プロフィールPROFILE

風小僧さんのプロフィール

住所
西区
出身
桜井市

自由文未設定

ブログタイトル
生物見遊散歩
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/009013kazekozo
ブログ紹介文
「生物」を「見」て「遊」ぶ「散歩」を「(生)物見遊散(歩)」と呼んで、「自然観察」の姿勢として行こう
更新頻度(1年)

360回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2015/01/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風小僧さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風小僧さん
ブログタイトル
生物見遊散歩
更新頻度
360回 / 365日(平均6.9回/週)
読者になる
生物見遊散歩

風小僧さんの新着記事

1件〜30件

  • 虫の冬越し

    神野公園です。ケヤキの樹皮に注目しました。ヨコヅナサシガメです。幼虫で冬越しです。樹皮をめくると、クモがいました。これも、めくった処から逃げたクモです。テントウムシです。ダンダラテントウかな。津久野公園です。やっぱり、ケヤキの木です。樹皮をめくると?、何かのサナギかな。樹皮をめくるのは可哀そうですが、虫たちはこうして冬越ししています。虫の冬越し

  • 陶器川沿い

    石津川との合流点付近です。キセキレイです。昨日から、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイと続きました。陶器川沿い

  • 前田川沿い

    陶器川と合流するまでです。水路の様な小川ですが、この時期には結構、鳥が見られます。ハクセキレイです。セグロセキレイです。こんな川です。シギです。イソシギかなと思いましたが、お腹の白が翼の根元に入り込んでいないのでクサシギかな。陶器川との合流点付近です。原池公園の野球場がほぼ完成しています。更に、ハクセキレイです。前田川沿い

  • 清荒神清澄寺

    毎年、お詣りに行きます。清荒神清澄寺です。参道です。参道にあるお店にしろ蛇がいます。縁起物として会いに行きます。おもち丸くん(♂)です。子供たちです。ゆき・み・だい・ふくちゃんです。ちまきちゃん(♀)です。もう1ぴき子供がいました。清荒神清澄寺です。神社の方です。お寺の方です。ここには富岡鉄斎美術館があります。無料で入れる別館です。境内のサザンカです。お詣りの後は、宝塚の街を歩きました。手塚治虫記念館です。隣には、この春にオープンする宝塚文化芸術センターがありました。宝塚大劇場です。通りの花壇にはスミレが植えてありました。清荒神清澄寺

  • ぶらりウオーク~堺の新名所へ「日本最大級のお魚体感」~

    南海電鉄と大阪メトロとの共催のウオーキンクで、コースは次の通り(約13km)です。南海高野線・大阪狭山市駅→さやか公園(スタート)→狭山池・府立狭山池博物館→狭山水みらいセンター→菅生神社→舟渡池公園→黒姫山古墳→みはら歴史博物館→まぐろパーク→大阪メトロ・新金岡駅(ゴール)知合い3人で参加しました。集合前の狭山副池の方です。モズがいました。狭山副池です。ホシハジロやヒドリガモがいました。狭山池のさやか公園です。この日は、市民マラソンも行われていて混雑していました。大鳥池だったと思います。ミコアイサがいました。狭山水みらいセンターの緑地です。菅生神社です。式内社です。中臣氏が多数住んでいた場所で、この土地の名前から氏族は菅生氏と名乗るようになり、この菅生氏が天児屋根命を祀ったそうです。本殿です。本殿は、...ぶらりウオーク~堺の新名所へ「日本最大級のお魚体感」~

  • 上坂部西公園

    JR塚口駅の近くにあります。都市緑化植物園ともあります。そんなに大きな公園ではないですが、樹木にも名前が記されて色々な木が植えてあります。マンササクは未だ咲いていません。ロウバイです。手入れされています。ドウダンツツジの冬芽です。サクラの冬芽です。色々な樹木です。ジュウガツザクラが咲いています。サザンカです。ケヤキの木に何かいないかと探しました。樹皮の隙間にカメムシです。申し訳ないですが、樹皮をめくりました。ツヤアオカメムシの様です。越冬中なんですね。上坂部西公園

  • 石津川沿い

    高橋から毛穴大橋の辺りです。キセキレイです。景観です。セグロセキレイです。石津川沿い

  • 大阪城公園

    お堀の野鳥はどうだろうと見に行きました。ハシビロガモです。大きい石垣と大阪城です。内側のお堀です。オオバンです。ホシハジロやキンクロハジロです。梅林の方で、ウメは少し咲いていましたが、ロウバイは花盛りです。ロウバイの向こうに大阪城です。大阪城公園

  • 中之島から天満橋

    土佐堀川沿いです。ドバトが身体を膨らませて日向ぼっこをしています。のどかな感じです。淀屋橋の辺りです。イソヒヨドリがいました。中之島図書館の建物です。中央公会堂です。東洋陶磁美術館です。北浜の辺りの古い建物を使ったカフェとかです。剣崎公園です。ルポンドシエル(フレンチレストラン)が入っている建物です。中之島から天満橋

  • 石津川沿い・高橋から家原橋付近

    自宅から家原大池体育館に向かう途中です。シギです。イソシギかな。結構、長い間、留まって呉れていました。ジョウビタキも見ましたが、上手く写りませんでした。植物も少し。マサキの実です。ビワの花です。体育館では筋トレとランニングに励んでいます。石津川沿い・高橋から家原橋付近

  • 河内長野駅近辺

    烏帽子形公園に行こうと思い、南海電車の河内長野駅に来ました。高野街道散策マップがありました。この高野街道に沿って烏帽子形公園に向かいます。高野街道の道標の説明です。道標です。吉年邸のクスノキの説明です。クスノキです。昭和45年の天然記念物指定の時点で、樹高約20m、幹周約4.5mから、更に50年経ってます。高野街道です。天野酒の西條合資会社の旧店舗主屋・土蔵の説明です。その建物です。石川を渡ります。烏帽子形城跡のマップです。ここが烏帽子形公園です。城の復元予想図です。公園の中の雑木林です。山頂です。山頂からの眺めの説明です。実際の眺めです。この山にある烏帽子形神社です。駅前に戻りました。天野酒が飲める居酒屋さんです。天野酒です。天野酒はかなり甘口のお酒です。烏帽子形公園は、私が過去に受けた、natureOs...河内長野駅近辺

  • 大蓮公園

    大蓮公園です。水鳥が集まっています。何種類かの水鳥です。池の水は少なくなっています。ヒドリガモです。キンクロハジロです。ハシビロガモです。公園の近くのフジです。複雑に絡まっています。須恵器の窯跡です。陶邑窯跡群の説明です。大蓮公園

  • 近隣(石津川沿い・八田荘公園・八田寺町)

    石津川沿いは、高橋から落合大橋の辺りです。ジョウビタキです。コガモです。オカヨシガモです。枯れ枝にミノムシです。この中で越冬している様です。八田荘公園です。スズメでした。モズです。八田寺町の辺りです。メジロが葉っぱに隠れていました。近隣(石津川沿い・八田荘公園・八田寺町)

  • 大和川自然観察会

    この冬から1月と2月に大阪自然環境保全協会で一斉に水鳥の観察会を行うようになりました。大和川自然観察会もエントリーしており、その案内チラシを見て来られた方々が参加されました。大和川です。カラスの水浴び(カラスの行水)です。マガモ、コガモ、オオバンです。大きさの違いが分かります。マガモです。並んだ♂2羽の頭部の色合いが違って見えます。コガモ、オカヨシガモです。イカルチドリもいました。モズです。観察風景です。ヒドリガモです。アメリカヒドリガモもいました。この日に見られた野鳥です。カワウ、オオバン、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリガモ、オカヨシガモ、コガモ、イカルチドリ、アオサギ、ドバト、ジョウビタキ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ムクドリ、ハクセキレイ、モズ、カワラヒワ、メジロ、スズ...大和川自然観察会

  • 金岡公園

    金岡公園の南の入口にあるカナリーヤシ(フェニックス)です。実がいっぱい成っています。これは食べられる(ナツメグ)様です。公園に入りました。ムクドリが葉っぱのない枝にとまっています。シジュウカラです。モズです。起伏があります。丘っぽいところにハクセキレイです。後ろ向きですが表情が感じられます。ロゼッタを集めてみました。木肌に付いたコケや地衣類を集めてみました。木の根っ子が浮いた静脈の様に見えます。金岡公園でした。近くにあったマサキの実です。爆ぜた色合いが綺麗です。金岡公園

  • 堺浜

    堺浜全体の説明図です。ふれあいビーチの説明図です。ふれあいビーチです。オオバンです。オカヨシガモです。マガモとヒドリガモです。堤防に描かれた大阪湾のさかなです。堺浜ふれあい広場に通じる遊歩道です。モニュメントは製鉄所の機器の一部です。ふれあい広場の説明図です。広場にもモニュメントがあります。防風林ですね。これはシイノキですが、一本立ちの木が植えられています。人工干潟の説明図です。人工干潟です。人工干潟にたむろするホシハジロです。堺浜

  • 大泉緑地

    クヌギ林です。林床の落ち葉が綺麗です。木に付いた葉っぱと、落ち葉です。大泉池です。ヒドリガモが沢山います。まぎれて、オオバンもいます。中央休憩所の屋根が見えます。この日は、風が強く吹いていましたが、カラスたちは、この風を楽しんで飛んでいる様に見えました。カキツバタ園の近くで、向こうは頭泉池です。落ち葉が絨毯の様になっています。頭泉池です。カルガモがいます。ヒドリガモもいます。頭泉池の手の入っていない感じの場所です。マガモやオオバンもいます。中央休憩所から大泉池を見ています。ここには、ヒドリガモが沢山います。ホシハジロもいます。ヒドリガモに混じって、ユリカモメです。ヒドリガモの中に、1羽、アカリカヒドリガモらしいのがいます。眼から後頭部にかけてが、緑色ですね。近くで見られて良...大泉緑地

  • 鳳公園にて

    鳳公園には色々な木が植えられています。冬の木の様子です。鳳公園に行く前です。モチノキかな。ここから鳳公園です。クロガネモチです。ヤマモモです。クヌギかな。モチノキの様です。マテバシイです。クスノキ科の木ですね。サクラに似た木で、花から実に。アラカシです。サクラです。トチノキです。モクレンです。イチョウです。鳳公園にて

  • 神野公園・守屋池とか

    近隣です。神野公園です。ケヤキの木のコケとか地衣類です。樹皮の隙間にヨコヅナサシガメの幼虫です。更に、ケヤキの木のコケとか地衣類です。少し歩いて、守屋池です。ホシハジロです。守屋池です。コガモです。マガモです。また、少し歩いて石津川です。シジュウカラです。ボチボチ歩いています。神野公園・守屋池とか

  • 中ノ池

    ため池オアシス整備事業で整備されたそうです。アヒルが住み着いています。飼育されている様です。セグロセキレイです。池には、こんなコイも放されています。かなり人工的ではあります。セグロセキレイは来てくれています。中ノ池

  • 水賀池

    泉北高速鉄道の深井駅の傍にあります。ヒドリガモがいます。カイツブリです。メイプルタウンの方です。カルガモです。キンクロハジロも来ています。泉北高速鉄道の高架です。ユリカモメもいます。水賀池

  • 菰池

    菰池は、周囲にメタセコイヤやラクウショウが植えられており、全体の景観が整って見えます。水際にメタセコイヤ、水の中にラクウショウと言う感じです。カイツブリがいます。西側に泉北高速鉄道の高架が見られます。緑地部分には、スズメの砂浴び場がありました。ケヤキが生えている場所(北側)です。ヨコヅナサシガメの幼虫の越冬です。ケヤキが生えている場所(南側)です。同じく、ヨコヅナサシガメの幼虫の越冬です。引き続き、観察して行きたいです。菰池

  • 初詣

    方違神社です。拝殿が新しくなっています。由緒ある神社で崇神天皇の勅願によって創建されたとあります。毎年、元旦にお詣りします。鈴の宮蜂田神社です。氏神さんのイメージです。毎年の年越し後にお詣りするのですが、今年は事情により2日のお詣りになりました。境内にあるお稲荷さんです。この神社も由緒のある神社で、蜂田連の祖である天児屋根命が祀られています。天児屋根命は、天照大神が天の岩屋戸に隠れたとき、祝詞を奏してその出現を請うた神様です。神社は由緒をたどって行くと、日本神話につながり面白いです。初詣

  • 石津川~高橋から落合大橋~

    いつもの石津川です。コガモがいます。♀です。カルガモです。コガモの♂です。落合大橋の手前です。ススキの枯れた穂です。アカメガシワの冬芽や葉痕です。セイタカアワダチソウの枯れた綿毛です。冬っぽい景観でした。石津川~高橋から落合大橋~

  • 石津川から百済川

    合流点近くの石津川です。コガモ♀です。コガモ♀とオオバンです。オオバンです。コガモ♂です。百済川です。カルガモです。マガモとオオバンです。マガモとカルガモです。コガモ♀です。コガモ♂です。身近な川と生き物でした。このブログは、今年で9年目となります。引き続き、続けて行きます。石津川から百済川

  • 狭山副池オアシス公園

    狭山池の北側にあります。環境学習ができる様な仕掛けが色々あります。畑です。せせらぎと木々です。池にはカルガモがいます。森と草地の説明です。トンボ池と畑の説明です。狭山副池の景観です。ヒドリガモがいます。池に訪れる生き物の説明です。せせらぎ水路の説明です。遊歩道です。ホシハジロもいます。どんぐりの森の説明です。池から公園の景観です。久しぶりに訪れました。狭山副池オアシス公園

  • 狭山池

    水が少なくなった狭山池です。ハクセキレイとセグロセキレイです。水が少ないのが良く分かると思います。カンムリカイツブリです。ダムの部分です。西除川につながります。池にいた鳥たちです。ホシハジロです。ヒドリガモです。キンクロハジロです。池の広さを感じる事ができます。ケリです。チドリとかです。南側は水がありません。周辺にいた小鳥たちです。ジョウビタキです。カワラヒワです。狭山池博物館です。近くにいたモズです。いろいろ見られました。狭山池

  • 大仙公園・日本庭園

    この時期の日本庭園は、人が余り入っていません。景色を楽しめます。傘亭が見えます。池にはカルガモがいます。池の景観です。ムラサキシキブの実が残っています。会合衆の集会所を模した建物(休憩舎)です。池のカルガモです。廬山を模した築山です。マンリョウの実が鮮やかです。休憩舎です。池の傍の松です。サザンカが咲いています。休憩舎です。大仙公園・日本庭園

  • 大仙公園

    大芝生広場です。アベマキの落ち葉です。黒い実と赤い実です。クスノキです。クロガネモチです。落ち葉の林床の向こうの建物は市立図書館です。良い雰囲気です。アキニレの木です。実が残っています。木肌です。樹皮がめくれて落ちて、木肌との間でジグゾーパズルの様になっています。ここも、落ち葉が敷き詰められた様になっています。冬っぽい大仙公園でした。大仙公園

  • 浜寺水路

    浜寺大橋の方です。カルガモが群れています。水路の向こうは工業地帯です。ハクセキレイが顔の角度を変えてくれました。水路の南側を望んでいます。ユリカモメです。この水路には、磯浜生物の観察場が設えてあります。浜寺水路

カテゴリー一覧
商用