ただいま読書中
読者になる
住所
出身
ハンドル名
おかだ外郎さん
ブログタイトル
ただいま読書中
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mxd00665
ブログ紹介文
おかだ 外郎という乱読家です。mixiに書いている読書日記を、こちらにも出しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

327回 / 329日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/01/19

おかだ外郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,738サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,656サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,307サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 82,791位 84,474位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,738サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 418位 429位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,656サイト
書評・レビュー 108位 111位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,307サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,738サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,656サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,307サイト

おかだ外郎さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おかだ外郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
おかだ外郎さん
ブログタイトル
ただいま読書中
更新頻度
327回 / 329日(平均7.0回/週)
読者になる
ただいま読書中
  • 傲慢な人

    たぶん「ケンソン」「ケンジョウ」が漢字で書けません。【ただいま読書中】『大英帝国は大食らい──イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか』リジー・コリンガム著、松本裕訳、河出書房新社、2019年、3200円(税別)「帝国の推進力の源泉は食にあった」ことが本書のテーマです。大英帝国は「貿易」によって成立していました。アメリカが独立するまでの期間は「イギリス第一帝国」と呼ばれるそうです。18世紀には「帝国」とは「貿易の支配力」を意味していました。19世紀には「海軍力」を誇示すること(と財政投資)で「帝国」は維持されました。先住民族は根絶やしにされ、穀物は世界中で交換されて嗜好は変化させられ、「世界」は「イギリスの食料ネットワーク」に組み込まれていきました。このネットワーク形成の物...傲慢な人

  • おことば

    「被害に心を痛めています」「国民の幸福を願います」「世界の平和を願います」「憲法に則って」……総理大臣にも同じことを心から言ってもらいたいものです。【ただいま読書中】『サーカスの時間(本橋成一写真集)』本橋成一著、河出書房新社、2013年、4800円(税別)サーカスの大テントの“裏側"を丹念に撮影した写真集です。私が子供だった昭和30年代、夕方帰りが遅いと「人さらいに攫われてサーカスに売られるぞ」なんて親におどかされて怯えたものですが、そのへんの子を攫ったって使い物にはなりませんよね。「芸人」というと言葉は軽いけれど、その内実は「プロフェッショナル」なのですから。表面はニコニコ笑っていても、その根性は筋金入り(そうでなければ命が危ないのです)そういったプロが見せる厳しさと軟らかさがこの写真集にはあります。なんだ...おことば

  • 傑出と平凡

    傑出した人間が平凡な人間を馬鹿にすることがあります。すると、平凡な人間が、それに復讐するかのように、平凡(多数派)ではない人間を馬鹿にすることもあります。たとえば「チビ」「デカ」「LGBT」など。ということは、「人は他人を馬鹿にしたい本性を持っている」と一般化できるのかな?【ただいま読書中】『水運史から世界の水へ』徳仁親王著、NHK出版、2019年、1600円(税別)図書館から借りてきた本を読もうとして「あれ、この著者は?」とやっと気づきました。そういえば確かに現天皇は「水の研究者」でしたね。「水問題」は、世界の紛争・貧困・環境・農業・エネルギー・教育・ジェンダーなど様々な問題と密接に関係しています。本書でも著者が述べるテーマは「京都の水運」「中世の瀬戸内海水運」「テムズ川の水運史」「江戸の水運」「水害の歴史」...傑出と平凡

  • 生と死

    「死にたい」と思って死ぬ人もいれば、「生きたい」と思っているのに死んでしまう人もいます。「死にたい」で死ねるように、「生きたい」で生きることができたら良いのにね。【ただいま読書中】『天使のたまご完全版(上)』『天使のたまご完全版(下)』岸香里作、いそっぷ社、2005年、各1200円(税別)野口英世の伝記に感動した作者は、看護婦(当時の呼び方)になります。看護学生の寮生活、病院での実習、新米ナース……なんともドジで要領が悪いどたばたを、現場を知っている者だけが描けるリアリティーで温かくユーモラスに漫画にしています。ユニークな人たち(看護婦、看護士(当時の男性ナースの呼び方)、医師、患者、患者の家族、作者の家族、など)が次々登場してシビアではあるけれど抱腹絶倒の騒ぎを繰り広げますが、その誰にも作者は繊細で温かい視線...生と死

  • 味のバランス

    外国のどこだったかな、「料理が辛いものばかりだから、食後に甘い物が欲しくなる」と言っているのを聞いて私は膝を打ちました。全体でバランスを取るわけです。すると日本料理は、料理に砂糖をけっこう使うから、食後には甘くないデザートの方が向いているのかな?【ただいま読書中】『日本の有平糖──名匠に学ぶ、基本の手順と細工徹底解説』石川久行著、グラフィック社、2018年、3500円(税別)私は和菓子では主菓子が好きで、有平糖はきれいだとは思うけれどそれほど食指は動きません。「砂糖から作った!」と主張する菓子だったら、金平糖の方が好き。それでも有平糖が嫌いなわけではないので、せっかくだからちょっと読んで見ることにしました。有平糖は、砂糖を煮詰めて作った飴菓子の一種で、戦国時代にポルトガルの宣教師によってもたらされた「アルフェロ...味のバランス

  • 昭和の常識

    戦後の昭和の常識は「終身雇用」「55歳定年」「近くの商店で買い物」「親の世話は嫁の義務」でした。それが今では「非正規雇用」「定年はフレキシブル」「買い物はネット」「老老介護」です。だったら、法律や社会制度や社会常識も、そういった変化に合わせて変えないと、どこかに無理が出るのではないでしょうか。【ただいま読書中】『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン──日本のBGMの歴史』田中雄二著、DUBOOKS、2018年、2200円(税別)音楽が人間の心理に影響を与えることは古くから言われていました。だから教会にはパイプオルガンが設置され聖歌隊が置かれ、軍楽隊が活用されます。ビジネスとしては1934年にジョージ・オーウェン・スクエア(退役准将)が有線サービスのミューザック社を設立したのがアメリカでの最初です。「音楽に...昭和の常識

  • 災害

    毎年日本のあちこちで災害が繰り返されます。そのたびにまるで初めてのように人はうろたえることになります。もちろん被災者は大体が「初めて」だから仕方ないのですが、マスコミや行政や学界は初めてじゃないですよね?その「過去の知見と経験」を未来に伝える“お仕事"は、被災者ではなくて「機関」がした方が良いのではないか、と思うのですが。【ただいま読書中】『危機の都市史──災害・人口減少と都市・建築』「都市の危機と再生」研究会編、吉川弘文館、2019年、11000円(税別)明暦の大火(明暦三(1657)年)で江戸の中心部は焼き尽くされ、犠牲者は数万人と推測されています。被災した大名屋敷は157と幕府の公式記録「年録(江戸幕府日記)」に記録されています。この大火後、武家地は「復旧」が基本で、新しい土地への移動は例外的でした(各大...災害

  • ワンストップ

    親が死んだとき、役所などの手続きの煩雑さに、私は切れそうになりました。「これはここ」「これはあそこ」と行くべき役所が細かく分かれ、さらに同じ役所でも担当が違うと別の窓口に行かなければならない。そのたびに書類を記入しなければなりません。必要なものも窓口ごとに違います。「マイナンバーは何の役に立っているんだ?」と言いたくなりましたっけ。というか、言います。「マイナンバーは何の役に立っているんです?」【ただいま読書中】『ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけたつまらなくない未来』小島建志著、孫泰蔵監修、ダイヤモンド社、2018年、1600円(税別)エストニアは「バルト三国」のひとつ、人口はわずか130万人、面積は九州と同じくらいの小さな国です。1991年にソ連から独立したのち、この国の政府は「行政システム...ワンストップ

  • 天使の羽根

    絵とかアニメに羽根のある天使が良く登場しますが、あの羽根って、流体力学的にちゃんと浮力を発生させる能力があるのですか?もしかして物理学は無関係?だったら最初から「羽根」は不必要なのでは?【ただいま読書中】『重力アルケミック』柞刈湯葉著、星海社、2017年、1300円(税別)『横浜駅SF』でとんでもない「横浜駅」を描いた人が、その出版前から書き始めていた「デビュー第二作」だそうです。こちらでは「重素」がどうかなったらしくて地球が「膨張」しています。若松から郡山まで830km(1年前には805km)、バスで1日がかりです。当然のように「東京の大学に進学する高校生」はほとんど絶滅危惧種となっていますが、本書の主人公湯川航(わたる)くんは、何を思ったか東京の大学(国立大塚大学、略称大大)を受験して合格、4日のバス旅行で...天使の羽根

  • 優遇があれば……

    テレビで「四十代が優遇される自動車保険」を宣伝していました。四十代でない私は呟きました。「二十代や六十代は冷遇される、ってこと?」。だって、どこかでバランスを取らないと、保険会社は潰れるでしょ?【ただいま読書中】『中世の〈遊女〉──生業と身分』辻浩和著、京都大学学術出版、2017年、3800円(税別)中世の〈遊女〉は3種類あるそうです。「9世紀後半から交通の要所に出現した、和歌や歌謡などの芸能で宴席に侍するほか、売買春にも従事した人たちで、11世紀以降、今様(流行歌)の歌い手としても有名になる」「11世紀頃遊女から分化した『傀儡子(くぐつ)』。曲調の違いで区別されたらしいが、特に東海道の宿に集住して旅人に一夜の宿を提供した」「12世紀後半に京周辺で出現した白拍子舞を得意とする白拍子。売春もするが基本的には芸能者...優遇があれば……

  • 金で強くなる

    テレビで“伝統の巨人阪神戦"を見ていて「金をかけたらチームが強くなる」って「スポーツ」なのか「経済活動」なのか、と感じました。できたら私は「金持ちが勝つ」ではなくて「フェアなスポーツを競った結果」を見てみたいので、一度「十二球団全部同じ額の予算」で活動してみた結果を見たいなあ。【ただいま読書中】『終わっている臓器──もはや不要なのに存在する人体パーツ21の秘密』坂井建雄著、徳間書店、2019年、1500円(税別)「鋤鼻器(じょびき)」「ダーウィン結節」「盲腸」「体毛」「親知らず」「立毛筋」など、現在の人体では特に働きを持っていない「臓器」を21取り上げて、その由来を解説してあります。私が笑ってしまったのが「足の第5指」。私たちは「自分の体の範囲」を無意識に認識していますが、足の小指はなぜかその範囲に入っていない...金で強くなる

  • 情けはあるのか?

    「情けない」という言葉がありますが、ここで「ない」とされている「情け」は一体どんなものなのでしょう?ということで国語辞典を引いてみました。すると「形容詞だろう」という予想通り「情けな・い」と解説があったのですが、同時に、「情けがない」「情け容赦がない」という意味も載っていました(「源氏物語(帚木)」の「殊更に情けなくつれなきさまを見せて」や「保元物語」の「墳墓を忽ちうがつて、死骸を実検せらるること、いたはしく情けなくぞ聞えし」が例として載っています)。すると「情けない」は「情けな・い」と「情け・ない」とが両立している言葉だということになるんですね。それとも最初は形容詞だったのが「情け」という「名詞」に心情的に引き摺られて「情け・ない」と解釈する人が多くてそちらの方があとから定着した、のかな?【ただいま読書中】『...情けはあるのか?

  • 小中

    小中高と聞いて、不思議に思う日本人はあまりいないでしょう。だけど、小中の次に来るのは、本当は大じゃないです?【ただいま読書中】『終わりなき索敵(航空宇宙軍史・完全版(五))』谷甲州著、早川書房、2017年、1400円(税別)『最後の戦闘航海』で登場したロックウッド(当時は少佐、今は大佐)と非人道的な実験でサイボーグ化された「作業体K」が同じ観測船「ユリシーズ」に乗り組んでいます。もっとも作業体Kは乗組員ではなくて装備扱いですけれど。観測目標は、太陽系から遙か遠くを移動しているSG(射手座重力波源)。どうも複数のブラックホールが複雑な運動をしながら一定方向に移動しているようなのです。天然の現象か?それとも人工物か?人工物なら、それを創ったのは誰でその目的は?妙なことに、SGは時空を歪め、そのため「ユリシーズ」は航...小中

  • 神童の末路

    神童が「二十歳過ぎたらただの人」になってしまうのは、途中で「成長の邪魔」「チャンスを与えない妨害」が入っているからではないです?【ただいま読書中】『太陽を創った少年──僕はガレージの物理学者』トム・クラインズ著、熊川玲美訳、早川書房、2018年、2500円(税別)自宅のガレージで核融合炉を作りあげた14歳の少年テイラー・ウィルソンの物語です。ちなみに、核融合炉を創ったのは世界で32番目だそうですが、自宅のガレージとか未成年というのはなかなか珍しいそうです。科学とはまったく無縁の両親は、知識欲と行動力が服を着ているようなテイラーをほぼ無条件でサポートしていました。テイラーはロケットに夢中になり、9歳で自作。単なる玩具ではありません。燃料の燃焼に従って変化し続ける重心位置に関しての数式を専門書で学び、必要とされる推...神童の末路

  • ファーストコンタクト

    世界での「物語の祖」は「竹取物語」だそうですが、これは完全に「ファーストコンタクト」である、つまり「物語の歴史」は「ファーストコンタクトの歴史」と見事に重なる、と今日の本の前書きにありました。私は旧訳聖書の方が「物語」としては古いのではないか、と思ってはいますが、実はあれも「神と人の“ファーストコンタクト"」です。なるほど、やはり物語とファーストコンタクトは重なっているのですね。【ただいま読書中】『誤解するカド──ファーストコンタクトSF傑作選』野崎まど・大森望編、早川書房、2017年、800円(税別)変わったタイトルの本ですが、2年くらい前のテレビアニメ「正解するカド」をもじったものだそうです。このアニメもファーストコンタクトものだそうですが(私は未見です)別にアニメを知らなくても楽しめるように本書は組んであ...ファーストコンタクト

  • 三丁目の家賃

    昭和30年代、「大家と医者への支払いは、絶対に貯めるな」と私は教わりました。貯めに貯めて機嫌を損ねたら、いざという時にひどいことになる、という庶民の用心だったのでしょう。ちなみに21世紀の今(政府が「借金はだいじょーぶ」と断言している時代)、貯めてはいけない借金って、なんでしょう?【ただいま読書中】『大家さんのための賃貸トラブル解決法』横山正夫(弁護士)監修、飯野たから著、自由国民社、2019年、1700円(税別)私は子供時代から最近までずっと「借家人」でいましたが、大体は大家さんと直接交渉することはなくて仲介の不動産屋の言いなりになっていました。家賃をためることは一回もなく、きれいに使って出るときもきれいにしてから出る、を繰り返していましたが、世の中には(借りる側にも貸す側にも)ひどい人がいてトラブルになるこ...三丁目の家賃

  • 長い猫

    胴体が長い猫、手足が長い猫、気が長い猫、尻尾が長い猫、寿命が長い猫……ああもう、ぶっとんだ面白い発想が浮かばない。【ただいま読書中】『長い猫と不思議な家族』依布サラサ著、祥伝社、2013年、1300円(税別)父を「(井上)陽水さん」、母を「(石川)セリさん」と呼ぶ人の本です。タイトルも変わっていますが、中身もたしかに不思議です。セリさんがユーミンさんと「パックインミュージック」に出演していたら、それを聞いた吉田拓郎さんと井上陽水さんが突然番組に電話をかけてきて本番に押しかけた、が二人のなれ初めだとか、二人がつきあい始めた頃セリさんが「どうやって曲を作っているの?」と聞いたら「じゃあ、やってみせよう」とピアノとギターを使って30分くらいで「ダンスはうまく踊れない」の第一稿をさらさらっと書いて見せたとか……いやあ、...長い猫

  • ファンは駆けつける

    ファンは自分が好きな人のコンサートには、たとえ遠くても駆けつけるそうです。東京ではチケットが取りにくいが地方だと取りやすいとかの事情があるのかもしれませんが。でもそれだと、コンサートを開く側としてはわざわざ地方を回る意味が減ってしまうような気もします。それだったら、超人気のバンドなどは、東京など交通の便のよいところに常設小屋を作って、そこで年中コンサートをやっている、としたら、バンドにもファンにも便利なんじゃないです?【ただいま読書中】『直島誕生──過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録』秋元雄史著、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2018年、1600円(税別)食っていけない現代アート作家としてアルバイトに勤しんでいた著者は、1991年に岡山の福武書店が新聞に出した「美術の専門職募集」の求人広告をた...ファンは駆けつける

  • てれぱしー

    「気持ちをわかって欲しい」とか「誰も私の気持ちをわかってくれない」とかは、人間の悩みの一つです。だけど、もしも「自分の気持ちを他人が簡単にわかる」事態になってしまったら「他人には知られたくない気持ち」も全部知られてしまうことになってしまいます。これはこれで、悩ましいことになりません?『核は暴走する(下)──アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い』エリック・シュローサー著、布施由紀子訳、河出書房新社、2018年、3900円(税別)アイゼンハワーからケネディーに政権が移った頃、アメリカ国内での核兵器の現状を調査したマクナマラ国防長官はそのひどさに愕然としました。ところがヨーロッパに配備された核兵器の管理状況はもっとお寒いものでした。アメリカの核兵器は、ソ連よりもNATOの方に脅威となっていたのです。小さな事故やインシデ...てれぱしー

  • 台風のニュース

    台風のニュース台風が日本を直撃した場合にはニュースの画面に「こんなに風が吹いています」「こんなに強い雨が降っています」というレポートが流れます。台湾とか中国とか朝鮮半島の場合には地図が出るだけです。だけどそこでも台風の被害は受けているわけで、「ここでも台風が暴れています」のニュース画面を現地から分けてもらって流したら“臨場感"が増すのではないでしょうか。【ただいま読書中】『核は暴走する(上)──アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い』エリック・シュローサー著、布施由紀子訳、河出書房新社、2018年、3900円(税別)https://www.amazon.co.jp/gp/product/4309253857/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeAS...台風のニュース

  • 逃がした魚は大きい

    「こんな大きさの魚を逃がしちゃった」と主張する人の主張が正しいかどうかは、実際にその人が釣った魚の大きさをざっと眺めたら、ある程度見当がつきます。腕と道具のレベルがわかりますから。【ただいま読書中】『ひっつきむしの図鑑』北川尚史監修、丸山健一郎文、伊藤ふくお写真、トンボ出版、2003年、2800円(税別)子供のころにいつの間にか服についていた、あるいは意識して集めてお互いに投げつけ合って服にくっつけて遊んでいた「ひっつきむし」。その仲間を集められるだけ集めた本です。その数なんと30種類以上。キク科(オオオナモミ、イガオナモミ、タウコギなど)、セリ科(オヤブジラミ、ヤブジラミなど)、マメ科(ウマゴヤシなど)、バラ科(キンミズヒキ、ダイコンソウなど)、ハエドクソウ科(ハエドクソウ)、タデ科(ミズヒキなど)、アカネ科...逃がした魚は大きい

  • 日本のアニメ

    今だったら京アニとかスタジオジブリが言われるでしょうが、私は虫プロとかタツノコプロをまず思う口です。昭和のあの頃は「テレビばかり見ていると馬鹿になる」「漫画ばかり読まないでちゃんとした本を読みなさい」と言われる時代で、だから「テレビ漫画」なんか見ていたらもうぼろかすの言われようでした(一般には「テレビ漫画」「漫画映画」と言われていて、アニメーションという言葉はまだ市民権を持っていませんでした)。論より証拠、私がこんなどーしよーもない無教養丸出しの大人をやっているところを見ると、テレビ漫画の魔力にはたしかに相当なものがあったようです。【ただいま読書中】『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』西村智弘著、森話社、2018年、3400円(税別)「アニメーションは現代の日本を代表する文化である」と著者は本書を始...日本のアニメ

  • 紙芝居アニメ

    私が子供のころにはまだ紙芝居屋さんが活動していましたが、あれは活動写真に弁士がついたものの静止画版、とも言えそうです。だったらカット割りを増やして動作の場面では二枚の絵を出したり入れたりを活発にしたりしたら、「これはアニメの御先祖様である」という主張ができそうな気がします。【ただいま読書中】『天井桟敷から江戸を観る』渡辺豊和著、原書房、1991年、2427円(税別)日本の芝居は“野"から育ったのに対して、ヨーロッパの演劇は“都市"から発生した、と著者は主張します。たしかにヨーロッパでは劇場は古代ギリシアまで遡れますが、日本では門付けの芸人ですね。ヨーロッパの都市の中心には広場があるので、そこに舞台をしつらえ広場そのものと広場を囲む建物も“客席"とすることが可能でした。この基本構造はたとえば中庭がある宿屋でも同じ...紙芝居アニメ

  • 陸軍と海軍

    明治政府は軍に関して「陸軍はフランス陸軍式」「海軍は英国海軍式」とまず決め、ついで「陸軍はプロイセン式」に変更しました。当時としては「最強」のものを選んだつもりなのでしょうが、問題は「軍事的にも政治的にも異なるシステム」が一つの国の中で上手く「日本のため」に機能できるかどうかをとことん考えなかったことでしょう。あまりに異なるシステムが並立するのは、たとえば一つの会社でウインドウズとマックとを併存させるのと似ていて、要らないトラブルが増えるだけのはずです。【ただいま読書中】『仮装巡洋艦バシリスク(航空宇宙軍史・完全版(四))』谷甲州著、早川書房、2017年、1500円(税別)目次「星空のフロンティア」「砲戦距離12,000」「襲撃艦ヴァルキリー」「仮装巡洋艦バシリスク」時代は外惑星動乱より前に遡ります。航空宇宙軍...陸軍と海軍

  • 航空宇宙軍史

    私が「航空宇宙軍史」でまともに読んだ最初の長篇は『エリヌス』(1983年)でした。それまでにもこのシリーズに属する短篇はいくつか雑誌で読んで「ちょっと変わった(工学的な)雰囲気のSFだなあ」と思っていましたが、この作品でその印象はますます強固になりましたっけ。ただ、外惑星動乱が終結して23年後、舞台はそれまで誰も注目していなかった天王星の衛星であるエリヌスですから、そんなところがなぜ作品の舞台になるのだろう、と不思議ではありました。今回このシリーズを“最初"から読んでいて、やっと天王星系が注目されるべき理由が見えてきたような気がします。【ただいま読書中】『エリヌス──戒厳令──(航空宇宙軍史・完全版(四))』谷甲州著、早川書房、2017年、1500円(税別)敗戦したことを受け入れられず、地下に潜ってレジスタンス...航空宇宙軍史

  • 聞きたい言葉

    政治家がテレビで「緊張感を持って」とか「スピード感を持って」とか言っているのを聞くたびに、私は「清く正しく美しく」も言ってくれ、と言いたくなります。【ただいま読書中】『サーカス放浪記』宇根元由紀著、岩波書店(岩波新書(新赤版)52)、1988年、480円昭和53年、芸大の演劇ゼミに来た「サーカスのバイト募集」に著者は大喜びで手を挙げました。仕事はパレードに参加することと客席での物品販売。サーカス団員のような恰好はしていても“偽物"です。ところがバイト中に団員たちの面白さに魅力を感じ、一輪車を教えてもらうと乗れるようになり、とうとう著者はキグレサーカスに正式入団することになります。家族は猛反対。そこで著者は家を出て、サーカス入団までの三箇月、おんぼろアパート(家賃は1万円)で生活をします。いやあ、大変だっただろう...聞きたい言葉

  • オートバイは危険な乗り物

    「オートバイの事故の死傷率は、自動車のそれの数倍」と聞いたことがあります。そう聞くと「オートバイは危険な乗り物だ」と思えますが、ではそのオートバイの事故でライダーを死傷させる“相手"は誰なのでしょう?歩行者や自転車ではなさそうです。オートバイ同士の事故がそんなに多いとも思えません。すると残るのは、自分で何かに突っ込んでいく事故か、あるいは自動車にぶっつけられるか、が“主犯"と言えそうです。で、もしも「オートバイ×自動車」の事故が多いのだとしたら、本当に危険な乗り物は、オートバイなのでしょうか、それとも「自分は安全だ」とオートバイに平気で突っ込んでいく自動車の方?【ただいま読書中】『「移動」の未来』エドワード・ヒュームズ著、染田屋茂訳、日系BP社、2016年、2200円(税別)著者が飲む「朝の一杯のコーヒー」から...オートバイは危険な乗り物

  • ゴルフ場の鉄塔倒壊保険、ってあるのかな?

    この前の台風で鉄塔やネットが倒れて住宅を破壊したゴルフ練習場がありましたが、そこのオーナーは「天災だから補償はしない」と弁護士に言わせているそうです。補償する金はないが弁護士に払う金はある、台風の前にネットを畳むという最低限の準備もしていない(私が知っているゴルフ練習場は、台風の前には営業をやめてネットを降ろしています)。しかも不法に他人の土地に侵入して生活を妨害している自分の所有物を片付けもしないで放置。なんだかとんでもない迷惑野郎に思えます。【ただいま読書中】『星の墓標(航空宇宙軍史完全版(3))』谷甲州著、早川書房、2016年、1400円(税別)目次:「タナトス戦闘団」「ジョーイ・オルカ」「トランパー・キリノ」「星と海とサバンナ」しかし分厚い文庫本です。京極夏彦さんの本か、と言いたくなります。連作短編集の...ゴルフ場の鉄塔倒壊保険、ってあるのかな?

  • 乗車アプリ

    タクシーを呼ぶアプリを使ってみて、その手軽さに驚きました。ならばこれを進化させて、便乗アプリというのもできないでしょうかと思いました。日常的に、たとえば通勤に「誰か○○まで乗っけていって」と依頼して近くでその辺まで行く人がいたら便乗させてもらうアプリです。と思ったら、すでにあるんですね。これがもっと普及したら、通勤の渋滞が少しは減るのではないかな。というか、これが普及しない理由は、何?【ただいま読書中】『最後の戦闘航海(航空宇宙軍史完全版(3))』谷甲州著、早川書房、2016年、1400円(税別)(第一次)外惑星動乱は外惑星連合の敗北で終わりました。木星系最大の軍港だったドルトン・リッジ軍港もさびれてしまい、目立つのは掃海隊だけです。航空宇宙軍が施設した機雷の除去が任務です。ただし航空宇宙軍からの支援はほとんど...乗車アプリ

  • 雨上がり

    洗車後すぐに拭き上げないと、車体に付着した水球が自然乾燥して水の成分が濃縮したのが車体の上で点状のシミになる、と教わったことがあります。ずぼらな私は洗車そのものをあまりしませんが、そんなに熱心に拭き上げる人は、雨上がりにも即座に洗車して拭き上げているのでしょうか。雨粒って水球の中核はホコリできれいなものではないんでしょ?【ただいま読書中】『江戸の女たちの湯浴み──川柳にみる沐浴文化』渡辺信一郎著、新潮社、1996年、1068円(税別)江戸庶民は「風呂屋」は「遊女屋」、「湯屋(湯ゥ屋と記述されている例もあるので「ゆうや」が正式な発音でしょう)」は「入浴するところ」と区別していました。入れ込み湯(男女混浴)が基本でしたが、独立した女湯がある湯屋もありました。入れ込み湯での痴漢行為や立ち小便のふりをしての女湯の覗きな...雨上がり

カテゴリー一覧
商用