プロフィールPROFILE

ぽてと倶楽部さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぽてと倶楽部
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/atcchin
ブログ紹介文
じゃがいも伝来の地 『長崎』。 雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。 ここ愛野町は北海道に次ぐ
更新頻度(1年)

251回 / 365日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2014/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽてと倶楽部さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽてと倶楽部さん
ブログタイトル
ぽてと倶楽部
更新頻度
251回 / 365日(平均4.8回/週)
読者になる
ぽてと倶楽部

ぽてと倶楽部さんの新着記事

1件〜30件

  • ツルの北帰行はじまる

    先日の深夜の風雨、何も知らず爆睡していました。それ以来、ムッとするような空気で湿度も90%以上。3月下旬の気温とかで、まるで梅雨を思わせるような天気。遠くの空から「クェ~、クェ~」と甲高い鳴き声。越冬のため鹿児島の出水平野で過ごしたツルたちの「北帰行」が始まっているようです。田んぼにはナベヅル約200羽ほどが繁殖地のシベリアに戻る途中に今年も立ち寄ってくれていました。冬の間、鹿児島の出水平野で越冬のため秋と春に上空を往復するんです。その飛行コースの途中に位置する当地は、エサも豊富でツルたちにとって羽を休めるいい休憩地となっているんです。ちょっと待てよ。今年は平年より早いようだが大丈夫か。暖冬のせいで勘違いしていないだろうな。あ、御免!食事中だった?軽トラの音で驚かせてしまったのか一斉に飛び立つ。秋にはまた来いよ...ツルの北帰行はじまる

  • 種芋の準備

    次の春作ジャガイモの植え付けを控えて種イモの防除からスタートです。その前にひとっ風呂浴びさせてやらないと・・・収穫も最後のほうになって天気がぐずついたおかげで、確保している種イモは泥だらけの状態なんで。きのうは天気も良く絶好のお風呂日和。もちろん水風呂ですが・・ひと風呂浴びた後は泡風呂(防除)ですが、これはゆっくり入っておれません。使用薬剤:アタッキン水和剤希釈倍数:40~60倍浸漬している時間は5~10秒間のために、頭の中でテンカウント数えるんです。これはジャガイモの黒あざ病・そうか病・黒あし病などの細菌性病害と糸状菌による病害の同時防除が目的です。サッパリしたイモたちはサイズ別に分けられ、大きいイモは2~6分割に切る作業が残っています。←クリックで応援をお願しいします。種芋の準備

  • 蕎麦畑の耕起

    午後から蕎麦を収穫した後の耕起へ。畑の周りの木々は枯れ木と化し、すっかり冬の様相。例年、この後はタマネギの作付けを計画しているのだが、今週半ばからはまたぐずつきそうな予報。令和になって去年のような暴れ年では困るのだが、今年も天候異変は始っているのでは・・先日、福井の方から電話があったのだが、北陸は雪がまったく無いそうだ。心配なのは雪が少ない年は冷夏になるケースが多いとか。どうも雪が無いのは北陸に限らず新潟、山形も同じのようで、今年の稲作が心配されているらしい。こちらでは雪が少ないということは春になって雪解け水が少ないということになり、昨年のような田植えの頃から用水不足が続くらしい。それに比べてタマネギは、少々遅れて2月の植え付けでもさほど問題なく、そこまで心配することもないのだ。昨年大人気だったサラダ用の赤タマ...蕎麦畑の耕起

  • 蕎麦の検査へ

    昨年産の蕎麦も最高品質の証明として、JAの検査員から1等のスタンプをいただきました。持参した6袋(22.5kg/袋)すべて1等です。収量で135kg確保。品種:常陸秋そば水分:14.4%4.5㎜丸目ふるい:上98%容積重:645g/㍑蕎麦の検査をするところを見たことないということで事務局長が同行。まず、持ち込んだ玄そばの内容量を確認。細い試料採取用の器具を突き刺し、それぞれの袋から玄そばの適量を抜き取り水分検査。次に4.5㎜丸目のふるいにかけ、落ちた量をみて充実度の検査。次に容積重の計測ですが、1リットル当たりの玄そそばの重量。メスシリンダーのようなもがあるので普通に考えれば、玄ソバの容積1リットルをの重量を図る?んでしょうが、この計測方法だけはよくわかりません。今度よく見ておきます。この容積重の値が大きいほど...蕎麦の検査へ

  • ハカラメのその後

    ❝ハカラメガデタ~❞と叫んだ事務局長。・・・?????そう言われても一体何のことかサッパリ。よくよく聞いてみると「葉から芽が出た」とのことで、それを見て二人で大騒ぎしたことだった。その後、いろいろアドバイスを頂戴し、植木鉢の土の上にただ置いていただけとか。あれから2か月。芽はさらに大きく育ち、マザーリーフとも呼ばれるように芽に養分を与え根付いてしまうと次第に朽ちてきている。我々人間と同じか~。子供が一人前になるまでは脛をかじられ、一人前になれば親は退き世代交代となるように。でも普通に花が咲き種が出来てそれが発芽して育つわけでなく、葉っぱが落ちて分身のように発芽して子孫を残す。う~む、面白いですね。間引きしなくてもいいのかな?"Good-luckleaf"(幸運の葉)とか"子宝草"とも呼ばれるみたいです。←クリッ...ハカラメのその後

  • レトロ農具の登場です

    蕎麦の収穫も刈り取りまで終えたところで、ジャガイモの収穫が入ってきて昨年は年越しとなっていたが最後の作業、蕎麦の選別作業です。ここで使用するのが「唐箕」と呼ばれる超レトロ農具。風を送リ込んで選別するもので、わが家でも一番古く親父の代から使っている農具です。最近ではほとんど使う機会はなくなっていたんですが、わが家では蕎麦を栽培するようになってから活躍の場が増えてます。蕎麦もコンバインで刈り取ればこれも使用する必要はなくお蔵入りとなる農具。風選する原理はいたって簡単そのもの。超アナログ的です。まず葉茎や埃が混じった蕎麦を最上部のホッパーに入れ、蕎麦を下に落としながら横から風を送る。充実した実は重いので風で飛ばされることなく下に落ちる。それによって手前の受け皿に充実した整粒だけを確保でき、次に未熟の実などは少し飛ばさ...レトロ農具の登場です

  • 新年総会と祝賀会

    折しも大学ラグビー選手権の決勝があった日。夕方からは母校のOB、OGで地元在住者で組織する校友会地域支部の総会と新年会。それに合わせて前県支部長の叙勲にともなう祝賀会を開催。正月の箱根駅伝6位入賞、来年のシード権獲得に続きラグビーも連覇を決めてくれるものと想定して新年会、祝賀会の盛り上がりを予定していたのだが・・しかし、連覇は逃したもののあの後半の追い上げが話題に。母校の「前へ!」の北島魂を見せてくれたことで、先輩連中も安心ている様子。また来年を期待して乾杯となった。現役の頃からお付き合いさせていただいて一番尊敬している先輩でI前校友会県支部長。昨年秋の叙勲で旭日双光章を受賞され、会からの記念品を手に一枚。素晴らしい先輩たちの活躍と健康を祈って最後は肩を組んでの校歌斉唱とエールを送ってお開きに。毎年、母校の伝統...新年総会と祝賀会

  • 「負けた時の後悔は成長の糧」

    伝統の明早戦は序盤から思わぬ展開に。W大の出足の鋭いディフェンス、アタックで主導権を握られ、前半戦だけで4トライを奪われ0-31と大量リードを許し折り返す。、後半に入ると反撃を開始、5トライを挙げたものの反撃も遅すぎた。今季最多となる45失点が響き35―45でノーサイド。2年連続14度目の日本一とはならなかったが、田中監督が言っているとおり。「負けた時の後悔は成長の糧」来季の雪辱を期待したい。♫ルビコンの流れ、勇士を宿し、天山の嵐、小生を磨く。知るや駿台、ラグビーの戦士。玉蹴れば空なり、玉落つれば地揺らぐ。勝利は我にあり!勝利は我にあり!バーシティメイジ、バーシティメイジ~イ、バーシティメイジ♫畑に戻る途中、車の中で口ずさんでいた。←クリックで応援をお願しいします。「負けた時の後悔は成長の糧」

  • 赤そば望み薄~~

    きょうは太陽が顔を見せたので・・・・蕎麦の天日干しです。もちろん赤蕎麦も。あのたった1列3メートルほどの栽培でこれだけの赤蕎麦が収穫できました。ただ、よ~く見ると結実しておらず、やはり殻の中はスカスカ状態が多いようだ。虫たちによって運よく受粉して実がついたものの降霜で葉が枯れてしまって実の成長が止まってしまって小さいまま。唐箕にかけて風選しようものなら、全部飛ばされてしまうのでは・・・きょうは運よく風が少しあるので、むしろの上で自然の風を利用して風選してみる。やればやるほど飛ばされて少なくなるだけ?この辺で手に取ってみても中身が空洞のようなもの。乾燥したことで膨らんだ風船がしぼんでしまったような状態に。息を吹きかけただけでも吹き飛んでしまうぐらい軽い。問題はどれぐらいの量が来年の種として利用できるかだ。来年の蕎...赤そば望み薄~~

  • 無理もないか・・・

    どうも赤蕎麦失敗です。背丈もほとんど伸びておらず、このところの降霜で葉っぱが枯れてしまった。発芽後早いうちに花は咲いたものの蕎麦の実がどれほど付いているか。見た目には三角錐の赤い実が見受けられるがどうも結実には至っていないのでは・・・手先で脱穀するも実が指に当たる感触がない。蕎麦の花は虫媒花のため虫たちがどれだけ活動したかがものを言う。開花したのがすでに晩秋に近く、蝶は飛んでいたものの、他の虫たちを見かけることはほとんど無かった。九州でも蕎麦は9月上旬までには種を蒔く必要があるが、去年、この赤蕎麦の種を蒔いたのが稲刈りの頃だったので心配はしていた。乾燥させて選別してみないと分からないがせめて蒔いた種の数は確保しないと・・・悲しいことに粒単位の争いになりそうだ。(笑)←クリックで応援をお願しいします。無理もないか・・・

  • ジャガイモ畑のメンテナンスへ

    収穫最終日は販促部長(長女)が大分から加勢を兼ねて帰省。最後は春作の種イモ用として自家取りする分だけで収穫を楽しもう。帰省で上京していたチビちゃんたちも帰ってきて一気に賑やかさが戻ってきた。畑のほうは収穫を終えてもゆっくりできない。さっそく次の春作の植え付けを控えて畑のメンテナンスの段階へ。先ずは畑の中に残された葉茎の撤去です。ジャガイモだけは葉茎はもちろんくずイモも全て畑から撤去しなければならないのです。葉物は今でも鋤き込まれていますが、最近ではセンチュウのまん延が心配されているようです。葉茎の撤去も終えてさあ耕起へとトラクターのスイッチを入れたが、うんともすんとも反応なし。バッテリ上がり?メーカーも農機センターもスタンドもまだ正月休み。1か月前まで田んぼの秋起こしをやっていたというのにバッテリートラブルは初...ジャガイモ畑のメンテナンスへ

  • 仕事始めはもちろん・・

    今年もジャガイモ畑に居ました。残りのジャガイモの収穫です。年末には終わらせてしまいたかったのですが、わずかに12列だけ残したまま年越ししていました。今年は元旦から素晴らしい天気で、2日には仕事始めでも良かったのですが、最近また正月の楽しみが戻ってきたもので。毎年恒例だった準決勝を見ないことには・・正月らしくないんですね。夕方からは中学の同窓会も入っていて最後まで観戦出来ませんでしたが安心してました。きのうは箱根の復路を畑でラジオで聞きながら半分ほど終えたのであと残り僅か。(本当はテレビ見ながら一杯といきたいのですが・・)頑張る母校の後輩たちに元気をもらい、知らぬ間に応援歌を口ずさんでいました。きょうには終わらせてしまう予定。←クリックで応援をお願しいします。仕事始めはもちろん・・

  • 恒例の年越しルーティン

    年末は天候不順でジャガイモの収穫が捗らず、おまけに役職行事に忘年会、お葬式も一週間に3件続いた。福岡のお客様へ年末の挨拶を兼ねたお米の配達がきのうの大晦日になってしまった。結局、夜に戻ってお正月飾りをする始末。昔、年越しのルーティンといえばNHKの紅白。最近、騒ぐだけで費用かけ過ぎの感でほとんど見ることがなくなった。だが、テレビだけは点けっぱなしになっていて、それが大トリを迎えるころになると次の年越しルーティン。残念ながら今年は自家栽培の新蕎麦は間に合わず、市販の乾麺そばは風味がイマイチ・・・食べた後は近所のお寺へ向かいもう一つのルーティン除夜の鐘撞きです。最近では若い人や家族連れも増えて行列をなしているのです。来年は抽選で選抜する必要があるのではと住職に言うと、住職曰く「年々希望者が増えて今年は130回ほど打...恒例の年越しルーティン

  • 今年も最後になって幸運の兆しが・・

    先日は早々に畑から戻るや否やしっかり防寒対策をして仲間が待つトラコススタジアムへ。車で20分思っていたより渋滞もなく着いた。仲間たちと正面の階段前で落ち合って、さっそくスタジアムの指定席へ。東京オリンピック世代となる22歳以下の日本代表の、ジャマイカの同じ年代の代表との強化試合。まず両国の国歌斉唱。君が代は地元出身「さだまさし」さん。ゲームは前半だけで5点、後半も4点を追加し、日本はジャマイカに9対0で大勝。わざわざジャマイカから来ているんだから1点ぐらいは取らせてやらないとジャマイカに戻れないだろうと心配になるぐらいだった。お陰さまで、いろんなゴールシーンを堪能させてもらった。試合の後は遅くなったのでお酒は年明けに改めてということで解散。そうそう、来場プレゼントは「JFAオリジナルブランケット」他にラッキーな...今年も最後になって幸運の兆しが・・

  • 願いを込めて餅つき

    何はさておきこれだけは省けません。悪いことが続いた今年の挽回を願って・・食材開発部長(おふくろ)が入院中のため、なかなか要領よくいかないのですが事務局長と悪戦苦闘。九州は丸餅のため人手が必要なんです。あんこ餅の場合はなおさら。もち米は親戚より10㎏を調達。さすがに一番晩生になるもち米の今年の出来は最悪だそうで、お米屋さんも九州内だけでの調達が困難で東日本からも手配しているそうです。来年はいい年になりますように・・・←クリックで応援をお願しいします。願いを込めて餅つき

  • ジャガイモの収穫に集中

    ようやく集中して作業出来る状態になってジャガイモ畑へ。あと残すところ12列のみ。一部は次の春作の種芋として確保する必要があり、この秋の収穫分から自家取りとなるのです。まだ土のコンディションは悪いんですが、Go!Go!Go!です。ところが・・・・今夜は高校の仲間たちと約束しているんです。U-22日本代表とジャマイカ代表戦を観戦に夕方からトラコススタジアムへ。早めに切り上げて・・・と。←クリックで応援をお願しいします。ジャガイモの収穫に集中

  • 今年の忘年会も最後に・・

    地区の農業者だけで組織する組合の忘年会。そこで組合長を仰せつかっているものの肩書だけで、代表でありながら忘年会のセッティングまで。この組合の中で一番年下の小生、先日から事務局長と仕出し料理の注文と買い出しに。周りは全員が年配の長老たちになるため、飲み物はいつも焼酎と日本酒を準備。もちろん焼酎はイモ。あのトロッとキリッとのアレです。まず、報告と市役所提出の書類を各自記入捺印をお願いして、乾杯に移ったのはちょうどお昼の時間。この忘年会は夫婦同伴が基本のため身近な話題で盛り上がり時間が経つのも忘れるほど。普段の親爺様に対する奥様の不満を発散する場になることも。また、その話にうなずきながら同調する奥方たち。(笑)会も盛り上がり、さすがに4時も過ぎたところでお開きに。これで、今年も全ての忘年会と行事予定も終了。世間はきょ...今年の忘年会も最後に・・

  • またまた “アタ雨” に・・

    ご予約分のジャガイモの発送を全て終えて、中断していたジャガイモの収穫作業に戻っています。先週から三日おきに雨が降っており、畑の土のコンディションもイマイチなんですが、冬の日差しではこれ以上贅沢は言えない。先日からまた「いもひろい隊」がやって来て、収穫作業は徐々に進んでいた。ところが、きのうは10時を過ぎたころポツリポツリと落ちてくるではないですか。またもや前倒しの雨か?お昼過ぎからの雨の予報だったはずでは。先日と同じように小雨でも降り続いたため次第に畑の土はベタベタ状態に。地下足袋は泥だるま状態になって足が重く歩くのも大変。折角の「いもひろい隊」も止む無く撤収。もう少しだというのに・・収穫したジャガイモは、これ以上濡らすことは出来ず畑からJAの選果場まで直行することに。ところが、選果場近くの道路は濡れていない。...またまた“アタ雨”に・・

  • 発送作業終了です

    会員様向けのジャガイモの発送作業も、午後のゆうパック便でようやく終了予定です。進物用を最優先に始まり、東日本地区、関西地区に続き、九州管内、長崎県内の順で発送させていただきました。一個ずつ確認点検しながらイモと一緒に感謝を込めて箱詰め作業です。収穫した日によっては天気に恵まれなかった日もあり、土がこびり付いているものも・・・夜なべして作業することもありました。あとはお礼状を入れて封入、送り状の貼り付けを終えると終了。ゆうパックの担当者も顔馴染みで連絡するとすぐに集荷対応してくれる。会員様のお宅まで大事にお届けをお願いします。これで肩の荷が一つも二つも下りてホットする瞬間です。秋作新ジャガイモ「デジマ」在庫あります。ご希望の方は===========================================...発送作業終了です

  • ジャガイモの時間差発送

    ご進物用のじゃがいも、きのうの午前中の早いうちには箱詰め作業を終了。これでご進物用はすべてゆうパック発送まで済ませました。昨夜は送られる側のお客様から電話を頂戴。「今回も時間差発送ですね。」「送り先からお礼の電話が入りました。」「自家用は遅くなっても構いませんから・・」「お心遣い有難うございます。」すみません。いま自家用の準備に入っています。もうしばらく待っててください。都内と横浜市は翌日配達ですが、他の関東地区のお客様は中一日かかりますのできのう一緒に発送しております。午後は自治会長のお母さんの告別式で、受付準備のため"若手?”はお昼前に式場へ。そうそう、それに合わせてお寺さんより袈裟が入った衣装ケースも預かり一緒に式場へ。お通夜の夜は、直前になって老人会旗を急きょ手配したことだった。勉強になりました・・・実...ジャガイモの時間差発送

  • 突然の訃報に戸惑い感・・

    朝早く畑のコンディションを確認へ。先日のまとまった雨のせいで、土はベタベタ状態だったが放置していた小玉イモを拾い集めないことには・・その時、自治会長から携帯が鳴った。94歳になる会長のお母さまが先ほど亡くなられたという。さっそく「いもひろい隊」には中止を連絡。自治会長自らのご不幸とあれば、こちらでお世話するのが道理。とは言っても、自身初めてのことで要領が分からない。お隣りの先輩でもある長老に相談して指示を仰ぐ。近所のお寺さんには亡くなられたことを連絡し、会長のご自宅へ出向く。葬儀社と通夜、告別式の日程を確認。昔からの習わしに沿ってさっそく重箱一杯のお米とのし袋を預かり、改めて菩提寺である近所のお寺へ。今後の予定をお伝えし、さっそく枕経のお願いです。お寺さんからは七条というケサが入ってるらしいケースを預って会長宅...突然の訃報に戸惑い感・・

  • ジャガイモ発送準備

    きのうは時折り強い雨が降る暖かい長崎でした。今週は天気もぐずつきそうで、残りの収穫は後に回して会員様向けの発送準備に。今季は蕎麦とジャガイモの収穫が輻輳してしまい、ご注文いただいたお客様へのお礼を兼ねた確認の電話がほとんど出来ていなかったのです。ご注文内容のデータは、少しずつ整理していたので出力するだけ。これは良しとしても同梱するお礼状の作成がまた手付かず状態。いつも最後に悩むのがこのお礼状の内容。実は栽培期間中で良かったこと、苦労したこと、失敗したことなどを200文字ぐらいに纏めて書いているんですが・・・文才のない小生が一番悩むところなのです。この礼状も何とかきのう一日がかりで作成し、いま印刷しているところ。昼間の収穫の力仕事のあと夜は礼状の作成、頭のモード切り替えがスムーズにいかないのも一つの理由。重いコン...ジャガイモ発送準備

  • いったい誰に文句を・・・

    今朝起きてみると外は真っ白。雪じゃなくて霧です。きょうの収穫作業は中止したところ。きのうの雨には一言いたい。下り坂の予報も雨は夜からと予想して、「いもひろい隊」も頼み順調に作業も進んでいました。ところがお昼になるや否や雨がポツリポツリ。いつものように収穫したジャガイモの回収は、昼食済ませてからと考えていたが雨は止みそうにない。雨は夜からじゃなかったのか?ヤバイ、ヤバイ、飯食ってる場合じゃない。回収するにも小一時間はかかり、その間も容赦なく小雨は続く。次第に運搬車も土まみれ、両足の地下足袋も土だるま状態で重くなってくるも、ジャガイモを濡らすわけにはいかない。取りあえず我が家の倉庫に避難させ終わった頃には雨も小康状態に。まったくの通り雨もいいところ。❝アタ雨❞でした。(アタは方言でイタズラのこと)秀品だけは取りあえ...いったい誰に文句を・・・

  • You くんのクリスマス会

    きのうの午後は会議が入っており、仕方なくジャガイモの収穫はお休み。もちろんその後は忘年会まで。午前中は蕎麦の脱穀を考えていたが、Youくんが通う幼稚園のクリスマス会という。それは顔出しておかないと後で怒られるぞ。事務局長と会場へ向かうことに。プログラム一番で年長児による聖夜劇「イエス様の誕生」次は「ドレミの歌」「あまちゃんのオープニングソング」の合奏と「すばさ」をみんなで一緒に歌い・・最後はサンタさんからのプレゼントをもらって、みんなでジングルベルを歌い記念撮影。ちなみに、Youくんは羊飼い役とティンパニ担当でした。←クリックで応援をお願しいします。Youくんのクリスマス会

  • ❝ いもひろい隊 ❞ 登場!

    ジャガイモの収穫も4日目。今回も二日目より『いもひろい隊』がやって来た。私が勝手に命名した「いもひろい隊」ジャガイモをコンテナに拾い集める大役を担う助っ人だ。実は、知的障害者の就労支援の一環で、ジャガイモの収穫を数年前から手伝ってもらっています。知的障害者の方の就業は、対応しやすい軽作業が主体となるので、ジャガイモの拾い集め作業をお願いしているんです。一日の労働時間が午前中の4時間だけ、1クルーが指導者を含めて3~4名でやってきます。一概に皆さんにいえることは、真面目で黙々と作業されるということ。1時間に一回は休憩を設けて、世間話や冗談を言いながら和ませてます。「いもひろい隊」は朝の8時には畑にやって来るため、それまでにジャガイモを掘り出して拾える体制にしておく必要があるんです。ということで、私は朝7時には畑へ...❝いもひろい隊❞登場!

  • 日の出前から月の出まで

    今朝も日の出前にはジャガイモ畑に出勤。きのうと違って北風が吹いていて空気は乾燥し朝露はまったくない。最高のジャガイモ収穫日和となった。我が家の場合、4列単位で掘り出していくのだが、まず、茎葉を抜き取り、地中のジャガイモを地表に掘り起こす。あとはSサイズ以上をコンテナに詰めていくわけだが、この作業はすべて手作業でしかも丁寧な扱いとなり、単純作業で気が遠くなるほど先が長いのです。一番苦手とする作業のため、いつもラジオ放送を聞きながらの作業です。それも、最近ではほとんどNHKのラジオ番組が流れています。午前中はすっぴん!午後になると午後ラジ!最近、NHKのほうがCMも入らず、チャラチャラしてなくてなんか落ち着けるんですね。今年はに三日前に初霜が降りたぐらいで、茎葉は最後までしっかりしていたため、今年のジャガイモは一言...日の出前から月の出まで

  • ジャガイモの収穫スタート

    これが終わらないことには我が家に正月はやって来ません。今年最後のメインイベントともいえる秋ガイモの収穫です。今年は蕎麦の黒化が遅れ、ジャガイモの収穫と輻輳してしまいました。ちょうど昨日から収穫スタートしたばかり。おそらくJAの馬鈴しょ担当者や近所の長老さんたちは、ジャガイモはほったらかしにしたままでいったい何してるんだと思われていたはずです。折しも夕方からJAの会議と忘年会が入っており4時には撤収。会議の後の忘年会は当然今年のジャガイモの出来が話題に。生産者の殆どが収穫は終盤戦を迎えているのにきょうスタートしたばかりとはとても言えず・・・こともあろうに隣の席は日本酒派の大先輩。話は弾みおちょこは面倒、とうとうコップ酒となったのでした。いや~な予感!今朝は5時半起床。きのうの日本酒が・・・朝食はみそ汁と熱い緑茶を...ジャガイモの収穫スタート

  • 畑に子供たちの声が・・

    雲一つない秋晴れ。ジャガイモの収穫前に畑を間借りしていたサツマイモの収穫です。頼もしい助っ人と一緒に畑へ。幼稚園から戻ってきたばかりのYouくん、ガラス窓越しに「い・も・ほ・り・い・く」と口を動かしただけで理解した様子。体操服に長靴、ジャンパー姿で飛び出してきた。先月、幼稚園でもイモ掘りをやったらしく得意分野らしい。尻もちしながら苦労の末掘り出したサツマイモ。「とったど~」お姉ちゃんと妹も駆けつけた時には掘り終えた後。その後のジャガイモの試掘には全員参加。あ、そうそう1歳の弟くんはまだ無理でした。きのうの収穫は、紅はるか紅あずまデジマ誕生日疑惑の件、8日という説は助産師さんの勘違い。7日は親爺が届けるときに書き間違ったという結論に至りました。結局、8日も後になってシフォンケーキとやらが出てきたのでした。←クリッ...畑に子供たちの声が・・

  • 還暦過ぎて誕生日疑惑

    先日、2日は64回目の誕生日。Facebookやlineではお祝いのメッセージをもらい、事務局長はちっちゃなケーキを買ってきていた。ケーキ食べたあと事務局長に「1週間後にもう一回ケーキ食べれるかなぁ~」と言うと「何ば言いよっと」と言わんばかりに無視。というのも、ちょうど一年前、誕生日疑惑が発覚。本当の誕生日は12月8日という説が持ち上がったんです。発端となったのはこの小生の母子手帳。昨年暮れに倉庫を片付けていた事務局長が発見。60年も前の母子手帳しっかり保管していたんですね。入院中のおふくろに詳細を聞こうにも、「2日に生まれたんじゃなかったかな~」といった具合で今となってはどうもハッキリしないのである出生届出済証明欄には、7日と一旦書いて強引に2日に書き直してあるものの、当時の首長の証明印もしっかりと押されては...還暦過ぎて誕生日疑惑

  • 種ジャガイモ届く

    昨日のお山雲仙は最低気温1.2℃とか。この冷え込みで雲仙普賢が初冠雪。さすがに麓も冬の寒さを実感。種ジャガイモの更新は北海道産を使っており、毎年この時期になると種イモが届く。秋ジャガイモの収穫、長崎はこれからが本番。北海道では9月には収穫が始まるので、送られてきた種イモはすでに発芽が見られる。発芽の程度は品種によっても異なるが、ジャガイモの休眠期間は大体3ヶ月ぐらいで、常温で3ケ月を過ぎると発芽が始まる。事前注文しておいた北海道女満別産の種イモ。デジマ60㎏とニシユタカ40㎏北海道からいきなりやって来て九州の寒さに春と間違えているのかも。この種芋を春作で増殖栽培して来年の秋に使うことになる。←クリックで応援をお願しいします。種ジャガイモ届く

カテゴリー一覧
商用