searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ただの映画好き。さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ただの映画好き。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kirin6770
ブログ紹介文
見たもの☆感じたこと☆考えたこと
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ただの映画好き。さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ただの映画好き。さん
ブログタイトル
ただの映画好き。
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
ただの映画好き。

ただの映画好き。さんの新着記事

1件〜30件

  • アフガン零年(2003年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv33786/以下、「NHKアジア・フィルム・フェスティバル」HPよりあらすじのコピペです。=====ここから。タリバン政権の抑圧の下で生きる12歳の少女とその母。病院で働いていた母親は、タリバンが女性の一人歩きを禁止したことにより、就労への道が閉ざされる。タリバンは、女性が男性に伴われずに外へ出る事を堅く禁じ、反した者には刑罰を与えていた。生活の糧を失った家族は、少女に男の子のかっこうをさせて働きに出すことを思いつく。生きるため、母と祖母は、恐怖におののく少女の髪を切る。少年となった少女は戦争で殺害された父の友人の下で働き始めるが、その翌日、街のすべての少年たちとともにタリバンの学校へと召集されてしまう。その学校では宗教の勉強や軍事訓練が行われていた。...アフガン零年(2003年)

  • ウンベルト・D(1951年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv13110/年金生活者ウンベルトは、安アパートに愛犬フライくと細々と暮らしているが、あまりにも年金支給額が少ないために家賃も滞納する有様。年金増額デモにフライクと参加するものの、事態は変わらず。アパートの女家主に、滞納分を払えないなら出て行けと言われる。この家主は、ウンベルトの部屋を時間制の“売春部屋”にしていたのである。あれこれ金の工面をしようとするものの万策尽きたウンベルト。可愛いフライクを道連れに、鉄道自殺を図ろうとするが、、、。ヴィットリオ・デ・シーカお得意(?)のビンボー映画。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆...ウンベルト・D(1951年)

  • 罪の声(2020年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv67839/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。平成が終わろうとしている頃、大日新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は既に時効となっている昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれた。事件の真相を追い取材を重ねる中で、犯人グループが脅迫テープに3人の子どもの声を吹き込んだことが阿久津の心に引っかかる。一方、京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営み家族3人で幸せに暮らす曽根俊也(星野源)は、ある日父の遺品の中から古いカセットテープを見つける。何となく気に掛かり再生すると、聞こえてきたのは確かに幼い頃の自分の声であるが、それはあの未解決事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声でもあった。事件の真相を追...罪の声(2020年)

  • ペイン・アンド・グローリー(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv70635/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。脊椎の痛みから創作意欲も果て、生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)。心も体も疲れ果て、引退同然の毎日を過ごすなか、サルバドールは自身の記憶をたどっていく……。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは、サルバドールの中に今も消えることなく残っていた。そんな折、32年前に撮影し、長らく封印されていた作品の上映依頼が彼のもとに届く。思わぬ再会が心を閉ざしていたサルバドールを過去へと翻らせ、彼の心にもう一度生きる力を呼び覚ましてゆく……。=====ここまで。アルモドバル版『ニュー・シネマ・パラダ...ペイン・アンド・グローリー(2019年)

  • グッド・ワイフ(2018年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv71218/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫を持つソフィアは、3人の子どもにも恵まれ、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨する彼女は、証券会社の社長を夫に持つ垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。そんな時、メキシコを襲った歴史的な経済危機が、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める……。=====ここまで。日本でもリメイクされたアメリカのドラマではありません。メキシコ映画です。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*...グッド・ワイフ(2018年)

  • 生きていた男(1958年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv705/以下、スターチャンネルHPよりあらすじのコピペです(青字は筆者加筆)。=====ここから。大富豪の父親の遺産を相続したキンバリー(キム)・プレスコット(アン・バクスター)はスペインのバルセロナにある広大な屋敷で優雅に暮らしていた。ある晩、見知らぬ男(リチャード・トッド)が彼女を訪ねて屋敷にやって来る。男はキンバリーの兄だと言い張るが、彼女の兄は1年前に死んでいた。拒絶しても屋敷に居座ろうとする男に困惑したキンバリーは警察署長パルガス(ハーバート・ロム)を呼ぶが、男は警察署長を前に次々と自分が彼女の兄だという証拠を見せる。次第に周りの者も男の言っていることを信じ始め…。=====ここまで。「製作から半世紀を経た今もミステリーファンの間で高い評価を...生きていた男(1958年)

  • シャイニング(1980年/北米公開版)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv11219/以下、午前十時の映画祭11公式HPよりあらすじのコピペです。=====ここから。元・教師のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、妻のウェンディ(シェリー・デュヴァル)、幼い息子のダニーを連れ、ロッキー山中の豪華ホテルにやってきた。豪雪のため冬場は閉鎖されるこのホテルの管理人に就いたジャックは、静かな環境の中で、かねてから構想していた小説を執筆しようと考えていたのだった。平穏な日々が続いたある日、ダニーは館内通路で突然の怪異現象を目撃し、ショックで気を失ってしまう―。=====ここまで。日本で公開されたのは119分のコンチネンタル版といわれるものだそう。はて、日本公開版とはどこが違うでしょう、、、?☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆...シャイニング(1980年/北米公開版)

  • プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv72951/以下、公式HPよりあらすじのコピペです。=====ここから。30歳を目前にしたキャシー(キャリー・マリガン)は、ある事件によって医大を中退し、今やカフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちに裁きを下していた。ある日、大学時代のクラスメートで現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム)がカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーに恋ごころを目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻すことになる……。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:...プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年)

  • キャッツ(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv68387/以下、wikiよりあらすじのコピペです。=====ここから。人間にロンドンの路地裏に捨てられた白猫ヴィクトリアは、猫たちの集団ジェリクルキャッツに出会う。彼らはジェリクルボールという月夜の舞踏会を開こうとしていた。猫たちはジェリクルボールでパフォーマンスを競いあい、最終的に選ばれた1匹の猫が、天上に昇って新たな生を得る権利を手にするのだ。ジェリクルキャッツに迎え入れられたヴィクトリアは、ジェリクルボールを前にさまざまな猫と出会う。だが同じころ、お尋ねものの猫マキャヴィティは、ジェリクルボールの有力候補となる猫を1匹また1匹とさらっていた。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。...キャッツ(2019年)

  • ドーベルマンギャング(1973年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv6433/以下、amazonの商品紹介よりあらすじのコピペです(長いので一部カットしています)。=====ここから。銀行強盗のエディ(バイロン・メイブ)、サミー(シミー・ボウ)、ジョジョ(ジョジョ・ダモーレ)の3人は、自分たちではなくドーベルマンを調教して銀行強盗に使うというアイデアを思いつく。エディはベトナム帰りのバーニー(ハル・リード)に協力させ、人里離れた山中の農園を借りて、犬の訓練所を作る。エディは街で拾った女ジューン(ジュリー・パトリック)と共に、狙いをつけた銀行の実地研究を始め、さらに獰猛で賢いドーベルマンを6頭買い入れ、訓練と調教が始まる。ドーベルマンを動かす方法は犬笛を使うと決まり、原寸大の銀行窓口に見立てたセットでなんどもテストを重ね...ドーベルマンギャング(1973年)

  • ライトハウス(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv72778/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです(青字は筆者加筆)。=====ここから。1890年代、ニューイングランドの孤島に2人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから4週間にわたって、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで2人は島に閉じ込められてしまう。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜...ライトハウス(2019年)

  • search/サーチ(2018年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv65758/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです(青字は筆者加筆)。=====ここから。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、家出なのか誘拐なのかわからないまま37時間が経過する。娘の無事を信じる父デビッドは手がかりを見つけようと、娘のPCにログインし、SNSにアクセスしようとする。すると、そこにはいつも明るく活発だったはずの娘とはまるで別人の、自身の知らなかった姿が映し出されていく。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆先月公開された『RUN/ラン』にちょっと興味があったんだけど、結局、劇場まで...search/サーチ(2018年)

  • 悪魔の手毬唄(1961)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv20362/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです(長いのでかなりカットしています。青字は筆者加筆)。=====ここから。流行歌手の和泉須麿子が鬼首町鬼塚村へ帰郷の途上、惨殺された。死体の傍のトランジスター・ラジオからは、須麿子の新曲「鬼首村手毬唄」の旋律が流れていた。鬼首町警察に捜査本部が置かれ、主任の磯川警部が捜査に乗り出した。名探偵金田一耕助(高倉健)も駆けつけ温泉宿亀の湯の“楓の間”に泊った。須麿子を失った仁礼家は鬼塚一の富豪だが、当主の剛造、妻宮子、長男源一郎、次女里子(志村妙子=太地喜和子)がいる。剛造は「手毬唄」を聴くとなぜか脅えた。そんな折、辰蔵という男が十八年ぶりに、剛造の前に姿を現わした。湯治客の放庵は「手毬唄」を口ずさみ、石山の...悪魔の手毬唄(1961)

  • ぐるりのこと。(2008年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv37162/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです(青字は筆者加筆)。=====ここから。法廷画家として働くカナオ(リリー・フランキー)は、妻である翔子(木村多江)の妊娠に幸せを噛みしめるが、子供の死という予期せぬ悲劇に見舞われてしまう。やがて、それをきっかけに精神の均衡を崩してしまった翔子を、カナオは強い愛情で支えていく。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆本作は大分前にレンタルリストに入れておいたら、今頃送られてきました。公開当時、話題になっていたけど、劇場まで行く気にもならず、、、。公開から10...ぐるりのこと。(2008年)

  • ペトルーニャに祝福を(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv70780/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです。=====ここから。北マケドニアの小さな町。32歳のペトルーニャは、とりたてて美人ではなく、恋人はおらず、大学に通ったものの仕事はウェイトレスのアルバイトをしている。就職面接を受けたところセクハラに遭った上に不採用になってしまったペトルーニャは、その帰り道、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れると伝えられる女人禁制の伝統儀式・十字架投げに出くわす。思わず川に飛び込み幸せの十字架を手にしたペトルーニャだったが、女が取るのは禁止だと男たちは猛反発。教会や警察を巻き込んだ大騒動に発展してしまう。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。....ペトルーニャに祝福を(2019年)

  • ドヴラートフ レニングラードの作家たち(2018年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv70644/以下、上記サイトよりあらすじのコピペです。=====ここから。1971年レニングラード。ソビエトで活動する作家セルゲイ・ドヴラートフ(ミラン・マリッチ)は、友人で詩人のヨシフ・ブロツキー(アルトゥール・ベスチャスヌイ)と共に、世間に発表する機会を得ようと模索していた。そんな闘いのなか、彼らは政府からの抑圧によって出版を封じられ、その存在を消されていく。すべてをかなぐり捨て、移民としてニューヨークへ亡命する決意を固めるドヴラートフ。それは、厳しい環境下で喘ぎつつも、精彩を放ち続けたドヴラートフの人生における郷愁と希望の狭間で格闘した究極の6日間であった……。=====ここまで。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'...ドヴラートフレニングラードの作家たち(2018年)

  • ブータン 山の教室(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv71638/以下、公式HPよりあらすじのコピペです。=====ここから。現代のブータン。教師のウゲン(シェラップ・ドルジ)は、歌手になりオーストラリアに行くことを密かに夢見ている。だがある日、上司から呼び出され、標高4,800メートルの地に位置するルナナの学校に赴任するよう告げられる。一週間以上かけ、険しい山道を登り村に到着したウゲンは、電気も通っていない村で、現代的な暮らしから完全に切り離されたことを痛感する。学校には、黒板もなければノートもない。そんな状況でも、村の人々は新しい先生となる彼を温かく迎えてくれた。ある子どもは、「先生は未来に触れることができるから、将来は先生になることが夢」と口にする。すぐにでもルナナを離れ、街の空気に触れたいと考えて...ブータン山の教室(2019年)

  • 秘密の花園(1993年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv10254大勢の召使にかしずかれながらも、両親には愛されることなくインドのお屋敷に暮らしていた少女メアリー。ある日、インドを襲った大地震により、突然両親を失い、イギリスにいる伯父クレイヴン伯爵の下へ引き取られることに。海を渡り、汽車に乗り、馬車に揺られてようやくたどり着いたクレイヴン伯爵の屋敷は、荒れ野にたたずむ寂しい屋敷だった。高慢で誰にも心を許さないメアリーだったが、召使のマーサの大らかさに少しずつ心を開くようになる。屋敷には10年前に封印され、誰も入ってはならない花園があり、メアリーは花園の入り口と鍵を見つけてその花園へと足を踏み入れる。荒れ果てた花園をマーサの弟ディコンと共に再生させようとするメアリー。退屈に思えた屋敷での生活が楽しくなって来た...秘密の花園(1993年)

  • パブリック 図書館の奇跡(2018年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv71288/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。米オハイオ州シンシナティ。公共図書館の実直な図書館員スチュアート(エミリオ・エステヴェス)は、常連の利用者であるホームレスから「今夜は帰らない。ここを占拠する」と告げられる。大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターがいっぱいで行き場がないというのだ。スチュアートは約70人のホームレスの苦境を察して、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。その行動は“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップを目論む検察官の偏った主張や、メディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者...パブリック図書館の奇跡(2018年)

  • 星の子(2020年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv70187/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです(長いので一部要約)。=====ここから。ちひろ(芦田愛菜)の父(永瀬正敏)と母(原田知世)は娘にたくさんの愛情を注いで育てていたが、病弱だった幼少期のちひろを治した怪しい宗教を深く信仰していた。中学三年生になったちひろは、新任のイケメン先生に一目惚れする。しかし、夜の公園で奇妙な儀式をする両親の姿を先生に見られてしまう。そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起こり……。=====ここまで。今村夏子の同名小説が原作。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆今村夏子の小説は、何...星の子(2020年)

  • アンタッチャブル(1987年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv641/禁酒法下のアメリカ、マフィアの暗躍するシカゴで、財務省から警察の特別調査官として派遣されたエリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)を逮捕すべく、引退間際の老警察官マローン(ショーン・コネリー)、凄腕の新人警官ストーン(アンディ・ガルシア)、経理に詳しいウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)とチームを組んで巨悪に立ち向かう。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆一昨年で終了宣言していた午前十時の映画祭だけれど、昨年1年間のブランクを経て、今年から再開されました。パチパチ~~……...アンタッチャブル(1987年)

  • 偶然の旅行者(1989年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv2724/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです(長いので一部要約)。=====ここから。仕事の旅から戻ったメーコン・ラリー(ウィリアム・ハート)は、妻のサラ(キャスリーン・ターナー)から家を出て行く決心を告げられる。去年の夏、彼らの1人息子がキャンプ地での強盗事件に巻き込まれ、不慮の死を遂げて以来、2人の間には目に見えない溝が広がっていた。メーコンはビジネスマン向けの旅行ガイドブックのライターで、初めての家事に大いにまごつく。ある日、彼は足を骨折し、兄弟のポーター(デイヴィッド・オグデン・スティアーズ)とチャールズ(エド・ベグリー・ジュニア)、妹ローズ(エイミー・ライト)の住む祖父母の家にしばらく身を置くことになった。辺りかまわず吠え散らす愛犬エド...偶然の旅行者(1989年)

  • 82年生まれ、キム・ジヨン(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv71012/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。ジヨン(チョン・ユミ)は結婚を機に退職。育児と家事に追われ、常に誰かの母であり妻であり、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。疲れているだけだと夫のデヒョン(コン・ユ)にも自分にも言い聞かせていたが、ある日からまるで他人が乗り移ったような言動をするように。ジヨンにはその間の記憶はなく、傷つけるのが怖くて真実を告げられないデヒョンは精神科医に相談に行くものの、本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまう。何故彼女の心は壊れてしまったのか。少女時代から社会人になり現在に至るまでの彼女の人生を通して、見えてくるものとは……。=====ここまで。原作は同名タイ...82年生まれ、キム・ジヨン(2019年)

  • ミナリ(2020年)

    作品情報⇒https://eiga.com/movie/94385/以下、公式サイトよりあらすじのコピペです。=====ここから。1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アンと好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる──。=====ここまで。『ノマドランド』と並び、アカデミー賞有力候補だそうです。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜...ミナリ(2020年)

  • ノマドランド(2020年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv71711/以下、公式サイトよりあらすじのコピペです。=====ここから。リーマンショックのあおりを受けて、長年住み慣れたネバダ州の住処を失った60代のファーン。彼女はキャンピングカーにすべての思い出を詰め込んで、車上生活者=現代のノマド(遊牧民)として過酷な季節労働の現場を渡り歩くことを決意する。行く先々で出会うノマドたちと心の交流を深め、一日一日を懸命に乗り越えながら、誇りを持って生きる彼女の自由な旅は続いていく。=====ここまで。アカデミー賞最有力候補だそうな。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆アカデミー賞って、...ノマドランド(2020年)

  • マンディンゴ(1975年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv8624/以下、公式サイトよりあらすじのコピペです。=====ここから。19世紀半ば、ルイジアナ州の広大な土地を所有するマクスウェルは、そこで黒人奴隷を育てて売買する“奴隷牧場”を経営していた。息子のハモンドは名家の娘ブランチと結婚するものの彼女が処女でなかったことに失望、黒人女エレンとの情事に溺れ、従順な奴隷ミードを鍛えることに没頭する。一方のブランチもミードと関係を結んで妊娠、権力者として振る舞っていた一家は破滅の道を歩む・・・。=====ここまで。フライシャー監督が『風と共に去りぬ』のアンチテーゼとして撮った傑作。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆...マンディンゴ(1975年)

  • DAU. ナターシャ(2020年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv72557/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。ソ連某所にある秘密研究所。この施設では、多くの科学者たちが軍事的な研究を続けていた。ナターシャ(ナターリヤ・ベレジナヤ)は、この施設に併設された食堂で働くウェイトレス。ある日、彼女は研究所に滞在するフランス人科学者と肉体関係を結ぶ。言葉も通じないまま、惹かれ合う2人。だが、当局から呼び出しを受けた彼女は、冷酷なKGB職員が待つ暗い部屋に案内され、スパイ容疑で厳しい追及を受けることに……。=====ここまで。ソ連全体主義社会を完全再現したウクライナのとある街で1万人のエキストラを動員した「DAU.プロジェクト」によるシリーズ第一弾。第二弾以降もあるんだろうけど、公開されるんだろうか...DAU.ナターシャ(2020年)

  • 乙女の祈り(1994年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv10939/学校で浮き気味の女子高生ポウリーン(メラニー・リンスキー)は、イギリスからの転校生ジュリエット(ケイト・ウィンスレット)と趣味や志向が一致し、意気投合。2人だけの世界にのめり込んで行く。しかし、2人の両親は、2人のあまりにも距離感のない関係を「レズビアンなのではないか?」と疑い、引き離そうとする。ジュリエットの両親の離婚に伴い、ジュリエットは母親と南アフリカへ行くことになり、2人が離れ離れになることが決定的に。ポウリーンは被害妄想が肥大化し、母親さえいなければ自分も南アに行けると思い込み、ジュリエットと南ア行きを実現させるため、ある計画を実行することに……。ミステリー作家アン・ペリー(モンク・シリーズ等が代表作)が起こした殺人事件が元ネタ。...乙女の祈り(1994年)

  • 白い家の少女(1976年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv11589/以下、TSUTAYAのHPよりあらすじのコピペです。=====ここから。人里離れた一軒家に暮らす詩人の父親と娘のリン。しかし父親は閉じ籠りっきりで姿を見せたことが無い。そして不審をおぼえた家主がその家を訪ねると、リンによって殺されてしまう。やがて彼女の犯した恐るべき事実が明らかになっていく……。冷酷な少女の、悪魔のような所業を描いたサイコ・スリラー。=====ここまで。14歳のジョディ・フォスター主演。☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆いつものmoviewalkerのあらすじが長すぎるので、TSUTAYAから...白い家の少女(1976年)

  • 羊飼いと風船(2019年)

    作品情報⇒https://moviewalker.jp/mv72151/以下、上記リンクよりあらすじのコピペです。=====ここから。チベットの草原地帯。タルギェ(ジンバ)とドルカル(ソナム・ワンモ)の若夫婦は、祖父とジャムヤン以下3人の息子を抱える三世代の家族として、牧畜で生計を立てながら暮らしていた。昔から続く、慎ましくも穏やかな日々。しかし、受け継がれてきた伝統や価値観は近代化によって、少しずつ変わり始めていた。そんなある日、風船にまつわる子どもたちの些細ないたずらが、家族の間にさざ波を巻き起こし始める。変わりゆく時代の中、ただ願うのは家族の幸せ。羊を売ってジャムヤンの進学費用に充てようとするタルギェ。ドルカルの妹・シャンチュ(ヤンシクツォ)と元恋人タクブンジャの再会。やがて訪れる祖父の死と新たな生命の誕...羊飼いと風船(2019年)

カテゴリー一覧
商用