プロフィールPROFILE

はしもと(淀)さんのプロフィール

住所
長岡京市
出身
伏見区

自由文未設定

ブログタイトル
「人生、無事是名馬」
ブログURL
http://bujikorelife.ldblog.jp/
ブログ紹介文
ほぼ毎日更新だけがストロングポイントの競馬ブログ。
更新頻度(1年)

235回 / 359日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2011/02/10

はしもと(淀)さんのプロフィール
読者になる

はしもと(淀)さんの人気ランキング

  • PV
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,997サイト
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
競馬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,811サイト
競馬情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 378サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、はしもと(淀)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
はしもと(淀)さん
ブログタイトル
「人生、無事是名馬」
更新頻度
235回 / 359日(平均4.6回/週)
読者になる
「人生、無事是名馬」

はしもと(淀)さんの新着記事

1件〜30件

  • 【週末雑談】ラインベックの成長した姿を/東スポ杯2歳S

    昨日の「不義理をはたらいて参加した集まり」はめちゃくちゃ楽しかったし、親睦を深めるという意味でもすごく有意義な時間だった。この闇に染まった選択が間違いではなかったことを、残りの人生で証明していければと思う。そして今日も別件で飲みに行く予定になっていた

  • 【日記】先約を反故にする不義理

    今日は先約を反故にする不義理をはたらいてしまった。あらかじめ予定していた集まりを断って、別の予定を入れてしまった系。どちらも仕事関係の件です。そこまでするくらいなんだから当然、「行きたい」と思ったのは後からのお誘い。楽しそうとかそういう判断基準ではな

  • 「消えた天才」エピカリスついに引退..

    このブログでも何度か積極的に取り上げてきたエピカリスが、屈腱炎を発症しついに引退することになった。まさかこんな結末が待っていようとは。2歳時からダート路線で無双し、必然の流れでUAEダービーに参戦し2着。そこで接戦を演じた相手は、後にドバイワールドカッ

  • 初めての家族旅行で残念な思いをさせられた宿泊先の話

    もう2週間以上も前の話になるけれど。アーモンドアイが天皇賞を勝ったその日、我が家は富士山の麓で初めての家族旅行を楽しんでいた。早くから宿の予約を済ませ、ここに行きたい、こんな景色が見たいと期待を膨らませながら待ちわびたその日がついに。移動に費やす時間

  • 【回顧■エリザベス女王杯】久々に主役の座に返り咲いたラッキーライラック

    昨年春のチューリップ賞以来、1年8ヶ月ぶりの勝利が久々のG1タイトルとなったラッキーライラック。思えば当時は桜花賞最有力候補で、牝馬クラシック戦線でも圧倒的な主役の座を務めていたわけだが、とんでもない同期と出会ってしまったがために、その後は引き立て役に甘

  • 【日記】もう一度ブログを頑張ってみようと誓った日

    こういった話をするのも何度目かってとこですが、最近は週末くらいしか更新しないのがデフォになりつつあって、それはそれで特に支障ない生活を送ってるんだけど、いざ読み返そうとした時にポッカリとブランクが生じているのが残念でならぬ。このところは「書き応え、読

  • 【週末雑談】女の勝負は格で決まるか/エリザベス女王杯ほか

    とりあえず福永騎手の騎乗停止が(ノ∀`)アチャーである。インディチャンプのマイルCS、ワグネリアンのジャパンCと、彼にとってこの秋で最も重要な2週間を棒に振ることになってしまった。どこまでも間の悪い話である。しかも来週の東スポ杯2歳Sのラインベックもアウト。POG的

  • 【週末雑談】ランフランコ・デットーリ騎手、完全にやる気をなくす

    本当ならこの秋の目玉になるはずだったランフランコ・デットーリ騎手が、完全にやる気をなくしてしまった。メルボルンCでの進路妨害で騎乗停止処分を受けてしまったのは仕方がないとして、処分が明ける16日以降の来日も不透明な状況になっているとはこれ如何に。一週間ペ

  • JBCレディスクラシックで長谷川浩大厩舎が交流G1初制覇

    今日は娘と京都水族館でデートしてたもんでリアタイ観戦はできんかったのですが、浦和のJBCは色々ありましたですね。まずは戸崎騎手の落馬負傷。診断によると肘の開放骨折との情報が出ており、非常に嫌な記憶がフラッシュバック。ちょうど昨年の今ごろ幸さんが負ったケ

  • 【回顧■天皇賞】わかっているつもりでも..さらに想像の上を行く強さ

    旅先でさくっと結果だけを見届けた天皇賞だが、終わってみればアーモンドアイが圧勝。もちろん、これだけの差を見せつけられても何ら不思議のない能力の持ち主だが、こうして勝つ度に我々の想像のさらに上を行かれてしまっている印象がある。次はジャパンCか香港かとい

  • 【予想■天皇賞】日本競馬史上最高峰の戦いを見届けよ

    アーモンドアイとサートゥルナーリアの直接対決が実現したのは本当にうれしい。現在の日本競馬をリードする最強牝馬と、次世代のエースとなる若き天才が、ジョッキーや生産牧場の都合だけですれ違いを起こすのは競馬界にとって大きな損失。それを防げた意義は大きい。

  • 【週末雑談】早くも桜の便りが届くかも/アルテミスSほか

    明日はもしかしたら早くも桜の便りが届くかもしれない。アルテミスSに出走するリアアメリア。6月に新馬戦を8馬身差で圧勝して以来の実戦だが、その勝ちっぷりは時を経ても世代ナンバーワンの座に君臨し続けるもので、あっさりここも楽勝するようならもう来年の牝馬クラシ

  • 【回顧■菊花賞】クラシックを武豊が勝つ、これぞ日本競馬の華

    たとえ往年の地位を失いつつある菊花賞でも、「クラシック」の重みは他のG1とはひと味もふた味も違うことを実感させられた。それを証明したのが、武豊という男。全盛期とは異なる立場になってからもコンスタントにタイトルは手にしてきたが、やはり「三冠」の一つが彼の

  • 【週末雑談】懲りずに未知の魅力に心躍らせ/菊花賞

    メールドグラース完勝やないか!あのトリッキーな設計のコースで、後方待機から大外を回って早め先頭から押し切るとか、相当な力の持ち主じゃないとできない勝ち方(たぶん)。さすが国内5連勝で満を持して海外遠征を敢行しただけのことはある。メルボルンCに行くなら連

  • 【回顧■秋華賞】悲願が叶う秋はいつだって美しい

    「最後の一冠だけは」の悲願が叶う秋はいつだって美しい。それはナリタトップロードの頃から変わらない風情がある。秋華賞はクロノジェネシス。これまで牝馬クラシック戦線の王道を進みながら、あと一歩届かなかったG1タイトルを、ついに手にすることができた。悔しさ

  • 【週末雑談】春の勢力を塗り替えるポテンシャル/秋華賞

    「無理をしない」が世の中のスタンダードになりつつあるだけに、土曜の京都競馬が開催されたのは意外だった。まあさすがに東京が土日とも中止になって、これ以上はスクランブル起こしたくないという意図もあったでしょうか。いずれにせよ大きなトラブルがなく終わったの

  • 【考察】再び遠のきつつある悲願..凱旋門賞を終えて

    悲しいことに見慣れた光景になりつつある。仮にも日本のトップクラスを張るエリートたちが、何もできないまま馬群の遥か後方へ沈んでいってしまうショッキングな結末が..今年も凱旋門賞で日本調教馬は勝てず、悲願は来年以降へ持ち越しとなった。それどころか、一時期は

  • 【週末雑談】京都大賞典と毎日王冠が同じ日に行われる高まり

    話題に事欠かぬ一日でしたね。まずは重賞ウィナー藤田菜七子の勢い。4勝の固め打ち。関東馬関西馬を問わず、これだけいい馬が集まっているというのが凄い。レースぶりも危なげないし、そりゃ信頼されますわ。あとはその評価が減量の効かない特別戦でも揺るがぬものとし

  • 【野球】ドサクサ紛れの進撃でCS出場を成し遂げた阪神

    すっかり終戦の気配が漂っていた阪神が、ドサクサ紛れの進撃でクライマックスシリーズ出場を成し遂げた。もちろん喜ばしいことである。日本一の可能性が!なんてことよりも、しんどい時期を乗り越えて、トータル70勝を積み重ね3位でフィニッシュできた価値の大きさを

  • 【回顧■スプリンターズS】順当決着はハイレベルの証か

    スプリンターズSは順当アンド順当な決着。いつもこれくらいの難易度ならもっと積極的に馬券も買えるんだけどね、高松宮記念みたいにショウナンアンセムとか紛れ込んでくると困るから。タワーオブロンドンは押せ押せローテでも状態は問題なし。本格的にスプリント路線に

  • 【週末雑談】ノーザンファームの「本気」は実らずも/スプリンターズS

    ステルヴィオとグランアレグリアのスプリンターズS参戦が発表された時には、いよいよノーザンファームが本気でスプリント路線まで制圧を試みたかとゾクゾクしたものだが、残念ながら2頭とも中間のアクシデントにより回避。08年のスリープレスナイト以来となるタイトル奪還

  • サートゥルナーリアが日本ダービーで敗れた損失の大きさを再認識

    やはり規格外の高性能である。神戸新聞杯で秋の始動を迎えたサートゥルナーリアが3馬身差の圧勝。それも上がり4F44秒そこそこ、3F32.3秒という、頭がおかしくなりそうな数字をほぼ馬なりで叩き出してしまった。もちろんペースや馬場の影響も大きいとはいえ、仮にも春に

  • 【週末雑談】日本を代表する大正義レースと5歳世代の主役交代/神戸新聞杯・オールカマー

    明日は日本を代表する大正義レース神戸新聞杯。サートゥルナーリアはできれば今後2400mもこなせるというところを見せてほしいので、日本ダービーでチグハグな競馬に終わってしまった反省を活かしたい。そのためには気性面の課題克服が問われるが、本質的な適性が現れて

  • 武豊に捧ぐ愛の狂詩曲、ついに完成か

    何度でも言うけど野路菊Sのマイラプソディは強烈だった。特にあのムチが一発入ってからの、豪快なフットワークが忘れられない。相手関係がどうこうとか、そんなものは知らん。ここ数年の競馬ではちょっとお目にかかれなかったような、圧倒的な何かを感じた。栗東に入っ

  • 【週末雑談】社台ファームの意地がつなぐ名血/ローズS

    いやいや、これは本物じゃないですか。野路菊Sのマイラプソディ。残り200mで先頭に立ってから後続を一気にぶっちぎるあの脚、衝撃でした。ディープインパクトの若駒Sにも劣らないこの感触。来年の日本ダービーどうこうというより、「令和初の三冠馬」の呼び名すら決して

  • 現時点ではやはりマイラプソディが最強なのでは説

    アルジャンナの新馬戦は、さすがに5頭立てで鞍上もノーアクションでは評価のしようがない。ここで負けるような器でないということはわかったけれども、次以降に改めて判断させてもらおうか。見た目の印象という意味では、やはりマイラプソディが現時点では最強。中京の

  • 【週末雑談】大物登場アルジャンナを見逃すな

    今週のメインイベントであるアルジャンナのデビューを見逃してはいけない。ディープインパクトが残した産駒の中でも、その正統後継者としての期待を集める逸材。小倉を使うはずが除外になってしまったのは不運だが、ここをきっちり勝てば今後への影響も気にならない。P

  • 【週末雑談】まだ夏

    前にも書いたと思うけど、かつてはテンション上がりまくりで迎えた秋の阪神開幕週が、随分と味気なく感じるようになった。番組の趣旨的にもまだ夏競馬の延長色が強いし。しかも暑いからね、仕方ないね。一応のメインイベントは紫苑S。ここ数年すっかり秋華賞への関連

  • 【回顧■札幌2歳S】北の大地から黄金ルート再び

    そりゃもちろん2頭が出走する以上、こういう結果を待ち望んではいたけれど。まさかのゴールドシップ産駒ワンツーである。にやけて仕方がないwレースはどうしてもサトノゴールドを追いながらの観戦。3角を過ぎても最後方のまま上がってくる気配もないのを見て、ああ

  • 【週末雑談】サトノゴールドへの期待と不安/札幌2歳S

    明日はとにかく札幌2歳S。どうですかねえサトノゴールド。そこそこの上位人気には支持されそうだけど、いかんせん新馬戦がナメきった走りで..まだまだ伸びしろはあるとは思うが、かなり時計を詰めないと勝負にならない。期待と不安が半々。ゴールドシップ産駒全体を

カテゴリー一覧
商用