プロフィールPROFILE

hankonkatsuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hankon/
ブログ紹介文
女性誌には書かれないであろう男の本音を書くブログ
更新頻度(1年)

175回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2012/02/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hankonkatsuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hankonkatsuさん
ブログタイトル
女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音
更新頻度
175回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音

hankonkatsuさんの新着記事

1件〜30件

  • 高望み

    「高望みしていない」と言いつつ年収600万を望む無謀 以前、ある相談所で話をうかがったところ、最近はデートの段取りから会話内容まですべてお膳立てしないと進まないという人が増えているようです。結果、自分からは次のデートに誘えないため、2回目につながりません。受け

  • 男性からはムダだと思われている「モテ目的の努力」

    男性からはムダだと思われている「モテ目的の努力」9パターン 【2】男性はほとんど気づかない「ネイルアート」「女子には悪いけど爪は全然見てない」(20代男性)など、女同士では関心の的となるネイルも、男性の目にはまったく映っていないこともあるようです。爪のお

  • 一極集中

    新型コロナウイルス、ヤバそうだよな。おそらく外国人観光客の数にも大きな影響が出そうだし、経済に与えるダメージが心配だわ。マスクも品薄になってて、引いては、外出の減少にもつながるかもしれない。上半期は飲食関係は厳しくなるかもな。それと、不特定多数への接近を

  • 外部環境

    出会いがないはただの言い訳! 社会人が彼女を作る方法 もう誰かの、環境の、ありとあらゆるもののせいにするのはやめよう。  個人が変わるのであれば、それでいいのかもしれないが、俺は逆にもっと環境のせいにすべきだと思う。特に、氷河期世代はそうだろ。親の世代の「

  • まじめえひめ

    「まじめえひめ」PR動画に批判「長時間介護を美徳化」「彼氏の有無と真面目さとは関係ない」  愛媛県の魅力は「まじめ」な県民性だとPRする県のプロジェクト「まじめえひめ」のホームページ動画が物議を醸している。「介護や看護の時間が長い」「独身女性が多い」などとし

  • 出生数「最少」90万人割れ

    しかし、去年の年末ぐらいから、急に少子化や氷河期世代の救済の記事が多くなったよな。このブログをやってる俺でも「なんで?」って思うぐらいだから、一般の人からしたら本当に急に、しかも手遅れみたいな話をしだしたのか不思議なんじゃないか?10、20年前なら、氷河

  • レディーファースト

    「日本では席譲られたことない」NY在住女性の投稿に賛否!レディーファーストって下に見てる裏返しじゃないの?   ネット上でレディーファーストについての議論が盛り上がっている。きっかけはニューヨーク在住の日本人女性のツイートだ。「きょうNYの地下鉄で席を譲ってく

  • ゲストが嫌がる、結婚式の日取り ワースト5

    【2020年】ゲストが嫌がる、結婚式の日取り ワースト5 ワースト 5位 2月22日(土)2020年2月22日。そう、2がいっぱいの日。覚えやすいし、何より「幸せが2倍になる」や「2が夫婦を連想させる」など、ポジティブなイメージも強い。しかも今年の2月22日は大安。ワーストな日

  • 「普通の男性」とは

    高望み? 婚活女性たちが求める「普通の男性」の条件とは  30代前半の女性会社員・Aさんは婚活に苦戦中。本人は都内私立の有名大卒で年収500万円。容姿はグラマラスで、華やかなお姉さんといった印象だ。一見かなりモテそうな雰囲気だが、やはり“普通の男性”が見つから

  • 「30代女性の婚活」はなぜ苦戦してしまうのか

    「30代女性の婚活」はなぜ苦戦してしまうのか女性の30歳を過ぎてからの中途半端な恋愛は、かえって結婚を遠ざけていく。これは仲人として30代女性の婚活相談に乗ったり、会員女性たちを見てきたりして感じていることだ。30代で婚活をしている女性の中で苦戦を強いられているの

  • 箱入りおばさん

    友達は独身だらけ!婚活がタブーの箱入りおばさんコミュニティーの実態こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。私事で恐縮ですが、28歳ぐらいの時に妹が先に結婚することが決まりました。同級生も結婚ラッシュで29歳にかけて焦りました。この話、独身アラサーならみ

  • ハエ

    ハエが求愛を受け入れる仕組み  名古屋大の研究チームは、雄の求愛から交尾に至る雌のハエの脳のメカニズムを解明したと発表した。雌は雄の求愛を初めは拒むが、繰り返しアタックされると受け入れる。この行動転換で働く脳の仕組みを特定し、「雄は諦めずに求愛を続けるこ

  • 忘年会廃止の代替

    婚活は関係ないけどさ、 忘年会廃止の代替はお寿司? ある会社の英断に称賛の声 【朗報】弊社、忘年会廃止の代替として2日に渡りお寿司が支給されることとなる これは、いい考えだと思うわ。忘年会は、セクハラやパワハラの温床になる可能性もあるし、寒い季節に酔って帰

  • 東京都2030年ビジョン

    東京都2030年ビジョン 「出生率2.07」目標へ始動 15歳から49歳までの年齢別出生率を合計したものを、合計特殊出生率(合計出生率)というらしい。ということは、人口の多い団塊ジュニア世代がすでに40代以上になって今後子供が期待できないとしても、彼らが49歳以上に

  • 子供部屋おじさん

    若手声優との結婚を夢見る45歳「子供部屋おじさん」の末路 「子供部屋おじさん」とか言って、男性をたたく記事が多い。でも、一部の記事では書かれていたが、「子供部屋おじさん」はそれなりに収入のある人がいるから、本当にヤバいのは「子供部屋おばさん」の方じゃないか

  • 結婚相談所・婚活パーティーでの「男性不足・女性余り」

    婚活市場の男女比の現状!結婚相談所・婚活パーティーで「男性不足・女性余り」と言われている本当の理由 結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

  • ソクラテス

    男性を「ソクラテスみたい」と褒めるべし 日本の女性誌の助言に冷笑 男女格差が世界で最も大きい国の一つとされる日本で、女性ファッション誌が、男性の知性を褒める際には「ソクラテス(Socrates)みたい」だと言うとよいとのアドバイスを掲載し、ネットユーザーの間に冷笑

  • 日本の貧困化

    私たち日本人は、着実に貧しくなってきている 出生、教育、研究開発、産業政策、労働政策、公衆衛生、社会保障、インフラ、そして安全保障と、ほぼすべてにわたって日本の国力低迷とともにカネもヒトも行き渡らなくなり、カネやヒトがまだあった時代のとおりにすべてで頑張

  • クリぼっち

    社会人の55%はクリぼっちなのか!?その背景には社会人になると恋人ができないという事情が…社会人のクリスマスの過ごし方!   社会人を対象に、「クリスマスは誰と過ごしますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。過ごす相手がいない:

  • 国難とも言える状況

    記事をまとめて書いたので、この正月の記事は内容が前後するかもしれないが 安倍首相「国難とも言える状況」少子化対策進めるよう指示 ことし1年間に生まれた子どもの数を示す「出生数」が、はじめて90万人を下回る見通しとなったことを受けて、安倍総理大臣は少子化対策

  • つぶやき 118

    今の世の中、女性を批判するのは、本当に怖い。批判したら人格を否定されるぐらいの勢いで反論されそうだ。これは気のせいでもないと思う。現に、女性に同じことを言ったら、明らかに問題になりそうなことを男性に言っても批判されないことが多い。そのせいで、男性

  • 東京都の税収

    東京都の税収のうち約4200億円 全国の自治体に再配分へ 都市と地方との税収格差を是正するための新たな制度で東京都の税収およそ4200億円が来年度に地方自治体に再配分されることになり、総務省は人口減少や少子高齢化の進行が早い自治体などに重点的に配分する方針です。 

  • 東京税

    止まらない東京都への人口集中、1400万人も目前 「東京税が必要だな」「パンク寸前」という声相次ぐ 東京都が11月に発表した人口推計で、同1日時点で都内に住民票のある人数は1395万3744人にのぼることがわかった。前月比1万888人増で初めての1395万人超。来年には1400万人

  • 結婚を諦める40代男性の嘆き

    「父はバブル、自分は氷河期」 結婚を諦める40代男性の嘆き 私は子どもの頃からマジメに勉強し続け、世で“一流”と呼ばれる大学を卒業しましたが、今後、どう考えても都内からの通勤圏内に一戸建てなど買えませんし、子供を2人持って、私立の大学に通わせるなど、経済的に

  • 半数が単身になる日本

    2040年、日本に押し寄せる「半数が単身」の衝撃 ■ソロ客に支持されない商売は、立ち行かなくなる 「独身者に対する世間の風当たりは、今なお強いし、家庭持ちの人との間には根深い対立構造があるのを感じます」 独身研究の第一人者として博報堂ソロもんラボを率いる荒川

  • 婚活難民

    婚活難民の40代女性。“年収400万の普通の男性”でも高望みという現実  都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考

  • 普通の生活

    京都市在住、30代の4人家族…「普通の生活」に月48万円必要 教育費と車の維持費重く 夫婦と子供2人の家族が京都市内で普通に暮らした場合、30代なら税、社会保障費込みで月48万6900円、40代は54万9800円、50代だと70万7500円が必要――。そんな調査結果を労組の京都総評が5

  • 草食男子

    【これは脈アリ?】ジャッジしにくい「草食男子LINE」の特徴4つ 恋愛に奥手な草食男子は好きな女性とLINEをしていても、自分の気持ちを隠そうとします。そのため草食男子とのLINEでは、脈アリかどうかの判断が難しいです。そこで今回は脈アリの可能性があると期待できる、草

  • 出生数87万人割れ

    衝撃の出生数87万人割れ…それでも日本人に危機感がないという危機 良いタイトルだ。まさにそのとおりだと思う。 2019年12月、衛藤晟一少子化対策担当相は2019年の出生数が87万人を下回ると発表した。1899年に人口統計が始まって以来の最低人数である。2017年の出生数は約9

  • 「20代男性の40%が性交渉経験なし」は本当か

    「女子学生13%が援助交際」の嘘が生まれた理由 市場調査や街頭アンケートなどを基にしたデータは、果たして信用できるのか。長野県立大学の田村秀教授は「アンケートの中には無茶苦茶なものも少なくない。国連という権威ある機関に関わる人間さえ、出所のはっきりしないデー

カテゴリー一覧
商用