searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/2chapyrose2009
ブログ紹介文
小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリ
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/06/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭よりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭よりさん
ブログタイトル
小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より
更新頻度
182回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭よりさんの新着記事

1件〜30件

  • 今秋も 秋色紫陽花の美しさに大感動

    「紫陽花」の秋の花色にハマりだして3度目の秋!昨年はそこまで感動できなかった「マジカルレボリューション」系のアジサイも(3年前の大感動で追加購入した株)今秋は感動の色変化でしたよ!6月はごくごくノーマルだったブルーのアジサイが↑7月には素敵に色あせながら緑色に戻り9月涼しくなるとほんのりとアンティーク調の赤がのってきますそしてそして今では6月からは決して想像できなかった素敵な秋色で~す♪今まで素敵な秋色紫陽花に変化させるのには「日陰で雨に当てない!」のがポイントと信じていましたよところがナント今年初開花の「ミスサオリ」は野ざらし(庭植え)のままだったのですが・・・(日照もそれなりに有り雨にもあたっています)季節ごとの色変化を見てやってくださいね(6月)⇓(8月)そして今は少し花びらが傷んでいるものの素敵なアンテ...今秋も秋色紫陽花の美しさに大感動

  • 11月は、鉢の土替え月間!

    比較的穏やかな気温の11月は我が家ではバラなどの鉢の土替え月間です!小さな日陰庭ではどうしても鉢植えが多くなってしまうので日々せっせと励んでいます(ビフォー)だいたい一度に5~6鉢必ずビニールシートの上で根鉢の、下と周りや肩口の3分の1程度の土を取り除き新しい土と交換していますここまでで約30分ぐらいですね(アフター)その後鉢土の交換で出てきた古い土は(余裕がある時はここで2~3日天日干し)フルイにかけて根やゴミを取り除いた後牛糞堆肥や腐葉土マグアンプなどを加えて再利用しています(土の状態によって燻炭やパーライトなども追加)この土の再生作業で約30分トータル1時間の庭仕事で~すただこの鉢の土替え作業ばかりしていると庭の狭さにウンザリしてきますね「鉢植えを減らして全部地植えにした~い」ってね(笑)デ気分転換に咲い...11月は、鉢の土替え月間!

  • 密を避けて 紅葉ライトアップへ・・・「けいはんな記念公園」水景園の紅葉谷

    コロナウイルスの感染者数が大変な勢いで増加しています!デできるだけ密にならない所で紅葉を楽しもうと「けいはんな記念公園」の水景園へ行って来ました過去の体験から・・・素敵なのに意外と人出が少ない所ですしかも今秋は平日の夜に暗くなる前から出かけましたよ水景園前の「メタセコイヤ並木」の紅葉もなかなか良い色付き♪紅葉谷への橋を渡る頃には程よく暗くなって来ました(ライトアップは日没~21時まで)ここからの眺めが⇓マイお気に入りなのですが・・・感動を伝えるのって難しいですねぇ~広い紅葉谷を20人以下の人々と堪能して帰路につく頃には紅葉谷への橋やモミジが暗闇の中で一段と艶やかに輝いていました紅葉ライトアップは11月3日~29日の金・土・日・祝日限定日没~21時まで雨天開催60歳以上は入園無料(要証明)密を避けて紅葉ライトアップへ・・・「けいはんな記念公園」水景園の紅葉谷

  • 秋一番の華やぎになってきた「シェードガーデン」

    「ガーデン」と呼ぶには余りにも小さな幅1.5×3メートルばかりの犬走り?の狭いスペースですが「ツワブキ」の花も咲き出し秋一番の華やかな時節になってきました♪(初秋の頃)カラーリーフがメインで「カリオプテリス」が↓咲き出した9~10月頃のシェードガーデンも好きなのですが・・・(カリオプテリスサマーソルベット)「ツワブキ」の黄色い花が咲き出した晩秋の庭がやはり秋シーズンでは一番輝いていますね庭奥の水汲みの乙女像周りも(初秋の頃)フジバカマが若々しく咲いていた頃より↑一段と秋秋秋!秋一番の華やぎになってきた「シェードガーデン」

  • 2020年の 街路樹下花壇

    「脱犬の公衆トイレ&ゴミ箱」を目指しご近所の方々と頑張っている「街路樹下花壇」ナントか第一の目的は達成しているようで~す♪デ近年はよりローコストでよりローメンテナンスでより美しくがマイテーマとなってきました今秋は「ノコンギク」と「ガウラ」が街路樹の紅葉と素敵なコラボレーションになりました♪早春は「クリスマスローズ」や「ビオラ」がよく頑張ってくれましたがどうも低い植物だけだと犬の公衆トイレにもゴミ箱にも狙われやすいですねその点でも・・・ず~と長く咲いてくれる「ユリオプスデージー」(10月~4月)のタフさがこの街路樹下を花壇らしくしてくれています宿根草と書かれる事も多いですが常緑の低木で支柱もいらずほど良い高さなのも◎そして超大変だった今夏はあまりの暑さで写真がないのですが(笑)「三尺バーベナ」&「ガウラ」で乗り切...2020年の街路樹下花壇

  • 小春ちゃん(ワンコ)のお稽古で 「くろんど園地」へ

    気温が下がったので・・・小春ちゃん(ワンコ)の車酔い克服のお稽古で今回は「くろんど園地」へ行って来ましたとても強気なワンコですが車だけは超苦手(過去最高は5分でダウン)少しづつ乗車時間をのばしています小春ちゃん(ワンコ)のお稽古が第一だったので何も期待せず出かけたのですが「ラクウショウ」や木々の紅葉がとても美しくてラッキーなお出かけとなりました♪車にはナントか頑張れたのですが・・・この木の通路はどうも苦手だったようで↑途中からフリーズデモ小春ちゃんも紅葉した落葉の感触を満喫したかな?モミジの紅葉や可愛い小鳥や美しく紅葉・黄葉した木々の風景にとても嬉しいお出かけとなりました♪♪♪・・・小春ちゃん(ワンコ)のお稽古で「くろんど園地」へ

  • 11月の バラのお茶会・・・これからのバラ仕事&アジサイの芽かきなど

    先日は11月のバラのお茶会でした再び第3波か?コロナウイルスの感染者数が増加しているので次回の開催は大丈夫かな?と心配ですまずスタートはバラのお茶会メンバーで頑張っている「ローコストでローメンテナンスな花壇」のメンテナンス「千日紅」↑や「コリウス」「インパチエンス」などを抜きバークたい肥等を加え冬花壇への準備をしましたその後バラのお茶会なのでこれからの季節のバラの大切なメンテナンスを皆様とザックリと再確認11月はまずは鉢の土替え(花が咲いていても)!その後剪定→誘引→寒肥が我が家の流れですねぇ~そして庭中に咲いてきた「ノコンギク」を愛でながら・・・今後に備えてオンライン通話のお稽古!若くないメンバーなのでお互いの顔を見ながらオンライン電話の練習(笑)これでロックダウンになろうとネットで各お家のガーデン巡りができ...11月のバラのお茶会・・・これからのバラ仕事&アジサイの芽かきなど

  • 小さな日陰庭も 秋バラの素敵な時節♪・・・

    (ラベンダードリームとそのローズヒップ)今秋は台風の上陸もなく秋晴れの日々が多くバラにとってはベストコンディションですね(粉粧楼)その上11月に入り急激に気温も下がってきました花数は春ほど多くないけれど一輪一輪が美しいですね(シスターエリザベス)(コンテ・ドウ・シャンボール)「スキャボロー・フェア」⇅はもっと気温が下がるともう一段美しくなるけれど(より深いカップ咲き&色も濃くなります)今の隣の「バレリーナ」のローズヒップとのコラボもそれなりに可愛くてお気に入り秋バラの花はほぼ無農薬なのでその花びらを乾かしお風呂に浮かべ最後まで(楊貴妃気分で)楽しんでいますよ(笑)そして大輪のバラの秋バラはとても華やかですが・・・小輪のバラはバラで秋の花々をバックに情感豊か♪小さな日陰庭も秋バラの素敵な時節♪・・・

  • 小春(ワンコ)秋の平城宮跡へ 小さな花旅

    とても強気でいつも自分ファーストの「小春ちゃん(ワンコ)」ですが車だけは超苦手以前は5分ぐらいの所でもダウンしていましたよデモ流石に2歳半になりナントか無事に平城宮跡まで行けました♪平城宮跡は今グラスグラスススキの海で~す!(右手奥の山若草山)日々このようなグラスの海に囲まれている田舎者には近年のガーデンでのブームグラス類の多用は微妙な気分ですねぇ~グラス以外では水路の脇では大好きな「ミゾソバ」や「ヤナギタデ」でしょうか?小さな秋の美♪車の中ではかなり緊張気味だった小春ちゃんもくっつき虫を体に付けながらも秋の平城宮跡散歩を満喫してきました小春(ワンコ)秋の平城宮跡へ小さな花旅

  • 「クレマチスの3番花」&「愛しの斑入り植物」

    ふと気づくとクレマチス「ジョセフィーヌ」の3番花がアーチの上部でひっそりと咲いていました♪日当たりの悪い我が家の庭ではクレマチスもあまり返り咲きません日当たりの良い高い位置まで伸びているクレマチスのみ何度か返り咲けるようですねそしてそんな日陰の庭で重宝しているのが「斑入り植物」白い斑入り部分がまるで花のようでせっせとコレクションしていますよ(笑)(地方都市では見つけた時に買わないと次のチャンスはありません)デほぼ白色の「ツワブキ(白峰)」を↑これは珍しいとゲットしてきました既に植えている「斑入りのツワブキ」にも時々真っ白な葉が出ますがこれだけを固定するのは難しいでしょうね毎年斑入りアジサイから出た真っ白な葉の枝を挿し木して「白い葉のアジサイ」の固定を目論んでいますがいまだ成功せずです白い葉オンリーだと葉緑素がな...「クレマチスの3番花」&「愛しの斑入り植物」

  • ミニ鉢の可愛さに プチDIY

    とても可愛いミニ鉢を(多肉植物?セダムもセットで)バラのお茶会メンバーのS様からいただきました♪それも3つもで~す♪・・・あまりの可愛さにビビッときました(笑)この鉢たちがより可愛く見えるようなお飾りスペースが欲しい!デ今冬の庭のリノベーションでボーダーフェンスの端材がまだたくさん残っていたのでプチプチDIYでお飾り用のスペースフォーカルポイント?を急遽作ってみました超簡単プチDIYだけれど庭隅に置いていたのよりよりキュートに見えますね他のミニ鉢も飾ってみたけれど・・・やはり黒バージョンの飾り台だといただいたミニ鉢だけの方が素敵ですねぇ~シンプルイズベスト!ミニ鉢の可愛さにプチDIY

  • 早期種まきビオラたちが 咲いてきました♪

    連日37~8度の猛暑だった今夏8月の末(30日)に早期種まきをしたパンジー・ビオラたちナント僅か2か月で咲いてきました♪育種家ROKA様から無料で頂戴したビオラの種からです(ROKA様のブログはこちらから→*)今夏は2系統の種を蒔きましたが自己交配のブルーのフリル系ビオラたちは・・・超早期の(8月5日)第1回蒔き分は悲しい事にバッタに食べつくされてしまい(防虫ネットで覆えば良かった😢)第2回目のROKA様ビオラと同時に蒔いた分は古い土を再利用したためか?生育不良😢猛反省して蒔いた第3回目は(やはり種まきは新しい土が必須!)ナントか順調でやっとビオラらしくなってきました↓(3回目の自己交配種のビオラ種まき後約1月)今夏のビオラの早期種まきではROKA様ビオラの種には発芽率の高さ生育の良好さでも品質の確かさを感じま...早期種まきビオラたちが咲いてきました♪

  • 愛しのグラスたち「フウチソウ」&「斑入りワイルドオーツ」

    近頃のガーデニングではローメンテナンスなのにオシャレで自然風なお庭になると、大人気な「グラス」の仲間たちただご近所周りで野生の「ススキ」が大暴れしている地方都市ではなかなか使いずらいで~す(笑)デ我が家では「一目で園芸種!」と誰にでも思ってもらえる「フウチソウ」や↑「斑入りワイルドオーツ」⇅のみ使っています「斑入りワイルドオーツ」って春の芽吹きからとても美しいのですがバラのハイシーズンにはその存在が隠れ気味ですねぇ~デモ小判型の種の色付きは・・・初め白くその後うっすらとピンクがかり秋の枯れ色へと美しく変化を見せてくれますバラともマッチする大好きなカラーリーフの一つなのですがこの種を蒔くと斑入りではない既に近くで野生化している普通のワイルドオーツになってしまう事だけが気がかり!愛しのグラスたち「フウチソウ」&「斑入りワイルドオーツ」

  • 10月の ローコストでローメンテナンスな花壇

    まずまず良いお天気だった当地の10月(台風の上陸も有りませんでしたね)秋らしくキク科の花々が咲いてきて夏花からの花のリレーも順調に進みホッとしています♪ただ想像以上に成長しなかった「アメジストセージ」に↓場所ごとの日照量の違いや土壌の厳しさを感じています!巨大化しなくて良かったのですが(ナント花穂が3本だけ)花壇周りの高木の根がまた伸びてきているのかも?来シーズンに向けて花苗の植え付け「キンセンカ」や「アグロステンマ」「レッドキャンピオン」etc.(頂いた種や自己採種の種からの花苗です)宿根草の植え付けなどしましたよ丈夫なもの開花期間の長いものを第一にチョイス冬場の長期開花と丈夫さでこの花壇の骨格にしようと計画している「ユリオプスデージー」が期待通りに咲き始めました♪昨年は苗を購入したので2本今年は挿し木で増や...10月のローコストでローメンテナンスな花壇

  • 秋バラの「ブラッシュ・ノワゼット」♪

    「ブラッシュ・ノワゼット」の秋バラらしい花が咲いてきました♪春の一斉開花時程の花数ではありませんが↑花色もより味わい深く一輪一輪がより美しいような?「返り咲き」に分類されていますが四季咲きと言っても良いぐらい絶えず咲いていますねそして優しいムスクの香りにもとても癒されるバラ耐寒性はあまりないらしいので「より暖地向き?」「我が家らしい庭にピッタリね」となど取り留めない事を考えながら「ノコンギク」や「ローズヒップ」とのアレンジに小さな秋を楽しんでいます秋バラの「ブラッシュ・ノワゼット」♪

  • 時節の幸せ「キンモクセイ」

    一時期はトイレの芳香剤のイメージが強くて倦厭していた「キンモクセイ」でも時節を忘れずに(当地では秋祭りの頃)必ず満開になりそのパワフルな香りで実りの秋の到来を知らせてくれます♪ここ数年は咲いている花より散り落ちた花に心惹かれ・・・落花の中にミニチュアの人形を置いての写真遊びを楽しんでいますルンルンで写真を撮っているとすぐ側の「ヒイラギナンテン」の花に大きなスズメバチがやって来て超怖~い!スズメバチにとってもお気に入りの花の蜜を集められる幸せな時節のようですね私も負けずに時節の楽しみをレンズを替えてもう1枚(笑)時節の幸せ「キンモクセイ」

  • 「ヒューケラ」の素晴らしさ 再発見!

    庭の至る所で「ヒューケラ」を植えているのに花のない季節も素敵に庭を彩ってくれていたのにず~とそれ程好きになれませんでしたよどうも日陰の庭のイメージが強くて・・・「ヒューケラしか育たないのね!」ってヒューケラが頑張ってくれるほどかえって悲しい気分になっていましたよところがたまたま作った寄せ植えで↑「ヒューケラ」って日当たりの良い所でもお元気でより美しく♪より大きく♪育つことに、気付かされましたよ今夏その大お気に入りとなった寄せ植えがコガネムシの幼虫に根を食べつくされて枯れてしまい(今年コガネムシの幼虫の被害甚大です!)「ヒューケラ」ラブ熱に火が付きました(笑)まずはせっせと増殖↑そしてどうしてもタフな品種だけが残りがちなので(「キャラメル」「パレスパープル」など)今までに無い葉色を追加購入!これらを使って来シーズ...「ヒューケラ」の素晴らしさ再発見!

  • 日本最古のコスモスの名所「般若寺」へ・・・小さな花旅

    奈良でコスモスの名所と言えば「般若寺」!お寺のパンフレットにも「日本最古のコスモス名所」と書かれているぐらいですその般若寺で今コスモスが満開!との情報に奈良に住んで30年近いのに「まだ一度も行っていない!」と出かけてきましたまずは入口の不動明王と一面のコスモスに迎えられましたよここはコスモスの数や品種よりその背景となる建物や石塔や石仏とのコラボレーションの美しさがとても素敵な所でしたたくさんの石仏群の穏やかなお顔にも心癒されますね重要文化財の「十三重石宝塔」とコスモスとの風景もとてもとても美しい♪平日の早い時間に訪問しましたが多くのカメラマンで大変賑わっていました(撮影ツアーも多々来ているような?)ただそれには古~い素晴らしい文化財とコスモスがとても素敵な絵になるだけでなく今の時代に即した配慮が色々あって(イン...日本最古のコスモスの名所「般若寺」へ・・・小さな花旅

  • 門扉外大鉢の 大規模模様替え・・・「ミツバハマゴウ」&「西洋ニワトコ」をメインに

    ここ長らく赤系のバラをメインにしていた(赤系のバラには日照が必要なので)門扉外の大鉢↑元々赤系のバラは好みではなかったし「いつも素敵な門扉周り!」と眺めていたお宅の樹木使いの美しさに触発されて門扉外の大鉢の植栽を大大的に、模様替えしてみました!途中の写真がないのですが・・・いつも大きなブルーシートを敷いて作業していますよ門扉の外で通行人も多いのでシートを敷いて素早く作業&おかたずけですデ今は地味~なアフター写真↑バラでは赤系では一番お気に入りだった「ベイシーズ・パープル・ローズ」は↑カミキリムシの食害がひどく泣く泣く処分メインローズだった「テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ」は(上の写真赤系の半つるバラ)夏前に断捨離しています(広くて日当たりの良いバラ友様宅へ)「バーガンディ・アイスバーグ」と「ダフネ」を各鉢に1...門扉外大鉢の大規模模様替え・・・「ミツバハマゴウ」&「西洋ニワトコ」をメインに

  • 「バラに合うブルーの宿根草」を爆買い中(笑)

    (ブルーの花「リナリアパープレア」)毎年この季節になるとガーデニングマニアとしてはついつい来春の素敵な庭風景を夢見ての花苗購入に燃えてしまいますね(笑)今秋もネットやお店で色んな誘惑に負けてしまっていますが・・・熱烈なロザリアン(ばらバカ)としてはまずは「バラと合う」事が一番!薄いピンク系~マジェンタ色のバラが多い我が家なのでいつも「バラに合う素敵なブルーの花」を探していま~す「バラに合う」と言っても、バラの健康が大切なので真横に植えるのではなく少し離れた区画や鉢に植えていますよ早速庭に植え込んだ花期も長くて半日陰までOKそうな?宿根草「アガスターシェブラックアダー」の今も咲いているやさしい花に来春の庭を夢想して幸せ気分に浸っています「バラに合うブルーの宿根草」を爆買い中(笑)

  • 10月の「バラのお茶会」

    先日は約9か月ぶりの「バラのお茶会」でした♪コロナウイルスの感染防止の為2月からバラのハイシーズンの時もず~と自粛していましたよデ今回はマスクアルコール消毒液はモチロン飲食中止(お茶もナシ)ソーシャルディスタンスもシッカリと厳守してお外だけで~す!まずはお茶会メンバーで維持している「ローコストでローメンテナンスな花壇」のメンテナンス雑草を抜き土を掘り返しバークたい肥を入れたりこれからの季節用の苗を植えたり(「キンセンカ」↑「ユリオプスデージー」など)全体的に切り戻し(カット)したりしましたよパット見には大きく変わりませんがスッキリと美しくなりましたよ皆様お疲れ様でした💛その後我が家のささやかな秋を共に楽しみました今回直接お出会いしたのでこのバラのお茶会のライングループがやっと何とかフルメンバーになれました(笑)...10月の「バラのお茶会」

  • 「リーフチコリ」&「チコリー」美味しく楽しんでいま~す

    2019年のスイス旅行で魅了された「チコリ」旅行最終日のドイツのパーキングで見たその素敵なブルーの花に惹かれて育てていますが本来は野菜!春から苗で育て始めていた「チコリー」は無事梅雨を乗り越え素敵な花も楽しめました↑そしてここからがメインの「チコリー栽培」!3ポットの内の1株が調子が悪く枯れそうだったので(コガネムシの幼虫がゴロゴロ!)少し早いかな?と思いつつも上部分をバッサリと切り植えなおし↓軟白処理(暗くして光に当てない)をして約1か月野菜の「チコリー」らしい葉が伸びてきましたが・・・まだ気温が高いのか?待てども巻いてきません!(ロケット型の白菜のようなスタイルを期待)デ仕方なく第一回目の試食(残りの「チコリー」は、寒くなってから軟白処理の予定)少し苦みがあるもののオシャレな食感でしたよ♪そして今夏NHK「...「リーフチコリ」&「チコリー」美味しく楽しんでいま~す

  • 紅ソバ・ダリア・アメジストセージ・・・秋の小さな花旅「馬見丘陵公園」の②

    一面の紅い「コキア」を是非見たくて大急ぎで行った県立「馬見丘陵公園」ですが定番の「アメジストセージ」も満開で至る所素敵な秋でした♪小さなスペースでしたが「紅ソバ」の花も満開で小さな花好みにはとても嬉しいでしたよその上ちょうど幼い兄弟が遊んでられて「とても絵になるわぁ~」「超ラブリー♪」と一人でフィーバー(笑)今人気の「ダリア」もたくさん咲いていてまさに見頃でしたよただ「ダリア園」ってどこでも支柱が乱立していてどうも苦手です(関西では台風もあり必須?)一輪一輪は丹精されていてとても豪華で綺麗大好きなマジェンタ色系のダリアを写していましたがムムム・・・「桜蛍」とネーミングされたダリアは新鮮な感動!バラの「紫玉」のようなほぼ完全な球体咲き花サイズも5~6センチと私好み「あなたが一番素敵よ~」と褒めておきました(笑)紅ソバ・ダリア・アメジストセージ・・・秋の小さな花旅「馬見丘陵公園」の②

  • 一面の「紅葉のコキア」&「コスモス」♪・・・秋の小さな花旅「馬見丘陵公園」

    やっとやっと一面の燃えるような紅葉の「コキア」に出会うことができました♪写真で見た真っ赤なコキアの群生に大感動して実際に見てみたいと願いながらも何年も空振りでしたよそれでバラ友様からの「今見頃よ~」のメールに(7日)「今日(8日)行かねば!!!明日からの台風14号の雨で今シーズンは終わるかも」と急遽大急ぎで行って来ました部分的には既にほうきにピッタリな具合にまで?枯れていましたが↑かえって色のグラデーションがあって良かったかも?そして秋と言えば「コスモス」こちらはまだこれからで蕾の方が目立ちますがそれでも風にそよぐ花姿に秋の美を堪能「コスモス」って後姿がマイ好み「チャーミングねぇ~」ってついつい後から写しています(笑)一面の「紅葉のコキア」&「コスモス」♪・・・秋の小さな花旅「馬見丘陵公園」

  • 来春に向けての庭メンテ&お買い物

    来春用の花苗が店頭に少しずつ出てくるようになりましたね♪お気に入りの「カリオプテリス」のシルバーリーフの品種を見つけて早速購入日陰の庭でもそれなりに開花してくれるのも嬉しいのですがカラーリーフとしてもイイですね「来春は耐暑性の低い宿根草に再チャレンジしたいなぁ~」と夢見ているので今回は初トライの「セントーレア」2品種と「セダム」をゲットモチロン計画倒れにならないように植栽予定のスペースの土壌改良にも頑張っていますよ高温は仕方ないにしても多湿にならないように排水性を上げていますいつもの牛糞堆肥や燻炭だけでなく小粒の軽石をたくさん追加しておきましたそして環境の悪い所ほど徐々にですが・・・レイズベッドの高さを上げていますこれらの頑張りで来春こそは良い結果が出せますように来春に向けての庭メンテ&お買い物

  • 9月~10月初旬の ローコストでローメンテナンスな花壇

    残暑が厳しかった9月~10月も何とか花壇らしく維持できたでしょうか?今月は「コリウス」や「千日紅」の頑張りが光っています今夏のあまりな猛暑で「白のインパチエンス」が枯れてしまったスペースでは↑3種類のグランドカバープランツを試していたのですが(ディゴンドラ)(姫イワダレソウ)(セダム)3種類共この過酷なスペースでも十分生育出来るようです来シーズンにはどれか採用したいですね(ディゴンドラだけは耐寒性がないのでダメかな?)そしてこのローコストでローメンテナンスな花壇ももうすぐ1年が経とうとしていますそこで来春に向けてのローコストな苗つくりにも励んでいますよ(笑)冬から春用の一年草として「キンセンカ」や「ビオラ」宿根草(本当は低木?)の「ユリオプスデージー」↓など最後に少し日陰の「西側三角花壇」の様子関西では上手く秋...9月~10月初旬のローコストでローメンテナンスな花壇

  • 「パンジー・ビオラの超早期種まき」の、プロの技!

    大変な猛暑だった今夏に「パンジー・ビオラの超早期種まき」に初トライして大変大変苦戦しているのですが・・・先日訪れた奈良の山里「桜井市笠地区」ソバの里として有名なのですがそのソバ畑の中の一角にたくさんのビニールハウスが立ち並んでいましたたまたまそのビニールハウス近くに車を止めたので(無人&フルオープンの巨大な農場でした)何気なく覗いてみるとすでに開花しているパンジー・ビオラが一杯!早いお店ではもうパンジー・ビオラが店頭に並ぶ頃ですがそのような商品はもっと寒い地方や冷房設備のある所で育てているのだと思っていましたところがナント奈良の市街地よりはかなり涼しいとは思いますが県内の冷房設備の無い開け放たれたビニールハウスで育っていました!デ我が家のビオラたちの様子発芽まではとても順調だった超早期(8月5日)種まきのビオラ...「パンジー・ビオラの超早期種まき」の、プロの技!

  • 奈良の山里「笠のソバ畑」へ 小さな花旅

    「ソバの花が満開らしい」との話を聞いて奈良の山里桜井市笠地区のソバ畑へ行って来ましたかなりの山道で田舎道(山道)には慣れているつもりでしたがかなりハラハラドキドキしましたよ関西では珍しい?広大で一面のソバ畑がちょうどほぼ満開♪はるか遠方のソバ畑や大区画のパッチワークのように見える畑に大型のコンバインが動きチョッピリ北海道のような風景でしたよソバ畑の一角では「野鳥を撮っておられれるのかな?」と思える方々が(スゴイ望遠レンズに三脚!)多数おられて↓「私も撮りた~い!」と写していましたが・・・300ミリではこれが限界(笑)↓どうもありふれたトンビやサギではなく別の鳥がソバ畑に止まるシャッターチャンス狙ってられたようです(-_-;)デ私の撮れるレベルの久しぶりのソバの花との再会の喜びを(10年ぶり?)たくさ~ん写してき...奈良の山里「笠のソバ畑」へ小さな花旅

  • ローズヒップ(バラの実)も 色付き出しました♪

    花も実も大のお気に入りのオールドローズ「アルバ・セミプレナ」の⇅ローズヒップ(バラの実)が色付いてきました♪(春の花一季咲きです↑)秋は「ローズヒップとバラの花の素敵なコラボレーション」が一番の楽しみなのでワクワクしてきますデモ年々秋の気温が上昇してローズヒップが美しく色づくのが難しくなっていますね色付いた実が残りにくくなったような?(落ちやすい)それだけにバラ「あおい」とローズヒップ「のぞみ」の小さなコラボレーションも嬉しいしローズヒップ専用バラ(生け花やアレンジメント用)「センセーショナル・ファンタジー」の⇅気温が下がらなくてもシッカリと色付き実付きもタップリなのがとてもとても愛し~い!ローズヒップ(バラの実)も色付き出しました♪

  • 小さな庭ほど 涙の断捨離!

    (「テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ」赤色のバラ)熱烈なロザリアン(バラばか)の私だけれど・・・庭中がバラのような庭は好みではありませんバラに疲れる?(笑)それと狭い庭だからこそより「何も植えられていないスペースが重要!」と痛感していま~す(植物を植え尽くすとより狭く感じますね)(群星↑)そのため近年は断捨離に励んでいますよ今年なってから既に写真のバラ3株を⇅お嫁に出しています(雪明かり↑)断捨離?リストラ理由は予備の苗が大きくなり過ぎた(雪明かり)他2品種は日当たりの良いスペースでないと咲かないバラなのでそのスペースを空けるためなどですどのバラもお気に入りの良い子たちだったので我が家より良い環境の花友様宅へ貰っていただきヤレヤレです秋になって散々悩んだけれどオシャレな銅葉と素敵な花で期待大だった「西洋ニワトコ...小さな庭ほど涙の断捨離!

カテゴリー一覧
商用