searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ハーフムーンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ハーフムーンの山歩き
ブログURL
http://snailsdream.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
長〜い後遺症を経てリハビリ中のアラフィー主婦。金なし車なしセンスなしで体力修行中のハイカーです。
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2012/09/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ハーフムーンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ハーフムーンさん
ブログタイトル
ハーフムーンの山歩き
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
ハーフムーンの山歩き

ハーフムーンさんの新着記事

1件〜30件

  • 目標リスト

    諸般の事情で10日ほど全くハープを触らず、レッスンもキャンセル。せっかくの練習がパアになってしまったので、練習再開も少々億劫に。レッスン課題がなかなか難しくなってきて練習中に挫けそうになる時が増えてきましたが、練習しないという事も怖くなってくる····具体的現実的な目標があるといいのかもしれないと思い、ハープの弾いてみたい曲リストを、少々更新しました。...

  • 脂肪腫

    長年おデコに有った脂肪腫(瘤)を取りました。日帰り手術です。15~20年以上たいして気にしていなかったのですが、ビデオ会議で意外に目立つのと、僅かずつに大きくなってきたようなので。 化粧品アレルギーで皮膚科に行くはずが、併設されている形成外科に行くことになり、1ヶ月以上先の手術を予約しました。...

  • Lesson 95

    Romance sans paroles (song without words 無言歌) というタイトルの曲は沢山あるようで、これもジャンルの1つなのでしようか。今回は、Felix Godefroid (フェリックス ゴッドフロア : 1800年半ばのベルギーのハーピスト)の無言歌。通称 ‘ロマンス’。Bois Solitaire (寂しい森)という副題がついています。...

  • ハイドロカルチャ

    昨年9月に買った、卓上ハイドロカルチャのパキラ。シクラメン、ベンジャミン、コニファ、もろもろ全て枯れていく我が家では、9ヶ月も生き残り、水だけでゆっくり成長しています。卓上でも西日があたるからか、ガラスの器に藻が張り付いてきたので、思いきって植え替えることにしました。...

  • Lesson 94

    『Feuilles d'Automne』(秋の木の葉)の3曲め。

  • コロナもろもろ

    おそらく15年以上前から額にあるコブを、取り去る事にしました。山の枝、お店のくぐり戸、ドア付近の壁、などなど昔からよくぶつかるので、最初はどこかにぶつかってできたコブだと思っていたのですが、何年たっても消えない。そのうち、脂肪の塊らしいとわかりましたが、自分では見えないし、鏡をみても大して気にならなかった。コロナ禍でzoomミーティングするようになり、画面に映る自分の顔を何度も見ているうちに、ようやく気...

  • Lesson 93

    レガートに拍をとりながら前に進んでいく・・・ドイツ語バロック的に縦に刻むのではなく、フランス語ローマン的に横に流れていく。(右はアッセルマンの

  • 気晴らし

    諸々の事情により所々で停滞しておりまして、ハープも2週間以上触らず、基礎化粧品アレルギーも修復されず。 アレルギー対応日焼け止め(紫外線吸収剤不使用、アルコールフリー)という物を使ってみたら、両方の瞼が真っ赤になり視界が遮られるほど腫れ上がってしまった・・・さすがに外出できず、ますます何も出来ないジレンマに。手近な気晴らしに、オンラインショップの買い物カゴに入れては止めるを繰り返し。...

  • Lesson 92

    今回から、アッセルマンの『Feuilles d'Automne』(秋の木の葉)。 どこかのサイトでは

  • 予約

    高齢者向け予防接種の予約。案の定、私が担当することになりました。近隣の市に済むお友達はみな既にに予約済なのにと羨ましがっている一方で、不安定な体調から主治医にべったり相談中なのですけれど、とりあえず予約してほしいとのこと。何が何でも予約開始当日に予約しなくてもいいと思うのですが、ワクチン不足を散々叫んだテレビ番組のせいで、トイレットペーパーの買い占めに近い心理なのか・・・。...

  • Lesson 91

    ルニエの 『6 pieces pour la harp』。一番人気は二曲めの、Au Bord du Ruisseau。迫力があるのは一曲めのMenuet。今回は仕上げる(多少はまともに弾ける)ところまでやりましょう、ということで基礎から逃げずにやり直しています。まずは、3拍子のテンポを正しくとる・・・(かなり情けないレベルです)今まではメトロノームの設定を0拍にして、ト、ト、ト、ト、ト、ト、と鳴らしているのですが(弾き間違えた時に面倒なので)、つ...

  • ワイヤー弦

    ハープのon-lineレッスンも5ヶ月近くなり、そろそろoff-lineレッスンを受けたいと思っていたら、病で機を逃してしまいました。そして世の中は再び緊急事態な方向へ。少々増してきたストレスがハープにも伝わっていたのか、 滅多に切れないはずのワイヤー弦が初めて切れました。しかもon-lineレッスン直前の練習中に。...

  • Lesson 90

    前回に引き続き、ルニエの 『6 Pieces』suite1 の1曲め

  • Lesson 89

    今回から、ルニエ(Renie)。アンリエット・ルニエ(1875~1956 )は、 サロン・ハープの先駆で職業婦人としても先駆者な方でして、この業界では最も有名な方の一人です。『Six Pieces 』の曲集は3曲ずつで2部になっているものと、6曲載ったものの二種類の出版がありますが、前半の3曲が課題です。(ルニエにはこれとは別に、『Six Pieces Breves 』(6つのやさしい小品)というのがありますが、こちらは弾いたことがありません。)...

  • 在宅生活

    在宅生活が一年を過ぎました。この時勢で今年度も引き続き在宅勤務です。  3月末でパート契約終了だったのですが、コロナ渦中なので、半年先の雇い止め期日(最長10年)まで契約更新することにしました。せっかくの引きこもり生活でコロナ感染とは縁遠かったのに、体調がいいとは言えない。腎盂炎などという自家中毒のような病になってしまいまうし、花粉症(杉も檜も)が酷い上に基礎化粧品アレルギーも併発してしまい、化粧水...

  • あ~ぁ

    .......急性腎盂炎になってしまいました。(膀胱炎が遡って腎にいった......殿方にはあまり興味ない病ですが。)...

  • Lesson 88

    『Petite suite classique』の締めはPassepied(パスピエ)。これもガボットやメヌエットのような、クラッシック踊りの種類名らしいです。一番短い曲で(繰り返しは省略するので)、音数も少ないのですが、弾きにくそうな曲です。しかも Dolce con tenerezza というご指示は、お遊戯ではダメそうで、得意とは言えない。...

  • ハープ楽譜の入手先

    アイリッシュハープの楽譜は、Amazonやら国内のハープ販売店でも色々扱ってるし、内外のサイトでダウンロードできるものも沢山あります。よく使っていたのは、日米のAmazon、シルビア・ウッズさんのサイトや毛利さんのサイトです。The Harp Connectionというアメリカのサイトで、ハープ・デコシールを買ったこともあります。でも、グランドハープ用の楽譜はなかなか難しい。...

  • Lesson 87

    今回は『Petite suite classique』の最初の曲、Joyful Overture。Overtureの訳は、

  • Lesson 86

    『Petite suite classique』バロック調の短い6曲からなっています。それぞれに、クープラン、ヘンデルなどのバロックの作曲家を想起した意のサブタイトルがついています。また、最初の曲以外は、ダンス名がついている(ジーグ、ガボットなど)。(シチリアーナは別ですが、当時の流行風だから)。でも、その作曲家もバロック・ダンスもピンとこない。今回は『Petite suite classique』の3曲目、Gavotte。...

  • スマホ断ち

    最近、ますます目が悪くなってきました。PC⇔スマホ、TVの番組表などにピントが合うまでに時間がかかるし、肩も凝る。引退前の職業柄、今より遥かに長時間のPC作業をしてた時でも、こんなに眼精疲労はなかった。初めて、疲れ目用の目薬をかいました。まぁ、年齢なり、ということもあるのでしょうが、一番の心当たりは、

  • 幸の会

    山、ハープ、パン、etc... ウロウロノロノロな気迷いの記です

  • Lesson 85

    今回は珍しく賛美歌曲。賛美歌なので短い曲ですが、先生のアレンジでちょっと難しい。でも短いおかげで、繰り返し弾く回数も多くなり、自分の音をちゃんと聞きながら練習する余裕があったかな。...

  • Lesson 84

    コロナ禍第1波でお試しだったOn-lineハープ・レッスンを、第3波で本レッスンにしていただきました。昨年は我が家の事情で、さらにコロナ禍1波でレッスンを長く休むことになり、やっとレッスン再開となったのもつかの間、また自粛。レッスンを停止するたびに下手に戻っていたので、少しでもそれを防ぎたい。リアルでは45分でしたが、オンラインレッスンは30分で。予定していたドニゼッティのデュエットは延期し、第1波中に購入し...

  • 事態

    昨年4月以来ずーっと、外出(玄関から外にでる)は月にせいぜい3日ほど。在宅勤務のパートには、正規職員のような交代制の出勤義務はなく、上司に気軽にチャットできるので仕事むしろはやりやすくなり、徒歩通勤45分+出勤仕度がなくなったのもありがたい。...

  • Lesson 83

    グランドハープ用のルームシューズを買い直しました。ペダルにあたる部分がすり減って凹んでしまい、ペダルが踏みにくくなっている事にようやく気づきました。Butterfly Twistというブランドの二つ折りシューズ。上履きとしてはお高いお値段なので、いっそ子供向けのスクール上履きを買おうかともおもいましたが、悲しくなりそうというか、テンションがさがりそうなのでやめました。レッスンもこの上履きを持参(先生宅)。外履き...

  • Lesson 82

    Greensleeves Variations。これもフルートの腕前披露曲で、ハープは伴奏です。8小節のテーマとそのバリエーションがなんと12。最初にテーマを繰り返すので、16+12×8_小節あります。当然に伴奏譜も徐々に難しくなります。Greensleevesはとても有名なイングランド民謡で、今回の楽譜のテーマフレーズはエオリア旋法版(レ、ファーソ、ラーラ…)。それまでは、ドリア旋法版(レ、ファーソ、ラーシラ…)しか知らなかった。ハープ的には忍...

  • 第3波

    コロナ禍第3波で、在宅退勤は来年3月まで延長されました。大病して自宅療養していた数年間よりも、今年は遥かにひきこもっています。最近は、来年からの「完全引退」後の過ごし方を検討・予行演習する期間なのだと思うようになりました。 朝早めに起きて、朝食後に関トレ(関節周りの体操)して洗濯して、ハープ練習して、ラジオ体操しながらPCの電源いれてメールとZoomを立ち上げて....(引退後はジョギングかシルバー・パート...

  • Lesson 81

    レッスンのたびに、もっと練習してくれば良かったと思うのですが、合奏物はとりわけ悔いが残ります。『春の海』。前回のレッスンでは、先生の弾くフルートパートが全く耳に入らなかった(余裕がまるでなかったので)。やはり相手のパートがわかってないと、掛け合いは難しい。テンポバランスが生(なま)とはかなり違うことを前提に、MuseScoreにフルートパートだけ入れました。...

  • Lesson 80

    「春の海」。通販番組のお節料理セットのBGMになっていたので、正月帰省した時に、姪っ子がフルートで吹いてくれたらいいのにと妄想したりしまして・・・旧暦の

カテゴリー一覧
商用