searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

bookwarmさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読書感想文 3行で斬ります
ブログURL
https://book-reading-3lines.blogspot.com/
ブログ紹介文
最近、読んだ本の感想を3行だけで書きます。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2010/09/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、bookwarmさんの読者になりませんか?

ハンドル名
bookwarmさん
ブログタイトル
読書感想文 3行で斬ります
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
読書感想文 3行で斬ります

bookwarmさんの新着記事

1件〜30件

  • 現代語訳 武士道 (ちくま新書)

    新渡戸 稲造 (著), 山本 博文 (翻訳):現代語訳 武士道 (ちくま新書),筑摩書房 (2010/8/6) 「日本では宗教教育がないのにどうやって道徳を学ぶのか」と著者が外国人から問われ,書いたのがこの本.外国人向けの解説書なので,元は英文ですが,それを山本 博文氏が...

  • フィンテック FinTech (やさしく知りたい先端科学シリーズ4)

    大平 公一郎 (著):フィンテック FinTech (やさしく知りたい先端科学シリーズ4),創元社 (2019/6/14) 最近,ときどき耳にするフィンテック. フィンテックはFinance(金融) Technology(技術)の略だ.株や為替などで金儲けするための技術...

  • 人生の1冊の絵本 (岩波新書)

     柳田 邦男 (著):人生の1冊の絵本 (岩波新書),岩波書店 (2020/2/29) 柳田邦男さんの本を読むのは初めてだ.戦争,災害,事故,医療などの分野のノンフィクション作家というイメージがあったのですが,こんな本も書かれているのですね. 絵本とは実に奥が深い.これ...

  • 部分矯正とマウスピース矯正の魅力

      青山 健一 (著):部分矯正とマウスピース矯正の魅力、桐書房 (2017/1/1) 本書では,部分矯正とマウスピース矯正という2つの歯科矯正方法について書かれています. 部分矯正は,前歯だけの矯正で,歯全部を矯正する全体矯正に比べると安上がりですが、噛み合わせの改善...

  • スタディサプリ 三賢人の学問探究ノート(3) 生命を究める

     福岡 伸一 (著), 篠田 謙一 (著), 柴田 正良 (著),:スタディサプリ 三賢人の学問探究ノート(3) 生命を究める,ポプラ社 (2020/3/17) 動的平衡の福岡先生,DNA解析で日本人の起源を探求する篠田先生,そして哲学の分野でロボットの心について研究する...

  • まなの本棚

     芦田 愛菜 (著):まなの本棚,小学館 (2019/7/18) 様々な本の紹介・感想だけでなく,著者自身のことも本と関連付けて書いてあります. 年間は100冊以上読むそうで,私の倍!すごっ! この本を執筆当時は著者は中学生.難しい言葉は使ってないものの,とても中学...

  • ドラえもんを本気でつくる (PHP新書)

      大澤 正彦 (著):ドラえもんを本気でつくる (PHP新書),PHP研究所 (2020/2/15) 自立した有能なロボットではなく,人とのインタラクションを重視した,頼りなく,かまってあげたくなるようなロボットの話. 物事を推進するのには,人と人の間でもインターラク...

  • 写真集 必死すぎるネコ (タツミムック)

      沖 昌之 (著):写真集 必死すぎるネコ (タツミムック),辰巳出版 (2017/9/15) かわいいだけがネコじゃない.必死な姿に思わず微笑んでしまいます. 3年半にわたって撮影した何万枚もの写真から厳選したそうだ. 塀に懸垂状態でぶら下がっているネコが一番必...

  • 図解でわかる 14歳から知っておきたいAI

    インフォビジュアル研究所 (著):図解でわかる 14歳から知っておきたいAI、太田出版 (2018/1/20) AIの入門書というより、紹介書かな? 図はとてもビジュアルで良いです。 書名は「14歳から...」ですが、中学生にはちょっと難しかも?   詳細はこ...

  • 60歳を超えても40代に見える生き方 老化に勝ち続ける私の毎日 (講談社+α新書)

    南雲 吉則 (著):60歳を超えても40代に見える生き方 老化に勝ち続ける私の毎日 (講談社+α新書)、講談社 (2018/2/22) 心のツヤ、体のツヤ、血管のツヤ、細胞のツヤ、腸のツヤ、筋肉のツヤ、外見のツヤ、を手に入れるための著者の提唱する若返り健康法が紹介されてい...

  • 迷ったときは、前に出ろ!―タイガース再生への道、険しくとも

      星野 仙一 (著):迷ったときは、前に出ろ! 、主婦と生活社 (2002/10) 闘将 星野仙一さんがタイガースの監督に就任して、1シーズン終了後に語ったことを本にしたもの。 企業の組織を引用しながら、野球の組織論を展開。 厳しくもあり、思いやりもある、かっこい...

  • 嚥下障害のことがよくわかる本 食べる力を取り戻す (健康ライブラリーイラスト版)

     藤島 一郎 (監修):嚥下障害のことがよくわかる本 食べる力を取り戻す (健康ライブラリーイラスト版) 、講談社 (2014/9/11) 嚥下障害は食べ物をうまく呑み込めないという障害。 昔からむせることがよくあるので、ちょっと気になって読んでみました。 原因は何...

  • 坂本真樹先生が教える 人工知能がほぼほぼわかる本

    坂本 真樹 (著):坂本真樹先生が教える 人工知能がほぼほぼわかる本、オーム社 (2017/4/26) AIの入門書ですが、類書には無い解説もあって良かったと思います。特に著者の専門のオノマトペ生成システムは面白いですね。 専門家とは言い難い人の書いたAI本とは違...

  • 現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

     渋沢 栄一 (著), 守屋 淳 (翻訳):現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)、筑摩書房 (2010/2/8) 「日本資本主義の父」と呼ばれている渋沢栄一氏の本。といっても、渋沢栄一自身が執筆したのではなく、彼の講演の口述をまとめたものだそうだ。「論語と算盤」の原文は...

  • あんしん健康ナビ 皮ふと健康 おトク情報

    花川 博義 (著):あんしん健康ナビ 皮ふと健康 おトク情報、1万年堂出版 (2017/10/21) 前半は人体の各部で起こる皮膚の様々な病気の紹介、後半はアンチエイジングのためのスキンケアについて書かれています。シミにはハイドロキノン、薄毛にはミノキシジルとフィナステリ...

  • へそ天にゃんこ (単行本)

      すむぞう (著):へそ天にゃんこ (単行本)、 三笠書房 (2020/1/30) へそ天にゃんことは、仰向けになった超リラックス状態の猫だ。 全国から集めた可愛い写真満載で、癒されること間違いなし!   詳細はこちらから

  • 楽しく習得! 英語多読法 (ちくまプリマー新書)

      クリストファー ベルトン (著):楽しく習得! 英語多読法 (ちくまプリマー新書)、筑摩書房 (2016/7/5) 英米人には宗教的背景や文化、生活から理解できるけど、日本人には分かりにくい英語表現やことわざなどが紹介されています。また、英文小説を読むときのコツや助言も...

  • QOLって何だろう (ちくまプリマー新書)

      小林 亜津子 (著):QOLって何だろう (ちくまプリマー新書)、筑摩書房 (2018/2/6) よく耳にするQOL(Quality of Life)ですが、明確な定義や客観的かつ定量的に評価する指標があるのかと思って、読み始めましたが...そんな簡単なものではなかった...

  • ニューロテクノロジー ~最新脳科学が未来のビジネスを生み出す

      茨木 拓也 (著):ニューロテクノロジー ~最新脳科学が未来のビジネスを生み出す、技術評論社 (2019/11/9) 本書後半の脳情報を読み取ったり、脳に情報を書き込んだり、脳情報処理をコンピュータで実現したり、といったことはいかにもニューロテクノロジーという感じで、と...

  • NHKガッテン! 暮らし劇的大革命: 物忘れ メタボ 血糖値 免疫力 腰痛・ひざ痛 花粉症 サクサクフライ ふわっトロ煮魚

     NHK「ガッテン!」制作班 (編集):NHKガッテン! 暮らし劇的大革命: 物忘れ メタボ 血糖値 免疫力 腰痛・ひざ痛 花粉症 サクサクフライ ふわっトロ煮魚、NHK出版 (2019/11/28) 2018年5月から2019年4月までの1年間の放送内容から人気の高かった...

  • “Secrets” of England

      Colin Joyce (原著): “Secrets” of England, NHK出版 (2019/8/29) 日本で10年間仕事をした経験のあるColin Joyce氏による痛快エッセイ。なかなか面白い! タイトルは“Secrets” of Englandです...

  • わたしの すきな もの

      福岡 伸一 (著):わたしの すきな もの、婦人之友社 (2019/2/15) 『婦人之友』に連載のエッセイを一冊にまとめたもの。 著者のすきなものが34個挙げられています。 私も著者と同じ理科系なので、すきなものはかなり似ていて、共感を覚えます。 自分の...

  • パワースポットはここですね

      高橋 秀実 (著):パワースポットはここですね、新潮社 (2019/10/24) 読み始める前はパワースポットのガイドブックのような本かと思っていましたが、ぜんぜん違ってました。 多数の文献を引用してパワースポットに関する著者の見解が述べられていて、ルポというよりエ...

  • その問題、数理モデルが解決します

      浜田 宏 (著):その問題、数理モデルが解決します、ベレ出版 (2018/12/12) 本をぱらぱらと捲ると何やら難しそうな数式が載っているし、ページ数もけっこうあるしで、読み始めるのにちょっと勇気がいりましたが、...いざ読んでみると、これがなかなか面白い! 男女...

  • スタンフォード式 疲れない体

    山田知生 (著):スタンフォード式 疲れない体、サンマーク出版 (2018/5/25) 著者はスタンフォード大学のアスリートが対象のトレーナー。なので、基本的にはフィジカルの疲れが対象だと思いますが、メンタルな疲れとも関連付けて書かれています。 本書で説かれているIA...

  • 僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)

      堀江 貴文 (著):僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)、小学館 (2019/2/1) AIに身体を持たせる、つまり、AI+ロボットで、人類が飛躍的な進歩を遂げる! そして、煩わしいことは全て身体を持ったAIにさせて、僕たちは好きなことをやっていればいい、とい...

  • Pythonで機械学習入門: 深層学習から敵対的生成ネットワークまで

    大関 真之 (著):Pythonで機械学習入門: 深層学習から敵対的生成ネットワークまで、オーム社 (2019/5/31) 前作 に引き続き機械学習の解説本。今回はPythonによるプログラミングによりニューラルネットワークを構築する方法が解説されています。 前作ではお...

  • VRが変える これからの仕事図鑑

    赤津 慧 (著), 鳴海 拓志 (監修):VRが変える これからの仕事図鑑、光文社 (2019/8/21) VR(ヴァーチャルリアリティ)について、少しは知っているつもりでいたが、全く知らない世界になっていた。 ビデオやネットと同じように、VRの普及を牽引するのもエロ...

  • AI以後: 変貌するテクノロジーの危機と希望 (NHK出版新書)

     丸山 俊一 (著), NHK取材班 (著):AI以後: 変貌するテクノロジーの危機と希望 (NHK出版新書)、 NHK出版 (2019/10/10) 物理学、倫理学、哲学、著述の各分野で、AIと関わっている異色の4人。この方々が現在や未来のAIをどう見ているのか? ...

  • 『英語の決定版』 電話からメール、プレゼンから敬語まで

     ジェームス・M・バーダマン (著), マヤ・バーダマン (著):『英語の決定版』 電話からメール、プレゼンから敬語まで、朝日新聞出版 (2019/10/18) ビジネスで使う英語フレーズを集めた本。 それぞれのフレーズに対して、丁寧さの度合いが三段階で表示されている...

カテゴリー一覧
商用