searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

anonymousさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

大切な人が、薬物問題で悩んでいる「あなた」へ 大丈夫です!一人じゃないから!解決策はある! と、伝えたいと願う複数名の家族達です。

ブログタイトル
Not alone.
ブログURL
http://notalone2014.jugem.jp/
ブログ紹介文
大切な人の薬物依存症に向き合う家族のブログ
更新頻度(1年)

148回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2014/06/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、anonymousさんをフォローしませんか?

ハンドル名
anonymousさん
ブログタイトル
Not alone.
更新頻度
148回 / 365日(平均2.8回/週)
フォロー
Not alone.

anonymousさんの新着記事

1件〜30件

  • 昨日のこと

    昨日、依存症の問題で困っている仲間の弁護士さんとの面談に同席しました。 詳しい内容は書けませんが、具体的に困っていることを伝えることの大切さを痛感しました。事前に仲間の家族の問題、今回相談したいことなどを詳しく聞いていました。その

  • 原因

    エバーフレッシュがパラパラと葉を落とすこの暑さで乾燥したからだろうたっぷりの水やりが必要だった新葉を出すには切るしかない…二週間程で若い葉が出始めた知っていながらもためらってしまうのは相変わらず 問題に対処するために

  • 気持ちを表す

    公道に立ち並ぶ木々の周りが草刈りされ、スッキリして枯れ草のにおいがする。 そのためだろうか?いつになく散歩のワンコが興奮気味で、車道の方へ行こうとリードをグイグイ引っ張る。 いつもなら私がリードを引くと、歩く方向を修正し

  • 当たり前が愛おしい。

    午前中はあんなに日差しが強くて、これぞ日本の夏‼みたいなお天気だったのに、午後からにわかに空が暗くなり一転。ものすごい雷鳴とともに大雨が降りだしました。 まるで私の人生みたい、と笑ってしまう。人生、山あり谷あり、という

  • 私の中にはまだ音楽があります

    ある回復施設からのお便りに体験談があったたまたまだろうが高齢の方が多い…何度も収監され自己反省と後悔が綴られている悲しくなる… 追い詰められて社会からの偏見や差別に晒されてき人達だストレスを感じれば感じ

  • 心地よい響き

    突然の雷雨に畑の野菜が気になる。 元々水はけが悪い畑なので、雨が続くとすぐにぬかるみになる。 あまり条件は良くないのだが、毎年、二人では充分なほど夏野菜の実りはある、 今年は、特にキュウリの巨大化(通常の3倍程

  • The first step is always the hardest

    最初の一歩を踏み出すのは、いつもいつもほんとに難しい。 薬物の問題を誰かに相談すること。自助グループに参加すること。今までとは、違う方法を、行動をとること。依存症の当事者に自立を促すこと。 なにもかもが、難しい。&nbs

  • レンズ

    曇った日が続いている植物たちは至って元気だベランダの滞在時間が長くなる考え事をするのにもってこいの場所ポポラスが一斉に芽吹いた ずいぶん長いことあることをやっていた終わりは来るのかと不安にかられたり見直す度にダメ出しが止まらなかっ

  • ゴーストバスターズ

    お久しぶりです。ずいぶん長い間ブログを書くのを休んでしまいました。 とても忙しくしていて、ブログを書く余裕がありませんでした。心身ともに余裕がない時期に心折れる出来事があり、そこから抜け出すのに思いのほか時間がかかってしまいました

  • 心のバランス

    一日中雨 雨に濡れた木々の緑は一段と深まり、生命の息吹さえ感じられる。 降り続く雨に、いつになく感傷的になるのは、大切な人との別れがあったためだろうか。 懐かしい思い出に慕っていると、グループホームに入っている

  • 血液型との関係

    一度車で来た場所だから大丈夫だと思っていたのに、30分以上ウロウロしている。自分でもあきれるぐらいの方向音痴、 だからいつだって時間に余裕をもって出かける。近くまで来ているはずなのに、もう〜スマホのナビが分かりづらいって言ってられ

  • 気楽に行こう!

     うちの職場の大学生のバイトの男子。その男子は「お腹すいた〜しんどい〜帰りたい〜」を連発する。なんともゆる〜い感じのキャラ 弱音ばかり吐くのだが仕事が出来ないわけで

  • 静けさの中で気づく

    どこからか子どもの「おかあさん〜」と呼ぶ、良く通る声が聞こえてきた。その透明な声は朝の静けさを破ってはいたが、一日の始まりに明るさを運んでくるようだ。 時々エレベーターで出会う「あの子」かなぁと思うと、その動きや話し方の可愛さが目

  • 絶対に、目を開かない。どんなに怖くても。

    想像してみてください。 段差がある部屋の中‥、右へ左へ曲がりながら目的地へ進む。 ギュッと、瞼をきつく閉じながら。 恐怖に襲われながら‥、頼るのは手を持って導いてくれる人の声のみ。 こわい!コワイ!!

  • 母娘

    ベランダのブルーデージーの花がしぼみ始めたその後なんと綿毛になるまるで別モノあんな可憐なお姿が…だだけど…この綿毛が種だそうで次に繋いでくれる 咲かせた花を閉じ次へと運ぶ変化してゆく生命の不思議さ幾度と

  • コミュニケーション

    雨上がり虹が見えた。一部分雲に隠れてきれいな孤を描いていなかったが、久しぶりの虹に感激。 そばでワンコが散歩を催促するが、「ちょって待って」と言い聞かせる。言葉はちゃんと通じるから、ありがたい〜 実は近頃ワンコによく使う

  • 緊急事態宣言、2週間〜1カ月延長で調整

    緊急事態宣言、2週間〜1カ月延長で調整 週内にも決定最新情報のようであり‥、ため息とともに「やっぱりなぁ‥」的な、昨夜のネットニュースでの見出し。 モヤモヤ、ザワザワ‥。先が見えない何とも嫌な感覚。こんなことしててもアカンのとちゃ

  • 恩つなぎ

    パラパラと降る雨に濡れながら荷物でいっぱいの自転車を押す時々見える晴れ間がうれしいGWだけど連続してお休みがとれるわけでもないが…この雨はお家にいなさいという天の声だと思い外出は控えていよう 先日八年前に訪れた場所に

  • 家族だけでは解決できません

     薬物依存症者の親はたいてい共依存という病気です。多くの仲間を見てきたけれど常識的でとても真面目な人が多いと思う。他人に迷惑をかける事をとても嫌がるとか、何事もちゃんとやらなくちゃいけないとか、頑張り屋の人も多いと思う。そう言う傾

  • 耳を傾ければ

    問題の解決を後回しにすることで、そのことを「なかったもの 」にしたいという思いが、あったのだろうか? そのために、自分の感情になんとか折り合いをつけようとして、心も身体も悲鳴を上げていたというのに、その心身の声に耳を傾けていなかっ

  • コロナ禍でも、緊急事態宣言下でも。

    三回目の緊急事態宣言が発出された。 戻りかけていたと‥、感じていた日常が、まだ、非日常なんだと突きつけられた。 この一年で、起こったできごと。 昨年の父の逝去。今月、旅立った愛犬。そして、仲間の家族の悲報。&n

  • 手を引き寄せて

    秋から冬の間に枯れた植物の片付けをした。ちゃんとケア出来なかった後ろめたさが…大きな鉢から根を引き抜き土をはらう惚れ込んで手にした夏の日を思い出すやはり蘇ることはなかったんだな…さみしい 暖かくなったら

  • ハナミズキ

     「コロナの自粛もお構いなしに桜は満開に咲く それも自然 コロナもまた自然の仕業 私たちは自然の中で生かされている」 ある女性が語られた言葉がとても素敵で心に沁みました。 大切な人の薬物問題で毎日めっちゃ大変で

  • タンポポの綿毛のように

    畑の土手のタンポポが、いつのまにかふわふわの綿毛になって揺れている。 小さい頃は綿毛に息を吹きかけては、ふわふわと風に乗って、どこまで飛んでいくのだろうかと目で追っていたものだ。 草花の変化を楽しみながらも、そばで元気に

  • どう、とらえるのか? どう、とらえられるのか?

    受け取り方に変化の兆しが‥。 変異株のコロナが勢力を増し、都市圏で感染爆発が顕著となり、3度目の緊急事態宣言が発出されるという。 ネットニュースでも芸能人の誰それが、陽性反応がでました!みたいな記事が連日掲載されてるが‥

  • 初めて

    ベランダの賑わいに癒されている日々毎朝の水やりだけでこんなにご褒美をくれるなんて…植物たちは自然からの光や風をキャッチして小さな葉っぱたちを支えるかのように伸びる枝のやわらかい曲線が美しいソフォラ 職場に新人がやって

  • 今週のつれづれ

     週の初めにGad'sさんのワンコの旅立ちを知りとても淋しい気持ちになりました。 うちのワンコも娘を手放した私の淋しさを癒してくれたなぁ。引越しをする時にワンコとニャンコを連れて大変だったなぁ。なんて感慨にふけっ

  • 虹の下で

    「なけた、ナケタ、泣いた。」 部屋に、お香が漂ってます。 今年の秋に18歳の誕生日を迎える予定の老犬の愛娘が、昨日、抱っこしたまま旅立った。 一昨日前から‥、悲しそうに鳴きだした。 辛く、悲しい、響き

  • 他者へ

    春の冷たい雨が降った日止めていた自転車に桜の花びらが積もる雨の雫で払い落せないそれもいいかと走り出した 桜の満開時に毎年ふる雨はシーズンの幕引き役だここ二、三日気温は急下降何度目の寒さかな?三寒四温…空から溢れる陽ざ

  • 無力

     自分の力で他人を変えることはできない。どれだけその人を愛していても薬物の使用をやめさせることができないように新芽が芽吹くことも止められない。花が咲く事も止められないし、青空になることだって止められない。私にもあなたにも変えられな

カテゴリー一覧
商用