searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

香本博さんのプロフィール

住所
秩父市
出身
津山市

自由文未設定

ブログタイトル
昨日の階段
ブログURL
https://artkomoto.hatenablog.com/
ブログ紹介文
絵画作家 香本博の毎日更新される日記。 画家が日々感じたことや出来事、個展や展示情報など満載です。
更新頻度(1年)

271回 / 365日(平均5.2回/週)

ブログ村参加:2014/11/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、香本博さんの読者になりませんか?

ハンドル名
香本博さん
ブログタイトル
昨日の階段
更新頻度
271回 / 365日(平均5.2回/週)
読者になる
昨日の階段

香本博さんの新着記事

1件〜30件

  • お盆の花火

    盆の入りの昨夜7時、自宅前から見えた花火。 今年は夏祭りも、花火大会も、新型コロナ対策で 軒並み中止。帰省できない方も多い中、 天に向かって上げられた数十発の花火は、 亡くなった方々へ想いを馳せ、疫病終結への祈りとなり、 猛暑の疲労を払拭する機会ともなった。 曼殊沙華の想い超えて

  • 暑中お見舞い申し上げます。

    今年の夏は、違います。 日本だけでなく、地球規模で「違います」。 そうした思いで、贈る 2020年の暑中見舞いです。 作品の画像が荒くてすみません。

  • 戦後75年目の広島原爆の日。平和の鳩の願い

    唯一の(原爆による)被爆国=日本は、 被害者の思いに沿い、核兵器の廃絶と平和を推進しているはず。 どうか、心のろうそくの灯から生まれた鳩が、平和な想いに羽ばたくことが できますように。 現政権になって、非核三原則を無視し、 核兵器禁止条約にも不参加で、原発推進。なんと悲しいことか。 I want the lit lights to become doves of peace and flap their wings.

  • T-BOX【平気】展示、感染防止対策完備で無事終了。

    おかげさまで無事終了した東京展示。 初公開の作品【キクイモの宇宙船】に感動してくださった方は 多かったです。秩父の坪内さんが無農薬の土で作り収穫した、キクイモの形に魅せられて描いた輪郭から受けたイマジネーション。伸び伸びと外出できない子供たちに、想像力で羽を伸ばしてほしいという絵です。 新譜を発表された国際的ヴァイオリニストの、アテフ・ハリムさんも駆けつけてくれました。芸術文化は、免疫を高め感染対策につながります。素晴らしい響きを聴きながら、私も制作ができています。 CDは、こちらからお求めになれます。タワーレコード https://tower.jp/artist/discography/77…

  • 『天国の食卓~亡き父へ~』いちまいの絵8月

    父が61歳の生涯を閉じてから30年近くになる。糖尿病から腎不全になり、心筋梗塞を併発し、人工透析患者となって、入退院を繰り返し、そのまま病院で息を引き取った。 人一倍食べることが大好きだった父が、最後まで、タイ米時代の減塩・カリウム抜き・病院食だった。「お父さんが食事を拒否するので困っています。」病院からの連絡で、何度も仕事帰りに面会に行った。がんばって食べて、退院できるようになってほしい・・そんな思いから、きつい言葉も父に吐いた。 父の最後を看取り、病院から葬儀屋の車に同乗、父と共に実家に戻った。一人だけになってから、こみ上げる思いを抑えられず、自分は大泣きした。近所中が起きるのではないかと…

  • としまえん閉演の動画に感慨。

    【絵は、人を・生活を・体感を描くのだから、様々な経験が必要】が持論で、 絵画一本・・今の状態になるまでに10種類以上の(二足の草鞋)仕事を経験した。 遊具のデザインやメンテナンスもその一つで、豊島園にもよく行った。 カルーセル・エルドラドの下にもぐった事もあるが、 いよいよあと一か月で、94年の歴史に幕を閉じる。 http://www.toshimaen.co.jp/news/18058/index.html 仕事の合間に貯めたスケッチなどから、たくさんの作品を産んだ。 子供たちの夢を育む役割がある施設を、単に経営の観点だけから、 世界的にも歴史的な意義あるのに行政が支援もせず、 閉演に追い込…

  • 苔の新芽(入学生)の初々しさ

    長引く梅雨と曇天・・でも、だからこそスクスク育つのが苔だ。 その新入生ともいえる【苔の新芽】を、今年も見ることができた。 また雨かと心も曇りがちだが、鮮やかなライト・グリーンが、 感性を呼び覚ます。極細の糸のようだが、すっくと立っているね、おめでとう。 苔は、無機質な人口土にも、デコレーションを施す。 目にも優しい。

  • 3密回避&感染防御対策

    【私のお仕事】で外出の際に気を付けること。 充分な手洗い、マスク着用、アルコール消毒(小容器でも持参)。 3密を避けること。会場の換気。そして昨日は、フェイスシールド。 そして最も大切なことは【懐疑心よりも、心を開くこと】です。

  • 銀座の窮屈な空と往復車窓

    昨日は、搬入のため、電車による銀座往復。 新型コロナ感染者数が増加連続の東京へで、緊張の車内だが、 ガラガラに空いた車内。しかし心は窮屈。 5か月近くぶりの銀座(3月7日以来)に降り立ち、 高層ビルに挟まれた窮屈な空を見上げる。 帰路の車窓からは、ダイナミックに騒ぎ立つ空が見えて、 救われた思いだった。

  • T-BOX MIX展 搬入

    本来なら東京オリンピック開会二日目で、 MIX展のテーマも違ったものだったかもしれない。 でも、【平気】コロナ渦でも平常心を持って制作した作品を 搬入飾りつけできて良かった。

  • 長梅雨グレー

    6月上旬に梅雨入りして、もう8月になろうとしている。 たまに晴れ間があっても、ほぼ毎日の長雨。 梅雨明けいつになりやら、その後ものすごい猛暑予想(汗)。 菜園のミニトマトも葉ばかりが成長し、重みでうつ伏せ状態。 カンカン照りも辛いが、雨ばかりだと気持ちもグレー。 雨音のリズムは、ネコにとってはスリープモード。 トマトは光を求めて上へ上へ。 自分の気持ちもスカイブルーに向かわねば。

  • 平野節子彫刻展atムクゲ美術館

    久しぶりの青空の元、ムクゲ自然公園内、森の美術館に。 昨年、山猫軒個展をご高覧いただいた、彫刻家・平野節子さんの個展を拝見できた。繊維を感じる印象的な作品の数々。 美術館の窓や外気の光が、不思議と邪魔にならず、 私には、平野さんの彫刻と融合して物語を演出したり、 優しく溶け込んで見えた。周辺はムクゲの他、アジサイ、へメロカリス、ヤマユリなどの花散策もできます。今回は、 新設された展望台まで行こうとしたが、長雨の後で道がぬかるんでいて、足が滑ったので、後日リベンジすることに決めた(苦笑)。 「平野節子 彫刻展」 同時開催 田中史子 布とのコラボレーション 7月19日(日)〜9月6日(日) 10:…

  • 岡山の白桃を山中隆太郎氏に届ける。

    今年も郷里津山(岡山県)から、絶品の白桃が届いた。 亡き山中棟梁は、私の岡山発の個展に、秩父から駆けつけてくれた。 御恩は一生忘れない。 白桃を届け、久しぶりに、とし子さんのお話をうかがうことができた。

  • 樹齢1000年越え。梟住む今宮神社のケヤキ

    この勇壮な樹は、その昔、江戸幕府の要職者が今宮神社参拝の折、馬を繋いだことから、「駒つなぎのケヤキ」と言われているそうだ。美しく深く生い茂る苔の栄養と保湿が、1000年越えの寿命を支えているのだろう。 秩父に移転した20年前、このすぐ近くに住んでいて、 樹から醸し出される気(スピリッツ)に癒されてきた。 どうしても自分は、麗しい象が乗っているように見える。 今は、梟が居心地よさを知り、住み着いているんだそうな。 月明かりに垂れされるケヤキを、絵にして描いてみたい樹なのだ。

  • コロナ退散祈願・ペット用茅の輪

    ペットに新型コロナウィルスが感染したという報告は、 充分検証されたとは言えない。個人的には信用していない。 でも人間も動物も、疫病からは逃れたいのは確かなことだ。 こういう茅の輪は、今宮神社で初めて見た。

  • ミニトマト膨らみ、赤ちゃん次々と

    毎日枝葉や余分な葉を切りながら、 膨らんできてくれた。 次々と赤ちゃんも育ってきた。 がんばれ!

  • 【対岸の陽】いちまいの絵 2020年7月

    【対岸の陽】Sunset on the other side 実際に遭遇した風景を基にした絵で、当初は、「対岸の猫同士の心にメラメラと燃える火」というインスピレーションがあった。対岸の向こうに美しさがある、離れていても同じ美しい空の下にあるという絵だ。しかし、新型コロナただ中の今見ると、この絵に別の意義を見出す。一般に「対岸の」というと他人事(ひとごと)を指し、「対岸の火事」Fire on the other side は、向こうで災難だが、自分には、火の粉は来ないし関係ない という生き方・生活感がある。1月11日の時点で、世界のCOVID-19感染者は、中国武漢だけの41人で死者は1人だった…

  • 私のtwitter開始から10年経過。

    世界でtwitterなるサービスが生まれた2006年当時、 私は興味を示すどころか、馬鹿にしていた。 その都度「自分が今何しています」なんて、 書いて発信する必要や意味を全く感じなかった。 精神集中の欠如や、宣伝思想かとさえ思い、 「大体、つぶやく なんて暗すぎる」と否定していた。 実際のtweetの意味は つぶやく ではなくて 小鳥のさえずり だ。 だから twitterマークが 小鳥だったんだ。 そんな自分が2010年6月29日(ちょうど10年前)に、 twitterを初めて今日まで、なんと2万以上のツイート投稿をしてきた。 暇だから?売名行為?そのいずれでもなく、 外ならぬ自分のため、記…

  • 東京展示のDM届きました。

    新型コロナの自粛以来、久々の東京での展示DMが届きました。 私は後期7月27日(月)~8月1日(土)に、 すべて新作5点(予定)出展します。 テーマは「平らな気」=「平気」‥コロナ時代に求められる平常心 その精神性につながる作品です。 ご高覧よろしくお願いいたします。 DMご希望の方、郵送いたします。

  • 裏地の太い白膠木(ヌルデ)を伐採

    玄関前に続き、裏地の太い(直径130mm)白膠木も、 昨日なんとか伐採した。根に近い太い部分が、家屋に干渉しないで、細い方だけが倒れるように工夫して切った。 樹木でもないのに、なぜに2年でこんなに成長するのか・・ 約2年前にも切ったのだが、今後は除草剤を幹に沁み込ませて枯らすしかないかな。 多少、薪には使えるが、動物の誘道路になってしまいかねないから。

  • マイバッグよりも、マイかご

    プラスチックごみ生産を減らし、 温暖化を食い止める政策の一つとして、7月より 全国の食料品のレジ袋を有料化することになった、 スーパーでの買い物は、備え付けのかごで行うので、 自分のかごを持参し、保冷バッグを広げておけば、 かごからかごへ移すだけで、そのまま自宅に (クルマで買い物する場合が多いので) 持ち帰ることができる。マイバッグよりも、マイかご・・この方法 良いな。

  • イチローズモルト・秩父蒸留所、念願の見学。

    「愛とは、けっしてあきらめないこと」という有名な台詞があるが、見学させていただいて感じたのは、数々の向かい風やストップの動きを乗り越え、自分を信じて、あきらめずに続けたこと・・ウイスキーへの深い愛・・そのことだ。私が約20年前に秩父に移転して、感動して描き続けたのは、太田地区だった。独特の寒暖の差や五感のインスピレーションが豊かだからだ。 その太田で、世界に誇るベンチャーウイスキーが誕生しようとは、想像しえなかったが、 肥土伊知郎氏が、風土と土と水でここを選んだのは、納得がいく気がした・・生意気ですが。 古い樽と香りを感じて歩くと、「成功した今、注目するのは誰でもできる」が、光の当たらぬ中来る…

  • 野鳥とイーゼル

    またもや、ヒメが外の野鳥(雀とか)を捕まえて持ってくるようになった。 今まで何度助けて離してやったことか。 他の野鳥代表?が電線に乗って、二階の窓から見えるヒメに 怒っている。ヒメも負けず威嚇・・困ったものだ。うるさいし。苦笑 ところで最近、イーゼルの下で窮屈に寝るのを好んでいる。 ふーん、なんか、わかる気もするけれどね。

  • 夏蕎麦の花(荒川・花見の里)

    荒川の蕎麦畑に行くと、 一面の夏蕎麦の花が満開に咲いていた。 例年なら、観光客で話題になるだろうが、コロナで殆どのイベントは中止だ。

  • 風と行き来し、雲からエネルギーをとれ

    これは宮沢賢治の言葉だと知ったのは、恥ずかしながら数年前のことですが、 昔から自分がやってきたことです。 【雲を追いかけて歩き、心にインストールする】 10代から半世紀以上経っても同じことをしている自分です。 ここ数日は・・モノノケにまたがって手綱を引くマントの怪人や、 タツノオトシゴ、親子の生物など

  • 小島のり子さんライブat TicoTicoへ

    3月からずっとコロナ自粛で、秩父を離れることもできなかったが、 緊急事態宣言も解かれて、注意しながら、所沢のライブ会場 TicoTicoさんへ。 ライブ配信をネットでという方法も、今はあるが・・ やはり五感をフルに揺さぶられるのは、生しかないはず。 繊細に響き渡る小島さんのジャズ・フルートと、 大橋裕子さんの個性的なピアノの世界観が交差して 力強く、流麗で心地よい。 聴いていると不思議なことに、自分の内奥に【くすぶって見えていたもの】が、よりフォーカスアップされて見えてくる。 知りえない、亡き母の子供の頃の映像も浮かんできたり、 いまだパートナーにできていないことなど、 様々な【想いの空】に連…

  • 約3か月ぶりの西武秩父乗車

    3月7日に、銀座(現・八重洲)T-BOXで展示してから、 新型コロナ自粛で、思えばずっと電車に乗らずにいた。 3か月強・・約100日ぶりの乗車。 珍しいことをした「おのぼりさん」気分? 所沢にこんなに人がいるのかとか・・ 西友で Gパン2着購入・・試着室もアルコール消毒して・・ そして帰路は終電の西武秩父から徒歩。 久しぶりに、範囲を広げてムーブメントできた気がした。

  • 高齢者カウントダウンのヌード

    あと一か月強で自分も、行政が区分するところの「高齢者」の仲間入り。 つまり65歳になるということだ。 いまだ心は少年のつもり。 胸の筋肉が以前よりついた気がするが・・腹のぜい肉はもっとついたぞ(苦笑)。 あと何年、生きられるのかな・・

  • 花菖蒲しっとりと

    昨日は、久しぶりに小鹿野(両神)の花菖蒲園に行った。 コロナ影響で平日のみの開園。 ひたむににメンテする方から「ありがとうございました」と 声掛けされたのが心に響く。 https://www.qkamura-s.com/ryokamiso/news-4145

  • 玄関前の大木(白膠木?)を伐採

    空き家となった隣家の庭の白膠木(ヌルデ)が、 我が家を脅かすようになり・・木陰はできても、 鳥獣の経路ともなる可能性もで、伐採することにしました。 切断してみると、かなりの量・・大変でした。 なにしろ棘がたくさんあって、腹立ちますねえ。

カテゴリー一覧
商用