searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Josh1223さんのプロフィール

住所
豊中市
出身
東大阪市

現在52歳。 博士号を目指します。 専攻は経営学。その中でも国際経営を勉強しています。修士課程はMBAだったので、研究者養成課程とは違うので、博士課程では研究のやり方を最初からやり直しています。 仕事とのバランスをどうとるか? 社会人としては大きな課題です。

ブログタイトル
社会人大学院生 博士課程に在籍
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/josh1223/
ブログ紹介文
2011年4月に博士課程に入学。仕事とのバランスをとりながら博士号を目指します。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2012/01/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Josh1223さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Josh1223さん
ブログタイトル
社会人大学院生 博士課程に在籍
更新頻度
集計中
読者になる
社会人大学院生 博士課程に在籍

Josh1223さんの新着記事

1件〜30件

  • 危機的状態

    昨日は、30キロ長距離走に参加。 ペースメーカーがキロ7分でスタートし、少しづつスピードを上げていくというもの。 キロ7分ぐらいどうってことはないと思っていた。 しかし、何と15キロ付近でストップ

  • 著しい改善!

    7月に受けた健康診断の結果が8月に来て、今日、その結果をいつもの主治医に持っていった。 カルテに、「著しい改善!」と記入。 この医師にかかることになったのは、悪玉コレステロール。 それらの数値は以下

  • ママがいないときのペット犬

    うちの奥さんと娘がベトナムに4日間遊びに行った。 なぜ、ベトナムかと言えば、アジアに住んでいたときに、ベトナムには行かなかったことが大きな理由かもしれない。 そのような時、うちのワンコのお世話がある

  • ひたすら走っている

    最近は、大阪マラソンの出場権が当選したこともあるが、ひたすら走っている。 良く言われるのが、マラソンでそこそこの成績を出そうとすれば、月間200キロは走らないと、ということである。 ということで言うと

  • 昨日のランニング

    昨日のランニングは過酷。 となりの市でのリレーマラソンで、そこにチームで参加するというもの。 私たちはクラブのメンバー10人で参加した。 ルールは簡単。 1100メートルのコースを一人で走って、それをチ

  • 新たな動き

    おばあちゃんの家がもうそろそろ立ち退くことになる。 これはもう2、3年前からJRの拡張工事があるのでわかっていたこと。 おばあちゃんは、軽度の認知症という診断であったため、今大学3年生になった息子を住

  • 大阪マラソン

    地元、大阪では大阪マラソンが開催される。 マラソンについては、自分ではプランを考えていて、今年は10キロのレースを2回出場したので、今年はハーフマラソンをこなそうと。 そして、ハーフを何回かこなして

  • 色んなこと

    このブログは、博士号について書くことを主眼としてきたが、、、 もう止めた。 というか、書いている時間がもったいない。 博士号というのは、スタート地点なのである。 指導教官からは、「博士号を取得したと

  • 企業に勤める会社人と大学院生について

    学位を取って良く言われる言葉が次の言葉・質問である。 「会社生活とどうやってバランスをとったんですか? 仕事は大変だったでしょう?」 博士課程の5年間の最初の半分はインドの仕事が圧倒的に多かった。入

  • なぜ私は博士号を目指したのか? (その6)

    私はなぜ、博士課程に入学したのか? それは、入学時も今も同じである。 自分の名前の入った論文を世に出したいのである。 前回書いたように、博士課程の大学院生用の論集には掲載してもらった。しかし、これは紀

  • なぜ私は博士号を目指したのか? (その5)

    さて、2011年4月から博士課程の生活がスタートした。 修了目標は6年間。 社会人には、本来の修了年数の倍の年数が認められているので、その一杯の年数を使おうというものである。 大学に行くのは月1回。 この

  • 皿洗い続く

    カミさんがスライサーで指を切って約1週間。 医師から言われていることもあって、私が朝と夜、皿洗いをしている。 それについて、必ず、ダメ出しがくる。 「このお皿はここにおく。ふきんはこうやって絞って

  • 奥さんの怪我

    日曜日、ジョギングから帰ってきたら、奥さんが大変なことになっていた。 奥さんが、野菜をスライサーで切ろうとしたら、自分の指を切った。 結構ひどい。 結果、翌日の月曜日に病院に行ったのであるが、数

  • なぜ私は博士号を目指したのか? (その4)

    さて、入学願書をインドから日本に帰国する飛行機の中で完成し、その他の書類を揃え、大学に提出。 2月に学力テストと面接。確か2月であったように記憶しているが確かではない。 そのテストには、7人の人が受

  • なぜ私は博士号を目指したのか? (その3)

    昨日の学会発表、結構メタメタだったが、この話を続ける。 さて、MBA(修士号)を取得した大学院への博士課程へは、次の年度に進めないことが分かった。 何とも言えないインドの空気がよどむ。 前述したが、201

  • なぜ私は博士号を目指したのか? (その2)

    さて、論文を書くには、きちんとした指導を受ける必要がある。 その近道は大学院に進むことが一番だと言われるが、どの大学院に進むか。 普通は、というか、多くの場合は、修士課程の大学院の博士課程である。

カテゴリー一覧
商用