇒……………と、コレです、大丈夫かな…「…右脚からパ・ドゥ・バスク→ピルエット・アン・ドゥオール→ステップ・チェンジ→アン・ドゥダーン→左脚からパ・ドゥ・バスク→アン・ドゥオール…ってことですよね」そうそうアイさんはね、ピルエットの前の4番プリエの違いとそれに対応す...ピルエットを組み合わせて…♪

  • パ・ドゥ・バスク→ステップ・チェンジを整理すると…♪

    パ・ドゥ・バスクとステップ・チェンジだけのアンシェヌマン、まずは自分で思い出ししてごらん「う゛い゛ぃぃ~…、…っとぉ…、ココからこうして→こうなってぇ→こう→…でぇ…あ゛ぁ…」そうか、そうか、惜しいねぇ、あとちょっとだったのに。じゃ、一緒にやりましょう脚や体の動き、方向、重心の切り替え、ettc.etc.パの構造は分かってるのよね?「それは分かってるんです、ロン・ドゥをパ・ドゥ・バスクだとアン・ドゥオール、ステップ・チェンジだとアン・ドゥダーン……、パ・ドゥ・バスクはエカルテ・デリエールまででステップ・チェンジはクロワゼ・ドゥヴァンまで……とか、わかってるんですけどぉぉぉ…」うん、そうね。ほんのちょっとしたことだけはっきり区別すれば、今の動きがってわけじゃないわよクロワゼ・デリエール・ポワン・タンジュ(=3番ア...パ・ドゥ・バスク→ステップ・チェンジを整理すると…♪

カテゴリー一覧
商用