呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
読者になる
住所
春日部市
出身
春日部市
ハンドル名
只野吞助さん
ブログタイトル
呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ブログURL
http://boozersclub.blog55.fc2.com/
ブログ紹介文
日本全国の日本酒を飲む『日本全国酒の旅』をしています。ただし、気持ちだけ旅行です(笑)。
自由文
好きでよく飲んでる日本酒について、ただの呑み助の視点から書いていきたいと思います。知識はありませんが、けっこういろいろな銘柄を飲んできたと思います。
更新頻度(1年)

97回 / 338日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2011/06/13

只野吞助さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 28,340位 23,168位 20,952位 21,084位 21,027位 21,126位 21,181位 974,893サイト
INポイント 10 0 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 20 0 0 20 10 30 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 120位 92位 78位 82位 84位 87位 85位 7,555サイト
今日飲んだ酒 6位 5位 6位 6位 4位 6位 5位 324サイト
日本酒・地酒 40位 34位 33位 33位 33位 32位 32位 1,058サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,091位 39,383位 37,862位 38,010位 34,944位 34,015位 36,584位 974,893サイト
INポイント 10 0 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 20 0 0 20 10 30 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 209位 195位 186位 188位 161位 158位 173位 7,555サイト
今日飲んだ酒 13位 13位 11位 10位 7位 7位 7位 324サイト
日本酒・地酒 55位 51位 52位 53位 46位 43位 45位 1,058サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,893サイト
INポイント 10 0 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 20 0 0 20 10 30 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,555サイト
今日飲んだ酒 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 324サイト
日本酒・地酒 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,058サイト

只野吞助さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、只野吞助さんの読者になりませんか?

ハンドル名
只野吞助さん
ブログタイトル
呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
更新頻度
97回 / 338日(平均2.0回/週)
読者になる
呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
  • 新宿 古民家十徳

    先日、久々に仕事仲間と飲みに行きました。こちらは新宿にある「古民家十徳」というお店です。日本酒の品ぞろえが豊富で有名な酒処十徳さんの系列店です。店構えからして雰囲気がある感じです。店内も雰囲気があります。この通りの古民家調。落ち着いた雰囲気でいいですね。台風が来る前日の金曜日だったので店内はこの通り空いていました。一杯目は青森県のお酒で「陸奥男山」。ご覧の通り、大きなグラスに並々と注いでくれます。...

  • 羽前白梅 純米吟醸 俵雪 つや姫

    今年の6月18日に発生した山形県沖地震で被災した酒蔵のお酒を飲んで応援しようということで、今回はその被災した蔵のうち、羽根田酒造さんのお酒を飲むことにしました。冒頭の写真のお酒はその羽根田酒造さんのお酒で『羽前白梅 純米吟醸 俵雪 つや姫』。その羽根田酒造さんですが、創業は古く安土桃山時代の文禄元年(1592)。豊臣秀吉が朝鮮出兵をした年です(文禄の役)。私、色々な蔵のお酒を飲んでいますが、江戸時代より前...

  • 青山御膳 雪月花

    ここの所、お弁当を買っていませんでしたが、先日久々に買ったお弁当がこちらの懐石料理青山のお弁当。こういうお弁当はまるで料亭で食事をしているかのように錯覚させてくれるので、私は好きです。パッケージをとるとこの通り。色鮮やかで視覚でも楽しませてくれます。花びらの形をしたご飯が両サイドに2つ入っていて、真ん中に海老の天ぷらなどが入っています。上段は煮物等のおかず。お酒との相性もよくて、まず外れがありませ...

  • 夏酒 純米吟醸 出羽ノ雪

    今年の6月18日に発生した山形県沖地震で被災した酒蔵のお酒を飲んで応援しようということで、今回はその被災した蔵のうち、渡會(わたらい)本店さんのお酒を飲むことにしました。冒頭の写真のお酒はその渡會本店さんのお酒で『夏酒 純米吟醸 出羽ノ雪』。本日より10月なので夏酒とはちょっと季節外れになるのですが、このお酒を買った酒屋さんにこれしか残っていなかったのでこちらにしました。しかし、まだ気温が30度前後あり...

  • 特別純米 十水

    今年の6月18日に発生した山形県沖地震で被災した酒蔵のお酒を飲んで応援しようということで、今回はその被災した蔵のうち、加藤嘉八郎酒造さんのお酒を飲むことにしました。冒頭の写真のお酒はその加藤嘉八郎酒造さんのお酒で『特別純米 十水(とみず)』。ちなみに、加藤嘉八郎酒造さんの創業は明治五年(1872年)。この蔵の酒造りは、「発酵中の菌たちの「ためいき・といき」に耳をすませて、人と酒、人と人の「調和」を醸し...

  • 純米本生原酒 千徳 無濾過

    先日、知り合いのオッサン利き酒師が仕事で宮崎県の延岡に行くと言うので、それなら延岡にある千徳酒造さんのお酒を買って来てと頼んだら、こちらのお酒を買って持ってきてくれました!。こちらは『純米本生原酒 千徳 無濾過』。宮崎県延岡市の千徳酒造さんのお酒です。その千徳酒造さんですが、清酒のみを造る酒蔵では宮崎県で唯一の蔵です。清酒のみを造る蔵で宮崎県に現在まで残っているのは千徳酒造さんしかありません。創業は...

  • 木戸泉 特別純米 自然米

    こちら、先日、千葉県いすみ市に行ったときに、地元の酒蔵の木戸泉酒造さんで買ったお酒で、『木戸泉 特別純米 自然米』です。木戸泉酒造さんは災害で困っている人の為に水や氷を供給していたらしいので、行く前には水や氷を求める人達で中に入れないのではないかと思っていたりしたのですが(笑)、台風が来てから少し日にちが経過していたせいか、私が行った時には少し落ち着いた感じでした。ただ、こちらの蔵も今回の台風で色々と...

  • 房総半島の状況

    先日、私の親がテレビを見ていて、千葉県いすみ市の酒蔵 木戸泉酒造さんが停電や断水で困っている人の為に水や氷を供給していると言ってきました。私、千葉によく小旅行に行きますので、一体どんな状況になっているのか、チャンスがあれば災害ボランティアをしてみようと思って、千葉に行きました。途中、道路が混んでいましたが、お昼のちょっと前には木戸泉酒造さんに到着。災害から日にちが経過していたせいか、状況は落ち着い...

  • 栄光冨士 純米大吟醸 熟成蔵隠し

    先日、飲むお酒を買うためにネットサーフィンをしていたところ、「地震に負けるな! 鶴岡地区被災酒蔵応援企画」と書いてある酒屋さんのホームページにたどり着きました。何でも今年の6月18日に発生した山形県沖地震で被災した酒蔵がいくつかあり、それらの蔵のお酒を飲んで支援してくださいとのこと。↓こちらのページです。地震に負けるな! 鶴岡地区被災酒蔵応援企画私はこちらの酒屋さんでは買いませんでしたが、私の家の近くに被...

  • 分とく山 麻布和膳

    こちら、確か東京駅で買ったお弁当だと思います。分とく山(わけとくやま)さんの「麻布和膳」です。お料理には詳しくないのですが、どうも分とく山さんは会席料理のお店のようです。蓋を開けるとこの通り。海の幸を中心にとてもバランスと味のいいお弁当といった感じですが、面白いと思ったのは鮑がある点です。このお弁当の上段中央にあるのがその鮑。鮑の磯焼き風だそうです。コリコリしてとても美味しかったです。製造:分とく山...

  • 純米吟醸 一鞠

    少し前の話になりますが、お盆休み中に西埼玉に行き、埼玉県越生町の酒蔵 佐藤酒造店さんに寄りました。こちらはその時に買ったお酒で『純米吟醸 一鞠(ひまり)』。買ったのはお盆休み中なのですが、楽しみに後に取っておきました。その佐藤酒造店さんですが、創業は江戸時代後期の弘化元年(1844年)。モットーは美酒求真。昔ながらの手造りで「ふくらみがあり後味の軽い酒」を造っているそうです。ちなみに、上の写真の看板は...

  • eashion サラダとデリのごちそうDIS

    こちら確か東京駅の食品店街で買いました。ご飯は付いていないですが、なかなか面白い感じだったので買ってみました。ちなみに、こちらを作っているのはどうもカネ美食品さんのようです。そしてeashionとありますが、そのeashionのサイトにはこう書かれています。「同じ食材でもスタイリッシュにご提供することで食べる人の気分までがらりと変わります。eashion(イーション)とは、eat(食べる)+fashion(ファッション)をかけ...

  • NEWプレミアム 純米吟醸生原酒 MIKADOMATSU

    お盆休み中に西埼玉に行き、埼玉県小川町の酒蔵 松岡醸造さんに寄ってきました。それはこちらのお酒、『帝松 社長の酒 夏季限定生吟醸酒』を買うためです。最初に松岡醸造さんに行った時にこちらのお酒が美味しかったのを覚えていたので、松岡醸造さんに寄った時にまた買いました。その松岡醸造さんですが、創業は江戸時代後期の嘉永四年(1851年)。当時の小川町は交通の要衝で米の集積地だったようですが、そこに目をつけてこ...

  • ビジネスホテルセントラル

    お盆休み中に房総半島に行ってきました。こちらはその時に泊まった「ビジネスホテルセントラル」。こちらのホテルは房総半島の茂原市にあります。この時期の房総半島の海辺のホテルは混雑していてよくないのでこちらのホテルにしたのですが、正直期待を全くしておりませんでした。しかし、行ってみると予想より遥かにいいホテルでした。こちらはホテルの受付。接客がとても丁寧で安心できます。部屋はというとこちら。標準的なビジ...

  • 帝松 社長の酒 夏季限定生吟醸酒

    お盆休み中に西埼玉に行き、お酒を買って来ました。こちらはその時に寄った埼玉県小川町の酒蔵 松岡醸造さんのお酒で『帝松 社長の酒 夏季限定生吟醸酒』です。松岡醸造さんの創業は江戸時代後期の嘉永四年(1851年)。当時の小川町は交通の要衝で米の集積地だったそうなのですが、創業者の松岡祐エ門氏がそこに目をつけ、この地で創業したのが始まり。モットーは「お客様に喜んで頂けるお酒を心を込めて造ること」。主な銘柄は...

  • 越生梅林 日本酒仕込みの梅酒

    お盆休み中に理由もなく吸い寄せられるように西埼玉に行き、お酒を買ってしまいました。こちらは埼玉県越生町の酒蔵 佐藤酒造店のお酒で『越生梅林 日本酒仕込みの梅酒』です。佐藤酒造店さんの創業は江戸時代後期の弘化元年(1844年)。モットーは美酒求真。昔ながらの手造りで「ふくらみがあり後味の軽い酒」を造っています。こちらは佐藤酒造店さんの蔵の前にある看板です。佐藤酒造店さんのこだわりについて書かれています...

  • なだ万 海老かつ弁当

    こちらなだ万の「海老かつ弁当」。高級そうなパッケージに入っていますね。名前の通り「海老かつ」をメインにしたお弁当です。しかし、二種類のご飯、合鴨燻製、鶏つみれ団子、蟹入りさつまあおさ揚げ等、色とりどりのおかずが楽しめるようになっています。とても美味しいお弁当でした。製造・販売:なだ万厨房話は変わりますが、こちら久々に行った房の駅 横戸で買ったメロン。甘くて美味しいのですが、大きさも凄い。スイカのよ...

  • 純米無濾過生原酒 きのえね

    お盆休みに入りましたが、うだるような暑さが続いております。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?。先日、都内のある酒屋さんに入りましたところ、冷蔵ケースにこのお酒が入っているのを目にしました。ラベルを見てみると「きのえね」と書いています。以前に行ったことのある飯沼本家さんのお酒だなぁと思いました。飯沼本家さんのお酒は知り合いのオッサン利き酒師が、「この蔵の酒はしこたま飲んでも悪酔いしない、本当にいい材...

  • 花巴 水酛純米 無濾過生原酒

    もうすぐお盆休みです。暑い日が続いています。先月下旬なのですが、知り合いのオッサン利き酒師がこちらのお酒を持って我が家にやって来ました。こちらのお酒は『花巴(はなともえ) 水酛純米 無濾過生原酒』。奈良県吉野町の酒蔵 美吉野醸造さんのお酒です。美吉野醸造さんの創業は明治十五年(1912年)。千本桜で知られる吉野の里にあります。酒銘である「花巴」の「花」はヤマザクラを、「巴」はそのひろがりを意味しているそ...

  • 超辛口純米吟醸原酒 極み雷吟

    先月、タイを旅行している時に日本に帰ったら酒をグビッと飲みたいなぁと思って、このお酒を造る原田酒造場さんのサイトから直に注文したのがこちらのお酒。その名も『超辛口純米吟醸原酒 極み雷吟』。岐阜県高山市の酒蔵、原田酒造場さんのお酒です。原田酒造場さんの創業は江戸時代末期の安政二年(1855年)。特徴は何といっても地元飛騨に対する強烈なこだわりです。杜氏はもちろんのこと蔵人全員が飛騨の人、水はもちろん、...

  • Doi Chaang Coffee

    一昨年のタイ旅行前のことです。タイ王国は南国だからコーヒーがありそうだと思い、お土産によさそうなコーヒー豆がないか検索をしてみたところ、タイ王室が手掛ける王室プロジェクトの一つであるドイトゥンプロジェクトが出てきました。このドイトゥンとは麻薬の原料となるケシを大々的に栽培していたゴールデントライアングル地帯を指すようです。この地域では麻薬の栽培が大々的に行われていたのは周知のとおりですが、その麻薬...

  • MKレストラン

    バンコクでは知人にタイスキのお店に連れて行ってもらいました。こちらはそのタイスキのレストランでMKレストランのCMです。元々、タイスキを考案したのはコカレストランというレストランのようです。このタイスキを考案した時、丁度、坂本九の「上を向いて歩こう(スキヤキ)」がヒットしていたそうです。そこで、この歌の名前「スキヤキ」にあやかり、タイ風のすき焼きということで「タイスキ」としたようです。ところで、タイ料理...

  • Taihei by Banyan Tree Phuket

    いつもプーケットに来ると、プーケット南部にある日本食レストランに行っていたのですが、今年は色々とあっていく時間が取れませんでした。しかし、是が非でも滞在中に日本酒を飲みたい・・・(笑)。そこで、プーケット北部のラグーナ地域に来た時に地域内にこちらの日本食レストランを見つけたので行ってみることにしました。こちらのレストランは「Taihei by Banyan Tree Phuket」。ラグーナ地域のBanyan Treeホテルにある日本食...

  • バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク

    いよいよバンコクにやって参りました。こちらはバンコクで宿泊している「バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク」。まず入ってロビーの豪華さに圧倒されます。ロビーに入って右側。そして、左側。これまでバンコクで泊ってきたマリオット・スクンビットやルネサンスよりも大きい感じです。で、部屋はというと、こちら。おっ!と思うような感じ。大きなベッド。こちらは旅行かばんを乗せるスペース。事務用の机。そして...

  • アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート

    プーケット島のラグーナ地区にやって来ました。このエリアはバンタオビーチに面していて、プーケットで最高級の高級リゾートエリアです。上の写真はこのラグーナ地区に点在する沼から撮影したこのホテルの半景です。ちなみに、ラグーナとは海岸近くにある沼や池が点在する地域のことのようです。こちらがこのホテルのロビー。印象的で巨大なロビーです。こちらはホテルから見た沼の様子。このエリアにはたくさんの沼があり、それに...

  • ビヨンド リゾート カロン

    プーケット島のカロンビーチにやって来ました。こちらはそのカロンビーチで泊まっているホテルで「ビヨンド リゾート カロン」。お隣のカタビーチでいつも泊まっている「ビヨンド リゾート カタ」と同じ会社のホテルです。今年はちょっと趣向を変えてこちらに泊まってみました。「ビヨンド リゾート カタ」もオンザビーチにあるホテルですが、こちらも同じ。ですから、部屋の窓から見える景色がこの通り。上の写真では分かりにくい...

  • ノボテル プーケット カタ アビスタ リゾート アンド スパ

    シンガポールを発って今度はタイ王国のプーケット島にやって来ました。こちらは現在滞在中の「ノボテル プーケット カタ アビスタ リゾート アンド スパ」。丘の上にあるのですが、部屋も食事もサービスもよく、快適に過ごせるので今年も泊まってみました。こちらがそのロビー。素敵なデザインでおっと思わせるような感じです。海は歩いて少しの場所にあるのですが、こちらのホテルには素敵なプールもあります。この写真の青い壁の...

  • Hilton Garden Inn Singapore Serangoon(ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーン)

    羽田を発ってシンガポールに来ました。こちらはシンガポールで泊まっているHilton Garden Inn Singapore Serangoon(ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーン)です。写真左後方の建物もHilton Garden Inn Singapore Serangoonで、こちらがメインの建物のようです。シンガポールはホテルの値段が高く、同じヒルトンのホテルは一泊3万くらいしますが、こちらは手の届く値段で泊まることができます。こちらはホテルの中の様...

  • ロイヤルパークホテル ザ 羽田

    7月2日より東南アジアに向けて出発しました。こちらはその出発前に泊まっていたホテルで「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」。上の写真はそのロビーです。こちらはこのホテルのゲートを出てすぐの場所を撮影したものですが、このホテルは羽田空港国際線出発ロビーに直結していてとても便利です。それとやはりサービスが良くて過ごしやすい。ここのところ、毎年泊まっていますが、今年もまた泊まりました。ホテルの中はこの通りのち...

  • 純米吟醸 不動

    先日茨城県に行ってきた時に利根川沿いの道の駅 発酵の里こうざきに寄りました。こちらはその時に買ったお酒で『純米吟醸 不動』です。このお酒はこの道の駅がある千葉県神崎町の酒蔵 鍋店(なべだな)株式会社さんのお酒です。その鍋店さんの創業は古く、江戸時代前期の元禄二年(1689年)。鍋店というと一度で覚えてしまう名前ですが、その名前の由来は江戸時代にあった金座、銀座、釜座などの座の一つである「鍋座」です。元々...

カテゴリー一覧
商用