プロフィールPROFILE

柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nakad92
ブログ紹介文
年寄りが、日向で居眠りしながら、色々と、昔のこと、これからのことなどなど、ぼやきます。
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/03/18

柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさんのプロフィール
読者になる

柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 30,506位 33,285位 33,412位 30,626位 37,649位 37,043位 33,468位 980,032サイト
INポイント 10 10 0 20 0 0 0 40/週
OUTポイント 0 0 40 20 0 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 348位 381位 379位 344位 428位 419位 384位 3,472サイト
70歳代 92位 93位 92位 90位 93位 93位 90位 416サイト
男性シニア 16位 16位 16位 14位 16位 16位 14位 208サイト
自分史・自伝 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 54サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,123位 37,551位 35,957位 37,662位 41,621位 34,974位 33,570位 980,032サイト
INポイント 10 10 0 20 0 0 0 40/週
OUTポイント 0 0 40 20 0 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 480位 442位 431位 445位 467位 422位 400位 3,472サイト
70歳代 111位 106位 103位 107位 109位 105位 101位 416サイト
男性シニア 22位 21位 19位 19位 18位 17位 18位 208サイト
自分史・自伝 3位 3位 3位 3位 5位 3位 3位 54サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,032サイト
INポイント 10 10 0 20 0 0 0 40/週
OUTポイント 0 0 40 20 0 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,472サイト
70歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 416サイト
男性シニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト
自分史・自伝 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 54サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさんの読者になりませんか?

ハンドル名
柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさん
ブログタイトル
柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよ
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよ

柊  萠山じいさんの、ぼ・や・き・だよさんの新着記事

1件〜30件

  • 「あとがき」 訂正あり 神様もご覧になるかな

    去年(2012年)、一冊の本を上梓した。出版社の編集者のアドバイスを受けて、「元」からは大分良くなった。この「あとがき」は、その「元」の自家本に入れるつもりだったが、ずるけて載せなかったものだ。おれがこの物語を思いついたのは、ずいぶん昔のことになる。いまは、田舎暮らしのじいさんだが、昔はサラリーマンだった。と言えば、かっこいいが、本当はただの工員だった。そんなおれが、ひょんなことから、知的財産部に異動し、「商標」の仕事をした。そんな関係から、定年退職後、しばらくしてから、東京の某特許事務所で拾われて、若い所員の勉強のサポートのような仕事もした。シャイなくせに、あちこちでぼそぼそと生意気を言う。これも功罪半ばだった。そんないろいろが、いまだに頭のなかで渾然としている───神津善行さんの話をどこかで聞いたのが、頭の...「あとがき」訂正あり神様もご覧になるかな

  • 核の傘考

    下手な川柳を捻っている。生意気に政治を覗いて、エラそうに駄作を作り出す。「核の傘」でいろいろやってみた。核のカサ当コンビニにありません川柳マガジンの2019.12月号で、佳作に拾われた二人の先生に。図に乗ってそれからも投句をしている。選考中なので、発表はまた後で。遊びながらも、少し考えている。世界では、最終兵器の核を否定する条約ができ、各国の批准が進んでいるが、核保有国はnoだし、その同盟国もno。日本も、世界で唯一の被爆国であるのに・・・。アメリカの核の傘に依存しているから、核兵器を否定できないらしい。え!と思ったね。傘って、どういうことか。どっか国のミサイル攻撃をうけた場合、雨傘みたいに跳ね返してくれるんだろうか。それが「傘」にイメージだよね。傘を差してくれているのアメリカだ。お陰で濡れなくて済むが、そんな...核の傘考

  • 核のカサ、コンビニには売ってません

    日本はアメリカの「核のカサ」に守られている、という話が昔からある。「核のカサ」って、何だっけと思う。が、よく分からない。核弾頭は世界にあふれている。どの位あるか、ネットでも寛太に調べられる。アメリカやロシア、中国・イギリス・フランスの安保理国の他にもインド・パキスタン・北朝鮮も持っている。それぞれの国で、いざというときに厳重な封印を解き奥深い秘密基地から取り出して・・・なんて状況かどうかはわからない。すべては軍事機密の厚いベールに包まれてしまう。潜水艦に搭載され、いつでも敵対国の心臓にガツンと食らわせられるシステムがいつでもONになっているはずだ。しかるべき「命令」が出されれば、そのシステムの司令官はボタンを押すだろう。その一発が発射されれば、それに呼応するアンチミサイルが、報復で発射されるだろう。つまり、際限...核のカサ、コンビニには売ってません

  • 「歴史」は終わらない。「時代」が変わる。のでは?

    古いのを取り出すばかりで、新鮮味のない話で、ごめんな。どこかで、「人間の歴史は、あと500年」なんてことをほざいた。旧知の先輩からもらった年賀状に、「松井孝典に入れ込んでいる」と書いてあったので、ネットで情報を探った。誰だか知らなかったのだ、それまでは。宇宙関係の著述が多いようだ。いろいろと物議を醸した石原知事発言(当時)の元になった理論もある。広い見識をお持ちの東大大学院教授(現在)だ。わが先輩は、ただ者ではない。知的なセンスをいつも磨いている人だから、おれも相当に啓発された時代がある。その先輩が、何か新しいエネルギーを吸収しているらしいので、早速「古本屋ネット」で数冊を注文した。本を読んで新しい感動はおきなかった。おれのセンサーが、洞窟の湿気で壊れているからだが・・。よく見たら、それらの本が発行されたのは相...「歴史」は終わらない。「時代」が変わる。のでは?

  • 「鶏鳴」を知る

    どこかで載せている話かも知れないが、2003年頃、あるサイトに乗せたものです。新しい「ことば」や情報に遭遇した時には、自分の持っている知識を総動員して理解しようとする・・・・柄にもなく、難しいところから始めてしまった。(原注:当時、仕事で「商標」の仕事をしてました)言いたいことは、この書き出しと違ってくるかも知れない。おれの住んでいる田舎では、鶏を飼っている家が何軒かある。昔はわが家でも飼っていた。おかげで卵だけは新鮮なものが食べられた。小屋の網が破けて、フリーターになった鶏は、庭をかけずり回り、縁の下などに卵を産む。一つだけ残しておけば、次の日も同じところに産む。金網の修理をサボって、卵を取りに行く。それは子供の仕事だった。鶏は卵を産むと、声高らかに鳴く。その声を聞いて、しばらくしてから、卵を取りに行く。産み...「鶏鳴」を知る

  • 歴史認識の間違いを突かれるけれど・・・ 途中2019.11.7

    日本とお隣の国との間が、政治的におかしくなっている。この間も、上皇に体して、「戦犯の息子よ、謝れ」と言った国会の議長さんがいた。非常に問題のある言葉だ。昭和天皇を戦犯とする突っ込みはいまに始まったことではないが、今そのことで論争するのではない。最近も、日本は歴史認識を取り違えている、という言葉が聞こえる。あの国の認識のベースにあるようだ。韓国は、ここが違うンだよ、という指摘をしているんだろうか。田舎爺にも分かるように説明してくれよ。ただ「あんたは間違ってるんだ」とだけ言われているような気がする。日本は、日清戦争の結果として、中国の支配下にあった朝鮮半島の統治を行った。これがポイント。それが1910年から1945年の太平洋戦争が終わるまで続いた。その時代のことを指摘し、悪逆非道の限りを尽くし、骨の髄まで絞りとった...歴史認識の間違いを突かれるけれど・・・途中2019.11.7

  • 宇宙協定はしないのか

    最近のニュースで、インドも月にロケットを打ち上げ、月の南極付近に探査機をおろしたが、どうやら失敗したようだ、というのがあった。日本も、月に探査機を送る計画があるそうだ。じいさんが、心配していることがある。それは、誰の所有も明確でない場所は、最初にそこを占拠した者が領有権があるというようなルールがあるらしい。政治の世界は、未開時代から変化していないバーバリーなところがあるから、争ってあたらしい土地の争奪戦が始まっているような気がするのだ。唾をつける、というような気配が見える。昔、南極条約というのが結ばれた。植民地が世界中に広がっていたころ、南極は手つかずだった。極寒の大地には食指が動かなかった。時代が進み、南極で、いろいろと調査を始めた。結構使える土地だと言うことも分かってきた。そこで、食指運動を懸念して、世界の...宇宙協定はしないのか

  • ちょっと、意味深に

    下手くそなくせに、自分の作った川柳を高く評価してもらいたい気持ちが先走る。それで「投稿」するのだが、結果は、千三つ。ほとんどは・・・・・そんなもんだよ、人生は。WEBで、毎週募集しているので、そこにも出しているが、ここもなかなか拾われない。そう、おれはへったくそなんだよ。分かってる。そんな哀愁な秋だ。庭に出て、上ってくる満月を見ている。電線をこえて上っていくのがわかる。その線を越えるのに1分ちょうどだ。むかしも、どこかのバス停で、時間を計っていたな。デジタル時計が出始めたころだ。それで、1句浮かんだ。満月がこの線超える1分で面白くもないね。それならと、1分で一線越えて夜半の月と変えてみた。一線越えて、と、夜半の月に、何かを含ませたのだが、さて、何を読者は想像されるかな。本当は、ただの観察句でペケなんだ。拾われた...ちょっと、意味深に

  • かけ出しの記憶に

    川柳を70の手習いではじめた。土井中暮らしで、街に出かけるのを億劫がって、もっぱら雑誌に投稿するのと、ネットで応募するだけだ。俺の柳号は「無扇」、そうさ、扇子がないんだよ。それでもたまには、お情けで「佳作」に拾って貰えた。それで、臆面もなく、駄作ひねり続けている。今まで拾われたものから、「予言」らしきものを拾ってみる。1.安倍叱る人もいないでどうするの2016.1アベさんが、色々あっても、党規約まで改正させて3選を果たす前の句だ。「忖度」などという古語を復活させ、それに守られている「今」だねえ。2.トランプ氏ジョーカーになるかもしれぬ2016.3まだ、共和党の指名争いをしているころか。もう次の大統領選に、敵なしの様相だ。さて、「ババ」にならなければいいがねえ。3.このままじゃ核を残してヒト終わる2016.4「核...かけ出しの記憶に

  • あの世はどこにあるんだ。死んだらどうなる。

    ウチの方では、今日盆の送り火を炊く。いま準備をしている。これからお招きをしたご先祖様にお帰りいただくわけだ。ウチなんかは、江戸の末期にこの家に暮らし始めたようだから、せいぜい150年。首都圏に住んではいるが、ど田舎だ。小作人だった貧しい暮らしだ。お盆は、その先祖たちが帰ってくるというので、祭壇のようなものをかざり、畑でとれた野菜などを飾り付ける。なあ、せんせ。いつも思うことなんだけれど、このお先祖様たちは、ふだんどこにいるんだろう。唄の文句ではないが、風になって飛び回っていられるんだろうか。死んだらどうなる。牧師の息子だというSOくんの話では、キリスト教では、盆とか彼岸とかはなく、墓参りも特には無さそうだ。昔は土葬だった。50年前、親父が死んだときも土葬だった。あれが、この辺で最後だったかも知れない。その後は、...あの世はどこにあるんだ。死んだらどうなる。

  • 長崎原爆忌に思う

    なあ、せんせ。今日は長崎原爆忌だね。8月6日は、広島。瀕死の重傷を負って、息も絶え絶えのニッポンに、かくも恐ろしい原爆を、立て続けに投下したンだろう。どこかでも書いているが、原爆がすさまじい「効果」をもたらすことは、戦争をしているアメリカは、当然も知っていた。砂漠で実験もした。この恐ろしい兵器のことは、日本でも知られていた(そのくらいの知識人はいた)。科学者だけでなく、軍部だって、つまり戦争を進めている政治家だって知っていたはずだ。広島に投下された原爆がもたらした惨状についての速報も伝わっていた。この凄まじい爆弾をうけて、さあニッポンよ、戦争を終わりにするか、まだ続けるか、そんなアクションはあったのか。アメリカは、広島の状況を検証したのだろうか。日本は、口では威勢の良いことを発信していたかもしれないが、青息吐息...長崎原爆忌に思う

  • AIについて川柳

    川柳を70の手習いで始め、投稿している。レクチャーして頂いた先生に「(少しは)才がある」ようなことを言われた。それで4~5年経つが、まだまだ、かけ出し。ときどき脚がもつれて、なかなか上に進めない。最近(かなり前からだが)AIが話題になっている。格好のテーマだと思って幾度か挑戦している。いなかっぺにはAIがなんだか理解していないが、コンピューターで膨大なデータを処理し、最適な選択肢を探してくれるシステムらしいぐらいにしか分かってない。そんなじいさんだから、投稿してもほとんどがボツ・・・・・だ。ことし作句したいくつかを、おこがましく並べてみる。もちろん・・・になったものだ。・AIがあれば学校要らないね1/1・政治家はAIにしろ平和くる1/2・AIに政治任せたほうがいい1/2・AIが俺の未来を奪い取る1/2・AIが暴...AIについて川柳

  • アベさん、風向き変わるぜ。

    アベさんが、イランに行って、トップと話をした。その最中に、タンカーに正体不明の攻撃を受けた。平和に繋がる方向転換は起きそうもない。トランプも期待しているようなブツブツを言ったようだ。話をしに行ける「人物」と位置づけられていたようだが、何も変わらなければ、子どもの使い程度、余計なことをしたとも思われる。今後の評価が、花吹雪にならなければいいが・・・。2019.6.15アベさん、風向き変わるぜ。

  • キムさんの真意、分からねえかなぁ

    北朝鮮とアメリカが、トップ同士の話を始めたのは、最近のことだよね。キタは核実験、ミサイル発射、水爆も完成したというニュースが、緊張を深めた。国連やアメリカは、その動きを封じようと経済制裁を強めている。しかし、キタは国民が餓死寸前だと言われながら、挑発的な行動を展開していた。トップ同士の話し合いが始まった。すると、けっこう良いムードも出てきた。でも、あっち行ったりこっち向いたりでなかなか進展はない。不思議に思うのは、キムさんの対応だ。アメリカを手玉に取っている。トランプが気に入らないとプイと席を立つこともあったらしい。クニに帰ってから、中露ともまた話をしに出向いたりしているようだが、あのテク、すごいね。対等に見える。あれもアメリカを攻撃できる核を持っている強みなんだろうね。水爆が完成したという写真が報道されたとき...キムさんの真意、分からねえかなぁ

  • かけ出しじいさん、トリプル入選。

    70才すぎてから、始めた川柳。川柳マガジンに毎月投稿している。億劫がって、田舎から句会に出かけないで、お茶を濁している。なかなか腕はあがらない。月に、20くらいは送っているんだが、選者の先生に拾って貰えるのは、せいぜい2~3句。それも、入選。せいぜい佳作。天地人に認められることは、いままでに1,2回。それが、今回、3人の先生に拾って貰えた句がある。お二人の佳作に拾って貰えたこともなくはないのだが、3人というのは、何か共通点がありそうで、良い勉強になる。自分では、思い入れを込めているつもりだが、選者の先生からみれば、たぶんみんな空回りしてるんだろうね。その句。フクシマの汚染ゼロまで5万年(2019.5川柳マガジン/マガジンクラブ。課題「ゼロ」)原発事故で、放出された放射能。今でも、強い放射能がのこり、ふるさとに代...かけ出しじいさん、トリプル入選。

  • トランプさん、お世話になります

    川柳を70の手習いで始めて、4年目。まだまだ、かけ出し。足袋もはいてない。アメリカの大統領のトランプさんは、けっこう使わせて貰った。今までに選者の先生に拾って貰ったのを並べてみる。1.トランプ氏ジョーカーになるかもしれぬ(2016.3)2.トランプにゃ裏もおもてもある道理(2017.1)3.トランプのブツブツだけで右顧左眄(2017.4)4.要するにトランプあんた不勉強(2017.5)5.もしかしてトランプいつも酔っている(2018.9)6.トランプよ日本もヒロシマ忘れない(2018.9)7.トランプは祖国の知性どぶに捨て(2018.11)8.トランプが世界破滅の火をつける(2018.12)9.トランプが狙うハートはこがね色(2019.1)10.トランプがもう辞めたいと裏メール(2019.1)(「トランプ」が入...トランプさん、お世話になります

  • 拾われた愚作川柳

    昔から変えられないなあ、勉強もしないで、ホラ言うの。この3月号で、拾われた川柳の、解説をしてみようと思うんだ。白鯨を観ればわかるよ減ったわけ課題は「少ない」だった。やっと佳作secondに拾われた。白鯨、そうさ、映画の「白鯨」だ、エイバブ船長を映画で演じていたのは、グレゴリー・ペックだったかな。あの、映画はクジラとりの映画だ。昔のアメリカのクジラとりの仕事が描かれている。それが「観れば・・・」の意味だ。まだ電灯も発明されていない時代だ。灯りは油を燃やしていた。たくさんの灯油が必要だった。その脂が、クジラの脂だったのだ。クジラは脂をとるためだけの目的で捕獲され、刻まれた。脂以外は不要で、刻まれた後は、全て捨てられた。それで、クジラは数を減らしていった。そういえば、江戸の末期、ペリーが日本に開港を求めてきたのも、太...拾われた愚作川柳

  • AIは政治向きだなぁ。途中です

    せんせ、その後、身体の調子はいかがですか。明日から3月、春が来る。ところが、春は政治の季節だ。政治じゃなくて選挙の季節だ。じいさんの方では、せんせもご存じの通り、もう市長選挙が終わった。じいさんは夫婦で投票には行ったけれど、だれにするか困ったよ。だれを市長にすればいいのか、そういう目で見れないんだなあ、どの候補者もだ。市議会では昨年から、現職に「次はどうするの」という質問が何回もあった。これは市議会の内容を知らせる公報に出てきた。というのも、12年前の選挙で、4期目に立候補した前市長に対して、「4期やるとはおかしい」「長期政権は腐敗する」とかいって、それで当選した。前市長が悪政をしたわけではないのに、その1点で追い落としてしまったんだったねえ。それから3期12年市長になったわけだ。新市長は、罪滅ぼしかどうかしら...AIは政治向きだなぁ。途中です

  • 木枯らし2号 ・・・・

    これもむかし、essayist.netに載せたものだけれど・・師走の土曜日───例年、この時期は庭師になって、庭の樹木をチョキチョキ切っている。今日も木枯らしに吹かれながら、三本ハシゴの上にいた。ふと、「この木枯らしは、何号だろうか」と思った。「木枯らし1号」は、かなり前に吹いたが・・・。大陸から吹いてくるゾクッとするような強い風は、葉を吹き散らして木を裸ににしてしまうから「木枯らし」と名付けられた。「木枯らし1号」。この季節風を観測の対象にしていない気象台もあるそうで、全国共通の言葉ではなさそうだ。1号というからには、2号も3号もあるのかと思う。この気まぐれな風を誰がかぞえているのだろうか・・・。春には「春一番」がある。立春を過ぎて初めて吹く、暖かな強い南風のことだ。百科事典には、「春二番、春三番がある」とあ...木枯らし2号・・・・

  • 温暖化、対策なしで数千年か

    温暖化で、大騒ぎになってるね。じいさんもどこかでぼやいた。世の中もぼやきしか聞こえてこないなあ。だから、どうすんだよぉ!その先が出てこない。専門家は世界にゴマンとおいでになるはずだが、ただ「大変だ、大変だ。エラいコッチャ」と大騒ぎになっているだけだ。温暖化の元凶は、炭酸ガスということになっている。フロンもイカンというので、これは新たに使うことは出来なくなった。世代交代した古い機器から外したガスの処分はどうなっている。空気中を漂い、天空遙かに登ってしまったフロンはどうするんだ。学説では、大気中に炭酸ガスが増えると、温暖化が進行することになっているが、この話も、どうやら一方的だ。地球の大気は、窒素が78%、酸素が21%、これだけで99%になる。残り1%をアルゴン、ヘリウム、二酸化炭素つまり炭酸ガス、水蒸気、オゾンな...温暖化、対策なしで数千年か

  • 蝉の婚活・オーシンツクによせて(改題)

    このタイトル、「はて?なんのことか?」と不思議に思うだろうな。「ツクツクボウシ」が正式な名前だが、この蝉を「オーシンツク」と呼んでいた子供の頃を思い出している・・・。この蝉、夏休みの終わるころに出てきた。サルスベリの木などで、盛んに鳴いた。おれたちが呼んでいた名前(の由来)は、彼らの鳴き方が、そう聞こえたからだ。「ツクツクホウシ」とは聞こえず、「オーシンツクツク、オーシンツクツク・・・」と聞こえた。大人になっても、そう聞こえる。今も、わが家の庭に来て鳴く。ミンミンゼミ、アブラゼミ、クマゼミなどと入り乱れて、なかなか喧しい。さながら「セミ狂想曲」だ。透明な羽を光らせて、彼がやってきた。おれのいる傍らのモチノキで、警戒しながら鳴き始めた。注意して聞いていると、鳴き始めは「ツクツク・・・・・・」なのだ。そっと辺りをう...蝉の婚活・オーシンツクによせて(改題)

  • 分かんねえ、だれか教えて!

    米中で貿易摩擦が起きている。アメリカの議会が揉めている。メキシコとの国境に高い壁を造っている・・・アメリカは中国における知的所有権の侵害を問題視している。俺たちの知識を盗んで商品を造り、それを輸出してくるから、高額な関税をかける。これで、中国製品の輸入がストップしたンだろうか。関税をかければ、それを含んだ価格で商品が売られる。問題は、その侵害品を輸入させないことだろう。中国が無理矢理売ってくるのかね。アメリカで輸入する者がいるから、アメリカに輸出されるんだろ。アメリカにおける知財を侵害しているのだったら、商品の輸入はまかり成らぬ、ということにならないか。中国で知財の権利を保有していなければ、中国国内でつくって、アメリカ以外の国に売ってもかまわない。そこにアメリカの(企業の知財が生きていなければ、そういう理屈にな...分かんねえ、だれか教えて!

  • あと500年で終わる。自滅のスウィッチが入った話(改題)

    とてつもなく、変なことを言うよ・・・2007.12年をとったせいか、このところ日暮れが無性に淋しくなったよ。ちんけな岩屋を「峨眉山」だなんて気取ってみても、仙人にはなれそうもない。「声を出さずに黙ってバーチャルな世界を見ている」という約束は、はじめから守れないだろうし、その前にだらしなく死んでしまうかもしれない・・・いつまでも、そんな杜子春の夢ばかり見ているようでは、おれはイナゴの何とかにも及ばないな。(分かんないだろうな、このオジャレ。イナゴの小便、田にしたもんだ=大したもんだのナマリだ~ね)それにしても、せんせ。下界では、いやったらしい事件ばかり起きているなあ。今では山ごもりだが、じいさんは昔から気になっていることがあるんだ。例によって、妄想家の戯言だから、今まであまり口にしたことがないが、どうやら、昨今現...あと500年で終わる。自滅のスウィッチが入った話(改題)

  • ヒロシマの原爆、いまさらモラルもないか/途中ですが・・・

    どこかで書きかけて、逃げ出しているかもしれないが、また書く。「アメリカの日本空襲にモラルはあったか」(草思社)という本を拾い読みしている。太平洋戦争の末期、アメリカ軍がヒロシマに落とした原爆を巡って、今もスッキリしない議論が交わされている。アメリカの理屈として、原爆投下で、戦争が早く終結し、その結果、多くのアメリカ兵の命が救われたという。で、ヒロシマに落とされた原爆で失われた民間人を含む10数万人の日本人はどうカウントされているんだろう。じいさんが、原爆関連の本に興味を持ち始めたのは、20代の初めだった。ロベルト・ユンクの「千の太陽よりも明るく」を読んで以来、気になっていることもたくさんある。アメリカは、対戦末期に、ナチスが原爆を造るのではないかと懸念した。ドイツは核物理学の研究も盛んに行われていたからな。核物...ヒロシマの原爆、いまさらモラルもないか/途中ですが・・・

  • AIで、変なこと考えちゃった・・

    70の手初めで、川柳らしいものを弄り始めた。むかし患った40肩(いや正確には50肩らしいが)の後遺症が残っていたのか、なかなか腕があがらない。最近の話題などから、作句しているんだが、AIというwordが気になっていろいろ遊んでいる。AIが自動忖度致しますが佳作に拾われた。AIに三原則はないらしいこれは、おそらくボツになってるだろうが、これがこれからの話のモトだ。三原則というのは、ご存じのとおり、ロボット三原則のことだ。作家アシモフが、SFの中で、ロボットが氏タグべき原則として、➀ロボットは人間に危害を加えてはならない。その危険を看過し、人間に危害を及ぼしてはならない。②ロボットは人間の命令に服従しなければならない。③ロボットは、➀②に反する畏れのない限り自己を守らなければならない。AIは、膨大なデータをもとに、...AIで、変なこと考えちゃった・・

  • 人類の終活、について考えないか1.2.3.

    2018.11.4発/田舎のじじいの戯言だ。じいさんも自分の終活を始めなくてはならないのに、変なことが気になりだしたので、ぼやく。この間、何かを読んでいて、気になる引用文献が出てきた。「2億年後の地球」(ダイヤモンド社・2004年初版)というタイトルだ。こんな先までは、じいさんも頭が回らない。それで、本を買って読んでみた。2億年も先の地球のはなしだ。もちろん、人類はいない。専門家の先生によれば、人類どころか哺乳類もいなそうだ。やたらと大型化した「変な生き物」たちの行動が、イラスト入りで書かれている。その中で、数千年後にくる氷河期で人類は滅亡するというフレーズがチラッと出てくる(p.40)。だから、どうなの。この本では、人類が何度目かの生物絶滅の引き金を引いたとも言っている。あまりにも、地球の資源の使いすぎた、と...人類の終活、について考えないか1.2.3.

  • 昔も考えていたんだな。

    あんたは嫌い!出ていってtrumpandothers(改題)なあ、せんせ。世界中で、政治のリーダーが何か変だよねえ。センキョで選んだ者もいるし、世襲の者もいる。そのリーダーの動向が、世界の平穏を揺さぶっている。ネットの勝手なフリー......>続きを読む一番あたらしいブログに繋がる話だ。面白えかねえ。2018.11.9/昔も考えていたんだな。

  • アベんち、なぜ反論しないんだょぉ

    アベんちは、世界の政治家と仲が良さそうだね、せんせ。どうやら、任期が長いかららしいね。それで、党規を改正させ(勝手に党員さんが忖度して)、自民党総裁任期を1期伸ばした。世界でもトップクラスの長期政権になるんかね。詳しくは調べてみないけれどさぁ。サミットの記念撮影でも真ん中辺に位置することが多くなりそうだねえ。あれはtopを長く勤めてるかどうかで序列が決まるんだろ。この間、トランプと会談したときに、トランプが「パールハーバーを忘れていないからね」と言ったというニュースをチラリと耳にしたけれど、ほんとかね。どうしたことから、そんな話になったのか追求していないが、なんかそういう話に繋がるようなファクターはなかったんじゃあないかなあ。もっとも、トランプは貿易交渉があるから、その辺に接点があったかもしれないけれどねえ。ア...アベんち、なぜ反論しないんだょぉ

  • 網とさお &W先生、ごめんなさい

    (2013.2.2初)いまだに中国は発展途上国らしいね(どこの国だって,発展途上だ。完璧に出来上がった国なんかないけれど・・・)安保理の常任理事国、世界第2位の経済大国。核兵器もがっちり持っているのに・・・。日本が敗戦の痛手から立ち直りゼイゼイ言いながら登ってきた道を、フルスピードのダンプカーで飛んでいながら、なにゆえに大人(たいじん)の風が見えてこないんだろうか。おれの眇では見えるものも見えない。白内障の手術をしたばかりだからか・・。(相当古いよ。この元稿も・・・)(元・稿)街で、ウチの筆記具と似ていて、ものすごく安いモノが売られていることがある。ちょっと見ただけでは、見分けられないほど似ている。これではお客さんが間違えてしまうかもしれない。こんな商品が,大きな文房具見本市で並べられていたり、カタログやパンフ...網とさお&W先生、ごめんなさい

  • 稀勢坊、まあまあやったじゃないか

    さっき、千秋楽だったけれど・・・千代の富士を悼む+kai9/24千代の富士が、膵臓癌で亡くなった。まだ61歳だったとか。九重部屋を率いていた。いまも千代・・というしこ名の関取が随分たくさ......>続きを読むじいさんが贔屓している稀勢の里が、久しぶりに出てきたね。長い休場だったねえ。勝ち越せば、それでもいいなんてコメントも、場所が始まる前には聞かれたけれど、10勝したね。これでいいのだ。少しずつ元に戻れば良い。白鵬が優勝したが、もうすぐ稀勢坊、あんたの時代が来る。今は少しぐらい負けてもいい。明日勝てば良いのだ。なあ、せんせ。そうだよな。稀勢坊、まあまあやったじゃないか

カテゴリー一覧
商用