searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kk-01さんのプロフィール

住所
清瀬市
出身
小諸市

ブログ初めて約9年、数年の沈黙を破り再起動。気になるものを気ままにセレクトします。基本、筆者の主観で思いに更けます。

ブログタイトル
ぱぱノ時間
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kk-01
ブログ紹介文
ぱぱノ気になるものを気の向くままに掲載。 主に趣味の玩具などアイテム系ブログ。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2013/06/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kk-01さんの読者になりませんか?

ハンドル名
kk-01さん
ブログタイトル
ぱぱノ時間
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ぱぱノ時間

kk-01さんの新着記事

1件〜30件

  • ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダムの途中経過…

    首都圏近郊緊急事態宣言につき仕事も何もかも自宅で進行…週末、トップコート後のエントリーグレードガンダムにデカールを貼り、ガンダムマーカーにて質感出しをしてみました。デカールはHGのオリジンガンダムのあまりとストックシール帳から使えそうなものを見繕います。膝の三角印は初代HGとかF91、シルエットフォーミュラーなどこの年代のガンダムタイプを思い出して追加してます。イメージは、戦後にどこかの連邦基地で予備パーツを集めて復元されたガンダム。ハヤトの戦争博物館とかに保管されてもしもの時はアノ人が使えそうなぐらいのスペックは維持されている…とか。スミ入れはマスクとヘルメットサイドぐらいでウエザリングまでいかない程度の色味をウエザリングマーカーで撫でた程度。この後、もう少し色味を入れてみようかどうしようか悩み中。ENTRYGRADE1/144RX-78-2ガンダムの途中経過…

  • 面出しスクレーパーは良くキレる。

    パーティングライン消しに良さそうなので「面出しスクレーパー」というものを発注しました。昨日の夜発注して、今日の午後には到着。仕事場近くのヨドにもありそうですが、この数日ちょっと人出の多い場所は避けたかったのでAmazonしました。早くて助かります。https://www.amazon.co.jp/dp/B081NCWCH1/ref%3Dcm_sw_em_r_mt_dp_VdBbGb98BCHD4?_encoding=UTF8&psc=1サイズは手のひらサイズのパッケージにピンバイスのドリルぐらいものが1本。先端は三角形、三角柱になっていて手持ちのピンバイスにもピッタリ。面出しスクレーパーは良くキレる。

  • 簡単フィニッシュ2.0 その2

    簡単フィニッシュ2.0、前回の続き。使用キット1/144HGUCRX-78-02GUNDAM(GUNDAMTHEORIZIN版)塗装は基本、Mr.クリスタルカラーのダイアモンドシルバーを装甲部分に吹き付け、関節と武装類はNAZCAメカサフHEAVY2色を大雑把に吹き付けただけです。乾燥ブースで適度に乾燥するのを待って、取説を見ながらランナー状態で貼れるだけデカール、シールを貼りって最後に組み立てます作業に入ります。途中、ゲート処理などもほとんどしません…とにかくひたすら組んで行きます。で、こんな感じに組み上がりますが、写真以上に実物はキラキラします。*旧式のiPhoneのカメラだと分かりづらいですね…お馴染みのキャラクターのスケールモデル的な風合いはそこには無く、その代わりにちょっといい感じに小洒落たロボットフ...簡単フィニッシュ2.0その2

  • 簡単フィニッシュ2.0

    模型サイトや個人ブログなどで「簡単フィニッシュ2.0」という投稿を見かけました。これまでの素組につや消しトップコート、スミ入れなどからさらに進化?した制作スタイルのような。素組やゲート処理など後回しで、ランナー状態でエアブラシやスプレー缶で塗装。参考にさせていただいたサイトではパール系の塗料を吹き付けて乾いたらやはりランナー状態でデカールもはり最終工程として組み立てると言う流れ作業で形になった時には完成していると言う、ノンストップでモチベーションを下げずに進んでしまうという逆転の発想的工程。確かに作り方なんて何も知らない子供の頃、取説見て、ランナー状態に色をつけたカラー見本を見て、真似して作っていたけど後から、作ってから色を塗るとかとにかく色が最後と刷り込まれてなかなか完成しない地獄から少し解放された感じがして...簡単フィニッシュ2.0

  • 改造イージーペインター 試作編

    年末から年明けにかけて工具類のメンテ、改造と塗料の整理・補充をしていました。ウチのトス環境としてはコンプレッサーはMr.リニアコンプレッサープチコンエアブラシはプロコンBOYSQシングルアクションタイプ塗装ブースはタミヤの初期モデルのシングル塗装ブース乾燥ブースはMr.ドライブースとかなりライトな環境です。どれも十年選手と年季入った装備ですが単純にキャラモデルや小スケールキットぐらいならこれくらいで十分です。しかし昨年の緊急事態宣言以降、作業環境の再構成を行い、年末ぐらいからさらに塗装欲求というか完成欲も高まり工具類を整理補充したところ、数年前に買っておいたガンダムマーカー用のエアブラシキットコピックエアブラシシステムに加えイージーペインターが出てきました。コピックとガンダムマーカーは根元のジョイントがプロコン...改造イージーペインター試作編

  • 大晦日、道具メンテナンスをする(ブラシエイドと文房堂/後片付用洗剤)

    今年は感染リスクを考慮して、帰省せずに家で年末年始を過ごすことにしました。お節の準備をしている合間に筆のメンテをします。最近、家中・仕事場から発掘した模型用の筆をブラシエイドにつけ置きします。いつからある筆かわからないものや塗料、サフ類など何2つ買ったかわからないものなどまとめて洗浄します。つけ置きしただけでは汚れは取れないのでこの後、ビン底でこすり洗いする様に付着した塗料を剥がします。画像のブライエイドは旧シリウスブラシエイドというもので、かなり前に購入しましたが中身自体は繰り返し使えて環境にも優しいというものだったと思います。現在は、トライデントというメーカーから販売されて、パッケージも変わっています。http://www.trident-ltd.jp/pg25.html最近、ウエザリングやメカサフなど部分...大晦日、道具メンテナンスをする(ブラシエイドと文房堂/後片付用洗剤)

  • 簡単ミキシング HGUC セカンドV

    部屋の整理をしていて、Vガンダム放送当時の武器セットのパーツが出てきたのでこれは!と思ってプレバン限定のHGUCセカンドVを引っ張り出してみます。https://p-bandai.jp/hobby/special-1000010625/HGUC版のVガンシリーズはハードポイントが開口されていないため、旧キットのようなオプション遊びが出来ません…そこで、セカンドVのサイドアーマーと武器セット付属のサイドアーマーを付け変えてみたところ、ポリジョイントの径もピッタリ。これでサイドアーマーにビームガンが装備できる様に。ついでに、これも旧キットのVダッシュのビームスマートガンも発掘したので持たせてフル装備。足のハードポイントも開口してV2バスターのミサイルランチャーも付けてみましょうか。簡単ミキシングHGUCセカンドV

  • ランナーパテからのトップコート(ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム)

    ランナーパテで接着、一晩乾燥ブース似かけた脚は問題なく硬化。さすが速乾仕様の接着剤を使っただけのことはあります。若干はみ出たりしてますが、デザインナイフ曲面刃でカンナ処理してはみ出た部分を削ぎ落とし、紙やすりとスポンジやスリなどで整形します。その後、削りカスを刷毛で綺麗に落としてつや消しトップコートを噴きました。乾燥ブースで様子を見ながら5、6時間乾燥します。途中、パーツのポジションを変えてブース内の対流に晒します。これを使うと埃や匂いの心配も軽減できてその間、他のこともできるので重宝します。パーツをクリップから外して各パーツの確認しましたが目立った失敗もなさそうなので組み直します。関節とバックパックは、メカサフHEAVYを筆塗りしておきます。サフですがこのままでの質感が良さそうなのとこの後、ウエザリングするの...ランナーパテからのトップコート(ENTRYGRADE1/144RX-78-2ガンダム)

  • ランナーパテを作ってみる。(ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム)

    ENTRYGRADEは作りやすく、短時間ノ組み立てでHGシリーズと比べても遜色のないガンダムが手軽に出来上がります。シールも貼らず、塗装もほぼ不要。ただ1つだけ気になるのがスネとふくらはぎに出来る合わせ目。ここだけどうにかしたいと思ったところで最近模型サイトで見たランナーパテを試してみました。ランナーパテとは、キットで残ったランナーを接着剤に溶かして作ったカラーパテ。これなら元々同じ色のキットなので馴染ませることが出来そう。材料は、残った白のランナーを切り出し、空瓶に投入。そこに接着剤を流し込みます。今回は、古区なった接着剤の瓶があったのでダメになった中身を一旦廃棄して、タミヤの速乾タイプの流し込み接着剤を適量(適当…)入れて放置します。ランナーは皆さん、細かく刻んでいたのでそれに習い細かく切り出しました。大体...ランナーパテを作ってみる。(ENTRYGRADE1/144RX-78-2ガンダム)

  • デカール・シール帳

    仕事場の資料置き場から発掘してきたシール帳。中坊ぐらいからたまった、素組ばかりで使わってなかったり付録やキャンペーン、食玩などのもの、サードパーティー製のお助けデカールなどファイル2冊にまとめていました。未整理のものなどさらに1パック…これだけあれば大概のものはありそうな気がしますが何故か連邦成分多め。年末年始はこれで制作を進めます。デカール・シール帳

  • ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム(ライトパッケージVer.)

    先週末発売されたエントリーグレードガンダムを作って見ました。パッケージは箱ではなく袋詰め。確かスピードグレードとかいう袋詰めが昔しあったような…ライトパッケージなので本体のみで武装は無しです…税込550円とかなりの低価格。ちょっとした塗装や改造をガンガン試せる良心価格。中身はランナー2枚と取説。この状態でかなりカラフル。パーツ構成がかなり厳選されていて、頭部はヘルメットがほぼ1パーツ担っている代わりに顔面は3色でカメラアイは黄色のパーツでシールも塗装も不要!唯一目立つところの肉抜きがあるものの足の裏まで整形されていてとにかく組むだけ。ランナーから取説どうりに組むと上から順に本体も出来上がり、ランナーの部品も無くなってゆきます。進行状況もわかりやすく迷わず進むのも良いです。途中、サクサク組んでゆけますが、組む前に...ENTRYGRADE1/144RX-78-2ガンダム(ライトパッケージVer.)

  • DIMEの撮影ブース

    DIMEを購入。付録がコンパクト撮影スタジオ。撮影ブースがマルと1セット。コンパクトに折りたたみ式でA4サイズくらいで、ガンプラなら1/144カーモデルやミリタリーモデルにもちょうど良さげです。メルカリやヤフオクなどのネットフリマなどにも便利。これの良いところは最初からLEDライトで照明がセッティングされていて面倒な調整も不要ですぐに撮影できるところ。今日は会社でスタッフ用に買ったものを開封、明日自分よいうのものが届いたら作業部屋で試してみようかと思います。DIMEの撮影ブース

  • 高機動試験型ザク

    オリジン仕様のザクバリエーションの1体をネタにウエザリングカラーフィルターカラー、スミ入れ塗料だけで仕上げてみました。通称「アイナザク」を材料に試験機として宇宙でテストされているイメージなので戦闘での汚れやダメージというよりはあらゆる環境でトライアルを繰り返した挙句の宇宙線や太陽光、デブリ、チリなどに晒されカスレて煤けた汚れ。あと新幹線みたいな絶えず高速で移動する乗り物のノーズの付着汚れが脳内イメージ。個人的にこのサイズで黒のスミ入れのようなラインが現実的に感じないので、汚れがパーツやパネルのエッジを目立たせてしまった。その割に溝がはっきりしすぎている気がしますが、それはもはやデザインや模様の類ぐらいに解釈してやり過ごします…このプラモ、元の持ち主は全く知らない人で中古ショップで素組状態で売られているものを買っ...高機動試験型ザク

  • ウエザリングカラー沼

    しばらく前に買っておいたウエザリングカラーを開けてみた。フィルタリングリキッドもあるので同系色の重ね塗りとかブラックの墨入れはアニメのトレス線ぽくなるのでホワイトやブルー系を載せては拭きの繰り返しで定着させてみる。初めてやって見たのでなかなか好みどうりにはならないが方向としては、宇宙試験機なので白っぽい煤けたイメージ。ウエザリングカラーには蓋に接着剤用の筆を流用して専用筆にすることで掃除の手間も省けて便利。手元にあった鉄球も追加投入して撹拌力もUP。匂いもほとんどなく、好き勝手に気が済むまでいじれそうなのは楽しい。ウエザリングカラー沼

  • ガチャーネンと複製。

    ガチャーネンを作ろうと思ったらパーツが無い…見つからないので複製することにした。複製するのはこの部品。足首と足をつなぐやつ。用意するのは、おゆまるとUVクラフトレジン。どちらもダイソー印。それとネイル用のUVライト。これだけ。複製と行っても小さいので単純な片面複製で。平たい面があればそこを平なものに固定して熱湯(←火傷注意)で温めたお湯丸をプレスする。今回固定に使ったのは、おゆまるが入っていたケースのフタ面に穴を開けて部品のピンで固定。お湯丸をケースに入れて蓋をする感じで複製する部品をプレス。このまま冷水で浸して、固まったらフタを開ければ部品も綺麗に外れて型抜き成功!ここにUVレジンを流し込んでUVライトを数分当てて様子を見ながらヒケが目立つようなら追加注入。すると固まって複製完了。今回はヒケの分を考えて2度流...ガチャーネンと複製。

  • エアブラシコレクション…?

    塗料・溶剤の補充をして家の各所に点在する在庫を洗い出してみたところエアブラシだけで5種類確認。ガンダムマーカーエアブラシシステムとイージーペインターは出た頃に早めに買っていたものでその後の在庫不足にも困らず。変わり種では、画材屋で見つけて衝動買いしたコピック用のコンプレッサー連結セット。構造は、ガンダムマーカーと似ているので、これを参考にガンダムマーカーが出来たのではと思ってしまう。変わり種としては、フリマか中古ショップで見つけたグンゼ産業のPROSPRAYというかなり旧式のエアブラシ。他のサイトを見るとスプレーガンとか噴霧器の類らしい。塗料ボトルが直接金属版で出来たフレームに接続され、それにエア缶を持ち手を兼ねた構造でプレートとネジで挟み込むように接続。トリガーはエア缶に沿ってプレートが伸びていて其れを握ると...エアブラシコレクション…?

  • 新規塗料・溶剤購入。

    最近、雑誌かサイトを見て使ってみたいな。と思っていた塗料、溶剤を追加しました。ネット通販でも買えるものもありますが、溶剤は在庫が無かったり割と高めな設定になりがちだったので、出かけたついでに店舗に行って来ました。今回はプロ仕様と水性塗料用の溶剤と以前から使ってみたいと思っていたメッキ塗料。メッキ塗料はその場でショーケースに入っていたものを見つけて購入。こういった細かなものはWEBでは情報が多いため見落としがちなので時間がある時は店舗にゆくことにしています。そのほか、下地やメカフレームに使えそうなもの、戦闘機プロップ用のステルスカラー、メッキコート用の水性クリアーカラー。これで年末年始にお籠りになっても大丈夫。新規塗料・溶剤購入。

  • 作業デスク改

    作業スペースが埋まってきたので一旦リセット。100均諸々で工具類を整理して作業スペースを再設計。気分転換は形から…作業デスク改

  • 超合金魂の補修をしてみる

    再販になってMARVEL印になったレオパルドンを購入したので他の手持ちの超合金魂と並べようと出して見たところ、関節のへたりが酷くなってきたので補修してみた。今回は、バトルフィーバーロボと初期のグレートマジンガー。また、レオパルドンも背中の犬顔?(スフインクス)がプラプラしがちだったので分解。膝関節の緩みが激しいので、ビスをはずして分解。構造的にはボールジョイントにプラスチックの受軸で支えられこれのおかげで膝空下のロールが可能。足首も同じくボールジョイント。受け軸を取り出して、クッション材がわりに短冊状に切り出したビニールをロール状に巻き、受け軸の中心の穴に差し込む。これを再び膝のボールジョイントと合わせて戻しす。これで足を閉じてビスを調節しながら閉めると強度が復活。足首も同様にビニールを噛ませて調整。次はレオパ...超合金魂の補修をしてみる

  • スーパーミニプラ レオパルドン その2

    レオパルドン完成。レオパルドン形態から。変形と稼働をを仕込んでいるせいか着ぐるみと旧超合金のいいとこ取りな印象。作ってみて、個体差かもしれないが接続ピンや稼働軸の調整箇所が幾つかあり、少々手間。大きなところでは右膝関節の緩みが厳しかったので梱包材のビニールで補強。若干胴が長い気もするが、煽って見ると気にならず。首も変形の稼働の恩恵か思ったより前に出せるので煽っても思った以上に顔が見える。全体的にイイ感じ。スーパーミニプラレオパルドンその2

  • スーパーミニプラ レオパルドン

    スパイダーマンといえば、東映ヒーロー世代。昭和の超合金で遊んだ記憶も懐かしいあのロボが令和になってスパーミニプラでリバイバルされるなんて。パッケジーも超合金のオマージュで中かにスチロールの収納ケースを作って取っておきたい気分。続きはまた。スーパーミニプラレオパルドン

  • ユニバーサルユニット ゼク・ツヴァイ〜その2〜

    前回の続き…実際に組み立ててみると思った以上にパーツの数と処理の必要な箇所が多い。造詣なども細部まで再現されていて、立体形状は保以上にわかりやすく、当時の誌面でわわからなかった部分の謎も解けた。MG誌誌面の作例では1/144で猫ぐらいのサイズと書かれていたが、この食玩でも結構なボリュームで既に置場が悩みどころ…ユニバーサルユニットゼク・ツヴァイ〜その2〜

  • ユニバーサルユニット ゼク・ツヴァイ

    今更ながらユニバーサルユニットからゼク・ツヴァイ。発売から数年たってもまだ現役販売中。ちょっとお安めのところを購入。形状はMSであって武装の塊のような個性的な機体。あまり商品化に恵まれていない感じで発売当時かなり惹かれたけど価格が食玩で四千円越えとあって見送っていたもの。しばらくステイホーム期間も続くのでちょっと良いかなと思って届いた物を開けると箱いっぱいのボリュームにほぼプラモデル状態でパーツびっしり…そして、ランナーが太め。なかなか処理に手間がかかりそうです。ユニバーサルユニットゼク・ツヴァイ

  • 修復と複製1

    破損してしまったGFFのZZガンダムのアンテナを修復。大きなアンテナは瞬着で補修。細かい方のアンテナの折れた先がピンセットではじいてしまったのでやむ無く複製して継ぎ足すことにする。まずは比較的細く薄い旧キット1/144ガンダムのアンテナをベースとしたものとGFFのZZの頭部のハイメガキャノンとアンテナの一部を複製。複製にはお湯丸で型を作り、UVレジンを流し込み、UVライトで硬化させることに。ここまで主に100均で揃う材料なので手軽かつ、失敗してもあまり心を痛める心配も無し。日中、予備としてもう1セット作成して日光にあてて自然硬化。UVレシンがクリア素材なため、グレーのサフを拭いてブースに入れて乾燥させる。ひとまずここまで。修復と複製1

  • ガンダム過密地帯…密です。

    自粛中の自宅作業場確保のため部屋の整理。次から次にものが出てくる…すでに机の上が過密状態。長年の産物とはいえ、これでも氷山の一角とは。ガンダム過密地帯…密です。

  • テレワーク始めました。

    テレワーク始めて約2週間。思った以上に足腰に負担が来ます。もう、そんなお年頃…巣篭もりの準備に入手していた一番くじのオリジンガンダム。通常MG版の一部クリアー。ノーマルも1体バラし済みなのでそれと合わせて組む予定。テレワーク始めました。

  • ミニプラ キラメイジンセット

    今年のノルマ、ミニプラキラメイジンセットを素組シールで制作。今年は5台の魔進が合体してロボへ。途中段階で2台と3台の中ロボモードもありロボ遊びのバリエーションあり。いつもはエクストラ仕様のクリアーパーツが初回から使用されていてキラキラ。いつもと違って怪しい拡張穴があまり見当たらず、中間パワーアップの展開がどうなるか期待したい。今年もよく動く。ミニプラキラメイジンセット

  • MG 1/100 FAZZ Ver.Ka その2

    MG1/100FAZZVer.Kaの取説を見ていて昔のモデルグラフィックスの記事を思い出したので発掘。多分、一番最初に買ったものだと思う。1987年4月号。ここに掲載されていたフルアーマーZZに衝撃を受けてそこからどんどん沼に…MG1/100FAZZVer.Kaその2

  • MG 1/100 FAZZ Ver.Kaの取説…

    発売から品薄のようだったので様子見して落ち着いたら検討かなと思ったら某サイトの取説を見て思わず…過去の画稿、特にNewtype誌の画稿も掲載はかなり驚き。今の仕事含めてこの頃のアニメや雑誌にかなり影響を受けていると思う。思い出補正もかなりあると思うが、個性的なスタッフが多かった時代。MG1/100FAZZVer.Kaの取説…

  • ヘソクリクリ

    設備点検を口実に魔境と化した部屋の整理。貯め込んだ書簡、仕事の書類の断捨離を決行するも仕分けた束に銀行封筒を見つけ、念のため中を見ると2000円札が数枚…多分使いあぐねてしまって忘れてまんま10数年経過したらしい。深夜のテンションでアレコレ備品の追加とか買い逃したモノをポチろうかと思ったが、周囲の壁に我に帰り、息子資金に…ヘソクリクリ

カテゴリー一覧
商用