ケ・セラ・セラ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
noritamaさん
ブログタイトル
ケ・セラ・セラ
ブログURL
http://noritama2525.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
類つくを書いてます。 「Oh My Little Girl」投稿中!
自由文
ヤフーにも「ふんわりのんびり」という 類つくのお話のブログを持ってます。 お気に入り登録して頂ければお話は読めます。 どうぞ宜しくお願いします。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/01/18

noritamaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 1,258位 1,397位 1,566位 1,588位 1,724位 1,925位 1,946位 975,705サイト
INポイント 91 380 294 300 295 175 235 1,770/週
OUTポイント 707 5,810 4,578 4,572 4,304 3,330 3,600 26,901/週
PVポイント 2,737 46,451 24,492 22,332 21,415 21,325 18,430 157,182/週
小説ブログ 11位 13位 14位 15位 15位 18位 18位 12,008サイト
二次小説 9位 9位 9位 9位 9位 11位 11位 850サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 311位 337位 390位 423位 461位 522位 561位 975,705サイト
INポイント 91 380 294 300 295 175 235 1,770/週
OUTポイント 707 5,810 4,578 4,572 4,304 3,330 3,600 26,901/週
PVポイント 2,737 46,451 24,492 22,332 21,415 21,325 18,430 157,182/週
小説ブログ 13位 14位 15位 16位 17位 17位 17位 12,008サイト
二次小説 13位 14位 15位 15位 15位 15位 15位 850サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 190位 206位 253位 260位 268位 277位 284位 975,705サイト
INポイント 91 380 294 300 295 175 235 1,770/週
OUTポイント 707 5,810 4,578 4,572 4,304 3,330 3,600 26,901/週
PVポイント 2,737 46,451 24,492 22,332 21,415 21,325 18,430 157,182/週
小説ブログ 2位 2位 4位 4位 4位 4位 4位 12,008サイト
二次小説 2位 2位 4位 4位 4位 4位 4位 850サイト

noritamaさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、noritamaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
noritamaさん
ブログタイトル
ケ・セラ・セラ
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
ケ・セラ・セラ
  • beloved 180

    つくしの悲しみの広がった病室で「おぎゃあおぎゃあ・・・。」しおんが、ママの泣き声に合わせるように泣き出した。はな枝が、しおんを抱き上げる、どうやらオムツでもお乳でもないようだ。ママが泣いてるからしおんが悲しがっているのだろう。はな枝は涙をハンカチで抑えながらしおんを抱いてあやしながら病室をそっと出た。類はつくしを抱きしめたまま、優しくつくしの背中をトントンと優しく掌で叩いた。まるで赤ちゃんをあやす...

  • beloved 179

    類に起こされてつくしは目を覚ました。「つくし、起きて婚姻届け出しに行くよ。」「うんんっ・・・。る・・い私・・行けない・・。類・・駄目だよ。私はしおんのお母さんには相応しくないの。まだ私は子供だから・・子供が赤ちゃん産んじゃいけなかったの。皆に迷惑掛けるから・・類の奥さんにだって相応しくないの。きっとそうなの。しおんのお世話だって・・私には無理みたい・・。だって・・しおんはずっと泣いてたもん・・。ち...

  • beloved 178

    類が匠の病室に行くと、そこには秘書の高野がもう来ていた。「類様、社長がお目覚めになりました・・ですが、記憶が少しあやふやなようです・・。」「父さん、気分はどう?」「あゝ・・大丈夫だ・・類、心配を掛けたな?」「忙しくてもさ・・ちゃんと健康診断した結果みて悪かったら病院行きなよ。皆に迷惑だよ?」「そうだな、皆にも心配を掛けた・・高野、確か今日は道明寺との会議だったな?」「いえ社長・・それは昨日の予定で...

  • beloved 177

    類が話してくれた事で少しだけつくしの気持ちが晴れた。でも、お父様が入院と言われるとまだ心配ではある。「良かったですね?婚姻届け出せるようになって・・それに可愛らしい赤ちゃんのお名前・・。」「はな枝さんありがとう。何だか気分が晴れました。でも‥類のお父様大丈夫なのでしょうか?」「私も昨日の深夜に主人に詳しい話を聞いたのですが、まだ詳しい病状は検査結果を見てからだと言われたそうです。心配ですが、ここの...

  • beloved 176

    つくしの睡眠時間を削る訳にも行かないので類はこの夜父親の話を詳しくはしないまま、朝を迎えた。つくしも、類に類の父親の具合はどうなのかと知りたがったが、類の口からそれが出て来ないから聞く事も出来ずにその日は何故か、病状が気になり眠る事が出来ない・・。類が眠っている間に、つくしは赤ちゃんに母乳をあげる為に起きなくてはいけないから、丁度いいと言えばそうだが内心は何故類が教えてくれないのか心配だった。凄く...

  • beloved 175

    その日、類がつくしの病室に現れたのは夜の11時を過ぎていた。目を覚ますと思って居た父親の匠は結局目を一度も覚まさなかった。余程疲れているのだろうと、医師の言葉に一応は頷いたが類はどうしようかと悩んだ。完全看護なので後はお任せくださいと医師には言われたが、結局田村が匠の病室に泊まる事になった。特別室なので、つくしの病室と同様に隣に付添人が泊まれる部屋が用意されている。「類様、社長がお目覚めになったら直...

  • beloved 174

    父親の匠の病室に戻って来たが、匠の意識は戻って居ない。時刻は夜7時。病院の食事はもう終わった時刻だ。「類様、近くのお店に予約しておりますのでお食事をなさってください。つくし様は、はな枝と食事をもう済ませたそうです。あゝケーキ美味しかったと伝言を頼まれました。」「あゝ‥そう?ケーキ届けたのを食べたんだ。田村も秘書の高野さんも食事まだでしょう?だったら向こうで一緒に用意してくれる?俺・・高野さんに話しが...

  • beloved 173

    類はバイオリン以外の事には全く何に対しても興味は無かった。だが、父匠の教育で幼い頃から経営学や帝王学を叩き込まれてはいた。興味は無いが教えられたら頭の中にはそういう物が勝手に入って来て、睡眠学習なのか何だか知らないが、家庭教師から受ける授業に疲れると膨大な睡眠を貪り、起きたら全てが頭の中にインプットされていた。それは小説や辞書でも同じであった。一度読めば、全ての内容がいつの間にか頭の中に入って記憶...

  • beloved 172

    「あら、つくしちゃん起きていらしたんですか?」「はな枝さん、すみません‥洗濯してくださったんですね?」「ええ、コインランドリーって慣れないもので手間取ってしまって・・・。あら、どなたかいらしたんですか?」はな枝はケーキの箱を見てつくしに尋ねた。「あゝ・・花沢の秘書の・・えっと‥野中さん?類が買って来てくれる約束のケーキを持って来て下さって今、はな枝さんと入れ替えにお帰りになったんです。類は今日は遅く...

  • beloved 171

    つくしの病室に花沢物産の秘書室の秘書がお見舞いを頼まれたとケーキを持って現れた。「私、花沢物産秘書室の野中と言います。類様にこちらをお渡しするようにと頼まれて持って参りました。それから、今日は遅くなるけど心配しないようにとお伝えするように言われました。」秘書はこの病室が来特別室だと言う事にも驚いたが病室の中にベビーベッドや赤ちゃん用品が置いてあった。それはこの少女にしか見えない子が、赤ちゃんを抱い...

  • beloved 170

    何故あんな事を言ったんだろう。・・こんな処で花沢物産の危機を救おうと俺が動くなんて自分でも自分がわからない。ただ・・ちいさくなった父さんの姿を見た時に自分に出来る事なら力になりたいと思ったんだ。道明寺財閥と同じ、うちの父さんはワンマン経営だと前から聞いていた・・・俺には関係ないと気にもしなかった。つくしに出逢う前までは・・・。あゝ直ぐに帰ると言ったのに、つくしが心配しているかも知れないでも目の前の...

  • beloved 169

    赤ちゃんのお世話もやっと一段落して、つくしはベッドでお昼寝を始めた。その時、はな枝のスマホが鳴った。つくしは、何故かその電話が気になったが、布団を被って聞いていない振りした。つくしの様子を伺ってから、はな枝は電話に出た。「はい‥あなたどうなさったの?類様もまだ戻られないからつくしちゃんが心配を‥えっ?旦那様が倒れられたって・・それでご容態は?旦那様もこの病院に入院されたのですか?・・ええ、つくしちゃ...

  • beloved 168

    「はな枝さん、類遅いですよね?‥お父様とのお話上手くいかなかったのかな?あの‥はな枝さん‥類のお父様ってどんな人なのですか?」「類様のお父様・・旦那様はそうですね‥一言で言えば厳格な方でしょうかねぇ。小さな頃からとても真面目で、努力家だったと伺っています。花沢物産の社長として旦那様で3代目になります。何故か花沢家は直系の男性が一人しか生まれない御家でした。ですから、旦那様も一人息子さんなのです。」「兄...

  • beloved 167

    匠が倒れた事は田村にも知らされた。「・・・何ですって‥あゝ分かったこちらに‥直ぐに出迎えをする用意をしておくあゝ・・頼んだよ?」「田村さん?」「あなた?」「何かあったんですか?」「いや‥何でもないが・・ちょっと用が出来たから少し出て来るよ。後で連絡を入れるから。」「分かりました、あなたお気をつけて。」「田村さん、お仕事頑張ってね?」「あゝつくしちゃん・・また後で来るからね?」「行ってらっしゃい。」つ...

  • beloved 166

    類は花沢物産東京本社のビル前に立っていた。田村に電話して父親のアポは取ってある。55階建ての聳え立つビルの社長室のある階を見ていた。昨日、つくしが出産したと連絡を受けた類の父の匠は病院に来ていた、田村に連れられて類が分娩室に入った後田村は匠に気付き、類の報告をした。「そうか・・類の記憶が・・まだ完全ではないのか?」「はい・・ですが大丈夫でございます。きっと‥直ぐに記憶は戻られるでしょう。」「戻らない...

  • beloved 165

    皆が帰った後に、PCを病室に持ち込んで二人仲良く産まれた子供の名前を考える。「ねぇ、類様~この名前どうかな?」「つくし、また呼び方間違えてる。」「あゝそうか・・るい・・。」そう呼ぶたびに慣れないつくしは、頬を染める。それが可愛くて、類は額にキスをする。「きゃあ・・擽ったいよ・・。」「くすっ、もう慣れたら?どれ、見せて?」「えっとね・・これ・・この字。」「奏?かなでって事?」「うん・・何となく音楽に関...

  • beloved 164

    ボチボチまた、書き始めました。応援宜しくお願いします。

  • beloved 163

    病院のベッドでスヤスヤ眠るつくしと類。午前7時病院の朝は早い。つくしの部屋に担当看護師が、ノックをした後返事が無いので「おはようございます入りますよ。」と声を掛けて入って来た。つくしはその声で眠い目を擦り乍ら目を開けた。自動式のスイッチを入れてまずは、カーテンを開けた。寝惚け眼のつくしは看護師に頭を下げた。それを確認した看護師は笑顔で話し掛ける。「牧野つくしさん、おはようございます。昨日はお疲れ様...

  • beloved 162

    後の処置があるからと、つくしから引きはがされた俺とはな枝は、分娩室から出た。外で待ってる人間達は性別を聞きたがった。「類、どっちだった?」「女の子。」「良かったな女の子か。つくしに似ていたか?」「う~ん俺似かな?」「まあ、どっちでもいいじゃないか、おめでとう類。」戸倉先生も朱鷺先生も喜んで居た。田村もはな枝と手を取り合い嬉しそうだ。そこに居た筈の類の父親は無事に子供が生まれたのを確認した後何も言わ...

  • beloved 161

    「類様早く‥車にお乗りください。」「分かったよ、田村そんなに急かすなよ。」「何をおっしゃいますか、今なら立ち会えるかも知れないんですよ?」「立ち会う?何に?」「つくしちゃんのお産でございます。」「ぷっ、別に立ち合いは必要ないじゃない?」「えっ?」類様は確か、つくしちゃんの妊娠を知って喜んで居たのでは?わざわざNYまで戸倉先生とつくしちゃんに逢いに行ったんですよね?類様はそれを私に言われたのが恥ずかし...

  • beloved 160

    つくしのお産が始まった事は、まず最初にケビン・クルーズ氏に知らされた。ケビンは直ぐに日本に行くと告げる。そして戸倉先生、朱鷺先生に知らせ、F3にも知らせが行った。田村には電話をしたが電話に出ない為に、花沢の秘書にメールを送って貰った。はな枝はつくしの傍を離れる事は出来ないから、類の父親へも秘書から連絡をして貰う。皆自分の用事を片付けて、つくしの病院へと向かった。同じ頃、類の病院に着いた田村は類の元へ...

  • ご無沙汰してます。お知らせ

    皆様大変御無沙汰しております。m(__)m子供に手が掛からなくなり自分の時間が出来たらお話の再開を考えておりましたが、忙しいのはそんなに変わらなくて・・。何だか雑事に追われる毎日を送っております。合間を見てお話のテコ入れも考えておりましてお話に手直しを加えてリニューアルしようと考え鍵かけしました。もしかしたら、新しい場所でという事も考えられます。お引っ越しも大変そうなので時間が掛かると思いますがまた皆様...

  • beloved 151

    リニュアルを考えています。引っ越しもあるかもしれません暫くこちらは鍵かけします。

  • アラサーで何が悪い?166

    リニュアルを考えています。引っ越しもあるかもしれません暫くこちらは鍵かけします。

  • アラサーで何が悪い?165

    リニュアルを考えています。引っ越しもあるかもしれません暫くこちらは鍵かけします。

  • アラサーで何が悪い?164

    リニュアルを考えています。引っ越しもあるかもしれません暫くこちらは鍵かけします。

カテゴリー一覧
商用