プロフィールPROFILE

六角堂さんのプロフィール

住所
中京区
出身
中京区

ブログの傍ら一週間に一度メルマガにコラム風の文章書きをして写真を撮ってサイトを作りました。「京に癒やされ」というサイトのネーミングは、「この町に暮らし営む者として、明日の京都を更に元気にしていこう」、という想いから、名付けています。 http://kyoto-brand.com/index.php タウン雑誌を作る傍ら、「今ここにある」風流を楽しみ、重んじ、粋に生きることをなおざりにしていることに気づいたのです。

ブログタイトル
烏丸かわら版
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/rockkakudo/
ブログ紹介文
京都の歳時記、出来事、グルメ、あるある京モノのOLD&NEWをチョイス、雑記ダイジェストです
更新頻度(1年)

368回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2010/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、六角堂さんの読者になりませんか?

ハンドル名
六角堂さん
ブログタイトル
烏丸かわら版
更新頻度
368回 / 365日(平均7.1回/週)
読者になる
烏丸かわら版

六角堂さんの新着記事

1件〜30件

  • 老舗「笹屋昌園」が 出来たての本わらび餅カフェ

    京都でわらび餅を作り続けて100年余の老舗、笹屋昌園は、龍安寺本店の隣に創業以来初の飲食店「SASAYASHOEN CAFE&ATELIER」を1月22日(水)にオープン。出来たての本わらび餅でしか味わえない美味しさ、食感を提供するわらび餅の専門店です。【3分で食感が変わる本わらび餅

  • 新春展「近代の博覧会と茶の湯」 / 茶道資料館

    19世紀後半、万国博覧会は各国がそれぞれ独自の思想や最新技術を示し、国家の威信をかけて臨む祭典でした。明治維新を契機として近代国家への道を歩みはじめた日本は、各国で開催される万国博覧会で欧米諸国の先進技

  • 華めく洋食器★細見美術館

    大正 8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランス

  • 一休善哉の日2019☆酬恩庵一休寺

    平成17年より1月最終日曜日を「一休善哉の日」として、その一年間の各人毎の誓いの言葉を奉納するようになりました。その一年の自分自身の目標を新たにし、一年間その言葉を持って、生きていく力づけにしようとす

  • 東寺の初弘法と弘法市

     2020年、最初の“弘法さん”が近づきました。いつもにまして華やかに賑わうのが「初弘法」一日中居ても飽きずに楽しめるほどの出店があります。  元来”縁日”とは神仏が、この世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると大きな功得があるということだ

  • イタリア食堂イスコ(Trattoria ISUQO)オープン

    イタリア食堂の名の通り気軽にイタリアンを楽めるTrattoriaイスコが12月にオープンした。場所は、四条大橋の下手、団栗橋と河原町通の間あたり。烏丸御池のイタリアンバル モダンタイムスの2店目となる。イタリア食堂イスコTrattoria ISUQO営業時間18:00~26:00(L.O.25

  • 小豆粥で初春を祝う!

    平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京

  • 瓢亭×京あそび×無鄰菴

    和ろうそくで見る「国宝 源氏物語関屋澪標図屏風 (高精細複製)」と特別お濃茶席この冬、最後の特別企画。凛とした京都の冬の夜、瓢亭さんでお食事を楽しみ、隣の無鄰菴へ。静かな庭を通り抜けると、和蝋燭に照らし出された金屏風がお待ちしています。今年は「国宝 源氏

  • 湯立て神楽 /城南宮

    神楽鈴や扇を手にして4人の巫女が祓神楽を舞い終えると、 襷(たすき) 掛けの巫女が「文政六年癸未二月」1823年の銘を持つ直径70㌢近い大釜の前に進み出ます。 まず「杓取の儀」といって柄杓で天の水を掬って大釜

  • 厄除大祭・焼納神事 石清水八幡宮

    古くは「法会」と呼ばれ、正月三ヶ日さながらに多くの参拝者で賑わいます。期間中の厄除開運祈願の方には、5日間限定の「厄除大祭札」が授与される。青山祭/  1月18日  17時明治以前は道饗祭(みちあえのまつり)

  • 左義長(とんど)祭 平岡八幡宮

    小正月の15日、花の天井で知られる梅ケ畑の平岡八幡宮の境内で、しめ縄や門松に点火する恒例の「とんど」が行われる。無病息災を願い、神前に供えられていた鏡餅を焼いた左義長もちが参拝客には授与されます。正

  • 小正月の火祭り どんど焼き

    長さ5メートルほどの竹を3本束ねてぐるっとしめ縄を巻き、去年の縁起物や絵馬お守り、門松や書き初めなどを集めて焚き上げ、その年の恵方へ倒します。その火で炙-った餅を食べると無病息災のご利益があるとされていま

  • 恒例初観音/通し矢と楊枝のお加持

    どんな頭痛薬を服用しても駄目、どうも頭が重い、痛いという方がおられるだろう。かの後白河法皇も同様で、その頭痛を取り除いたといわれる「柳の木と骸骨が封じ込められた観音さん」平安時代から行われている三

  • 商売繁盛 笹もってこい! 京都ゑびす神社

    明日より宵戎はじまる ゑべっさんの京都ゑびす神社何でも縁起かつぎをして、いいように解釈することは精神衛生に良いことである。商売繁盛 笹もってこい!商売繁盛 笹もってこい!「今宮ゑびす」「西宮ゑびす」と比べると、報道が地味な「京のゑべっさん」であるが、京

  • 初薬師・因幡薬師手作り市

    初薬師その年初めての因幡薬師手づくり市。当時をご存じの方々の話によると昭和22、23年頃まで毎月二回、縁日にあわせて境内のみならず、近隣の道にまで夜店が出て賑わっていたとのことです。廃れてしまったその縁日を復興させようと、平成13年から薬師如来の縁日である8

  • 祗園のえべっさん

    「 商売繁昌で笹もってこい!」のかけ声でおなじみの「えびす信仰」は、日本各地に拡がっています。その「えべっさん」が、八坂神社の境内にいらっしゃるのをご存じですか?全国的に名の知られた大阪の今宮戎神社の

  • 水族館で丹波産の大黒本しめじオリジナルメニュー

    開業時より京野菜をはじめとする京都の旬の食材を使用したオリジナルメニューを提供してきた「京野菜レストラン梅小路公園」では、「京のブランド産品」を含む京都府産農林水産物を使用したメニューを販売する。今回は、「京のブランド産品」の一つ「大黒(だいこく)本し

  • 七草粥☆白馬奏覧

    1月7日は五節句の本年最初となる「人日の節句」です。また、天皇が豊楽院(のちに紫宸殿)に出御して邪気を祓うとされる白馬を庭にひき出し、群臣らと宴を催す儀式「白馬節会」(あおうまのせちえ)に由来する神事、上賀茂神社の「白馬奏覧神事」があります。年の始めに白

  • 京都レストランウインタースペシャル2020

    京都の冬の味覚が堪能できる食のイベント京都を代表する一流の飲食店が勢揃い!2月限定で、各店が趣向を凝らしたスペシャルな料理を、スペシャルな価格で提供します。 伝統の味を受け継いできた老舗店舗に加え,新進気鋭の今注目の店舗など,様々なジャンルの200店舗で特

  • 蹴鞠はじめ2020

    蹴鞠(けまり)は,約1,400年前の大和朝廷時代に,中国から我が国に伝えられたといわれる球戯の一種です。勝敗はありません。我が国では,時代によって宮中において盛んに鞠会が催され,平安時代中頃以降の古文書には,鞠会の記述がしばしば見られます。鎌倉時代には,武

  • 2020 書初め展&筆始祭と天満書 / 北野天満宮

    書道の神として崇敬されている御祭神菅原道真公を偲び、書道の上達を祈願した後、絵馬所にて神前書初め(天満書)が行われています。1月2日 筆始祭(ふではじめさい) 午前9時から約30分間(於本殿)1月2日~4日

  • どこで撞く除夜の鐘2019

    【大晦日】━┓┃2019 除夜の鐘は何処で撞く?━━━┛除夜の鐘とは、12月31日(大晦日)の深夜に、お寺の鐘を 108回撞いて、一年の煩悩(仏教では、人には百八つの煩悩があると言われる)を祓うことにより 解脱し、悟りを開くことができるとされる、古来より続く習わし

  • 京都タワー「元旦初のぼり」2020

    ~初詣は地上100mの展望室からご来光を観よう~、京都市街で最も高い地上 100m の展望室からの眺めを楽しみながら、初日の出がのぼる瞬間をご覧いただけます。また、展望室にある「たわわちゃん神社」にて初詣が

  • 大晦日除夜祭~をけら詣 / 八坂神社

    白求祭と書いて・・・をけらまつり。大晦日の午後7時 、除夜祭齋行ののち、境内に吊された灯籠にともされ、人びとの願いを記した「をけら木」とともに、夜を徹して(~元旦午前5時頃)焚かれる。12月31日15:00

  • 知恩院の除夜の鐘~撞く・聞く・見る?

    大みそかには、「えーいひとーつ」「そーれ」の掛け声のもと、親綱、子綱を17人の僧侶が力を合わせて、 一打一打鐘を打ち鳴らします。撞く数は我々がもつ煩悩の数、108。1年間の煩悩を払い、清らかな心で新しい年を迎える行事です。知恩院の大鐘は、日本最大級の大梵鐘

  • 追儺式と除夜の鐘☆修正会 延暦寺

    「一年の計は元旦にあり」と申しますが、その前日である大晦日に、この一年無事に過ごすことが出来た感謝をお祈り致します。また、日付が変わる一時間前には、人間の心の悪業である、むさぼり、怒り、ねたみを表す

  • 夢二のてしごと☆彡嵯峨嵐山文華館

    マルチクリエイター、夢二による肉筆画、楽譜表紙原画、デザイン画が大集合!竹久夢二(1884-1934)と聞いてみなさんはどのような作品を思い浮かべますか?洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人をイメー

  • 京都2店舗目「ブルーボトルコーヒー」誕生!

    明治後期に創業した「辻森自転車商会」京町家をリノベーション京都に2店舗目の「ブルーボトルコーヒー」京都六角カフェが12月13日、オープンした。地上2階建て、席数は25席。1階で注文し、2階でドリップしたコーヒーを受け取る。ブルーボトル 羊羮 300円京都六角カフェ

  • 12/27★知恩院では除夜の鐘の試し撞きが……

    知恩院の釣鐘は、京都方広寺、奈良東大寺と並ぶ大鐘で、高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さ約70トンあり、重要文化財に指定されています。この大鐘が鳴らされるのは法然上人の御忌大会(4月)と大晦日の除夜の鐘、成人式(1月)の折だけですが、大晦日の前に「

  • 勝海舟没後120年「龍馬と勝海舟をめぐる人々」★☆★ 霊山歴史館

     2019年、勝海舟の没後120年を迎えました。「日本の海軍」を開設したいと動き出した勝海舟と、勝の元で奔走した坂本龍馬、そしてその二人を取り巻く人々や新選組の資料も加え、当時の実像に迫ります。政治の土台

カテゴリー一覧
商用