プロフィールPROFILE

ブログタイトル
北海道と九州の風来旅とマイ道楽
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/taiyo3-3-3
ブログ紹介文
マイ故郷の北海道旅と、毎年GWにマイワイフ実家へ帰省ついでの九州旅と、マイ道楽:気ままなモクモク工房
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/10/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、北海道と九州の風来旅とマイ道楽さんの読者になりませんか?

ハンドル名
北海道と九州の風来旅とマイ道楽さん
ブログタイトル
北海道と九州の風来旅とマイ道楽
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
北海道と九州の風来旅とマイ道楽

北海道と九州の風来旅とマイ道楽さんの新着記事

31件〜60件

  • 2019, 九州路 「石橋とワインの町、院内の見どころ」

    縁起が良い「白いイノシシ」のいる八幡宮の帰り道、宇佐市や豊後高田市に向かって、曲がりくねった田舎の山道を進むと、見覚えがある場所が目に入った。すでに過去に何度か通っていた特徴あるド田舎風景。「マチュピチュ」に何処か似ていると云われる「宇佐のマチュピチュ」・・・。あいにく中国からの黄砂に覆われてドンヨリと曇って天候には恵まれなかったが、道沿いに展望台が出来ていたので、初めて最上段に上がってみたが・・・山の麓のサクラが黄砂で霞んで見える・・・別子銅山跡の「東洋のマチュピチュ」が一歩抜きん出ていた!!黄砂が無ければこんな感じの「和チュピチュ」風景?。資料によると、大分県は全国で最も石橋が多い地域だが、中でもこの宇佐市院内町には75基もの石橋が残されていて、「石橋めぐり」も人気で、アーチ橋(めがね橋)は64基と日本一を...2019,九州路「石橋とワインの町、院内の見どころ」

  • 2019, 春の九州路 珍獣?「神の使い?白いイノシシがいた」

    今年の年始早々にTVで何度か放映された「今年の干支、白いイノシシ」が九州の玖珠にいるとの情報があったので、この春の九州訪問の際には、是非とも現物を拝見して見たく、由布院を通り越し、隣町の玖珠町に走った。近くには8年ほど前に訪れた豊後森駅に九州最大の「旧豊後森機関庫」がミュージアム化して残っている。先ずは主役の顔見せ対面から・・・確かに白い!!田舎道や山道を”ポツンと一軒家”の取材班風に走るとやがて、深い森の中に鎮座する「宝八幡宮」にたどり着く。階段上がって左奥。周囲に獣臭が漂う中、この中に大事に保護されていた。汚れが無ければ白さが際立つであろう?決して豚ではありません!偶然にも合計2頭を捕獲し、過去2回五つ子(全て白)が産まれ、更に三つ子が産まれたとか。現在では5頭が飼われている。全国でも数ヶ所で見つかっている...2019,春の九州路珍獣?「神の使い?白いイノシシがいた」

  • 2019, 春の九洲路 春爛漫!「桜の穴場!並石ダム~国東へ」

    今年も無事に帰り着き、今回の最大の目的だった義母の様子伺い・お見舞いも済まし、ぽっかり空いた時間を、国東半島内陸部を寄り道しながら帰路につくことに。「道の駅くにさき」に向かって、両子山の山麓道を通過点のつもりで通ったところ、開けた空間の下にあった「並石ダム」の周囲に咲く桜や珍しい山の風景を見て、付近の綺麗さにビックリ!早速、ご案内しよう。これも余計な説明はいらないが、山に空いた「穴」は修行の場だったようだ。のどかな山里、田舎の風景に水車と桜の組み合わせがなんとも・・・よく似合う。国東に向かう途中、近くの畑では菜の花が満開であった大分空港に近い”道の駅くにさき”で丁度昼時になり、素朴な地元料理「だご汁」をいただく。”道の駅くにさき”裏の海岸に出ると、記憶によみがえってきたのが、プリッとして格好いい「お尻岩」!遠く...2019,春の九洲路春爛漫!「桜の穴場!並石ダム~国東へ」

  • 2019, 春の瀬戸内路 春爛漫!「桜満開の松山城から九州へ」

    先般の桜満開松山城のきれいな写真が多すぎて、収まりきれなかったので「第二弾」として、追加の「城」と「桜」をUPしてみた。北海道もGWは愛媛の桜満開につづき1ヶ月遅れの花盛りだったのも、今日は稚内・根室へ花を咲かせに飛んでいった。小生にとっては尾道、道後・松山、九州、と今年四度目の春爛漫を満喫。・・では、松山城内散策第二弾を開始!これも説明なしで「城」と「桜」を満喫して下さい。素晴らしい春爛漫の愛媛県に別れを告げ、八幡浜港からフェリーで長~い鼻先の佐田岬を右手に並行して走り、別府に上陸し九州inする。八幡浜港沖で別府からのフェリーと行き交いながら2時間50分の休息を満喫。2019,春の瀬戸内路春爛漫!「桜満開の松山城から九州へ」

  • 2019, 春の瀬戸内路 春爛漫!「桜満開の松山城編第一弾」

    北海道にも、ようやく桜前線が訪れ、もう過ぎ去った本州並の桜の饗宴が始まったおかげで、この一ヶ月間は小生にとって頭の中まで桜色に染まった?。この先半月後辺りには八重桜が咲き誇り、さらに周りで桜が散ってしまうと、我家の庭にただ1本の「ハナカイドウ」が満開の花を咲かせるので、また、トドメの花見宴会を!今が春の旬!ちょうど満開の桜が城内の方々で咲き誇っていた。「桜」と「城」は至高なる日本のロケーション!前夜の道後温泉から見えた、丘の上に建つ「松山城」に、予定通りに立ち寄った。松山城には4ヶ所の登城道があるが、東雲口にはロープウェイ・リフトがあり、中腹の長者ヶ平で降りて本丸まで満開の桜を愛でながら、老体の足腰に負担が及ばぬようにゆっくり散策。北海道には無い大規模なロケーションに大満足!しばらくは城内の桜に酔いしれてみよう...2019,春の瀬戸内路春爛漫!「桜満開の松山城編第一弾」

  • 2019, 春の瀬戸内路 春爛漫!「松山道後温泉散策編」

    我が街札幌も本日4/25にようやく桜の開花宣言が告げられた。GWには丁度ピンク色に染まり、10連休と重なって例年に無い最高のお花見シーズン最高潮の頃と思う。小生の四国春爛漫シリーズの桜も間に合ったようだ。別子銅山の山奥から約1.5時間のドライブで、今夜の宿である道後温泉にはまだ明るい午後4時頃に到着。温泉街の散策を楽しめるように時間配分をした。国の重要文化財である「道後温泉本館」は、7年間の保存修理工事に入ったばかりで、素晴らしい全体的な建築美もお預けになったが、いろいろな角度から見て回ることが出来た。さっそく本館向い側「湯神社」境内の丘に上がり、「空の散歩道」から道後温泉本館上空からのショットを数枚。本館とすぐ目と鼻の先のホテル「茶波瑠」に入り心地よく一服のあと、工事中で残念ではあったが、素晴らしい建築美の道...2019,春の瀬戸内路春爛漫!「松山道後温泉散策編」

  • 2019, 春の瀬戸内路 「しまなみ海道から東洋のマチュピチュ 別子銅山へ」

    別子銅山は1690年(元禄3年)に発見され、翌1691年に開坑、以来、1973年(昭和48年)に閉山するまで、江戸・明治・大正・昭和の4時代283年にわたり、開坑から閉山まで一貫して住友が経営。最盛期には5,000人もの人がいたそうだ。住友グループを生み出した銅山師・銅商として台頭した泉屋(住友)の歴史があった。道の駅マイントピア別子の端出場ゾーン。別子銅山へは県道47号線から山道を標高750mまで登って行く。旧水力発電所(登録有形文化財)ループ式の県道や狭い山道の所々で離合ができる場所もあり、険しい山道ながら普通自動車なら到達可能。道の駅マイントピア別子から東平(とうなる)ゾーンへは約20分。標高750mようやく採掘本部跡に到着。近代の歴史を感じる建造物は一見の価値あり。各方面から運ばれてきた鉱石を一時的に保...2019,春の瀬戸内路「しまなみ海道から東洋のマチュピチュ別子銅山へ」

  • 2019, 春の瀬戸内路 「坂道と文学と猫の街 尾道からスタート編」

    札幌生まれの小生と九州生まれのかみさんの、毎年春の年間行事である「義母の健康伺い弥次喜多旅」が、旧年度が終り経常管理業務に一段落した区切りに、4月早々の新年度に入った今年も、桜の季節ど真ん中の4/2-4/10に行って、無事を確認してきた。毎年、新千歳ー福岡間の直行便+レンタカーの往復で行っていたが、道中に飽きが来たので、数年前からは実家到着数日前に、毎年異なったルートで、途中の寄り道観光を先にしてからの実家入りしている。この寄り道風来旅のおかげで毎年恒例の九州旅が、一段と楽しいものになった。今年は広島空港に降り立ち、尾道に一泊し、翌日はロープウェーで千光寺へ。しまなみ海道を渡って愛媛県に入り、今は「東洋のマチュピチュ」と云われる「別子銅山」が当時栄えた栄華の一部が残っている山奥に点在する遺構を見て周り、道後温泉...2019,春の瀬戸内路「坂道と文学と猫の街尾道からスタート編」

  • マイ道楽 VoL174 「いろいろな調味料を、薫り豊かな燻製にした」

    晩酌の友としての美味しさを求めて、煙に関わるいろいろな工夫をしながら試してきたが、原材料をさらに美味しく引き立てる脇役にスポットをあててみた。「燻製醤油・燻製塩・燻製味噌・燻製マヨネーズ・燻製オリーブオイル・燻製バター・燻製黒こしょう」の合計7種類の調味料とついでのコーンを、勢いで2回にわたって一気に作ってみた。どんな使い方が良いのか?美味しいのか?燻製のレシピに載っているものの、順を追って実際に試してみたいがとりあえず保存しながら、後日実食にチャレンジしてみよう。冷燻スモーカーで活躍した上部スモーカーをさらに内部網棚を増やし、角網の上に乗せて直火でチップ燃焼皿の桜スモークチップ+ピート粉末を混ぜ、単独で温燻してみた。上から、黒こしょう、マヨネーズ、バター、コーン、桜スモークチップ+ピート粉末の燃焼部、ガスコン...マイ道楽VoL174「いろいろな調味料を、薫り豊かな燻製にした」

  • マイ道楽 VoL173 「燻製あじの開きでビールパーティー」

    一昨日にこのブログのトータル閲覧者数が40万人を突破しました。この爺さんの気ままなブログを訪問してくれる方々には感謝し、ここまで来たからには50万人突破を目指してなお一層頑張ってみたいと思います。応援をよろしく。一週間ほど前に、長年懇意にしていた方が引越しすることになり、町内会有志総勢7名で「さよならパーティー」を開催することになり、自家製の燻製を一品ツマミに加えさせてもらい送り出すことにして、準備にかかった。取り急ぎ「あじの開き一夜干し」をゲットして早速の準備。ご近所の、Kさん別邸B1階遊戯室を会場に酒やご馳走が並んだ。今日のご馳走はコレ。キッチンタオルを敷き、1時間程度外気に当てて風乾し表面を乾かす。「ヘンケルスZwillingツインスペシャルズスモーカー」に魚をのせる前に、スモーカーの網に食用オイルを塗っ...マイ道楽VoL173「燻製あじの開きでビールパーティー」

  • マイ道楽 VoL172 「豚スペアリブ」を燻製で

    新技にチャレンジ!今回は、豚肉の凝縮された旨味を食べ尽くす「豚スペアリブ燻」をじっくりやってみよう。ゴミが付着している場合があるのでよく洗い、水気をペーパータオル等でよく拭き取り、小さじ一杯ほどの塩を振って全般によく揉み込んでおくとよいとある。漬け込み液の材料(ビール:100cc、黒こしょう:小さじ一杯、タマネギ:1/2ヶ、ニンジン:1/4本、ニンニク:1片、ピックル液:150cc)を用意し、野菜類はスライスして、ブレンドピックル液を作っておく。ブレンドピックル液に、塩をもみ込んだスペアリブを入れ、ジップロックに入れて空気を抜いて密閉。冷蔵庫で2日間寝かせる。2日間漬け込んだ後、これから塩抜き。寝かせたスペアリブを取り出し、流水で4時間塩抜きし、水気を拭き取って好みのスパイスを振りかける。小生の場合は、黒こしょ...マイ道楽VoL172「豚スペアリブ」を燻製で

  • マイ道楽 VoL171 「羊羹」をほうじ茶とウヰスキーオークで燻し比べ

    甘辛両党の小生の場合は、甘納豆や羊羹やお菓子の類いから、ほとんどのおやつ類や甘いご馳走を「酒の肴」に変えられる味覚の得意技を持っている・・雑食なのかな?。たまたまネットで、「羊羹」をほうじ茶葉で燻して作った燻製に出会った。なんとなく制作意欲がわいてきた。ブランデーやウヰスキーに合いそうだ。ウヰスキーオークのスモークチップでもイケルかな?先ずは、庶民向きの美味そうな羊羹をゲットして準備開始。ちょうど5種類2個づつ入っていたので、久し振りのつまみ食い2個と、ほうじ茶燻製用とウヰスキーオーク燻製になった。袋から出してして少し表面を乾かし、アペルカテーブルトップスモーカーの底に「ほうじ茶」を一つまみ入れ着火後煙が出たら中火以下に火を落とし、付属の網に並べた「羊羹」をのせて10分間の燻し。お茶の香りがイイ!つづいて、ウヰ...マイ道楽VoL171「羊羹」をほうじ茶とウヰスキーオークで燻し比べ

  • マイ道楽 VoL170 秘密兵器「燻製シート」でスモークサーモンを作る

    1年ほど前に東急ハンズで見つけて買ったまま、しまい込んでいた秘密兵器「燻製シート」を見つけてニンマリ。先日、参考に・・と燻製の本を出す際に燻製本が並んでいる本棚の間に、挟み込んでいたのをそのまますっかり忘れ、ポロリと一緒に出てきたモノと思う。説明書を見るとあらためて興味がわいてきた。早速、スモークサーモンにチャレンジしてみよう。刺身売り場で美味しそうなトラウトサーモンの柵を購入し、軽く洗って、ピチットシートに包んで、約1時間冷蔵庫の中で脱水する・・とある。その間に下味用の調味料を調合しておく。※塩:小さじ3杯、砂糖:小さじ1杯、白こしょう:小さじ1杯弱、コリアンダー(スパイス):小さじ1杯弱+好みのやハーブやスパイス。冷蔵庫から出したサーモンに、調合した調味料をすり込んでいき、ここで材料の大きさにカットした「燻...マイ道楽VoL170秘密兵器「燻製シート」でスモークサーモンを作る

  • マイ道楽 VoL169  「やきそば弁当 お好みソース味」をサクラのスモークで・・

    2/21、夜9:20頃に北海道胆振厚真町を震源とするM5.7の地震が発生し、現在も道内混乱中です。幸いにも我家のある札幌市北区はM5弱とのことで、強い揺れがあったものの今は落ち着きました。地下鉄・JRもストップし、すすきの界隈では、タクシー難民・帰宅難民で大混乱の様子。さきほどの放送では、「地下歩行空間」を避難所に解放する発表がありました。この氷点下の元で・・良かった!先ずは困っているススキノ難民の方に朗報まで。また新たなチャレンジネタを見つけてしまった!乾麺やカップヌードルの燻製は聞いたことがあるものの、「やきそば」は?。しかしながらどちらも同じような・・。コレは試してみない手はないゾ!・・と、コンビニに直行。陳列棚の前で思案の結果、燻香が移ったスープの旨さが期待できそうな、北海道限定販売で人気の「やきそば弁...マイ道楽VoL169「やきそば弁当お好みソース味」をサクラのスモークで・・

  • マイ道楽VoL168 「パウンドケーキのヒッコリー燻し味でウヰスキーを」

    今年の「さっぽろ雪まつり」は、襲来した「大寒波」のおかげで写真撮影が出来ずに引き返してきた。開幕初日にいつもの駐車場に止め、カメラ片手に意気込んで歩き出した途端に、H23年の「硬膜下血腫」手術後の後遺症が影響か?少し不自由ながら頑張っていた左足が、大寒波の低温に負けて強烈に強ばり、動けなくなってしまった。Drから”絶対転ばないように”との指示があるので、楽しみだった今年の雪まつり写真はやむ得なく諦めた。本ブログで毎年の画像を楽しみにしていたであろう本州に在住の友人・知人・同輩には・・ゴメンナサイ🙏さて気分転換に・・ネットで「燻製」を楽しんでいたら目についたのが、「パウンドケーキの燻製」だ!余りなじみがないけど、気になる・・・ので、試してみた。早速、スーパーのお菓子売り場で見つけた「パウンドケーキ」!中の小袋を...マイ道楽VoL168「パウンドケーキのヒッコリー燻し味でウヰスキーを」

  • マイ道楽VoL167 「トラウトサーモンの燻製ルイベの出来栄えは?」

    いつものように我家の妻君ザギトワ婆さん?・・(ちなみに小生は戌年で名はマサル)のお供で近くのスーパーへ買物に行った際に、刺身コーナーの一角にトラウトサーモンが美味そうに並んでいる。・・燻製ルイベにしてみたらどんなンかなぁ??・・試してみようと、速攻でゲットしてみた。下記の手間を経て仕上がった今宵のご馳走がコレ!軽く水洗いし、自家製ソミュール液をトラウトサーモンが浸るほどジップロックに入れ、12時間冷蔵庫内で漬け込む。ジップロックから出して再度軽く水洗い。キッチンタオルで拭き、ピチットシートに包んで再度冷蔵庫で8時間。いよいよ自前の「冷燻スモーカー」で冷燻作業に入る。サクラのスモークウッドにピートを乗せて着火。トラウトサーモンにピートの香りを+して燻すと、美味いハズ!下段のスモークウッド燃焼部分からアルミ蛇腹ダク...マイ道楽VoL167「トラウトサーモンの燻製ルイベの出来栄えは?」

  • マイ道楽VoL166 「真冬の燻製、熱源ガスボンベ火力を比較したら?」

    スモークチップを燻して燻製を作る際には、ほとんどに卓上ガスコンロを使用して燻すが、春~秋の気温では全く問題なく順調に炎が上がっているものの、季節が変わり、冬の氷点下での外気中では、壊れたか??・・と思う程火力がなく、困っていた。仕方なく解決策として、電熱器を600Wにして作業をしていたが・・・??。真冬の氷点下のある日、カーポートの下で燻製作りの基本、種類別に「熱源」の実験をしてみた。モノ好きだなぁー・。いろいろ調べてみると、どうやらメーカーによりガスボンベ内の成分配合に違いがあった。「ノーマル」はブタンが、「ハイパワー(寒冷地仕様)」はイソブタンが主成分で、イソブタンは寒冷地の氷点下でも使用可とある。LPGを数%の少量混ぜたのもあり、何だか難しいようだ。外気温はー3~4℃を指している。我家のガレージ+カーポー...マイ道楽VoL166「真冬の燻製、熱源ガスボンベ火力を比較したら?」

  • マイ道楽VoL165 「サンマに燻製塩をパラリとかけてサクラで熱燻!」

    スーパーの魚売場で暫しサンマとにらめっこの末、「燻製塩でサンマの塩焼き+サクラチップで燻し味」にと思い付きで買ってみた。我調味料入れにあったのにヒントを得て、焼きながら燻してみることに。今宵の晩飯に一品プラスして一段と旨さが加わった。合わせる芋焼酎は、「種子島酒造2009年かめ壺仕込みぎんやんま」鱈ちり鍋+サンマ燻製塩焼きの晩酌タイムになった。使用したスモーカーは、厚みがあるステンレス製の「ヘンケルスZwillingツインスペシャルズスモーカー」魚をのせる前に、スモーカーの網に食用オイルを塗って皮と網の「くっつき防止」策を。空焼き前に、燻味塩をタップリ振りかけておき、少々馴染ませておく。サンマの頭・尻尾・内臓を取って、スモークを入れないで中火空焼きでサンマに火を通す。スモーカーにアルミを敷きサクラを少量つまんで...マイ道楽VoL165「サンマに燻製塩をパラリとかけてサクラで熱燻!」

  • マイ道楽VoL164 「手羽先のカレー風味燻製もイケルぞ!」

    手羽先の燻製は過去にも何度か失敗しながら何度か美味しく酒のつまみに・・と楽しんできたが、今回は「カレー風味」で仕上げてみた。これは初めてのチャレンジ。ビールに合うゾ!!と云うので、真冬にビールで合わせてみた。コレが😋!!活きが良い手羽先を水で洗い汚れを流したあと、フォークで穴を開け漬け込みのソミュール液等が染み込み易くして、自家製のソミュール液に一晩漬け込んだ。取り出したら、キッチンペーパーで水分を拭き取って、ここで再びジップロックの中でカレーパウダーを存分に振りかけ、振って揉んで転がして?冷蔵庫で1時間ほど漬け込み。オリーブオイルを塗った網の上に並べて、中まで熱を通すためスモークチップを入れずに30分の焼き。左側は、真冬の寒波での外作業(-5℃)中、同時に進行している電熱器でダッジオーブンでの「焼芋」作り。甲...マイ道楽VoL164「手羽先のカレー風味燻製もイケルぞ!」

  • マイ道楽VoL163 ススキノ「また来るベア」閉店で惜別のワンマン宴

    昨年末の29日に、札幌のバーで二番目の老舗であり六十余年の永きにわたり親しまれてきた、呑兵衛爺イたちの聖地名店「また来るベア」が、惜しまれながら永い歴史に幕を下ろし、ススキノ昭和ロマンの灯が一つ消えた。小生とのお付合いも40年を超えていたが、オーナーママの健康上限界では仕方ない。イザ閉店すると寂しいもの・・(._.)。いつもカウンターの上に鎮座していたマイキープボトル「FourRoses」4,500mL入記念ボトル(普通のボトル6本分入り)も十年以上のお付合い。時には同業仲間十数人で押しかけ、何度かこのデッカいボトルが空になり、2~3本足し入れ狂い飲みしたことも・・・今では懐かしい武勇伝!デカボトルも皆に可愛がられていたようだ。最終日には立ち会えなかったが、閉店数日前にこのデッカいボトルを迎えに行き、今では我家...マイ道楽VoL163ススキノ「また来るベア」閉店で惜別のワンマン宴

  • マイ道楽 VoL162「おめで鯛の短時間燻製とバーボンHiボールでスタート」

    皆様、明けましてお目出度うございます。本年も昨年同様に、春の九州や北海道の旅行や寄り道先での美風景・燻製・新たにダッチオーブンetcの目まぐるしい内容で失敗も交えながら頑張ろうと思いますので、遊びに来て下さい。今日辺りから、おせち料理にも少し飽きが・・・年末の買物の際に、「お正月!」ということで奮発してみた訳ではないが、「鯛の刺身」が目についたので、「おめでタイ」の連想で、少々お高めながらゲット。ついでに「ホタテ貝柱」も・・・大奮発してみたが・・!鯛は、塩とブラックペッパーを表裏万遍なく振りかけ5分放置して水分を出して少しの間風乾。ホタテは久し振りに手がけてみたが、ソミュール液に一晩漬け込みを忘れ(-_-;)・・同時に燻したが・・×××没。寒空の下でサクラのスモークチップを一握りスモーカーにアルミを敷いて着火。...マイ道楽VoL162「おめで鯛の短時間燻製とバーボンHiボールでスタート」

  • マイ道楽 VoL161 物置で見つけたロゴス「ダッチオーブン」で焼き芋

    Xmasに向けた三連休に行楽の予定もなく、いつも雑然と置いている物置兼「気ままなモクモク工房」の車庫を、’19のマイ道楽空間をまた気持ちよく使えるように、(年に一度くらいは)世間並みに大掃除と整理整頓を開始。・・と、棚の下に丸くて赤く重たいケースがある。これがナント17~18年前の少し若かった頃、アウトドアに凝ってた時期に興味津々で買っていた赤いケースに入ったロゴスの「ダッチオーブン」だった。コレで我家での道楽爺イの居場所がまた一つ増えた!一通りの部品も揃ってシーズニングも完了し、イザいつでも準備OKの状態で・・・長~い間物置の隅に置き忘れ。折角見つけたので、失敗覚悟で使ってみよう・・初心者なので、レシピ本も買ってきて勉強。アレコレ考える前に実行あるのみ!・・・と、雪もチラつく寒い折なので、ホクホクの「石焼き芋...マイ道楽VoL161物置で見つけたロゴス「ダッチオーブン」で焼き芋

  • マイ道楽 VoL160 「エイのひれ」を燻して「♪野風憎」に浸る

    故河島英五の歌に「野風憎」という歌にエイのひれが出てくる一節がある。♪:お前が20才になったら酒場でふたりで飲みたいものだぶっかき氷に焼酎入れてつまみはスルメかエイのひれお前が20才になったら・・・・♫そういえば小生も息子が二十歳の時に、連れだって居酒屋に飲みに行き、嬉しさにこの歌を歌ったこともあった・・四十数年前のシーンが切り取れるほどの懐かしい歌である。知人にいただいた「エイのひれ」をそのまま酒の肴でつまむにはもったいなく、いつも通り+一手間で味わうことに。表面を1時間ほど外気にさらし乾燥させる折角なので、ヘンケルスツインスペシャルズスモーカーに洋酒の香りも漂うウヰスキーオークのスモークチップで。、煙が出たら蓋をして中火で3分、消火してそのままで3分放置すると、美味しそうに燻製香と色がのった。少し長めの5分...マイ道楽VoL160「エイのひれ」を燻して「♪野風憎」に浸る

  • マイ道楽 VoL159 「ピリ辛割り干し大根漬けの短時間燻製」

    先日、知人から「かつやのピリ辛割り干し大根漬け」の頂いた。つまんでみるとピリッときて、そのままでも充分に美味しいが、小生の悪癖がもたげて、また、ひと燻りしてみた!日本酒や芋焼酎に合いそうダ。袋から出してキッチンタオルを広げで汁気を吸い取り更に表面を乾燥させるのに、ピチットシートに包んで数時間冷蔵庫で安置常温に戻ったら早速スモーカーを用意し、サクラのチップを一握り鍋底に敷いたアルミに置き着火。浅いざるに割り干し大根をばらけて並べ、最初は強火で、煙が出たら中以下の弱火に調整し5分間の温燻。その後、フタをした状態で消火して5分待つ。フタを開けると、濃いめの燻製色がついて香ばしいピリ辛の割り干し大根漬けが出来上がった!今宵の晩酌は、久保田で・・この割り干し大根漬けだけで充分に楽しめた。シンプルisベスト!マイ道楽VoL159「ピリ辛割り干し大根漬けの短時間燻製」

  • マイ道楽 VoL158 「冷燻用のスモーカーⅡ 多段角型」で鮭トバ試作

    雪の到来と共に「晩秋の紅葉」も終わりを告げ、またしばらくの間は「気ままなモクモク工房」の開店が暫く続きます。以前の冷燻用のスモーカー「ロゴス森林タワー」の転用は冷燻にとって良好な結果だった・・が、スモーカーの単独使用機会も結構多く、モクモク工房内でコレに変わるスモーカーを物色したところ、数年前から出番が無くスモーカー棚の奥に長い間飾られていた「ちょっとこだわった燻製器/ふじ研究所」を見つけセットしてみたら、コレも良さそうだ。有効的に使える網棚が2枚になった。ちょっと公開してみよう。高さ調整が可能な全4段の内、本来の用途から変更し下にステンレス皿を置いて水受けや油受けに使用。下からのスモークは、プレートの四隅から出てくる優れもの。早速、使い勝手の調査を開始!「鮭のソフトトバ」らしきもの?を試作してみることにした。...マイ道楽VoL158「冷燻用のスモーカーⅡ多段角型」で鮭トバ試作

  • 小樽の大正名邸VOL2 「和光荘の冬入り直前風景」

    札幌や小樽も一度は積雪に見舞われて「いよいよ積るかナ??」の雰囲気になったものの、冬の使者は何処かに・・寄り道をしているのか?紅葉を撒き散らせて何処かへ行ってしまった・・今日まで中途半端な初冬の天気が続いてます。今のうちに由緒ある「和光荘」の、今年最後の11/2の晩秋風景をお届けします。本館2階。昭和2年に、釘一本も使わずに増築された「持仏堂」。母屋に対して75度の平行な踏板を登り中に入ると第一ホール横には懐かしく貴重な電話機・蓄音機も設置されていた別館4階。当時では珍しいサンルームがついた第二ホールは、書斎やくつろぎの部屋、家族の食事部屋とある。旧野口家の半纏がさり気なくぶら下がっている客洋室大広間もある本館3階小樽の町を望むと「和光荘」をあとにして駐車場へ大正ロマンに浸れた楽しい一時でした。また、来年の秋ま...小樽の大正名邸VOL2「和光荘の冬入り直前風景」

  • 18’秋の風物詩 小樽の大正名邸VOL1「和光荘の晩秋景色」

    札幌は11月も20日を過ぎた頃に、ようやく冬の使者が舞い降りてきた。過去の記録(1,890年)と並ぶ遅い降雪で、タイ記録で並んだそうだ。今冬は暖冬の予測だが・・・???11月4日に今年の公開は終了する情報をキャッチし、一度は見たかった大正時代の名建築「小樽和光荘」の秋色に染まった近代邸館を、つかの間の青空が広がった11月2日の金曜日に、仕事先手稲からの延長線で立ち寄ってみた。昭和29年には昭和天皇・皇后両陛下や現平成天皇も皇太子殿下の頃に宿泊されている由緒ある建物。ここは「北の誉酒造」二代目社長野口喜一郎氏が私邸+倶楽部を兼ね備え、金沢や京都から宮大工を呼び寄せて、七年間を費やして完成したとある。和洋折衷の大正様式建物の名邸で、まさに小樽市の迎賓館。裏の高台にある駐車場に車を止め、季節色に染まった林の中を通り抜...18’秋の風物詩小樽の大正名邸VOL1「和光荘の晩秋景色」

  • 18’秋の風物詩 「豊平館と中島公園の見納め晩秋」

    今は11月中旬だが少し前の11月上旬に・・中島公園の紅葉がきれいだったヨ・・と、一声かかった。このところずーっと、はっきりしない天気で気が乗らなかったところに、予報では向こう数日は雨模様・・・。雪でも降られたら・・とある日、午前中のみ晴れの予報で午後からは雨も近づいて・・コリャやばいゾやばいゾ!!仕事で近くにいたのが幸いし、車で5分の距離にいた。鞄には仕事柄いつもデジカメが入っているので、急遽進路変更して公園横のPに放り込んで行動開始。公園が赤・黄・緑に染まっている・・・もうそろそろ葉も散りかけているし、11月上旬ともなれば仕方がない。八窓庵がある日本庭園をスタート。少し小雨がパラついてきた。菖蒲池に回ってみよう豊平館の前に来たこの日も歩数が5,000歩弱のリハビリができたので良しとしよう。18’秋の風物詩「豊平館と中島公園の見納め晩秋」

カテゴリー一覧
商用