人生にロマンスとミステリを
住所
大阪府
出身
ハンドル名
ひらび久美さん
ブログタイトル
人生にロマンスとミステリを
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/k-hirabi
ブログ紹介文
ロマンスとミステリが大好きなひらび久美のブログです。書籍紹介、実務翻訳、日々のことを綴ります。
自由文
ファン文庫『Sのエージェント〜お困りのあなたへ〜』、蜜夢文庫『フォンダンショコラ男子は甘く蕩ける』『恋愛遺伝子欠乏症 特効薬は御曹司!?』、ベリーズ文庫『エリート上司の甘く危険な独占欲』『フキゲン課長の溺愛事情』、プリシラブックス『恋するブーランジェ——丸ごと食べてほしいの』。電子書籍も多数発売中!男女恋愛、ハピーエンド専門です。
更新頻度(1年)

49回 / 263日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2013/11/09

ひらび久美さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,144サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,964サイト
ロマンス小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58サイト
ミステリー・推理小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 520サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 80,545位 83,489位 83,635位 83,534位 83,032位 82,942位 圏外 969,144サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 595位 608位 605位 613位 622位 605位 圏外 11,964サイト
ロマンス小説 11位 12位 13位 14位 13位 13位 圏外 58サイト
ミステリー・推理小説 30位 31位 27位 26位 26位 28位 圏外 520サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,144サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,964サイト
ロマンス小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58サイト
ミステリー・推理小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 520サイト

ひらび久美さんのブログ記事

  • 自転車、バーン!

    先日、自転車に乗ろうと思いまして、駐輪場のレールに乗っている自転車を引き出したならば、突然、バーン!という大きな音がしました。かなりびっくりしました。前輪がぺったんこになっていて、パンクしたんだろう(暑さのせいか?)と思って、自転車屋さんに持っていったら、前輪のタイヤが薄くなっていて裂けたのだと判明(あちゃー)。子乗せチャリとして酷使してきたので、タイヤの溝がなくなって、タイヤ自体がすり減っていたのです。「後輪もすり減ってるし、滑って転んだら危ないから早めに替えた方がいいよ」と自転車屋のおっちゃんに言われ、その翌日に後輪も替えてもらいました。うむ。以前も別の自転車屋さんで言われたことがあって、でもそろそろ子ども乗せなくなるし自転車買い換えたらいっか~と思ってそのまま放置してたのですが、結局前輪後輪のタイヤを替え...自転車、バーン!

  • スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』

    スペンサー・ジョンソン著、門田美鈴訳『チーズはどこへ消えた?』何年も前、友達に「すごくいいよ!」とお勧めされたのですが、そのときは興味がなくて読みませんでした。たまたま図書館で見かけて、そういえば……と思い出し、今回読みました。ふむ。2匹のネズミと2人の小人がチーズを探すのです。自分たちの特別なチーズを見つけようと、迷路の中を探し回ります。そうしてチーズがたくさんあるチーズ・ステーションにたどり着くんだけど、あるとき突然チーズが姿を消します。そこに至るまでの小人2人の行動が、まさに成功の上にあぐらをかくような状態で。ネズミたちは単純なので、あ、なくなったんだ、じゃあ次探そう~みたいに次のチーズ・ステーションを探しに迷路に繰り出します。一方、小人はまさしく現状維持バイアスで、チーズが戻ってくるかもとか思いつつ、な...スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』

  • 完結しました。

    ベリーズカフェさんに投稿していた『ソムニウム~イジワルな起業家社長と見る、甘い甘い夢~』が完結しました!ふ~~~~~~。久々に長編が書けました。なんですかね~、あれこれ考え過ぎちゃうのか、書き始めたものの行き詰まってばかりで。本当に久しぶりに書き上げることができました。もっとたくさん書けるようになりたいな~といつも思うのですが……(^_^;)やっぱりコミック化は夢ですので、シナリオ大賞にも応募したいな~と思いつつ、まだ要領がよくわからなくて。むむむ。同い年同士の恋を描いた『ソムニウム』、ぜひぜひご覧いただけると嬉しいです<(__)>そしてそして、かんたん感想、コメント、ありがとうございました。とても励みになりました。完結しました。

  • 絶対にヒマワリではない

    子どもが学校で育てていたヒマワリを持って帰ってきました。ん???ヒマワリ?持って帰るときに見たら、ほかの子の植木鉢には、もっと背の高い植物がすっくと伸び、黄色い花が咲いていました。これ、雑草畑だよね。ヒマワリじゃないと思うねんけど……とやんわりと言ったら、「でも、二つに割れたヒマワリの種があったもん!」うむむ、夢を壊せないから、こっそりひまわりの種を植えておくか!?絶対にヒマワリではない

  • 新作始めました

    久しぶりに小説を書き上げられそうです(お~~い(笑))。なんかプロットをちゃんと書かないせいか、書いては行き詰まり、書いては行き詰まりを繰り返していたのですが、ようやく1作、完結させられそうです。ベリーズカフェさんで新作の投稿を始めました。『ソムニウム~イジワルな起業家社長と見る、甘い甘い夢~』です。小牧詩穂(こまきしほ)、27歳。たぶん、人生の負け組。須藤蓮斗(すどうれんと)、28歳。大学時代は彼をライバルだと思って、彼には負けたくないと努力した。でも、負け組になった今、絶対に会いたくない人生勝ち組の男。そんな彼と偶然再会した日から、ふたりの関係が少しずつ変化していく。「私たち、まだ友達だって思ってていいよね?」「友達でいるのはもう限界なんだ」ライバルに弱みを見せたくない意地っ張り女子と、素直になりきれない意...新作始めました

  • ゴオオオオオーーーーーって

    朝からず~~~~~~~っと頭上でゴオオオオオーーーーーって音がするからもしやG20関係で警戒するために飛行機が飛んでるんかな~と思ったら、その通りらしく、情報はいろいろですが、やっぱりなんか飛んでいるそうです(笑)。遠ざかったり近づいたりしながらず~~~~~~っとゴオオオオオーーーーーっていってます。まあ、暑い時期だし窓閉めたら気にならないけど。ゴオオオオオーーーーーって

  • 東野圭吾『ラプラスの魔女』

    東野圭吾著『ラプラスの魔女』東野圭吾さんの本、わりと好きでよく読みます。んで、気づいたんだけど、結構大胆に非現実的な要素を取り入れているような気が。『プラチナデータ』でも近未来感満載だったし、今回の作品は世界でたった一人しかできない手術をする医者とか、雨が降る時間とか風の流れをぴったり当てちゃう力とか出てくる。でも!それが「本当にありそう」と思えてしまう(というより思って読み進めてしまう)のが、この人の作品のすごいところなんだと思う。甘粕氏の奥さんの子育てにまつわる孤独とか(うんうんうんって頷いちゃった)、青江教授の父親としての寂しさ(?)とか、なんでこんなに想像できちゃうんだろうっていうリアリティがすごい。それもあってか、ファンタジーっぽいけどフィクションっぽいという。あれ、説明うまくないな(笑)。ええと。冒...東野圭吾『ラプラスの魔女』

  • ベン・アーロノヴィッチ『女王陛下の魔術師』

    ベン・アーロノヴィッチ著、金子司訳『女王陛下の魔術師』なんとなくタイトルに引かれて図書館で借りました。「ロンドン警視庁特殊犯罪課1」ということで、シリーズものらしいです。主人公は見習い期間が終了した、黒人の警察官ピーター・グラント。ちょっと霊感があるのか、幽霊が見えてしまいます。んで、配属先が決まる段になって、事件処理推進ユニットという書類仕事専門の部署に決まりかけるのだけど、犯罪を目撃したという幽霊に会いに行ったとき、一人の紳士に出会います。で、正直に幽霊を探していることを伝えると、後日、彼の配属先が「専門刑事部の経済および特殊犯罪課」に決まる。その課にいるのはトーマス・ナイティンゲール主任警部一人(それが上の紳士)。さすがイギリスの小説です。トーマス・ナイティンゲール主任警部は英国唯一の魔法使いだそうで。日...ベン・アーロノヴィッチ『女王陛下の魔術師』

  • 2千万円足りないと言われても

    なんか実感の湧かない数字だよ、大きすぎて(笑)。2千万円足りないから毎月このくらい貯金しよう、と試算しているサイトを見かけたけど、あ~、無理だ、としか(笑)。足りない足りないと思っても、これから子どもたちにどんどんお金がかかる。自分たちの老後に備えることも大事だと思うけど、そのために子どもたちの夢を「我慢して」とは言えない。お金の心配をさせずに育てたい。だからといって、金銭感覚ゆるゆるの子どもに育ってもらっても困るんだけど。とりあえず、自営業だし、仕事をもらえるうちはできるだけ長く働こう、と思う。健康に気をつけて、世の中の流れに注意して、スキルを磨いて、ずっと仕事をもらえるように。ずっと。それに対して不安もあるけど。がんばるしかないのだ。2千万円足りないと言われても

  • プラマイで言うと結局プラス

    先月、GWに体重を量ったら、ず~~~っと変わってなかった(はずの)体重が、なんと4kg増だった……というブログを書きました。んで、5月を勝手にダイエット月間にしてたのですが……。まあ、やったことといえば、仕事中にストレスに任せて食べるチョコレートを控え(控えただけか~い)、歩く時間をちょっと増やしました(ちょっとか~い)。ま~、そんなんで痩せるわけないか。結局結果はマイナス1kgで、プラマイで言うと、3kg増。あかんやん、やばいやん。でも、ダイエットって結構ストレスですよね。あかんわ(←諦めモード(笑))プラマイで言うと結局プラス

  • ホッとした

    最近、自分と考え方がぜんぜん違って、「えっ、そんなふうに考える人もいるんや!」という衝撃的なことが続き(例の独善的リーダーシップの人とか、それ以外にも)、私の思考回路っておかしいんか?とか思ってたんだけど、今日はそうじゃないことがあってホッとしました。子ども同士のことで、子どもが悩んでたのを昨晩訊いたのだけど、それは私だったら「あー、お互い様だから『いいですよ、気にしないで』って言うかな~」ってことだったんだけど、世の中にはたぶんそうじゃない人もいるんだろう、とかいろいろ考えて悩んで、最悪なシナリオをいろいろ想定していました。でも、いざその子のお母さんと会ってお話ししたら、やっぱり普段見かけている通りのお母さんで、ホッとしました。まあ、男の子兄弟のお母さんっていうのもあったんだけど。女の子のお母さんだったらまた...ホッとした

  • ノベマ!さんのコンテストに参加してみました

    大人の女性向けの小説サイト・ベリーズカフェを運営されているスターツ出版さんが新しく投稿サイトを開設されたことはご存知の方も多いと思います。その名もノベマ!開設直後にコンテストが2つも開催されるそうで、気にはなっていたのですが、書き途中の小説が1つ、書かねばならない小説が1つ……。書籍翻訳の仕事もあんまり進んでいない……。という危機的状況(!?)だったので、応募は見送ろうと思っていたのですが、なんか妄想しているうちにストーリーが浮かんだので、短編小説コンテストの方に参加することにしました。テーマは「ラストは、どんでん返し」受賞作は、人気作家さんたちの作品と一緒に、7月28日発売の『スターツ出版文庫7つのアンソロジー』第2弾で書籍化されるという垂涎もののコンテスト!!えー、いいな~、じゅるる。ゴホン(と咳払い)。そ...ノベマ!さんのコンテストに参加してみました

  • 得たものはあるのだろうか

    口は災いの元?言って変に目立ちたくないから。泥を被りたくないから。これまでずっと黙ってたんだけど、あまりに独善的で理不尽な言いぐさに我慢できなくなり意見したら、理不尽なこじつけで言い返されて、悔しいかな、理不尽すぎて言い返せず。もしかしたら自分が守りたかったものに火の粉を降りかからせたのではないかと心を痛めている。真のリーダーシップとは相手の意見を全否定して自分の意見を押し通すことではないはずだ。真のリーダーとは相手を論破して心に不安を植え付ける者ではないはずだ。けれど、その人には通じないのだ。言いたいけど我慢してモヤモヤしてた方が、子どもを守れたのではないかと思ってしまう。独善的なリーダーシップを振りかざす人が、自分にとって気に入らないことを意見した私の子どもを(ただでさええこひいきをする人なのに)公平に扱っ...得たものはあるのだろうか

  • 思い当たる節は……あったりする

    GWにだんなの実家に行ったとき、デジタルの体重計がありまして。なんとな~く乗ってみたら……なんと4Kg増!!ぎえええええええええ~~~~~!いや、うちの体重計は電池が切れて以来放置してたんですが。あわてて新しい電池を入れましたよ。今日からダイエットだ~!去年最後に計ったとき、ずっとキープしてた体重からマイナス1Kgだったんですよ。仕事が忙しくてろくにお昼を食べない日が続いたからか。今年はそれで油断してたのと、仕事が忙しいときにストレスでついついチョコレートを食べまくった日が続いたので……。ああー、自業自得。いつから増えたかな~。たぶん半年ぐらいで増えたんだ。まずいわ~。思い当たる節は……あったりする

  • 「感じる」の市民権

    最近、気になっている言葉があります。「違和感を感じる」こう打ち込んだ瞬間、日本語入力システムのATOKさんが「重ね言葉」だと指摘して、「違和感を覚える、違和感を抱く」という正しい選択肢を教えてくれます。さて。『刑事ゼロ』で時矢刑事が「な~んか違和感感じるんだよな~」とつぶやくたび、佐相刑事が「違和感は”感じる”ではなく”覚える”です!」と訂正していたので、まだそんなに市民権を得ていないのかと思っていたのですが、『ストロベリーナイト・サーガ』の姫川刑事がこの前、「違和感感じる」って言ってまして。んで、『執事西園寺の名推理』の西園寺執事も「違和感を感じました」と言ってまして。むむ?あのカンペキ執事が言うのだから、「違和感を感じる」はもう市民権を得ているのか?ちょっと悩むこの頃ですが、翻訳の仕事ではまだ使わないと思い...「感じる」の市民権

  • ばえ~

    世の奥様方にとっては恐ろしい(??)10連休、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。誰かの休日は誰かに支えられている、との言葉通り、うちのだんなはちょいちょい仕事が入っていて、普段とあまり変わらない状況。なので、なんか子どもがずっと家にいる~って日々を過ごしています。学校の宿題も少ないし、G20のときにも休業になるし、授業大丈夫なんか?と心配しておりますが。ま、それはさておき。ひまなキッズをいちご狩りに連れていきました。毎年いちご狩りに行っているのだけど、日曜日は長男の塾がみっちり入りまして、毎年行っている農園は日曜日しかやっていないため、別のところを探しました。毎年行っているところはすごく人気で、9時開園なのに、みんな7時半くらいから並び始めるので、実質8時開園となっていて、9時に行こうもんなら「本日は終了しま...ばえ~

  • まじか~

    昨日の19時前に、翻訳会社から仕事の依頼メールが届いていました。んで、よっぽどお急ぎだったのか、「お引き受け可能な場合は作業を始めてください」と書かれていたのに、原文ファイルが添付されていない!!!!!!この時間、子どもを病院に連れて行ってて、大型連休前で混雑してたのもあって、薬をもらって帰宅したら20時を過ぎていたのです。んで、そのときメールに気づいて、原文ファイル添付されていませんよ~、送ってください~と返信しましたが、やっぱりすでに帰宅されていた模様で、今なお返事はありません。作業始められんじゃないか……。しかも、明日から会社はお休みで、納期はお休み明けの朝イチという……。おおおおおお~い、どうすんだ~~?まじか~

  • 楠谷佑『家政夫くんは名探偵!』

    楠谷佑著『家政夫くんは名探偵!』部屋が散らかって大変なことになっている刑事さんが家事代行サービスに電話したところ、やってきたのが大学生の家政夫くんだった……。家政夫くんは美男子設定で、髪の毛とか唇とか艶めいていて、ときどき刑事さんをどきりとさせます。警察を悩ませている事件を、話を聞いただけで解決してしまう家政夫くん。読者にも一緒に謎解きを楽しんで、というスタンスなのでしょうか。トリックはわりと易しめ。以下、ネタバレ。一つ目の事件は心中だろうなって想像がついたけど、男性は死にきれずに押し入れとかシンクの下とかに這っていって、死体が見つかってないのかと思ったけど、そのくらい警察は調べるよな(笑)とちょっと方向性を見誤ってしまった。二つ目の事件は、凶器が棚の上の灰皿だった時点で、犯人がわかった。けど、それだけじゃ決定...楠谷佑『家政夫くんは名探偵!』

  • ねじめ正一『こちら駅前探偵局』

    ねじめ正一著『こちら駅前探偵局』名前だけ知っていて作品を読んだことのない作家さんのひとりでして、図書館で見かけて借りました。探偵とその娘の10歳の女の子が主人公っぽい感じだったので、なんかほのぼのしてるのかな~と思いまして。が、結構入り組んだストーリーでした。コーポ暮らしのゆかりさんっていう女子大生が、「夜中に幽霊の声がする!」と苦情を申し立て。コーポの大家さん(主人公の私立探偵・佐倉峡平の亡き父の親友)に頼まれ、峡平は調査を開始。そうしたら、その部屋では七年前、OLが家庭用殺虫剤を読んで壮絶かつ悲惨な自殺を遂げていたことが判明。大家さんに墓参りを頼まれて、そのOLの実家を訪ねると、OLの祖母に「孫は自殺じゃない!」とさんざん言われ、真相を解明することに。その矢先、大家さんの息子・日出男が転落死。んで、横からご...ねじめ正一『こちら駅前探偵局』

  • 藤原伊織『遊戯』

    藤原伊織著『遊戯』藤原伊織さん、好きです。ここに読書記録を書くようになる前に何冊か読んでいるのですが、読書記録として感想を書くのはこれが初めてです。が!これ、未完の遺作だったんですね。表題となった『遊戯』は、主人公の男性と女性(ふたりの交互目線で書かれています)を付け狙う怪しい男が出てきたあたりで終わってしまいます……。おおぅぅぅぅ、気になる気になる気になる。でも、永遠に謎なんだろうなぁ。『オルゴール』はある女性と結婚したふたりの男性のやりとりです。なんだか、切ない。かたや、妻の不注意で子どもを亡くし、妻から離婚を切り出され、妻まで失った超資産家の男性と、その妻と後に結婚したけれど、妻を事故で失い、会社も倒産しかけの男性。夕日の描写が強烈で鮮烈でした。藤原伊織さんの描く男性がすごく好きでした。なんだろう、恋愛小...藤原伊織『遊戯』

  • 澤村御影『憧れの作家は人間じゃありませんでした3』

    澤村御影著『憧れの作家は人間じゃありませんでした3』今回もおもしろかったです~!っていうか、そろそろあさひちゃん(女性主人公で編集者)が吸血鬼で作家の御崎禅の運命の恋人だった的流れになるのかと期待してたけど、ならなかった~。もしや、あさひちゃんではないの??むむむ。それはさておき。小人さんの家出事件はかわいらしく、次の未来予知をする件という妖怪の事件では、ちょっとミステリっぽく。最後の人狼事件は人外vs人外のハラハラドキドキ展開でした。人狼事件で、あさひちゃんがいい仕事します。なんか、それぞれに事情があって、人狼(弟)が人を殺して回ってた理由とか、なんだか悲しい。それにしても、よくできたストーリーです。男性主人公が吸血鬼なんだから、そのうち……という展開がちゃんと用意されているし。大量に出血しても、自分が完全に...澤村御影『憧れの作家は人間じゃありませんでした3』

  • ほえええ

    金曜か月曜に翻訳用の原稿が入ります、と言われていたので、予定を開けていたのに、今日入らなかった。そのために別会社のオシゴト断ったのにな~~~。まあ、あるあるですな。ほえええ

  • 今日のほっこり

    子どもを連れて出かけたとき。三人掛けの席の真ん中が空いていたので、子どもを座らせたら、隣に座っていた男性が「どうぞ」と私に席を譲ってくれた。もうそれだけでイケメン認定!(笑)マスクで顔はぜんぜんわからなかったけど(笑)。たくさん荷物を持っていたからかな~(子どもの着替えだから、かさばるけど重くはないんだけど)。お腹が出ているように見えたから?(いや、断じてそれだけはないと信じたい!!!!!)今日のほっこり

  • 東野圭吾『容疑者Xの献身』

    東野圭吾著『容疑者Xの献身』タイトルに惹かれて図書館で借りました。うん、話題になってたのは知ってたんですけど、その頃は東野圭吾さん、あまり読んでなくて。んで、読み始めて気づいたんですけど、この本ってガリレオシリーズだったんですね。っていうか、ガリレオシリーズは映画になった『真夏の方程式』しか知らない……(;'∀')でも、あれ、すごく悲しい結末だったような記憶しかない……。そんでもって、この『容疑者Xの献身』も悲しい結末だった。タイトルを見たときは「なんで容疑者が献身?」と思ったけど、まさに“献身”でした。ある女性・靖子のところに、元夫がやってきて執拗に金をせびります。いやな元夫。母親である靖子が苦しんでいるのを見て、娘の美里が元夫を花瓶で殴ります。元夫は生きていて、このままでは大変……となり、靖子はとっさに炬燵...東野圭吾『容疑者Xの献身』

  • 松下佳代『ディープ・アクティブラーニング』

    松下佳代編著『ディープ・アクティブラーニング』なんか大学教育における「教育から学習への転換」の鍵として、アクティブラーニングに注目が集まっているらしい。アクティブラーニングは「学習に対する学生の能動的な参加を取り入れた教授・学習法の総称」だそうで。けれど、今必要なのは単なるアクティブラーニングに留まらず、ディープなアクティブラーニングだということで、ディープ・アクティブラーニングについて述べられています。その理論的基盤とか、実際の取り入れ方とか、複数の著者が書いています。仕事の資料だったので読みましたが、なんか……脳のディープな部分に入ってこない(涙)。読み終わって、なんとな~く「深くて能動的な学習が必要なんだな~」みたいな意識しかない私って……orzうむむむむ。果たしてこのような理解で仕事を進められるのか。図...松下佳代『ディープ・アクティブラーニング』

  • 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

    東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』これって確かドラマ化されましたよね。あの有名な「お嬢様の目は節穴でございますか」というセリフだけは覚えています(笑)。でも、最初の事件では「お嬢様はアホでいらっしゃいますか」というなんとも強烈な言葉を放っている執事さんが、お嬢様刑事から事件を話だけ聞いて解決します。安楽椅子探偵っぽいけど、執事なんで安楽椅子には座らず、基本立ってますね。現場に出向かず(出向いたときもあるけれど)、話を聞いただけで解決するので、話のそこここにヒントが隠されています。それを考えながら読むのが楽しいですが、動機がわからないので、犯人がわからない事件もありました。第六話の「死者からの伝言をどうぞ」では、ダイイングメッセージ自体がねつ造で(あ、ネタバレ)、それを最初に発見した子が、ダイイングメッセージ...東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

  • うっかり。

    母が某国のアイドルの追っかけをしています。んで、(善意から)うっかりそのアイドルのFacebookを教えてしまったら、「訳して」というメッセージとともに、その人の投稿のスクリーンショットが毎日30枚くらいLINEで送られてくるようになりました。があああああ~~~!うっかり、がとんでもないことに。さすがに仕事中に「ポキポキ!ポキポキ!ポキポキ!」とスマホが連続して鳴るとイラッとするし、集中力も途切れるし、参観とか懇談とか習い事とかいっぱいあるときにポキポキされても困るので、ついに通知をOFFにしてしまったよ(笑)。あああ。うっかり。

  • 舟状骨にひび

    たぶん、自分なりには一生懸命にやってるんだけど、たぶん、うん、たぶん、ダメな母なんだろうな、と思う。先週、長男が体育の時間、サッカーをしていて転んで、右手を地面についたそうです。で、帰ってきてから「曲げると痛い」と言うので、前に足を捻挫したときの鎮痛消炎剤(いわゆるシップ)を貼って、固定のために包帯巻いて……という日々を過ごしていました。土曜日に「整形外科に行こうか」と言ったのですが、長男は「塾の宿題が終わらないから」と間接的に行きたくないというので、病院には行かず、スイミングとサッカーには行ってました。それで、今日ですね、まだ「曲げると痛い」と言うので、サッカーの試合中に抜けて(まあ、試合はベンチ要員なので、出番はほとんどないです)、整形外科に行ったら、レントゲン撮影後、舟状骨にひびが入っている、と言われまし...舟状骨にひび

  • 澤村御影『憧れの作家は人間じゃありませんでした2』

    澤村御影著『憧れの作家は人間じゃありませんでした2』担当になった憧れの作家が、実は吸血鬼だった、ってお話の続編です。2は1以上におもしろかったです。2つくらい、泣かされてしまうストーリーもありました。狸の木暮さんと飛頭蛮(ひとうばん)の香苗さんの話。またうまいんですよね。まったく別の人間に化けられる妖怪の例として、狸と狐と、日本だとあともう一種類……みたいにうまい具合にぼかしてた一種類が、本作の最後の事件を起こしています(あやつですよ、あやつ!顔のないあれ!(笑))。思うんですが、この本って絶対いくつも続きを出すように設定されてますよね~。だって、いまだに吸血鬼作家の運命の相手に巡り会わないんですもん。でも、絶対彼女ですよね。なんか、ぼちぼち互いの相手に対する揺るぎない気持ちのようなものが見えてきましたよ~。ま...澤村御影『憧れの作家は人間じゃありませんでした2』

  • いろいろと大人の事情

    新しい書籍翻訳の仕事が入りました。おお、ちょうど仕事がなくてどうしようかと思ってたんですよ。ホッ。が、契約書を見たら、いつもより印税が安いんですよね~。なんでだろ~と思ったら、原著の版権使用料が高いんだって。んで、送られてきた原著も、誰かがかなり読み込んだ感じの本だった(笑)(いつもは新品くれるんですよ)。リーディングをした人(出版社が、その本が翻訳するに値するかどうかを判断するため、先に原著を読んであらすじを書く人)のお下がりかしら、とか思ったり。まあ、本当にいろいろと予算が大変なんだな、と思いまして、了解いたしました。以前、別の会社ですが、三部作を翻訳するという約束で二作目まで訳したけど、二作目の版権使用料の折り合いがつかず、結局訳したけど出版されなかった、という経験もあります……。翻訳でも小説でも、それ一...いろいろと大人の事情