chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー

    若き国王ティ・チャラを失ったワカンダ。遺されたティ・チャラの妹シュリ(レティーシャ・ライト)、母親ラモンダ(アンジェラ・バセット)、国王親衛隊を率いる女性戦士オコエ(ダナイ・グリラ)らの前に、新たな脅威が現れる。・メキシコ沖の海底 ―― 米国のヴィラニウム鉱石探査チームが、謎の集団によって壊滅してしまう。同時期のワカンダ国の慟哭 ―― ブラックパンサー/ティ・チャラの死 そんなワカンダを襲撃する一団 ―― ア...

  • 窓辺にて

    フリーライターの市川茂巳(稲垣吾郎)は、編集者の妻・紗衣が売れっ子小説家と浮気していることを知りながら、妻にそれを指摘できずにいた。それだけでなく、彼は浮気を知ったときに芽生えた自身の感情についても悩んでいた。ある日、文学賞を受賞した女子高校生作家・久保留亜の小説に心を動かされた茂巳は、留亜に小説のモデルについて尋ねる。・・・平穏と不穏な空気の塩梅。会話に潜むのは達観、傍観と困惑。行間を繋ぐ視線とツ...

  • 車窓から - 東海道線

    ...

  • 車窓から ~ 八ヶ岳

    ...

  • 赤城山 1

    11/6 前日に麓の道の駅で車中泊して、7:30駐車場到着。10分弱道路歩いて登山口へ中腹から眺める湖山頂から少し北上して黒檜山絶景スポットへ何山か何岳か解らん方角解らん渋川市 or 沼田市 パン袋がパンパン黒檜山大神に手を合わせて、駒ヶ岳を目指します。...

  • 2022 カタールW杯おちゃらけ予想

    クラブメインになると少し関心薄くなるW杯。4年毎のお約束でおちゃらけ展望を醒めた遠い目してやります。誰も見てないけど過去3大会やったし半分使命感。[A]「2002大会、エクアドルサポーターの中で観戦してから、俺ちゃんはエクアドル推し。」エクアドル「2大会ぶり。監督ファンハールは最後のW杯かな。」オランダ「前大会は監督シセだけが目立ってました。今大会も監督はシセです。」セネガル「開催国だからグループ最下位は回...

  • 犯罪都市 THE ROUND UP

    マ・ソクト刑事(マ・ドンソク)が所属する衿川署の強行犯係は、ベトナムに逃亡した容疑者を引き取りに行く任務を任される。マ・ソクト刑事とチョン・イルマン(チェ・グィファ)班長は、容疑者に不審な部分を感じ、現地で秘密裏に捜査を開始する。その結果、凶悪犯罪を繰り返していたカン・ヘサン(ソン・ソック)が、捜査線上に浮かび上がる。・ベトナムに逃亡した手配犯が領事館に出頭した連絡を受けて、引き取り任務でベトナムに赴い...

  • RRR

    1920年、イギリスの植民地政策下にあるインド。野性を秘めた男・ビーム(N・T・ラーマ・ラオ・Jr)はイギリス軍に連れ去られた村の少女を救うため、仲間と共にデリーへ向かう。そこで、ある出来事をきっかけに内なる怒りを燃やす男・ラーマ(ラーム・チャラン)と出会い、互いの身分を知らないまま親友となる。しかしラーマはイギリス軍の警察官であり、ビームの本当の目的を知った彼は友を投獄する。宗主国イギリスの圧政≒横暴に苦し...

  • 石岡山 退魔寺

    [石岡山退魔寺]応安4年(1371年) 城主・茂呂勘解由左衛門尉源義輝が城内の光円坊を改めて、香華院を創立。弘法大師自作の不動明王を本尊、鶏足寺から道照禅師を迎え、開山の師と仰いで帰依。後に退魔寺と改称。石田三成による妖怪退治が有名な寺院で、この際に寺号を改め、また寺紋を石田氏の紋にしたとされる。...

  • 金窪城

    (写真は金窪神社。 金窪城撮ったつもりが・・・削除してた)[金窪城]治承年間(1177~80) 武蔵七党の丹党一派・加治家季による築城15世紀中頃 関東管領・山ノ内上杉氏の家臣・斎藤盛光の居城となり、のちに北条氏に臣従。天正10年(1582年) 神流川合戦で滝川一益により落城。天正18年(1590年) 徳川家康の関東移封後、川窪信俊(武田信玄の甥)が代官として陣屋設置。元禄11年(1698年) 川窪信俊の孫・武田信貞 → 丹波移封...

  • 高峰山 / 高峰神社

    11/3 午前中仕事してて、思い付きで高峰神社へ。自宅から駐車場まで60分聖剣の先に富士山この写真に佐久市市街地が収まっておる。我が家のこの中。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 18. その他

    ループ大好き時間が有ったら登りたかった小牧基地があるもんね鉄骨萌え...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 17. その他

    セントレア大橋セントレア空港...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 14 アクア・トト

    今回の秋旅で最大のクライマックスが、世界最大級淡水魚水族館アクアトト。観覧車併設で広大な公園と云う事で、家族連れに大人気のテーマパークです。俺ちゃん的には、お一人様偏差値がポイントアップするテーマパークです(自虐)リクガメとか大型ゾーンを抜けて、エレベーターで4階まで上がり、下りながら鑑賞するシステム最初は日本の淡水魚ゾーン...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 13..曼荼羅寺

    [曼荼羅寺]元徳元年(1329年) 後醍醐天皇の命、叔父・天真乗運が開山創建寛正3年(1462年)  円福寺と称していたが現在の寺号に豊臣秀吉から朱印状を戴き、江戸時代には黒印状を戴いて明治維新を迎えた。寛永9年(1632年) 当地出身の蜂須賀家政によって本堂が再興(現存)昭和23年(1948年) 西山浄土宗から曼陀羅寺を本山とする浄土宗西山曼陀羅寺派として分派昭和36年(1961年) 西山浄土宗に合流し現在に藤のお寺として有...

  • アムステルダム

    1930年代のアメリカ・ニューヨーク。医師のバート(クリスチャン・ベール)と弁護士のハロルド(ジョン・デヴィッド・ワシントン)、アーティストのヴァレリー(マーゴット・ロビー)は第1次世界大戦の戦地で出会い、終戦後にアムステルダムで友情を確かめ合っていた。数年後、バートとハロルドが殺人事件の容疑者となってしまい、3人は無実を証明するため、ある作戦を企てる。WWⅠで負傷したバートとハロルドを献身的に看護したのがヴァ...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 12. 青塚砦

    [青塚古墳/青塚砦]墳長123m、高さ約12mの東海地区最大級の前方後円墳。天正12年(1584年) 小牧長久手合戦の際、秀吉陣営の砦として使用されて別名「青塚砦」とも呼ばれる。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 11.長久手古戦場

    小牧長久手合戦激戦地跡池田恒興を祀った塚合戦をイメージした植え込み・・・・・・意味解らん。隣に居たグループ・・・「本当に税金無駄遣いだよね。」ホントそう思う。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 10.岩崎城

    [岩崎城]尾張・三河の境になる要害地で、室町時代には砦が有ったとされるが、天文年間に丹羽氏清によって中世城郭となった。小牧長久手合戦の緒戦の舞台として有名で、徳川方として、豊臣/池田軍の行軍を阻んだ丹羽氏次は称賛された。慶長5年(1600年) 丹羽氏次(徳川方) 7000石 → 三河国伊保1万石この際、岩崎城は廃城に。写真の模擬天守建設の際、遺構を破壊したため、歴史研究者界隈では評判悪いそうで。僅かに残る空堀・土...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 9.覚王山日泰寺

    [覚王山日泰寺]1904年(明治37年) 真舎利と黄金の釈迦像を奉安するため、覚王山日暹寺(にっせんじ)として創建された、仏教超宗派の寺院1949年(昭和24年) シャム国のタイ王国への改名に合わせて日泰寺に改名瑠璃光寺(山口県)をモデルにした五重塔 真舎利(釈迦の遺骨)が安置されている本堂。日本仏教界でも特別な存在で、真宗大谷派・浄土真宗本願寺派・曹洞宗等宗派が合同で設けた超宗派の単立寺院。現在は各宗派(19宗...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 8.大草城

    [大草城]天正2年(1574年)、一向一揆で佐治信方が戦死、後継・佐治一成が幼少だったため、織田長益が大野城に入城。大野城では水利が不便なので大草城を築城。天正12年(1584年) 小牧長久手合戦後、織田長益が移封されたため完成を待たずして廃城。江戸時代に入り、尾張藩は知多郡支配の拠点として大草城址を整備、家老・山澄淡路守英龍に5,000石を与え、歴代め山澄氏が収めた。訪れた時間が雨のピークで模擬天守に登って終了。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 7.大野城

    観応年間(1350年前後) 三河国守護・一色範光による築城。応仁の乱後、一色氏は衰退し、尾張守護・土岐氏家臣の佐治宗貞が入城、以降、四代百年余支配する事に。・三代・佐治信方は桶狭間の戦い以降に織田信長に臣従し、信長妹を妻に迎え一門衆に。四代・佐治一成は浅井長政の娘・江を妻に迎えるが離縁。小牧長久手の合戦後に大野城を退去し(家康方だった為)、織田信包の家臣に(柏原藩家老職)。佐治一成に代わって入城した織田長...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 6.長田屋敷跡+磔の松

    源頼朝が父・源義朝を謀殺した長田忠致・景致父子を誘い出して磔にしたとされる松。その屋敷跡は看板だけで畑になっておる。野間大坊から徒歩5分。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 5.野間大坊

    河和城から

  • 2022 OCT - Activity..

    football10/9  甲府1-2 岡山10/16 甲府1(5-4)1広島10/23 甲府2-0盛岡castle小机城(神奈川県横浜市)book「煉獄の獅子たち」 深町秋生「天国の修羅たち」 深町秋生「ルポ川崎」 磯部涼「サトーリ」 藤沢周「ポラリスが降り注ぐ夜」 李琴峰「蛭子の論語」 蛭子能収「謙信越山」 乃至政彦「毛利は残った」 近衛龍春cinema「マイ・ブロークン・マリコ」「渇きと偽り」「キングメーカー」「人質」...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 4.河和城

    [河和城]長禄年間(1457年〜1460年) 対岸渥美半島の田原城主・戸田宗光による築城が定説。 宗光の子憲光は「河和殿」と呼ばれていたという。 この時期、今川/牧野に渥美半島を追われた模様。      その憲光の孫・守光は緒川城主水野信元の女を娶り徳川譜代衆となるが、小田原北条討伐の際戦死。この報を受けた村人が河和城を攻めて破壊したと云うから結構嫌われていたかも。守光の嫡子光康は於大の方を頼って江戸に行き、母...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 3.常楽寺

    [常楽寺]1484年(文明16年) 天台宗仏性寺を改修、空観栄覚によって開基された浄土宗西山派(西山浄土宗)寺院第八世住職・典空顕朗が徳川家康の従兄弟だったことから、家康は事あるごとに立ち寄った。一直線にやってきて、俺ちゃんにスリスリした(=^・^=)猫には真のイケメンが解るらしい。...

  • 2022 秋の尾張歴史旅 2.本證寺

    [本證寺]1206年(建永元年)頃、親鸞門侶の慶円による開創『三州一向宗乱記』に「当国碧海郡野寺村の本證寺と申すは、一向宗の小本寺にて、守護不入の道場、当国三箇寺の其の一箇寺なり」と記載された、三河一向一揆を主導した「三河三ヶ寺」のひとつ。・1564年(永禄7年) 一向一揆衆は

  • 2022 秋の尾張歴史旅 1.八百富神社

    恒例9月三連休の歴史旅なんですが、台風来てるし月曜日が休日出勤になりました。ならばと以前から立案しておいた尾張旅を決行する事に。土曜日午前仕事して、中央道-中部縦貫道-新東名ルートで三河湾を目指します。[八百富神社]1181年(養和元年)  三河国国司・藤原俊成が竹生島より勧請し創建              藤原俊成は藤原定家の父親で平忠度の師匠として有名なんとなく江の島をイメージしてしまう地形、架かる...

  • 武蔵 ・ 小机城

    10/15(土) 天皇杯待機列シート張りして、コレオ設営までの1時間での登城[小机城]永享の乱(1438年 – 1439年)年間 関東管領上杉氏による築城が有力。廃城となっていたものの後北条氏の支配下となり、北条氏綱が修復して笠原信為が城主となり、小机衆が組織された。1590年(天正18年) 小田原征伐の際、無傷のまま落城し、徳川家康の関東移封時に二度目の廃城。公園として整備されているものの、どこまで正確に復元されているか...

  • マイ・ブロークン・マリコ

    気の晴れない日々を送るOL・シイノトモヨ(永野芽郁)は、親友・イカガワマリコ(奈緒)が亡くなったことをテレビのニュースで知る。マリコは子供のころから実の父親(尾美としのり)に酷い虐待を受けており、そんな親友の魂を救いたいと、シイノはマリコの遺骨を奪うことを決断。マリコの実家を訪ね、遺骨を奪い逃走したシイノは、親友との思い出を胸に旅に出る。・解ってるつもりで解らなかった親友マリコの急逝。強奪したマリコの遺骨...

  • 甲府-盛岡(2022ホーム)

    久々の大混雑だったけれど、1万越えならずしっかし天皇杯優勝効果って大きいですね。試合は2-0零封最終戦にしてシーズンベストだった気がします。2022シーズン総括すると 「よく解らん、どうしてこの展開 ? 」かな。来シーズン結果出せば、最後の?マークが(笑)になるんじゃないかと。さて、ACLも入るので、この冬は節約して貯金しないと。...

  • 2022 10.23 甲府-盛岡

    失意のリーグ戦順位と、天皇杯優勝で迎える2022シーズン最終戦。満員のスタンドで色々見届けたいですね。...

  • 人質

    記者会見を終えて家に帰る途中だった俳優のファン・ジョンミン(ファン・ジョンミン)は、何者かに拉致されてしまう。パイプ椅子に縛りつけられた状態で目を覚ましたジョンミンは、自身が巨額の身代金を目当てに誘拐されたことを知り、更に犯行に及んだ若者達がソウルを震撼させている猟奇殺人事件の犯人であることにがく然とする。身動きの取れない彼は、演技力を武器に犯人グループを翻弄し、脱出のチャンスをうがかう。・ファン・...

  • キングメーカー

    1961年、韓国。独裁政権を倒し世の中を変えたいと願うソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、野党・新民党のキム・ウンボム(ソル・ギョング)の選挙事務所を訪ね、選挙に勝つための戦略を提案する。その結果ウンボムは補欠選挙で初当選を果たし、1963年の国会議員選挙では対立候補を破り、気鋭の議員として注目を浴びるようになる。その裏でチャンデは影の参謀として奔走するが、勝つためには手段を選ばない彼のやり方に、理想を追い求め...

  • 甲府-町田(2022アウェー)

    こういう試合をしたかったんですよね。天皇杯優勝を受けて、リーグ戦で足りなかったのは

  • 渇きと偽り

    自殺した旧友ルークの葬儀に参列するため、20年ぶりに帰郷した連邦警察官のアーロン・フォーク(エリック・バナ)。命を断つ前に妻と子供を殺したとされるルークの行動を調べるフォークは、数十年前に起きた当時17歳の少女エリー・ディーコンの死亡事件との関連を疑う。フォークは、亡きルークに掛けられた妻子殺しの疑惑と、自身の過去と絡むうえに未解決のままであったエリー死亡の真相を追う。・警察官フォークの元に故郷から届い...

  • 天皇杯 甲 府 - 広 島

    前日のコレオ設営から二日間、色んな方とお話して、気持ち頂きました。ホント甲府に関わる全てに感謝です。これ置き土産に移籍とか無しだからね。...

  • 第102回天皇杯 決勝 甲府 - 広島

    失うものなんてないチームです。・この晴れの舞台を楽しみましょ。・・・・臣に天皇杯掲げて欲しいよね。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 27.TRAIN TRAIN

    京阪線とランデブーする大津市内は楽しい。新幹線開通しても湖西線は残るよね。彦根城 / 水口城...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 23.海洋堂

    [海洋堂]7年振りの訪問なんですが、常設展示の規模を縮小したのかな。マーベル系を見たかったんですが・・・・('◇')ゞ...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 22.豊国神社

    [豊国神社]天正元年(1573年)~天正4年(1576年) 長浜城主であったのが豊臣秀吉。慶長5年(1600年) 町民が秀吉の遺徳を偲んで建立。江戸時代、幕命で棄却されたものの、秀吉の三百回忌に当たる1898年(明治31年)に拝殿が再建された。豊臣秀吉のほか、事代主大神、加藤清正、木村重成を祭神と・・・・・・・全力で大阪方推しなのね。時間が有ったので、町をブラブラ。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 31.荒神山城

    [荒神山城]天平二年(730年) 行基49院創建の49院奥の院として奥山寺が建立戦国時代に入って、六角氏家臣・日夏安芸守が城郭化元亀二年(1571年) 比叡山延暦寺と共に焼き討ち慶応四年(1868年) 神仏稀釈令で奥山寺は廃され荒神山神社が造営。神社参道の石垣は微妙ですけど、社殿北側の石垣は城郭のモノかな。晴れていれば琵琶湖西岸が見られたかな。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 30.山崎山城

    [山城山城]天正年間前半(1573年〜1582年) 佐々木六角氏の家臣・山崎憲家による築城。永禄11年(1568年) 織田信長が近江に侵攻した際、山崎片家は早々に降伏して領地を安堵された。天正10年(1582年) 本能寺の変では籠城したものの明智光秀に降伏。             戦後、赦されて摂津国三田2万3,000石移封               この際、廃城となった。写真に写る給水タンク工事中に偶然発見された城郭。...

  • 甲府-岡山(2022ホーム)

    決勝点のシーンはホント今シーズンを象徴する形。まぁ、割り切って・・・・・天皇杯! (と言い聞かせる)...

  • 2022.10.09 甲府-岡山

    他力ながらJ2残留も確定しました \(^o^)/天皇杯に備えて、今日はターンオーバーでいいでしょ (゚∀゚)...

  • 激怒

    激怒すると、誰彼構わず暴力を振るう中年刑事・深間(川瀬陽太)。不祥事を重ねた揚げ句、死者まで出してしまった彼はニューヨークの治療施設に送られる。3年後、帰国した彼は自分が暮らしていた富士見町の様相が一変しているのに驚く。飲み仲間や面倒を見ていた不良たちが姿を消し、町内会メンバーから成る自警団が巡回する町で、自警団が住民をリンチし、処刑までしていることを知った深間は怒りを爆発させ、たったひとりで自警団...

  • ヘルドックス

    元警官・兼高昭吾は、その獰猛さを買われて警察組織から関東最大のヤクザ「東鞘会」への潜入という危険なミッションを遂行していた。兼高の任務は、組織の頂点に君臨する十朱が持つ秘密ファイルを奪取すること。警察はデータ分析により、兼高との相性率98%の東鞘会のサイコパスな殺し屋・室岡秀喜がバディとなるよう仕向ける。かくしてコンビを組むことになった2人は、猛スピードで組織を上り詰めていく。・

  • 天皇杯 甲府-鹿島

    J1 4チーム倒して決勝。大馬鹿者サポーターに過分なご褒美、感謝しかないっすわ。もう一つ、行こうよ!...

  • 2022 10.5 天皇杯準決勝 甲 府 - 鹿 島

    互角にやった末、ゴール前は

  • ぜんぶ、ボクのせい

    児童養護施設で母の迎えを待ちながら生活している優太(白鳥晴都)。あるとき母の居場所を知り施設を抜け出すが、男に依存して自堕落な生活を送る母の姿に衝撃を受ける。当てもなく海辺をさまよっていたとき、軽トラックで暮らすホームレス状態の坂本(オダギリジョー)と出会う。彼は何も聞かず優太を受け入れ、やがて二人は寝食を共にするようになっていく。一方優太は、裕福な家庭に育ちながらどこにも居場所がない少女・詩織(川島...

  • 三姉妹

    ソウルに住む3姉妹が、父親の誕生日を祝うために久々に集まる。長女ヒスク(キム・ソニョン)は、別れた夫の借金を返済しながら小さな生花店を営んでいる。高級マンションで暮らす次女ミヨン(ムン・ソリ)は教会に熱心に通い、完璧な人間として振る舞う。そして劇作家の三女ミオク(チャン・ユンジュ)はスランプに陥って酒に溺れる日々を送っていた。・強烈な家父長制が残る韓国で今を生きる三姉妹の物語・・・・と形容するのが一番相...

  • 甲府-栃木(2022ホーム)

    残り3試合勝てる自信がねぇっす。...

  • 2022 10.1 甲府-栃木

    残り4試合で一桁順位はほぼ絶望で、まさかの残留確定を争うとは、よもやよもやの展開で('◇')ゞ土曜日14:00kick offなんで、本日はDAZN観戦です。にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府、 にほんブログ村/サッカー/栃木 それぞれご参照下さいな。    ...

  • 2022 SEP-Activity

    football9/10 甲府3-0大宮castle川和城 (愛知県美浜町)大野城 (愛知県常滑市)大草城 (愛知県常滑市)岩崎城 (愛知県日進市)青塚砦 (愛知県犬山市)book「御社のチャラ男」 絲山秋子「浅草ルンタッタ」 劇団ひとり「その街の今は」 柴崎友香「デットライン」 千葉雅也「ヘルドックス」 深町秋生「サイゴン・ピックアップ」 藤沢周cinema「さかなの子」「ぜんぶ、ボクのせい」「激怒」「サバカン」「グッバイ・クルエル...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 29.多賀大社

    [多賀大社]伝承レベルの歴史を誇る近江一の宮。中世以降は「お伊勢参らばお多賀へ参れ」とまで云われ、豊臣秀吉から江戸幕府の庇護を受けた。万灯祭の準備が進む境内は割とコンパクト。お参りした後、敷地内の「寿命そば」で昼食。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 28.金剛輪寺 

    [金剛輪寺]天平9年(737年)または天平13年(741年) 聖武天皇の勅願(開基) 僧・行基の創建嘉承年間(848年 - 851年) 天台宗の僧・円仁(慈覚大師)によって再興西明寺、百済寺とともに湖東三山の1つに数えられる。うわー、西明寺行ってないわ。・受付の女性の方が気さくで説明と受け答えが素敵すぎた。何、この素晴しい佇まいは。圧巻過ぎな千体地蔵本堂と紫陽花のコントラストの見事な事!重文の三重塔...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 27.瓦屋寺

    阿賀神社から山登る事数分で到着した瓦屋寺[瓦屋寺]推古天皇の時代、聖徳太子が四天王寺で使用する瓦を焼くために創建した寺院。平安時代 源仁によって再興され華厳宗の寺院として繁栄。戦国時代 ノブナッガによる焼き討ち江戸時代 臨済宗の寺院として復興こじんまりしているけれど風情があって、ここは秋訪れたいなぁ。金色大慈母観音像この後方が箕作城で、観音寺城攻めの際に織田信長が本陣を敷いた。もやっているけれど、彼...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 26.阿賀神社(太郎坊宮)

    8年前の電車旅で車窓から見掛けて気になっていたのが阿賀神社。下から階段上るのは時間的厳しいので、中腹駐車場まで車で。[阿賀神社]この夫婦岩をご神体とした神奈備信仰の地として、欽明天皇の時代に創建された。推古天皇の時代、この箕作山に、聖徳太子が摂津国に建立する四天王寺で使用する瓦を焼くために瓦屋寺を創建、この際、阿賀神社となった。延暦18年(799年) 阿賀神社の神徳に感じ入った最澄が薬師如来を本尊とする...

  • 甲府-大分(2022アウェー)

    前監督が主導した補強だったし、前キャプテンがよもやよもやだったし、ブラジルガチャは遅きに失したハズレッぽいし、監督サポートするコーチ陣は・・・・どうだか。まぁ、S級がおらんので・・・・そういう事。何か、ここ10年で一番辛いっすわ。...

  • 2022 9.24 甲府-大分

    昇格を目指していた筈が、よもやの残留争い。内容よりも結果の世界で、残り5試合は残す選手とそうではない選手の選別。ベンチの査定も入ってくる訳で。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 25.観音寺城

    [観音寺城]南北朝期、北朝方・六角氏による築城が有力。建武2年(1335年) 南朝・北畠顕家軍の上洛に備えて北朝の六角氏頼が篭もった観応2年(1352年) 佐々木道誉、六角氏頼・直綱兄弟は、足利直義軍・南朝連合に敗北、観音寺城に籠城応仁の乱では、同族・六角高頼vs京極持清で三度に渡り観音寺城攻防戦永禄11年(1568年) 織田信長の上洛軍と敵対して籠城したものの、支城/箕作城・和田山城を相次いで落とされて無血開城残存...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 24.観音正寺

     駐車台数の多い北側駐車場から裏参道を歩いて観音正寺へ。この参道沿いの石垣も観音寺城のモノかな。途中に有った鳥居は奥之院ね。[観音正寺]622年 人魚と出逢った聖徳太子が創建したと云われる。鎌倉/室町時代は佐々木・六角氏の庇護を受けて隆盛したものの、六角氏滅亡に併せて衰退。慶長11年(1606年) 現在地に復興。聖徳太子 / アイドル犬 / 濡佛明治に入り、彦根城欅御殿を移設して本堂としたものの、平成5年(19...

  • グッバイ・クルエル・ワールド

    元暴力団員の安西(西島秀俊)は萩原(斎藤工)、美流(玉城ティナ)、浜田(三浦友和)と共にヤクザの資金洗浄現場から金を強奪するため、互いの素性を知らないまま、とあるラブホテルに向かう。その後、彼らのもくろみにヤクザや警察、政治家といったくせ者たちが次々と介入し、金を巡るバトルに発展する。・復讐の為、カタギになる為、生来が犯罪者、成り行きで・・・・・動機はバラバラだけれど、共通点は金が欲しい。そんな即席強盗団...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 21.沙沙貴神社

    [沙沙貴神社]古代に沙沙貴山君が大彦命を合わせて祀り、景行天皇が志賀高穴穂宮遷都の際に大規模造営したとされるから、創建はガチの伝承レベル。平安末期、源成頼の孫になる佐々木経方が佐々木氏を称し、土着していた貴山君子孫・沙沙貴氏と次第に融合に至る。ここで沙沙貴氏の氏神・沙沙貴神社に宇多源氏の祖である敦実親王とその父・宇多天皇を新たに合祀し、自らの氏神とした。これ以降、当社は佐々木氏の氏神となった。[楼門]...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 22.音羽城

    [音羽城]応仁~文明年間 蒲生貞秀による築城明応4年(1465年) 応仁の乱で敵対していた六角高頼が近江守護に返り咲くと、蒲生貞秀は六角氏の組下を余儀なくされた。             幕府奉行衆でも有ったから、限りなく与力に近かった扱い。大永5年(1525年) 蒲生一族内紛を制した蒲生高郷が日野城(中野城)を拠点としたため、音羽城は廃城。日野城に続いて雨中での訪問。日野城の段階でずぶ濡れで、少し気分...

  • 2022 9.18 甲府-横浜FC

    ・ 感覚としては4-3-3よりは4-1-2-3かな。・ 4-1-4-1程のFWではないし、三平もリラも。  だからのジェトューリオだったのかな。・ 結構、ワクワクして楽しかった。・ ええ、ここからは天皇杯と来季を見据えましょ・ 先発-リラ 後半-三平でしょ。やっぱり...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 23.日野城 + 仁正寺陣屋

    [日野城]天文5年(1536年) 蒲生定秀が3年かけて築城永禄11年(1568年) 蒲生賢秀は信長配下天正10年(1582年) 本能寺の変が起こった際、賢秀と嫡子氏郷は織田信長の妻妾一族をこの城に避難させた天正12年(1584年) 氏郷は伊勢国松ヶ島12万石転封、田中吉政、続いて長束正家が城代慶長5年(1600年) 関ヶ原の戦い後に廃城残存しているのは本丸の石垣のみだけど、ここで映画「るろうに剣心」のロケが...

  • さかなの子

    毎日魚を見つめ、その絵を描き、食べ続けても飽きないほど魚が大好きな小学生の“ミー坊”。わが子が少々変わっていることを父親が心配する一方で、母親は彼を温かく見守り応援している。高校生になっても相変わらず魚に夢中なミー坊は、町の不良とも仲が良く、いつの間にか周囲の人々の中心にいるのだった。やがて、一人暮らしを始めたミー坊(のん)はさまざまな出会いを経験し、自分だけが進むことのできるただ一つの道を突き進んで...

  • 甲府-新潟(2022ホーム)

    来シーズン、何人残ってくれるかな。個々のポテンシャルは良い訳で。新潟は守備のクオリティが高いっす。それ故の得点力で自動昇格に相応しいチームで。...

  • 2022 9.14 甲府-新潟

    5連戦の4戦目。コンデション不良と大宮戦のショックは否めないけれど、残りは7試合。上位との対戦が5試合っすよ。かき回しましょ。...

  • SABAKAN サバカン

    a href=

  • ブレット・トレイン

    あるブリーフケースを盗むよう謎の女性から指令を受け、東京発京都行の高速列車に乗り込んだ殺し屋・レディバグ(ブラッド・ピット)。ブリーフケースを奪って降りるだけの簡単な任務のはずだったが、疾走する車内で次々に殺し屋たちと遭遇してしまう。襲い掛かってくる彼らと訳も分からぬまま死闘を繰り広げる中、次第に殺し屋たちとの過去の因縁が浮かび上がってくる。新幹線がどうこうとか、景色がとか、駅がとか、細かい事はどう...

  • 甲府-大宮(2022ホーム)

    ・ まぁ、天皇杯から中二日だし・ 久しぶりに出た選手の方が結構へたってた。・ 試合勘とかね・ やっぱりサポの声はいいっすね。・ ちょっと心震えました。・ ジェトゥーリオは・・・・厳しい・ プレーオフはほぼ絶望ですが最後まで上の順位目指しましょ。...

  • 2022 9.10 甲府-大宮

    天皇杯120分走った選手がどこまで持つか、何処で誰を変えるか、温存した選手とどれ位入れ替えるか。徹底してDFの背後狙う大宮さんなんで、とにかく

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 20.水口岡山城

    [水口岡山城]天正13年(1585年) 甲賀郡の支配の拠点として中村一氏が築城天正18年(1590年) 増田長盛 5万石文禄4年(1595年)  長束正家 5万石 のち12万石慶長5年(1600年)  関ヶ原の戦いで長束正家は西軍で戦後、降伏切腹し水口岡山城は廃城。寛永11年(1634年) 将軍上洛時の宿館として水口城築城。 この際、廃城となっていた水口岡山城の石垣が転用された。結構、激しい雨の中の登城で、展望台の有る西の丸まで...

  • 甲府-盟主(天皇杯)

    ・スーパーセーブ連発の河田が凄かった。・ジェトューリオはあれ決めてたら、一気に信用勝ち取れたのに。・久々にヒリヒリして痺れて心臓に悪い楽しい試合だった。・賞金2000万 ! ・準決も平日か!酔いが厳しいので、こんなところで。...

  • 2022 9.7 天皇杯準々決勝 甲府-福岡

    リーグ戦でプレーオフ圏内目指し苦闘中の甲府。リーグ戦で熾烈な残留争いの渦中な福岡。どちらも実の処

  • 女神の継承

    タイ東北部、イサーン地方。その小さな村に暮らす女性ミンが突如体調不良に陥り、それまでの彼女からは想像できない凶暴な言動を繰り返す。ミンの豹変になす術もない母親は、祈祷師をしている妹ニムに救いを求める。ニムは、ミンが祈祷師を受け継いできた一族の新たな後継者として何者かに目され、取り付かれたために苦しんでいると睨む。ミンを救おうと祈祷を始めるニムだが、憑依している何者かの力は強大で次々と恐ろしい現象が...

  • ボイリング・ポイント

    一年で最も多忙なクリスマス前の金曜日、イギリス・ロンドンの人気レストラン。妻子と別居し疲れ果てていたオーナーシェフのアンディ(スティーヴン・グレアム)は、多くの予約によってスタッフたちが多忙を極める中、衛生管理検査で店の評価を下げられてしまうなど、次々にトラブルに見舞われる。そこへ、ライバルシェフが著名なグルメ評論家を連れて予告なしに来店し、彼に脅迫同然の取引を持ち掛けてくる。トラブルがまとめてやっ...

  • 甲府-徳島(2022アウェー)

    後半の攻勢は認めても、前半0-2を跳ね返す力は皆無。プレーオフ圏内との差は9。まだまだ大丈夫だから (と言い聞かせてる)。...

  • 2022 9.3 甲府-徳島

    ・引き分け1位vs2位の嬉しくない対戦。・甲府もアレだけど、徳島も予想外の順位 どちらもプレーオフ目指しての死闘ですね。・甲府は今節から試練の5連戦。・用兵マネジメントが大変だけど、スタメンがベスメン!今日は夕方から会議なんで、SNS封印して帰宅後にDAZN後追いします。...

  • 辻占恋慕

    ロックデュオのボーカルの信太(大野大輔)は、ギターの直也にライブをすっぽかされてしまう。そこにシンガー・ソングライターの月見ゆべし(早織)が手を差し伸べる。売れないミュージシャン同士の二人は、同じ30歳ということもあって意気投合。信太はゆべしのマネージャーとなり、恋人同士となる。しかし、二人の間には徐々に方向性の違いが生まれ始める。・信太がゆべしに託した想い ―― 彼女の才能なのか、自身の夢の投影なのか、...

  • こちらあみ子

    広島に暮らす小学5年生のあみ子(大沢一菜)は少し風変わりだが、優しいお父さんの哲郎(井浦新)と赤ちゃんがお腹にいる母親のさゆり(尾野真千子)、一緒に登下校をしてくれるお兄ちゃん(奥村天晴)らに見守られながら自由に過ごしている。しかし、あみ子のあまりにも純真な言動が、周りの人たちに影響を与え始める。全力

  • 2022 AUG-Activity

    football8/ 6 甲府 5 - 2 琉球8/13 甲府 2 - 2 熊本8/27 甲府 2 - 2 金沢book「熔ける」 井川意高「江戸500藩全解剖」 河合敦「つわもの」 木下昌輝「国衆」 黒田基樹「逃げるが勝ち」 高橋ユキ「廃仏毀釈」 畑中章宏「鎌倉幕府抗争史」 細川重男「漂流 日本左翼史」 佐藤優 池上彰cinema「逆光」「こちらあみ子」「辻占恋慕」「わたしは最悪」「ボイリングポイント」「女神の継承」2022.8 best1...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 19.石山寺

    [石山寺]東寺真言宗の大本山の寺院で山号は石光山。本尊 / 如意輪観世音菩薩(如意輪観音)天平19年(747年) 聖武天皇の発願により、良弁(東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのが始まり。天平宝字5年(761年) 造石山寺所のもとで堂宇の拡張、伽藍の整備が行われた。造東大寺司からも仏師が派遣されたと云う。天平宝字5年(761年) 塑造如意輪観音像と脇侍の金剛蔵王像、執金剛神像が...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 18 . 唐橋と俵藤太像

     [唐橋]「急がば回れ」の語源となった橋で、「唐橋を制する者は、天下を制す」とまで言われ、古代から数多の合戦の舞台となった。[俵藤太像]平将門の乱を平定した藤原秀郷の別名が

  • 甲府-金沢(2022ホーム)

    ・ 終盤の怒涛の攻撃がね・・・・・・(◎_◎;)・ リラは見切られたんじゃないかな。監督に。・ 狙いすました金沢のカウンターがお見事だったので、2-2は妥当な結果です。...

  • 2022 8.27 甲府-金沢

    甲府(14位) - 金沢(18位)・ マンシャが固定されて、残り10試合Ver.ベスメンでのスタート。・ 金沢のガツガツマンツーマンをマンシャがどう扱うか注目。・ 金沢はガチスタ3人有給なのね。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 17..瀬田城

    [瀬田城](滋賀県大津市)永享年間(1429年〜1441年) 山岡資広による築城      甲賀・伴氏の後裔で、戦国期は六角氏に仕え、山岡景隆は「江南の旗頭」と呼ばれ六角氏の軍事中枢を担っていた。永禄11年(1568年) 織田信長の上洛軍に抵抗したが、翌年投降。天正10年(1582年) 本能寺の変の際、明智光秀の誘いを断り瀬田橋を焼き落として明智軍を妨害。天正11年(1583年) 賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家に通じた為、戦後所領没収され...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 16.義仲寺

    [義仲寺]木曾義仲の死後、愛妾・巴御前が義仲の墓所近くに草庵を結び、「われは名も無き女性」と称し、日々供養したことにはじまると伝えられる。鎌倉後期には義仲寺と呼ばれたという記述有り。天文22年(1553年)頃、近江守護の六角義賢により再興され、石山寺の配下に。貞享年間(1684年 - 1688年) 義仲の塚の上に新たに宝篋印塔の義仲の墓を建立し、小庵も建立して義仲庵として再建元禄5年(1692年) 寺名を義仲寺に改めてい...

  • わたしは最悪

    30歳になったユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)は人生の方向性が定まらず、これまでさまざまな才能を無駄にしてきた。一方、年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、最近は家庭を持ちたがっている。ある夜、招待されていないパーティーに紛れ込んだ彼女は、若く魅力的な青年アイヴィンと惹かれ合う。その後アクセルと別れ、新たな恋に踏みだしたユリヤは、その恋に人生の新たな展望を見いだそうとする。・極致な自...

  • 逆光

    1970年代。大学の先輩である吉岡(中崎敏)に好意を抱く22歳の晃(須藤蓮)は、夏休みに彼を連れて尾道に帰省する。吉岡に実家を提供し、退屈しないように幼なじみの文江も交えて遊びに行こうと考える。文江が誘った変わり者のみーこも加えた4人で夏休みを過ごすことになるが、吉岡はみーこに惹かれていく。予想もしなかった状態に、晃は悶々とする。・政治の季節 ―― 触れたものにしか解らない。何処か澱んだ気配 ―― 退廃の夏。そ...

  • 甲府 - 東京V(2022アウェー)

    ・ 両チームとも勝点3が欲しかったけれどドロー・ 如何にも中位に停滞するチーム同士の試合だったかな。・ どちらも守備が我慢したけれど、前線が後一本足らんし、アイデアが無かった。・ マンシャは既にお疲れモード・ JFKえらく活舌悪かった。・ 声出し応援はやっぱり良いですね。...

  • 2022 8.21 甲府 - 東京V

    前3人の低調がブレーキになった千葉戦。フォゲッチ・マンシャに続いて、ここで新戦力抜擢有るや無しやがポイント。詳細レビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府、 にほんブログ村/サッカー/東京ヴェルディ  それぞれ御参照下さい。      ...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 15.大津港

    [大津港]周遊クルーズだけで水上バスはないんですね。宇佐山テラスから気になってたのが、対岸の銀色屋根奇抜な建物。隣で写真撮ってたご婦人に尋ねたら、「新興宗教の教団本部だったかしら」と。よく県で認可したもんだ。離れた仲間と完全に会話してた鳥。...

  • 2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 14.大津城

    [大津城](滋賀県大津市)天正14年(1586年) 坂本城に代わる拠点として築城。文禄4年(1595年)  京極高次が6万石で入城慶長5年(1600年)  京極3000vs西軍15000 防御力低い大津城で一週間持ちこたえる。              戦後、家康から激賞されて、若狭小浜8万2千石にステップアップ⤴慶長6年(1601年)  3万石で入った戸田一西は膳所城築城し、大津城は棄却。・城の港湾機能は現在の...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、K2さんをフォローしませんか?

ハンドル名
K2さん
ブログタイトル
青の傭兵
フォロー
青の傭兵

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用