searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
あわぞうの覗き穴
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/awahiro
ブログ紹介文
思いついたとき、気が向いたときに 覗いて見る穴、 何が見えるかは、覗く人のお眼めで決まる
更新頻度(1年)

233回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2013/03/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あわぞうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あわぞうさん
ブログタイトル
あわぞうの覗き穴
更新頻度
233回 / 365日(平均4.5回/週)
フォロー
あわぞうの覗き穴

あわぞうさんの新着記事

1件〜30件

  • それでよいのか:10 妖怪教育

    妖怪の世界ではどういう教育が行われているか。その現場の実態を知れば、どういう子どもが育ち、どういう大人になっていくか想像がつく。教育ペアさんたちは、これをご覧になってどう思われるだろうか。にほんブログ村それでよいのか:10妖怪教育

  • それでよいのか:9 外野癖

    某社が国会議員全員にジェノサイト問題でアンケートを取ったところ、回答なしが79%もあったという。人間社会では通用しない暴挙に、何も意見を表明しない国会議員が8割近くもいるという事実の証拠である。低料金の外野席にずっと居座り続ける性癖以外には何も持たないのだろうか。国会は、国営の会議運営組織で、そこでは、空気だけを読みながら、獲得してある会員権を次の期間にも失わないよう、これ務めればよいという、それが毎日の仕事なのか。にほんブログ村それでよいのか:9外野癖

  • それでよいのか:8 国家の資格

    国家は、人間集団の最高の権限を持った組織であると言われている。国家である資格を考えてみよう。まず人間の集団であることが第一条件。人間以外の動物や妖怪が構成する集団には、人間の国家群が認め得る国家の資格はないということになる。隣接周辺の国を勝手に占領し、その民族を根絶やしにして、自分たちのお気に入りの民族に入れ替えてしまおうと画策するような、人倫に目もくれない軍閥集団は、人間の集団とは言えない。妖怪の集団は、国家として扱うべきではない。国家の形態を装った非国家集団は、国際連合をはじめとする諸組織から排除するか、規程上排除が困難であれば、人間の国家は、その組織から抜け出て、あらたにまともな国家集団を構成するよう、国際組織の再構築が必要なのではないか。にほんブログ村それでよいのか:8国家の資格

  • それでよいのか:7 貢国の荒廃

    いま、この旗を知っている小中学生はどのくらいいるだろうか。世界の鏡に映る日本の姿は、皇国ではなく貢国になってしまっている。貢国、貢ぐだけの国、カネは出す、モノは贈り届ける、平和であるためには、それしかないと思い込まされている。持って生まれた能力も、テレビのクイズ番組で優勝を目指すなど、遊びごとの分野にしか発揮される場を得られない。優れた記憶力が、歴史や文化の伝承に使われる機会はごく少ない。優れた思考力を、科学や技術の発展に尽くせる場はごくわずかしかない。貢ぐだけの国が辿る方向は、荒廃でしかない。とりあえずカネを儲けて税金さえ納めればよいのか。いや、日本人のような顔をして、日本に経営の本拠を持ちながら、海外で利益を得た形にして、まともに税金を納めない、頭だけがよい経営者もいるではないか。にほんブログ村それでよいのか:7貢国の荒廃

  • それでよいのか:6 誇示

    対策検討⇒発令⇒効果不明⇒検討⇒延長⇒制限強化⇒効果不明⇒検討⇒ヤッテル感誇示これだけ一所懸命なのだから「そこをなんとか」と望みを託しても、ウイルスは生き物、人間の感情の忖度はしてくれない。にほんブログ村それでよいのか:6誇示

  • それでよいのか:5 夢想

    盗られた領土が巧みな外交交渉で変換される。そんな夢は唱え続けられ、そして叶えられることはない。夢は、別の世界のことだから。平和を装っている交渉の相手は、一つの地球に棲む別の民族の人、あるいは人間の顔かたちをした別の世界の妖怪なのだ。にほんブログ村それでよいのか:5夢想

  • それでよいのか:4 談話の罪

    話したことが後にたびたび引用されると、その内容が誤っていても、事実であるかのような錯覚を多くの人に与える。それが利用されたり悪用されたりするときには、XX談話という名前まで付く。名前が付けられ使われた結果が、多数の人に迷惑を及ぼしたり、外交上不利な条件になったりすれば、最初の発言者は、通常の神経の持ち主であれば、おそらく罪の重さにさいなまれるであろう。気付かぬはずのない発言の過ちの取り消しを阻むものは、発言時の立場を考えた沽券か、取り消しへの反応を恐れる意気地の無さか、あるいはすでに判断力を失った生理的障害だろう。発言者本人が悩んでいるとすれば、その悩みの解消に、近親、周辺にある人が誘導する努力を惜しんでいることになる。事なかれのつもりが事を大きくしているのだ。にほんブログ村それでよいのか:4談話の罪

  • それでよいのか:3 ワクチン接種:2

    ワクチンの「接種券」2枚、「診察したが接種できない場合」2枚、「予防接種済証(臨時)」1枚が切り取られる形の券が、接種案内に同封されている。この券には名前がついていない。右上に、「あなたの券番号」という枠があって、これは太字ではっきり読み取れる。この券の名前は「わたしの券」なのかなあ。いや待てよ、紙の左側中央に囲いがあって、そこには、「接種の時期が来るまで、このクーポン券は大切にお持ちください」と書いてある。それなら「XXクーポン券」とでも名付けて紙の左上の目立つところに書いておけばよいではないか。クーポン券と名付けるのがダサいと思うなら、「XX券」だけでもよい。名無しでは、「あれ持ったか」「それ忘れるな」と、所持を確かめるのに、そのものを見なければならないという面倒が付きまとう。そもそもクーポン券というのはど...それでよいのか:3ワクチン接種:2

  • それでよいのか:2 ワクチン接種

    市から「新型コロナウイルスワクチン接種のご案内」という封書が来た。近くに集団接種会場にできそうなところがあるのに、電車、バスを乗り継いで行かなければならない遠方の会場が指定されている。休日には2日間の予定で送迎用バスを出すとされているが、なぜ休日のみなのか、回数制限のためなのか、よくわからない。疑問なのは申し込み方法だ。1,受付開始日は書いてあるが、第1回接種希望の何日前が受付締め切りなのか、どこを探しても見当たらない。2,電話がつながりにくいのでできるだけ市の公式LINEアカウントにて申し込めと書いてある。LINEには大きなセキュリティリスクがあるというのに、いまだにそれをできるだけ使えと薦めるのはどういうわけなのか。通知文書の体裁にはだいぶ気を配って作られているが、肝心の中身がどうなのか、誰がチェックをして...それでよいのか:2ワクチン接種

  • それでよいのか:1 風潮

    国際組織に有力な提唱があると、理由も影響も深く追究されずに、その時の気分次第ではないのかと思えるような決まり方で採択され、新たな風潮が生み出される。例えば、今吹いている脱炭素の風、人類が何万年も付き合ってきた炭素を追い出そうという話。炭素の何がどう悪いのか、激減させたらどういう影響が出るのか、それが容認でも納得でもない、本当に理解されるような解説はまだ耳にしていない。「国際会議で決まったことだから」などという言葉は、説明の端くれにもなりはしないのだが。にほんブログ村それでよいのか:1風潮

  • ちょいちがい:31 検索

    何かを知りたいとき、たいがいのことはインターネットの検索でわかるようになっている。問題は回答の迅速性と確実性だ。概要を知りたいときは迅速性、行動計画のための情報を得たいときは確実性に重きが置かれる。迅速性を求めるときは検索、これなら探し当てて見るだけで答えが得られる。この検索も、広い範囲の検索と、相手を絞った検索ができる。たとえば、言葉の意味を知りたいなら広い範囲の検索、決まっていることを確かめたいなら相手を絞った検索ということになる。例えば、コロナ・ワクチンの申し込み期日などは、行政の電話窓口を見つけるのもよいが、こういう問い合わせはとかく集中して、いつまでも待たされることになる。試みにわが住まいでは、「M市ワクチン」で検索したら、「新型コロナウイルスワクチン接種について」というサイトに行きつき、すぐに答えが...ちょいちがい:31検索

  • ちょいちがい:30 環境

    懸命に作ろうとすると壊れるものがある。環境もその一つ。人工の環境は自然の環境を破壊する。わかっていても、破壊が次の期待を生むなどと、変な理屈が頭にこびりつくと、思考の環境も壊され、カーボン・フリーなどというわけのわからない産業振興策略にわれもわれもと参集する。炭素をなくすと何がどうなるのかを考えているのか。にほんブログ村ちょいちがい:30環境

  • ちょいちがい:29 記者の道

    失言探し、それは現代記者にとって仕事の要領の一つになっているようだ。探して見つからなければ、作り上げるしかない。ぶら下がりの機会に、失言に仕立てられそうな、望みの言葉が出るまで食い下がる。掴むのは言の端、片言隻句で十分なのだ。言葉の意味には表裏があるから、切り貼りつなぎ方の腕次第でどうにでもなり、どんな記事でも書けるから。にほんブログ村ちょいちがい:29記者の道

  • ちょいちがい:28 思い込み

    記憶は植え付けられるもの「覚えてろ」のひと言がからだのどこかに刺さっている刺さった記憶の痛みをなくすには抜き取ればよいということに70年も経ってからようやく気付いた歴史のカスのような棘それをだいじにしておく必要はなかったのだにほんブログ村ちょいちがい:28思い込み

  • ちょいちがい:27 会の力

    会と名がつくと、人の力は偉大になる。専門家、有識者と呼ばれる人の発言力は、会の名によって支えられる。その力は、求められる知見に有効な働きをする成分と、別の働きをする成分とが合成されたものになる。別の働きとは、会の名による票田に水を湛える働きである。専門家、有識者と呼ばれる人が、会の名の看板を掲げて、注文に応じた「別の働き」のほうに意力を注ぎ込めば、有効な知見はごくわずかになる。ときには無に近い、そんなことさえある。会の名というものは、なんとなく確からしいというだけで、信頼の素因にはなりにくいものなのだということが、世の中に目立って来ている。「別の働き」が増えてきているからだ。困ったものだ。にほんブログ村ちょいちがい:27会の力

  • ちょいちがい:26 雰囲気手

    カナ文字の好きな旗手たちが往く。旗手たちには、言葉の意味はわからない。雰囲気と風に逆らわずに歩く、その心得だけは忘れない。旗手たちは、その風が何を運んでくるかも気にしていない。にほんブログ村ちょいちがい:26雰囲気手

  • ちょいちがい:25 所管

    日本とEUとの共同研究による「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」における新規課題が決定された、という所管省のニュースメールが届いた。両国の共通の関心事項である脱炭素社会の実現に貢献することを期待できるものとして、公募で集められた課題が3課題に絞られたと説明されている。この3課題がどういうものなのか、リンクを辿りたどり探したが、内容が見つからず、途中で嫌気がさして諦めた。意地悪な想像をすると、詳しく知りたければ、尋ねてくれば話せる範囲で教えてやるぞという構えのようで、このニュースは、MK省が「決めた」ということだけが主眼らしい。ニュースの項目を見たとき、この課題がなぜMK省の所管なのか、不思議に思った。研究と呼ぶものはみなMK省?そんなことはあるまい。KS省はどうしているのだろうか。課題を決めるだけなら、あちらに...ちょいちがい:25所管

  • ちょいちがい:24 操り人形

    操り人形は、操られていることを観客に忘れさせれば、一流の演技と言える。操り方の巧拙が気になるうちは、三流以下の学芸会級だろう。庶民の政治感覚の低さを、「操られている人が意識していない」と表現した人がいる。操り人形には、もともと意識はないのだから、それがあたりまえのような気もする。多分その人は、時流に漂っている人が、操られるままの人形のようになってしまっていると言いたかったのだろう。人形のようでは言い過ぎになるかとの気遣いが、歯に衣を被せる結果になったのかもしれない。まっすぐものを言いにくい今の世で、聞きたくないことを聞かせる苦心の程が感じられる。この数行の拙文でさえ、終わりまで読ませずに切り取ってしまえば、その論会に参加した発言者をなじるようなことにもなってしまう。それと似たようなことをして、バカな議員に騒ぎの...ちょいちがい:24操り人形

  • ちょいちがい:23 演技外交

    外交には演技が必要とされ、しばしば演技が用いられる。この演技の功罪はさまざまで、外交交渉が演技中心になってくると、罪過を招く割合が増えてくる。演技が度重なると、相手が交渉の対象ではなく観客に、しかも旦那芸を見せられる観衆のように思えてくるのではないか。国と国との約束事も、脚本の一部分として、書き換えられたり削除されたり、善良の装いが狙い目とされることさえある。演技外交、名演に酔ってはならず、迷演に依ってもならないものなのだろう。にほんブログ村ちょいちがい:23演技外交

  • ちょいちがい:22 サポート

    電話相談口にはいろいろな人が出てくる。小型のモノの扱い方を尋ねているのに、モノを手元に置かずに、マニュアルを見ながら答えてくれることが多い。わかりやすく書かれたマニュアルがあれば、電話でいちいち相談はしないのに。マニュアルに載っていないことを尋ねると、そのたびに何分か待たされる。窓口の人もわからないので、誰かに聞きに行っている様子。相談窓口をOJTの場にしているところもあるのか。相談窓口からは、答えがほしいのではない、応えて欲しいのだ。にほんブログ村ちょいちがい:22サポート

  • ちょいちがい:21 ずれ芯:2

    ちょっとの芯ずれが、削り出される芯の長さに倍の違いを招く。普通に使いたければ、削った鉛筆の削り手直しということになる。これはDXXX-さんの失敗商品。にほんブログ村ちょいちがい:21ずれ芯:2

  • ちょいちがい:20 ずれ芯

    鉛筆の芯は、軸の真ん中に入っているものと思っていたところ、芯ずれの鉛筆にお目にかかった。電動鉛筆削りで、鉛筆をグルグル回しながら削ればと、ふと思ったがそれは大誤解、バカだね。にほんブログ村ちょいちがい:20ずれ芯

  • ちょいちがい:19 無刺激

    化けものの手足が、いま動かなくても、いつかは動き出す。動かないように見えるのは手足だけで、頭は化けものなりの行動規範に従って働いている。手足が伸び切ってしまった化けものの行動規範は、わかりやすくできていて、それは記念日や国際イベントの節目で動き出す企みが芯になっている。今は静か、だからと言って、化けものの活動が収まったなどと、暢気に構えてはいられないのだ。にほんブログ村ちょいちがい:19無刺激

  • ちょいちがい:18 板挟み

    政治と経済、どちらかを立てれば一方がうまくいかない。なぜそんなことになるのか。経済は政治とは別ものという、奇妙な不文律、いや分別律がはびこって、邪魔をしているからだ。政治は国の運営の総括概念であるから、経済問題も政治に含まれた重要要素とされなければならない。半世紀前に時の総理が演説に使い、そのときには都合がよかった政経分離という時事用語が、いつの間にか国の運営の原則であるかのように思い込まれてしまった。経済人たちは金儲けのためにそれを利用し、巧く立ち回った。一般人はそんなものかなあとあえて逆らわず、非常識をノリで固めて常識のようにしてしまったお守り札の文言、それが政経分離なのだ。お守り札は、個人の役には立っても国の役には立つことがない。お経をあげていれば安泰と思っているお題目政治には、都合のよいときもある。これ...ちょいちがい:18板挟み

  • ちょいちがい:17 梯子

    梯子には二とおりの使い方がある。主なのは作業用具、高いところに登るために使う。もう一つは舞台装置、見せるために使う。この舞台で見せるのは、技量の高さと誇り。それを見せられるのは、梯子を支える人達への信頼。外交、安全保障の場では、この支えを外される危険が、常に付きまとっている。七十余年前の苦い経験を忘れてはならない。にほんブログ村ちょいちがい:17梯子

  • ちょいちがい:16 感情表現

    感情表現はボヤキと同類だから、それが行動であるとは言えない。懸念の表明は、行動に値するだろうか。否、懸念表明は感情表現であって、何か行動したことにはならない。政治家に求められるのは行動で、ボヤキの声ではない。にほんブログ村ちょいちがい:16感情表現

  • ちょいちがい:15 故障原因

    鉄道の故障がしばしば起きる。故障、不通、開通のニュースは流れるが、人命にかかわらない故障の場合、発生の根源をつきとめたというニュースは聞かない。原因不明、もうこの辺で、あるいはそういうことにしておけという、追究打ち切りが多いのではないか。不明とされることに、目立たずに行われる社会実験など、仕掛けのもとが隠れてしまっていることはないのだろうか。くわばらくわばら。にほんブログ村ちょいちがい:15故障原因

  • ちょいちがい:14 仇討ち行政

    コロナ対策の時短問題で、不利な協力金支給条件に、苦い汁を飲まされた企業グループがある。施策に逆らうその主張が、首長から狙い撃ちの的にされた。なんともいやらしい恨みの晴らし方ではないか。にほんブログ村ちょいちがい:14仇討ち行政

  • ちょいちがい:13 自動車

    EVは、ガソリンで走っていた自動車のエンジンを電気モーターに入れ替えたものか、そんな簡単なものではないらしい。ガソリン車では、乗せて運ぶのは人間だった。EVでは、乗った人間の行動情報がいっしょに運ばれる。交通機関だったものが、情報収集機関に変身している。止めて、乗って、行って、下りれば終わりではなくなった。EVは、動力付きのスマホだよ、と言う人もいる。にほんブログ村ちょいちがい:13自動車

  • ちょいちがい:12 ワクチン

    インフルエンザ・ワクチンは皮下に接種したのに、これから打ちましょうと言われる武漢コロナのワクチンは筋肉注射、接種でなく注射。ワクチンで植え付け方の違うものがあるのは何か変だなと思っていたら、武漢コロナのワクチンは、ワクチンと呼ばれながら、実際はワクチンではないらしい。予防接種はウイルスを植え付けるのだが、武漢コロナのいわゆるワクチンは遺伝子を注入してウイルスを体内で作らせる方法だという。お医者さんが解説したがらない、このワクチンもどきは、壮大な人体実験ではないのか。豆でも遺伝子を組み換えたものは気味が悪いのに、人間にじかにそんなことをして大丈夫なのかなあ。にほんブログ村ちょいちがい:12ワクチン

カテゴリー一覧
商用