searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

神田 晃さんのプロフィール

住所
東灘区
出身
赤穂市

神戸で“株式会社神田製作所”という映像制作会社をやっています。 ウェブやお店でも簡単に映像が公開できる時代。 〜もっと身近に、もっと楽しく〜を合言葉に、”ふだん使い”してもらえる映像に取り組んでいます。 お暇なら覗いてみてね→http://www.kanda-seisakusyo.com/ twitterでは三十路男性の身にならないつぶやきを投稿中!フォローお待ちしています→http://twitter.com/kandaseisakusyo

ブログタイトル
(若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』
ブログURL
https://ameblo.jp/dandy-entertainment/
ブログ紹介文
神戸の映像制作会社“株式会社神田製作所”代表取締役非公式見解。ツッコミどころ満載でジワジワ笑えます。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2011/07/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、神田 晃さんをフォローしませんか?

ハンドル名
神田 晃さん
ブログタイトル
(若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
(若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』

神田 晃さんの新着記事

1件〜30件

  • 「お誘いあわせのない 花火大会」論。

    例年8月2日3日に開催されていた長岡の花火大会・長岡まつりは、昨年に続き、今年も中止されました。そこで先日の映画『東京オリンピック』と同じく、「いま観なければ…

  • 「寛容さに甘えると 誤解を招く」論。

    日本人の、言葉への順応性が高くなってきたように感じます。「最近の若者は言葉遣いがなっとらん」本来はそう言わねばならない世代が、「言葉って変わっていくもの」と、…

  • 「Itsumoto Onazizikande Chōseishite」論。

    休日の朝、いつも通りの時間に起きる人もいれば、いつもより遅い時間まで寝ている人もいます。大半の人は、どちらかに属する印象ですが、まれに、休日は平日より早く起き…

  • 「アスリートをマネする勇気」論。

    外国人のみなさんに、コンビニ食品が好評だそうです。もの珍しさから利用しているのかと思いきや、それぞれが“お気に入り”を見つけられ、中毒性を持って通われていると…

  • 「この沿線における観戦模様」論。

    夕方、駅の近くを通りかかると、阪神のユニフォームを着た人たちがいました。オリンピック開催期間中、プロ野球はお休みする予定でしたが、選手のコンディション維持のた…

  • 「インバウンド対策 要望を提言」論。

    今日び、飲食店の情報は、当事者が発信せずとも世間に漏れるものです。その店の評価が高くても低くても、義務のようにレビューサイトへ投稿する人がいるからです。ネット…

  • 「可視化を試みたい 盛り上がり」論。

    市川崑が監督した、1964年東京五輪のドキュメンタリー映画『東京オリンピック』を観ました。名作と呼ばれている作品でも、実はいまだに観ていないものは数多くありま…

  • 「親しみを覚えても 極めて自然」論。

    先日、学生時代の友人から電話がかかってきました。これといった用事はなかったみたいですが、互いの近況報告を交えつつ、話題は二転三転していきます。そのなかで音楽の…

  • 「それなのに おまえときたら・・・」論。

    軽口の持つ意味合いが、重くなってきているように感じます。軽く言えるから軽口のはずですが、以前より、言葉選びについて慎重さが求められるようになりました。ただ、考…

  • 「日々鍛えられていく 素人の目」論。

    「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」野村克也氏が遺した至言です。勝負に勝つときは、相手のミスから拾えたような勝ち方など、不思議な勝ちがありますが…

  • 「長いのには理由があるはず」論。

    オリンピックの開会式を見ていると、日本語の脆弱性を感じました。場内のアナウンスは、フランス語、英語、開催国言語の順で流されるのが通例です。アナウンスの内容を聞…

  • 「実感を伴わない アップデート」論。

    ある観光地のグルメレポートが、テレビで流れていました。「こちらの食堂で人気のメニュー、・・・それがラーメンなんです!」海の幸が美味しそうな立地で、刺身や天ぷら…

  • 「終わりの会と 化していく社会」論。

    小学生のころ、下校前に“終わりの会”というイベントがありました。ふだんは連絡事項の共有くらいで済むのですが、ときどき“今日、気づいたこと”として、とんでもない…

  • 「運を招いてしまうことが判明」論。

    運気を上昇させるためには、掃除をすることが手軽かつ有効な手段である、と聞いたことがあります。掃除をするだけで運が上がるなら苦労しない、と思われるかもしれません…

  • 「求められるのは 神輿の自覚」論。

    先日、映画『仁義なき戦い』シリーズ全5作品を見返しました。大好きなシリーズで、数年に一度は見返しています。もう何度目の鑑賞になるか数えてもいませんが、年を追う…

  • 「喰いつくと思われているのか」論。

    県知事選の関心の低さに驚きました。投票率は41%で、それでも前回よりは微増したと言います。20年間現職が変わらなかったので、前回までの関心の低さは仕方がない部…

  • 「ミスをデザインする生き方」論。

    (明日、トチる奴いるんだろうな)このことを想像するたびに、ニヤニヤが止まりません。他人のミスは面白いものです。笑えないミスもありますが、祝日だと勘違いして出勤…

  • 「データでは読み解けない世相」論。

    ここ数ヶ月、やたらと世論調査の電話がかかってきます。ガイダンスが流れ、番号をプッシュする方式で答えさせるもので、テーマはそのときによって違います。新聞社や報道…

  • 「たぶん映画化されない法廷劇」論。

    京都の撮影所と、常駐するカツラ製作会社の係争がニュースになっていました。争点はカツラの所有権についてです。映画制作は、複数の会社がひとつのチームとなることで成…

  • 「我慢してきた先にあるもの」論。

    「我慢の限界」昨今のニュースで、よく耳にするワードです。“たび重なる行動自粛要請に、我慢の限界”、“飲食店の酒類提供制限に、我慢の限界”、限界を主張する人が登…

  • 「性格が違う 大切なお知らせ」論。

    スマホに、いくつかのニュースアプリをインストールしています。情報が偏らないために複数入れているものですが、それぞれのアプリが扱うニュースの範囲は広く、“被る”…

  • 「締切前 掃除したくなるタイプ」論。

    「やるべきことをやらんと、負けたら悔いが残るんよ」数日前のプロ野球伝統の一戦、阪神巨人戦で、阪神の負けを受けて、中継の解説をしていた、タイガース元監督岡田彰布…

  • 「指定タンパク質摂取 強化期間」論。

    人の役に立ちたい、という気持ちは大切にしたいものです。「できることなら、なんでも手伝います」映画やドラマで、このようなセリフを耳にするたび、若い頃は、「“でき…

  • 「お義理で買い物していた時代」論。

    義理が見えにくい世の中です。もちろん、人と人とのつながりが消え去ったわけではありません。「付き合いにメリットがない」この理由が強力になりすぎたのでしょう。義理…

  • 「近うよれ 近うよれと 帯を解く」論。

    長年使っているサービスであっても、すべてのルールを熟知しているわけではないものです。知らなかったものを知るタイミングは様々ですが、それが“被害を受けたとき”な…

  • 「直前に ご破算で願いましては」論。

    商品やサービスを売り出す場合、それらを必要としている人以外にも、(欲しいかも・・・)と感じさせる手法が求められることがあります。いわゆる“需要の喚起”であり、…

  • 「1円に笑い 2円で倍笑えたころ」論。

    ガソリン価格の高騰が止まりません。近隣のガソリンスタンドは、軒並みレギュラーが155円/Lです。九州では160円を超えたそうで、それに比べればマシなのかもしれ…

  • 「扱いに注意すべき雨の話題」論。

    関係性が築けていない人と雑談するときに気をつけていることがあります。それは、主観と客観のズレについてです。こちらが語りたい話題について、相手も同じように興味を…

  • 「明日の朝には解決できる汚れ」論。

    玄関ドア前の床が汚れています。気付いてから一週間ほどが経つでしょうか。濡れたようにも見えますが、速乾性のある床材なので、ずっと残っているのはおかしいです。また…

  • 「大衆が求める日曜劇場の在り方」論。

    ここ数日、目の下が無意識にピクピクと痙攣することがありました。調べてみると、睡眠不足かストレスが原因になっていることが多いそうです。睡眠時間に変化はないので、…

カテゴリー一覧
商用