searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

wadatsumi−hirohimeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
わだつみの華
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wadatsumihirohime
ブログ紹介文
あなたの心のなかを、ここちよい風が吹き抜けますように。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2010/05/20

参加カテゴリ
※ランキングに参加していません

ライフスタイルブログ / 感謝と祈りの暮らし

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、wadatsumi−hirohimeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
wadatsumi−hirohimeさん
ブログタイトル
わだつみの華
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
わだつみの華

wadatsumi−hirohimeさんの新着記事

1件〜30件

  • いのちの祈り

    〇世界人類が平和でありますようにこの祈りはいのちの祈りだよ。いのちの祈り

  • さりげなく コツコツと

    〇人のためにというおもいもなしで、人のために何かしらコツコツやっている人をみると、頭を下げたくなる。さりげなくコツコツと

  • いのちが永遠だから ここまでつづいている

    〇この世だけのいのちだったら、こんなにいろいろなものが出来上がってはきません。いのちというものが永遠だからここまでつづいているのです。いのちが永遠だからここまでつづいている

  • うしろで働いている 神に会っている

    〇みんな、私に会っているけれど、それはつきつめれば、神に会っているということなのよ。えらぶっていうんじゃありません。私が神だっていうんじゃなく私をつくり、私のうしろで働いて下さっている、神々の光をいうんですよ。本当は、みんな私とおなじなのよ。うしろで働いている神に会っている

  • 余分なことを一切 おもわなくなった

    〇私に自分のおもいがないったってそれは、余分なことを一切、おもわなくなったってことですよ。人間としての気持ち、五井昌久の心はあるさ。それでなければみんなに会えないよ。余分なことを一切おもわなくなった

  • 天心とは

    〇天心というのはあかるい心。天心とは

  • 人の智恵と神の智恵が 一体になれば

    〇人の智恵と神の智恵が、一体になればすばらしいものができるさ。人の智恵と神の智恵が一体になれば

  • 先ず 自分の心にきいて みよう

    〇先ず、自分の心にきいて、そして祈って大丈夫だったら、すぐにやっても大丈夫ということだよ。先ず自分の心にきいてみよう

  • いい悪いを判断して おこなう勇気を

    〇いいことはいい。悪いことは悪いと判断しておこなえる勇気が必要だね。いいわるいというのは、人間としてのこころを指すんだよ。いい悪いを判断しておこなう勇気を

  • 一回 頭をからっぽに

    〇頭で考えた智恵は、ろくなものが出てこない。一回頭をからっぽにして神様にあずけてごらん。いい考えがうかぶよ。神様が出して下さるんだ。一回頭をからっぽに

  • 祈りは 神様と私との時間から

    〇祈りっていうのは、神様と私との時間からはじまって、ついに光と合体するところまでゆくものです。祈りは神様と私との時間から

  • 持っている力の90%は まだ眠っている

    〇自分で自分を信頼しなかったらどうするんだい。あなたの持っている力の90%は、まだ、あなたのなかで眠っているんだよ。〇元気を出しなさい。私がいる。持っている力の90%はまだ眠っている

  • 人間は何度でもかわる

    〇人間かわりっこないなんて思い込んでいるのは、大変な錯覚なんだ。人間は何度でもかわる。しかもいい方にかわってゆくんだ。信じることだよ。人間は何度でもかわる

  • 思いをスッキリ切れるのは 守護霊さんの力

    〇人間の持って生まれた性格というものはなかかなおらない。けれど、或る出来事をきっかけにして、スパッと思いの切れる人がある。そうやってスッキリできるのは守護霊さんの力だよ。思いをスッキリ切れるのは守護霊さんの力

  • 神智のきわみは愛

    〇神智。そのきわみは愛なのです。神智のきわみは愛

  • 光の衣 祈りの衣を

    〇光の衣をまとい祈りの衣をまとおう。光の衣祈りの衣を

  • 私は 神の心を説いている

    〇神を求める気持ちはよくわかる。私はそこから一歩すすんで、宇宙のはじめから、愛の光を送りつづけている神の心を、みんなに説いているのです。私は神の心を説いている

  • 人の気持ちのわかる人間に

    〇感受性のゆたかな、人の気持ちのわかる人間になるというのが、何よりも大事です。人の気持ちのわかる人間に

  • 五井先生が一緒にいる とおもって下さい

    〇耐えることのなかでも、寂しさに耐えることは大変な意力がいる。今、寂しさのなかにいる人は、五井先生がみている、一緒にいるとおもって下さい。五井先生が一緒にいるとおもって下さい

  • 宇宙神のなかに入ったいのちは…

    〇大調和の宇宙神のなかに入ったいのちは、何もこわいものがない。宇宙神のなかに入ったいのちは…

  • すべて 神様がして下さる

    〇私は何もおもっていない。すべて神様がして下さるんだ。すべて神様がして下さる

  • その人に合った言葉で話す

    〇十人いれば十人ちがう。その人に合った言葉で話してゆくことが大事です。その人に合った言葉で話す

  • 宗教者は 神に任せる日常を

    〇宗教者が心がけなければいけないのは神に任せるという日常をつくることです。宗教者は神に任せる日常を

  • こころはいつも 神様とともに

    〇なんにも気づいていないけれど、こころはいつも神様とともにいる人、尊いねえ。こころはいつも神様とともに

  • 心やわらかに やさしく

    〇つねにつねにとおもっていると心がちっ息してしまう。心をやわらかにして、やさしくしていれば、つねに祈り、つねに光で心がいっぱいになるものです。心やわらかにやさしく

  • どんな雑念が出ても…

    〇祈りのなかで、どんな雑念が出ても、神からはなれることはない、神が離すことはない─雑念が出たらそう思って祈り続けて下さい。どんな雑念が出ても…

  • 神を目ざして

    〇私たちは、神というふるさとを目ざして歩いている旅人です。神を目ざして

  • すべてのものが過ぎ去っても 神の愛だけは残る

    〇この世の中のすべてのものは過ぎ去っても過ぎ去らないものが一つある。それは神の愛だということばは真実だよ。すべてのものが過ぎ去っても神の愛だけは残る

  • いのちは つねに永遠を目ざす

    〇いのちの流れは、つねに永遠を目ざしている。我々一人一人を生かしめている生命は、そういう悠大な流れのなかに私たちをはこんでゆこうとして、守護霊守護神の加護を得ているのである。いのちはつねに永遠を目ざす

  • 人はみな…

    〇人はみな兄弟姉妹なのだ。人はみな…

カテゴリー一覧
商用