searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぽてと倶楽部さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぽてと倶楽部
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/atcchin
ブログ紹介文
じゃがいも伝来の地 『長崎』。 雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。 ここ愛野町は北海道に次ぐ
更新頻度(1年)

231回 / 365日(平均4.4回/週)

ブログ村参加:2014/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽてと倶楽部さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽてと倶楽部さん
ブログタイトル
ぽてと倶楽部
更新頻度
231回 / 365日(平均4.4回/週)
読者になる
ぽてと倶楽部

ぽてと倶楽部さんの新着記事

1件〜30件

  • 5年ぶり3度目の挑戦

    先日、一通のFAXが届いた。大阪の米食味鑑定士協会からだ。第22回米食味分析鑑定コンクール・国際大会に今年のお米を出品していたところ一次審査、二次審査を無事通過して最終審査ノミネートの連絡だ。今年のコンクールは静岡県小山町での開催だが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客で最終審査を行われることになっている。本来ならばノミネートされた者は、最終審査会場へ出向かなければならないのだが、今年は表彰式をはじめ、懇親会や講演会も中止で、審査会場へ入場することも出来ないとか。その代わりに実行委員会の粋な計らいで、最終審査の模様はYouTubeにて配信されるそうです。都道府県代表部門で審査の模様は明日の15:30頃の予定で、金賞の発表は16:30ごろとなっています。最終審査は官能審査で、実際に炊飯したお米を審査員...5年ぶり3度目の挑戦

  • 繋がりで・・

    毎年、わが家のお米を購入していただいている福岡市在住のTさん。今年もご予約頂いていた新米を先日受け取りにお見えになりました。ジャガイモ畑も見学したいとのことで・・畑での一枚。有明海を挟んで対岸に連なる佐賀、福岡。小さい頃は同じ有明海の干潟の海で遊び、今でも栄養分豊富な干潟の環境を一緒に共有しているんですね。以前お見えになった時は「雲仙こぶ高菜饅頭」に興味もあられ、確か友人とお二人でお見えになったのでは?ジャンボにんにくもさっそくご自宅の菜園に植え付けられ、そのお隣りはラッキョウだとか。来春が楽しみですね。←クリックで応援をお願しいします。繋がりで・・

  • そば処 ぽてと庵開店

    ほぼ一年半ぶりの開店です。ぽてと庵の開店は専ら雨の日に限られ、たまたまきのうは予定も入っていなかったので。思えば去年のお盆にお店を開けたっきり、閉店したままでご心配おかけしております。(笑)実を申しますと、そば打ち修行がまだまだ足りないもので・・まだ今年の新蕎麦は乾燥調整中で、昨年産のそば粉を使用しました。保存は玄蕎の状態で麦冷蔵保存のため、そばの風味はほとんど損なわれていません。ああ、ぽてと庵の拘りはもちろん「十割そば」ですよ。それでは、さっそく・・・とその前に・・・事務局長がソバで不安そうにしているのを横目にYouTubeでそばの打ち方を繰り返し予習をさせてもらってから・・・ここまで見た限りではそば切りまで含めて我ながら腕を上げたように思えたんですがね。茹でたらそばが短くて箸で食べることが出来ず今回もスプー...そば処ぽてと庵開店

  • 今年もコイツの出番

    わが家でも一番レトロな農具。今まで倉庫に眠ったままだったこの風選別機。蕎麦を栽培するようになってから一年に一度だけですが出番が巡ってきます。刈り取った蕎麦は脱穀して天日干し。わが家は原始的な脱穀(笑)のため葉茎も一緒に混じっているため、一度風選してやったほうが乾燥しやすくなるんですね。再度、きょう天日干しをして、最終選別を予定していたのだが朝から曇天、今にも降り出しそう。午後から手打ちでもやるか?もちろん、今年の新蕎麦じゃないけど・・←クリックで応援をお願しいします。今年もコイツの出番

  • 久しぶりの県境越え

    最近は朝3時過ぎには目が覚めてしまう毎日。7月以来の4ヶ月ぶりかな?きのうは早朝より二つの県境を跨ぎ福岡市へ。打ち合わせが入っていて勿論日帰りでした。それに合わせて会員様のKさんへお米の配達と営業セールスも。ウイズコロナ時代に対応した外勤セールス活動の心得というか、事務局長さんに出発時の5つの誓いでした。1.Kさん配達と2社3人だけの対面商談に限ります。2.常時マスクと入退時には除菌、消毒を励行します。3.途中のコンビニには一切立ち寄りません。4.ディらーさんでの充電中も車の中で待機します。5.トイレは男子専用があるところで、ロケーション次第では立ち〇ョ〇で済ませます。お昼は広い公園の駐車場に車の中で事務局長手作りお弁当。飲み物も準備してくれていたので、車から出ることは殆んどありませんでした。帰りの福岡、佐賀の...久しぶりの県境越え

  • 雨前には終わらせたい

    季節外れの夏日。小春日和ならぬ小夏日和とも言うらしく、半袖Tシャツ一枚でちょうどよかった。予報ではお昼過ぎから雨になっていたのでそれまでには蕎麦の脱穀も終えてしまいたかった。朝から頑張った甲斐あって何とかお昼過ぎには無事終えることが出来た。結局、今回の雨は夕方まで待ってくれそうだったので、ジャンボにんにくの芽出し作業へ。ちょうど良いぐらいに発芽しておりジャガイモ方式で芽だし作業。今年は例年より植え付けが遅れていたが、暖かい天気が続いてくれたので遅れを取り戻した。雨前に芽を出してやることが出来た。←クリックで応援をお願しいします。雨前には終わらせたい

  • 相変わらずの原始農法?

    足腰の筋肉痛を堪えながらきのうで蕎麦の刈り取りを終了。今年は種まきの跡の大雨で不作のせいもあって3日間で終わった。綺麗に1列ずつ片付けて刈り取りもよかったが、気分的にプレッシャーがかかるので、まだら刈りが功を奏したかたち。(性格かも?)そう言えば昨年、田んぼアート的に刈り取りの提案もあったな。今年はアートにするほどの蕎麦の量もなかったし、正直なところ準備不足でした。早速きょうから蕎麦の実の脱穀。以前は棒で叩いて脱穀していたのですが、最近はコンテナの底で茎をしごいてやるとより簡単で楽。脱穀したあとは乾燥させて焼却処分の予定。大事な蕎麦の実は天日干ししてこのあと選別したら終了。まだまだ原始農法は続く・・・←クリックで応援をお願しいします。相変わらずの原始農法?

  • 目が覚めたらまだ2時

    昨夜は缶ビール1本飲んだだけなのにいい気分。8時を過ぎるともう限界。お先に~。布団の中へ入ったのは良かったが、夜中の2時には目が覚めて、起きようか寝ていようか判断に迷う羽目に。きのうの蕎麦刈り頑張ったつもりではないが半分以上終えて残り僅かとなった。今年の疎らの生育で刈り取りは早いが、株が小さすぎるのも面倒くさい。今朝になって足腰の筋肉痛。刈り取りはもう少しだが、そのあとの脱穀がまだ残っている。さあ、もうひと頑張り!←クリックで応援をお願しいします。目が覚めたらまだ2時

  • 見るからに・・・

    今年の収量は期待できそうにない。まだ刈り取る前ですがすでに刈り取った跡ように見えるのは私だけ。(笑)物の序でです。いつもと反対のこちら側から刈り取り開始。もちろん手刈りで。中ほどまで来るのにさほど時間はかからなかった。この辺りは土が硬かったせいで畝にもならず土寄せも出来ていません。溝切りしただけのように見えます。残りの半分はまあまあってとこかな。例年になく株も小さく実も少ないようです。今年は採れるだけで仕方ないさ。裏山の紅葉でも見ながらボチボチいこう。←クリックで応援をお願しいします。見るからに・・・

  • 秋起こし

    稲刈りが終わった田んぼ。あちこちで秋起こしが見られます。こちらでは春まで放置されるところも多いのですが、地中に潜って越冬しようとしているジャンボタニシを寒にさらす為にも年内に土を起しておくことが大事と考えています。(持論ですが)この田んぼは次の種ばれいしょ作付けに備えて晴天が続いているうちに優先して耕起です。植え付け自体は年明けになりますが。稲刈りで粉砕した稲わらですが、ジャガイモの栽培には全て鋤き込むには多すぎるためある程度は焼却処分していました。田んぼが黒っぽく見えるのはそのためです。最近では奥に見えるアパート群や住宅が周辺に増えて、この稲わらの焼却も結構気を遣うんですよ。風向きを考慮したりして。本来は田んぼの隣接地に後から住み込んでいるわけで無視してもいいかと思うんですけど・・・有機堆肥を投入することで化...秋起こし

  • お米の通信簿

    ここ2、3年JAのセンター長に懇願され、僅かだがJA出荷もしているのだが、先日、出荷したお米の精算通知書が届いていた。JA出荷分については全て米穀検査が行われる。これは、生産された米について登録検査機関が行う品位および成分等検査のこと。塩害に見舞われた昨年と違って今年の検査結果はすべて1等級でその単価をもって精算(仮渡)となるのだ。また昨日は、参考までに別の田んぼのお米の検査をお願いしたら米穀検査と同時に食味品質の検査もやってくれた。見ただけでも出来が悪いと分かるような田んぼのお米だ。開口一番、担当部長曰く「このお米食べられました?美味しいと思いますよ。」検査結果の食味品質評価のスコアは86、食味格付はSなのだ。ただ、等級格付けすると2等級とか。今年は出穂期の3つの台風のおかげでさすがに外観品質では整粒度が足を...お米の通信簿

  • ナベヅルたちの南帰行

    田んぼに居ると頭の上で「「クルルー、クルルー」の鳴き声が。今年もナベヅルが無事帰ってきている。ナベヅルたちの❝南紀行❞だ。南紀行という言葉があるのか分からないが・・夏にシベリア大陸や中国の北東部で繁殖し、冬は鹿児島県の出水平野で越冬する。春と秋に当地の上空を往復するんですが、時にはわが家の田んぼも休憩地となるのです。鹿児島の出水平野までもうあと少し。頑張れ~!(申し訳ありません。これが私のカメラの限界です)←クリックで応援をお願しいします。ナベヅルたちの南帰行

  • こちらの赤蕎麦も・・

    福岡の会員様より頂戴した赤そばの種。昨年も種まきが遅れたことでもともと充実した実が少なかったということもあるが・・植え付け直後のあの大雨もあり、生き残ったのはこの二株だけだった。その後、一株は途中で挫けてしまったようで残った一株だけが花を付けるまでに成長。事務局長が間違って踏みつけてしまわないように石を並べることで目立たせていました。一株だけは風邪で倒されながらも順調に花も付け続けているのですが残念ながら結実が見られません。花粉の媒介はミツバチや蝶などの訪花昆虫が引き受けてくれていますが、蕎麦は自分自身の花粉では結実しないと聞きます。つまり、一般的にはたくさんの集団の中に二種類の花が存在し、相互に受粉する必要があるのだそうです。ということで、もう一方の株の成長を期待していたのですが・・←クリックで応援をお願しい...こちらの赤蕎麦も・・

  • 次は・・・

    君たちの番なのだが・・・すでに黒化が始っていて、収獲時期を迎えるんですが果たして今年どれだけの収量があるのだろうか。今年は種蒔き直後の雨が降り過ぎたこととその後の降らなさ過ぎた結果がこれだ。蕎麦の根元に土寄せするも土が硬かったせいで上手くいっていない。苦労の跡が残っている。この辺りは種が流されたり水が溜まり易かったのか発芽がなかったので土寄せもやってなかったので雑草がはびこっている。全体的に見て登熟の異なる子実が混在しており、まだ登熟途中の実もまだ見受けられる。刈り取りはもうしばらく待つことにする。←クリックで応援をお願しいします。次は・・・

  • 至福の香りに大喜び

    七輪に炭、魚焼き網を準備してきのうはサンマの七輪焼きに挑戦。サンマの脂が半端なく、滴り落ちたサンマの脂が炭に着火して火柱が上がることもしばしば。最初は火力も強すぎて焦がし気味。なるべく焦げないよう、細心の注意を払いながら再挑戦。上手く焼けたら、皮はパリパリ、中はジューシー。そして香ばしさがダントツで炭火の香りがする焼きサンマが味わえるはず。七輪からサンマがはみ出してしまう。ちょっとした焼き方のコツさえ覚えれば・・・傍にはジャンボにんにくのホイル焼きを。そのサンマの焼ける匂いに誘われて孫ちゃんたちも外へ飛び出して大はしゃぎ。今朝のIちゃん曰く「きのうの魚、焼き鳥のような匂いがしたよ」やったね!←クリックで応援をお願しいします。至福の香りに大喜び

  • 一昨日の話です

    今夜8:00からのTBSテレビを見るようにと後輩からLINEが。TBSのニンゲン観察モニタリングで後輩が経営する居酒屋が舞台になっているとか。TBS系は当地では3チャンネル。9時近くになっても気配はなかったのだが、ようやく9時過ぎた頃に気がつくと小泉幸太郎、川口春奈、近藤はるなの3人が飲んでいた。ああ、居酒屋「簸川」だ!席の配置はコロナ仕様かロケ用に配置換えされているようだが間違いない。もう数年前になるだろうか上京した際に、関東地区推進本部長(長男)と食品開発部長(長男の嫁)の3人でここで販促会議と懇親会で一杯やったんだった。そうそう、孫のIちゃん(当時2才)とYouくん(0才)もベビーカーに乗ってやって来ていたな。ちょうどその日の夕方は、雷を伴ったゲリラ豪雨に見舞われ大変だったことを思い出す。上京したその日は...一昨日の話です

  • 秋を満喫して・・乾杯!

    気仙沼に住む大学時代の友人より宅急便が届いていた。毎年、この時期になると秋の味覚「生サンマ」を送ってくれる。普段は滅多に口にすることが出来ないこの「生サンマ」先ずは・・・お刺身だ。包丁の切れがイマイチだったが・・上等、上等。まあ、こんなもの。後はグリルで焼いてサンマ三昧。さっそく乾杯!!秋の味覚として普通に食卓に並んでいたこのサンマ。今年の漁獲は、過去最低だった昨年の2割程度という。ここ数年は不漁が続いており、どんどんサンマの希少性が増しているそうです。最近、台湾や中国などでもサンマの人気が高まったことで資源量自体は減少し、それに加えて漁獲を難しくしているのが、サンマの群れが沿岸まで回遊してこないというのが原因らしい。ここ数年は価格の高騰が続き、生サンマは高級魚になりつつあるという。これまで普通に食卓に並んでい...秋を満喫して・・乾杯!

  • 早過ぎた雨

    きのうも朝からいい天気だった。予報では夕方から雨になっていたので、いいタイミングでジャンボニンニクを植え付けることに。午前中に植え付け予定地をトラクターで耕起。相変わらず硬くてガチガチ状態だが、トラクターでゆっくり低速で細かく耕起。午後から事務局長も手伝ってニンニクの種を等間隔に植え付けていきます。誰だ~⁉上下を間違えたのが1個。芽と根の部分を確認して上下を間違わないようにしないと・・・植え付けが終わるころになると雨がパラパラ。おいおい、もうちょっと待ってくれよ。大急ぎでタマネギ用の肥料を少々撒いて、次は管理機で畝づくりです。もうその時は地下足袋は雪だるま状態、頭からシャツまでぐっしょり。(あ、ビッショリ)本来であれば両端の仕上げまでやっておきたかったが、ここまで土が濡れてしまってはどうしようもない。途中で諦め...早過ぎた雨

  • ニンニク植え付け準備

    先日からこちらも同時進行でした。ジャンボニンニクの種の準備です。この作業は孫の一番手Iちゃんが得意で今回も手伝ってくれました。房から鱗片を外して大きい鱗片から優先して種とします。皮が剥けようがお構いなしです。大きい鱗片のほうがより大きく成長するようです。小ぶりでも綺麗な鱗片は袋詰めで販売用に。今年のコロナ禍でファーマーズマーケットも中止が相次いだため、大きい鱗片も大量に残っており種に回すことにします。←クリックで応援をお願しいします。ニンニク植え付け準備

  • ジャガイモたちの防除

    晴天続きの長崎です。こちらも久しぶりに訪ねてみると思ってたよりも大きくなっていました。もう少し雨が降ってくれたらいいんだけど・・・昼間はまだ暖かいせいかジャガイモの間から虫が飛んでいます。ジャガイモの病気を運んでくるアブラムシとか悪いヤツもいるので防除しておくことに。それにしても雲一つ見当たらないぐらいの晴天が続いています。雲仙普賢岳を望む遠くは有明海をまたいで多良岳昨日、ご予約分のお米の配達と発送が終わりました。ありがとうございました。有機堆肥を投入することで化学肥料を抑え、美味しさに拘ったジャガイモ「デジマ」ご予約受付中です。新規にご希望の方は↓↓↓================================================☆左サイドバーの「メッセージを送る」または、下記アドレスに「資料...ジャガイモたちの防除

  • 蕎麦畑のいま

    久しぶりに蕎麦畑。稲刈りの期間はご無沙汰だったがこれから蕎麦の花は盛りを迎えます。ただ、今年は種まき直後の大雨で見るも無残な状態なんです。大雨で種が流されたところもあれば、水が溜まり易い低いところは湿気を嫌う蕎麦だけに発芽がないのです。今度はそのあとの晴天続きで土が硬くなり、根元まで土を寄せてやれなかったことで、倒伏した蕎麦も見受けられます。ただ、そばの場合は、直角に曲がっても上へ伸びようとしますから枯れてしまうことはありません。今、残った蕎麦たちは真っ白い花の盛りを迎えています。すでに早いところは逆三角錐の実を付け始めています。この実が赤くなり黒化が進んでくればいよいよ収穫となります。今年はお米と同じように品質は問題ないでしょうが、昨年のような収量は期待できそうにありません。←クリックで応援をお願しいします。蕎麦畑のいま

  • 第一便発車!!

    先日からの精米作業も全て終わり、専ら昼間の作業としては会員様向けのお米の発送準備です。ゆうパック午前便では大口注文の発送、午後便に合わせて5㎏、10㎏を準備、きのうから順次発送いたしております。発送は、勝手ながらお届け日数を考慮して遠方の方より準備させて頂いております。『いってらっしゃーい!』会員様のもとへ無事に届けてください。近隣地域の配達も終盤を迎えています。今年の特別栽培「にこまる」どうぞお召し上がりください。農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培です。「ながさきにこまる」新規にご希望の方は↓↓↓================================================☆左サイドバーの「メッセージを送る」または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。折り返し案内資料をお送り...第一便発車!!

  • こちらも並行作業で・・・

    今回の一番の主役籾摺り機の清掃。ベアリングの不具合で一日だけ作業がストップしたが、雨休みも相まってちょうど良かった。来年も頑張ってもらわないといけないので、丹念に清掃してやっておかないと・・・これに並行して夕方からは玄米30㎏単位でご注文のお客様へ配達も続いています。また、精米作業も続いており、本日中にはすべて出来上がる予定です。明日から27㎏をはじめ、20㎏、10㎏、5㎏の小口の袋詰めと発送準備に入る予定です。もうしばらくですよ~。農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培です。「ながさきにこまる」新規にご希望の方は↓↓↓================================================☆左サイドバーの「メッセージを送る」または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。折り返...こちらも並行作業で・・・

  • お世話になりました・・

    今年の稲刈りも無事終了です。台風による塩害が広がった昨年に比べて、品質的には問題ないのですが収量は過去最低でした。ちょうど「にこまる」出穂時期を迎えた9月初めの台風8、9、10号の三連発が堪えたようです。落ち込んでいても仕方ない。今年もお世話になった乾燥機、籾摺り機、選別機等の清掃格納が待っています。乾燥機の中の清掃が大変です。また来年もよろしく頼むよ。農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培です。「ながさきにこまる」新規にご希望の方は↓↓↓================================================☆左サイドバーの「メッセージを送る」または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。折り返し案内状と申込書をお送りします。atcchin@mail.goo.ne.jp注:@...お世話になりました・・

  • きょうで稲刈り最終日

    いよいよ本日をもって今年の稲刈りも終わりました。前にも書いたように稲刈り作業だけは部分委託しています。大きなコンバインで刈り取りますので、刈り取ってしまうだけなら一日もあればすべて終わってしまうでしょう。ところが、乾燥調整は自前でやってますので、一回当たりの刈り取る量としては、乾燥機に入る量を毎日刈り取っているというわけです。機械トラブルもなく晴天が続いたとして単純に最低10日間はかかることになります。この10日間の日課はというと、刈り取り→乾燥→籾摺り→選別計量→玄米(30.5㎏)袋詰め。大まかには午後刈り取り、夜通し乾燥して、翌日午前中に籾摺り、午後はまた次の刈り取りの繰り返しです。刈り取りながら乾燥機へ投入しますのでいつも午後3時ぐらいにはその日の作業は終わります。先日のジャガイモ畑の土寄せ作業などは、夕...きょうで稲刈り最終日

  • 大喜びのイモたち

    きのうは大振りすることもなく適度なシトシト雨で、しかも、十分過ぎるほどの雨が降ってくれた。水を欲しがっていたジャガイモたちには、最高のプレゼントになりました。その代わり田んぼは水が溜まっており、ぬかるむことも予想され稲刈りは中止を決定。刈り取りと乾燥は明日になったことで、校友会の役員会は欠席させてもらうことに。今年の早慶明三大学の交流イベント、楽しみにされているOB、OGも多いことだろうが、今のコロナ禍の時期、自粛の方向で検討を伝えた。この時間を利用して特別栽培米「にこまる」の発送を控え、お礼状の作成に取り掛かっています。着々と発送準備も整いつつあります。新規に特別栽培米「にこまる」赤土栽培じゃがいも「デジマ」ご希望の方は↓↓↓==========================================...大喜びのイモたち

  • あと一枚を残すのみ

    夜半から小雨が降り続く長崎です。きょうは一日中雨の予報になっています。稲刈りもあと一枚の田んぼを残すのみとなったのですが・・あの籾摺り機械のトラブルさえなければ・・ですね。その残った一枚の田んぼは、例のジャンボタニシの食害を受けたところ。表に面した道路側だけは、しっかり補植できて見劣りしませんが、反対の排水路側はというと・・・これでも右側の5、6列は、田んぼの中ほどまで辛うじて1、2本の苗を補植。隅の部分はコンバインが旋回するとき手刈りが必要になるためあえて補植しませんでした。おかげで遠目には目立たなくはなったのですが、ただ、ここでとうとう苗も底を突き、自分自身も力尽きたのでした。このジャンボタニシの食害、自分の管理不行き届きの一面もあり、あまり大きな声では言えませんが、これほどまでの食害は今まで初めてのことで...あと一枚を残すのみ

  • ようやく一段落

    きょうも朝飯前の一仕事。と言っても最近は日の出も遅くなって夏場のように早い時間帯はまだ薄暗いのだ。今夜から雨の予報になっているが、これ以上待つとジャガイモが大きくなり過ぎて茎葉を倒してしまう恐れがある。ようやく土寄せ作業も終わりに近い。今年は植え付け後の大雨で土が固められ、その後の晴天続きでコンクリートのような畑と化していた。3巡目にしてようやく畝が出来上がった。これでジャガイモたちがすくすく育ってくれることだろう。田んぼの稲刈りとも輻輳したため時間の配分が大変だったが、これでひと段落といったところ。稲刈りもあと二日。ニンニクの植え付けもまだ今月残っている。さあ、きょうの籾摺り作業へ。有機堆肥を投入することで化学肥料を抑え、美味しさに拘った「デジマ」いかがでしょうか。只今ご予約受付中です。新規にご希望の方は↓↓...ようやく一段落

  • またトラブル?

    こちらも待ったナシ!!日の出と同時にジャガイモ畑の土寄せ作業。先日の雨で少しは柔らかくなった土。随分作業的には楽になった。順調に土寄せ作業は進んでいたのだが、突然、管理機が進まなくなった。もしかして・・・??案の定、ピンが折れたか抜け落ちて空回りしている。何でだよ!機械店へ部品購入にと思ったけど、こんな朝早くから開店しているわけないし。確か予備のストックがあったはず。以前購入したとき2本セットだったので・・・確かに工具箱に入っていた。タイムロスはあったにせよ一枚を終了。午前中は籾摺りの重要な作業が控えており、両端の鍬による仕上げは後まわしにして帰宅。午後からはきょうの分の稲刈り、乾燥機投入まで終えて、夕方から鍬を携え再度ジャガイモ畑へ。一通り仕上げ作業まで終えることが出来た。よし、明日もこのパターンでいくことに...またトラブル?

  • 稲刈り再開です

    先月の下旬から久しぶりの雨となり、ジャガイモたちにとって恵みの雨となった。というか、まだ土寄せ作業の仕上げが残ったままなので作業するうえでも待ち望んでいたところ。籾摺り機械もベアリングの部品交換でコンプリート。きのうから天気も回復して稲刈り再開。イネたちも「早く刈り取って~」とお辞儀しているように見える。毎年、稲刈り作業は地域の営農組合に依頼しており、従兄のツトムくん親子で刈り取り運搬までやってくれる。もちろんコンバインのオペレーターは息子のシンスケくん。慣れた操縦で早い早い。保有していた2条刈りコンバインを処分してからもう十数年、収穫の醍醐味を味わえないのは残念なんだが・・・農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培米です。「ながさきにこまる」新規にご希望の方は↓↓↓======================...稲刈り再開です

カテゴリー一覧
商用