プロフィールPROFILE

impatiensさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
cycle time
ブログURL
http://impatiens101.hatenablog.com/
ブログ紹介文
いろんな美術館・博物館に行ったときの記録をつけています。
更新頻度(1年)

55回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2014/04/15

impatiensさんのプロフィール
読者になる

impatiensさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,905サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,233サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 435サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,905サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,233サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 435サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,905サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,233サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 435サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、impatiensさんの読者になりませんか?

ハンドル名
impatiensさん
ブログタイトル
cycle time
更新頻度
55回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
cycle time

impatiensさんの新着記事

1件〜30件

  • 印象派からその先へー 世界に誇る吉野石膏コレクション展@三菱一号館美術館

    こんにちは。仙です。この頃晴れてて、爽やかで気持ちいい陽気が続きます。 で、今回は、三菱一号館美術館で開催中の「印象派からその先へー 世界に誇る吉野石膏コレクション展」です。 ルノワールは女性よりこどもの絵のほうが好き 吉野石膏って、ご存知ですか?私は子供の頃から知ってました( ̄▽ ̄)。この CM です。 吉野石膏 タイガーボード なんで知ってるんだろう?と思いましたが、多分 Wiki を見ると、報道特集の提供で認知してたんだと思います。私は子供の頃から報道やドキュメンタリーばかり見てました。思考が中年男性だったので・・・。音をしっかりカットして炎も熱もシャットアウトする、しかも強くて丈夫なタ…

  • お金持ちの世界を覗く(ハプスブルク展@国立西洋美術館&美意識のトランジション― 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ―@五島美術館)

    こんにちは。仙です。やっとこさ寒くなりましたね(・ω・)ノ。 さて今回はまず、国立西洋美術館で開催中の「ハプスブルク展」です。 この日は天気よかった 運よく平日に行けたんですが、混んでた( ̄▽ ̄)。なぜかと言えば修学旅行生とかち合ったから。 そうかー(´・_・`)、この季節だもんねー。意外と週末のほうが見やすかったかも。ま、いいけどね。 展示自体はとても良かったです。 特にやたらかっこいい甲冑とかデコラティブな銃とか。何かエルメスとかのブランドもこんな源流から出てきたのかなー、みたいな。日本にはないセンス。 あとは調度品や食器。コーヌコピア型(たぶん)の水差しとか、シャンデリア風のシャーベット…

  • 中央線サブカルとはまた違う宗教についての展示(古代中国―墳墓の護り手―@天理ギャラリー&嶺の御嶽山と一山行者@大田区立郷土博物館)

    こんにちは。仙です。 今回は、またマニアックな展示に行ってきました(・ω・)ノ。 読んでいただいた方は「こんなマニアックな記事、他に読む奴いるんだろうか?」とかなるかなと思うのですが、ご明察の通りこの類の記事は元から少ないヒット数が更にガクンと落ちます( ̄▽ ̄)。でもいいの。私は興味あるから。 さて、この記事みたいに impatiens101.hatenablog.com 中央線沿線はサブカル寄りの信仰の現場だと思うのですが、そこを外れると比較的シリアスな、トラディショナル寄りの信仰由来の展示・施設が多いかなと思います。 今回展示を見に来たのは、小川町の天理ギャラリーと大田区の大田区立郷土博物…

  • 台風のあとの東急線沿線コレクション(横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち@横浜美術館&チェコ・デザイン 100年の旅@世田谷美術館)

    こんにちは。仙です。台風は大変でしたね(・ω・)。家の方は特に被害がなかったのですが、普段災害とは無縁の地域が少なからず被害を受けているのを見て、衝撃でした(・ω・)。 今回は、まあいろいろあって、東急線沿線の美術館2つに行ってきました。 まず最初にみなとみらいの横浜美術館で開催中の「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」です(*゚▽゚)ノ。 撮影用看板 平日に行ったのですが、結構混んでた(・∀・)。印象派の人気を改めて感じます。 そんで、 特にタイトルに関心を持たずに「何となく印象派のオランジュリーの作品が来てる展覧会」みたい…

  • 嵐の前夜に(ゴッホ展@上野の森美術館)

    こんにちは。仙です。 台風やばかったですね(・Д・)ノ。こんな規模の台風はじめての経験です。自宅もちょっと雨漏りしました(-_-;) 実は事前情報だけのときは危機感薄くて金曜の夜には「台風だからたぶん空いている。ラッキーかも(・∀・)」とか思ってゴッホ展に行ってました。我ながら能天気すぎました。ちょっと反省・・・。 夜間開室だよー 世の中には同じような思考回路の人はけっこういました。入場してみるとそこそこ人がいたd( ̄  ̄)。でもまあまあ見やすかった。視界は快適でした。普通の週末ならもっと混雑してたはず。 入り口はこっちのほう。混雑を考えて動線を作ってるんだと思う 実は最初に間違ってここじゃな…

  • 今週末から始まった展覧会二つ(ラウル・デュフィ展― 絵画とテキスタイル・デザイン ―@パナソニック汐留美術館& 行幸-近現代の皇室と国民-@国立公文書館)

    こんにちは。仙です。暑いですね。 さて、今週は始まったばかりの展覧会二つに行ってきました。 まずはパナソニック汐留美術館で開催中の「ラウル・デュフィ展― 絵画とテキスタイル・デザイン ―」です。結構混んでた。人気あるのね( ̄∇ ̄)。 良いデザイン 少しの絵画とたくさんのテキスタイル、そしてそれを使用して作られたコスチュームが展示されていて、 よかったです。全体的に明るい感じ。少なくとも見てて暗い気分にはならない。軽く見てても楽しいし、疲れてる人にもオススメですヽ(´▽`)/。 そして思った。この人は画家としてよりもテキスタイルデザイナーとしての方が能力高い気がする。 初めの方には初期に描かれた…

  • 意外とすばらしい観光地だった茨城県②

    2日目。朝からもう一回袋田の滝に行きました。 朝の滝もすがすがしい 雨降ったあとがよい。 水郡線でまず水戸へ行きます。 水戸駅で梨シェイクを飲む。美味かった。 そこから日立へ行ってみる。行先は主に御岩神社。知ってます?常陸国最古霊山らしいです。最強パワースポットらしい。茨城行くのでいろいろ調べてて見つけました。 日立駅からバスは一応あります。本数少ないけど。そしてどんどん山の中に入っていくので乗ってると不安になるけど。 www.oiwajinja.jp 本殿です 木の生え方とかは伊勢の瀧原宮に似てるかな。 お稲荷さんにも抜かりなく 威風堂々 近隣には意外とお店とかある 雨が降ってきそうだったの…

  • 意外とすばらしい観光地だった茨城県①笠間稲荷と笠間の街、水郡線と袋田の滝

    こんにちは。仙です。 茨城に行ってきました。茨城県は観光に力を入れてることはCMで知ってますか? カミナリが出てるやつ。じゅん散歩金曜に流れてます。じゅん散歩だけはよく見てる。録画してる。 まずは笠間稲荷。私はお稲荷さん好きです。理由はいろいろ。 立派な楼門。 いだてんに出てるの? こういう回廊立派ですよね。 雰囲気あります 藤が有名みたいです。 藤の季節はよいだろう 狐塚。 裏にある。パワスポらしい 笠間の街。 門前。賑わってた レトロな街並み。 笠間の街。こういうオシャレ毛糸屋でない毛糸屋さんはもうあまり見なくなりました グリュイエール。駅前にある。 グリュイエール (GRUYERES) …

  • 六本木は財閥と大使館の街(桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―@大倉集古館&文化財よ、永遠に@泉屋博古館分館)

    こんにちは。仙です。何て言うか、お彼岸も過ぎたのに暑いですね。さて、今回行ってきたのは両方六本木一丁目の駅から行ける美術館・大倉集古館と泉屋博古館分館です。 日本最古の私立美術館は大倉財閥の設立。この大倉集古館はリニューアルのためにクローズしてから5年も経ってたんですね。この辺は大使館(すぐ近くにスペイン大使館とスウェーデン大使館がある)とかホテルとかが多いです。あんまり一般人が住むところじゃないんじゃないのかな。六本木って確かまだ米軍の基地とかあるし・・・。でもそのぶん、静かでいいですよね。 入口がちょっとわかりづらい 久しぶりに来ました。 そういえばこんなだった気がする。 きれいになってた…

  • あまり期待していなかったせいかすごく良かった美術展2つ(コートールド美術館展 魅惑の印象派@東京都美術館& サントリー芸術財団50周年 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶@サントリー美術館

    こんにちは。仙です。微妙なお天気が続きますね。 さて、大倉集古館がリニューアルオープンしましたね。私はあそこが大好きです。微妙にマニアックで外国人がたくさん入賞している刀剣の品評会とかは見てて面白いです。なので早速行く気満々で出かけたのですが、途中でぐるっとパスを忘れたことに気がつきました。・・・今週は諦めるか( ̄▽ ̄;)。 ということで、ぐるっとパスでは入場できない美術館二つに行ってきました。そこまで期待してなかったせいか期待値をすごく上回って楽しかったので今回は両方おすすめです。 まずは東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」です。コートールドさんっていうのは人絹(レー…

  • 今週も東京駅周辺(没後90年記念 岸田劉生展@東京ステーションギャラリー&茶の湯の名品「高麗茶碗」@三井記念美術館)

    こんにちは。仙です。 今回も東京駅周辺でふらふらしています。暑かったり大雨が降ったりするので大変ですよね。千葉の方であんな規模の災害になるなんて・・・佐倉の方も義援金を募集してるのを見ました。DIC川村記念美術館も大丈夫ですかね・・・ ツイートを見ると、庭園の方は閉鎖してるみたいですが。 さて、まずは東京ステーションギャラリーで開催中の「没後90年記念 岸田劉生展」です。結構混んでました。これは多分岸田劉生の人気というよりは、麗子像の人気でしょうね。人の流れがそう感じさせる。 でもさあ、可愛いよね。麗子ちゃん。 麗子像って、岸田劉生の中でもメジャーな作品だし、もちろん色んな所で目にする機会はこ…

  • 初秋の東京駅周辺(奥の細道330年 芭蕉@出光美術館&マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展@三菱一号館美術館)

    こんにちは。仙です。 何か暑いですね。台風のせいかな? さて、今回は東京駅周辺に行きました。 まずはこれ。出光美術館の「奥の細道330年 芭蕉」です。 出光美術館はここしか写真撮れるとこがない 出光美術館はブライスコレクションの一部を購入したみたいですね。すごいじゃん!合併後の動向を心配してたのでうれしいです。 www.nikkei.com でも今後も見てるよ・・・散逸させないでくださいね・・・もしも再譲渡の時はなるべくよいところにしてね・・・(と軽く念押ししておく) さて、今回の企画展。「奥の細道330年 芭蕉」はなかなか良かったです。 芭蕉なのでやっぱり書の展示が多い。バランスの取れた筆跡…

  • サブカルスポット in東中野(INORI IRODORI 仏画と柿右衛門様式@黎明アートルーム&八津御嶽神社&哲学堂公園)

    今回は東中野・中野坂上中心にちょっとサブカル寄りで面白そうな所に行ってきました。まずは美術展から。 東中野駅からほど近い黎明アートルーム。 「INORI IRODORI 仏画と柿右衛門様式」 です。 夜間開室日もある 周辺を歩いてて思ったんですが、東中野は商店街とかは結構庶民的。賑わってます。でもやっぱりちょっとサブカル入ってます。有機野菜とか。でも一歩大通りから入るととても静かな高級住宅地です。この黎明アートルームは高級住宅地のど真ん中に建ってます。中に入ってもとても静か。 すごい建物 所蔵元がキャプションに書いていないので、多分全部この施設の館蔵品なんだと思いますが 、やっぱりいいものも多…

  • アンティーク着物万華鏡ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー@弥生美術館&丸山応挙から近代京都画壇へ@東京藝術大学大学美術館

    こんにちは。仙です。ちょっと暑さはやわらいだ・・・かな? さて、今回はここ。弥生美術館で開催中の「アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー」。 何かここに夏に来ると小さいころに親に家族旅行で連れてってもらった旅館の匂いがする。家の匂いではない。わかってくれる人はいるかな?何だろう、古めで木造部分多めな鉄筋の建物+時代のある空調でああいう感じの匂いになる気がする。一言でいうとノスタルジア。 今回はそれほど混んでなかったです。やっぱりビッグネームな漫画家さんとかがかかわってる企画展とは違うよね。でもほとんどすべてのスタイリングを岩田ちえ子さん(荒木経惟の女性被写体のスタイリングを…

  • DIC川村記念美術館 庭園とエルズワース・ケリーとロスコルームと企画展(追悼 山口勝弘1928-2018)そのあとちょっと東博の三国志展

    こんにちは。今週も暑いですね!仙です。今回はまた佐倉のDIC川村記念美術館に行ってきました。企画展は「追悼 山口勝弘1928-2018」です。 今日もロスコルームはよかったです・・・あの真っ赤な部屋は個人的に考え事するのに最適。美術館は押しなべて考え事にいいんだけど、他のところは気持ち情報が多すぎる。 ロスコルームが一番落ち着く。だからもしコレクションを売却するようなことがあってもあそこだけ残してほしい・・・基本は企業美術館だから必要に応じて売却するのは賛成だけど・・・。 そんでお茶室の前のところの展示室(行ったことがあればピンと来る説明)に新収蔵のエルズワース・ケリーの作品があったよ。すごく…

  • 高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの@東京国立近代美術館

    こんにちは。仙です。暑いですね~! 今回は夏休みということでこれ。東京国立近代美術館で開催中の「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの」。 かぐや姫 いや、夏コミ期間だったので少し空いてるかなと思って・・・実際そこまでの混雑ではなかったです。 ヨーゼフが もちろんこういうフォトスポットにはみんな群がってたけど。 よくできてるわぁ 写真映えするね 感想:面白かったです。平成ってジブリの時代だったんだなと思った。ノスタルジー。学生の時ジブリ大好きでした・・・ たださー、高畑監督の仕事を見ていくと個人的にはジブリ以前の作品のほうが圧倒的に好きかもしれないです。 一番好きなのはじゃりン子チエ。 次…

  • 夏の仏さま(優しいほとけ・怖いほとけ@根津美術館&木版画と型絵染―棟方志功、笹島喜平、芹沢銈介―@半蔵門ミュージアム)

    こんにちは。仙です。暑いですね!!!お盆も近くなりました。ということで今回は仏様を見て、心を落ち着けてきました。心頭滅却すれば火もまた涼し。 さて、まずは根津美術館。「優しいほとけ・怖いほとけ」です。 いつにもまして外国の方が多いです。全世界的に夏休みだなぁと実感できます。みんな熱心に見てますよ。 ロビーはいつもどおり お好きな方ならなんとなく想像つくと思いますが、基本優しいほとけ=菩薩、如来、怖いほとけ=天部、明王が中心になります。いろんな仏像とか仏画とかありますよー。私は造形として地蔵菩薩と不動明王が好きです。 2階の展示もけっこうよかった。鍋島特集とか。繊細でなんとなく涼し気。あとは納涼…

  • 夏の渋谷を徘徊(みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術@Bunkamura ザ・ミュージアム&華めく洋食器 大倉陶園100 年の歴史と文化@渋谷区立松涛美術館&浮世絵ガールズ・コレクション―江戸の美少女・明治のおきゃん―@國學院大學博物館)

    こんにちは。仙です。今回は夏の渋谷を徘徊(本格的な夏になる前に)という主旨で出歩いてます。まずは東急本店のお隣・Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」です。 フォトスポット 去年のスラブ叙事詩と違って小さめな作品が主です。 やっぱりマンガとの関連性が こんなポスター貼ってあったら見てしまう この辺は写真可 なんていうかな、ミュシャって優秀なイラストレーターなんだなって感じの印象が大きい展示ですね・・・自分がイベンターとかの注文主だったら絶対ミュシャにポスター発注したい!、みたいな。何か革新的でアーティスティックっていうのではないんだけ…

  • スペインの現代写実絵画 バルセロナ・ヨーロッパ近代美術館(MEAM)コレクション@ホキ美術館とその隣の昭和の森に行ってきた

    こんにちは。仙です。暑くなりましたね。今年はどういう夏になるでしょうかね・・・。 さて、今回は遠出しました。ホキ美術館。知ってます?日本初の写実絵画専門美術館です。保木将夫さんという方が創設しました。今の館長は娘の博子さん。外房線の土気駅が最寄りです。東京から確実に1時間はかかる・・・車あれば車で行ったほうがいい気もする。 基本写真NGだったのでこんなんで。いい感じのポスターもなかった・・・ 今の企画展は「スペインの現代写実絵画 バルセロナ・ヨーロッパ近代美術館(MEAM)コレクション」です。スペインといえば写実だそうですよ奥さん。ご存知でしたか? いい車が停まってる 内容もよかったですよ。常…

  • 特別展 日本の素朴絵ーゆるい、かわいい、楽しい美術@三井記念美術館&メスキータ展@東京ステーションギャラリー

    こんにちは。仙です。今回はまず三井記念美術館で開催中の「特別展 日本の素朴絵ーゆるい、かわいい、楽しい美術」です。 後ろのは竹かな これ楽しかったです。たぶん夏休み向けコンテンツ。毎年妖怪展みたいのやってるよね。 この展示、作風としては蛭子さんのマンガからエログロや邪悪さを抜いた感じのやつが多い気がする。でも素朴絵と一口に言ってもおおまかに2タイプある。 訓練とかまったく受けてない市井の人が描いた絵 プロかそれに準じた人がウケを狙って?描いた絵 最後の展示室の「知識人の素朴絵」の章には仙厓義梵とか尾形乾山とかのビッグネームもあるけど(さすがにタッチが流麗)、前の展示室の絵巻物とか絵因果経とかは…

  • MAY I START?計良宏文の越境するヘアメイク@埼玉県立近代美術館

    こんにちは。仙です。今回は埼玉県立近代美術館で開催中「MAY I START?計良宏文の越境するヘアメイク」です。 白と赤 詳しいことはあまりよくわからないのですが、この計良さんという人は資生堂のメーキャップアーティストでトップの方なんだそうです。 資生堂といえば「花椿」。広報誌なんですが、昔、近所の薬屋さんのような化粧品屋さんのような個人商店で置いてあって、 とても憧れたこと思い出します。都会にはこんな夢のような世界があるのかぁと思って・・・。久しぶりに思い出しました。今はオンラインの媒体になってるみたいですね。 hanatsubaki.shiseidogroup.jp 突然ですが、皆さんは…

  • クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime@国立新美術館&Archives: Bauhaus@ATELIER MUJI GINZA

    こんにちは。仙です。 梅雨でジメジメした日が続いていますね(´・ω・)。 だからこそ行ってきました(*´∀`*)。新国立美術館で開催中の「クリスチャン・ボルタンスキー Lifeteime」。何かそんな気分にさせられる名前。 六本木の国立新美術館だよ 気が向いて行ってみたものの、フランス現代アート巨匠のボルタンスキーじゃないですか? たぶんあんまり意味がわかんなくて、「よかったけどあまり理解できなかったー( ̄▽ ̄)」っていう微妙な感想を書きそうな気がそこはかとなくしてたんだけど、そんなことなかった。 展示室の前のポスター 見ていて&サポートにアニエスベーがついてるのを見て思ったんですが、たぶんこ…

  • 生命の樹と世界の布と服飾@岩立フォークテキスタイルミュージアムと文化学園服飾博物館

    こんにちは。仙です。2週間ぶりです( ´ ▽ ` )ノ。梅雨ですなぁ。 さて、今回は布モノ関連の2展示です。 まずは自由が丘岩立フォークテキスタイルミュージアムで開催中の「生命の樹をめぐる - カンタ、カラムカリ、アップリケ」です。 リンツカフェのすぐ前です 小さいけどきれいなところです 生命の樹っていうとオカルトマニアは「コクマー、ケセド、ネツァクは慈悲の柱でタロットでは~」みたいなことを言いたくなるかもしれませんがもちろんこの展示には関係ありません。 もっと素朴で根源的な感じ。誕生から成長、死、再生に至るのを司る、天と地につながる、人間を見守る、みたいな。 カンタ(刺子)、カムラカリ(木版…

  • 好きな人にはたまらないだろう美術館の展覧会に行ってきた(ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!@弥生美術館、奈良町―江戸時代の「観光都市」を巡る―@天理ギャラリー)

    こんにちは。仙です。 今日とかは涼しくっていいですよね( ´ ▽ ` )ノ。 昨日はけっこう日差しがあって暑かったです。そんな中行ってきました、お好きな方にはたまらない展覧会。 まずは弥生美術館で開催中の「ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!」です。 上野方面に向かうと右手に東大が見えます。近くの風景。この辺は弥生町。弥生町にあるから弥生美術館(たぶん)。 もともとは私設の美術館です。 肝心の展示内容ですが、古今の男子・女子制服がいろいろ展示してあってよかったです。 【心に残ったこと】 カンコー学生服は菅公学生服(菅原道真公にちなんでる)。いや、昔の看板が漢字だったのでこれ…

  • まだ記事にしてない展覧会いろいろ(ドービニー展、印象派への旅展、ウィーン・モダン展、ルート・ブリュック展)

    こんにちは。仙です。今回はこの間、行ったんだけど記事を書いてないのを蔵出し回です。 まずは東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋」です。 水の画家。 色使いはきれいだけど、意外とモノトーンのエッチングがよかったな。コローと親友らしくてコローの作品もありました。2人は隣同士のお墓に入ってるらしい・・・。 これは移転前ラス2の展示。 42階の景色はすごく好きでした。移転後はけっこう低くなるらしいのでその前にもう一回くらい来たい。 移転後もよろしく。 次はBunkamura ザ・ミュージアムの「印象派への旅 海運王の夢…

  • いろいろ変わってた六本木ミッドタウン&左脳と右脳でたのしむ日本の美@サントリー美術館

    こんにちは。仙です。 久しぶりに六本木の東京ミッドタウンに行きました。そしたら色々変わっててちょっとショックでした。 TSUTAYA がなくなってた。ギャラリーみたくなっていた。 青山ブックセンターももうないよね?六本木に本屋さんなくなった?いや、探せばあるのか・・・。一丁目の方には何かあった気がする。とりあえず買う気で行ったアンジュルムックは買えなかったわ。 なんかスープ屋さんみたいなところ(チャウダーズ・スープ&デリ)がなくなっていた。ずっとあったのに。隣の花屋さんがそのぶん大きくなっていた。あそこいつ行っても座れて重宝してました。いや、それがいけなかったのか・・・。 他にも何か変わったと…

  • この頃行った美術館(ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション、鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝@三井記念美術館)

    こんにちは。仙です。連休からこの方、あんまり体調が良くなくて休養にあてていました。 風邪流行ってるよね。 個人的には色々考えることがあるのですがまぁそれは置いといて、この間に行った美術館の記録です。 まずここです。ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション。ここは版画家浜口陽三の実家・ヤマサ醤油が設立した彼の作品を収蔵・展示する美術館。 前を通ることが何回かあったんですが、いつもタイミングが合わなくて中に入ることができてなかったので。水天宮の駅からすぐです。 現在は浜口陽三自身の回顧展「生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―」を開催中。 浜口陽三って正直詳しく知らなかったのですが、作品…

  • トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美@国立新美術館&金銅仏と山本春挙 藤花小禽図屏風@東京黎明アートルーム

    こんにちはー。仙です。暑いくらいの日も増えてきましたな(・ω・)ノ。いいお天気の日は出かけたくなります。10連休の予定は立ちましたか?私はまだです・・・。 さて、今回はまず六本木の国立新美術館。「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」です。 よかったですよー。力が入ってた(*^▽^*)。 今回の展示品はほとんど初めて日本に来たんだそうです。トルコの方も力を入れてくれたんでしょうね。 【主な感想】 やっぱり宝飾品はすごいね(金や宝石、特にエメラルドに大きいのがたくさんある) イスラム書道ってとても美しい。花押ってトルコにもあるんだ。 チューリップモチーフがたくさん。花弁が細長くて尖って…

  • ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―@パナソニック汐留美術館 &イメージコレクター・杉浦非水展@東京国立近代美術館

    こんにちは。仙です。 やっと2019年のぐるっとパスが発売されましたね( ̄▽ ̄)。 www.rekibun.or.jp ということで、さっそく購入して行ってきました。パナソニック汐留美術館で開催中の「ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―」です。 やっぱりnova3のAIカメラはコントラスト強いです。 いつの間にか美術館の名前が改名されていて驚く。やっぱり令和だから?違うか( ̄▽ ̄;)。でもこういう細かいところに時代の流れが意外と現れてくると個人的には思ってるので、令和はきっと和物を尊ぶ時代になるのでは。けっこう改元が楽しみ。 bijutsutecho.com モロー展はよかった…

  • ラファエル前派の軌跡展@三菱一号館美術館

    こんにちは。仙です。今回は、三菱一号館美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」です。 美術館の中庭は綺麗だったです。桜ももう終わりですね・・・。 今回は、「ラスキン生誕200年」ってことで評論家・思想家のジョン・ラスキンをフィーチャーした展示になってます。皆さん、ラスキンってどんなイメージですか?私は高校の時英語のリーダーの教本にこの人の文章がやたら使われてた覚えがあります。嫌いじゃないです。 ただ、やっぱりこのエピソードは印象深いよね。最初の奥さんがミレイに不倫略奪された件・・・。もう生誕から200年だからさ、こういうゲスなエピソードじゃなくて、純粋に作品だけで評価されてもよさそうなものだ…

カテゴリー一覧
商用