漢方薬を始めよう
読者になる
住所
出身
ハンドル名
kampo-doさん
ブログタイトル
漢方薬を始めよう
ブログURL
https://kampo-do.jp
ブログ紹介文
薬剤師が、漢方薬についてわかりやすく書いていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

28回 / 33日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2014/10/03

kampo-doさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,840サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 40 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,508サイト
医療・福祉系資格 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 455サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,677サイト
東洋医学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 204サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,565サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 457サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,309位 40,067位 35,656位 34,539位 34,221位 34,455位 33,454位 974,840サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 40 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 640位 641位 570位 555位 554位 569位 562位 8,508サイト
医療・福祉系資格 19位 19位 18位 13位 13位 13位 14位 455サイト
健康ブログ 1,317位 1,269位 1,125位 1,101位 1,077位 1,088位 1,063位 30,677サイト
東洋医学 12位 10位 9位 11位 10位 9位 7位 204サイト
病気ブログ 1,434位 1,494位 1,347位 1,320位 1,321位 1,311位 1,290位 21,565サイト
薬・薬剤師 15位 16位 13位 13位 14位 13位 12位 457サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,840サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 40 40 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,508サイト
医療・福祉系資格 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 455サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,677サイト
東洋医学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 204サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,565サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 457サイト

kampo-doさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kampo-doさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kampo-doさん
ブログタイトル
漢方薬を始めよう
更新頻度
28回 / 33日(平均5.9回/週)
読者になる
漢方薬を始めよう
  • 「麻黄湯」のシンプルな解説

    麻黄湯(まおうとう)の構成生薬は、①麻黄②桂枝③杏仁④甘草の4種類。比較的シンプルな構成ですが、そのため効き目もシャープです。比較的シンプルに解説します

  • 「葛根湯」のキホン

    葛根湯(かっこんとう)は、風邪(感冒)の常備薬として活用される代表的な漢方薬です。 風邪薬のイメージが強いですが、カゼ以外の適応範囲も広いです。とても有名な漢方薬ではありますが、基本的なポイントはおさえておきましょう。

  • 「桂枝湯」多くの漢方薬の基本となる重要処方

    桂枝湯(けいしとう)は、体力が弱い人の風邪(の初期)に使われる漢方薬ですが、それだけでなく、多くの漢方薬の基礎ともなる最も重要な処方でもあります。桂枝湯の構成生薬とそのはたらきや効果について詳しく解説します。

  • 調胃承気湯と大承気湯のあいだくらいに「小承気湯」

    承気湯類のひとつです。医療用エキス製剤にはありませんが、大承気湯はもちろん、麻子仁丸(ましにんがん)などは、この小承気湯がベースになっています。便秘や腹部の膨満感に用いられる小承気湯。作用のポイントや副作用について解説します。

  • 便秘傾向で上腹部が張って苦しいときに「大柴胡湯」

    大柴胡湯(だいさいことう)の解説です。作用のポイントや副作用について。ダイエット目的で使われていることもありますが、実証向けの漢方薬ですので注意して使ってください。

  • 補気の王と称される「補中益気湯」

    「中(消化器)の機能を補い、気を益す」ということから補中益気湯。胃腸のはたらきが弱り体力が低下している、手足がだるいなどのときに用います。

  • 切れ痔やイボ痔の漢方薬「乙字湯」

    江戸時代の日本で、脱肛・痔核に対してつくられた処方です。症状の激しくない、軽度な痔に広く用いられています。「乙字湯」のキレ痔、イボ痔に対する効果について、特徴や副作用など注意点とともに解説します。

  • 瘀血を改善する漢方薬の代表「桂枝茯苓丸」

    桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、 駆瘀血剤の代表的処方。 主に血行不良の改善、または血行不良による痛みの緩和にはたらき、 血の巡りが悪いことで起こる諸症状に用いることができます。 当帰芍薬散、加味逍遙散と並んで三大漢方婦人薬のひとつと言われますが、男女を問わず使用可。 使用のポイントや、副作用、注意点について。

  • 瘀血(おけつ)を引き起こす原因と、瘀血による痛みの特徴

    瘀血(おけつ)とは瘀血とは、血の流れが悪くなったり、血が一か所に滞っている状態をいいます。 言い換えると、「停滞している血」をすべて瘀血といいます。また、瘀血によっておこる病態を血瘀(けつお)といいます。瘀血を引き起こす原因まず、瘀血の状態

  • 便を軟らかくして出す便秘薬「調胃承気湯」の解説

    調胃承気湯(ちょういじょうきとう)の解説。大黄甘草湯よりも便を軟らかくする効果を増して便を出しやすくした処方です。便秘の漢方と言えば「大黄甘草湯」がメジャーですが、穏やかな作用を求める場合は調胃承気湯の方が適します。

  • 大黄甘草湯が効かない便秘への切り札「大承気湯」の解説

    大承気湯(だいじょうきとう)は、便秘に使う漢方薬の中ではかなり強力な部類に入ります。便が硬く、つかえていてお腹が張るような便秘に使いますが、他の便秘薬とは異なる注意点もあります。大承気湯の効果の特徴について解説します。

  • 冷えてお腹が痛い方に、「安中散」の解説

    安中散(あんちゅうさん)は、中(お腹)を安(案)ずる、お腹の痛みを安らかにするという意味があります。配合されるほとんどの生薬がお腹を温める作用をもち、 かつほとんどの生薬が鎮痛のはたらきをするので、冷えによる腹痛(または生理痛)に対して用いられています。安中散の効能や副作用、注意点の解説。

  • 四君子湯は胃腸が弱い、食欲がないときの基本処方

    四君子湯(しくんしとう)は、脾虚(胃腸伽弱)の方、食欲不振の方に使われる漢方薬。六君子湯、十全大補湯、加味帰脾湯など、多くの補剤のベースとなっている処方です。四君子湯の効果や飲み方について解説します。

  • 桂皮と桂枝の違い

    桂枝と桂皮はいずれもクスノキ科の同じ植物。使用する部位が異なります。「桂枝」とは若い細枝、「桂皮」とは木の幹の皮です。植物の部位が異なれば含まれる成分にも差があります。つまり効能が異なります。桂枝・桂皮の違いや注意点。また、日本でそれらの使い分けがあいまいな理由について。

  • 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)の解説

    大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は市販薬も含め、一般的に広く利用されている漢方の便秘薬(瀉下薬)です。単純な下剤とは異なり、漢方で「瀉下」という作用は「便を排出する」ことだけではありません。大黄甘草湯が適する人とは。服用方法、効果や副作用、使用時の注意点を分かりやすく解説します。

  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)の解説

    八味地黄丸(はちみぞうがん)は、腎虚に対する補腎の代表的処方。加齢に伴って起こってくる症状に対しての方剤で、特に手や足腰が冷えている場合に使われることが多い漢方薬です。東洋医学的な「腎」のはたらきとともに、八味地黄丸の効果と注意点を解説します。

  • 動悸やめまい(メニエール)に用いられる「苓桂朮甘湯」の解説

    苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、動悸や、めまい、ふらつき、立ちくらみが主症状という場合にファーストチョイスとなる漢方薬。メニエールにも使われます。その効果のポイントについて。また苓桂朮甘湯が著効すると言われるふくろう型体質とは。

  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の解説

    芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう):SKT「去杖湯」(きょじょうとう)という別名がついています。(脚の萎弱が治って杖を捨て去ることができる、という意味)一般的には、こむらがえりや、足がつる時に使う薬として有名です。古典の『傷寒論』において

  • 頑固な便秘こそ漢方薬で解消を。「潤腸湯」の解説

    潤腸湯(じゅんちょうとう)は便がとても硬いコロコロの便で、硬くて出ないといった便秘に用いられます。 便が乾燥しているだけでなく全身状態をみても体液(潤い)が不足しているような特に高齢者に多い頑固な便秘です。 潤腸湯に配合される生薬と、効果の特徴、注意点について解説します。

  • 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の解説

    三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は実熱に対する基本処方のひとつ。顔面が紅潮する、目が血走る、鼻血が出やすい、頭に血がのぼる、カッカする、興奮が抑えられない、眠れない等のある人に向いています。黄連解毒湯とも似ていますのでそれらの使い分けや、使用時の注意点、副作用について解説します。

  • 「甘草」を含む漢方薬と含まない漢方薬の違いとは

    甘草を含む漢方薬と含まない漢方薬に何か違いは? 甘草は漢方処方の7割に配合されていますが、では配合されていない漢方薬もあるのはなぜか。甘草の効果を考えてみれば、甘草が配合されているかどうかの予測ができてきます。甘草の配合されている漢方薬と配合されていない漢方薬の特徴を整理して解説します。

  • 不眠症に用いられる「酸棗仁湯」の解説

    酸棗仁湯(さんそうにんとう)は、主に不眠症に用いられる漢方薬。ですが、睡眠導入剤のように、不眠時にだけ使うというような薬ではありません。酸棗仁湯の成分や、効果的な正しい使い方と注意点について解説します。

  • 炎症やイライラを鎮静化する黄連解毒湯の解説

    黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は強い清熱作用を持ちます。清熱薬として、おもに炎症症状(皮膚炎、口内炎、急性胃炎、充血、出血症状など)はもちろん、脳の充血、自律神経系の興奮が亢進している状態も鎮静化、その他に不眠や二日酔いにも。使用のポイントや注意点について解説します。

  • 吐き気や嘔吐、つわりに用いられる「小半夏加茯苓湯」の解説

    小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)は、吐き気、悪心、嘔吐に用いられる基本的な漢方薬。つわりや乗り物酔いなど様々な状況の吐き気に使用されますが、小半夏加茯苓湯が適さない吐き気もあります。吐き気があるときの服用方法についても解説。

  • 胃腸が弱く食欲のない人に用いられる六君子湯の解説

    六君子湯(りんくんしとう)の効果や、服用時の注意点について解説。脾胃気虚の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられ、食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスとなっています。四君子湯や二陳湯などとの違いについても。

  • ストレスや喉のつかえ感に使われる半夏厚朴湯の解説

    半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は気うつを治す理気剤の代表的方剤です。 ストレスなどで乱れた「気」の巡りを正常化する漢方薬のひとつです。自律神経のバランスを調節する薬とも言います。喉に何かがつかえているような感じがあるときのファーストチョイス。性格的には神経質や方、几帳面な方に用いられることが多い半夏厚朴湯の解説。

  • 貧血や冷え症、生理不順に使われる四物湯の解説

    四物湯(しもつとう)は補血の基本方剤。補血作用をもつ漢方薬の多くはこの四物湯をベースにされています。また、月経異常に対して、調経(月経を調える)の基本処方としても使われます。補血剤なので「血虚証」に用いられますが、東洋医学的な「血虚」と西洋医学的な「貧血」は異なります。四物湯の補血作用の特徴と効能、注意点について解説。

  • 冷えと腰痛に使われる苓姜朮甘湯の解説

    苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)は、腰から足が水中に座っているかのように冷えて痛い、または腰に重いものを結びつけているかよう重だるいといった症状に使われます。配合される生薬は人参湯や苓桂朮甘湯とも似ていますが、効果はかなり違っています。

カテゴリー一覧
商用