searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hitorisizukaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
3 YEARS AFTER
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hitorisizukamai/
ブログ紹介文
シングル卵巣ガンサバイバーの闘病療養生活&老母のシングル介護の記録と所感語りです。
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2011/08/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hitorisizukaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hitorisizukaさん
ブログタイトル
3 YEARS AFTER
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
3 YEARS AFTER

hitorisizukaさんの新着記事

1件〜30件

  • これからをどう生きるか

     海辺の別荘地で暮らす従姉から、久しぶりに電話があった。私より一回り上の従姉兄たちは、既に、自由人の境地を生きている方々が多い。・・・日出前から砂浜を1時間くらい歩くの。太陽の光が、さざ波に無数のきらめきになって反射する光景が最高なの。他には誰もいないマイ

  • 防虫服と防護服

     季節の移ろいが年毎に変になっている。 茶道の世界で四季が無くなったと言われて30年が経過した。今年は今頃えんどう豆が実り始めて、強い陽射しを受ける花畑の水仙の葉が赤茶けてきた。水仙はこの時期に来年の花をつける為の栄養分を光合成で蓄えて、入梅の頃から葉が枯

  • 新型コロナに関する記録・1

     コビット君が出現して以来、頭のどこかで、この課題を追いかけている。 この感染症の実態は未だ明確には見えないので、コビット君と社会の動きについて、ついつい考えさせられることが多い。 発端は、クルーズ船での対策に感じた異様な違和感。 日本では、PCR検査が足り

  • 季節は初夏に~新しい未来への期待

     人間社会では、コロナコロナで騒がしい時期が続く中で、異常気象も過激さを増して、初夏が到来した。 いつの間にか、中庭に入り込んだマツバウン蘭が緑風に揺れている。雑草らしいのだけど、風情がとっても美しい。 例年の通り、連休や日曜日に出かけるという贅沢な習慣

  • 英語力の再燃・その後

     コビット19の全容を把握することは、未だ厳しい状況が続いている。私の脳に起きた英語力の再燃は、その後も、自身が読みたいと切望する英文に出くわした時は、スラスラ読めるという状態で続いている。分からない英単語が珠に出てくることもあるのだけど、そこは昔取った

  • こんな時期ですが。

     周囲から、度々、婚活本を書いて欲しいと言われる。 元々結婚情報業界は、起業の絡みで最も研究した分野であるから、3巻くらい書くことはあるし、自身の婚活も含めると、これはもうキリがないくらいの題材やわさわさ。 絶対に売れるから!と力説して下さる出版関係の方々

  • コロナの憂鬱

     サーズが疑われた若き友人の肺は、順調に回復に向かっているという連絡が入った。ひと安心していると、立て続けに、友人の親御さんの他界の知らせを受けた。 お一人は、心筋梗塞とのことであったのだけど、もうお一人は、厚労省のコロナ対策の通知を受けて入院している一

  • 簡単・殺ウィルス剤と、マスクの再利用方法のご紹介

     どこでもかしこでも、コビット君の話題が実際のコビット君よりはるかに多く氾濫しているように思えてきた。先ず、マスクの高額販売。前にも書いたけど、サージカルマスクがなんと通常の数十倍の価格で闇?取引されているわ、高額商品との抱き合わせ販売なるものが出現する

  • サーズ?新型サーズ?・・未知との遭遇

     コビット君(英文字変換が面倒なのでこの名称でゆくことに)が現れて以来、ここにしか書けないメモ話が増えた。 1月の中頃に香港経由で帰国した30代の友達から、今夜、「今回の風邪は信じられない程酷かった!まじ死ぬかとおもった」という電話があった。 前に電話があっ

  • 新型コロナ・予想される懸念(改正版)

     先日、「新型コロナ・予想される懸念」の中で、私の試算が甘かったので、訂正したい。今回の感染症については、インフルエンザ程度という風評が広がっているので、インフルエンザを参考に考えていた私は甘かった。先の記事から。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こ

  • 新型コロナウィルス=SARS-CoV-2ウィルス感染症の情報について

     新型コロナウィルスは、コビット19と名称されたのではなく、その疾患名がコビット19と名称されているので先の記事の呼び名を訂正したい。 病名がCOVID-19。 私がコビット君と呼んでいたウィルス名は、SARS-CoVに似ていることから、SARS-CoV-2と名付けられていた。WHO

  • 英語力の再燃?

     ここ数晩、コビット19君の情報を追いかけていたら、いつの間にか何の抵抗もなく、すらすらと英文を読んでいた。 はたと気が付いて、何が起きたのだろう?と、かなりびっくりした。 多くの英単語とフレーズは忘れて久しいはずなのに、日本語と同様にすらすらと読めてしま

  • コロコロ コビット19

     お題目くらいは息抜きしないと。 新型コロナのデータと情報を追いかけるのは、はっきり言ってしんどい。  とは言え、人相手の仕事をしている場合には、この情報をしっかりと把握しておかなければ、周囲や自身の生命に関わる事態を引き起こしかねない。 感染対策の参考

  • 三寒四温

     郷里に帰ると、気の早い梅の花が咲いていた。今年は実りを頂こうと例年より早い受粉作業をした。 例年、この時期は雪が舞う。今年の冬は気温が高く雪景色を見ることはなかったが、ここに来て、ほんのりと雪が積もった。畑の端に顔を出したフキノトウを3つ頂くことにした

  • コロナ・コロナ・コロナ

     調べれば調べる程、このウィルス君、勢いがスゴ過ぎるのは、WHOや各国の対応が遅すぎたからだろう。とは思うが、それでも感染者数が多過ぎる。 日本の対策の遅延状態では、収束に、かなりの労力と時間が掛かりそうだ。 ネットに氾濫するこのウィルス君の姿は太陽のよ

  • 新型コロナ 予測される懸念

     新型コロナへの対応に追われて、本道に戻れなくなって何日か経過してしまった。密閉空間で、お客様との濃厚接触が生じる業者は多い。 医療機関・介護施設が最も心配だ。他にも、タクシー会社はもとより、各種観光業、交通機関、レンタカー、最近はやりのカー・シェアー業

  • 緊急対策指針~新型コロナ~

     臨床像と対策が少し見えてきたようです。以下、厚労省で今回の対策に2月から専門職として活躍して下さっている先生の記事をシェアさせて頂きます。 がんを体内に宿していて、全身状態が健やかな場合、免疫力がupしている状態にあるとは言われていますが、抗がん治療中の方

  • 新型コロナ感染の抑制 

     日々、恐々とする報道が続く。新型コロナ関連のニュースには目が離せない。 長期政権は本当に良くない。政府の機能が硬直化し、腐敗するが、今回ばかりは、そうは言ってられない。 直ちに、多くの国民の生命に関わる事態が発生しているというのに、現内閣、首を揃えて何

  • 新コロナウィスル 政府の失策&ただちにすべきこと

     暫くぶりに都内に滞在した。丁度、世間で、新コロナウィルスのパニックが始まった時期だったが、ある重要な会議に出席する使命があったので、迷わず移動することにした。 昨年からの予定であったので、あの大都心独特の人と人との居住まい間隔の狭さ、閉鎖空間や、雑踏を

  • 緊急!マスク・パニックにご注意

     幼い頃、トイレットパーパーが無くなるという風評が流れ、市場からトイレットペーパーが消えたって言う、あり得ないパニックが生じたことがあった。 今トレンドの新型コロナウィルスで、マスクが本当に消えたらしい。らしい・・・というのは、私は毎日マスクを掛けるなん

  • 子宮頸がん予防ワクチン~メディアがガン患者を増加させる恐怖~

     昨年からの持ち越し課題になりますが、「メディア洗脳に汚染されない方法」って、義務教育でしっかり教えるべき課題だと思う。 身の回りに氾濫する煽りニュース。煽りに汚染される、或いは乗りしたがる人の群好き心理。現代社会では、メディアコントロールは、群衆コント

  • 口癖と性格・「いやいやいやいや」って?

     なんとなく意味が分かるようで分からない口語に出くわした。「ありがとうございます!」の返答に、「いえいえ」とか「いやいや」と言うことがある。「素晴らしい実績ですね!」と褒められたりすると「いや~お恥ずかしい限りです」と言うのも通常の範囲。本来、「いやいや

  • 思考のストレッチング・ゴーン氏の海外脱出に寄せて・

     新年の仕事が立て込む時期、未だ眠っていたい気分が抜けない。頭の回転のトレーニングに、ちょっとした所感を。『ゴーン氏の弁護士の会見について』国際人権規約への批准国であるにも関わらず、日本の現状はまだまだ批准には程遠い後進国であるという現実は、国内ではなか

  • 中東におもう

     中東という地域が、世界の真ん中にあって複雑な歴史を持つ広大な地域だってことに気が付いたのは、なんとまあ、半世紀以上も生きてきた昨年のことだった。 日本の魅力発信の講演を依頼された時に、久しぶりに二つの世界地図比べて、日本の歴史の説明には、断然、欧米で使

  • ・初春・時代の潮流~

     新しい年を迎える準備が間に合って、新年がやって来た。神棚、お仏壇から始まって玄関にはしめ縄、床に新春の華を生け上げると大晦日が終わって、新年が始まる。 年迎えの準備は、心を新たにする日本独特の「よみがえりセラピー」だと思う。多くの日本人は、こうした暮ら

  • ・Excelsior!・

     今年の締め切りが迫るラストダッシュの2日間を過ごしている。 友達の家に、今年お世話になった心ばかりを届けたら、夕食をご馳走頂いた。届いたばかりの宮島の最上級の生ガキ、ほうの葉寿司、自家製無農薬野菜の酢の物、里芋のスープ、デザートは野生のキウイ。彼の手料理

  • メディア・コントロール

      初雪が降った。一通のLineメールが届いていた。 挨拶好きなLineは嫌いなので、滅多に見ないのだけど。・・・・・・・・・・・・・・・ 香港に着きます。 香港デモ。 メディアがコントロールされてる。 自分の眼で確かめてくる。・・・・・・・・・・・・・・・ 今

  • 婚活業界裏事情

     過日、所謂結婚紹介所とネットの婚活サイトを運営している結婚情報企業の経営者から、電話があった。 彼は、真面目に悩み込んでいた。一生懸命考えて婚活を盛り立てようとしているが、お客様の協力や集客が得られないと言う。かつて、私自身がその業界の企業アドバイスに

  • シンギュリティは既に始まってる?

     現役を離れて12年の間に社会はとんでもなく変化していた。時代は既に、AIを抜きにしては語れない。 年末ということで、今年のベストセラーにはどんな作品があるのかしらと、Amazonを覗いていみた。『ファクトフルネス』?!一瞬、ちょっと前にブームになった『マインドフ

  • 12年経過

     気が付けば今年も12月に。気が付くと、こちらのブログも忘れがちになっている。 12年前、抗がん剤治療が終わった時期からの数か月~2年程は、無意識に、自身の人生の記憶から消去している程、最悪の体調の時期だった。 このブログを書き始めたのは、体調がある程度良くな

カテゴリー一覧
商用