searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヤスさんのプロフィール

住所
千葉県
出身
千葉県

自由文未設定

ブログタイトル
ボク、アブラエノグデプラモヌル。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yasuh1i9r7o2kanoaugust3
ブログ紹介文
模型製作の忘備録です。 油絵の具で塗装しています。 最近はもっぱらマシーネンクリーガー。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2014/10/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヤスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヤスさん
ブログタイトル
ボク、アブラエノグデプラモヌル。
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ボク、アブラエノグデプラモヌル。

ヤスさんの新着記事

1件〜30件

  • '20/08/02 A.F.S. Mk.II サーフェーサー

    パイロットの胸元の空間が目立つので、適当なジャンクパーツを見繕って貼りつけました。チラリとしか見えないのでこんなもので。これで工作は終了!黒いサーフェーサーを塗りました。 ほら、チラリとしかみえない。'20/08/02A.F.S.Mk.IIサーフェーサー

  • '20/07/27~29 A.F.S. Mk.II 改造

    前回接着まですませました。あとはやすりがけをして完成とするつもりでいたのですが、ついムラムラときてアーティスト・モデル(横山先生が流用パーツやプラ板やパテで作成した本家元祖版)のディテールを盛り込んでみました。頭耳と後頭部をエポパテでなだらかにつなげました。のぞき窓の上辺を1.2mm狭めました。0.4×1.5mmのプラ材を3枚重ね。額を前進させました。前進させると横幅も狭くなるので一石二鳥です。0.4×1.5mmのプラ材を使用。下顎がペラペラですが、ここは表現として薄いのではなく、透明キャノピーの内側を省略しているのだろうと思っています(カーモデルのように)。キャノピーはつける予定なので今のところはそのままです。 排気口基部これらの画像をみて、基部側面のくびれはない、あるいは埋めているのだと思っていたのですが、...'20/07/27~29A.F.S.Mk.II改造

  • S.A.F.S.工作まとめ

    工作順序が行ったり来たりでわかりづらいのでまとめました。 S.A.F.S.工作まとめ 【脚】スネは左右で1.5mm幅増し、前後で2.5mm幅増し。太ももは左右で1.5mm幅増し、前面で2.25mm幅増し。※どちらのパーツも膝関節より前で幅増しをしている。(即ちボディに取り付けると前に出る)太ももにさらに0.3mm追加。幅増しのためではなく丸みをつけるため。ドロップタンクは幅増ししていない。幅増しした分ポリパーツが左右に動くので3mmプラ棒でストッパー。基部の復元。お皿側の受けは下端を切り欠いて膝関節の隙間を覆えるように。ケーブルは1mm。基部は外径2.4mm内径0.9mm手順:かかとに1mmの穴を開ける。パイプを長めに切って接着。1mmドリルを指して位置合わせ。削ってツライチにする。 【ボディ】側面を削っている...S.A.F.S.工作まとめ

  • S.A.F.S. 2020/04/26~2020/07/24

    まだハッチの中の色を塗ってしませんが、とりあえず投稿します。絵の具の混色の際に、今までよりも白の含有量を多くしたら、一皮むけたような気がします。S.A.F.S.2020/04/26~2020/07/24

  • '20/6/28~7/10 S.A.F.S.17 工作の終了と塗装・塗装・塗装・・・

    6/28腰のやすりがけ終了。足の甲に開けたドリル穴には伸ばしランナーを刺しました。これにて工作は終了!※※※※※※ここから先はずっと塗装が続きます。以下はすでに塗装した部分のアップ写真。生乾きのうちに鷲掴みで工作したり、クリア塗料がわりに使ったルツーセという画材が悪さをしたりで、テクスチャーがすごいことになっています。かっこいい!これらを残したまま完成まで持っていきたいものです。 7/3全身の調子の荒い部分を整えました。いちから塗り直しのウエスト部分はまだまだ塗り重ねる必要がありますね。 7/5乾燥したのでふたたび塗り塗り。そのほか、メンテナンスハッチのを塗り分けたり、手首の水色を鮮やかにしました。もっと、上で画像をあげたようなガサガサな塗面にしたいなあ。ルツーセを混ぜたり、半乾きの時にビニール袋をはめた手*で...'20/6/28~7/10S.A.F.S.17工作の終了と塗装・塗装・塗装・・・

  • '20/07/06 フリードリッヒ 1

    S.A.F.S.塗装の乾燥待ちの間に、今度はフリードリッヒを組み立てました。かつてない製作意欲!手足の長さと肩幅を詰めました。以下、加工した部分を紹介します。 脚上から順番に…おむつの上面を1.5mmほど掘り下げました。太ももを2.5mmほど丈詰めしました。定番の足首関節隠しの工作。足の裏をくり抜いてさらに縮まるようにしました。(足の裏なんて見えないからどうでもいいじゃん、という考えなのでこのままで気にしません。今までの作品も塗装もしてなかったりします) 肩付け根肩の付け根はこんな感じ。以前作ったLEOPARDと同じ加工です。赤丸の部分を切り落とした状態です。 左腕左腕はこう。夜中にガーっとやっつけたので、採寸してないや。構造としては、シンプルで強度があり可動域も広く、お気に入りです。 右腕元々の設計が、右と左...'20/07/06フリードリッヒ1

  • 20年7月4日 キャメル Camel 2

    S.A.F.S.の塗装が乾くのを待つ間に、ずっと放置していたキャメルに塗装しました。マシーネンクリーガーといえば、様々なカラーリングも楽しみのうちですが、キャメルに限っては白一択!と、思っています。平筆で塗りたくってやりました。まだまだ全然荒いです。 ダックエッググリーンですね。20年7月4日キャメルCamel2

  • '20/6/28~7/X S.A.F.S.17 工作の終了と塗装・塗装・塗装・・・

    6/28腰のやすりがけ終了。足の甲に開けたドリル穴には伸ばしランナーを刺しました。これにて工作は終了!※※※※※※ここから先はずっと塗装が続きます。以下はすでに塗装した部分のアップ写真。生乾きのうちに鷲掴みで工作したり、クリア塗料がわりに使ったルツーセという画材が悪さをしたりで、テクスチャーがすごいことになっています。かっこいい!これらを残したまま完成まで持っていきたいものです。 7/3全身の調子の荒い部分を整えました。いちから塗り直しのウエスト部分はまだまだ塗り重ねる必要がありますね。 7/5乾燥したのでふたたび塗り塗り。そのほか、メンテナンスハッチのを塗り分けたり、手首の水色を鮮やかにしました。もっと、上で画像をあげたようなガサガサな塗面にしたいなあ。ルツーセを混ぜたり、半乾きの時にビニール袋をはめた手*で...'20/6/28~7/XS.A.F.S.17工作の終了と塗装・塗装・塗装・・・

  • 2020/6/28 S.A.F.S.16 ディテールアップとウエスト修正の続き

    細かいディテールを少しいれました。ハッチ周りのディテール、ヤスリをかけたり塗装しているうちにつぶれてしまったので、これを復元しました。ピンバイスで穴を開けて、名前を知りませんが、写真の工具で一段掘り下げて、真鍮線をさしました。真鍮線であることに意味はありません。良い径のプラ棒がなかったので使いました。なにか再加工の必要ができたときのことを考えると、本当はプラ材のほうがいいです。反対側のディテールも復元。こちらはディテールアップパーツを使いました。初めて使ったけど便利だ。排気口、掘りが浅くて底が目立つので仕切り板を一枚いれました。ここを覆うカウルの左右にリベットっぽいディテールをいれました。ここにも薄いプラ材。ソールに筋彫りをいれました。エッチングソーをプラ板に貼りつけると平行な筋彫りを引けます。足の甲にドリルで...2020/6/28S.A.F.S.16ディテールアップとウエスト修正の続き

  • 6/27 S.A.F.S.15 ウエスト修正

    ウエストのくびれが強すぎる気がしてきたので思いきって修正しました。(以前シーピッグを作ったときにも加工しています)端だけギリギリ残してノコギリをいれて、ハの字に開きます。2.5×1.0mmのプラ材をはさんですきまを黒瞬着で埋めました。側面が「へ」の字なのをエポパテでツライチにします。パテを盛って平らな台に押しつけて乾燥を待ちます。このパーツはただいま加工中のボディ前面の側につけます。とりあえず、こんな感じ。あとで加工します。こんなプロポーションになりました。ワハハ、かっこいいけど、調整の範疇を超えて、もはやオリジナルだな。6/27S.A.F.S.15ウエスト修正

  • 2020/06/26 A.F.S. Mk.II 組み立て

    S.A.F.S.の絵具の乾燥をまつあいだに、A.F.S.を作りはじめました。横山先生60歳お祝い限定版!改造部分を記録しておこう。前腕肘関節と手首の関節がそれぞれ目立つので密着するようにします。切った貼ったしなくても、ボールジョイント、ポリキャップ、それぞれを90度回転するだけでうまいこといきます。足これはもう定番の工作。アキレス腱のあたりの突起、ここを切り落とすのを忘れずに。ポリキャップがぶつかるのです。スネ後ハメ加工。モモ腰のポリキャップも目立つのでモモに埋まるようにします。(試行錯誤しながら工作しているので、無駄な作業も含んでいます)ポリキャップの受けの板を切り落とします。ノコとケガキ針で。4mmおくまらせたいので、4mmの位置に補助線をひきました。奥まらせるポリキャップ自体をガイドにしてノコギリで途中ま...2020/06/26A.F.S.Mk.II組み立て

  • 6/24、25 S.A.F.S.14 エポキシパテと明度アップ

    各部の関節に、エポキシパテでジャバラを作りました。関節部分以外にも、腰の左右にもエポパテを盛って装甲板を押しつけました。削って整形した後。グレーサフを塗りました。※※※明度を上げました。なんか、粉っぽい…前面腰装甲の塗り分けを変えました。Mのデカールが完全に塗りつぶされてしまいました。塗っている最中は、紙やすりで削り出して復元すればいいやと思っていたのですが、それでうまくいくのか、怪しいなあ。6/24、25S.A.F.S.14エポキシパテと明度アップ

  • 6/18、22 S.A.F.S.14 おでこのM

    おでこのMがいらない気がしてきたので、塗りつぶしてみました。まだ、うっすら透けています。うん、すっきりした。正面から見るぶんにはあっていいのですが、斜めからみるとうるさかったのです。肩や股間のMとポイント数が同じなのも手抜きっぽいし、あとやっぱり傾いているのが…※※※6/22ちょこっと塗り進めました。水色(背中のシーカーとアキレス腱の位置)をふやしたのと、正面腰装甲板の真上を黒く(水色も試した。こっちでもいいかも)塗りました。※※※実は写真をブログに上げる時には、見栄えのいい角度で撮影していたのですが、実は隙間が目立っているのです。おもちゃっぽい。エポパテで蛇腹を作ったほうがいい気がしてきました。あと溶接跡も。塗装を始める前はない方がスッキリして未来兵器っぽくていいなと思っていたのですが、塗装すると見え方が変わ...6/18、22S.A.F.S.14おでこのM

  • 5/31、6/17 S.A.F.S.13 さらに塗装

    5/31、4回目の塗装を終えた後に、筆が止まってしまいました。(↑写真いっぱい撮っていたと勘違いしていましたが、この一枚しかありませんでした)全体的に暗いし、褐色の濃淡だけなので、単調。つまらん。こんな時は、イメージが固まるまで、放置します。単に白を混ぜて明るくしても、ぼやけるだけで単調なことには変わらないので、どうしようかなと思っていたのですが、腕の水色がいい感じだなと思えてきました。識別帯として塗ったのですが、本体色にランダムにおいても良さそう。ならばと、褐色と水色のメカをネットで画像検索してすごい気に入ったのがこちら。水色が効いているし、全体にこのくらい明るくてもいいなあ。濃い部分はちょっとオレンジっぽいですね。オレンジがかっこいいのはこれ!6/17なんとなく決まってきて、意欲が湧いてきました。黒い部分に...5/31、6/17S.A.F.S.13さらに塗装

  • 2020/05/21、22 S.A.F.S. その12 デカールの研ぎ出し

    21日デカールの上にニス(ルツーセ)を塗りました。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※22日やすりかけ後。デカールの段差が消えました。やすりは案外粗めのほうが具合がよかったです。デカールとの境目は消えましたが、過去回で危惧したように、ニスと油絵具との境目が浮き出てしまいました(三角デカールの上あたり)。ニスよりも油絵具の方が柔らかいようですね。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※5/22夜ハイー?半日たったらニスがてかってきた。乾燥が一日では短かったでしょうか。2020/05/21、22S.A.F.S.その12デカールの研ぎ出し

  • 2020/05/20 S.A.F.S. その11

    おでこのMがかたむいているのをなおしたいのですが、もうデカールがありません。なんとかごまかしたいとおもいます。腰装甲板のMも傾ければ目立たないのではないか?(対面視点で)左をずり下げると同時に奥まらせ、右は胴に接するようにして、かつ前進させました。適当に切り欠いたりプラ板の端切れ貼りつけたりして角度をつけました。真正面からみるとまだバレますが(そりゃそうだ、根本的に角度が曲がってるんだから)、実物を見る限りでは、ぱっと見気にならなくなりました。(と、自分にいいきかせる)2020/05/20S.A.F.S.その11

  • 2020/05/19,20 S.A.F.S. 10

    数日置いて絵の具が乾いたので組み立ててみました。パーツごとに分割して塗ったせいか、いつもより端正な仕上がり。普段はベース塗装も汚し塗装も一緒くたにしているのです。これをこれから汚していくわけです。きれいに塗ってから汚すというほうが模型界では一般的ですね。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※その前にデカールを貼ります。ずっとインレタを使っていたので、デカールはまだ不慣れなのですが、多分そのまま塗るとシルバリングするのです。光沢面の方がデカールが密着するので、貼るつもりの部分にルツーセというものを塗ってみました。ニスの一種です。なんか四角く塗ってしまったけど、境目はランダムにしておいた方が後で楽だったかもしれない…。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※5/20貼りました。なかなか、かっこいいじゃないか。Mの...2020/05/19,20S.A.F.S.10

  • 2020/05/14,15 S.A.F.S. その9

    三周目の塗装。今度は白を混ぜます。こんな感じ。装甲板を塗るのは楽しい。上手になった気になります。太ももは黒く塗り分けします。これはアンモナイツでもレオパルトでもやろうとしていて、結局あやふやになってしまった、お気に入りの塗り分けです。今度こそ最後まで維持するぞ。膝から下は、力尽きてしまって、前回の塗装のままです。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※5/15膝下も塗りました。この次はデカール貼りかな。2020/05/14,15S.A.F.S.その9

  • 2020/5/9,5/11 S.A.F.S.その8

    さあ、塗装を始めますよ。とりあえず、下地塗りから。油絵具の赤、青、黄色を混ぜた茶褐色を塗ります。ダークブラウンで下塗りしていたのですが、なんとなくで塗り分けもしてみました。この塗装にする予定。油絵具は白を混ぜないと隠蔽力が低いです。右側面のハッチ周辺の、筆のタッチ状のはおしゃれっぽいですが、実際には黒サフが透けているのです。プラ板の挟み込みもしっかり透けています。これでもしっかり塗っているのですが。一週目はこんなもん。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※5/11二周目の塗装、前回同様白は使用せず赤青黄の三色を混ぜたもので塗りました。塗装後各部を組んでみました。手足胴をバラバラで塗っていたので、部位ごとに色味が違ってしまっていますが、雰囲気はいいんじゃないかな。と思いましたが…過去作と並べてみると、全然だめだ...2020/5/9,5/11S.A.F.S.その8

  • 2020/05/04~06 S.A.F.S. その7

    この三日間、筆サフを塗ってはやすってをくり返していました。サフを削りおとしきると、素材の硬さの違いでまた段差が出てしまうので、薄膜一枚残す感じで。※※※※※※※※※※※※※※今回もまた表面処理以外の作業を紹介。アンテナを作りました。0.5mmの真鍮線、基部には0.3mmの針金を巻きました。先端には黒い瞬間接着剤をつけました。ディテールアップ兼、覗き込んだ時に目を守る用です。付け根にはプラパイプを埋め込んでいます。真鍮線は、折り曲げてしまったときに交換できるよう、接着はしましせん。また、接着をしなくても真鍮線がグラグラしないよう、プラパイプは長めに埋めこんでいます。ハッチとアームガンのカメラレンズをつけました。ハッチにはランナーのおまけを。アームガンにはサポートパーツを。削り落としてしまったディテールを再現しまし...2020/05/04~06S.A.F.S.その7

  • 2020/05/02 S.A.F.S. その6

    黒いサーフェイサーを筆塗りしました。まだまだあちこちに段差があるなあ。ひさしぶりに、瞬間接着剤ではなく溶剤系のいわゆる模型用の接着剤で接着したのですが、貼りあわせ線が浮き出てしまいました。実は、私は昔ながらの、溶剤系のプラセメントやラッカーパテを使うのが大の苦手なのです。いろいろ試行錯誤して、貼り合わせ面をやすりで平にしたり、むにゅっとはみ出すくらい塗ってみたり、輪ゴムでしっかり圧着したり、完全に乾くまで半月放置して…。その他色々試行錯誤したものですが、それでも貼りあわせ線が出てくるんですよね。ラッカーパテにしても盛るたびに数日かけてしっかり乾かしても削ったらまだひけてて、また盛って、今度はポロリと剥離して。ゆうに1ヶ月以上かけて、きれいに整形できたとおもっても、半月もたつと消えたはずのヒケや合わせ目が浮き出て...2020/05/02S.A.F.S.その6

  • 2020/05/01 S.A.F.S. その5

    かかとにケーブルをつけました。いつも何を使うかわちゃわちゃしてしまうので画像を残しておこう。ケーブル:1mmパイプ:外径2.4mm内径0.9mmパイプは意外と太い。手順:①かかとに1mmの穴を開ける。②パイプを長めに切って接着。1mmドリルをさして位置あわせ。③削ってツライチにする。(接着してからドリルで穴を開けても良さそうだが、現実にはパイプが取れてしまう)あとはひたすらやすりがけ〜2020/05/01S.A.F.S.その5

  • 2020/04/29 リタッチ2!

    頭頂部の三角の突起。本来は穴が開いているんじゃないかと思うんですよ。なので、再現してみます。3.2×1.2mのコの字型のプラ材を加工して作りました。接着して…塗装しました。あわせて塗りのあまい部分を塗りたしました。特に、ハッチの天面が普段一番目に入るのに塗りがあまかったので、ハッチの境目の筋彫りに黒サフを塗ってから、ペタペタとタッチを重ねました。盆栽モデリング。2020/04/29リタッチ2!

  • 2020/04/29 S.A.F.S. その4

    今日はLEOPARDの方をいじっていましたのでS.A.F.S.はこれだけ。キットのままではツライチなので一段掘り下げてみました。2020/04/29S.A.F.S.その4

  • 2020/04/28 S.A.F.S. その3

    腕が長くって異形のプロポーションがかっこいいS.A.F.S.の上腕を詰めて、あえて人っぽくしてみたのが昨日まで。気にいったのでさらに追求してみました。肩幅が広すぎるのでせまくしよう。接着ずみだったので、デザインナイフで削りました。腕が体にめり込んでいるようで、すごい変だー。(写真ではそこまで違和感ないかもしれませんが)ただちに戻しました。アームガンが短いんですよね。私が上腕を詰めたからですが。銃身を延長するのは大変そうだし、間延びしてみえそうなので、肘の切り欠きを埋めてみました。面積が増えるだけで長く見えたりしないかな。うん、なんとなく効果がある気がします。脚のケーブルが長いので縮めたい。2.2mmのドリルで穴を広げると好みの深さまで挿すことができるようになります。(かつグリップは効いています)今まで2.0mm...2020/04/28S.A.F.S.その3

  • 2020/04/27 S.A.F.S. その2

    昨日の続きです。足、やすりがけしました。サフ塗りするとまだまだ粗がありそうですが、とりあえずさきにすすみます。基本的に素組みですが、ちょっとバランスを変えてみたいとおもいます。頭頂部のカメラ、後方に移動しました。実は横山先生の一番最初のスクラッチモデルもこのくらいの位置らしい。また、カメラは少しひらたい気がしたので、黒瞬着を盛りました。瞬着の粘度でたらしただけで勝手にいい感じの曲面になってくれた。赤く塗ったあたりを削って扁平にしました。下端、すぼまるように少し削りました。比較するとこんな感じ。結構印象が変わったでしょ?上腕は思いきって短くしました。組み上げるとこんな感じです。普通の人型ぽくなって、1周回って新鮮!2020/04/27S.A.F.S.その2

  • 2020/04/26 S.A.F.S.

    WAVEのS.A.F.S.を作りはじめました。(アンモナイツはおやすみなさいで)キットはこちら、昨年八王子の美術館で開催された横山先生の作品展で購入した限定版のものです。ウェーブ版とニットー版のニコイチセットです。もったいない?プラモは作ってあげないとね。内容を見て面白いなと思ったのですが、旧キットもウェーブのポリ製動力パイプを使用するんですよ(当時は金属スプリングが同梱されていた)。合うように作られていたのがすごい。用意周到というか。展示会では写真を撮りまくってきました。etc...堪能したなあ。製作開始。今日は足の下ごしらえだけ。地上で使われる機体なので足をたくましくしてみようと思います。スネは左右に1.8mm幅増し。前後には2.5mm幅増し。太ももは0.75mm×2枚=1.8mm左右に幅増し。前面に0.7...2020/04/26S.A.F.S.

  • 2020/04/26 リタッチ!

    おひさしぶりです。昨年9月以来の投稿になってしまいました。コメントをくださっていた方、失礼いたしました。いつも突然やる気がオフになるんですよね。最近また"プラモいじりたい欲求"がでてきました。とりあえず飾ってあるプラモの気になっていたところを修正しました。修正後↓修正前↓間違い探しwwwデカールの主張が強すぎる気がしてきたので、右胸の部隊マークを消したり、お腹やおでこのコーションレターは減らしたりしました。デザインナイフで削っただけです。部隊マークがあったあたりには黄色い識別帯を書き足しました。フリーハンド。遅乾性の油絵の具ですから、はみ出してもつまようじですくって簡単に修正できるので、気が楽です。アンテナ基部とボディとの一体感が欠けている気がしたので、一段掘りさげました。ポーラーベアも。修正前↓肩装甲板のオレ...2020/04/26リタッチ!

  • '19/9/9 アンモナイツ二体目 23 「キャノピーをみがいたよ」

    あちこちのディテールをもう少し追加しました。謎の突起。ただ貼るのではなく、パーツよりもほんの少し大きい穴を開けてから貼ると説得力がまします。ディテールアップパーツは本キットのおまけのもの。セロテープで押さえてから削ぐとどっかにとんでいくおそれがありません。真鍮線で吊り下げフックを作りました。手首にケーブルをつけました。可動のじゃまにならないように。そして今回のハイライト、「キャノピー磨き」ずいぶんと時間かけたんだけど全然くもっているなあ。(写真よりはもう少しだけ透明ですが)もっとがんばればさらに透明になるのか、それとも硬化促進スプレーがプラの中まで侵してしまっているのか…あの時、硬化促進スプレーさえ使わなんだら…悔やまれるのぉ…あともう一つ解決しなくてはならない点。じつは、キャノピーがズルリとたれさがるのです。...'19/9/9アンモナイツ二体目23「キャノピーをみがいたよ」

  • '19/9/4 アンモナイツ二体目 22 「ちょっとだけ進めたよ」

    アームガンのケーブルに支持具を追加しました。あるとないとじゃ大違いなのです。一気にリアリティーが増しました。天頂部に六角ボルト状のディテールアップパーツを貼りました。以前複製したぶんは使い切ってしまったので、再挑戦しました。型にそそいだパテを、たこ焼きよろしく、けがき針でつついて気泡を追い出すことで、今回は上手に複製できました。使った型は前回のものなので、型由来の気泡は仕方がないですが。もともとナットが欲しくて複製に挑戦したのですが、フタを開けてみれば、もうひとまわり小ぶりなボルトの頭(?)の方が大活躍です。今日はこれだけ。ケーブルの押さえに使った0.5mm真鍮線など、模型用具の買い出しに、秋葉原のラジオ会館のイエローサブマリンに行っていたのです。キャノピーを磨く用のコンパウンドなんかも買ってきましたよ〜。'19/9/4アンモナイツ二体目22「ちょっとだけ進めたよ」

カテゴリー一覧
商用