searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

リフィーさんのプロフィール

住所
沖縄県
出身
石川県

沖縄本島で見たことのあるウミウシを写真つきでご紹介します。

ブログタイトル
沖縄のウミウシをご紹介!
ブログURL
http://okinawa-umiushi.blog.jp/
ブログ紹介文
沖縄本島で見たことのあるウミウシを写真つきでご紹介します。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2012/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リフィーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リフィーさん
ブログタイトル
沖縄のウミウシをご紹介!
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
沖縄のウミウシをご紹介!

リフィーさんの新着記事

1件〜30件

  • キスジカンテンウミウシ

    ~追記 2020年2月10日~ここ最近、よく見かけるので!ちなみに今月だけで、すでに3回も見かけていたり。この冬の時期によく出てくるウミウシなんでしょうかね~。2020.2.9 チービシ諸島・神山南 水深12mしかも、手を取り合うように交接中!キレイなウミウシなん

  • ミガキブドウガイ

    【追記 2020.8.2】久々に見たもので。場所は沖縄本島の残波岬の超浅いところですよ。2020.7.31 沖縄本島・残波岬 水深20センチいつもの場所で、真夏に見ることができましたよ。この模様、色合い、形、なんか魔法のキャンディーって感じがしませんか~?■■■

  • ヨセナミウミウシ

    ~追記2020.7.2~久々に見たもので。そして、ミアミラウミウシからヨセナミウミウシと名前が変更されてるじゃんってね。しかも、超巨大な個体をゲストが発見。2020.7.1 沖縄本島・奥武島 水深5m今まで見たものはせいぜい30㎜くらいが最大サイズだったけど、こい

  • ウチナミシラヒメウミウシ

    ~追記 2020.6.13~これまた久々の出会い。しかも前回と同じ砂辺にて。ウチナミシラヒメウミウシなり。2020.6.13 沖縄本島・砂辺海岸・砂辺No1 水深20mちょっと深いところにちょこんといましたよ。肉眼だともっとムラサキ色っぽく見えるけど、光を当てると、結

  • メレンゲウミウシ

    しばらくの間、コロナ自粛休業しておりました~。ようやく昨日からゲストを受け入れてのガイドダイビングしましたよ。で、ばっちりメタボ系ウミウシの代名詞・メレンゲウミウシ発見。2020.5.29 慶良間諸島・前島・パライソ 水深20mいい感じのポジションだったので

  • センヒメウミウシ

    いや~、これは本気で綺麗ですね。初投稿のセンヒメウミウシなり。2015.12.21 沖縄本島・砂辺海岸 水深21mさっぱりウミウシが見つからないと深場探索をしていたところで、奇蹟的な出会いでしたね。そして、これまた奇跡的な一枚で。まさに南国フルーツのランプ―

  • ツマムラサキミドリガイ

    以前から確認していたウミウシではありますが、この度、ちゃんと名前がついたそうで・・・。2020.4.2 沖縄本島・奥武島 水深6mなんとなくハッと目に付きまして。なーんか見たことあるな~って思ってたら、かつては、エリシア・トンプソンイと呼ばれたウミウシだっ

  • キイボキヌハダウミウシ

    ~追記 2020.3.24~随分とこちらのウミウシを更新していなかったと思いまして・・・。つぶつぶミカンの合体が見れたので投稿!2020.3.16 沖縄本島・金武・レッドビーチ 水深10mいや~、一匹でもインパクト大だというのに、まさか二匹で交接中とは・・・。ちなみ

  • キクゾノウミウシ

    なんかとっても久々に見たような気がするけど、ちゃんと名前がスパッと浮かんできましたね~。2020.2.24 沖縄本島・奥武島 水深7Mこのウミウシ、なんとチドリミドリガイを食べちゃうそうな。え~、見た目に似合わず、肉食系だったのか・・・。そういやこの奥武島、チドリ

  • シロボンボンウミウシ

    なにげに初投稿だ~。シロボンボンウミウシ。この名前、インパクトありすぎでしょ。そしてこの見た目もそれに負けないくらいのインパクト。2014.4.30 慶良間諸島・座間味島・唐馬No1 水深16m真っ白な体に、白いボンボンがいっぱいついております。なんでこ

  • コナフキウミウシ

    あれっ、まだ掲載していなかったけ~ってくらい。コナフキウミウシなり。2019.12.8 チービシ諸島・神山南ラビリンス 水深10mキヌハダウミウシ系で、似たような種類がいっぱいある中、この個体は、ぱっと見でコナフキだなってわかるくらい。ちなみにこれは岩の上に置いて撮

  • ニシキリュウグウウミウシ

    <追記 2019.11.24>久々の出会い。ニシキリュウグウウミウシなり。2019.11.23 慶良間諸島・座間味島・唐馬No2 水深7mガレ場で遊んでいると発見。真っ赤なウミウシってほとんど見かけないので大興奮ってね。初めて見た~と思いきや、すでに見ていたニシキリュウ

  • モザイクウミウシ

    これは昨日の大度海岸での出会い。モザイクウミウシ。ダイビング中に見るとちょっとうれしいウミウシでもある。すごくレアというわけでもないけど、よく見かけるというレベルでもない。オールシーズン、どこにでも見られるという種類。けど、狙って探しても、そう

  • テヌニシキウミウシ

    先日、砂辺でのダイビングにて。水深は20m。大きなテヌニシキウミウシが砂地を徘徊してましたよ。結構、綺麗な模様なんですが、深度化だと、色味が抜けるので意外と見つけづらい。パッと見、枯れ枝?ってぐらいにしか。見づらいので正面顔も一枚。黄色いテ

  • キホシミガキブドウガイ

    初めて見たかも~。キホシミガキブドウガイ。2019.10.9 慶良間諸島・座間味島・ドラゴンレディ 水深12mミガキブドウガイと言えば、波がブレイクするような岩場にいるイメージですが、こやつはテングノウチワにくっついてましたね~。砂地徘徊系のウミウシなんです

  • ブチウミウシ

    ころっとかわいいブチウミウシ。見つけるとちょっとうれしいウミウシだ。これを今日は残波岬の浅場で発見。生息場所はぐちゃぐちゃーってしたサンゴのある浅場。潮通しのいいところが好みみたい。狙って見つかるってものじゃなくって、なんとなくふと目を落とすと

  • ハナビラミノウミウシ

    いきなりですが、このブログサービス、2020年1月で終わっちゃうそうな・・・。え~、どっか引っ越し先を考えないと~。う~む、ここ数年でブログサービスが終わっちゃうところが増えてますな。それはそーと、ハナビラミノウミウシ。2019.7.4 渡名喜島・ブルーホール

  • アデヤカミノウミウシ

    いや~、うっとりするほど美しい色合いのアデヤカミノウミウシ。 (2011.11.15 沖縄本島・具志川城跡 水深12m) 岩肌にくっついているところを発見。 実はすぐ隣にあったウルトラマンホヤを撮ろうと思ったら、 おぉ~って感じに見つけることができましたよ。

  • パンダツノウミウシ

    今日もレアものでいってみましょう。パンダツノウミウシ。といってもこの名前は聞いたあるダイバーも多いのでは。そう、沖縄本島のウミウシというバイブル的図鑑の表紙にも載ってる種類。黒×白というシンプルなカラーリングですが、その存在感はばっちり。被写体と

  • トウリンミノウミウシ

    更新しました~。かつてデンショクミノウミウシと紹介していたので、今度はちゃんとトウリンミノウミウシを!2019.6.21 沖縄本島・奥武島 水深7m他ではあまり見かけないウミウシだけど、この奥武島だと、決まった時期にちらほらと出てくることも。年によっては、

  • デンショクミノウミウシ

    かつてトウリンミノウミウシとご紹介していたウミウシ。はっと気づけば、実はデンショクミノウミウシではありませんか!こっちのほうがレア度は格段に高しってね。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□こちらは先日の砂辺でのナイトダイビングにて。久

  • キマダラウミコチョウ

    ~追記 2019.5.8~あまりに間が空いたので、冒頭から更新記事を。とにかく小さいキマダラウミコチョウなり。2019.5.7 沖縄本島・砂辺海岸 水深5mとにかく小さい。体長は5�o以下って感じ。もはや写真に撮らないとなんなのか判別できないレベル。でも、意外とを

カテゴリー一覧
商用