searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hydroneumatiqueさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
中野区

JALとワンワールド、タイとその周辺、iPhoneの記事が多いかも。 国内のプチトリップについても書いています。

ブログタイトル
お休み前のBLOG。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hydroneumatique
ブログ紹介文
飛行機で行く東南アジアとそのお供のiPhoneについて、日々の出来事ともに綴ります。
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2014/09/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hydroneumatiqueさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hydroneumatiqueさん
ブログタイトル
お休み前のBLOG。
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
お休み前のBLOG。

hydroneumatiqueさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年版Gmail中華フォント対策

    最近、「Gmail中華フォント」のキーワード検索から弊閑散ブログを訪れてくださる方が一定数いらっしゃる。そこでどうしたのだろうとGmailを開いてみた。iPhoneには特段変わったところがないが、iPad版は、Subjectのフォントがなんだか怪しい。「全」のバランスや、「旅」の旁のハネあたりに違和感がある。糸へんは普通なのがまた不思議だが…。Google先生に色々聞いてみたのだがシステムフォントに関係ありそうということでなかなか解決策が見つからなかった。日本語システムフォントに日本語書体がないものを指定しているために、代替で中華漢字を当てている、と理解したのだが本当だろうか。iOS/iPadOS13からは、アプリごとに優先言語が選べるのだとか。英語にすると解決したという話を見かけたのでやってみた。設定アプリの...2020年版Gmail中華フォント対策

  • 週末仙台へ(3)石巻に寄ってからいわきに戻る

    今日はいわきに戻るだけ、と考えていたのだが、せっかくなので「トレすご」のあしあと稼ぎで石巻線、仙石線に乗ってからにした。まずは宿で朝ごはん。仙台駅に行って、さらにブランチ。「杜」で揚げ茄子おろし蕎麦。ホームに降りると、小牛田行が待っていた。品井沼の干拓地「大崎耕土」。小牛田駅で石巻線に乗り換え。もう夏本番で暑い。まさにローカル線の風景。Can★Doの偏光フィルタをお試し。空にモワレが出てしまった。石巻駅到着。仙石東北ラインのハイブリッドディーゼルカー。今日はこちらに乗って仙台に戻る。震災後線路が内陸に付け替えられた野蒜駅。仙台市内の近く感では「トレすご」のあしあとがつかず、榴ヶ岡駅で降りて宮城野駅に戻るべく宮城球場方面へ。始めてみたが、きれいな感じの球場だった。ここまで来たら宮城野駅の範囲に入りあしあとGet。...週末仙台へ(3)石巻に寄ってからいわきに戻る

  • 週末仙台へ(2)ダラダラと過ごす土曜日

    明けて土曜日。今日から8月になった。ダラダラと部屋で過ごして夕方近くになって神輿が上がる。ウロウロしてたどり着いたのが一番町のHUB。ハッピーアワーのジントニックとアンチョビキャベツ、フィッシュ&チップスで遅いブランチ。帰り道でイオン(かつてのダイエショッパーズ)に寄って惣菜を買い込んで宿に戻る。週末仙台へ(2)ダラダラと過ごす土曜日

  • 週末仙台へ(1)7月31日 特急ひたち

    東京での感染者が300~400人と急増していて、勤務先のいわきでもなんとなく東京との往来が嫌がられる雰囲気になってきた。とはいえ、我々は週末に帰らなければならない。ということもあって、思わず逆方向の特急に乗ってしまった。四ツ倉駅を通過して見えてくる波立海岸の弁天島。久之浜。いい感じに日が暮れてきた。ここらへんで、いわき駅前のLATOVで買ってきたパックの寿司で晩ごはん。やがて、列車は最後につながった区間に入ってくる。大熊町の大野駅。「大熊」は大野+熊町の複合地名と思われる。その大野自体も「大川原」と「野上」の複合地名ではないかと思われるのだが…。ここからは19時を過ぎて真っ暗。仙台には20時半ぐらいに到着。いわきからでも2時間かかる。大都会仙台には久しぶりにやてきた。ホテルにチェックインするとウェルカムドリンク...週末仙台へ(1)7月31日特急ひたち

  • うーむ。

    gooブログの方に、珍しくコメントを頂戴した。内容を拝見するとなんとも??なもの。コメントをくださった方のハンドルとコメントのキーワードでググってみて背筋がひんやり。なんと10年ぐらい前から同様のコメントをあちこちのブログに投稿されていた。ボットじゃないかと思ったのだが、時期によって微妙にコメントの内容が異なっているので、ボットではなさそう。せっかくいただいたコメントだが申し訳ないが保留のままとさせていただく。うーむ。

  • 幻のオリンピック4連休 7月26日 東京、そしていわきへ(完)

    高知空港へ4連休も終了。東京に戻り、出張先へ向かう。雨のはりまや橋。リムジンバスで空港へ。高知空港にはラウンジがないので暇。乗るべき飛行機がやってきた。羽田空港までひとっ飛び。JAL494便で羽田まで房総半島からはあまり通ったことのないルートだった。陸自習志野演習場。空挺降下で有名。北総線の西白井駅。空自下総基地上空を通って、新鎌ヶ谷駅。浦安鼠園。ゲートブリッジが見えてくれば、羽田はもうそこ。出張先までが4連休羽田から品川駅に移動し、遅いブランチ。特急ひたちでいわきに向かう。幻のオリンピック4連休7月26日東京、そしていわきへ(完)

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(7)高知ナイト

    高知に一周して戻ってきた。泊まるのは初めて。アーケード街のホテルにチェックイン。その後一周祝賀会に出かける。ひろめ市場に行くも妙に人だかりで混雑。結局、ホテルの裏にある「蕎麦と酒湖月」に。店構えで飛び込んでみた。お通し。今日通ってきた土佐久礼の蔵元の3点セットを注文。真ん中の辛口純米吟醸が一番好みだった。左の「一本釣り」はこの店で熟成させた古酒とのこと。まろやかだがパンチにかける気がした。右側の辛口純米は少しピリッとしたかな。高知に来たらこれということでカツオのたたき。分厚く切ってあって食べごたえ十分。ひとしきり酒を飲んだあと、「どくれ」みたいな辛口とお願いしたら、女将さんがいろいろ悩んで出してきてくれた。これをきっかけにいろいろと話が弾んだ。対象も女将さんも気さくで楽しかった。お酒は「文佳人」。湖月風冷奴をつ...幻のオリンピック4連休7月25日(7)高知ナイト

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(6)ふりだしに戻る

    いよいよ四国一周も大詰め。宿毛から高知を目指す。中村からは特急あしずり。窪川までの海岸線は美しい。土佐佐賀駅の手前の川。清流。特急はループ線に挑む。窪川をすぎると長いトンネルを抜けて、海へ。土佐久礼駅。だんだん日が暮れてきて、仁淀川を渡ると高知はもうすぐ。高知のお城が見える、はず。高知駅に到着。四国反時計回りの旅、ここに完結。幻のオリンピック4連休7月25日(6)ふりだしに戻る

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(5)左下に向かう

    初日は室戸岬に向かったが、最終日は足摺岬の「近く」まで行ってみることにした。窪川から土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の普通列車に乗る。もう一度、ブラタモリで出てきた踏切。ループトンネルを出て暫く走ると太平洋が見えてきた。この風景を求めてたんだよなぁ。この列車は中村止まり。駅舎の外見は国鉄時代のままだが、内装は大きく変更されている。ブルネル賞という鉄道関係のデザイン賞を受けている。駅前に食堂ぐらいあるのかと思ったのだが、残念ながらなくて、売店で助六寿司を購入。さて、左下の端、宿毛まで行く列車がやってきた。中村駅を出発するとすぐに四万十川を渡る。実は河口はこの街にあったのだった。途中通ってきた窪川は海に近いのですっかり下流なのかと思ったら、上流部と中流部の境なのだとか。へええ。ここも鉄建公団AB線の新設区間なのでトンネ...幻のオリンピック4連休7月25日(5)左下に向かう

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(4)四万十川に沿って

    江川崎から先は、四万十川に沿って窪川まで。鉄建公団AB線として1970年代に開通した区間で、比較的直線が多く、トンネルと橋で四万十川に沿って走っていく。そのため、川は右に左にと目まぐるしく変わっていく。いきなり「ハゲ」駅。下の写真で列車は左の方向に走っているのだが、四万十川は右側に流れていっている。実際に見るまでは、窪川に向けては川を下るのだと思っていたのだが、実際には川をさかのぼって窪川に向かっている。昨日までの大雨とあって、決して清流とは言い難いが、ダイナミックな風景が広がっている。ここにも沈下橋があった。今は鉄橋渡るぞとー♪。少し日差しが出てきた。涼し気な風景が見える。ああ、コロナが恨めしい。ラフティングなど楽しめそう。一旦四万十川を離れ、中村線に合流するためにトンネルをくぐる。中村線との分岐点の信号場で...幻のオリンピック4連休7月25日(4)四万十川に沿って

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(3)かっぱうようよ

    ここからは予土線で窪川を目指す。次の列車は11:42発。「海洋堂ホビートレインかっぱうようよ号」だった。車内にはフィギュアメーカーの海洋堂のジオラマが陳列されている。車内の座席にもかっぱがうようよ。走り出すと、もともと軽便鉄道だった区間なので止まりそうな勢い。棚田の稲の緑が美しい。3駅目の途中で峠を超え、四万十川水系に入る。沈下橋も見えてきた。県境を超えて高知県へ。江川崎駅で数分停車。何人かが降りていき、何人かがトイレに行った。ここからは1970年代にできた新路線で四万十川本流沿いに走る。幻のオリンピック4連休7月25日(3)かっぱうようよ

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(2)宇和島うろうろ

    宇和島で思いがけず2時間の街歩き。まずは港のそばにあるドラッグストアへ。胃腸薬を購入して一安心。遠くに宇和島城が見える。ドラッグストアの向かいにある道の駅へ。「牛鬼」の展示。離島ゆきのターミナル。ここから九州へはいけないようだ。その後は宇和島市内を散歩。お城への登り口。児島惟謙の銅像。大津事件の大審院裁判官とのこと。宇和島バスのバスターミナル。バス会社なのに旗のマークなのはかつて船会社の関連会社だったそう。中心街のアーケード「きさいやロード」。土曜日の午前中なので人通りは少ないものの、空き店舗は少なさそう。アーケード街から望む宇和島城。ぐるっと一周回って宇和島駅へ。南国風のデザイン。駅舎の中には七夕飾り。さて、次の列車の改札まで20分。幻のオリンピック4連休7月25日(2)宇和島うろうろ

  • 幻のオリンピック4連休 7月25日(1)不安を抱えつつ四国の左下へ

    そこそこの良い天気となった。最近あまり乗っていないのだがANAのスーパーフライヤーズカードを持っているので、朝食付きのプラン。ホテルの最上階のレストランへ。松山城が正面に見える。コロナの影響でセット化されたメニュー。品数も多く、ボリュームも多いが、バイキングを一品ずつ揃えてくれた感じでごった煮の様相を呈している。ありがたくいただいてごちそうさま。市内電車で松山駅へ。結局最新型の流線形の電車には当たらず。レトロ風の駅舎だが、連続立体化の工事が行われていて、高知のようなあっさりとした駅になってしまうのだろうか。駅の入口にあった台湾鉄路松山駅との友好駅記念の駅名標。そういえば、松山空港(MYJ)から台北松山空港(TSA)ゆきのチャーター機が運航されたこともあったっけ。効果の敷地になるとのことで線路が一部剥がされた松山...幻のオリンピック4連休7月25日(1)不安を抱えつつ四国の左下へ

  • 幻のオリンピック4連休 7月24日(3)高松で難民寸前

    うどん屋が見つからずウロウロして駅に戻ると改札にこんな告知が。今まで大雨に合わずに澄んでいたが、いよいよ出くわす羽目になったか。取り急ぎ予定の列車に乗ってみるが、ちょうど隣にいらした地元の方に「結構まずいかも」と言われ、阿波池田の先輩にも連絡してみたが、今回は断念することになった。そこで、次の目的地松山に直行することにした。さらに40分ほどの時間ができたので、長蛇の列が切れた「めりけんや」で冷しぶっかけすだちうどん。こんな感じの店構えだったが、JR四国の関連会社が運営しているとのこと。とりあえずブランチになったので、満足して駅に戻り、特急いしづちに乗り込む。途中の宇多津で岡山からの特急しおかぜと連結し、堂々の8両編成で松山に向かう。相変わらず雨が降り続いている。「津島ノ宮」駅。ここはお祭りのときにしか列車を止め...幻のオリンピック4連休7月24日(3)高松で難民寸前

  • 幻のオリンピック4連休 7月24日(2)高松でうどん難民

    四国反時計回りの旅、次に向かうのは高松。そこから土讃本線方面に乗り継ぎ、阿波池田に転職した会社の先輩に会いに行くことにした。高徳本線に乗るのもほぼ半世紀ぶりのはず。県境の峠を超えるとこんなに海が近いんだね。志度駅からは琴電の線路が見えたり見えなかったり。栗林駅は高架になっていた。そして高松駅に到着。新車のヘッドマークはLEDだがイラストが表示できるようだ。なると巻だい!!乗り換え時間が40分ほどあるので、「連絡船うどん」に行ったら臨時休業。改札を出てもめぼしいうどん屋は定休日だったり、開店直後で長蛇の列だったり。まさか、高松でうどんが食えないとは。幻のオリンピック4連休7月24日(2)高松でうどん難民

  • 幻のオリンピック4連休 7月24日(1)今日はまず右上へ

    徳島市で一泊し、次は松山を目指す。昨日の移動中に阿波池田に転職した会社の先輩と連絡が付き、途中で阿波池田に寄ることにした。早朝の徳島駅へ。駅前のそごうが来月末で閉店とか。地方の百貨店は厳しい状況が続く。徳島駅。ここからまずは鳴門線で鳴門に向かう。JRの旅行センターにお遍路グッズが売られているのがさすが四国。徳島は1番札所があるのだっけ。7:30が始発列車らしい。JR四国はやっていけるのか?40分ほどで鳴門駅へ。小学校2年になる春休み、祖父母に連れられて四国に来たのはもう半世紀も前のこと。宇多津の叔母の家に泊めてもらい、金毘羅さんに行ったあと、鳴門に来て渦潮観光船に乗って淡路島へ。そこから神戸まで船で帰ったのだった。今日は渦潮は見ずにそのまま同じ列車で折り返す。帰り道で見かけたれんこん畑。花が咲いている。そうこう...幻のオリンピック4連休7月24日(1)今日はまず右上へ

  • 幻のオリンピック4連休 7月23日(3)徳島を目指す

    岬めぐりのバスは行くよまずはバスで室戸ジオパークセンターに向かう。意外と遠くてびっくり。ここで乗り継ぎの甲浦行のバスがすぐに接続。乗継券をもらって乗り換える。海岸沿いの国道をずっと北上。夫婦岩などもある。1時間ぐらいで甲浦駅前に到着。バスはさらに甲浦岸壁まで行くが、フェリー航路は廃止されている。たった3駅の三セク鉄道ここから3駅は阿佐海岸鉄道線。本来は、先程乗ってきた土佐くろしお鉄道ごめんなはり線と接続して、四国一周の鉄道になるはずだったのだが、流石に断念。そこで、DMVを導入することになったらしく、DMV用の道路が建設中。そのあおりでJR牟岐線も先週から末端区間の牟岐=海部駅間が運休し、バス代行となっている。阿佐海岸鉄道線は3駅で行ったり来たりとなっている。なんやねん、それ。それはさておき、折返し列車が到着す...幻のオリンピック4連休7月23日(3)徳島を目指す

  • 幻のオリンピック4連休 7月24日(4)今度は温泉難民

    松山の宿にチェックイン。ボーッとしているうちにうたた寝。1時間位して目が覚めた。慌てて外出。行き先は、漱石先生の昔から松山といえばここ。坊ちゃん列車も止まっている。見た目はSLだが、実際はディーゼル機関車。さらにポイントの自動切り替えに対応するために、客車にはダミーのパンタグラフまでついている。明治時代のデザインを真似たという道後温泉駅。早速商店街へ。抜けたところに道後温泉本館がある。現在は改修工事中で、背後には覆屋の屋根が見える。さて入ろうと思ったら、なんと驚いたことに札止め。コロナの影響で入場制限をしているらしい。うーむ。となればということで、最近できた「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」に行くもご覧のような長蛇の列。「椿の湯」も並んでいてもはやそこらじゅうが三密。泣く泣く諦めて電車で戻る。まさか道後で温泉に入れな...幻のオリンピック4連休7月24日(4)今度は温泉難民

  • 幻のオリンピック4連休 7月23日(2)まずは右下を目指す

    まずは高知駅へ空港バスで高知駅へ。似たような乗り場に2社のバスが並んでいて、どっちに乗っていいのかよくわからない。ほぼ同じに出発し、ほぼ同じに到着したのまぁいいか。高速道路経由とあるが、実際には高規格のバイパスを通って市内へ。おなじみの土佐電鉄の路面電車が走っている。こちらもお約束「ごめん」ゆき。30分ほどで高知駅到着。北口はこんな感じ。南口は路面電車の乗り場がある。坂本龍馬他の維新の志士たち。足元では何やらイベントが行われていた。フリーきっぷで四国ぐるぐる今回は、このきっぷを購入する。四国のJRと3セク2社が乗り放題。自由席なら特急にも乗れる。スペシャルと銘打っているだけあって、8,000円とお買い得。これで四国をウロウロしようというのが今回の目的。早速最初の列車に乗車。一区間だけ特急に乗る。我が国で一番謙虚...幻のオリンピック4連休7月23日(2)まずは右下を目指す

  • 幻のオリンピック4連休 7月23日(1)4ヶ月ぶりに空港へ

    本当はオリンピックの開会式に合わせたはずだった4連休。体育の日に至っては10月から強引に持ってきたのに、コロナ禍でオリンピックは延期。さて、この4日間をどう過ごそうか。四国か九州に乗り鉄しに行こうと考えていたのだが、九州は先日の豪雨でそれどころではない。そこで四国に行こうと調べていたところ、JR四国が格安の乗り放題きっぷ「四国満喫きっぷスペシャル」を設定したというのでそれを使ってみることにした。もちろん、マスクはたくさん持ってゆき、地元の方と接触しそうな飲み屋には行かない(となると地域に金は落ちないが)ことにして、恐る恐る出かけてみた。羽田空港には3月に那覇に行って以来。同じことを考えている人はいるようで、それなりに混んでいた。しかも、出発ロビーは改装工事中。自動荷物預け機にも、ファーストクラスカウンターにも長...幻のオリンピック4連休7月23日(1)4ヶ月ぶりに空港へ

  • 久しぶりに夜明け市場へ

    週中なのに夜明け市場に出かけてしまった。いつものように「和歌」へ。今日はお客さんがおらず、自分が最初の客だとか。「夜明けハイボール。いわき産のトマトジュースが少しだけ入って美味しい。「オカヒジキ」と生ハムの和え物。これがお通し。磐城壽の「あかがね」。何でももう少ししたら山形から浪江に帰ってくるとのこと。辛口だが味わい深い。女将さんがあてに出してくれたのは梅干し。常連さんからいただかれたとのこと。大きい。こうやって、少しでも地元に金を還流できたらと思うが、明日の夕方東京に帰って、4連休になる。久しぶりに夜明け市場へ

  • 左手用のマウスを買った

    最近見なくなったのは左手用のエルゴノミックマウス。右手用はいくらでもあるのに、左利き差別だ!なんて声高には叫ばない。Amazonを眺めていたら、それでも何種類かは売られていたので、サンワサプライのエルゴノミクスマウス400-MA108Lを2500円くらいで購入。2.4GHzのワイヤレス仕様。早速開封すると、マウス本体、電池と何やら大きなパーツ。取り出すとこんな感じ。これらが合体する。広い部分は手首を置く台になっていてこれごと動かすことで手首の負担を下げるらしい。握るとこんな感じ。いつの間にか手がおっさんになっている。職場で使ってみて、どんな感じか試してみよう。左手用のマウスを買った

  • マイナポイントを申し込んだ

    9月から最大5,000円相当が付与されるというマイナポイント。いろいろな決済サービスが使えるというのだが、一つに絞らなければならない。決済サービス各社もいろいろと知恵を絞ったキャンペーンを張っていてなかなか決められなかった。今日、ようやくSuicaにすることを決めて申し込んでみた。必要なのはマイナンバーカード、NFC対応のスマホ。マイナンバーの読み取りappとマイナポイントappをインストール、さらにSuicaというよりJREポイントのサイトから「JREポイント交換番号」を入手する必要がある。申し込み自体は、意外とあっさり終了。何かに付けてカードの認証が求められたり、あれこれと入力するところが多かった印象。マイキーIDを最初に発行しておくことがポイント。あとから「マイページ」でIDは確認できる。もっとやりようは...マイナポイントを申し込んだ

  • いわきに移動

    今週もいわきに向かう。できれば笑点を現地で見られる時間帯に付きたいので、3時の特急ひたちで向かうことにした。その前に駅のスタバでひと休憩。カウンターに置いてあったシナモンやバニラは撤収されており、バリスタにお願いしてかけてもらった。ストローは紙製。車中では見逃していたテレビをオンデマンドで見ながら過ごす。ウトウトしていたら湯本駅。さて、今週も頑張りましょう。いわきに移動

  • コロナ疲れ

    コロナウィルス感染症が問題視され始めて半年以上経った。最初は中国のローカルな伝染病かと思われていたがあっという間に世界中に広がって、日本でも横浜港入港中のクルーズ船で広まって、なくなる方も出たりして一気に恐怖感が広まったのは皆さんも覚えているとおり。緊急事態宣言が出されて移動の自粛が行われ、出張ベースの自分たちも職場で「帰るの?」と聞かれたり、「3密」の状態に近づいてくると注意をされたり、いろいろと制約も多くなってきた。シフト制勤務も導入されるとチーム内でのコミュニケーションが行き届かなくなったりもした。3週間帰宅しなかったこともあるが、土日にやることもなく、ただゴロゴロして酒を飲むだけ。緊急事態宣言が解除されてホッと一安心とはいえ、マスクと手洗い、3密回避という新しい日常をある意味強制される毎日。首都圏での感...コロナ疲れ

  • Go To Travelキャンペーン二転三転

    コロナ禍で人々の移動が激減し、インバウンドも皆無の状況で旅行業は青息吐息。それを救うために企画された宿泊費を補助することで旅行需要を喚起しようというのがGoToTravelキャンペーン。幻のオリンピック開会式に合わせて設定された4連休の直前から開始されることになっていたが、このところの感染者数の急増で急遽対象が変更された。東京発着が除外され、若者と高齢者の団体旅行の自粛も。旅行市場最大であり、かつ最大のデスティネーションの一つである東京を外すということは、このキャンペーンの主要部分が除外されたに等しいという人もいる。ちょっと考えてみると感染拡大を予防するために東京を除外するとともに、経済的に立ち行かなくなっている地方を支援している体が取れる。決して悪い判断ではないけれどね。GoToTravelキャンペーン二転三転

  • 炭酸水を過冷却してしまった

    冷蔵庫の吹出口の前に入れてしまっていたウィルキンソンタンサンを取り出して開栓したら、過冷却になっていたようであっという間にシャーベット状に。氷が溶ける前にどんどん炭酸は抜けてしまうのだろうなぁ。ときどき、氷から炭酸が抜けるときに氷を割る音でドッキリ。もったいないことをしました。炭酸水を過冷却してしまった

  • 今週も帰京

    東京で感染者が200人を超えるような状況になってきているが、今週も当然のように帰宅する。18時過ぎにいわき駅へ。下りホームには仙台行のひたちがやってきた。普通電車の広野行越しに仙台発のひたち。今日はこれに乗る。この時間帯、仙台発着のひたちがいわき駅ですれ違うことになる。1週間お疲れ様のビール。今週も帰京

  • プチ送別会

    いろいろあって今年は若手の交代が遅れていたが、昨年度のメンバーは明日で交代が完了する。その事もあって、慰労会。3密に気をつけながらの事実上の送別会。最後に、中堅君からのサプライズプレゼントがあり、大いに盛り上がった。交代して行くみんな、お疲れさまでした。プチ送別会

  • 航空会社の株主優待券暴落中

    東京に戻ったときに、ニュー新橋ビルを覗いてみた。金券ショップには多数の航空会社の株主優待券が並んでいる。コロナで移動する人が減ったせいか、軒並み価格が安い。例えば、このJALの11月末まで有効なものは2,500円が底値。発行枚数が多いANAはもう100~200円ほど安い。少しずつ移動が解禁されてきて飛行機に乗る人も増えてくるのだろうが、しばらくはこの価格水準なのだろうか。JAL/ANAともステータスが1年伸びたので、今年あえてたくさん飛ばなくてもいいしねぇ…。航空会社の株主優待券暴落中

カテゴリー一覧
商用