daisukeとhanakoの部屋
住所
青葉区
出身
山形県
ハンドル名
辰つぁんさん
ブログタイトル
daisukeとhanakoの部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/daisuke-nana/
ブログ紹介文
ミニチュア・ダックスのdaisuke(7歳、オス)とhanako(2歳、メス)の刺激的な仙台生活
自由文
-
参加カテゴリ

犬ブログ / ミニチュアダックスフンド

地域生活(街) 東北ブログ / 仙台情報

更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2010/07/01

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数

辰つぁんさんのブログ記事

  • くら寿司 苦戦

    近所にできたくら寿司に行ってみました。スシローと同じく徹底的に無人化しています。フロアーには案内と会計の女性が二人しかいません。ビール、酒はセルフで持ってきます。タッチパネルで注文。特急レーンで席に品が届きます。この辺はスシローと同じ。食べ終えた皿はここに入れていきます。5枚入れると「びっくらポン!」(おもちゃ)が当たる抽選ができます。必ず当たるわけではありません。子供がいると、もう一回、もう一回、となります。話題のくらバーガーを頼んでみました。魚を材料にしたパテ。上に天ぷらが乗ってます。まあ70点か。カレーライス、ラーメン、アイスクリームまでありますが、子連れ客以外がそれを認めるかどうかが成長の分岐点となりそうです。2019年7月の既存店の売り上げ高は対前年同月比91.3%と最近では最も低い値を示した。上半期...くら寿司苦戦

  • 仙台七夕 2019

    仙台七夕は藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せている。七夕まつりは旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていたが、仙台七夕まつりはその季節感に合わせるため新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の8月6日から8日に開催されている。期間中は、仙台市内中心部および周辺の地域商店街をはじめ、街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、毎年200万人を超える多くの観光客が訪れる。仙台七夕の特徴の一つに七夕飾りの「7つ飾り」がある。「7つ飾り」は投網、屑籠、巾着、紙衣、吹き流し、折り鶴、短冊の七つからなり、その一つ一つに願いや思いが込められている。投網・・・豊漁・豊作への願いがこめられている。屑籠・・・ものを粗末にしないで、...仙台七夕2019

  • かわまちてらす閖上

    名取市閖上は東日本大震災で大きな被害を受けた。住民の意見が割れて、復興計画策定は遅れに遅れたが、ようやく朝市や水産加工団地、小中一貫校、復興住宅などが整ってきた。そして2019年4月25日、「かわまちてらす閖上」がオープンした。ネーミングには生まれ変わった閖上のまちを照らし、川辺の憩いのテラスとなるようにとの願いが込められている。日和山神社だけは元の場所にあるが、周りの道路はすっかり変わってしまった。名取川河口に沿って商業施設が出来上がった。このような店が並んでいるが、キャパシティは小さい。休日は1時間以上並ばないとどこにも入れない。どの店も大行列。ここはイチゴスイーツの「いちびこ」。イチゴミルクはイチゴをたくさん入れたというけど、800円は高い。一番の目玉、浜やは休み。日曜なのにどういうこと?ランチをあきらめ...かわまちてらす閖上

  • 七夕の祈り

    大崎八幡宮の茅の輪くぐり。上半期の汚れを祓う儀式。境内には竹が設置されている。願いを書いた短冊を竹に結ぶことができる。羽生結弦選手の健闘を祈る絵馬が多い。楽天イーグルスを応援する巨大絵馬。様々な人たちの様々な願い。七夕の祈り

  • ガストでモーニング

    朝6時に起きて広瀬川遊歩道をウォーキング。そのままガストまで行ってモーニングセットを注文することに。ここのモーニングはとってもお得。399円~699円の和食と洋食が選べ、ドリンクバーと読売新聞まで付いています。よりどりバランス朝定食699円。鯖の塩焼き、目玉焼き、厚切りベーコン、ソーセージが付きます。ゆっくりカフェラテを飲んで、新聞を読んで、一日の始まりが充実。ガストでモーニング

  • 早朝ウォーキング

    朝6時に起きて広瀬川をウォーキング。6時半でも日は高い。結構人は多い。川内三十人町の坂を上ってみた。立派な住宅が多い。再び広瀬川に。ダイスケの友達だったそら君にばったり。2年ぶりだ。早朝ウォーキング

  • 大沼デパート(山形市)の今

    経営難と再建難に見舞われている山形の大沼デパートを訪れた。さすがに建物は古めかしくなっている。デパートの顔、一階の化粧品売り場。お客さんがいない。オンワードが入っている。ここもお客さんがいない。別の階も・・・この状態では明日閉店と言われても驚かない。訪れたときは高校制服注文会が開かれていた。左から北高、西高、東高。地下一階の食品売り場もこの通り。7階のこの空きスペースは?大食堂があった場所だった。2月に閉店したのだそうだ。かつてはこのような店だった↓もう一度利用したかったが、残念です!大沼デパート(山形市)の今

  • 国際センター駅のパネル

    地下鉄東西線国際センター駅。3枚のパネルが設置された。仙台出身の荒川静香さん、羽生結弦君のオリンピック金メダル獲得を記念したものだ。金メダル1個についてパネル1枚という計算になっている。東西線の線路。奥に見えるのは西道路。10分ほど歩くと西公園。その川沿いの場所に仙台キリシタン殉教の碑がある。500年前の冬、この場所にあった水牢で8名のキリスト教徒が殉教した。スケートの記念碑と違ってここは訪れる人も少ない。青葉山地区の光と影。国際センター駅のパネル

  • 杜の都の音楽祭inはちまん

    5月26日、大崎八幡宮境内で「杜の都の音楽祭inはちまん」が開催された。ステージは3か所あり、これは広場ステージ。斎場ステージ。(どんと祭のご神火の場所)著名な芸能人が出ないので観客はまばら。ラーメン屋も出店。境内を自由に闊歩する鶏。子供たちも鶏を見て大喜び。広場ステージ隣にある神馬者。かつてはここで神馬が飼われていたが、今は木馬が代わりを務める。杜の都の音楽祭inはちまん

  • 仙台青葉祭り

    5月18日~19日、仙台市一番町、広瀬通り、東2番丁などを会場として、仙台青葉祭りが開かれた。以下仙台市のHPより引用しました。この祭りの起源は、江戸時代・仙台藩最大の祭りの仙台祭まで遡ります。明暦元年(1655)年に始まったこの祭は、毎年9月17日に東照宮(仙台市青葉区)の祭りとして、藩をあげて行われ盛大なお祭りでした。町内より多い時では70基の山鉾が城下を練り歩いたそうです。明治時代になると、明治7年にできた伊達政宗公を祀る青葉神社(仙台市青葉区)の例祭に変わり、政宗公の命日である5月24日に執り行われるようになりました。この礼祭は、青葉祭りとも呼ばれ盛んに行われていました。特に明治18年の政宗公没後250年祭や、昭和10年の300年祭には多くの山鉾が市中に出て盛大に行われました。しかし、昭和40年代後半に...仙台青葉祭り

  • 旧十字屋跡地にホテル建設 山形・大和ハウス系、21年3月完成予定

    2019年05月19日09:26山形新聞ニュース解体工事が進む旧十字屋山形店ビル=山形市幸町昨年1月に閉店した旧十字屋山形店ビル跡地について、大和ハウス工業(大阪市)の100%子会社でホテル運営などのダイワロイヤル(東京)が、ホテルを建設することが18日、複数の関係者への取材で分かった。近隣への説明文書によると、12階建てで、ホテルをメインに一部に店舗も入る複合型テナントビル。今年9月着工、2021年3月完成の予定としている。ダイワロイヤルのホームページなどによると、同社はホテル事業として「ダイワロイネットホテルズ」のブランド名でビジネスホテルを全国約50カ所で展開している。本県への進出は初めてで、既に近隣への説明を始めた。旧十字屋山形店ビルは閉店後、解体が進み、今夏までに更地になるとみられる。計画では、ビルは...旧十字屋跡地にホテル建設山形・大和ハウス系、21年3月完成予定

  • 子平町の藤

    今年も藤の花の季節が来た。仙台市子平町の千田さん方の藤も満開となり、お庭を拝見させていただいた。今年は好天で去年より花が多いとのことだ。伊達政宗公が426年前に朝鮮から持ち帰ったと伝えられる。花もきれいだが、香りも素晴らしい。子平町の藤

  • 半子町の藤

    毎年5月、仙台市子平町(昔は半子町という町名で、「半子町の藤」と言い慣わされてきた)の千田さん宅の藤の花が公開される。今年は好天で例年より10日ほど開花が早い。伊達政宗公が425年前に朝鮮から持ち帰ったと伝えられる。千田さん宅は藤以外にも樹木が多く、剪定代も莫大なものだろうと思う。藤棚から垂れる紫の花。400年以上たつ蔓はこの通り太くなった。太い枝をくぐって順路を進む。この美しさ。藤の甘い香りが何とも言えない。公開は11日まで。半子町の藤

  • 南三陸の旅 9  聖地

    スピーカーも波で破損している。いつも語り部の人がいる。学校正門が慰霊台として使われている。裏山に立つ浸水高の立て札。その上の人がいるところまで登れば助かった。希望の天使の像。8年たっても献花は絶えない。ここは震災犠牲者慰霊の聖地となった。この先何度も訪れることになるだろう。南三陸の旅終南三陸の旅9聖地

  • 南三陸の旅 8 大川小学校

    追分温泉の山道を下ってくると北上川河口に出た。ここには震災の津波で74人の児童が亡くなった大川小学校がある。2年ぶりの訪問となる。建物は震災遺構として保存されることが決まった。(一度目の住民投票では解体派が多かったが、二度目に逆転した。)今でも訪問者が多い。かならずテレビクルーと出会う。「まちなみ復元模型展示施設」が出来ていた。月1回ほどの開放らしい。今日は開いていてラッキーだった。「とうもろこしなどを育てていた」・・・記憶の中だけのものになった風景。学校の建物は風雨にさらされ、少しずつ劣化している。2階の教室も波に飲まれた。破壊された渡り廊下。3階建てにすれば逃げ場があったと思う。続く南三陸の旅8大川小学校

  • 南三陸の旅 8  大川小学校

    震災の津波で74人の児童が亡くなった大川小学校。2年ぶりの訪問となる。建物は震災遺構として保存されることとなった。(一度目の住民投票では解体派が多かったが、二度目に逆転した。)車も訪問者も多い。かならずテレビクルーと出会う。まちなみ復元模型展示施設が出来ていた。月1回ほどの開放らしい。今日は開いていてラッキーだった。「とうもろこしなどを育てていた」・・・記憶の中だけのものになった風景。建物は風雨にさらされ、少しずつ劣化しているのだろう。2階の教室も波に飲まれた。破壊された渡り廊下。3階建てにすれば良かったんだな。南三陸の旅8大川小学校

  • 南三陸の旅 7  山の中の追分温泉

    南三陸から県道68号線で北上に向かう。車一台がようやく通れるくねくねした山道。対向車が来ないことを祈りながら走る。(幸い一台もすれ違わなかった!)峠を下り、途中で追分温泉に立ち寄る。主人はきれい好きで館内はピカピカに掃除されている。スポーツカーが大好きなんだそうだ。1泊2食7000円くらいで、食事は大判振る舞い。続く南三陸の旅7山の中の追分温泉

  • 南三陸の旅 6 ハマーレ歌津

      歌津に作られた商店街「ハマーレ歌津」。 あまり活気がない。  移動郵便局!郵便局がないのだ! まったくお客さんがいない。45号線沿いにあったが、道路が移動したためお客さんが通り過ぎてしまうのだそうだ。一番右の店舗は佐藤酒店。夜は居酒屋になるのだそうだが、周りは真っ暗で寂しそうだ。呑んだらどうやって家に帰るのだろう。  美味しいものもあるんですが。 なにかイベントがあるようで、準備中。  続く     南三陸の旅6ハマーレ歌津

  • 南三陸の旅 5  BRT

    不思議な風景である。鉄道のトンネルなのにレールがない。かつての気仙沼線の線路はレールが外され、舗装されて専用バス(BRT)が走るようになった。BRTの停留所。地元の人にとってはBRTは鉄道の代わりにはならない。仙台、東京につながる鉄道があることが地域存続の生命線なのだ。気仙沼線は請願してから完成まで80年かかったという。これから80年かかっても鉄道を復活させたいとしている。続く南三陸の旅5BRT

  • 南三陸の旅 4  高野会館

    かつて志津川病院のすぐ海側にあった高野会館。病院の建物も取り壊された。結婚式場だった。支配人が地震後、客を返さず屋上に登らせた。その結果全員が助かった。津波のモニュメントとして保存される。4階に浸水ラインがある。2018年3月12日の空撮http://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/summary/local/06/続く南三陸の旅4高野会館

  • 南三陸の旅 3  防災対策庁舎

    南三陸町の中心部。八幡川の護岸整備が進む。賑わっていた港周辺はまだこの通り。病院には小児科がなく、交通も買い物も不便。若い世代が復興を待てずにどんどん町を離れている。若い世代がいなければこの町はいずれ消滅する。防災対策庁社。屋上まで水没し、大勢の犠牲者が出た。慰霊所。庁舎の周囲は公園にする工事が行なわれている。語り部バスの乗客はここで黙祷を捧げる。続く南三陸の旅3防災対策庁舎

  • 南三陸の旅 2 戸村中学校

    被災地を巡る「語り部バス」に乗った。高台に建つ戸村中学校。この1階にまで波はやって来て、数名の方が亡くなった。時計は2時48分で止まっている。2時46分の地震のあと、2分間電気は流れていたことが分かる。この中学は2011年に廃校になった。今は公民館として利用されている。時計はそのままにされるようだ。学校脇には2体のモアイ像が立ち津波の来た方向を見据えている。かつての住宅地は一面の原野になり、ただでさえ過疎の地域での復興の難しさを物語っている。続く南三陸の旅2戸村中学校

  • 南三陸の旅 1 戸村小学校

    震災後初めて訪れた志津川湾の夕景。日の出。午前4時51分。あの日、この海が20mも盛り上がったとは信じられない。南三陸町でも特に被害が大きかった戸村地区。奥の高台の家の1階まで津波に襲われた。今はすっかり草原になった場所に戸村小学校があった。地震のあと、校長先生の英断で児童はすべて高台まで避難。さらに右の小山の五十鈴神社まで登った。児童たちはこの小さな神社とその周りで寒い夜を明かした。低学年の子が眠らないように、高学年の子は卒業式のために練習した「旅立ちの日に」を何度も歌った。そして全員が助かった。6年生は卒業式が出来ずに中学生になった。5ヶ月後の8月、改めて卒業式が行われた。そこに歌手の川島愛さんがサプライズ出演して、「旅立ちの日に」をみんなで合唱したという。続く南三陸の旅1戸村小学校

  • 海辺の風景 (2011年12月1日の日記)

    石巻のシンボル、日和山に登ってみる。山から南側を見ると住宅地が丸ごと消えていた。石巻市立病院など、コンクリートの建物だけが疎らに残る。日和大橋は津波をかぶったがなんとか耐えたようだ。津波とは単なる大波でなく、海底から海上までのすべての水の移動だと初めて知った。今回の地震が放出したエネルギーは阪神大震災(M7.3)の1,450倍で、津波の遡上高は宮古市重茂姉吉地区で観測史上最大の40.4mに達した。それにしてもなんという広さに波が来たことだろう。山を降り、旧北上川の中瀬まで行く。ここには岡田劇場、ハリストス正教会、石ノ森萬画館、料亭、マリーナなどがあり、石巻観光の中心だった。地盤沈下で中瀬の大きさは一回り小さくなった。160年の歴史があった岡田劇場は、基礎を残して跡形もなかった。石ノ森章太郎が映画を観に中田町から...海辺の風景(2011年12月1日の日記)

  • 樹氷を見に行く

    3月9日、快晴。気温15℃とポカポカで、樹氷見物を思い立った。樹氷原までは蔵王山麓駅→樹氷高原駅→地蔵山頂駅とロープウェイを2つ乗り継いで行く。山麓線。傾斜38度の横倉の壁。挑戦する人を下で多くのギャラリーが見ている。山頂線のゴンドラ。樹氷原に入った。地蔵山山頂。雪は深いが、好天に恵まれそれほど寒くない。地蔵さんは首まで雪に埋もれていた。今年は暖冬で樹氷の出来は良くない方だ。蔵王はスキーに来ると大抵吹雪だ。こんな好天はシーズンに1,2回あるかないか。下界は春の陽気だが、ここはまだ冬の只中。サングラスを忘れたので紫外線に目が痛い。レストハウスに戻ったらしばらくあたりが暗く見えた。樹氷と雪を堪能して再び下界へ。蔵王温泉で蕎麦を食べて仙台に帰る。また来年も来たいものだ。樹氷を見に行く

  • 光の春

    この冬仙台は雪こそ少なかったが寒かった。雪は3回ほど積もったが、翌日には晴れてすっかり解けた。根雪にはならず鶴嘴を振るうこともなかった。2月は28日しかないのにとても長く感じる。1月の次がすぐ3月だったらどんなに良いだろう。寒い日はまだまだあるが、少しずつ日脚は伸び、夕方5時でも明るくなった。日の光にも、どことはなしに春を感じるようになった。近所の公園にも子供たちが出てきた。泉ヶ岳にも雪はあるが、春の色になって来た。気象予報士、故・倉嶋厚の「気象歳時記」に次のような記載がある。・・・・・二月の光は誰の目から見てももう確実に強まっており、風は冷たくても晴れた日にはキラキラと光る。厳寒のシベリアでも軒の氷柱から最初の水滴の一雫が輝きながら落ちる。ロシア語でいう「光の春」である。ヨーロッパでは二月十四日のバレンタイン...光の春

  • チョコレートらーめん

    幸楽苑で期間限定で発売されたチョコレートらーめん。見た目グロテスクですが、「おいしい」とうたってあるので、だまされたつもりで食べに行きました。さあ来ました。チョコレートフォンデュのようです。しかしスープは・・・醤油味!普通の醤油ラーメンにカカオオイルで色付けしたとのことです。板チョコが1枚乗せて会って、その周りだけ甘いです。生姜とネギがオイルっぽさを中和しています。4人で注文しましたが、全員完食しました!デザートにチロルチョコも付きました。皆さんも話のタネにいかがですか?2月14日まで。561円。チョコレートらーめん

  • タイ料理・ベトナム料理 SAMOSA (錦ケ丘)

    錦ケ丘ヒルサイドモールにあるタイ料理・ベトナム料理SAMOSA。土日のお昼時は混んでいます。ランチはドリンク付き、ライス・ナンのおかわりが出来てお得。子供には辛くないメニューがあります。ベジタブルカレーセット、750円。日本人の口に合うようアレンジされています。辛さも6段階で選べます。トムヤムフォーセット、880円。辛さは選べません。辛いですが美味しいです。美味しいですが辛いです。タイ料理・ベトナム料理SAMOSA(錦ケ丘)

  • 山形市の初市 2019

    山形には、「年の始めは初市から」という言葉があります。毎年1月10日は山形市の初市。十日町から七日町の目抜き通りに約200軒の露店が出ます。十日町にある市神様の碑。市神様の御神体は湯殿山神社と歌懸稲荷におられます。十日町。この辺から混んで来ます。辰つぁんの好きな木工品。農家の冬の副業として作られます。雪はきと木槌。雪へら。すぐに雪がついて「ぼっこ」になる。雪はきは1296円です。臼。買って餅突きをしたいが、手入れが大変だ。まな板とアケビ蔓で編んだ買い物かご。買い物かごは5万円もします。幸せを呼ぶ団子木。大きな蕪。(商売の)株が大きくなるようにとの縁起物。初飴にもいろんなバリエーションが出来ました。気をつけないと歯の詰め物が取れます。頭をかんでもらうと1年無病息災。2019年、今年も良い年になりますように!山形市の初市2019

  • 真っ赤な京都においでやす 5  下鴨神社

    下鴨神社の糺の森。こういう小川が古都の雰囲気を感じさせる。400年以上前にできた小川だという。京都では「400年前の」は普通に使われる。黒いダックスフント。飼い主の叔母さんに聞くともう20歳で目が見えないのだそうだ。神社の境内を馬車が走る。陽が傾いてきた。そろそろ駅に戻らねばならない。京都駅は修学旅行生もいて大混雑。隣接する京都劇場では加藤登紀子の「ほろ酔いコンサート」が行なわれていた。紅葉見物の旅はここいらでお仕舞。「真っ赤な京都においでやす」了真っ赤な京都においでやす5下鴨神社