searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tokujroさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ソーシャルおじさん 徳本昌大コミュニケーション雑感
ブログURL
https://tokumoto.jp/
ブログ紹介文
広告会社に勤めているマネージャーです。日々の仕事、音楽、読書、USTREAMなど!
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2011/02/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、tokujroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tokujroさん
ブログタイトル
ソーシャルおじさん 徳本昌大コミュニケーション雑感
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
ソーシャルおじさん 徳本昌大コミュニケーション雑感

tokujroさんの新着記事

1件〜30件

  • トッド・ローズ,オギ・オーガス のDark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代の書評

    Technology photo created by onlyyouqj - www.freepik.comDark Horse 「好きなことだけで生きる人」が成功する時代 著者:トッド・ローズ,オギ・オーガス 出版社:三笠書房  本書の

  • ロバート・フェルドマンの盾と矛 2030年大失業時代に備える「学び直し」の新常識の書評

    人生100年時代になると、公的年金額は減り、就労年数はさらに延びます。常に学び直す習慣を身につけないと、サバイバルできない世界になるのです。 「学び直し」をすれば、人生の選択肢が増えるだけではなく、状況が悪い方向に転換する時でもそこから「脱出」ができるようになります。

  • コロナ禍でチャンスを奪われた若者たちに資産を再配分すべき理由

    コロナ禍は若者の行動の自由を奪い、彼らの未来を暗くしています。富の流れは老人に向かい、政治家たちも若者よりも資産家や高齢者を優遇し続けています。この状況を改善しなければ、世の中から活力が奪われてしまいます。今こそ、「富の再分配」や「平等」、「所有権」の問題を政策の中心に据えるべきです。

  • Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人の書評

    アップルはiPhoneを社内で設計し、鴻海などのEMSとの分業で利益率を高めています。アップルはこの手法を自動車業界に導入し、既存のメーカーをディスラプトしていくはずです。テスラ、鴻海、アップル、多くのベンチャースタートアップが自動車業界の常識を塗り替えようとしています。

  • ロバート・グレイザーのELEVATE 自分を高める4つの力の磨き方の書評

    「精神」「知性」「身体」「感情」の4つの力を個別かつ総合的に高めていく「キャパシティ・ビルディング」を身につけることで、人生をより豊かにできます。コアバリューとコアパーパスを明らかにし、4つの力を組み合わせて、自分のやりたいことに集中しましょう。

  • ジョー・ボアラーの「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わるの書評

    ①「天賦の才はない」と知る ②間違えたときこそ成長のチャンス ③有害な「思いこみ」を捨てる ④多次元アプローチで新たな視点を ⑤スピードや暗記を重視しない ⑥人とつながり、考えを共有するという6つのステップによって、脳を進化させることができるようになります。

  • 不安に克つ思考 賢人たちの処方箋の書評

    れ以上進めないためには、現代人の消費スタイルを変える必要があります。気候変動を本気で食い止めたいなら、生活スタイルを「レス・イズ・モア」に変え、自分たちの生活水準を意図的に落としていく必要があります。

  • AX(アジャイル・トランスフォーメーション)戦略―次世代型現場力の創造の書評

    「アジャイル」はアマゾンやグーグルといった急激に成長してきたテクノロジー企業が、製品・サービス開発に用いている手法であり、短期間でトライアンドエラーを高速回転で繰り返しながら完成度を高めていくものです。アジャイル経営を導入することで、企業は短期間で結果を出せるようになります。

  • リーダーに必要な5つのSとは?

    リーダーは貢献(Service)、専門知識(Specialized Knowledge)、話す(Speaking)、売る(Selling)、貯める(Saving) という5つのSを実践しましょう。5Sを習慣化することで、自分自身をポジティブに変えられるだけでなく、組織も強くできます。

  • ジョン・F・ディマティーニのザ・ミッション 人生の目的の見つけ方の書評

    人生の目標を達成しようと思えば、自分の最高の価値観に合わせて仕事の目標を掲げるか、仕事の目標に合わせて自分の価値観の優先順位を修正すればよいのです。価値観に合った仕事をすることで、同じ価値観を持ったリーダーや仲間と楽しい時間を過ごせるようになります。

  • ロバートE.クインのパーパス・ドリブンの組織をつくる8つのステップの書評

    パーパス経営を導入することで、リーダー、中間管理職、現場のスタッフのやる気が変わります。彼らは自ら学び、成長することを選択し、会社をエネルギッシュに変えていきます。パーパス経営をうまく活用することで、組織全体をより強く変革できるようになるのです。

  • デイビッド・ブラッドフォード, キャロル・ロビンのスタンフォード式 人生を変える人間関係の授業の書評

    「自己開示」、「前向きなフィードバック」、「発展を促すフィードバック」、「ピンチの解消」、「問題解決に向けた共同作業」など、人間関係をよくする著者たちのアドバイスを実践することで、豊かな人間関係を築けるようになり、幸せな時間を増やせます。

  • 急成長するゾーホーの強みは人材にあり!

    採用に困っていたゾーホーは、ほとんどのIT企業から採用されなかった社員ばかり集め、社内で好きなキャリアパスを歩む自由を与えました。経営者が才能を見つけ出して育て上げたのち、才能を開花させた人材が期待に応え、仕事に熱中して高い生産性を発揮したことが、ゾーホーに競争力をもたらしたのです。

  • トッド・ローズの平均思考は捨てなさい──出る杭を伸ばす個の科学の書評

    平均的な思考を捨て、自分らしい人生を歩みましょう。自分の個性や才能を理解し、自分らしい迂回路を見つけるのです。足を踏み入れた人が少ない道を選ぶことで、ブルーオーシャンが見つかります。誰みも選び平均的な経路をたどるよりも、自分らしさを追求した方が、成功する可能性は確実に高くなるのです。

  • Brian David Johnsonのフューチャリストの「自分の未来」を変える授業の書評

    自分のために新しい未来を創造したいのなら、まず未来について語る言葉を変えなければなりません。そのプロセスの一環として、望む未来が最も実現しそうな場所を考え、その場所に行くために必要な行動をとるようにします。未来を変えたければ、自分の新たな物語を生み出し、思考と行動を変えればよいのです。

  • 許成準氏の1日ごとに差が開く 天才たちのライフハックの書評

    時間が無限ならテレビなどで浪費しても問題はありませんが、天才たちは時間を有限だと捉え、無駄使いしないようにしています。忙しいといういう言い訳をやめ、朝時間を自分のために投資しましょう。自分のビジョンや今日やるべきことを確認し、結果にコミットする習慣によって、凡人でも結果を出せるようになります。

  • なぜ、移民は起業で成功する確率が高いのか?

    アメリカのテック系ベンチャーの約23パーセントは、移民が創業したものです。彼らには当然成功したいというハングリー精神があります。アメリカ人とは異なる視点と経験によって、移民たちはアメリカという新天地で、ビジネスチャンスを見出しています。

  • マウロ・ギレンの2030 世界の大変化を「水平思考」で展望するの書評

    2030年、今からほぼ10年後、世界の消費スタイルは、今とは異なったものになります。アジアとアフリカの人口が増加し、購買力が高まります。また、高齢者人口も増え、14億人の市場を形成します。経営者は今後の変化のシグナルを察知し、様々なデータを活用し、水平思考に基づき戦略を立案しましょう。

  • ビル・ゲイツの地球の未来のため僕が決断したことの書評

    地球は確実に暖かくなっていて、その原因は産業革命以降の人間の活動にあります。私たちが大気中の温室効果ガスを減らさなけれな、潰滅的なダメージを地球に与えます。最悪の事態が訪れるのがわかっているのですから、今すぐカーボンゼロへの行動を起こす必要があります。

  • これからの「社会の変え方」を、探しにいこう。の書評

    あまり効果を生めないリーダーは、自ら変化を起こそうとします。これに対しシステムリーダーは、変化が生まれ、その変化が自律的に持続するような状況づくりに焦点を当てます。優秀なシステムリーダーは、変化の場を生み出し、メンバーとの対話を重ね、集合的な知性と知恵を出現させます。

  • ジム・コリンズに学ぶ戦略のつくり方。ビジョナリー・カンパニーZEROの書評

    戦略とはミッションを遂行するための方法です。①会社のビジョンの見直し。②内部評価を行い、会社の能力のチェック。③環境、市場、競合、トレンドなどの外部評価のチェック。④内部評価と外部評価を考慮しながら、現在のミッションを達成する方法について重要な意思決定というステップで策定していきます。

  • パーパスを戦略に実装する方法の書評

    企業はパーパスを戦略の中心に置くことで、「組織の統合強化」「ステークホルダーの意欲増大」「社会的な影響拡大」のメリットを得られます。パーパス経営を取り入れることで、企業は顧客やパートナーとの良好な関係を築ける自走型の組織に変化し、成長を続けられるようになるのです。

  • 意味レイヤーの時代に私たちがすべきこと

    個々人がどう生きるべきか、社会がどうあるべきか、といった意味レイヤーが、今後、先進国の重要なテーマになっていきます。意味レイヤーの領域でイノベーションを起こしている企業が海外で増える中、日本はこの分野で出遅れています。この現状を打開するためには、世界観を明らかにし、顧客のペインを取り除くべきです。

  • 藻谷ゆかり氏の六方よし経営 日本を元気にする新しいビジネスのかたちの書評

    売り手よし、買い手よし、世間よし、作り手よし、地球よし、未来よし。の「六方よし」経営は、SDGs時代に求められる経営であり、地域再生や事業承継にも使えます。越境学習→価値の発見→フェアトレードor地産地消に気づいた経営者たちは、結果として、「六方よし」経営を実現していたのです。

  • イーロン・マスクの何がすごいのか?TECHNOKING イーロン・マスク 奇跡を呼び込む光速経営の書評

    イーロン・マスクは地球と人類のために、持続可能な社会を一日でも早く実現しようと本気で考え、そこに向かって最短距離で行動します。イーロンの過大な使命感と過剰な自信が、スピード重視のベストエフォート型を選択させ、テスラとスペースXの破格の推進力を生んでいるのです。

  • 2030年 ビジネスの未来地図 これからを生き抜くための戦い方の書評

    私たちの経済システムが地球環境に与えてきた負荷は臨界点にあり、それを超えると不可逆的変化を起こしてしまいます。あと10年の間にそれを阻止できなければ、その後、何をしようと回復不能になります。企業が環境対策を行わなければ、顧客はやがてその製品を買わなくなります。SXを意識した経営を企業は行うべきです。

  • ジム・コリンズに学ぶ、リーダーの7つの要素

    ビジョナリー・カンパニーの著者のジム・コリンズはリーダーシップ・スタイルの7つの要素を紹介しています。誠実さ、決断力、集中力、人間味、対人スキル、コミュニケーション能力、常に前進する姿勢を身につけることで、偉大な経営者に生まれ変われます。

  • ジム・コリンズ、ビル・ラジアーのビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になるの書評

    起業家は正しい事業のアイデアより、正しい人材のほうがはるかに重要であることを忘れないようにしましょう。今考えているアイデア、あるいは事業戦略にしか適性のない人材ばかり集めたら、そのアイデアが失敗し、別のアイデアに挑戦しなければならない時には、同じバスに乗っている人のクオリティが重要になります。

  • 傾聴が人生の可能性を広げてくれる?

    指示されたり、アドバイスをされると人は反射的に抵抗し、憤ることがあります。あなたがプロフェショナルでないなら、無理にアドバイスをするのではなく、相手の話を聴くだけでよいのです。人が話す物語を数多く聴くことが私たちの人となりをつくり、未来を変えるきっかけをもたらします。

  • 最適な選択をするための内なる声の鍛え方

    「ひとりごと」は自分の中にいる他者の声を反映します。ひとりごとを言うときも他の人と話すときも、使われる脳の部位は同じであることがわかっています。私たちは重要なことを考えるときに、これまで学んだことを自分の内なる対話で活用しています。うちなる声の質を高めることで、結果をよりよくできるのです。

カテゴリー一覧
商用