searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

dougenさんのプロフィール

住所
神奈川区
出身
緑区

有名どころから、マイナーな城址まで掲載してます。 マイナーな城址でも良い城址がたくさんあります。 ブログを見た人が、こんな所もあるんだ。次はここに行きたい!とか思ってもらえれば嬉しいです。

ブログタイトル
城めぐりの記録
ブログURL
http://dougen2013.livedoor.blog/
ブログ紹介文
日本100名城スタンプラリーで城めぐりにはまりました。 登城した城址の感想と写真を記録しています。 yahooブログが終了したことから、livedoorに引っ越しました
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2010/09/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、dougenさんをフォローしませんか?

ハンドル名
dougenさん
ブログタイトル
城めぐりの記録
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
城めぐりの記録

dougenさんの新着記事

1件〜30件

  • 斗南藩陣屋(陸奥国・青森県むつ市新町四丁目)

    ||||||青森県:003|** 登城日 2017.11.05(日) 蠣崎城から国道338号でむつ市街に戻り、市街地にある円通寺が斗南藩陣屋跡となります。元会津藩士が立藩し、数か月後には廃藩置県で無くなりましたが、むつ市内には史跡として円通寺や斗南藩士上陸の地など整備されてい

  • 蠣崎城(陸奥国・青森県むつ市川内町蛎崎合野)

    ||||||青森県:001|** 登城日 2017.11.05(日) 野辺地城から国道279号を北上し、むつ市街から、国道338号を西へ進むと蠣崎地区があり、旧蠣崎小学校の背後の丘に錦帯城公園があり、蠣崎城址となります。城址公園として整備されていますが、特に解説板とかはありませ

  • 野辺地城(陸奥国・青森県上北郡野辺地町城内)

    ||||||青森県:004|** 登城日 2017.11.05(日) 野辺地市街にある図書館や歴史民俗資料館が建つ場所が、野辺地城址となります。遺構らしい遺構はありませんが、野辺地川を天然の堀とした立地が往時を偲ばれます。また、江戸時代は代官所があった様で、野辺地代官所の

  • 川原御所(陸奥国・青森県青森市浪岡大字浪岡字浅井)

    |||** 登城日 2017.11.04(土) 浪岡城から少し南西に行った県道1469号沿いに川原御所跡があります。遺構は無く、個人宅の敷地内に川原御所跡の石碑が建つのみです。** 入城料 無料** 城データ |よみがな|かわはらごしょ||指定|なし||江戸300藩|-||別名|川原館

  • 浪岡城(陸奥国・青森県青森市浪岡大字浪岡岡田)

    ||||||||||№103|青森県4位| |№026|青森県:037|** 登城日 2017.11.04(土) 堀越城から国道7号で北上し、浪岡城址へ。国の史跡であり、案内板も出ていますので、迷うことなく辿り着くことができます。また、城址公園として良く整備されていますので、安心して散策

  • 堀越城(陸奥国・青森県弘前市堀越字川合)

    |||||||№024|青森県:079|** 登城日 2017.11.04(土) 青柳館から県道28号、県道109号で東へ進み、国道7号に入りしばらく南下すると、国道沿いに堀越城址があります。城址は整備中の様でしたが、立入禁止という訳ではなく、散策するはできました。江戸時代の一国一城

  • 青柳館(陸奥国・青森県弘前市下湯口)

    ||||||青森県:062|** 登城日 2017.11.04(土) 湯口茶臼館から県道129号に戻り東へ進み栩内川を渡った辺りに神明社があり、周辺が青柳館跡となります。神明社を目印に行きましたが、実際には神明社の北側の農地が館跡の中心で土塁や堀が確認できる様です。** 入城料

  • 湯口茶臼館(陸奥国・青森県弘前市湯口)

    |||||||№022|青森県:076|** 登城日 2017.11.04(土) 大浦城からアップルロードを南下すると、覚応院があり、隣接する丘陵に湯口茶臼館跡があります。当日は雨が降っており、山城散策は難しいかと思い、場所だけ確認して撤収しましたが、主郭に神社があり、参道が整

  • 大浦城(陸奥国・青森県弘前市五代早稲田)

    |||||||№021|青森県:074|** 登城日 2017.11.04(土) 飯詰城から国道399号を南下し、弘前市街へ。弘前市街の西に津軽中学校があり、大浦城址となります。平城の宿命から遺構はほとんど残っていませんが、城址の石碑と解説板が設置されており、周辺に土塁や堀跡など

  • 飯詰城(陸奥国・青森県五所川原市飯詰福泉)

    ||||||青森県:055|** 登城日 2017.11.04(土) 中里城から国道399号を南下し、津軽鉄道津軽飯詰駅の東側に妙龍寺があり、妙龍寺の裏山に飯詰城址(高楯城址)があります。妙龍寺の上に城郭風の建物がありますが、以前は資料館だった様ですが、現在は使用されていませ

  • 中里城(陸奥国・青森県北津軽郡中泊町中里字亀山)

    |||||||№032|青森県:052|** 登城日 2017.11.04(土) 尾引城から国道399号を南下し、津軽鉄道中里駅の北側に中里城史跡公園があります。史跡公園のとして整備されており、土塁や空堀などが綺麗に復元されています。** 入城料 無料** 城データ |よみがな|なかざ

  • 尾別館(陸奥国・青森県北津軽郡中泊町尾別字胡桃谷)

    |||** 登城日 2017.11.04(土) 安東氏館から県道12号で南下し、県道189号を経由して、国道339号を中里駅方面に行く途中に尾別観音堂があり、尾別館跡となります。麓の地蔵堂から遊歩道が頂上の観音堂まで整備されており、郭や空堀の遺構が確認できます。** 入城料

  • 安東氏館(陸奥国・青森県五所川原市十三琴湖岳)

    |||** 登城日 2017.11.04(土) 柴崎城から国道339号で十三湖に戻り、十三湖大橋を渡ったところに十三湊遺跡があり、安東氏館跡があります。国の史跡に指定されており、解説板が設置されており、土塁が残っています。** 入城料 無料** 城データ |よみがな|あんどう

  • 柴崎城(青森県北津軽郡中泊町小泊)

    ||||||青森県:051|** 登城日 2017.11.04(土) 憤館から国道399号を北上し、中泊町へ。小泊漁港のある岬に柴崎城址があります。現在は神明宮となっており、漁港から参道を歩いて登城することになります。所々に空堀や堀切の遺構が残っています。** 入城料 無料*

  • 憤館(陸奥国・青森県五所川原市磯松字磯松)

    |||** 登城日 2017.11.04(土) 唐川城の麓に熊野宮があり、憤館跡となります。熊野宮に解説板が設置されており、土塁らしき遺構が確認できます。後日、判りましたが、実際には熊野宮の北側に古舘遺跡公園があり、憤館跡の様です。** 入城料 無料** 城データ |よ

  • 唐川城(陸奥国・青森県五所川原市相内岩井)

    ||||||||東北002|№020|青森県:053|** 登城日 2017.11.04(土) 福島城から国道399号を東へ進むと唐川城址展望台へ続く道路があり、展望台まで車で上がることができます。展望台のところに解説板や城址の標柱が設置されています。城址の遺構として堀切などがある様

  • 福島城(陸奥国・青森県五所川原市相内露草)

    |||||||№033|青森県:054|** 登城日 2017.11.04(土) 蓬田城から国道280号を北上し、県道12号に入り西へ。国道339号に入りさらに西へ行くと十三湖の近くに福島城址があります。城域はかなり広範囲の様で、遺構が点在しています。外郭部には大きな空堀と土塁が残り

  • 蓬田城(陸奥国・青森県東津軽郡蓬田村蓬田)

    ||||||青森県:050|** 登城日 2017.11.04(土) 尻八館から国道280号を北上し、津軽線の郷沢駅付近にある蓬田八幡宮が蓬田城址となります。城址入口に立派な標柱と解説板が設置されています。遺構としては藪化していますが、空堀が残っています。** 入城料 無料*

  • 尻八館(陸奥国・青森県青森市後潟字後潟山)

    ||||||||No.004|№027|青森県:033|** 登城日 2017.11.04(土) 油川城から国道280号を北上し、津軽線の後潟駅付近から新幹線高架の方へ進み、効果を潜った先に後潟山があり、尻八館跡となります。一般的な登城口である調整池を目指したつもりが、後潟川の水門ととこ

  • 油川城(陸奥国・青森県青森市西田沢浜田)

    ||||||青森県:032|** 登城日 2017.11.04(土)前日、盛岡に宿泊して、東北道で青森ICへ。国道280号で少し北上した油川駅の近くの耕作地が油川城址となります。耕作地となっているものの、広い郭と郭を囲む土塁が確認できます。** 入城料 無料** 城データ |よみ

  • 大槌城(陸中国・岩手県上閉伊郡大槌町城山)

    ||||||||東北005|№051|岩手県:055|** 登城日 2017.11.03(金)狐崎城から国道45号を北上し、大槌町へ。大槌駅近くの大槌城址城山公園が大槌城址となります。舗装された道路を登っていると主郭近くまで行けます。夕暮れギリギリでしたので、ゆっくりと散策はできま

  • 狐崎城(陸前国・岩手県釜石市浜町)

    ||||||岩手県:056|** 登城日 2017.11.03(金)二日市館から国道45号を北上して、釜石市へ。釜石市役所の裏山が城址となりますが、登城道は整備されていない様です。中腹の狐崎稲荷神社付近に城址の石碑と解説碑が設置されています。登城は困難ですが、城址には郭や

  • 二日市館(陸前国・岩手県陸前高田市気仙町二日市)

    ||||||岩手県:130|** 登城日 2017.11.03(金)上折壁城から国道284号で気仙沼方面へ。国道45号に入り北上し、奇跡の一本松の南にある長部漁港入口から入った集落の高台に二日市館跡があります。館跡へは畑の間の細い道を通って行くことができます。入口に獣害除けの

  • 上折壁城(陸中国・岩手県一関市室根町矢越)

    |||** 登城日 2017.11.03(金)一関城から国道284号で東へ。大船渡線矢越駅付近で南下したところにある室根西小学校の北側に上折壁城址があります。解説板が設置されているものの、明確な登城道が無いため、農道を歩いて城址に近づくと比較的手入れがされている林のため

  • 一関城(陸中国・宮城県一関市釣山)

    |||||||東北006|岩手県:108|** 登城日 2017.11.03(金)豊田館から東北道で南下し、一ノ関ICで降り、一ノ関駅方面に行くと釣山公園があり、一関城址となります。城址公園というより市民公園として整備されており、遺構は少なめですが、郭跡や土塁が確認できます。**

  • 豊田館(陸中国・岩手県奥州市江刺区岩谷堂下苗代沢)

    |||** 登城日 2017.11.03(金)岩谷堂城の南、国道456号と県道158号の交差点付近に豊田館跡となる公園があります。中世の館跡で小規模ですが、市の史跡に指定されており、城址公園として整備されています。立派な石碑と解説板などが設置されています。** 入城料  無

  • 岩谷堂城(陸中国・岩手県奥州市江刺区岩谷堂)

    |||||||№049|岩手県:100|** 登城日 2017.11.03(金)胆沢城から県道8号で北上川を渡り、北東に進むと館山史跡公園があり、岩谷堂城址となります。史跡公園として整備されており、郭や空堀、堀切などが明瞭に確認ができます。初心者でも安心して散策できるオススメ

  • 胆沢城(陸中国・岩手県奥州市水沢区佐倉河渋田)

    ||||||岩手県:103|** 登城日 2017.11.03(金)岩崎城から国道4号に戻り南下し、金ヶ崎駅付近から県道270号に入り少し南下すると道沿いに胆沢城址があります。城址と言っても、古代城柵の様で、広大な敷地に建物跡の表示があるのみです。** 入城料  無料** 城デー

  • 岩崎城(陸中国・岩手県北上市和賀町岩崎宿)

    ||||||岩手県:087|** 登城日 2017.11.03(金)二子城址から国道4号を南下し、国道107号で北上線沿いに西へ。江釣子駅付近から県道122号に入り北上川を渡り少し西へ進んだ場所に岩崎城址があります。城址には以前は模擬天守がありましたが、東日本大震災で被害を受け

  • 二子城(陸中国・岩手県北上市二子町坊舘)

    |||||||№050|岩手県:077|** 登城日 2017.11.03(金)朝一の新幹線で盛岡駅へ行き、レンタカーを借りて東北道を経由して北上江釣子ICへ。国道4号を北上し、県道252号を東に進むと飛勢城公園があり、二子城址となります。史跡指定はされていないものの、城址公園とし

カテゴリー一覧
商用