searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

jiitenさんのプロフィール

住所
東京都
出身
新潟県

SEO 対策と新規顧客獲得にJoomla!をテーマに実際にランディングサイトを立ち上げた経験を防備録とします。 その他、毎日感じたことを携帯から投稿したいとおもいます。

ブログタイトル
SEO 対策と新規顧客獲得にJoomla!立ち上げ日記
ブログURL
http://joomlaweb.blog117.fc2.com/
ブログ紹介文
オープンソースCMS Joomla!をつかったSEM奮戦記。ノウハウをもれなく提載します。
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2010/03/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jiitenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jiitenさん
ブログタイトル
SEO 対策と新規顧客獲得にJoomla!立ち上げ日記
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
SEO 対策と新規顧客獲得にJoomla!立ち上げ日記

jiitenさんの新着記事

1件〜30件

  • LoRaWAN®新プロトコル LR-FHSSとAmazon Sidewalk

    まもなく第四世代Amazon Echo&拡張オプションキットが、今月末までに出荷されます。昨年末 Amazon社は、LoRa Allianceのゴールドスポンサーに名を連ねました。それから1年を費やしてコンシューマ市場にLoRaテクノロジーを使った商品化が現実のものとなりました。*大きいサイズのAmazon Echoは、ZigbeeとBluetooth(BLE)対応センサ類の音声コントロールセンターとして活用できつように設計されています。先月中ごろ、LoRa Alliance...

  • LoRaWAN®プロトコルが新たに長距離ネットワーク容量を拡張 – LR-FHSS

    2週間ほど前にLoRa無線変調を発明したNicolas Sorninが、LoRaWANがリリースされて数年最も変革的な出来事とLinkedInで投稿していました。 Semtechから正式にLoRaWANプロトコル拡張のブログが公開されましたので、和訳してみます。*Semtechブログ記事はこちらから.....↓https://blog.semtech.com/lorawan-protocol-expands-network-capacity-with-new-long-range-frequency-hopping-spread-spectrum-technology==================...

  • The Things Network(TTN)を完全サポートしたLoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1を来月発売!

    The Things Network(TTN)を完全サポートしたLoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1を来月発売開始します。 物流倉庫や工場、病院など広い施設で屋内測位をiBeacon端末から情報取得してTTNにアップリンクできます。手軽にインドアマッピング機能を実現することができます。 来週からTTNイニシエータの皆様を中心にサンプル出荷します。いろいろなユースケースの可能性が広がります。 LoRaWAN GPSトラッカー LGT92のPCBをそのまま流用...

  • 米投稿記事:IoTネットワーク企業は鶏が先か卵が先か問題を解決

    興味深い記事なので記載します。来年は、いよいよAmazonが、LPWANサービスをローンチします。今度、LPWAN市場がどういう風に変遷するか?*オリジナルソールはこちらから.....↓https://spectrum.ieee.org/telecom/wireless/iot-network-companies-have-cracked-their-chicken-and-egg-problem=================== 以下和訳 ==================IoTネットワーク企業は鶏が先か卵が先かの問題を解決しましたネットワークとデバイスの...

  • LoRaWANとRS485産業機器との連携 – RS485-LN ユーザーケース

    今月末に技適取得予定のRS485-LoRaWANコンバーター RS485-LNのユースケースが、スペインにあるTTNバルセロナのユーザーであり、IoTインテグレーターから公開されましたのでご紹介します。LoRaWANとRS485産業機器連携 – RS485-LNユーザーケースイントロダクションこの記事では、Dragino RS485-LoRaWAN変換アダプター RS485-LNがさまざまなタイプのRS485産業機器センサーと接続するための事例を説明します。*システム構成図の右側、...

  • LoRaWAN対応室内エアークオリティ・センサノード - LQA4をリリース!

    Draginoから新しく室内向けエアークオリティ・センサノード - LQA4が、まもなくリリースされます! 技適も近日中に対応予定ですので国内でも利用ができます。*エアークオリティセンサノード LQA4の外観Dragino LoRaWAN空気質センサーは、室内の空気の質を監視するように設計されています。 CO2、TVOC、温度、湿度を測定してLoRaWANプロトコルを介してThe Things NetworkなどLoRaWANネットワークサーバーにアップリンクします。L...

  • TTN新潟: 2020.10/15~10/16 県内最大級の産業見本市にいがた「BIZ EXPO 2020」出展!

    2020年10月15日と16日の2日間、新潟で開催されたBtoBに特化した新潟県内最大級の産業見本市にいがた「BIZ EXPO 2020」にTTN新潟イニシエーター 田中さんが、新潟エスラボとして参加されました。*「BIZ EXPO 2020」の詳細はこちらから…↓https://www.niigata-bizexpo.jp/contents/exhibitor/?d=000731■出展内容・LoRaWAN HACCP温度湿度管理・監視ソリューション・医療福祉施設スマートヘルスソリューション新潟からパブリックLoRaWA...

  • 筑波山の麓、広大なワイン葡萄畑にLoRaWAN土壌センサを設置 - Tsukuba Vineyard

    昨日(2022年10月12日)TTN土浦コミュニティのイニシエーター、河合さんにワイン葡萄畑まで車でご案内いただきました。つくば駅から車で30分ほど奥に入り、筑波山の麓にある広大なワイン酒醸造用の葡萄畑です。あたり一面葡萄畑でした。入口から奥に入るとすぐに作業小屋があり、「Tsukuba Vineyard」の看板が見えます。奥に筑波山がみえましたが、あいにく雲がかかってました。晴れた日は筑波山がくっきり見えて眺めが最高のよう...

  • MDPIホワイトペーパー: スマートシティIoT展開のためのLoRaWAN活用、長期評価

    MDPIは、学術的なオープンアクセス出版のパイオニアです。1996年以来、学術コミュニティをサポートしてきました。 専門家の視点でより深みのある論文を全世界にむけて公開しています。イギリスからThe Things Networkを使ったスマートシティに関する実証を交えた興味深い評価レポートが公開されてますのでご紹介します。*ホワイトペーパーのオリジナルソース先↓https://www.mdpi.com/1424-8220/20/3/648/htm====================...

  • 南アフリカでLoRAWANを利用した水資源モニタリングシステム実装 - Keller

    The Things Networkのコンセプトに賛同してパブリックLoRaWANサーバーのスポンサーになり、TTN Public Clusterとして参加している国としてイギリス、オーストラリアなどに加えてスイスも参加しています。下記は、スイスのセンサメーカー Keller AG社のユースケースです。家族経営ながら450人の社員を抱えて世界展開しています。スイスは、欧州で時計などに代表される精密機器産業の中心地でもあります。LoRa無線技術もNiclos Sorni...

  • Semtech LR110はゲームチェンジャーになるか?

    IRNASの代表Luka Mustafaさんとは、3年前 The Things Conferenceが最初に開催された時にSafecast.jpのPieterさんから紹介されました。Lukaさんの最初のプレゼンを聴いた時は衝撃でした。海亀にラズパイを載せてAnimal Sensingをして海の環境状況を把握するというものでした。Lukaさんは、あのThe Shuttleworth Founcationのハードウェア研究員の一人でもあります。下記は、IRNAS主催のSemtech LR1110を主題にWebinarが6月に行われ...

  • LoRaWAN液体レベルセンサ LDDS20のご紹介

    LoRaWAN汎用センサノード LSN50 v2に液体レベルセンサをつけて商品化しましたので、ご紹介します。超音波センサは既にLDDS75もありますが、今回は液化ガスや油や危険物薬品などにもつかえる産業向けソリューションです。Dragino LDDS20は、IoT用LoRaWAN超音波液体レベルセンサです。非接触方式で容器を開けずに容器内の液体の高さを計測し、LoRaWANネットワーク経由でIoTサーバーに送信します。LDDS20は、容器の真下に設置して液面...

  • 2020年9月 LoRaWAN BLE トラッカーLBT1をリリースします!

    LoRaビジネスを始める5年程前、iBeaconをベースにしたCMS(Content Management Systgem)とiBeaconアプリ自動生成ツールを販促していました。 The Things Networkをしる切っ掛けになったのもアムステルダムの湾岸エリアをiBeaconを大規模にネットワークシステム化する際にLoRaWANが使われていることを知ったのです。 ビーコンを使うo2oクラウドサービス from CRI Japan, Inc. 残念ながら、iBeacon単体ビジネスはスマホアプリで...

  • LoRaWAN土壌センサノード LSE01とThe Things Networkを使いスマート農業に挑戦!

    先週、Dragino社から届いたLoRaWAN土壌センサノード LSE01が、米MyDevices社(TTNで無料で連携できるCayenne開発元)のYoutube動画サイトで紹介されていましたので、リンクご紹介します。MyDevices社の有料IoTアプリケーションサービス IoT in a boxを使って説明。ユーザーが誰でも簡単にスマホアプリケーションをダウンロードして、QRコードを読み込むと運用できるサービスです。*LoRaWAN土壌センサノード LSE01の外観*LSE01の...

  • 防水ケース付き汎用LoRaWANセンサノードLSN50 v2を使い、2種類を商品化!

    防水ケース付き汎用LoRaWANセンサノードLSN50 v2を使いながら、お客様のご要求に応じて新たなセンサを接続して商品化しましたので、ご紹介いたします。1つはスマート農業向けに使える土壌センサ、 もう1つは、20cm-7m50cmまで超音波センサをLSN50 v2に組み込んだ距離検出センサ。今後、LoRaWANセンサノードを手軽に自作あるいは開発したいお客様向けセンサノード端末です。 LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザー...

  • LoRaWAN - HACCP対応温度・湿度管理ソリューション - インドEnthu Technology Solutions India Pvt Ltd.

    今年1月、アムステルダムで開催されましたThe Things Conferenceで共同で会場ブースを持ったインドのIoTインテグレータEnthu Technology Solutions India Pvt Ltd.が、LoRaWANとHACCPに関していい記事を投稿していましたので、ご参考までに和訳します。日本でも食品業界でHACCP対応は義務化(来年6月まで、現在は猶予期間中)されますので、市場のニーズはとても高いと思います。----------------- 以下和訳 -----------------...

  • 今週、LHT65用の照度センサプローブが来ました!

    とある国内の福祉施設オーナーから各居室の温度湿度だけじゃなく、照度センサをつけて欲しいという要望にお応えしてDragino社と掛け合い機能追加したのが、下記の照度センサプローブです。 LoRaWAN温度湿度センサ LHT65のオーディオジャック部分にプローブを接続して拡張機能として利用することができます。ようやく今週入荷したので、既存のLHT65をST-Link v2でファームウェアをアップグレートしました。標準搭載のLHT65-JP-E5な...

  • 明日金曜(2020/7/3) 『全国TTN Japanイニシエータ会議2020』開催!

    新型コロナウィルスによる自粛ムードの中、ようやく日本も経済再起動の機運が高まってきました。これから起こるであろうビジネス再編に於いて全ての産業でスマート化やIoTは、必須アイテムになるに違いありません。ユーザー主体によるオープン思考で裾野を広げたLoRaWANサービス The Things Networkも今や世界規模で11万人を超える登録数になりました。日本のTTNコミュニティーも全国40カ所まで拡大しました。今後、TTNコミュニテ...

  • IP66防水対応の汎用LoRaWANノード LSN50 v2を試してみる!

    中国深圳で試作したものを周波数に日本向けに変更する作業をしております。 昨日から今週日曜日まで中国は祭日のため、誰に聞く事もできず悪銭苦闘しております。マニュアル通りにやっても上手く機能しない。やはり、マニュアルは実際に作業しながらどこに壁になるかを体験しないと難しいです。やはり、日本人の技術している商品マニュアルは、懇切丁寧でいろんな意味で完成度は高いです。下記は、血中酸素濃度を測るパルスオキシ...

  • 来週、屋外向け8ch LoRaWANゲートウェイ DLSO8-JPが入荷します!

    いよいよ、屋外向け8チャンネルLoRaWANゲートウェイ DLSO8-JP(技適取得済)が日本に上陸します。いままで屋外向けLoRaWANゲートウェイは、20万円を超えるものばかりでしたが、オリジナル金型で低コスト、コンパクト化を実現しました。The Things Networkをターゲットに開発しましたが、ABPによるプライベイトのLoRaWAN環境を構築することもできるよう設計してあります。*屋外向け 8ch LoRaWANゲートウェイ DLSO8-JPの特長   ...

  • ウィルス除菌噴霧器とLoRaWANの活用 - 食品工場

    ちょうど昨年夏、柏の葉でTTN勉強会を開催する前日に私の地元新潟の方から勉強会に出席したいと連絡がありました。勉強会当日、TTN勉強会の開催された柏の葉インキュベーションセンターの入り口あるドトールで新潟から上京された Kさんと勉強会が始まる前にいろいろ話をさせていただきました。 Kさんによると地元新潟の山村過疎地で老人向けに乗合バスのトラッキング、そして廃校を利用した苔栽培などいくつかのアイデアを紹介し...

  • LoRaWANを用いたIoT水位計 - 和歌山大学災害科学・レジリエンス共創センター

    和歌山大学 災害科学・レジリエンス共創センターでは、近畿地方整備局との連携協定に基づき、大規模土砂災害対策研究開発機構の取り組みの一環として、LoRaWANを使った安価な防災 / 減災情報収集システムの開発を行ってきました。今回、森礼子和歌山県議会副議長と和歌山市西山東地区連合自治会からの強い要請に基づき、和歌山県、ならびに和歌山市からのご承認もいただき、3台の水位計を設置することになりました。データ受信に...

  • Flood disaster mitigation measures using The Things Network and Low Earth Orbit by Wakayama University

    Wakayama University's Disaster Science and Resilience Co-creation Center collects inexpensive disaster prevention/mitigation information using LoRaWAN (The Things Network) as an initiative of the Large-scale Sediment Disaster Research and Development Organization based on a collaboration agreement with the Kinki Regional Development Bureau. I have been developing the system.This time, we received ...

  • LoRaWAN対応温度湿度・照度センサ LHT65の拡張モジュールが到着!

    LoRaWAN対応温度湿度・照度センサ LHT65は、通常、HACCP対応の食品管理などで使われるイヤフォンジャックにそのまま挿入して使う外部温度センサーが標準供給されています。国内では、温度・湿度センサと照度センサの組み合わせでご要望が多いため、新たに照度計センサモジュールにまもなく対応します。主なターゲットとするユースケースとして、介護福祉、病院、サービス付き高齢者住宅やスマートビルディングでも活用できるはずで...

  • IP66防水型汎用LoRaWANセンサノード LSN50 v2のご紹介

    The Things Networkをつかいながら、実証実験をかねて独自のIoTサービスを立ち上げたい方に朗報です。 IP66防水型汎用LoRaWANセンサノード LSN50 v2のご紹介します。 ただいま、本商品は技適申請中です。 昨年11月、ようやく総務省も重い腰をあげて技適を取得していない海外無線製品も180日間の猶予期間を設けて、簡単な申請をと届出すれば、国内で技適マークのない無線機器を合法的に利用することができるようになりました...

  • LoRaWAN対応温度湿度・照度センサ LHT65の技適認証を取得しました!

    来月より日本でも食品衛生管理 HACCPが施行されます。 そこでHACCPP(ハサップ)に最適なLoRaWAN対応温度・湿度センサを国内販売すべく技適認証を取得しました! 米国市場は、食品衛生法上HACCP(ハサップ)といわれる食品事業者が、厳しく食品の衛生管理をすることが義務づけられています。 LoRa無線の場合、実は冷蔵庫の中でもほんの少しの隙間があれば通信は可能なので、いわゆる Cold Chain Managementと言われるニーズにピッ...

  • LoRaWAN GPSトラッカー LGT92の技適認証を取得しました!

    ながらくお待たせしました。 LoRaWAN GPSトラッカー LGT92のリチウム電池版(LGT92-Li) とLGT92単三電池版(LGT92-AA)の技適認証を取得しましt。*LGT92のリチウム電池版 LGT92-Li*LGT92単三電池版 LGT92-AA LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル from CRI Japan, Inc. The Things Conference2020参加レポートは、アールエスコンポーネンツ社ユーザーサイト DesignSparkで投稿させていただきました。 ご参考まで...

  • 【The Things Virtual Conference】 LoRa Edgeと LoRa Cloud、新LoRaトランシーバーDL1110の紹介

    昨日(2020年4月16日)欧州で朝から24時間開催されましたThe Things Virtual Conferenceでの1コマ。SEMTECH社の新しいLoRaトランシーバー、 GPS(GNSS)とWiFiとLoRaWANを1個のチップだけでサポートするDL1110に関して仕様があきらかにされましたのでご紹介します。 主にAsset Tackingをターゲットにしています。 GPSとWiFiとLoRaをサポートしていますので、屋内と屋外に相互に対応できる強みがあります。The Things Virtual Conf...

  • 【2020/4/16】The Things Virtual Conferenceをオンラインで開催!

    来週4月16日【日本時間17日金曜日夕方】からThe Things Virtual Conferenceをオンラインで開催します!・LPWAN業界の専門家とインタラクティブな交流
・Edge Computing、ハードウェアSecurity Elements、Things Stack、バッテリー最適化、 ゲートウェイの構成、クラウド統合などに実践的なワークショップ
・一流のLPWANテクノロジープロバイダーを備えたパネル
・仮想でLoRaWANハードウェイ関連のWall of Fame世界中の105,000人以...

  • スマートホーム向けLoRaWAN対応ドアセンサと水漏れセンサをご紹介します。

    1月末、アムステルダムで開催されましたLoRaWAN開発者会議でブース展示しましたLoRaWAN対応ドアセンサと水漏れセンサをご紹介します。 お手頃の価格でThe Things Networkをつかいながら、スマートホームアプリケーションを構築できます。1. LoRaWANドアセンサ - LDS01の外観* LoRaWANドアセンサ - LDS01日本語マニュアル LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル from CRI Japan, Inc. 2. LoRaWAN水漏れセンサ - LWS01の...

カテゴリー一覧
商用