searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

noritamaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

アメブロでMIMOSAという 類つくのお話のブログを持ってます。 旧Yahooブログから引っ越しました。 お気に入り登録して頂ければお話は読めます。 どうぞ宜しくお願いします。

ブログタイトル
ケ・セラ・セラ
ブログURL
http://noritama2525.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
類つくを書いてます。 Perdre la vue ビスクドール投稿中!
更新頻度(1年)

234回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2015/01/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、noritamaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
noritamaさん
ブログタイトル
ケ・セラ・セラ
更新頻度
234回 / 365日(平均4.5回/週)
読者になる
ケ・セラ・セラ

noritamaさんの新着記事

1件〜30件

  • ビスクドール145

    クリスの仕事はいつも的確だ、それに仕事が早い。類が何度もあきらに、リダイアルしてる間に美作家御一行がいる場所を探し出した。「奥様、分かりました・・美作の奥様と双子のお嬢様方は牧野様を連れて、パリにあるテーマパーク‥夢の国にいらっしゃいます。」「クリスそれ本当なの?」「ええ、間違いはございません。」「あきらの名前が出て来なかったけど、あきらは一緒じゃないの?」「何でも、ヘリコプターの人数制限があり先...

  • ビスクドール144

    「ねぇ、類何かあったの?」「‥母さん今起きたの?」「ええ、つくしちゃんは起きてるの?朝食を一緒にしましょう?」「牧野は居ないよ。」「えっ?」「朝早くに、あきらの処の夢乃さんが無理やり連れて行った。」「まあ、類は一体何をしていたの?」「何って寝てたに決まってるじゃない?決まりきった事聞かないでよ。」「でも、普通気づく筈でしょう?」「自分だって寝てた癖に、母さんも気付かなかったんだから俺のせいにしない...

  • ビスクドール143

    類はあきらに直ぐに電話を掛けるが電源が入ってない。「お客様のお掛けになられた電話番号は電源が入っておりません・・・」わざと、電源切ってるの?その頃つくしは・・・。「夢乃さん、一体こんな朝早くから何処に行くんですか?」「あら、早く行かないと混むのよ?」「だから何処へ?」「夢の国よ!!」「夢乃さんの国って?」「いやだわ、つくしちゃん。夢乃の国じゃ無く、夢の国よ!」「???夢の国って何処にあるんですか?...

  • ビスクドール142

    仕方ないので、類は電話が切れた後PCに向かいキーを叩く・・検索してるのはパリのテーマパーク ネズミと言うキーワードを入れたらいとも簡単に探してたものが見つかった。「夢の世界//へえっ、噂には聞いてたけど凄く人気があるんだ・・・。」公式サイトのページを捲り、人気のアトラクションやショー等の時間の確認やチケット購入、それから一番良さそうなレストランを予約して、必要なものは何枚もプリントアウトして満足そうに...

  • ビスクドール141

    「ねぇ、それでさ・・あきらどうしたらいい?」「まあ、事情は分かったけど・・牧野は普通の女とは違うからな・・普通俺達F4の誰かに告白されて、ムードが無いって言えるのは‥牧野だけかもな?そう考えれば、類は凄い女を好きになったって事だが、あいつは、記憶を失くした司に猛烈にアタックされたから・・恋愛の感覚が麻痺してるのかもな?」「司の事は、今、関係ないだろう?」分かってるさ、牧野が司に好きだと告白された時傍...

  • ビスクドール140

    「もしもし‥類か?」「やっと電話に出た、あきら今何処なのさ?」「何だよ、闇から棒に‥挨拶ぐらい無いのかよ?」「あきら、元気だよね?これでいい?あきら、今フランスに来てるんでしょう?」何だよ、その投げやりな挨拶は・・。「あゝだが、お前が居るパリじゃないぞ?俺達が今いるのは、リヨンだ。」「リヨン?」「あゝ双子達がギニョル劇場の人形劇見たいんだとさ。」人形劇?そんなの見なくてもいいじゃん・・。「いつ、それ...

  • ビスクドール139

    頭がこんがらがって、今の状況が呑み込めない。告白に//仕切り直しってあるの?類が私を大好きだと言ってくれた。じゃあ、それ以上何を望むの?ムードが無いなんて言ったけど、それは恥ずかしくて誤魔化しただけで・・本当は嬉しかった。本当は、類に飛びついて嬉しいと素直に言えれば良かった。どうせ、道明寺と同じ二の前を踏む事になる事くらい・・私にだってわかってる。例え、類の気持ちが本気でも住む世界が違うのに、将来...

  • ビスクドール138

    「はあーっ」「何よ、今の凄い溜息は?」「だって・・・」「だって、何?」「溜息‥吐きたくもなると思わない?勇気出して、牧野に告白したのにさ。」「だって・・全然そう聞こえなかったもん。」「酷いな。」「だって‥ムードも何も無いじゃない・・」「えっ?」「告白って‥場所とかタイミングとか‥色々あるじゃない?」「色々って?」「えっ?色々は色々よ。」「ごめん・・俺告白とかした事ないから、分からなかった。」「嘘・・だ...

  • ビスクドール137

    類は不思議そうな顔をして、つくしを見てる。「牧野って、鈍感だよね?」「鈍感って、私が?」「そうだよ。」「何故そんな事言うのよ?」「だってそうだろう?俺の気持ち気付かないなんてさ。」「…どういう意味よ。」「だから、俺牧野が大好きだよ。」「それは、友達としてでしょう?」「///だから、鈍感だって言うんだよ。何度も態度に示して来たつもりだけど?」「態度って何?」「本当に分からない?」「分かんないよ。」「...

  • ビスクドール136

    類はつくしの食欲旺盛な姿を、満面の笑みで見ていた。その視線に気付いた、つくし。「類、そんな笑顔でじっと見るのは止めてくれない?恥ずかしくて、食事が出来ないよ?」「ぷっ、そう?随分豪快な食べっぷりだけど?」「それは・・お腹空いてたから・・もう意地悪言わないでよね?」「ごめんごめん・・まだ足りないようなら持って来るよ?」「ううん、もうお腹は満たされたよ・・。けど、料理が美味しくてついつい、手が出ちゃう...

  • ビスクドール135

    「類、つくしちゃんの様子はどうなの?」「気が付いて今、食事を追加で頼んだ処。」「じゃあ、食欲はあるのね?」「あゝチキンスープだけじゃ足りないってさ。」「良かったわ。ちゃんとどうしてこんな事になったのか調べて、きちんと謝罪させるわ。つくしちゃんに謝っておいてね?」「母さん、牧野はそれを望んではいないみたいだよ。大袈裟にしないで、マリアも叱らないでくれって今言われた。」「まあ、何故?」「それが、牧野な...

  • ビスクドール134

    それから暫くして、つくしが目を覚ました。つくしが目を開けると、類が心配そうにつくしを見てる。あまりにも顔が近すぎて、思わずつくしは叫んだ。「ぎゃあ、類?何で‥顔が近すぎるっ~。」「牧野、あんた・・それは無いんじゃない?俺、心配してたのに・・。」「ご、ごめん。だって・・目を覚ましたらいきなり類の顔があるんだもん。」「あんたが、急に倒れたから・・。脱水症状だって・・食事もしてなかった?」「…だって、マリ...

  • ビスクドール133

    「医者を直ぐに呼んで。」類の声で、使用人達は慌てて騒ぎ出した。「類、どうしたの?一体何の騒ぎなの・・?つくしちゃん・・?どうしたの・・意識が無いわ・・何があったの?」「部屋に鍵が‥きっと、閉じ込められたんだよ。それより医者に診せないと・・。」「クリス、お医者様を早く呼んで頂戴。」「はい、今お呼びしております。」「どういう事?つくしちゃんは大事なお客様なのよ?つくしちゃんに何かあったら、許さないわよ...

  • ビスクドール132

    つくしは部屋に閉じ込められた。電話を掛けても、掛からない。ドアを何度叩いても、返事はない。類っ‥何処にいるのよ?お腹空いたよ・・・。「クリス、今日は牧野は何をしてたか聞いてくれる?」「マリアに話を聞きましたが、お部屋からは出て居なくてお部屋の方にいらっしゃるようです。何度も起こたそうですが、良く寝てらしていると報告を受けております。」「・・・一度も起きなかったの?食事は?」「マリアには運ぶように言...

  • ビスクドール131

    つくしは、結局一睡も出来ずに朝を迎えた。お腹空いたな。でも、自分から食事を催促できないと思い、誰かが呼びに来てくれるまで待った。だが、何時になっても誰も声を掛けてくれない。その内、昼過ぎても誰も来なくてつくしは、そのまま爆睡した。次に、つくしが目を覚ましたのは夜中の12時を回った頃だった。私あのまま、寝ちゃったんだ。お腹空いた‥流石に我慢できない。マリアさんに言われた内線7番に電話する。「あっ、すみま...

  • ビスクドール130

    「クリス、牧野を部屋に案内して。牧野部屋で休むといいよ。今日は疲れたでしょう?」「あゝそうね、つくしちゃんゆっくり休んで頂戴ね?」「はい、ありがとうございます。」「類様畏まりました。マリア、牧野様をお部屋に案内してください。」「はい。牧野様、マリアと申します。こちらにご滞在の間牧野様のお世話をさせていただきますので、どうぞよろしくおねがいします。」「あゝこちらこそお願いします。」20歳ぐらいのメイ...

  • ビスクドール129

    「類様、お邸に到着いたしました。」クリスに起こされて、類が目を開ける。「牧野・・」「うんっ~着いたの?」「うん降りるよ。」「分かった。」つくしは、類に手を借りながらヨロヨロと車を降りた。目の前には立派なお城。「類‥私まだ寝惚けてる?ここ・・お城に見えるんだけど?」「言って無かったっけ?フランスでは花沢はこのお城が邸になってるんだ。」「ふーん・・お城が邸ね・・えええっ・・このお城がお家なの?」「そう...

  • ビスクドール128

    あんなに酷い格好で寝ていたのに、ワンスピースは辛うじて、皺が目立たないから助かったけど・・。流石花沢家の選んでくれた服だわね。化粧室に置いてあった、ドライヤーで素早く寝ぐせの跳ねた処を直した。リップクリームを塗ってどうにか、サングラス無しでも見られるようになると安心して、トイレに行き・・類の待ってるラウンジに急いだ。大きなL字型のソファーに類は座って居る。つくしが近づいても、類は目を開けない。まさ...

  • ビスクドール127

    類は夜の9時になって、漸く目を覚ました。あゝ良く寝た。何か、小腹空いた・・。客室乗務員に連絡する。「悪いけど、サンドイッチか何かと珈琲ある?」「はい、ただいまお持ちします。」後3時間ちょっとか・・・今頃は牧野は寝てるかな?サンドイッチと珈琲を食べて飲み終わると類はまたウトウトしだした・・。もうひと眠りするか?類はつくしが全然寝ていないなんて知らない。午前0時20分定刻通りにパリに着いた。優雅に降り...

  • ビスクドール126

    「うっ・・可哀想。ツクシ・・メイちゃんが居なくなったわ。ねぇ、見つかるのかしら?」ビスクちゃんは、トトロに夢中だ。「あっ、猫バスだわ。これで助けに行くのね?流石トトロね?」最初にとなりのトトロを見た時私も感激したっけ・・まだ、子供だったから余計感動したのを思い出した。猫バスが不気味なような、可愛いような。だって、猫がバスになるなんて・・・発想が流石・・宮崎駿さんだよね?ねぇ、猫バスって本当にあるの...

  • ビスクドール124

    「ねぇ、ビスクちゃんそろそろ私寝たいんだけど?」「ねぇ、ビスクちゃん?」今、感動の場面なんだからツクシうるさい!!黙って、大きな声出さないで!!ビスクちゃん、その恰好はレディとして失格じゃないの?暑いからって、裾をそんなに持ち上げて・・パンツ見えてるけど?あれから、ビスクちゃんはトイストーリーの1~3まで見て今は4の最後らしい・・・。私は最初に4を見たからこれで2度目・・・正直もう、目が疲れたし休みた...

  • ビスクドール123

    類の客席の前に客室乗務員が一人「コンコン、お客様お食事をお持ちしました。」「・・・・」「コンコン、お客様・・お食事のお時間です。」「・・・」「寝ているにかしら?後にしましょう。」「コンコン、お客様お食事をお持ちしました。」「はーい、ビスクちゃんお食事だって!」…この部屋・・あゝリズが言ってた部屋だわ。サラが部屋の中に入ると、やはりビスクドールが置いてあった。「お客様、お食事をこちらに置きますね?」...

  • ビスクドール122

    「さて・・お待たせビスクちゃん。窮屈だったでしょう?もう安心してね?誰も居ないからのんびりと寛いでね?」「・・・・」「喋っても平気だよ?誰も来ないしさ。」「・・・・」「んっ?どうかしたの?」「・・・・・・」「ねぇ、ビスクちゃん映画見よう・・何がいい?ジブリ映画もあるよ?ピクサー映画も見放題だよねぇねぇ、どれにする?」「んっ?あなた‥本当にあのビスクちゃん?」つくしは、ビスクドールを持ち上げて隅々ま...

  • ビスクドール121

    つくしは、目を丸くしていた。乗務員さんに案内された席は想像しててものを遥か上にあったのだ。「花沢様のお席はこちらです。」「ありがとう。」「類・・席が・・」「何?どうかした?」「一人ひとりなんだ・・それも離れているしパーティションで遮られて隣が見えない・・。」「長旅でしょう、これなら隣の声も聞こえないから安眠出来る。」類はそうなのかもしれないけど私は、飛行機の中で類と話すのを楽しみにしてたのに。遠す...

  • ビスクドール120

    「牧野、こっち。」類が手を振ってくれてる。人混みで恥ずかしいだろうに、あんな類ってレアだよね?「お待たせ、類。ごめんね?」「いいよ、はぐれなかったから・・。こっちだから・・。」類が私の肩を抱いて誘導してくれる。背の高い類について歩いていく。目立つ容姿の類を皆が見てる。F4は皆目立つから何故か私達の前にまるでモーゼの道が拓ける。「ねぇ、ここは?」「ファーストクラスのラウンジだよ?」「ここが‥凄い一流ホ...

  • ビスクドール119

    羽田国際空港に着いた、類とつくし手荷物以外は全て預けた。類のトランクの中はビスクドールが3体つくしは手荷物以外は全てもうフランスに送ってあるらしくバック一つだけ。珍しく類が手荷物だと言うバックを持ってた。確か何時も、手ぶらだった筈の類が珍しいなと思って「類、このバックの中身何なの?類が手荷物なんて‥初めてじゃない?」「あゝこれね。」類がルイヴィトンのキーポル・トリアングル50を開けて見せてくれた。「...

  • ビスクドール118

    つくしは、このままてっきり空港に直行すると思ってたが車が到着したのは何故か花沢邸。「類、忘れ物したの?」「いや・・」車のがドアが開くと同時にはな枝さんと花沢のメイドさんが待ってて一斉にニッコリ笑ったと思ったら、つくしは挨拶もろくに出来ないままいつの間にか車を降ろされていて、車を振り返ると類が同情の表情をした後に、つくしにバイバイって手を振った。「えっ?どう言う事???類っー」邸に入ると広間が様変わ...

  • ビスクドール117

    翌朝、つくしは夢乃の予告通りに5時半になる2分前にメイドによって起こされた。5時半丁度にはお風呂場で着替えていた。つくしはまだ寝惚け眼の状態で薔薇の花の浮かぶバスタブに入れさせられ、メイド達に身体の隅々まで洗われた。つくしが自分でできると言うのに、その言葉は今日は生憎時間がありませんのでの一言で遮られた。バスタブを出ると頭皮マッサージとシャンプ―&トリートメント頭にシャワ―キャップをしたまま、今度は全...

  • ビスクドール116

    フランスに行く日が来た。羽田発11時40分シャルルドゴール空港に着くのは17時10分の予定だ。美作家では朝から大変だった。同じ便で夢乃達も行く予定にしていたが、仕事の事情で2日後に行く事になった。つくしに8時には迎えに行くからと類から電話があったのは昨日の夜の9時だった。「11時の飛行機なのにどうして8時なの?」「なんか、行く前に話があるそうです‥。何だろう?」「仕方ないわ、明日は6時に起きてね、つくし...

  • ビスクドール115

    つくしの気持ちは沈んだまま、美作家に着いた。「お帰りなさいませ、まあ‥牧野様ギブスが取れて良かったですわね?」「ええ、ありがとう・・ございます。」「つくしちゃん、戻ったのね?どうかしたの、浮かない顔して?」「・・いえ、別になんでもありません。」「そう?」「少し疲れたのでお部屋で休んでていいですか?」「いいわ・・ゆっくりおやすみなさいな。」「ありがとうございます、夢乃さん。」つくしが部屋に戻ると夢乃...

カテゴリー一覧
商用