chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾 https://blog.goo.ne.jp/i0560999

ヒガシヘルマンリクガメを中心にした屋外飼育日記です。リクガメの繁殖を目指して試行錯誤の日々です。

chika
フォロー
住所
神奈川県
出身
神奈川県
ブログ村参加

2012/07/26

1件〜100件

arrow_drop_down
  • タンポポ三昧

    タンポポごたくさん採集出来ました!いつもはアルダ君にはあげないのですが今日は特別にアルダ君にもあげました。美味しい野草はわかるのでしょう、がむしゃらに食べていました。ヒョウモンもご機嫌です!タンポポ三昧

  • 成長線出てます。

    アルダ君の甲羅は黒くて貫禄があります。甲長が60㎝を超えてもまだ成長線が出ています。いったいどこまで成長するのでしょうか・・・?成長線出てます。

  • 初対面

    先日お迎えしたヒョウモンガメをベランダ飼育にしています。最高気温が15度を下まわるまではベランダで飼育しようと思っています。夜はアルダ君と一緒にシェルターの中で休んでもらいます。夜間のシェルターの中は25度に設定しています。この日はアルダ君と初対面です。アルダ君は新顔に興味深々です。アルダ君は優しい仔です。決して仲間をいじめたりしません。でも、ヒョウモンガメの方がビビッてます。ちなみにこのヒョウモンガメの大きさは4年前アルダ君をお迎えした時の大きさと一緒です。アルダ君デカくなりましたね!初対面

  • ヒョウモンガメをお迎え

    ヒョウモンガメ♀をお迎えしました。ソマリアのような白さです。でも、パブコックのようです。でも、甲羅の白さはソマリアですよね。どちらかわかる人がいたら教えて下さい。飼い込み個体で綺麗に育っています。4歳くらいでしょうか。甲羅が白くてとても綺麗です。甲長は29cm体重3450gです。食欲旺盛でなんでも食べてくれます。もう一回りくらい大きくなるでしょう。ヒョウモンガメをお迎え

  • タンポポが咲いていました

    秋から初冬にかけてタンポポの葉が伸びてきます。この時期黄色い花を咲かすのは珍しいです。リクガメたちにとってはタンポポの花はご馳走です。ニシヘルマンにあげました。美味しそうに食べてくれました。次にあげられるのは来年の春ですよ。タンポポが咲いていました

  • JA重宝しています

    週に1回は行っているJA直売所です。野草が採れなくなってきましたので安くて新鮮は野菜は貴重です。冬のメインは大根の葉です。JAで販売している大根はもちろん葉付きです。新鮮な証拠です。この日は葉付大根を6本買ってきました。1本110円です。サニーレタスもこの時期は安く出回ります。これで1束100円です。4束買ってきました。そして定番の小松菜です。小松菜は1年を通して安く購入できます。1束100円です。5束買ってきました。大根6本、サニーレタス4束、小松菜5束で1788円(税込)でした。どれも新鮮野菜なので冷蔵庫で1週間くらいは持ちます。この量で4日分くらいです。大根葉を今年生まれたヘルマン孵化仔たちにあげました。大喜びです。JA重宝しています

  • 追加でヤブガラシ

    アルダ君が山盛りの桑の葉を2皿たいらげたあとにまだ物足りなそうだったので追加でヤブガラシをあげました。気温の高い日が続いているのでヤブガラシもまだまだ成長をしています。寒い冬に備えて今のうちにたくさん食べておいてね。追加でヤブガラシ

  • シェルターから出てきます

    ベランダに設置したアルダ君用シェルターです。幅90㎝、奥行90㎝、高さ60㎝んも巨大シェルターです。入り口には透明なクロスを垂らしていていつでも出入りできるようになってます。ヒーターにはこたつの赤外線ヒーターユニットと保温球、床にはパネルヒーターを敷いてます。夜間には入り口をふさいで保温します。シェルターから出てきます

  • アルダ君とヘルマン

    アルダブラゾウガメのアルダ君の餌場にヘルマンが横取りしに来ました。今日はエンダイブがメインでニンジン添えのメニューです。ヘルマンがニンジンを横取りに来ました。アルダ君はちゃんとヘルマンにエサを分けてあげる優しい仔です。一緒に仲良く食べていました。このヘルマンの甲長は20cmありますがアルダ君と並ぶと小さく見えます。アルダ君とヘルマン

  • 今年生まれの孵化仔

    今年生まれたヒガシヘルマン6匹とニシヘルマン4匹です。今年は10匹孵化してくれました。どの子も元気いっぱいにすくすくと育っています。久しぶりに10匹まとめて温浴しました。ヒガシとニシの違いは一目で甲羅の色の濃いのがニシヘルマンです。みなさんどの子がニシかわかりますか?今年生まれの孵化仔

  • ニシヘルマン後ろ足でホリホリ

    ニシヘルマン母かめです。毎年、産卵し孵化しています。先月、ケージ内で床材を後ろ足でホリホリしていたので産卵床に移しました。早速、後ろ足で土を掘り始めました。しばらくして産卵したと思い土を掘返しましたが産卵はしていませんでした。でも抱卵はしてそうなのでしばらくは産卵床で生活してもらいます。ニシヘルマン後ろ足でホリホリ

  • 秋の野草採集

    春に次いで秋は野草の葉が伸びてきます。リクガメ飼育者には良い季節です。この秋発見したとっておきの野草が茂っている場所に行ってきました。たんぽぽです。でっかいです!ノゲシです。生い茂ってます。11月中は採集できます。今だけの御馳走です。ヒガシヘルマン、ニシヘルマンの4歳の孵化仔たちです。秋の野草採集

  • 食欲旺盛!アルダ君

    11月になりましたが最高気温は20度を超えていますので日中はポカポカです。ベランダに陽が当たっている間、アルダ君はず~と日向ぼっこをして甲羅を温めています。気温が高いと食欲も旺盛になります。毎日甲羅の大きさ位の量の野草、野菜をたいらげます。今日のメニューは桑の葉、ノゲシ、ヤブガラシ、サツマイモの葉、サツマイモ、茄子、キャベツです。食欲旺盛!アルダ君

  • タンポポがたくさん採れました

    タンポポがたくさん採れたのでアルダ君にもタンポポをあげました。アルダ君には巨大タンポポです。トッピングにサツマイモと茄子、きゅうりです。どうぞ召し上がれ!タンポポがたくさん採れました

  • アルダ君大きくなりました

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。2018年5月に東レプでお迎えしました。お迎えした時は甲長28㎝体重4.6kgでした。その時にゾウガメフィギアと撮った写真があります。左がフィギアで右がアルダ君です。まだ小さかったです。お迎えして4年半が経ちました。今では甲長60㎝体重40kgです。同じフィギアと比較すると・・・完全に逆転です。アルダ君大きくなりました

  • アルダ君の身体測定

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。半年ぶりに身体測定をしました。前回は5月に測定しその時は体重33.6kg甲長56㎝でした。そして半年経った11月の体重は40kg甲長60㎝です。体重は半年で6.4kg甲長は4cm増です。まだ何とか持ち上げられる体重です。1年後には50kgを超えるでしょう。さすがに50kgを超えると持ち上げることはできなくなりそうです・・・。アルダ君の身体測定

  • 産み落としてました

    ヒガシヘルマン母かめケージです。何の余興もなくケージ内に2個の卵を産み落としてました。このケージには数匹の母かめを同居させていますのでどの子が産卵したかわかりませんが、たぶんヘルマン1号だと思います。lこの子は定期的に産卵していつも孵化しています。ふ卵器に入れて温めます。産み落としてました

  • アルダ君にセロリ

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。秋になり食欲も増してきました。リクガメも真夏には暑すぎて食欲が落ちます。この季節は朝晩は冷え込みますが、太陽が出て身体が暖まると食欲が出てきます。リクガメも食欲の秋なのですね。大好物のセロリをあげました。独特なセロリの匂いがたまらないみたいです。アルダ君にセロリ

  • アルダ君に人参

    久しぶりにアルダ君に人参をあげました。夏に毎日あげていたら飽きたみたいで食べなくなったのでしばらく止めていました。アルダ君、久しぶりの人参に大喜びです!ヘルマンと仲良く食べていました。でも、間違ってヘルマンの頭をかじらないか心配でした。ヘリマンが小さく見えますけど甲長は20cmあります。アルダ君に人参

  • アルダ君に秋茄子

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君は野菜、果物なんでも食べてくれます。茄子も大好物です。毎日3本づつあげています。いつも行くJA直売所でB級品の訳あり茄子が8本100円で売っています。それを狙って大量に買ってきます。アルダ君に秋茄子

  • アルダ君にエンダイフ

    エンダイブが1株100円で売っていたので買ってきました。アルダ君は余裕で1株たいらげます。久しぶりのエンダイブでしてので匂いを嗅いで確かめています。一口かぶりついたらあっと言う間に全てなくなりました。アルダ君にエンダイフ

  • アルダ君に山盛りの桑の葉

    秋めいてきましたね。桑の葉もいよいよ終わりに近づきました。採集出来る時にできるだけ採ってきます。そしてアルダ君にたくさん食べさせてあげます。今日は山盛りの桑の葉です。沢山食べてね(^^)アルダ君に山盛りの桑の葉

  • JA直売所の収穫

    毎週行っているJA直売所です。この日の収穫を紹介します。10月になりいよいよ大根の季節になります。スーパーではなかなか手に入らない大根菜(もみ菜)が安く売られています。この量で100円です。新鮮でも大根菜は長持ちせずすぐに葉が黄ばんでしまいます。冷蔵庫内保管でももって3日くらいです。1日1束づつ与えていきます。小松菜です。最盛期は1束100円でしたが少し値上がりしてきました。今日は1束110円でした。でも新鮮で1束の量もスーパーで売っている倍はあります。夏野菜のモロヘイヤです。モロヘイヤは夏にしか出回らない葉野菜ですのでいまのうちに大量に与えます。カルシウム満点の野菜です。モロヘイヤは1束108円でした。この量で108円は安いです!もうモロヘイヤも終わりになります。レタス、きゅうりを加えて2020年に孵化...JA直売所の収穫

  • アルダ君にサツマイモの葉

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君はサツマイモも好きですがサツマイモの葉も大好きです。この時期、畑ではサツマイモの葉が生い茂ってきています。捨てられてしまうサツマイモの葉・・・アルダ君にはご馳走なんですが・・・。アルダ君が美味しそうに食べているのでつられてヘルマンも食べ始めました。アルダ君にサツマイモの葉

  • ベランダ飼育の孵化仔たち

    今年の6月と7月に孵化したヘルマンたちです。ニシヘルマン4匹とヒガシヘルマン5匹の合計9匹です。この夏、この仔たちはベランダ飼育しています。この時期の甲羅の成長には太陽の光が不可欠です。猛暑にも負けずすくすくと育ちました。まだまだ暑い日が続きます。最低気温が20度を切るタイミングで屋内飼育に切り替えます。ベランダ飼育の孵化仔たち

  • エサの取り合い

    ベランダ飼育のアルダ君です。ヘルマンたちもべランダに出してアルダ君と一緒に生活してもらってます。エサも山盛り2皿出しますが出したとたんエサの取り合いになります。アルダ君と比較するとヘルマンたちは小さく見えますがこれでも皆20cmあります。ヘルマンたちもアルダ君に負けず餌を食べてます。エサの取り合い

  • スイカに群がっています

    ベランダにヘルマンたちを放ち、アルダ君と一緒にさせています。大きさは全く違いますがアルダ君は大人しくヘルマンたちに危害を与えることはありません。なのでアルダ君のエサもヘルマンたちに取られてしまいます。飼い主が食べたスイカの残りを与えるとまず、ヘルマンたちが群がって食べてしまいます。そして残ったスイカをアルダ君が食べます。スイカに群がっています

  • アルダ君にヤブガラシ

    ヤブガラシが生い茂っています。夏は野草三昧です。アルダ君のエサ代もかなり節約できます。今日はヤブガラシを大量に採集してきてツルごと与えます。アルダ君はツルも食べてしまいます。アルダ君にヤブガラシ

  • 2歳になる孵化仔たちです

    この仔たちは2020年に生まれた孵化仔たちです。手前の2匹がヒガシヘルマンで奥の3匹がニシヘルマンです。2歳を超え一番成長する時期です。食欲も旺盛です。体重はみんな400g台です。甲長は135㎜前後と立派になりました。母がめは200㎜ありますのでこの仔たちも大きく成長するでしょう。2歳になる孵化仔たちです

  • 寄生虫が出てきました

    ドワーフヒョウモンを温浴させてみたら寄生虫が出てきました。この仔はWC個体ですので寄生虫は必ずいます。ドワーフヒョウモンから出てきた寄生虫は回虫です。かなり大型で10cmほどありました。駆除しないとダメですね。この仔はもちろん単独飼育です。体重1710g甲長225㎜寄生虫が出てきました

  • 21年4月生まれのニシヘルマン孵化仔

    2021年4月生まれのニシヘルマン孵化仔です。1歳4ヶ月になりました。この仔はぐんぐんと成長してます。孵化仔21年1号雌237g103㎜21年4月生まれのニシヘルマン孵化仔

  • 20年5月生まれのニシヘルマン

    我が家で初めて生まれたニシヘルマンです。2歳を過ぎて大きく成長してくれました。ニシヘルマン1号雌20年孵化仔です。孵化仔1号雌体重463g134㎜孵化仔2号雌体重481g133㎜20年5月生まれのニシヘルマン

  • ニシヘルマン母がめ

    ニシヘルマン1号雌です。毎年産卵し孵化している仔たちのお母さんです。4ヶ月ぶりに身体測定をしました。体重1307g甲長195㎜4ヶ月間で体重ー31g甲長+5㎜5月に産卵しています。体重減です・・・。夏バテかな!?ニシヘルマン母がめ

  • おかわり3杯目

    桑の葉がたくさん採れる季節になりました。アルダ君にはヘルマンたちがあまり好んで食べない大きな固い桑の葉をあげます。大食いのアルダ君、これで桑の葉山盛り3杯目です。今日はこれで終わりですよ・・・。おかわり3杯目

  • いつも水入れに入ってます

    ニシヘルマン雄です。この仔はいつも水入れの中に入ってくつろいでいます。ケージ内の温度が高いため水入れに入って涼んでいるのでしょうか。でも水入れの水も暖かいですけど・・・。いつも水入れに入ってます

  • アルダ君にパプリカ

    今日はアルダ君にパプリカをあげてみました。リクガメは赤いものに目がありません。アルダ君は色に関係なく黄色でもオレンジでも食べます。アルダ君には丸ごと1個です。種も取りません。種、全く問題ないです。アルダ君にパプリカ

  • アルダ君にリンゴ🍎

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。今日のデザートはリンゴです。アルダ君いは丸ごと1個あげます。果物には目がありません。アルダ君にリンゴ🍎

  • 孵化仔たち完全屋外飼育

    5月から7月に生まれたヒガシヘルマン5匹とニシヘルマン4匹です。甲羅の色の濃いのがニシヘルマンです。軽く温浴をさせました。温浴後、孵化仔たちを完全屋外飼育に切り替えました。孵化仔たちの甲羅の成長には太陽光が不可欠です。この場所は朝だけ太陽が当たる場所です。午後からは日陰になるので安心して屋外飼育ができます。1日中太陽光が当たる場所だとさすがのリクガメでも弱ってしまいます。孵化仔たち完全屋外飼育

  • アルダ君に茄子

    アルダブラゾウガメのアルダ君に初めてナスをあげました。アルダ君は野菜、果物であればなんでも食べます。しかも丸ごと1個です。アルダ君を飼育初めて4年目にして初めて茄子をあげてみました。黒い物体の匂いを嗅いで食べれるものだとわかるとかぶりつきました。しばらくは夏野菜の茄子をメニューに加えます。アルダ君に茄子

  • 孵化仔たちを屋外飼育

    今年5月から7月に孵化したヘルマンたちを屋外飼育に切り替えました。孵化してからプラケ生活をさせていましたが、甲羅の成長期に太陽の紫外線を浴びさせたくて屋外飼育することにしました。ベランダにケースを出して床材は土です。孵化仔たちを屋外飼育

  • 今年生まれの孵化仔

    今年5月~7月に生まれたヘルマンたちです。甲羅の色が濃いのがニシヘルマン4匹と薄いのがヒガシヘルマン5匹です。温浴させてから身体測定をしました。6月20日生れのニシヘルマンです。孵化1ヶ月で体重が8g甲長は10㎜大きくなりました。◇5月18日生まれのニシヘルマン<孵化時><7月22日>①20g40.1㎜29g51.1㎜②18g38.5㎜32g51.4㎜◇5月24日生まれのヒガシヘルマン<孵化時><7月22日>①15g37.3㎜36g54.0㎜②15g36.9㎜31g51.2㎜③15g38.1㎜32g52.4㎜◇6月20日生まれのニシヘルマン<孵化時><7月22日>①11g33.7㎜21g44.0㎜②11g34.0㎜17g42.0㎜◇7月6日生まれのヒガシヘルマン①測定なし21g43.2㎜②測定なし19g4...今年生まれの孵化仔

  • ヒガシヘルマン2匹目孵化

    ヒガシヘルマン9号が5月8日に産卵した2個の2個目が孵化しました。1匹目は7月6日に孵化しています。2匹目は7月10日に孵化しました。産卵後63日目の孵化です。今年孵化したヘルマンリクガメは9匹になりました。ヒガシヘルマン2匹目孵化

  • エサには貪欲です

    ニシヘルマン母かめです。エサをケージ内に入れると貪欲にエサをめがけて突進してきます。周りに何があろうとエサに食らいつきます。この日もニシヘルマン雄の上に乗って斜めになりながらエサを食べていました。エサには貪欲です

  • 野草だけの献立

    今日は野草だけのエサです。献立は、たんぽぽ、ヤブガラシ、桑の葉です。春から秋まで野草が沢山採れます。リクガメのエサには困らない季節ですね。昨年11月生まれのニシヘルマンたちです。野草だけの献立

  • アルダ君しいたけ大好きです。

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君に初めてシイタケをあげてみました。今までキノコ類はあげたことがありません。大好きなサツマイモ🍠よりも先にシイタケに食らいつきました。アルダ君、シイタケが好きなんですね。アルダ君しいたけ大好きです。

  • アルダ君はサツマイモが大好きです。

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。56cm33kgです。この大きさだったら野菜、果物なんでも食べてしまいます。野菜の中でもさつまいも🍠が大好きです。どのリクガメでもトマトやきゅうりには目がないですが、アルダ君はそれよりもさつまいもが大好きで一番最初に食らいつきます。サツマイモは繊維質でいつも立派なう○こをしてくれます。アルダ君はサツマイモが大好きです。

  • アカアシかめのペアです。

    アカアシカメのペアです。手前がオス、奥がメスです。繁殖を目指してペアリングしていますがオスはやる気満々なんですがメスにその気がありません。気分転換で温浴させました。どこの世界も同じなんですね笑アカアシかめのペアです。

  • この日も野草中心です

    今日のメニューです。桑の葉、ヤブガラシ、大根菜、レタス、きゅうり、トマトです。きゅうりとトマトはトッピングです。やっぱり一番人気はトマトです。この日も野草中心です

  • ヒガシヘルマン孵化

    7月6日にヒガシヘルマンが孵化しました。5月8日にヒガシヘルマン9号が産卵した2個の卵のうちの1個です。産卵後59日目です。ヒガシヘルマンの産卵から孵化までは58日~60日ほどです。生まれたての孵化仔の甲羅は歪んでいます。哀感とともに甲羅は丸くなっていきます。ヨークサックもほぼ吸収されています。卵の中で十分育ってから出てきたようです。まだ卵を割るための嘴があります。ヒガシヘルマン孵化

  • ニシヘルマン親子です

    6月生まれのニシヘルマンと母かめです。仔がめの甲長は30mm、親かめの甲長は190mmです。数年で母かめの大きさまで成長するんですね。ゆっくりでいいからすくすくと育って下さいね。ニシヘルマン親子です

  • アルダ君エサ待ってます

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。毎朝、日が昇り気温が上がるとシェルターからのこのこと出てきます。そして甲羅を温めてからエサ入れのところへやってきます。この大きなトレーにエサが盛られることを知っています。アルダ君エサ待ってます

  • 孵化仔の温浴

    昨年4月生まれの一回り大きい1匹と昨年11月に生まれた3匹のニシヘルマンです。甲羅の汚れを洗い流し温浴をさせました。この仔たちは育ち盛りです。ご飯をもりもり食べるし排泄量も大量です。温浴をさせると止めどなく出し続けます。孵化仔の温浴

  • 今日のJAの収穫は

    恒例のJA直売所の収穫です。JA直売所では新鮮で安い葉野菜が買えます。市場を通さず農家さんが直接持ち込むので新鮮で安いんです。今日の収穫です。大根菜です。これで100円です。小松菜は必須です。採れたて新鮮です。これで100円です。曲がったB品のきゅうりです。曲がっていてもリクガメたちには刻んであげるので問題ないです。新鮮です。8本で110円です。ニンジンはアルダ君用です。B品この量で200円です。水分補給のためのトマトです。B品を箱買いしました。35個入りで1000円です。B品でもサイズは均一です。今日のJAの収穫は

  • 発情は1年中

    リクガメの発情は1年中です。ニシヘルマンのオスです。この仔は1年中発情してメスを追いかけています。元気なことは良いことですけどメスにとっては迷惑のようです。発情は1年中

  • サニーレタスの巨大芯

    巨大サニーレタスの芯をニシヘルマンたちにあげてみました。白い大きな物体に最初は戸惑っていましたが、匂いを嗅いで食べ物だとわかるとかぶりつき始めます。そんなに美味しいのですか?サニーレタスの巨大芯

  • 1ヶ月の身体差

    5月21日に孵化したニシヘルマンと6月20日孵化したニシヘルマンです。生後1ヶ月しか変わらないのに身体の大きさはこんなに違います。母かめが違うので単純比較はできませんが成長が良くわかります。1ヶ月の身体差

  • 水分補給にきゅうり🥒

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君はあまり水を飲みません。そのため、毎日きゅうりやレタスをあげています。きゅうりは1本、レタスは1玉です。毎日水分補給の野菜を与えているから水を飲まないのでしょうか・・・。毎日オシッコも大量です。水分補給にきゅうり🥒

  • アルダ君にさついまいも🍠

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君はサツマイモが大好きです。毎朝1本づつサツマイモをあげます。この日は長~いサツマイモをあげました。シャキシャキ言わせながら美味しそうに食べます。アルダ君にさついまいも🍠

  • 5月生まれのヘルマン引っ越し

    5月18日と21日に孵化したニシヘルマン2匹と5月24日と25日に孵化したヒガシヘルマン3匹が生後1ヶ月が経ち安定してきたので大きなプラケに引っ越しをしました。いつもは60cmケージに移動するのですが今は空きケージがないのでプラケで我慢してもらいます。気温も高いので紫外線ライトを点灯させ保温球は付けません。1ヶ月でかなり大きくなりました。5月生まれのヘルマン引っ越し

  • ニシヘルマン誕生

    ニシヘルマン3号が4月20日に産卵した2個の卵が孵化しました。1個目は6月20日で61日目。2個目は6月22日で63日目です。ふ卵器で温度を日中は34度と夜間は30度と勾配をつけて保温し、湿度は80度で固定です。保温を高めにしてメスの孵化の確率をあげています。それでもオス・メスの確率は半々くらいです。なかなか産み分けるのは難しいですね。ニシヘルマン3号孵化仔1号は逆さで生まれてきました。生まれたては甲羅が歪んでいます。ヨークサックはほとんど吸収されています。出べそです。ニシヘルマン3号孵化仔2号です。6月22日孵化した日の朝の状況です。卵の殻を破り始めてます。孵化開始からから8時間が経ちました。身体半分出ています。あとひと息です。22日夜には完全に孵化しました。この仔は早く10時間ほどで完全孵化しました。...ニシヘルマン誕生

  • レタスの芯奪い合い

    大人気のレタスの芯です。ニシヘルマンケージに入れたら早速奪い合いが始まりました。4匹で奪い合うとあっと言う間に無くなります。レタスの芯奪い合い

  • 毎朝13皿のエサを盛り付けてます

    リクガメは毎日大量のエサを食べます。毎朝の日課で13皿のエサの盛り付けとアルダ君のエサを用意しています。この10皿はアダルトサイズのリクガメたちの分です。この他に孵化仔用に3皿作っています。そして大食いのアルダ君です。今日は、桑の葉、ヤブガラシ、小松菜、きゅうり、トマト、桑の実です。これにカルシウム剤をふりかけます。ニシヘルマンたちです。一生懸命食べてくれるのをみると癒されます。毎朝13皿のエサを盛り付けてます

  • アルダ君は🍌丸ごと1個です

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君はバナナ🍌を皮ごと食べてしまします。すごいですね(^^)アルダ君は🍌丸ごと1個です

  • ニンジン🥕1本丸かじり

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。甲長56cm体重33kgです。この大きさになると食べる量も半端ないです。まずはニンジン🥕1本丸かじりです。リンゴ🍎も1個丸かじりです。その他にもバナナ🍌1本、サツマイモ🍠1本、きゅうり🥒1本、トマト🍅1個です。アルダ君は全て1本単位です。もちろんこれらはデザートです。主食は桑の葉、ヤブガラシ、クズの葉です。こんだけ食べてくれると気持ちがよいです。ニンジン🥕1本丸かじり

  • 遠くから来ます

    毎朝、山盛りのエサをアルダ君にあげています。エサ皿を置くとどこにいてものしのしと近づいてきます。そして全て平らげておかわりをします。おかわりは桑の実付きの桑の葉です。桑の実はまだ熟れていませんがアルダ君は気にせず食べてしまします。遠くから来ます

  • レタス芯は大好きです

    ニシヘルマンです。レタスの芯の部分が残ったのでニシヘルマン雌にあげました。レタスはみんな大好きです。かぶりついていました。レタス芯は大好きです

  • 気温が高くなりご機嫌です

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。陽が登り気温が高くなり始めるとシェルターからのこのこ出てきます。そして陽が当たっている場所に行き甲羅を温めます。それから大量のエサを食べ始めます。うちのベランダは午前中しか陽が当たりません。午後になり陽陰ってしまうとシェルターに帰ります。毎日この行動を繰り返します。シェルターは120cm×90cmあります。夜になると気温が下がってしまうのでシェルター内を保温しています。56㎝、33kg気温が高くなりご機嫌です

  • アルダくんにいちご🍓

    アルダ君にいちご🍓を1個だけあげました。私には高級果物です。アルダ君におすそ分けです。二口で完食です。もっと味わって食べて欲しいです・・・。アルダくんにいちご🍓

  • アルダ君のエサは桑の葉中心です。

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。これからしばらくは桑の葉中心のエサになります。アルダ君はこの桑の葉の量を1回に3皿いけます。美味しいものはわかってますね。底なしの多食いです。飼い主は桑の葉の確保が大変です💦アルダ君のエサは桑の葉中心です。

  • アルダ君、陽を浴びています

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。晴れた日は直射日光を浴びて身体を温めています。うちのベランダは午前中しか陽があたりません。午前中の数時間で体温を上げます。太陽の動きに合わせて場所を変えます。わずかな陽の光も逃しません。アルダ君、陽を浴びています

  • 桑の葉と桑の実

    ニシヘルマンケージに山盛りの桑の葉と色付きかかった桑の実をあげました。この時期の桑の葉は新芽で柔らかいです。とても美味しそうです。まだちょっと固い桑の実を食べています。もう少しで紫色に熟しますよ。桑の葉と桑の実

  • ヒガシヘルマン9号2クラッチ

    ヒガシヘルマン9号が5月8日に産卵した2個の卵です。産卵後1カ月が経ち血管がはっきり出てきました。ヒガシヘルマン9号は3月27日に3個の卵を産卵していて今回が2クラッチ目になります。3月27日に産卵した卵は3個とも5月24日に孵化しています。産卵した時の卵の大きさは、①21g39.8㎜×30.3㎜②19g38.5㎜×29.5㎜ヘルマンとしては立派な大きさの卵です。あと1ヶ月で孵化してくれるでしょう。ヒガシヘルマン9号2クラッチ

  • カルトボーンかじります

    ニシヘルマン雄です。ケージの中にカルトボーンを入れておくとかじります。味はないと思いますがリクガメには必要なカルシウムだとわかるのでしょう。ガシガシとかじってくれます。カルトボーンかじります

  • いろいろな実が生っています

    今の季節野草採集に出るといろいろな実が生っています。野草採集で散策しているといろいろな発見があります。これは桜の木になっているさくらんぼです。野生のさくらんぼで食べれません。野生の梅の木です。そして桑の木です。また、桑の実を沢山採ってきました。この時期にしか採集できません!貴重なエサです。いろいろな実が生っています

  • ミシシッピーアカミミガメ

    近くを流れている河原で天気の良い日はミシシッピーアカミミガメが甲羅干しをしています。河原のテトラポットに登り甲羅の日干しです。30cm以上はあるでしょう。今の時期は河原や池で水棲ガメが甲羅干しをしている姿を良くみます。ミシシッピーアカミミガメ

  • 1ヶ月ぶりにJA直売所行きました

    野草が十分採れるので葉物野菜を買うことが少なくなりました。久しぶりにJA直売所に行ってみました。運が良ければ掘り出しものが手に入ります。幸運にも大根の葉がありました。冬のメインのエサは小松菜と大根の葉ですが夏場には大根の葉はなかなか手に入りません。でもこの日は大根が安く売られていました。ラッキーです!大根の部分が小さかったのでB級品として安かったです。1本100円!私には大根部分は必要なく葉が新鮮であればOKなのです。そして大根菜(間引き菜)も1束100円!8束あったので全て買い占めてきました。かぶも葉付きで売っていました。立派なカブと葉っぱです。3株で150円。この量で300円です。そして定番の小松菜です。1束100円!1束でスーパーで売っている1袋の3倍はあります。これで2000円です!リクガメ飼育者には新...1ヶ月ぶりにJA直売所行きました

  • プラケで生活

    5月18日と21日、24日に孵化したヒガシヘルマン9号の孵化仔3匹とニシヘルマン1号の孵化仔2匹です。1ヶ月間はプラケ生活をしてもらいます。孵化仔のシェルターは保湿を維持するためにウエットシェルターを使います。そしてニシヘルマンケージの中にしばらく間借りです。エサを食べてう○こをしてくれれば一安心です。プラケで生活

  • おはようの挨拶

    アルダブラゾウガメのアルダ君です。アルダ君はベランダで飼育しています。太陽が出るとシェルターから出てきて日光浴をします。十分身体が暖まるとエサの催促をしてきます。首を撫で撫でするのが「おはよう🌞」の挨拶です。アルダ君は56cm、33kgです。おはようの挨拶

  • 親子です

    今月孵化したヒガシヘルマン9号の孵化仔です。親がめの背中に子がめを乗せて~♪♪大きいのが母がめです。母がめは200㎜1500gです。子がめは37㎜15gです。母がめの体重は子がめの100倍です。親子です

  • 今月の孵化仔です

    今月孵化したヒガシヘルマン9号の孵化仔3匹とニシヘルマン1号孵化仔2匹です。右2匹がニシヘルマン1号が3月19日に産卵した孵化仔です。左から3匹がヒガシヘルマン9号が3月27日に産卵した孵化仔です。ニシヘルマンは5/18、21、ヒガシヘルマンは24、25に孵化しました。ヒガシとニシでは甲羅の色が違います。少しづつ大きくねってね(^^)今月の孵化仔です

  • 孵化しかけてました

    ニシヘルマン1号が3月19日に産卵した3個の卵のうち2個は5月18日(60日目)と21日(63日目)に孵化しましたが残り1個が孵化しませんでした。産卵後、68日経った5/26にもう生まれることはなく成長が止まってしまったんだろうと思い、卵を割って中を確認しました。大きな黄卵が残っていて薄い膜に覆われていました。この状態で成長が止まってしまった・・・。と思っていました・・・。黄卵の上にあるのが顔の部分で左右に両足があります。もう、立派な子がめです。念のため顔の部分をつついてみると、なんと!首を引っ込めました。生きていました!ヘルマンはヒガシもニシも産卵後58日~60日ほどで孵化します。経験上63日以上経ってから孵化したことはありません。ですので今回は割って中の様子を確認してしまいました。もう少し温めておけばよかっ...孵化しかけてました

  • @アートルゴッサ アルダ君です

    @アートルゴッサ多加久さんにアルダ君を描いてもらっていました。今日、待ちに待ったその絵画が届きました!額のサイズは80cm×60cmの巨大サイズです。描かれているアルダ君は甲長50cmで原寸大です。何年も前になりますが、とんぶり市で初めて多加久さんの油絵を見てからファンになりりくがめの絵画を数枚飾っています。そこで今回、アルダ君を描いてもらうことにしました。今日届いたアルダ君です。リビングに掛けました。すばらしい出来上がりです。甲羅の凹つきや成長線、手足、顔の表情などアルダ君そのものです。一生の宝物になりました(^^)多加久さんありがとうございました。この絵も多加久さんの作品です。リビングに飾っています。@アートルゴッサアルダ君です

  • ヒガシヘルマン9号孵化仔2匹目

    ヒガシヘルマン9号が3月19日に産んだ3個の卵のうち2個目が孵化しました。5月21日のことです。産卵から63日目です。卵の中で十分に育ったためヨークサックも吸収されていました。甲羅もとても綺麗です。身体測定をしました。体重13g甲長縦33.7㎜×横34.0㎜生まれた時は横甲長の方が長いです。まだ嘴が残っていました。この嘴で甲羅を割って出てきます。ヒガシヘルマン9号孵化仔2匹目

  • ヒガシヘルマン9号の孵化仔たち

    ヒガシヘルマン9号が3月19日に産卵した3個の卵のうち2個が孵化しました。残る1個は孵化しませんでした。左の孵化仔が5月18日に孵化した仔です。右は5月21日に孵化した仔です。兄弟でも甲羅の色が違いますね。腹甲です。ヒガシヘルマン9号の孵化仔たち

  • 桑の実が熟れています

    1年にこの時期だけの御馳走です。桑の実が紫色に熟れてきました。リクガメたちは桑の実が大好きです。美味しそうです。こんなに採れましたヘルマン孵化仔たちに食べさせました。ご機嫌に食べてくれました。桑の実が熟れています

  • ニシヘルマンン8号が産卵

    ニシヘルマン3号(681g155㎜)が4月20日に2個産卵しました。この仔は今年初めての産卵です。①16g39.6㎜×25.7㎜②15g37.8㎜×26.2㎜産卵後1カ月が経ち胚血管が出てきました。このまま白濁が進んで欲しいです。ニシヘルマンン8号が産卵

  • 久しぶりのJA直売所で収穫あり

    野草が採集できますので冬にお世話になったJA直売所へは行かなくなりましたが、たまには小松菜を食べさせてあげようと思い久しぶりにJA直売所に行きました。横浜の小松菜はそこそこ有名です。横浜では栽培している農家さんが多く地元の小松菜が安く手に入ります。この日も小松菜1束108円(税込)でした。1束とは言ってもスーパーで売っている2束分はあります。この日はこの時期滅多に出回らない大根菜がありました。大根の全盛期の冬には多く出ますがこの時期の大根菜は非常に貴重です。4束あったので全部買い占めてきました。大根菜も1束がこの量で108円でした。メッチャ安かったです。ラッキーでした☺早速、ヘルマンケージに1本入れました。ヒガシヘルマン孵化仔ケージにも。久しぶりのJA直売所で収穫あり

  • アルダくんにいちご🍓

    今日のアルダくんのデザートはいちごです。アルダくんは甘いものに目がありません。二口で食べました。アルダくんにいちご🍓

  • 大量のエサ皿

    毎日毎日大量のエサを盛り付けます。全部で12皿分+アルダ君です。24匹+アルダ君分です。エサの量も半端ないです。うちでは野草、野菜専用の大型冷蔵庫があります。最低でも4日分のエサを確保するためです。今日のメニューは、桑の葉、ノゲシ、ヤブガラシ、クズ、グリーンレタス、キュウリ、トマトです。更にカルシウム剤をふりかけます。毎日大変は思いをしてエサを作りますが、夢中になって食べてくれるのをみると作りがいがあります。大量のエサ皿

  • アルダ君には桑の葉

    桑の葉がグングン伸びています。近くの河原に桑の木が沢山あるのでこの時期のメインのエサは桑の葉です。多食いのアルダ君には山盛りの桑の葉をあげます。柔らかい茎なら茎ごと食べてしまいます。冬のエサが乏しい時はエサにチモシーを混ぜて与えます。夏は桑の茎がチモシーの代わりの繊維質になります。アルダ君には桑の葉

  • スポットライトの下でバスキング

    毎朝7時に紫外線ライトをスポットライトが点灯します。そうするとスポットライトの下に来て甲羅を温めます。足を伸ばして気持ち良さそうです。スポットライトの下でバスキング

  • レタスの芯、大好きです

    サニーレタス、グリーンレタスの芯の部分は大きいですよね。その固い芯の部分はリクガメたちにとっては大好物です。芯を競って食べます。固いので嘴にも良いかも・・・。レタスの芯、大好きです

  • 桑の葉、ヤブガラシ美味しそう

    桑の葉の柔らかい新芽です。すごく美味しそうです。この時期は大量に採集できます。ヤブガラシがニョキニョキ出ています。桑の葉、ヤブガラシ中心のメニューです。桑の葉、ヤブガラシ美味しそう

  • グリーンレタスの芯

    グリーンレタスやサニーレタスには大きな芯があります。この芯がリクガメたちには大人気なんです。固い芯に食らい付いています。グリーンレタスの芯

  • 桑の葉最盛期

    5月になり桑の葉の新芽がグングン伸びています。桑の実も大きく実り始め5月末には紫いろになりリクガメのおやつになります。桑の葉はリクガメの大好物です。カルシウム豊富でバランスの良いエサです。桑の葉最盛期

  • アルダ君の身体測定

    アルダブラゾウガメのアルダ君の身体測定を5か月ぶりにしました。甲長は56cmで体重は33.6kgでした。5か月前は甲長さ54cmでしたので+2cm、体重は+3.4kgです。大量のう○こをした後ですので真の体重です。この大きさになるとう○こだけでも1kgほどあります。アルダ君は1週間に1度ほどしかう○こをしません。ですのでう○こは大量になるんです。まだなんとか持ち上げられる体重ですがあと何年で持ち上げられなくなるのでしょうか・・・。アルダ君の身体測定

  • 23個の卵を温めてます

    ヒガシヘルマン、ニシヘルマンが生んだ卵を23個温めています。今年も沢山産んでくれました。でも、この中で有精卵は6個だけのようです。中央の6個は3月19日に3個と27日に3個産んだヒガシヘルマン9号の卵で白濁しあと1週間ほどで孵化すると思います。残りの卵は白濁が見られず無精卵の様です。つくづくリクガメの孵化は難しいと思います。産卵はしますが有精卵の確率が低いので交尾がうまくいっていないのでしょう。オスたちは元気でメスに乗っていますが・・・。まだまだ産卵は続きそうです。23個の卵を温めてます

  • ヒガシへルマン9号が産卵

    ヒガシへルマン9号が今日、産卵しました。今年、3月に6個の卵を産んで今日で2クラッチ目です。2~3日前からケージの中をドタバタ動き回ってました。その行動を見て産卵だとは思わず、産卵床に移してなかったのでケージ内で産み落としていました。2クラッチ目は4個の卵を産んでいましたがその内2個は残念ながら割れていました。飼い主が産卵の兆候を見抜けなかったためです。反省です😞この仔は必ず有精卵を産んでくれます。3月に生んだ6個の卵も全て白濁しているので今月ベビーが誕生してくれるでしょう。2個の卵の大きさは…。①21g39.mm×30.3mm②19g38.5mm×29.5mm2か月後の孵化が楽しみです。ヒガシへルマン9号が産卵

  • ミシシッピが甲羅干し

    仕事が休みの日は近くの河原で野草採集です。採集をしながら河原を覗くとテトラポットの上でミシシッピアカミミガメが甲羅干しをしていました。遠目に写真を撮っていますのであまり大きく見えませんが甲長30cmはあるでしょう。天気が良くて気温も上がったこの日は甲羅干し日和です。ミシシッピが甲羅干し

  • アルダ君のデザート

    アルダブラゾウガメのアルダ君のデザートは・・・バナナ1本、きゅうり1本、トマト1個、サツマイモ1本、ニンジン1本です。この量はあくまでもデザートでメインは桑の葉山盛りです。良く食べる仔です。アルダ君のデザート

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、chikaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
chikaさん
ブログタイトル
ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾
フォロー
ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用