アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
読者になる
住所
出身
ハンドル名
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさん
ブログタイトル
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/pliepointe
ブログ紹介文
レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。
自由文
-
更新頻度(1年)

251回 / 344日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2015/07/16

アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 37,882位 38,101位 33,585位 33,518位 33,441位 33,362位 37,122位 975,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 10 30 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 194位 197位 177位 177位 176位 177位 196位 5,027サイト
バレエ 32位 32位 29位 30位 29位 28位 32位 572サイト
地域生活(街) 東京ブログ 258位 260位 244位 248位 246位 248位 261位 8,610サイト
目黒区情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 95サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,254位 45,678位 36,208位 35,168位 36,376位 32,770位 32,869位 975,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 10 30 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 248位 252位 206位 203位 211位 197位 197位 5,027サイト
バレエ 58位 59位 48位 49位 48位 45位 48位 572サイト
地域生活(街) 東京ブログ 387位 397位 296位 303位 310位 280位 282位 8,610サイト
目黒区情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 95サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 10 30 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,027サイト
バレエ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 572サイト
地域生活(街) 東京ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,610サイト
目黒区情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 95サイト

アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレターさん
ブログタイトル
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
更新頻度
251回 / 344日(平均5.1回/週)
読者になる
アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター
  • テレビ観戦しました…♪

    ラグビー・ワールド・カップ2019、日本VS南アフリカ戦、テレビで観ました。ルールも何も分からないニワカファンのままなんですけどねテレビ画面の左下に“ボール支配率”とか“地域支配率”とか、赤と緑に色分けされたグラフみたいなものがときどき表示されて、それを見ると日本はよくボールに絡んでいて、善戦してるなって感じでした。でも南アフリカの壁をなかなか崩せない。日本がボールを持って走り出してああっ、惜しい…っってことも多々ありましたよね。日本が善戦するから、南アフリカは焦ってるようにも見えるシーンも何度もあったし。結果、3:26で負けてしまいましたけど凄い試合だったな日本チームに喝采を送りたいそれにしても、と毎回驚かされるのは選手の身体能力ね。ダブルフェラーリと称される松島選手と福岡選手は、チームのなかではスレンダーな...テレビ観戦しました…♪

  • 青い花の名前がわかりません…♪

    線路脇の植栽、いまはオシロイバナが咲き乱れています。マゼンタ、ピンク、白、黄色、赤、斑など、様々な色合い入り混じって華やかですね。買い物の帰り道、眺めるともなく眺めながら歩いていたとき、目を引かれたのはスッとこの1本だけが立っていたんです。周りに同じ物は見当たらないの。笹のように細い葉っぱと細く真っ直ぐな茎、鮮やかな空色の小さな花。ツユクサではないですね。時期が違うし、葉っぱの形も花の形も違います。書店に行って草花図鑑で調べてみようかな…青い花の名前がわかりません…♪

  • ポワント・レッスンも…♪

    アンサンブル・ド・ミューズでは毎月第3金曜日はポワント・レッスンの日です。バー・レッスンのあとポワントに履き替えて、足馴らしから。両手バーで両足をパラレルに。片足ずつドゥミ・ポワント→ポワント→プリエ→ドゥミ・ポワント→ア・テール→の繰り返し。それから、両足一緒に同じこと、さらにロール・アップの練習と1番ポジシオンでのロール・アップの練習。ポワント初心者の場合はこの後、1番ポジシオンでもパラレルと同じことを繰り返したり、ルルヴェの練習をしたり、片足でのルルヴェの練習をしたりと、バーを使った練習に時間をかけます。でも、アイさんはパラレルでのと1番ポジシオンのロール・アップだけで大丈夫でしょはい、センターでゆっくりブーレをどうぞ、1歩ずつしっかり重心を乗せて丁寧にね。つぎはピケ-ルティレをドゥ・コーテで、アームスは...ポワント・レッスンも…♪

  • ちょちょら…♪

    書店に行ったら、『新潮文庫の歴史・時代小説』という帯が付いた文庫本のコーナーができていて、その中にこの1冊も並んでいました。あ、読んだことある、楽しい佳いお話なんだよねぇそう思ったら久しぶりに読みたくなりました。手元の読書記録を辿ってみたら、コレを読んだのはもう6年前のことでした。『ちょちょら』畠中恵著新潮文庫多々良木藩江戸留守居役を務めていた兄の急死により、半ば押し付けられるようにその役目を引き継ぐことになった間野新之助クン。周知のとおり、江戸時代の日本は封建制度。御三家・御三卿・親藩・譜代・外様の260余藩あって、それを取り纏めて政を行っているのが徳川幕府。江戸留守居役というのは、幕府からの通達事項や命令を自藩に伝えたり、また藩からの嘆願書などを幕閣に提出したり、さらには他藩との交流を図ったりする役目もあり...ちょちょら…♪

  • ちいさなワッペン二つ…♪

    書店出かけた帰りに同じショッピングモールにある雑貨店に立ち寄りました。そこはデスク周りの雑貨や収納用品、ラッピンググッズほか輸入物のちょっと気の利いた品を扱っています。ちょっとしたプレゼントの品を選ぶのにも丁度いいんです。カラフルなマスキングテープやカード類は見ていて楽しいですよね。デコレーション用のチロリアンテープとかイニシャルのワッペンとか…。刺繍のワッペンも可愛いものから美しいものまで様々。手芸用品店で扱っている、どちらかというと子供向きのものとはちょっとニュアンスが違うコットンローンの真っ白なハンカチにイニシャルのワッペンとお花のワッペンを組み合わせて、ちょっと畏まった場で持つハンカチを作ろうかなと考えていたところです。イニシャルのワッペンをひとつピックアップしたあと、お花のワッペンを選んでいたときふと...ちいさなワッペン二つ…♪

  • 初めてテレビ観戦を…♪

    ラグビーワールドカップ、日本チームベスト8進出おめでとうございます。昨日の対スコットランド戦、凄い試合でした私はもともとラグビーのことをよく知らなくて…アーモンド型のボールを使う格闘技のようなスポーツ、ぐらいの認識しかありませんでした。ルールを知らないのはもちろんのこと、ほとんど情報ももっていません。でも先月20日の対ロシア戦を日本が制してから、情報番組で日本チームのことをとりあげると耳を傾けるようになりました。選手の顔と名前を少し覚えたり、タックルとかタッチダウンとかスクラムとか、それがなんなのかを覚えたり。それから、そう、上位2チームはどうやって決まるのか、とか。私の知識量はなかなか増えけど、日本は快進撃を続けましたね。そしていよいよ対スコットランド戦間近というとき、台風19号の影響で場合によっては試合は中...初めてテレビ観戦を…♪

  • 求めている物は…♪

    手元に1枚の中古のCDがあります。バレエ音楽のCDで、2作品のダイジェストです。中古のCDを扱っているところで見つけて購入したものです。2作品、仮にダイジェストAとダイジェストBとしておきましょうか。購入したときはAの方に用があったというか、求めていた曲がAの方にはいっていたから購入したのでした。状況が変わり、Aに入っていた曲も使わずじまいでした今年の発表会が無事に終わって一段落すると、次はどんな作品を創ろうかなと漠然と考え始めるようになります。頭に曲が浮かぶに任せて過ごしたり、逆にドラマを考えてみたり…。イメージを色で考えてみたり…。曲と動きがひとつになって頭に浮かぶこともあります。あぁ、でもそれはねぇ…、どろどろの情念て場にそぐわないんだわねぇ…と諦めることも…。発表会という場に相応しい作品ってあると思うん...求めている物は…♪

  • ポール・ドゥ・ブラの基本の基の基の≪基≫から…♪

    さてヨウさん、バレエのレッスンを始めて2か月余り。どんな風にレッスンが進んで行くか、おおよそのことは分かってきたと思います。この先、いろんなパを覚えたり様々なアンシェヌマンに挑戦するわけですから、ここでポール・ドゥ・ブラの基本の基の≪基≫をしっかり覚えてしまいましょう。「ポール・ドゥ・ブラ…」「うん。腕の運び・動きってことね。ポールが運び・動き、ブラが腕」「へぇぇぇ…」まず基本の基の≪基≫としてアン・バ、アン・ナヴァン、アン・オー、ア・ラ・スゴンドの4つがあって、いろんなアームスの形はこの4つの組み合わせや、そこから派生したものなのよ。だから基本の基の≪基≫がしっかり身に付いてれば、そのほかのアームスでも珍妙なラインになったりしない。じゃ、まず両腕を軽く垂らして手のひらを合わせる、肘の窪みを向き合わせる。そうし...ポール・ドゥ・ブラの基本の基の基の≪基≫から…♪

  • 賑やかねぇ…♪

    お昼過ぎ、近くの中学校で生徒たちが騒いでいる声が聞こえてきます。わいわいと元気に騒いでいるのですが、どうやら騒いでいるのはコーラス部の男子生徒たちらしい。去年までは男子生徒の歌声ってあまり聞こえなかったんですけど、今年は男声が優勢のようです。声を合わせて発声練習をしているグループ、何かの曲の一節を突然歌い始めるグループ、見事にハモるグループといろいろです。お昼休みのおふざけ半分なんでしょうけど、なかなかいい声なんですよ、よく響くしね。あ、伴奏のピアノの音も聞こえてきましたよ。……っちくしょぉ…出ねェ…って、あはっ、高音域の限界に挑戦したのね揃って合唱の練習というより、何曲かある課題曲を好き勝手に歌っているようです。声が明るい。歌うのが好きなんだろうなぁ、楽しんで歌ってるんだろうなぁって印象です。放課後、マンショ...賑やかねぇ…♪

  • “きゃぁぁぁ”と“ぎやぁぁぁ”の違いは…♪

    先週の土曜日18時30分からフィギュア・スケートのジャパン・オープンが放映されてました。日本、ヨーロッパ、北アメリカの3地域対抗戦で、男女シングルのフリースケーティングだけで競います。ヨーロッパチームには今年1月に引退したハビエル・フェルナンデス選手も出てました。北アメリカからはもちろんネイサン・チェン選手。日本チームは宇野クン、島田高志郎クン、宮原選手、紀平選手。結果は1位ヨーロッパ、2位日本、3位北アメリカでした。ま、それはおいといて…。オープニングでゲスト・スケーターとして織田信成氏とステファン・ランビエール氏がスケーティングを披露。うぅわ、うわ、うわわぁ…、ランビエール、相変わらず素敵だぁぁぁ赤いノースリーヴのトップスに白の腰から腿にかけてが膨らんだパンツ。鳥をイメージしているのでしょう、そのアームスの...“きゃぁぁぁ”と“ぎやぁぁぁ”の違いは…♪

  • 筝曲を聞いて…♪

    毎週金曜日の夜11時からはNHKのEテレにチャンネルを合わせることが多いんです。レッスンから帰ってきて、空腹を満たしたあとのちょっとのんびりした時間、和の映像や音楽にほっとすることも度々です。先週は筝曲の特集でした。野村正峰という筝曲の大家が作曲した楽曲が紹介されたのです。不勉強な私はまったく存じませんでしたが、野村正峰は昭和2年名古屋市の生まれ、戦前戦後の紆余曲折を経て筝曲家となり、また独学で作曲を学び、独自の筝曲を世に送り出した人です。番組ではその長女である二代目の解説とともに、正峰作の曲が紹介されました。筝曲といって思い浮かぶのは、お正月によく耳にする宮城道夫作曲の『春の海』ですよね。日本独自の音階で、どちらかというとマイナーな旋律っていうイメージです。少なくとも私のなかでは日本音楽というのは長調ではなく...筝曲を聞いて…♪

  • ブリゼの練習…♪

    センター・レッスン。バットマン・タンジュのアンシェヌマンを練習してからエシャッペのシンプルなアンシェヌマン、、そして毎度のことながら相変わらずアレグロと言えるテンポではないがシンプルなアレグロのアンシェヌマンを練習。さぁ、それから…。ちょこっとバーを出しましょう。はい、両手バーで右脚後5番、まず脚の動きをしっかり覚えましょう、いいですかぁ…右脚をエファセのほうに擦り上げて跳び上がる→左脚を右脚の下に引きつける→右後5番ドゥミ・プリエで着地大事なポイントは右脚を左脚のほうに下ろしてはいけません左脚で右脚を打ち上げるように、とイメージしましょういい?じゃ右に2回続けてみて。…………あ~、こらこら…「右脚を擦り上げる前に前側の左脚を動かしちゃダメよ。5番ドゥミ・プリエを崩さないで、そこから直接跳び上がるんだよん」「う...ブリゼの練習…♪

  • ポール・ドゥ・ブラ、1歩進めて…♪

    バー・レッスン。グラン・プリエを、いつもとはやり方を変えて…。「あのね、ドゥミ・プリエ→ドゥミ・プリエ→グラン・プリエ→カンブレ→…って脚とトルソーの動きはいつもと変わらないけどね、ポジシオンごとにポール・ドゥ・ブラを変化させますよ」「おわ…」順番はね、前奏でアン・バのアームスを軽く煽ってからアン・バ、1番:ドゥミ・スゴンド→アン・バ→ドゥミ・スゴンド→ア・ラ・スゴンド→アン・バ→アン・ナヴァン→ア・ラ・スゴンド→……2番:ドゥミ・スゴンド→アン・バ→ドゥミ・スゴンド→ア・ラ・スゴンド→アン・ナヴァン→アン・バ→ア・ラ・スゴンド→……4番:ドゥミ・スゴンド→アン・バ→ドゥミ・スゴンド→アン・バ→アン・ナヴァン→アン・オー→ア・ラ・スゴンド→…5番:ドゥミ・スゴンド→アン・バ→ドゥミ・スゴンド→ア・ラ・スゴンド→...ポール・ドゥ・ブラ、1歩進めて…♪

  • 原作を読んでしまうと…♪

    先月下旬に公開された映画『任侠学園』。出演者がテレビで番宣しているのを何度か見ました。西田敏行と西島秀俊のW主演、共演に佐藤淳史ほかって、面白そうな面子だねぇ…。西田&西島の御両人、二枚目役から三枚目役そして善人から悪党まで役柄の幅が広い役者だもんねぇ。さて、どんなお話なんだろう、ちょっと気になる。だから、原作を読んでみようと思って…。『任侠学園』今野敏著中公文庫いまの時期は映画をPRするための特別なカバーつきです。カバー裏では映画でのキャスト紹介も。で…。…日頃黒いスーツを着ているのは伊達ではない。黒いネクタイをすれば、そのまま葬儀に出られるし、白いネクタイをすれば婚礼に出席できるというわけだ。…ほぉぉ…。オヤッサン、鈴木のオジキは亡くなりましたよ、ヒットマンにハジかれて…。ばかやろう、須藤は去年、あのカチコ...原作を読んでしまうと…♪

  • 好い香り~…♪

    あぁ、お花、どれにしようかなぁ…。ん~、トルコ桔梗、好きなんだけどぉ…。薔薇は…前回薔薇だったからなぁ…。あ、ユリだ…うん、これがいい。鮮やかな色もいいわね。かのこユリか、すかしユリか、種類はさだかではないけどキレイユリは華やかでいい香りがしますよね好い香り~…♪

  • まだ暑いですよね…♪

    10月になったというのに気温が高いですよね。今日も29度くらいになりそうだと予報が出ています。例年、10月1日から生活を秋モードに切り替えるんですけどね。秋モードといってもそんなに大げさなことじゃないんですけど…。コーヒーをホットにする、飲み水をぬるめの白湯にする、腹巻を着ける、ま、そんなことです。でも、今朝の寝起きの水は常温でしたし、今飲んでいるコーヒーもホットではありません。もちろん腹巻だって着けてません。だって汗かきそう…なんだか身体はまだ夏モードのままな気がします。レッスンのときもスタジオではエアコンを稼働させて冷やしてます。それでも、夏場と同じようにみんな大汗かいてますよ。レッスンを終わって外に出た時の空気の涼しさが、秋ねぇ…と感じるひとときかしら…。服装はまだ夏物ですとてものこと、季節感を大事にして...まだ暑いですよね…♪

  • テレビで歌舞伎…♪

    昨晩はNHKのEテレで歌舞伎『め組の喧嘩』を放送してました。今年の團菊祭の演目の一つだったんですね。『め組の喧嘩』は江戸時代に実際に起こった町火消と力士との喧嘩を元に、講談などになり歌舞伎にもなったんだそうです。町火消しの頭め組の辰五郎に尾上菊五郎丈、め組の纏持ち柴井町藤松に尾上菊之助丈、力士四ツ車大八に市川左団次丈などなどなど…。品川の遊郭で楽しんでいる四ツ車一行、付け人の力士が興に乗って大騒ぎ、そこにめ組の藤松が怒鳴り込んでくる。うるせぇ騒ぎ過ぎだ謝れだの言葉が過ぎるだので騒ぎになったところを、ひとまずは辰五郎が治めます。数日後、今度は芝居小屋でめ組の衆と力士がぶつかってひと騒動。今度は芝居小屋の主が仲に入ってなんとか取り持ちます。が、おさまらない鳶の面々、辰五郎さんだって同じこと。みんなで仕返しに行くこと...テレビで歌舞伎…♪

  • ピケ-ルティレは基本の基の≪基≫…♪

    では、アイさんはシンプルなアンシェヌマンを。右脚アティチュード・ア・テール→右にグリッサード→ピケ・アラベスク→左にグリッサード→ピケ・アラベスク→右にグリッサード→ピケ・アラベスク→アラベスク・プリエ→ルティレ-ルルヴェ→ルティレ-プリエ→アティチュード・ドゥヴァン-ルルヴェ→アティチュード・ドゥヴァン-プリエ⇒左にグリッサード→ピケ・アラベスク→…………ピケ・アラベスクは1番アラベスクルティレ-ルルヴェのときにアン・オーにいいわね、じゃ、いきましょう。あ、3拍子でやろうね……………………あ~、こらこら…「グリッサード、進行方向に向かって一目散にまっしっぐらってのはさぁ…」「けへへへへ…」「空間を大きく捉えないと…。下手向きに進むときは上手を無視しない、上手側に進むときは下手側を…、ね」あ、それからね、3回目...ピケ-ルティレは基本の基の≪基≫…♪

  • パ・ドゥ・ブーレの基本の≪基≫ですよん…♪

    センター・レッスンまずはバットマン・タンジュのアンシェヌマンを練習して、ルルヴェやエシャッペの練習。そのあと、アイさんはパ・ドゥ・ブーレ・ピケとピルエットのシンプルなアンシェヌマンを。ヨウさんは、パ・ドゥ・ブーレ・シュル・レ・ポワントの基本の≪基≫の練習を。右脚後5番ドゥミ・プリエ→右脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→右脚にピケ、左後5番ドゥミ・ポワント→右脚を横に開いて2番ドゥミ・ポワント→右脚に重心移動、左脚前5番に引きつけてドゥミ・プリエ⇒左脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→左脚にピケ、右後5番ドゥミ・ポワント→左脚を横に開いて2番ドゥミ・ポワント→左脚に重心移動、右脚前5番に引きつけてドゥミ・プリエ⇒…………これはパ・ドゥ・ブーレ・ドゥシュの動き方です。パ・ドゥ・ブーレにもドゥシュとドゥスとがあ...パ・ドゥ・ブーレの基本の≪基≫ですよん…♪

  • 高橋大輔選手…♪

    うぅわ…うわ…うぅわぁ~…すっごいニュースを見ちゃった…な、な、なぁんと…っ高橋大輔選手は、男子シングルの競技会出場は今期の全日本選手権を最後として、以後アイスダンスに転向するですってぇ…大ちゃんの公式サイトで確認したところ、2020年1月からアメリカに活動拠点を移して、新たな挑戦を続けるとのこと。ペアを組むのは村元哉中選手、平昌五輪のアイスダンスでクリス・リード選手と組んでいた選手ですね。日本ではアイスダンスってあまり話題にならないですけど、私はけっこう好きなんです。ま、男子シングル&女子シングルと比べると、アイスダンスはあまり成績が良くないですからねキャシー&クリスのリード姉弟が長年引っ張ってきましたけど、世界の壁はすごぉく厚い。キャシーが引退してからもクリスは頑張ってるけど…。大ちゃんがアイスダンスに転向...高橋大輔選手…♪

  • こちらもシリーズ4作目…♪

    毎度のことですけど、いつもの書店の文庫本のエンド台。お…っ、新刊が出た…この作品も文庫版書き下ろしだから、続編が出るのが早いわね。『やってみなきゃよろず相談屋繁盛記』野口卓箸集英社文庫今回は、信吾さんが営む将棋会所とよろず相談屋を開いてから1年が経とうという頃。一周年記念の将棋大会を催そうということから話が始まります。大会に参加する人をどう募るかとか、対戦はどんな形式にするかとか、賞金を出すかどうかとか、常連さんと大まかな相談をし、準備を進めます。いよいよ大会初日、だというのに狙い澄ましたように“よろず相談屋”のほうに依頼が入り…。二日目には勝手な言いがかりをつけてきたヤツと信吾さんが立ち回りをして、それを瓦版書きの天眼先生に見られてしまう。ただでは引き下がらない天眼先生に信吾さんは身に付けた武芸のことを語るは...こちらもシリーズ4作目…♪

  • パックした…♪

    先日の発表会のおり、以前私のクラスでレッスンしていた方が終演後に楽屋見舞いに来てくれました。彼女、年明けからずっと韓国で仕事をしていて、お土産にフェイスパックをいただきました。、美容大国韓国で今評判のパックなんですって。パッケージから察するに、一つは薔薇のエッセンスが使われてるんでしょうね、もう一つは大葉というより紫蘇のエッセンスなのかな、そしてもう一つは…う~ん、わかりません…だってどれも説明書きはハングルなんだもん。せめて英語表記があれば分かるんだけどさ…。でも、モデルさんであり女優でもある彼女が、いまこれが一番、と選んでくれたものだからね昨晩、紫蘇のエッセンスかな~のパックをしてみました。美容液(でしょうね)ヒタヒタのシートを広げて顔にのせる。おぉ、ピタァっと密着そのまま20分ほど文庫本を読む。で、剥がし...パックした…♪

  • シリーズ5作目が出ました…♪

    文芸雑誌に掲載されてから、ではなく文庫版書き下ろしの小説は続編が出るのが早いですよね。シリーズで読んでる身としては嬉しいです。シリーズ4作目が出てから3か月。出ました、5作目『うちの旦那が甘ちゃんで5』神楽坂淳箸講談社文庫シリーズ4の終盤で、新たな事件が出来していることが語られていました。その事件を捜査するにあたり、沙耶さんが男に口説かれる練習をすることに…と。問題の悪党とは“色悪”といって、女性を口説き落としてモノにして金品を…というものらしい。そしてシリーズ5に続きます。今回も音吉姐さんはじめ牡丹ちゃん、角寿司のお喜久さん、夜鷹蕎麦のお清さんなどお馴染みの面々が活躍します。沙耶さんの旦那様月也さんも、まぁそれなりにお役目をまっとうしてますよ。そして南町奉行筒井さまとその内与力伊藤様の月也さんへの評価も相変わ...シリーズ5作目が出ました…♪

  • ピケ-ルティレも基本の基の≪基≫…♪

    センター・レッスンの最後に。アイさんはピケ・アン・ドゥダーンを、ヨウさんはピケ-ルティレの練習。一人ずつね、どうぞ……………………お、アイさん、いいね。首がきちんと残せるようになったね、いいわよ。あともうちょっと気を付けた方がいいのはアームス。肘を曲げすぎないことアン・トゥールのときは普通のアン・ナヴァンでよじゃ、ヨウさん、まず一緒にやりましょう。右脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド-プリエ→右脚ピケ-左脚ルティレ→右脚ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド-プリエ→右脚ピケ-左脚ルティレ→…………アームスは進行方向側がアン・ナヴァン、もう一方がア・ラ・スゴンドね。はい、どうぞ……………………ん、ルティレの膝がしっかり上がってる、いいわよ。ただし、ターン・アウトを守りましょうヨウさん、アナタがいま練習したピケ-ル...ピケ-ルティレも基本の基の≪基≫…♪

  • 相変わらず基本の基の≪基≫をやってます…♪

    バー・レッスン。1番からバットマン・タンジュの2セット目。1番→ポワン・タンジュ・ドゥヴァン→4番ア・テール→ポワン・タンジュ・ドゥヴァン→1番→ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→2番ア・テール→ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→1番→ポワン・タンジュ・デリエール→4番ア・テール→ポワン・タンジュ・デリエール→1番→ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→2番ア・テール→ポワン・タンジュ・ア・ラ・スゴンド→1番⇒…………2番、4番のア・テールに重心を移動したとき、上体を脱力してカカトをゴツンと落っことさないように気を付けましょう。動作脚をターン・アウトしながら、トルソー全体を移動しますではどうぞ……………………あ~、ヨウさん、大事なポイントがいくつかあるわよ。ポワン・タンジュしたとき、足指の腹が床についてはいけ...相変わらず基本の基の≪基≫をやってます…♪

  • 高橋大輔選手…♪

    高橋大輔選手が好きです。とはいえ、試合会場に足を運ぶわけでもないし、アイスショーを見に行くわけでもないし、“D1SK”グッズを購入するわけでもないので、ファンとまで自称してはいけないのかな…2014年に引退したときは残念だったけど、しかたないよなって思った。それでもずっと、ちょっと気にしてはいました。昨年、現役復帰を発表したときは、とても嬉しかった。でも正直いって成績とか期待してはいなかった、というより期待してはいけないよなって思ってた。それはけっして否定的な意味ではなく、氷上の大ちゃんを見られれば十分だわってことだったの。大ちゃんだって、全日本の最終組で滑りたいそれが目標だって言ってたし。地区予選があって、関西大会に勝ち残って、そして全日本だもの。シード選手としてストレートに全日本に出場してた以前とは違うもの...高橋大輔選手…♪

  • 無事に終演、ありがとうございました…♪

    昨日、無事に発表会が終わりました。朝9時の楽屋入りから19時45分の終演、その後の撤収まで12時間近く。小さい子供たちは本当によく頑張りぬきました。17時35分の開演から終演までずっと笑顔を絶やしませんでしたからね。途中で眠くなっちゃったり、ご機嫌が悪くなっちゃったりもしたかも。大人の出演者もね。ヴェテランは慣れたもの。初舞台組は時間の使い方、ペース配分が分からなかったり、楽屋で過ごすのが初めてだったりで落ち着かなかったかもしれないわね。アイさんも初舞台だったんだけど、ま、クラスは違えど知ってる人たちもいるし大丈夫でしょってことで、私はあまり楽屋にはいませんでした。午前中は他の先生方と一緒に子供たちのメイクをし、午後からはほぼ客席にいました。場当たりのときに全体の構図を見渡して、必要があれば主宰の先生のアシスト...無事に終演、ありがとうございました…♪

  • サバの新刊…♪

    書店に出かけて、いつもとは巡るコースを変えてみる、時代物の棚から。時代物ってほんとに次から次に新刊が出る。棚の一番上の段にはその都度、最新刊を擁するシリーズ物が並べられたりもする。あ…っ、サバだ…っ『鯖猫長屋ふしぎ草紙(七)』田牧大和著PHP文芸文庫今回は、短い間ながらも店子仲間だった人気戯作者の長谷川豊山さんが店子として舞い戻ってきますが、厄介ごとを抱えているようですよ。一、出戻った獏二、泣いた鬼三、喋る犬四、鉄の鼠の四本立てで、各話冒頭の語りは、今回は豊山さんにくっついてる山吹さん。サバったら、幽霊からも頼りにされちゃってるのね。長屋のまとめ役おてるさんの御亭主、大工の与六さん、好い漢だねぇ今作でも、個性的なわんこが登場しますよ。そして、最終話で無事に事件は解決します。その最後のシーン、とても素敵ですよ拾楽...サバの新刊…♪

  • 初日が出た…♪

    発表会前の最後のリハーサル、泣いても笑ってもこれが最後です。あとは本番当日のゲネ・プロあるのみ。さぁ、アイさんいいですか?音でいきますよ、どうぞ……………………お…そうよ、そうよ◎……………………まぁぁ…いいわねぇ、軽やか、軽やか◎……………………うん、それでいい…アームスと脚のタイミングがいいわ◎……………………おぉぉ、やったぁ…、初日が出たぁ…うん、うん、それですよ、ソレすべてのリズムがはまった私が、音楽をこんなふうに使って欲しい、こんなふうにリズムを感じて欲しいと思っていること、それが全部いまカタチニなった素敵でしたよぉ「…自分でも良い意味で力が抜けて、軽く踊れた感じがします。最後のポゼのところも、初めて迷いがなかったって感じで」うん、ピッタリ決まったもんねぇ「すっごぉい…素敵だったぁ」とヨウさんも楽しそ...初日が出た…♪

  • トルコ桔梗から…♪

    花屋の店先でいま多く見るようになったのはトルコ桔梗ですね一重咲きのものから八重、フリンジの八重など花冠も種類が多いですし、色も白、紫、ピンク、etc.etc.そのピンクも様々で、白に近い薄っすらとした色あいのものから、ベージュがかったもの、赤紫に近い濃い色までほんとに多彩です。フリンジ八重咲きのトルコ桔梗を見ると、いつもチュチュを連想してしまいます。白が1輪だけだったらラ・シルフィードかオデット姫か。白が複数だったら、ジゼルact2や白鳥の湖のコール・ドゥ・バレエ、バヤデールの幻影の場、もちろんレ・シルフィードも。ピンクが1輪だったらローズのオーロラ姫や金平糖の女王。ピンクが複数だったら、そりゃぁもちろんパ・ドゥ・カトルに花のワルツでしょ鮮やかな紫はライモンダかなぁ。赤紫に近い濃いピンクはエスメラルダでしょうか...トルコ桔梗から…♪

カテゴリー一覧
商用