searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

maikoさんのプロフィール

住所
文京区
出身
三木町

自由文未設定

ブログタイトル
ロシア奏法と活用術
ブログURL
https://brandeepema.hatenablog.com/
ブログ紹介文
東京都文京区の音楽スクール(ピアノ教室)B.P.MUSIC STUDIOの主宰講師のブログです♪
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2012/08/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、maikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
maikoさん
ブログタイトル
ロシア奏法と活用術
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
ロシア奏法と活用術

maikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 色んなピアノを使って録音しています

    こんにちは!昨日はベヒシュタインに行って来ました。 私は非常に好きなピアノでした。 何とも言えない繊細な美しい響き、 録音は余り上手くいかなかったのですが、 何曲かは成功しました。 いま、どの作曲家にどのピアノが合っているか? 実験的に行っています。 とても興味深く、楽しいです。 ベヒシュタインでは録音がメインで写真を余り撮れず、 ごめんなさい。 本当に魅力的な倍音が繊細に響くので、 扱いが難しかったですが、仲良くなれたら楽しかったです。 ありがとう(^_-)-☆ にほんブログ村

  • 期間限定オンラインレッスンキャンペーン

    おはようございます! 期間限定でオンラインレッスンのキャンペーンをやります。 詳しくはホームページをご覧ください! ①リアルオンライン ②動画アドバイス 2つのタイプのレッスンを組み合わせてお試し価格でやっています。 気になる方はチェックしてください。 ではでは~♫ にほんブログ村

  • ヨーロッパのピアノ奏法の系譜

    ああー、練習の合間ですが、連休中ずっと家にいるのも地獄ですね~(笑) ヨーロッパのピアノ奏法の系譜を貼り付けます。 これは参考程度に見ていただけたらと思います。 ロシアの系譜もありますが、今日は大きな括りでお話します。 系譜と言ってもただ単に師事しただけという場合もあり、 人間は自分の手の形、自分の作りに合ったように奏法を変えていくものです。 またその方が自然だとも思います。 私がこのブログで書いて行きたいことは、 ノウハウは勿論ですが、それだけではない音楽への精神性です。 ロシアという国、ロシア人という人々、ロシアの曲たち、 それと対比して、 この奏法でドイツやフランスまたは邦人の作曲家を弾…

  • オンラインコンサートがDVDになりました!

    こんにちは! たいへんご無沙汰しております。 このブログの主旨を次の記事で明確にします。 まずは、先日のYouTubeがDVDとなりました。 お気軽にお問合せください♫ https://youtu.be/sD7SoMnM7Ho にほんブログ村

  • オンラインコンサートをお楽しみください♪

    お久しぶりです! オンラインコンサートの企画を立ち上げました。 youtu.be ご賛同いただいた皆様、 素晴らしい演奏を有り難うございました。 にほんブログ村

  • オンラインレッスン

    皆様、ご無事でお過ごしでしょうか? ロシアピアニズムをオンラインレッスン するのは難しいかと思っていましたが、 いま、全生徒のオンラインレッスンに移行しました。 逆に映像だから見えること、発見もあります。 試しにご興味ある方は体験レッスンをどうぞ! info@piano-hakusan.main.jp 件名【オンラインレッスン】 このようにお問合せください。 にほんブログ村

  • 有り難うございました!

    ご無沙汰しております。 本年も有り難うございました! 来年も宜しくお願い申し上げます。 では、よいお年を! にほんブログ村

  • ロシアピアニズムを習った方がいい人たち

    おはようございます! 私は、ロシアピアニズムの指導法クラスに通っています。 そして、学生時代はハイフィンガーから 徹底的にロシアの流れの脱力に弾き方を転換しました。 今日はロシアピアニズムを習った方がいい人は、 一体どんな人たちなんでしょう? 私の様に身体を壊してから、 やむを得ず、テクニックを変えざるを得ない人と、 もっと新しい響きを追求したい人、 又は、自分のピアニズムを確立したけど、 違うピアニズムも覗いてみたい人、 と、人それぞれ、様々だと思います。 ロシアピアニズムと一言で言っても、 (この前も少し説明しましたが、) それぞれに強い個性のある複数の流派が存在します。 まずは、ご自分の…

  • 時代の渦の中に入ったソビエト時代

    おはようございます。 昨日、早く寝すぎて、こんな時間に起きてます(笑) 時代の渦の中に巻き込まれるように入っていった、 ソビエト時代。 このサイトに、差し障りなく、解りやすく書かれていました。 他にも、もっといいサイトがあったらご紹介しますね! どんな風にソビエトになって、 どのような経緯で、ロシアになったのか? 時代の背景が、 音楽に大きく関係しています。 当り前のことですが、 大事なことです。 でも、昔ながらのロシア料理、 特にピロシキやボルシチは温かい、 優しい味がしました。 ではでは にほんブログ村

  • ネイガウス

    こんにちは! 先日、リヒテルの本をご紹介したので、 今日はその師であるネイガウスの本をご紹介します。 理解するのが困難な言葉も出てきますが、 翻訳物というのは、難しいです。 このようなことがたびたび起こりうると思います。 それを、考慮しても、読むに値する素晴らしい本だと思います。 2冊同時に読破されるのをおすすめします。 ネイガウスの<ピアノ演奏芸術> <ピアノ講義> どんなレッスンが繰り広げられていたか? またどんな問題点をピアノ教育にネイガウスが抱いていたか? リヒテルとの関係性は? 名教師ネイガウス、色々と本当に興味深いです。 当時のソビエトの背景も考えながら読むと、 尚のこと、面白いと…

  • ロシア人のイメージ

    こんにちは! 台風の被害はありませんでしたか? 来年グリーグのコンチェルトをやります。 ロシアと関係ないのですが、 コンチェルトは20代後半にラフマニノフ2番をロシアで弾いて、 それ以来なのです。 計画的にやらないと勢いだけでは弾けないお年頃になって来ました。 ロシア大好きなおじ様がいらして、 皆さんにチョコレートを配ってくれました。 ロシアっぽいでしょう!マトリョーシカのイメージ。 ロシアの田舎の人々は優しくて温かい人が多かったです。 モスクワは灰色なイメージでした。 懐かしい!! また演奏しに行きたいなー♪ にほんブログ村

  • リヒテル

    こんにちは! 台風は大丈夫ですか? この時とばかりに発表会の準備の事務仕事やブログ、 ピアノの練習など腰を据えて、やっています。 誰もが知っているであろうピアニスト、 リヒテルの本について、今日はご紹介します。 この本は私が若い頃からありました。 その頃に一度買って、 引っ越しの時に無くしてしまい、 結婚して、もう一度購入した本です。 全体的に暗いタッチですが、 当時のソビエト色をよく表していると思います。 要はリヒテルの伝記です。 リヒテルの日記のようなメモ書きも 最後の方に書かれていますが、 彼が生きたソビエト時代の芸術を知るには、 とても参考になる部分だと思います。 もしも、ご興味ありま…

  • ロシアピアニズムを習いに遥々ドイツから文京区に!

    息抜き記事です。 先日、遥々ドイツから一時帰国された方が、 ロシアピアニズムを習いにいらしてくださいました。 一緒にピザを食べました。 私の出来うる全てのことをお伝えしました。 このブログでは、大変申し訳ございませんが、 レッスンでお伝えしている全てのことを書くことは出来ません。 本当に全部知りたければ、 きちんと先生に付いて、レッスンを受けられることです。 私が思うに、このようなブログを書いてらっしゃる方で、 ほとんどの方は全部の情報を書けないのでは? と思います。 きちんと習いに来てくださっている方たちに失礼だからです。 とはいえ、 ある程度のヒントを書くことは出来ます。 これからも少しで…

  • ロシアの歴史を少しずつ考察する PART2

    こんばんは! 先日も書きましたが、 ロシアの歴史を考察するのには、 膨大な時間が掛かります。 音楽のみならず、 政治に及び、 文学や舞台芸術全般を考慮しないと 全体像が見えて来ません。 そこで、少しずつ、 違う内容も挟みながら、 ロシアピアニズムの歴史が見えてくるような 書籍の紹介を交えたいと思います。 ロシアピアニズムの贈り物 この本は非常に分かりやすいですし、 難しすぎる言葉が出てこないので、 音楽関係者でなくても分かりやすいと思います。 ロシアピアニズムには幾つかの流派があって、 それについても言及されています。 ご一読されるのをおすすめいたします。 にほんブログ村

  • ロシアの歴史を考察

    こんばんは! どこから話に手を付けていいか分からなくて、 しばらく放置してしまいました(笑) 分かりやすい書籍も後々、何冊かご紹介しますね。 今日は触りだけ。 ロシアの歴史として、忘れてならないのは、 社会主義国家だったという事実があることです。 今度じっくり書きていきます。 皆様も宜しかったらその頃のソビエトに思いを馳せてみてください。 にほんブログ村

  • なぜ、いまロシアピアニズムが流行っているのか?

    こんにちは! なぜ、いまロシアピアニズムが日本で、騒がれているのか? これは書くと長くなりますが、 今現在、日本では、ブームですが、長い歴史から見れば、 ブームなどでは無くて、当然の現象です。 歴代の名ピアニストを思い浮かべてください。 ロシア人多いでしょう? なぜ、いま日本でブームなのか? またゆっくり書きますね。 ロシアという国の歴史から掘り下げていきます。 ではでは にほんブログ村

  • 世界のコンクール事情

    こんにちは! 先日、ドイツ在住の、 国際コンクールでも上位に入った友人と 「世界のコンクール事情」 について話しました。 これは、ショパンコンクールやチャイコフスキーコンクールなど そのようなレベルの話だけでは無いので、ご了承ください。 世界中に存在する数多くのコンクールの概要です。 日本にも数えきれない大中小のコンクールがあります。 世界を見渡せば、数限りないことでしょう! 去年は、審査員もしたし、自分もオーディションを受けたので、 コンクールやオーディションとは何ぞや? このことを、とても考えさせられました。 簡単に言うと、作りこまれた(先生の手によって)音楽が、 いま、特にアジア圏では主…

  • エネルギーのある音楽

    おはようございます! 今日は音から音に移る時のエネルギーについて書きます。 楽譜に何も書かれてなくても、 生命の呼吸が続くように、音楽にはエネルギーが存在します。 特にピアノは押せば音が鳴る楽器なので、 気を付けなければ、音の羅列になってしまいがちです。 音から音に移る時、 適切に身体を使って、呼吸しないと、 いくら心を込めても、実際に鳴る音は無機質になります。 気を付けたい所です。 では、よい一日を♬ にほんブログ村

  • ピアノを弾く手の形

    こんにちは!今日はピアノを弾く手の形について書きます。 あるロシアピアニズムでは、それぞれの指の長さの特徴に即して、 手の形が独特になります。 私も手の中で常にボールを転がして、 トレーニングをしたりしています。 手の特徴、指の特徴、よーく観察してみてくださいね♬ にほんブログ村

  • ピアノの構造と音色

    こんにちは! 皆さんはピアノの中身をよーく観察したことありますか? ピアノは音程を変えることも、打鍵した後もクレッシェンドできます。 今まで無理だと思われていたことが、 身体の使い方、ピアノの扱い方によって可能になるのです。 ヒントは中身をよく観察してください。 弦は何本ありますか? 高さによって、太さも本数も違いますよね。 ハンマーの動き方はどうなっていますか? 打鍵の前と後の動きで、どう変わるか? とっても面白いです。 楽しいですよね!! ぜひ色々試してみてください。 そして、ピアノと仲良くなってくださいね♪ にほんブログ村

  • 中心にする指

    こんにちは! 皆さんは、ピアノを弾く時にどの指を中心にしていますか? 私は、時と場合によって変えていましたが、 基本的に3でした。 でも、ロシアピア二ズムのグループレッスンに通い始めて、 変わりました。 普段から、2を中心にするといい! アドバイスをいただき、とても弾き方が楽になりました。 響きを手の中に集めることが楽になります。 何かを指さす形に他の指を添えてみてください。 感覚が伝わるといいのですが、 文章にするのは難しいですね。 そもそも、メロディー、リズム、ハーモニーの3大要素が、 その曲に相応しい、美しい音で奏でられなければ、 どんなに必死に練習しても、 言葉は悪いですが、全部無駄な…

  • 親指の位置について

    こんにちは! お久しぶりです。 今日は親指の位置について書きます。 親指ですが、ご自分の指をよーく観察してみてください。 どんな付き方をしていますか? 親指は? 他の指に比べて独特ですよね? ですから、親指は無理に動かしません。 そっと置くだけで充分な場合が多いです。 置いた後は重さの掛け方や脱力で、響きの方向や音色の調整をします。 ぜひ色々試してみてください。 にほんブログ村

  • 柔らかい音を出すには?

    こんばんは。 ゆっくりペースですが、 少しずつ記事が増えているのが嬉しいです。 柔らかい音を出すには? 皆さんなら、どのようにしますか? 一つの特徴ですが、 (体の他部位が正しく使われていないと意味をなさないのですが) この写真を見てください。 先が丸くなっていてコロコロ転がせますよね? 一ついうと、指先を直接鍵盤に当てず、 このように使うといいのです。 是非やってみてください。 弱音で倍音が特に必要な時には役に立ちます。 ではでは にほんブログ村

  • いい音を出す秘訣

    こんばんは。 遅ればせながら、本年も宜しくお願い申し上げます。 いい音を出す秘訣は簡単です。 正しく、身体と心を使うことです。 あ、訂正します。 いうのは簡単です(笑) これが、人によっていい音の感じ方が違うので、 難しいことになっている訳ですね~。 ご自分の好きな音、 美しいなーとか、心にグッとくるなー、とか 感じた音を目指して、 日々鍛錬と研究を続けるのです。 そうすると、 きっと、自分が好きな何かに近付けると思います。 では、本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 にほんブログ村

  • チェルニーやハノンはどの程度、必要か?

    お久しぶりです。 あっという間に年の瀬ですね。 ロシア奏法を勉強するうえで、 チェルニーやハノンはどのくらい必要だと思われますか? 私は今、月一でロシア奏法のグループクラスに通っています。 感じることの一つが、音から音に移る時のエネルギーが指に必要なことです。 もっと言うと、腕全体から発する発声といえると思います。 これは、少しくらいの訓練では身に付きません。 そこで、チェルニーやハノンが活躍します。 単純明快な形で腕の使い方に集中した訓練が出来るからです。 ぜひ、やってみてください! では、よいお年を~♪ にほんブログ村

  • 亀さん日和を今まで有り難うございました♬

    こんばんは! 事情により、ブログをしばらくの間、一本化します! 今まで亀さん日和を有り難うございました(__)♪ にほんブログ村

  • 脱力する為に絶対必要なこと

    おはようございます。 お久しぶりです。 今日は脱力するのに絶対に必要な要素を一つ書きます。 当り前のことですが、よく勘違いされやすいことです。 脱力するためには、 ♪まず【入力】する作業が必要です。 入力というと力が入りそうなイメージがありますが、 必要最小限の理に適った【入力作業】が出来てこその【脱力】です。 まずは、支える筋肉が必要なことと、音を出す瞬間に指先に意識を向けること。 そして、必要のない部分には無駄な力を掛けないことです。 いつも自由な状態に上半身を保ち、 体幹で支え、必要な時に必要な部分だけに意識を向け、入力します。 その後、ほんの一瞬での脱力が響きを作るカギになります。 ず…

  • 表現したいことは何?

    おはようございます。 ロシア人やロシアピアニズムのピアニストで、 音楽の表現よりも、響きの美しさだけで引っ張っていく、 非常に残念な演奏を今まで色々と聴きました。 人間はある才能に抜きん出ると、 一番大切なことを忘れてしまう特性があるのかもしれません。 「おごり」とも言います。 私はどんなに悲壮感漂う作品の中にも、 また日常のありふれた喜びや悲しみの中にも、 また小さな物語の中にも「愛」が無いと意味が無いと思います。 それは表現者としてです。 別の言葉で言うと「謙虚さ」とも言えると思います。 美しい響きの世界はその為に存在したいと個人的に思います。 包み込むような愛のある響きを表現する為に、 …

  • 骨格

    こんばんは。 ご自分の骨格と向き合ったことはありますか? 一人一人性格が違うように一人一人骨格も違います。 目標になる演奏があっても全く同じようには行きません。 逆に言うと全く同じで無いから面白いとも言えます。 軸になる部分は同じでも少しずつ皆違うから面白いのです。 同じネイガウスの流派のロシア奏法のピアニストでも同じ人はいません。 音楽は音の響きの繋がりです。 呼吸の繋がりでもあります。 歌を自分の言葉にまで消化して歌わなければ、心には届きません。 何を伝えたいのか? 骨格とじっくり相談しながら考えてみてください♪

  • 子供にロシア奏法を指導する時

    子供にロシア奏法を指導する時には大人とは違う注意点があります。 細かく書くと一日中掛かってしまうので、 小分けにして書いて行きます。 子供には大人よりも大袈裟に伝える必要があります。 どこで入力して、どこで脱力するか?など。 こちらは、子供の生徒にピアノの発声法で使っている教材です。 はじめの一歩①~③と曲集です。 ドイツ在住の友人に教わり、研究し始めた所ですが、 こちらのドイツ語の楽譜もよいようです。 Amazonアソシエイトでは出てこないので、輸入楽譜扱いになるのかな? 他にも日本では入手困難な本もあります。 先生の指導の方法によって毒にも薬にもなるので、 扱いには気を付けてくださいね。 …

カテゴリー一覧
商用