チェンマイ風物詩
住所
タイ
出身
那覇市
ハンドル名
onagaさん
ブログタイトル
チェンマイ風物詩
ブログURL
http://onaga1951.livedoor.blog/
ブログ紹介文
大好きなチェンマイでの暮らしぶりの中で『チェンマイのすばらしさ』を紹介いたします。
自由文
-
更新頻度(1年)

37回 / 68日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2011/07/15

onagaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 4,972位 5,126位 4,793位 4,516位 4,601位 4,855位 4,876位 972,027サイト
INポイント 30 30 30 70 100 80 80 420/週
OUTポイント 60 50 50 90 130 100 90 570/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 165位 170位 150位 133位 137位 153位 151位 42,782サイト
タイ旅行 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 602サイト
海外生活ブログ 711位 709位 693位 666位 660位 695位 694位 34,983サイト
海外ロングステイ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 185サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,305位 14,636位 14,013位 13,543位 13,832位 14,541位 14,974位 972,027サイト
INポイント 30 30 30 70 100 80 80 420/週
OUTポイント 60 50 50 90 130 100 90 570/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 438位 451位 427位 416位 419位 438位 459位 42,782サイト
タイ旅行 9位 11位 11位 11位 10位 12位 11位 602サイト
海外生活ブログ 1,723位 1,742位 1,700位 1,658位 1,664位 1,703位 1,762位 34,983サイト
海外ロングステイ 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 185サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,027サイト
INポイント 30 30 30 70 100 80 80 420/週
OUTポイント 60 50 50 90 130 100 90 570/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,782サイト
タイ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 602サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,983サイト
海外ロングステイ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 185サイト

onagaさんのブログ記事

1件〜30件

  • 続・ランプーンの『伝統サラークヨーム祭り』

    ランプーン県の有名なお祭り『サラークヨーム祭り』が今年は、9月10日~13日の4日間、旧市街のワット・プラタート・ハリプンチャイで行われました。チェンマイの南、車で約30分の所に位置するランプーンは、8世紀中頃からランナー王国に統合される13世紀末まで、ハ

  • ランプーンの『伝統サラークヨーム祭り』

    チェンマイの隣県であるランプーンのワット・プラタート・ハリプンチャイで、9月10日(火)から4日間、『サラークヨーム』という伝統行事が行なわれました。『サラークヨーム』(右下)では、長い竿をきれいに飾り、日用品や食品などをぶらさげたものをお供えします。他

  • 続・イスラム寺院の向かいにある『金曜朝市』

    チェンマイで毎週金曜日の午前中に行なわれている金曜朝市は、ジンホー(イスラム系中国雲南省出身)のタイ人たちが開いている市場です。その市場では、焼き餅や豆腐、こんにゃく、漬け物などの日本の食材を揃えている他に、採り立ての新鮮な野菜や果物が安く買うことができ

  • イスラム寺院の向かいにある『金曜朝市』

    チェンマイで毎週金曜日の午前中に行なわれている金曜朝市があります。その市場はジンホー(イスラム系中国雲南省出身)のタイ人たちが開いている個性的な市場です。その市場では、焼き餅や豆腐、こんにゃく、漬け物なども買うことができます。金曜朝市へはナイトバザールの

  • チェンマイの中国寺『慈善事業の日』

    チェンマイの中華街であるワロロット市場には、2つの中国寺があります。この2つのお寺では、29日(木)裕福でない人たちのために無料で飲食を振舞う慈善事業が行ないました。私は午前中行なわれている、市場の西側にあるお寺『関帝廟』に行きました。ワロロット市場は『

  • タイ最北部の旅『国境の街メ―サイからチェンマイへ』

    ミャンマーと国境を接するメーサイでは、そら豆、ナチュナル石鹸、中国茶、中国のお菓子などを買いました。それらの買い物はチェンマイに比べるとだいぶ安く、なかには半額の商品もありました。メーサイの国境付近にあるアーケード街です。この商店街は中国商品を扱うお店が

  • タイ最北部の旅『チェンラーイから国境の街メ―サイへ』

    チェンラーイに1泊してから、その翌日の18日(日)は最終目的地の『国境の街メーサイ』を目指して、チェンラーイのバスターミナルからバスを乗りました。その途中には検問所があり、警察官がバスの中に入り、ヤーバー(覚醒剤)や密入国のチェックをしていました。このバ

  • タイ最北部の旅『チェンラーイのサタデーマーケット』

    私がチェンラーイへ行く日は、いつも土曜日です。その日(8月17日)の夕方から開かれるサタデーマーケットを見たいからです。特に広場では、地元の人々が思い思いに楽しくダンスをしている姿を見るのがとても大好きです。お腹がすいていたので、『ひげのおじさんステーキ

  • タイ最北部の旅『チェンラーイの中心街』

    チェンラーイのゲストハウスにチェックインしてから、すぐに市内を散策しました。不思議なことに、中国人観光客を1人も見ませんでした。それに中国語の看板もあまり見かけませんでした。チェンラーイ観光は、チェンマイからの日帰り旅行が多いようです。チェンラーイ県はミ

  • タイ最北部の旅『チェンラーイの第1バスターミナル』

    有名な観光地『ワット・ロンクン』を見学した後、幹線道路から青いソンテウ(相乗り車)に乗り、チェンラーイの中心街にあるバスターミナルまで、20バーツ(約70円)で行きました。なお、そのお寺から出発する青いソンテウもあります。チェンラーイには、2つのバスター

  • タイ最北部の旅『続・チェンラーイの観光名所ワット・ロンクン』

    世界的に『ホワイト・テンプル』で知られている『ワット・ロンクン』には、いつも国内外から大勢の観光客が押し寄せ、チェンラーイ観光の目玉になっています。このお寺の魅力は、普通のタイのお寺らしくない斬新的な作りです。それと、1997年に建設を開始、着工から22年が経

  • タイ最北部の旅『チェンラーイの観光名所ワット・ロンクン』

    私は1年ぶりにチェンラーイ、メーサイの1泊の旅へ出かけました。17日(土)最初の目的地『ワット・ロンクン』までは、ほとんど舗装された山道を乗り越え、正午ごろに到着しました。世界的に『ホワイト・テンプル』で知られている『ワット・ロンクン』には、いつも国内外

  • タイ最北部の旅『チェンマイからチェンラーイ(ワット・ロンクン)へ』

    私はこの前の土曜日(17日)と日曜日(18日)の2日間、約1年ぶりにタイ最北部地方(チェンラーイ、メ―サイ)の1泊の旅に出かけました。今年はグリーンバス(チェンラーイやメーサイなどの北部方面へ行くバス)のチケットは、直接バスターミナルではなく、ナイトバザ

  • セントラルフェスティバルの『ジャパンウィーク』開催

    セントラルフェスティバルの『ジャパンウィーク』が8月16日~18日(日)の3日間『セントラルフェスティバル』で開かれました。私は初日(16日)午後から開幕式を見に行きました。『セントラルフェスティバル』はチェンマイ郊外の東側スーパーハイウエー沿いにある大

  • 続・チェンマイ戦没者慰霊祭『ムーンサーン会場』

    8月15日の終戦記念日は、チェンマイでも2ヶ所で戦没者慰霊祭が開かれました。今年は旧市街から南側で行なわれたワット・ムーンサーンの慰霊祭に参加いたしました。ワット・ムーンサーンとは、大東亜戦争中、チェンマイはインパール作戦の駐屯地となり、このムーンサー

  • チェンマイ戦没者慰霊祭『ムーンサーン会場』

    8月15日の終戦記念日、チェンマイでも2つの会場で戦没者慰霊祭が行なわれました。去年はメーワン郡にあるバーンガート慰霊祭に参加いたしましたが、今年は旧市街から南側にあるムーンサーン寺の慰霊祭に参加いたしました。大東亜戦争中、チェンマイはインパール作戦の駐

  • チェンマイの園芸展は『ランの花がイッパイ!』

    チェンマイはタイ北部にありますが、冬でも日中は30℃を超す常夏の地域で、いつも緑と花に囲まれています。一歩外に出ると、花々や木々が優しく迎えてくれます。チェンマイに住んでいる人々にとって、花や木はいつも身近に感じ、とても愛すべき存在なのです。そのチェンマ

  • ターペー門広場で『チェンマイ伝統文化の祭典』開催

    チェンマイは1296年にランナー王国のメンラーイ王が旧市街に王都を造って以来、現在でもタイ北部の経済の中心として発展しています。700年以上の歴史を誇るチェンマイには、独自の文化、伝統が残り、人々の生活に息づいています。この祭典が8月9日(金)~11日(

  • チェンマイの『母の日の学校行事』

    8月12日は前国王の夫人『シリキット王妃』の誕生日です。その日は『母の日』とも命名され、祝日の休みになっています。タイ全土の学校では、王妃の誕生日をお祝いして、イベントが行なわれます。旧市街のお寺でも『シリキット王妃』の祭壇が設けられ、お誕生日のお祝いし

  • 続・チェンマイの雨期は『可憐な花の競演』

    ヤフーブログからライブドアに移行しました。ライブドアブログについては、何もわかりませんので、これから少しずつ勉強して、素晴らしいブログを作っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。ヤフーブログからの皆さま! これが新しいブログのURLです。ht

  • チェンマイの雨期は『可憐な花の競演』

    ヤフーブログからライブドアに移行しました。ライブドアブログについては、何もわかりませんので、これから少しずつ勉強して、素晴らしいブログを作っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。ヤフーブログからの皆さま! これが新しいブログのURLです。h

  • チェンマイ中心街の路地裏の『自然と生き物たち』

    チェンマイはタイ北部にありますが、冬でも日中は30℃を超す常夏の地域で、緑と花に囲まれ、人々の心を和やかにしてくれます。チェンマイは人間だけでなく、動物や鳥、昆虫など全ての生き物たちにとっても、天国のような所みたいです。私の住んでいるアパートは、

  • 続・チェンマイの『かわいいオブジェたち』

    チェンマイは観光の町で、世界中から旅行者が訪れています。チェンマイでは、いつも大勢の来訪者のためにオシャレなホテル、レストラン、コーヒー店などを提供しています。それらのお店では、玄関先にかわいいオブジェたちがお迎えをしています。ナイトバザールのレ

  • 続・チェンマイで『こんな日本語見い見いつけた!』

    チェンマイでは、中国人観光客が大勢訪れ、あちらこちらで中国語の看板などを目にしますが、日本語も気をつけて見ると意外にあり、その中には日本人から見ると、なんとなくおかしな日本語もあります。ナイトバザールの南側にあるレストランの日本語です。旧

  • 続・チェンマイの中心街は『今年も中国語が氾濫!』

    アメリカと中国の貿易戦争で中国経済の悪化が懸念されていますが、チェンマイで見る限りでは、相変われず中国人観光客だけが目立ち、、チェンマイ市内の看板などは更に中国語が増え続けています。ゲストハウスも中国語で書かれています。お土産品店にも中

  • ラチャパット大学『第22回日本祭』開催(4)

    ラチャパット大学の日本祭も終盤を迎え、『コスプレ・コンテスト』が行われました。会場内外には、多くのコスプレヤーが参加し、日本のアニメや漫画、ゲームのキャラクターになりきって、思い思いのパフォーマンスを楽しんでいました。この『コスプレ・コンテスト』

  • ラチャパット大学『第22回日本祭』開催(3)

    ラチャパット大学の日本祭が大型ショッピングセンター『メーヤー』で7月21日(日)に開催されました。後半のステージでは、高校生による『カバーダンス・コンテスト』などが行なわれました。この『日本祭』は、チェンマイ・ラチャパット大学と在チェンマイ総領事

  • ラチャパット大学『第22回日本祭』開催(2)

    チェンマイ・ラチャパット大学の日本祭がこの前の日曜日(21日)に大型ショッピングセンター『メーヤー』で開催されました。ステージでは、高校生による『折り紙コンテスト』『お弁当コンテスト』『日本語の歌コンテスト』などのイベントも行なわれていました。ステ

  • ラチャパット大学『第22回日本祭』開催(1)

    昨日の日曜日(21日)大型ショッピングセンター『メーヤー』で、ラチャパット大学の日本祭が開かれているので、見に行きました。この『日本祭』は、チェンマイ・ラチャパット大学と在チェンマイ総領事館の共催によるイベントです。同大学日本語学科の学生が中心と

  • ワット・チェディールアンの『アーサラハブーチャ(三宝節)』

    タイ仏教の重要行事である『三宝節』が7月16日にあるので、私は旧市街にあるワット・チェディールアンにその日の夜から見に行きました。このお寺は、ワットプラシンと並んで格式のある寺院で、旧市街のほぼ中央にあります。その日は大勢の人がお参りしていました。